やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/09 >>
SMTWTFS
1
3456 789
1013 1516
171820 212223
24252627 282930
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6  
毎度ありがとうございます!

先日の日曜日に、中学野球新人戦が行なわれました。
我らが鶴岡四中は、一回戦がシード枠だったため二回戦の準々決勝からの登場です。

相手は、前日に鶴岡五中を6-5の接戦で破った鶴岡一中が勝ち上がってきていました。

鶴岡一中とは二年前の新人戦決勝で負けて以来、昨年の春季大会、練習試合も含めて
一度も勝てていない相手でした。
実は、選手たち以上に、周りの大人たちが意識していた相手だったんですよね。

初戦の緊張感と一中に対する苦手意識から、立ち上がりがカギになるハズですから、
まぁ、失点3くらいで抑えてくれていれば上出来だろうと想定していました。

先発は1年生エース、マサキ。
予想通りに初戦の固さと守備の乱れと、なんとフェンスオーバーのホームランを打たれ
初回に一挙4点を献上してしまいます。
が、それでも試合展開としては、まあ大体はイメージ通りですよね。

あとは、四中お得意のハングリー精神と、泥臭い野球でコツコツ1点づつ取っていくだけです。
このチームの面白いところは、リードしたまま勝ちきることが出来ない不思議なチームなんですよね。
逃げ切るよりも「追いつけ!追い越せ!わっしょい!わっしょい!」の雰囲気で力を発揮します(笑

マサキも初回の4点以降は見事に立ち直り、4-4の同点の最終回、満塁からの相手のエラーで
見事サヨナラ勝ちを収めてくれました!!

選手も指導者も保護者も、みんなで掴み取った勝利だったと思います。

決勝進出を掛けた準決勝の相手は温海中でした。
4人のピッチャーをマウンドに送り込むものの、みな制球が定まらずにファーボール連発で自滅。
要所でヒットも出るものの、あと一本のタイムリーが出ません。

健闘むなしく勝利することは出来ませんでしたが、地区三位の結果はよく頑張ったと思います。
たった9人でもやってやろうぜ!というハングリーさが、このチームの原動力でしかありません。

その夜は、急きょ保護者会で祝勝会&反省会を開催して、大いに盛り上がった会になりました。

さぁ、今週末はJAカップです。
なかなかいい試合が出来るようになってきてますから、一回戦の藤島中をも撃破して
なんとか自分たちの野球をやって、勢いに乗りたいと思います。

今週も、一気に駆け抜けます!
頑張っていきましょう!!








毎度ありがとうございます!

お知らせが遅くなりましたが、先週から「煮込み」の販売を再開しております。
例年ですと、夏の風物詩「えだまめ」と入れ替わって煮込みを作り始めていたんですけど、
今年は枝豆の収穫が遅くなったこともあって、9月に入ってからもメニューから「えだまめ」
を外さずにいたんですね。

が、さすがに朝晩は少し肌寒くなってきて、自分自身が煮込みが食べたくなってきました。
自分が食べたいといことは、きっとお客様も食べたいでしょうということで、また皆さまに
「軟らかくて美味しい!」と言っていただけるように、また煮込みを作る日々が始まりました。

煮込みを作っている間は火のそばを離れられませんので、ブログの更新がしやすくなります(笑
いや、更新できるように頑張ります、かな。

先日は「鉄道の旅」でしたけど、今回は「高速の旅」でも書いてみたいと思います。
「陸の孤島」とまで言われた鶴岡に18歳まで住んでいた自分は、普段の生活の中で
高速道路なんかとは全く無縁の生活を送っていたんですね。

もちろん、車の免許を取るために通った教習所でも、高速教習の実技講習はありませんでしたし。

大学生になり、東京や神奈川からの同期と遊ぶようになって、そいつらの実家まで遊びに行こうと
冬休みに車で東北自動車道を突っ走ったのが初めてだったはずです。

当時はスタッドレスタイヤなんてまだなくて、スパイクタイヤの時代でした。
車をいじるのが好きだった奴らは、フルピン仕様だったりマカロニピンの打ち込みだったりして、
雪のない路面を走るのを極力嫌がっていたものです。

高速走行でピンが飛ぶのも嫌なんですけど、フルピンで120km出して8時間も走るなんて
グリップが効かなくて滑りますから、 まさに自殺行為そのものなんですよね。

さらに、都内でスパイクタイヤをシャーシャー鳴らしながら走るのもカッコ悪いということで、
仙台過ぎたあたりのPAで、ノーマルタイヤにタイヤ交換をするという準備の良さを見せますw
わざわざトランクに4本積んでいくんですからねぇ。。。

ライトに照らされ飛び去ってゆく案内板の文字を眺めながら
青森からの670kmの高速の旅を楽しんだのを思い出します。

あの頃はスピードが100kmを越すと、警告音がキンコンキンコン鳴って
うるさいんで、その音を掻き消すようにコンポのボリュームを上げて
走らなければならなかったのも懐かしいですよね。

当たり前の事だけど「日本のどこに行っても、そこで暮らす人々の日常があるんだなぁ」
みたいな、自分の中にある旅情的な感覚が好きでした。

大学時代の友人達とは、今はほとんど連絡を取っていませんし、なかなか会う機会もありません。

どうしてるんだろうな。
たまには電話してみようかな。

よーし、煮込みが出来上がりました。
これから買出しに行ってきます。

これが自分の日常です。
いい天気になって、良かった良かった。

毎度ありがとうございます!

昨日深夜にYouTubeを眺めていたら「列車の旅」の動画を見つけて、
気がつけば1時間も見入ってしまってました。

某政治家が列車で旅する番組だったんですけど、列車の窓から見える山や海の美しさや、
街から街へと移り行く景色を見て「今や列車の旅がなくなって、それは移動になってしまった。」と
嘆いていたのが凄く印象に残っていました。

高校を卒業して函館の大学に進学し、学生時代の帰省は国鉄が主だった時代です。
大学へ入学した頃は、まだ青函連絡船がありましたから、列車と船の旅で10時間くらいかけて
鶴岡に帰省していました。

早く鶴岡に帰りたいという逸る気持ちとは裏腹に、10時間という長い長い時間がまさに
鶴岡と函館の距離を物語っていて、それはまさしく旅と呼ぶにふさわしいものだった気がします。

時刻表を読んで面白いと思うようになったのもこの頃ですし、暇つぶしにと駅のキヨスクで買った
西村京太郎シリーズにハマってしまって、十津川警部の推理には随分と乗り換え時間の退屈さを
助けてもらったものです。

夜中の連絡船に乗って、二等客室のカーペットに横たわり、青森の街の灯りが見えてきたら
デッキに出て、夜が明けてくる朝焼けの中で着岸のために慌しく動き回る船員たちを見るのが、
いつの間にか連絡船での習慣になっていました。

青森からは早朝出発の特急白鳥に乗るのがいつものパターン。
白鳥の座席上に荷物を押し込み、駅のホームで立ち喰いうどんを食うのが一番の楽しみでした。

4時間の船旅から一転し、朝方の気だるいなかで食べる温かいうどんの味は、
たぶんこの先も一生忘れることはないでしょう。

青森からは寝台特急日本海も出ていたんですけど、できるだけ夜中に移動したかった自分は
上りは「白鳥」で、函館に戻る下りは「日本海」で、というパターンが多かったですかね。

日本海のB寝台は、酒田までの寝台料金を払うと青森までそのまま下段ベッドを自由席として
使って行けたんで、ちゃっかりベットに寝ながら行けるという最大の利点もありました。

確かに今なら考えられない時間の使い方ですし、限られた休日の中での移動手段としては
非効率的なのかもしれません。

だけど、そういう時間を使いながら東北ー北海道を旅したおかげで、日本の広さを実際に
感じることができましたし、今となっては本当に貴重な経験だったと思います。

時刻表片手に、ひとりで列車に飛び乗り、乗り換えホームにスムーズに行くことが出来たら、
なんとなく大人になった気がしたものです。

腰が痛くなるからという理由よりも、ゆっくりと移動に時間をかけれる休みが
取れない大人になってしまった自分を少し寂しくも感じます。

鉄道オタクではありませんが、なんだか今夜は、
あの頃の列車の旅の夢でも見そうです(笑

これから風呂に入って、温まってから寝ます。

おやすみなさい。

 

毎度ありがとうございます!

もう先週の日曜日の話になりますけど、中学の体育祭に行ってきました。
娘が中学生の頃からすでに、赤・青・黄・緑の四軍での対抗戦だったんですね。

自分が中学の頃は、白軍が一番かっこいいと思って組頭までやってたわけですけど、
いつのまにか白軍に変わって青軍がスタンダードになってしまっていました。

そしたらなんと今年は、白軍も復活して五軍での対抗戦になったそうなんですね。
息子も今年は白軍!いいじゃない。

2年生からは3年生の組頭を補佐する若頭を選出したそうで、息子が立候補したそうです。
勉強はまったくダメですから、体育会系のこういう場面で頑張ってもらうしかありません(笑

自分も、相変わらずの綱引き選手にエントリーされてました。
選手団が控えている時点ですでに、相手チームから「顔が反則だ!」とかクレームがつきます(笑

娘の体育祭でも、息子の体育祭でも、出場した綱引き全て負け知らずで勝ってきましたけど、
昨年の体育祭で唯一痛恨の負けを喫していました。

そんなに熱くなっているわけではないんですけど、やるからには勝ちにはこだわるタイプです。
ですが、全員の意思とタイミングが合わないと力が発揮できない綱引きでは、
いくら自分ひとりで気合いを入れたところで到底勝つことはできません。

大体がぶっつけ本番でその場に集合するわけですから、タイミングを見てその場で
大人たちが集まってまずは打ち合わせします。
それを後方の子どもたちに伝達するわけですけど、ここが一番大事なところなんですね。

白軍担当の先生も「そーれ!そーれ!」なんて一生懸命声をかけてくれてましたけど、
今どきそんなタイミングで引く綱引きは負けにいくようなもんなんですよ。
かといって、あちこち動き回る先生に「その掛け声ちょっと止めてもらってもいいですか。」と
言えるタイミングもありませんし…

「いいかお前ら!先生の声に合わせて引くなよ!」
ただ単純に引っ張るだけの簡単な競技に見えますけど、綱引きで勝つには大きなポイントが
いくつかあって、それらはここでは割愛しますけど、検索すればすぐに見つかるはずです。

体の大きな大人を揃えれば勝てるというものでもありません。
初動のコツ・引く姿勢・利き腕・人員の配置…
実は、それらのポイントを分かっている人がいても、体育祭のグラウンドでいきなり集まって
そのコツを全員で意思統一することが一番難しいことなんですね。

だから「この人、綱引き強そうだなー。」っていう雰囲気をバリバリ出して、
まずはチームメイトの注目と耳を傾けさせることが最重要任務になってくるわけです。

おかげさまで、今年は見事綱引きで優勝することができました。
ありがとうございます。

そして、いよいよ今週末に新人戦が行なわれます。
あとは本番に向けて、ケガ人が出ない事だけを願うばかりです。

たった部員9人でどこまでやれるのか、保護者会の合言葉は「やってやろうじゃん!」
いい雰囲気で選手も保護者も盛り上がってきました。

いっそのこと「やってやろうじゃん!Tシャツ」作りたかったなー(笑
綱引きも野球も、「やってやろうじゃん!」という相手を飲み込む強い気持ちが、
最後には勝利を呼び込むものだと本気で思っています。

さーて、今週も始まります。
よろしかったら、ぶらりとお立ち寄りくださいませ。



毎度ありがとうございます!

気がつけば、もう9月ですね。
仕事以外のことが忙しすぎて、ブログの更新もままなりません。

先週末は保護者説明会があってその準備に追われ、今週末は高校の野球部創部50周年の
記念誌発行のための編集会議があって、今はその会議資料の準備でてんやわんやしてます。

その間、カミさんは神戸に3日間の出張に行ってしまったため、息子の食事の準備やら、
深夜に帰ってきてから洗濯機を回して夜中に干すという主夫業もこなしつつ…

さらにその合間を縫って、先週から始まった秋季高校野球庄内地区大会の母校応援に、
OB会ホームページの更新も同時進行しながらの、明日は中学校の体育祭が行なわれます。
競技審判やって綱引きの選手にもエントリーされてました。
昼まで体育祭、そのまま帰ってきてから、すぐに仕込みに取り掛かります。

煮込みもそろそろ再開したいところなんですけど、どうやら6日頃まで仕込む時間が取れません。

息子の中学校野球新人戦も17日に控えていて、保護者会長として保護者審判の割り当てやら
練習付き添いのお願いやら、テントや台車の備品購入の手配まで、自分でもよくぶっ倒れない
もんだと感心してしまいます。

そんな合間をついて、連盟審判部のほうからも容赦なく秋季高校野球の塁審の割り当てや
中学校新人戦の割り当てがくるんですけど、マジで無理なものは無理なんですよね。

9月と10月の土日は、全て予定で埋まっています(泣

10月には高校の同窓会もありますけど、出席は難しいかな、こりゃ。

そういえば、先週はワタルの「お疲れさん会」もやったけど、撮った写真も一枚だけ。
ワタルが喜んでくれたんで、めでたしめでたし。

そんな怒涛の幕開けの9月がスタートしました。
マジでぶっ倒れないように頑張ります!!

季節の変わり目には注意というけれど、風邪ひいてるヒマもありません。
立ち止まったら体調を崩しそうなんで、とにかく走り続けます!!

のんびりしてるカールが羨ましいです(笑
ではでは。



毎度ありがとうございます!

先週のお盆ウィークに、後輩のタザワが顔を出してくれました。
軟式ボールを綺麗にするボールクリーナーを「いいね!」したのを覚えていてくれて、
わざわざお土産に持ってきてくれたのでした。

「車で来たんで。」というタザワを無理やり引き止め、ウーロン茶で乾杯です。
タイミング悪く、カウンターのとなりには、いつものスガイがひとり酒。

野球だの審判だので、あーでもないこーでもないとトーク炸裂です。

全国各地を飛び回り、高校野球だけでなく中学野球からプロ野球まで、
コツコツと足で取材してきた彼の仕事ぶりと、その年月の中で培った豊富なネットワークは、
話しを聞くだけでもマニアックな自分にとっていつも新鮮で、全然飽きることはありません。

自分の持っている野球に対する長年の疑問や悩みを、あえてデフォルメしてぶつけてみても、
はぐらかすことなくその屁理屈を受け止めながら、名立たる指導者の人柄や会話を例に挙げ、
いろんな角度から、まさに【美味しい答え】を導き出してくれます。

気がつけば、閉店時間から2時間オーバーの午前1時まで喋りっぱなし!(笑

今回の極論テーマは「怒らない(罵倒・叱責)指導者の下では、選手やチームは育たないのか?」
という、ありえないんだけれど自分の中で前々から気になっていたテーマでした。

野球に限らず、どの学生スポーツでも指導者の怒鳴り声が聞こえない日はありません。
叱責されるような事を選手がしているといえば、確かにそれまでなんですけど、
逆に「バカヤロー!何やってんだ!」と指導者が怒るのもイージーなような気もするわけです。

となりにいたスガイも、以前はスポ少や中学野球部でコーチも務めたことのある昭和野球人です。
昭和野球人ですから、もちろん指導方法はスパルタでした。

教えてもできなければ叱責する。
真剣に取り組まないヤツは容赦しない。

自分のやってきた野球も、自分が教わってきた野球も、現役時代は毎日毎日怒られた日々です。
しつけなのか、指導なのかは別として、全く声を荒げず罵倒もしない指導者がいたとして、
そういう人から教わった選手はみんなダメダメなのか、みんな万引きしたりタバコ吸うのかと。

あくまでもディベートのテーマですよ、テーマ。

そしたら即座に、畑喜美夫先生の「ボトムアップ理論」の本を教えてもらいました。
どういう本かというと・・・

「教えない"指導が子どもを変える!」
自主性を促す組織づくりで絶対につぶれない「人間力」を磨く
『個』と『組織力』をともに底上げする新理論

かつては無名だった進学校の広島観音高校を独自の指導で日本一へと導いた名将・畑喜美夫監督。
畑監督は選手が自ら考え、行動する「ボトムアップの組織論」を打ち出し、スタメンや戦術、
メンバー交代までも選手たちに決めさせるという指導法で全国に名前を知られる監督です。
本書はスポーツの育成現場に立つ指導者や教師、また子育てに悩むお父さんお母さんにも
参考となる一冊であり、畑先生が子どもの自立や人間力を育む教育を余すことなく、
具体的に解説、そして提言していくという内容です。

これ、絶対に買って読みます。
少なくとも、こういう指導方法でチームを強くしたという事例を、自分は全く知りませんので。
だからこそ興味がありますし、知りたい世界でもあります。

タザワが帰ってくると、どうしてもマニアックな話題が尽きません。
そして、もらったボールクリーナー、これはやばいくらい使えます(笑

いいものを頂きました。
アマゾンで、もう一個追加購入します!

ありがとう!!
今度は一杯やりながら「朝までトーク」お願いします(笑


 
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 13 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/11 店主]
[09/11 タムちゃん]
[09/02 店主]
[09/02 タムちゃん]
[08/27 店主]
[08/26 コーチャー]
[08/25 店主]
[08/24 仙台屋の自販機]
[08/21 店主]
[08/21 仙台屋の自販機]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /