やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2018/05 >>
SMTWTFS
12 34
689 101112
131416 171819
202223 242526
27282930 31
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6  
毎度ありがとうございます!

新潟県北交歓野球大会に出場のするため、土曜日曜と早朝から連日新潟遠征の週末でした。

初日の土曜日はあいにくの雨でしたけど、はるばる静岡から東海大翔洋中も参加していて、
全国トップチームの監督さんやメンタルトレーニングコーチによる「メンタルトレーニング講習会」
を受講するために新潟県聖篭中まで行ってきました。

講習も大変興味深い内容で勉強にもなりましたけど、何よりも東北各地の強豪中学の選手達の
大勢の前でも物怖じせず堂々と手を挙げて質問している姿が強く印象に残りましたね。

対して、消極的な学校の選手達にはどんどん監督さんがマイクを向け、たわいもない回答でも
「こういう大人数の前でもちゃんと答えられるということがまず立派ですよね、拍手!」
と一人ひとりの僅かな部分にも目を向けられ認められているあたりにも、普段からメンタルの強い
選手を作り上げる手腕が隠されていたようにも感じました。

腹式呼吸からの「温感」「重感」などのリラックストレーニングが、今から35年前の鶴商野球部で
すでに行なっていた「自律訓練」とほぼ同じものだったことにも驚かされ、そういう意味では
やはり当時から革新的な環境の中で野球させてもらっていたんだなと改めて気づかされました。

講習会2時間、往復移動4時間の初日が終了し、翌日は快晴のなか一路、村上球場へと向かいました。

初戦の築地中はエースのマサキが先発し1-2の接戦で負けましたけど、次の五泉北中からは
1-0でなんとか勝利することができました。
チャンスは作るもののあと一本が出ない、いわゆるタイムリー欠乏症ですね。

息子も少しだけ下がってきたグリップは修正できたんですけど、春季大会直前に使い始めた
部の少し重たいバットでは僅かにタイミングが遅いというかヘッドが出てきていないというか、
微妙なズレに気がついていました。

「もともとの自分のバットに戻したら?」とアドバイスしても、先日逆転タイムリーを打った
部の少し重たいバットにも未練があるようで、その時点ですでに小さな葛藤はあったようです。

それが第一試合が終わって、サブ球場で練習している時に1ヶ月ぶりに自分のバットで
バッティング練習したら、サク越えを打つほどスムーズにヘッドが出てくるんですよ。
飛ばないと思っていた自分の金属バットでサク越えをなんかを打ったもんだから、
急激に自分のバットへの信頼感が芽生えてきて、二試合目は自分のバットで挑むことに・・・
そのへんは中学生、単純ですよね(笑

だからといって、すぐに試合でヒットを打てるほどバッティングは簡単なものではありません。

だけど、いい空振りでした。
タイミングは合っていたし、何よりもストレスなく打席で構えれてるのがいい。

帰りの車の中で、
「買ってから一年間、毎日毎日素振りしてきたバットだろう。何回もグリップを巻き直して
 何回もマメを潰してきた、いわばお前の努力を知っているお前の相棒だろう。
 ヒットはバットの性能で打つんじゃない。お前の努力がヒットを打つんだよ。
 お前がフワッと当てるスイングでヒットを打っても、お父さんはあまり嬉しくないな。
 使い慣れた自分のバットで悔いの残らないように思い切り振るしかないんじゃないかな。」
と優しく話しました。

その影響か、鶴岡に着いて自宅に戻らず「真っ直ぐにバッティングセンターに行きたい」と、
このへんもまだまだ単純です(笑

二日間早起きして二試合をこなして、最後はバッティングセンターで終わった休日でした。

本当に毎日が、そして一週間が早送りのようにどんどん過ぎていきます。
時間は止められませんから、今を精一杯に、今に悔いを残さないように息子と一緒になって
残り僅かな部活動生活を楽しみたいと思っています。

マサミチカメラマンがいい写真を撮ってくれました。

息子のフォーム、ベンチの監督とみんなの表情、
スタンドで見守る保護者たち・・・

昨日だけで撮った300枚の中からの一枚です。
うち100枚はピンボケで削除だったけどね(笑

また一週間が始まります。
気合い十分で頑張ります!!
 
 

毎度ありがとうございます!

今週の土曜日19日は臨時休業とさせていただきます
ご不便をおかけしますが宜しくお願いいたします。

毎年出場している「新潟県北交歓中学軟式野球大会」に出場するためでして、
新潟県内はもとより、静岡、宮城、福島、秋田、山形、群馬から40チームが出場する
大規模な2DAYトーナメントの大会です。

勝っても負けても朝5時半出発の2日間で4試合をこなすハードスケジュールではありますけど、
息子にとっても最後の新潟県北交歓大会ですし、自分も保護者会長としての職責もあるので、
思い切ってお休みすることにしました。

荒川、聖篭、村上、胎内、山北、朝日、次第浜の新潟県北地区の各野球場のほかに加治川中、
紫雲寺中、本丸中のグラウンドを含めた10会場同時進行の広域トーナメントでもあります。

四中の初日の会場は村上球場。
1時間半くらいはかかりますかね。
宿泊はせず連日日帰りで頑張ります。

そんななか、先週の日曜日に審判部の気の合う仲間たちと遅ればせながらの
「新年会」という名の食事会を開催しました。

もう5月ですけどね(笑
土曜日開催の審判部の忘年会に出席できなかった自分に気を使って頂いて、
「新年会やりましょう!」が、のびのびの伸びで今頃の開催となってしまったのでした。

新人なのにメンバー最年長という・・・ww
もの凄く気楽で楽しいメンバーでの新年会でした。

もちろん、お酒が入ればそこは審判部の面々ですから、ルールやらジャッジの話題になるわけで、
普段の講習会ではなかなか聞けないような細かな動きやレアケースなルールの部分まで、
ゆっくりと何回も聞きながら納得するまで聞くことができました。

やっぱり審判は難しいです。
でもやりがいはあります。

人間が判断することですから、間違いもそこにはあるでしょう。
でも、審判員誰一人として「ちょっとくらい間違っても仕方ないだろ。」なんて思って
フィールドに立っている者はいません。

一生懸命にプレーするプレーヤーと一緒になって、一生懸命にジャッジしています。
一般の人のほとんどが知らないルールや、いつ起きるとも限らない突発的なプレーに備えて、
日々勉強しているといっても過言ではないでしょう。

大人になり、子を持つ親になり、子どもが野球を始めたことをきっかけに、
スポ少で審判をやらなければならない場面もあろうかと思います。

アウト・セーフのコールはできても、説得力のあるアクションや声や所作は
なかなかできないというのがお父さん方の本音でしょうか。
「所詮、子どもの練習試合だし・・・」と甘えれる雰囲気もあるでしょうしね。

自分は、息子がスポ少を始めた4年生の頃に、内陸地区のチームと対戦した際に、
お父さん方がジャージからわざわざ審判ウェアに着替えて、正しくしっかりと審判をする姿に
ものすごく影響を受けて、それから自分も真似するようになったのがきっかけです。

もちろん、その頃は連盟の審判員ではありませんから、
正式な審判ウェアなんて持っていませんでした。

ネットで買ったそれらしく見える680円のグレーのポロシャツに、
近所のワークマンで買ったなんとなくそれっぽく見える980円のスラックスで、
格好だけでも審判らしくやろうと内陸地区のお父さん方を見習って、
一人だけ完全に浮いていました(笑

「なんちゃって審判じゃん!」と他の保護者にからかわれたことも一度や二度ではありません。
笑われても、それでもいいと思っていました。

でもね、不思議なもので、そういうふうに何となくでもそれらしい格好でジャッジすると、
アウトセーフにも説得力も出てくるから不思議なものです。

そして、中には同じような格好をしてやりたいというお父さんも出てきたりします。
試合終了後に相手チームの方々から「保護者審判なのに、みなさんちゃんとしてますねー。」
なんてお世辞を言われたりすると、みんなでますますその気になったりして(笑

すでに何年も前から内陸のほうでは、スポ少でのお父さん審判のための安価なウェアを
連盟統一で販売(支給?推奨?)しているそうです。

「短パンやジーパンやチノパンで保護者審判をしているのは、鶴岡くらいなものですよ。
 いっそのこと保護者の方々に審判講習会が終了したら審判シャツくらい支給したらいい。」と
直接訴えたことがあります。

今までやっていなかったことをやろうと提案しても、結局のところ「やれ予算が・・・」とか
「それにはそれなりの準備が・・・」とかで実現することはありません。

一生懸命にプレーする子どもたちのために、保護者審判の質の向上ももちろんのこと、
この先人手不足になるであろう審判員の人材発掘と人材確保の機会を増やすべく、
もっと身近で、もっと親しみやすい審判であることを模索するべきではないでしょうか。

カタチが先でいいんですよ。

もしも審判講習会が終わって、終了証の代わりにポロシャツを支給され、
「保護者のみなさん、試合ではこのポロシャツを着て審判をお願いします!」と指導されれば、
10人に1人、いや20人に1人くらいは本気でやる人が出てくると思いませんか?

そういう人は将来、連盟審判員になってくれる可能性が高いんじゃないかと思うんですけどね。

50歳の審判ルーキーの自分なんかが生意気なことを言いましたけど、
自分もカタチから入った一人ですし、結果的になんちゃってじゃ物足りなくなった一人です。

そんな自分の話を、新年会ではみんな耳を傾けて真剣に聞いてくれました。
そんな話しで夜が更けていく、そんな仲間がいてくれることに感謝です。

今日は暑くなりそうですね。
気合い入れて頑張りましょう!!



毎度ありがとうございます!

4連休ありがとうございました。
今日からまたいつものように、のんびりと焦らず普段通りに頑張ります!

ゴールデンウィーク最終日は河北中での練習試合でした。
過去に何度も全国大会に出場している県内屈指の強豪校でもあります。

大きなグラウンドの側にはビニールハウスで出来た雨天練習場とプレハブの部室が併設されていて、
中学校の部活動レベルでは相当充実した環境の中でみな活き活きと野球に打ち込めているのが
伝わってきます。

試合は0-1の拮抗した展開の中、6回二死2・3塁からここ数試合不振にあえいでいた
4番カンタローのレフトオーバーのスリーベースで逆転、投げてはエースマサキが完投し
2-1でなんとか勝利することができました。

低かったグリップの位置も修正できてましたし、少し軽かったバットも若干重めのものに変更して
しっかりと振り込んで挑んだ練習試合でしたんで、まずは結果が出せて良かったですかね。

球審のマスクを被った自分は声を出して喜ぶことはありませんけど、
一番近くで息子のプレーを見れたわけですから、自分にとっても最高のGW最終日となりました。

試合後、常連のマキくんに教えてもらっていた「といや」さんでソースカツ丼を食って帰る予定が、
閉店間際だったんであえなく断念して、そのままチェリーランドでそばを食って帰ってきました。

「といや」さんの場所もチェックしましたし、おばあちゃんの実家のある寒河江市白岩からも
さほど遠くありませんので、またの機会にでも必ず再訪したいと思っています。

そして、ゴールデンウィークは1日2日と営業したんですけど、同級生ケンシが家族で寄ってくれて、
結婚10周年の節目をわざわざ報告に来てくれました。

確かに奥さんとの出会いは自分の紹介がきっかけだったわけですけど、その後は
二人の努力と助け合いのもとにここまで幸せな家庭を築いてきたわけですから、
わざわざ義理立てのお心遣いは不要なんですけどね。

とは言っても、それで「わかった」というようなヤツでもありませんので、
なにかの折を見つけてはお互いお世話様の気持ちで心地よく付き合っています。

娘も成人し、我が家ではすっかり飾らなくなったクリスマスツリーも引き取ってくれて、
今はケンシの家で、毎年お嬢ちゃんたちのために喜んでもらっています。

まだまだツリーのほうが大きいんで、毎年「いらないよ。」と言っても勝手に送ってくる
ツリーと子どもたちの写メをみては、その成長を密かに楽しみにしている自分もいたりします(笑

あらめて、結婚10周年おめでとうございます。
もっともっと楽しいこと、もっともっと嬉しいことが、たくさんたくさん待っているはずです。
いつまでもご家族で仲良く、そして愛情たっぷりに家族での時間を大切に過ごして欲しいと
思っています。

デートに使えと楽天戦のチケットをあげたのに忘れていって、届けに行ったカラオケボックスで
歌も歌わずに長いソファーの真ん中に二人並んで座って話しこんでいたあの日の二人の姿を、
きっと忘れることはないでしょう(笑

春季大会は記録的な大敗を喫し、息子も大スランプで打てず、雨で予定通りに行かない事も
たくさんあって、レジャーな時間は全くなかった今年のゴールデンウィークでしたけど、
充実した休日を過ごすことができたと思います。

少し疲れていたのが自分でも分かっていましたので、お店のことは一切考えずに、
しっかりと4日間を休まさせていただきました。

また今日から頑張ります。








 
毎度ありがとうございます!

ゴールデンウィーク真っ只中、4連休を頂いております。
とはいっても毎日が野球ばかりの日々で、特別にどこかに出掛けることもありません。

3日は中学の春季大会の審判の担当だったんですけど、朝8時からドリーム球場で待機しながら、
雨が降りしきるなかグラウンドの水取りの甲斐も空しく、午後1時に中止が決定(泣
そこから室内練習場で2時間の練習で初日が終了。

4日も雨天順延の審判担当で8時からドリーム球場で待機。
前日よりも強く降る雨を眺めながら、11時まで待機してからの水取り、12時試合開始。

雲の切れ間からのぞく太陽に期待して、審判団はジャンバーを脱いでグラウンドに立つものの、
3回から大粒の雨が降る最悪のコンディション。
びしょ濡れのシャツにようやくジャンバーを羽織るも、さらに濡れた身体に追い討ちをかける
ドシャ降りの雨が・・・。

拮抗したナイスゲームでしたけど、藤島中の雨に濡れたボールで滑ってしまった守備が悔やまれます。
逆に7-4の劣勢からしぶとく粘った鶴五中打線も素晴らしいチームでしたね。

藤島中にはマナブさんが、鶴五中にはアイタとヤスヒロがコーチで頑張っていますので、
自分も選手やコーチ達に負けぬよう、一生懸命に審判を務めさせてもらいました。

両チーム、どちらが勝ってもおかしくないいいゲームでした。

で、今日も午前中からグラウンド練習の予定でしたけど、深夜から朝方からの雨で
グラウンド状態も悪く、あえなく中止となりました。

明日は河北中への遠征がありますので、直前練習だけはしておきたかったんですけど、
天気には勝てませんわね。

ぽっかりと空いたGW3日目ですけど、バッティングセンターに行ってひたすら打ち込むだけです。
春季大会、4番が二試合で5三振は情けなさすぎますし、本人も一番悔しがってますから。

昨夜も少し下がってきたグリップの位置を修正して、一緒に素振りに付き合ってました。

監督やコーチでは気づかない、気づいてもらえないチェックポイントというものが
自分と息子との間にはあります。
逆に、そこを指摘されても気にしなくてもいいぞ、というポイントもあります。

自分に似てヘタクソな息子ですから、たくさんの修正点やダメ出しをもらってきます。
中学生で完璧な投球フォームやバッティングフォームが出来るはずもありません。

怪我をしない身体作りが大前提だと思ってますから、本人のクセや感覚も尊重しながら
上達していくのが理想だと思うんですけどね。

ゴルフを盛んにやっていた頃、たくさんのビギナーと練習場に通いましたし、
数多くの初心者のゴルフスタートに付き合ってきました。
自分もそんなに上手くはないんですけど、なぜかしら「一緒に行きましょうよ。」という
お誘いが多かった気がします。

グリップもスイングも、基本の中に必ず「我流」というものが存在します。
なぜなら一人ひとりの【骨格】も違うし、【握力】や【フィーリング】さらには【意識】も違うからです。

カタチを押し付けられ「こうでなくてはイカン。」という練習が長続きしますか。
それよりも、結果にこだわって、何かひとつでも良いところを気づかせて楽しませること、
のほうが上達スピードは格段に違ってきます。

初心者がたとえ160を叩いたとしても「もっと練習してから来いよ。」とは言いません。
160というスコアの中には、たとえまぐれでもいいショットやいいパットがあったはずなんです。
そういうところに気づいてあげて、必ず帰りの車の中で肯定してあげること、
それが逆に更なる練習のモチベーションとなり意欲となることを知っています。

ゴルフと部活は違うのかもしれませんけど、思春期の難しい時期にさしかかって、
野球に関しても普段の生活に関しても、自分のいう事にはわりと素直な息子です。

必要以上に褒める必要もありませんけど、叱るだけ怒るだけでは何かが足りない気がします。
あえて褒めなくても「気づいてあげること」は一番近くにいる親の役目だと思っています。

そんな生活も残り1ヶ月だと思うと少し寂しい気もします。
高校に行ったら親の役目も一区切りですから。

明日の河北遠征に向けて、さっそくバッティングセンターに行ってきます。

素敵なゴールデンウィークをお過ごしください。








毎度ありがとうございます!

50周年記念誌の編集作業の真っ只中に、編集長をお願いしてる後輩のタザワが、
田中先生の奥様からたくさんの写真が綴られたアルバムを、何冊もお借りしてきました。

甲子園出場を決めた瞬間の歓喜に沸く鶴岡市民の様子や、甲子園や宿舎での様子のほかに、
毎年恒例行事だった芋煮会の集合写真も、各年度ごとを丁寧にスクラップされていて、
1枚づつ田中先生がファイルで閉じてくれて大切に保管してくれていたんだなぁと思うと、
もの凄く感慨深い気持ちになったんですよね。

そして、そんな中に自分たちの年代の写真のページもありまして、そこには高校最後の打席の
自分の写真も一枚だけ綴られていました。

みんなかっこよく打ったり構えたりしてる写真の中に、
押し出しファーボールで最後を終えた自分らしい不恰好な
「見送り」の写真でした。

周りにほかのOBたちがいなかったら、
間違いなく泣いていたと思います。

こんな写真があったこと、それを大切にアルバムに貼って田中先生が残しておいてくれたこと・・・
1枚の写真から、いろんな想いや感情が溢れ出て、胸が熱くなるのを抑えきれませんでした。

県立高校の受験に失敗して、滑り止めの鶴商学園にかろうじて入学できて、なんとか続けた
野球部でヘタクソだった自分の現役最後の打席を、まさか田中先生のアルバムの中から
見つけることになろうとは夢にも思っていませんでした。

準々決勝の山形南戦で9点差ついてなおも満塁、1点入れば5回コールド勝ちの場面で
「イシカワ、押し出しでいいから振らなくていいぞ。」と声をかけて送り出された、
いわば思い出作りの最後の打席でした。

代打で送り出しておいて「振るな」はねーだろうが!とムカついて打席に入ったんですよね。

そして、その初球・・・
先生からの指示を無視してマン振りした打球は、レフト線に切れる大ファールでした。
ベンチから聞こえるナインからの声は「いいぞー!思い切って振ってけよー!」
田中先生からの指示を無視して、みんなが「お前が打って決めろよ!」と背中を押してくれていました。

晩年、先生と二人で酒田に買い物に行く車の中で、あのときの代打の話しを聞いたら、
しっかりと覚えていて、次の日の準決勝・日大山形戦に備えてピッチャーを1イニングでも
温存したかったんだという、ごもっともなお考えのもとで自分を送り出してくれたんだと知り、
ガンガン打ちに行った自分が恥ずかしくなったことまで思い出しました。

「ちぇっ!何だよ、押し出しかよ!」
そう思って見送った高校最終打席の瞬間でした。

結果的には先生の思惑どおりに押し出しファーボールでゲームセットにはなったわけですけど、
ベンチに帰ってから「勝手なことをするな!バカたれが!」と怒られるのを覚悟していたら、
先生は何も言いませんでした。

もちろん、次の日の準決勝・日大山形戦では出番は一切ありませんでしたけどね(笑

本当にたくさんのことを思い出させてくれる、自分にとって貴重な一枚です。
スマホで写真を撮って、アルバムの元あった場所にそっと戻しておきました。

先生、ありがとうございました。
写真をとって置いてくださって嬉しかったです。
ダブルプレーになってたら、さすがにぶっ飛ばしてましたよね(笑

50周年記念誌、楽しみにしていてください。




毎度ありがとうございます!

久しぶりの更新になってしまい申し訳ありません。
今月中にやらなければならないことが100あるとしたら、ようやく60くらいを終えた感じです。

19日のOB会の編集委員会で使う会議資料一部6枚×15人分の作成と、
22日の保護者総会で使う総会資料が一部8枚×26人分の作成が同時進行で、
印刷からホッチキス留めまでをなんとか終わらせることができました。

毎日毎日パソコンに向かって修正やら入力を繰り返してきましたけど、
これでなんとか、なんとか長いトンネルを抜け出せそうなところまで来ましたかね。

その間に19日20日とカミさんが函館出張のため不在となっていたり、
審判講習会や部活引率で一日中ドリームスタジアムに缶詰になっていたりしながら、
まさに目が回る忙しさをこなしてきました。

まだまだやるべきことがたくさんありますけど、今週末には息子の春季大会も始まりますし、
保護者会長としてもラストスパートで頑張ろうと思っています。

それから、ゴールデンウィークはカレンダー通りで営業いたします。
日曜祝日はお休みとなります。
5月1日と2日は営業します。

それでも野球三昧のGWになりそうですけどね。

とりあえず、今日はここまで。
今週も頑張りましょう!!



日曜日の教訓
「酒は飲んでも飲まれるな。」
パンチ焼きは食べてもパンチを出してはいけません。
一部の人しか分からない標語でスイマセン。









カウンター
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
6 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[05/21 店主]
[05/21 横浜ベイスターマン]
[05/15 店主]
[05/15 まさる]
[05/08 店主]
[05/07 マキ]
[04/13 店主]
[04/12 高山利幸]
[03/25 店主]
[03/24 しんさん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /