やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2019/04 >>
SMTWTFS
3 456
7910 111213
1516 181920
212324 252627
282930
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3  
毎度ありがとうございます!

しばらくの間、中学校の同窓会ホームページ作りに没頭していました。
無料テンプレートで作るホームページには限界もあるんで、細かいところで気になる点が
まだまだたくさんあるんですけどね。

ド素人が作ったホームページですから、まぁこんなものでしょう。
今は往復ハガキで出席者を管理するのではなくて、出席者情報をスマホやパソコンで入力して
送信してもらうスタイルが主流なんだそうです。
 
確かに、出席フォームを送信すると「出席ありがとうございます。」と確認メールが届くし、
同窓会の3日前になると「同窓会の日が近づいてきました。」と告知メールも届きます。
万が一、同窓会が中止となった場合でも「同窓会が中止となりました。」という
キャンセルメールも一斉に送信することが出来ます。

ホームページを制作しながら、これってOB会でも課題になっている通信費削減と
デジタル会員への移行案件でも使えるシステムなんじゃないかと思ってみたり。
 
そして、昨夜はコミセンで「第1回同窓会実行委員会」を開催しました。
実行委員27人中、23人が出席するという脅威の参加率でした。

これですよ、これ!
まさにこの団結力が我われ四中二期生の真髄です。

イベント会場に言わせると、280名の同窓会なら100名出席でも大成功だといいます。
最初は謙虚に構えていたけど「よっしゃー!目標140人!」とそんな根拠のない意気込みで
盛り上がっていました。

そんな中、仕事終わりに合流するはずの実行委員のひとりから「実行委員を辞退したい。」
というメールが届いたんですよね。

それぞれに仕事がありますし、それぞれに家庭があって、それぞれのモチベーションも違います。
もちろん、そういうものを理解したうえで引き受けてもらったと思っていましたので、
少し残念というか、正直ガッカリというか・・・

出来る範囲で、無理のないように、なるべく負担の少ないようにと、準備してきたつもりです。
どこかの場面で、少しでも協力してもらえるのであれば、一緒に舟を漕ぎたかったんですけどね。

学生の頃は、楽しいことや価値観が合う仲間たちでグループを作りツルんでいたものです。
大人になって、忙しい毎日に翻弄されながら、同じ時間や同じ空間を共有する機会が
どんどん減ってきているのは仕方のないことだと思っています。

でも、どこかでは協力してくれるだろうと。
  
「やれないこと」と「やりたくないこと」は違います。
やれないことをやってくれ、と言っているわけではないつもりだったんですけどね。
なんだか少し寂しかったです。
 
ただその反面、学生時代にはまったく接点のなかった同級生でも、大人になってからの価値観や
時間の共有が積み重なって、飲みに行くほど仲良くなってみたりと、人との出会いと繋がりは
やっぱり不思議なものですよね。

昨夜は久しぶりに再会した実行委員のみんなの楽しそうな笑顔や、
酔っ払って盛り上がっている姿を眺めながら、この企画が誰かの楽しみになったり、
これからの日々の生活のハリになってくれるのならば、それはそれで、
発起人としての意義はあったのかなぁと自分に言い聞かせてみたりして。

みんなに理解を得ることは難しいけれど、まずは実行委員のみんなが楽しめる会でなくては
同窓会に参加した人もつまらないだろうというのが自分の考えです。

そういう意味では、昨夜は大成功だったと思うし、いろいろと考えさせられた夜でもありました。

それでも、もう前を向いて行くしかありません。
舟は動き始めましたから。

同窓会の準備も、これで4月までは少し間を置けます。
その代わりに今度は確定申告に取り掛からなくてはなりません。

まぁ、領収書や仕入れ伝票の整理はすでに終わっていますんで、あとはもう一度帳簿を見直して
転記して提出して終了です。

慌しい毎日ではありますけど、ここまでは予定通り順調です。
帰省していたしんさんと飲みに行けなかったことを除けば。。。

すべてはタイミング、それも仕方ありません。
春にはまた埼玉までは行く用事がありますから、またそこでのタイミングでしょうかね。

煮込みも仕上がりました。
今週も気合いを入れて頑張ります。

 










毎度ありがとうございます!

休日の夜、中学時代の同級生有志が集まって、来年同窓会をやることを決めました。
まずはその第一歩として「発起人」10名で、大まかなタイムスケジュールと役割分担を決め、
盛大な同窓会になるべく、走り始めたところです。

正直、引っ張っていくよりも、乗っかっていくほうが楽ですけどね。
でも、誰かが引っ張らないと、大きな車輪は動きません。

厄年でもなく、50歳という節目でもなく、卒業40周年というわけでもなく、
なぜ来年なんだという声と文句が、あちらこちらから聞こえてきそうですけど、
むしろ一般的だとか通常的だとか、そういうものにとらわれない感覚で遊びを企画し、
みんなで参加して盛り上げていくのが、我われ鶴岡四中第二期卒業生でもあると思っています。

「今やりたいんなら、今やろう!」

そんなキャッチフレーズが、しっくりくるのかもしれません。

文化会館で行われた合唱際の合間に「劇団」を作って、合唱以上に会場を盛り上げてみたり、
市内を駆け巡る駅伝大会では「風林火山」と書いた大きなのぼり旗を掲げて沿道を追走してみたり、
体育祭では、羽織袴姿でジャニーズばりにバク転やバク宙のアクロバティックな大技を決めてみたり、
今の鶴岡四中でいうところの三大行事の盛り上がりの歴史は、自分たちが切り開いたと言っても
過言ではないでしょう。

不良やツッパリという素行の悪さよりも、くだらないことを本気でやったり、
誰もやってないなんて聞くと無性に喜びを感じたり、そういうバカみたいなやつらが
異常に多かった学年なんですよね。

入試直前にもかかわらず授業も何もほったらかして、みんなで雪の積もるグラウンドで
勝手にサッカー大会をやってみたり、三階の窓から飛び降りて足の骨を折ったり、
騎馬戦の予行練習で本気なりすぎて鼻の骨を折るヤツや、鎖骨を折って本番に三角巾で来るヤツや、
とにかく破天荒で面白いヤツらが多かった学年でした。

もちろんケンカも日常茶飯事でしたけど、不登校のヤツの家まで全員で迎えに行ったり、
仲間想いの団結力の強さだけは、どのクラスにもあった気がします。

打ち合わせの最中に、各クラスの幹事候補のやつらに連絡すると、選択の余地はないのに
「いやだ。」などとダダをこねるヤツが出てきたりします。

「いいから、やれ。」

返信は、その一行で十分です。
その先にある、面白さや、感動や、達成感は保証します。
事情があってやれないことはあっても、やらないという選択肢はありません。

面倒くさくても、やるしかないんですよ!
そうやって自分を奮い立たせなければ、このくそ忙しい歳にもなって
「なんとなくお願いされた」だけでは、なかなか動けないですよ。

相当なエネルギーが必要になってきますしね。
それはみな同じなわけです。

優しくいえば「オレも頑張ります。だからキミも協力してくれよ。」ということですよね。
平たい言い方をすればね。

自分も望んでいるわけではないけれど、満を持してというか「そろそろ頼む。」という声が
湧き上がっている以上、しっかりと会議資料も用意して打ち合わせがスムーズにいくように
準備・進行してしまう自分がいます。

どんな同窓会になるでしょうか。
まぁやる以上は、しっかりと準備して挑みますから。
みんなに喜んでもらえるように・・・

さーて、これから雪かきしないとなりません。
それだって、やるしかないんですよね。

腰やってしまわないように、そろりそろりと参ろう(笑

 
 



毎度ありがとうございます!

求人、決まりません!!
本当にどなたか宜しくお願いいたします!!

先週末は土曜日に八森球場で二試合、日曜日にも酒田で二試合という、
連日5時起きしながら超ハードな野球部活動を消化してきました。

そんな中、日曜日の練習試合の最中にアクシデントがありまして。
相手の二塁ランナーが三盗を試みた際にサードとクロスプレーになり、
すねにスパイクの歯が刺さってザックリ切れて負傷退場する出来事があったんですね。

わざとではないと思いますし、まれにそういう事故も起きてしまうのも野球です。

でもね、怪我をさせてしまった相手ベンチから、該当ランナーに「ナイスラン!ナイスラン!」と
声がかかっているのには、正直ムカッとくるわけですよ、こっちも。

今やコリジョンルールといってホームベース上でのクロスプレーを禁ずる危険防止ルールが
徹底されているこのご時勢に、スパイクの歯を立ててスライディングして相手を怪我させておいて
「ナイスラン!」はないだろうと。

ベンチからのそういう声に、相手チームの監督もコーチも誰も注意しないんですよ。
自分は一塁審判をしていたのでムカムカしながら審判してましたけどね。

負傷退場して救急搬送されたサードは、中学の同級生でチームメイトだったオノの息子でした。
帰宅後に、応急処置にあたったカミさんにわざわざお礼の電話をくれましたけど、
「昭和の俺らの頃の4中だったら、間違いなく報復行為やってるよなぁ。」
なんて笑って話してました。

でも、本当ですよ。
決して認められることではありませんけど、自分たちの中学時代だったら
間違いなく報復プレーしてたと思います。
ま、それだけ仲間を想う気持ちは強かったし、よそにナメられたくないという意識も
どこよりも強かったと思いますし。

現に中学時代、鶴商でも一緒だったアイタが温海中戦に登板した際に、
市内のナンバースクールでは到底考えられないようなアイタの身体的特徴をヤジる口汚さに、
「おい!アイタ!こんなやつらに絶対打たれんじゃねーぞ!コラッ!!」
「うえー!レフトにツッパリいた~!ギャハハ、レフト狙え~!」
「うるせー!コノヤロウ!やんのか、バカヤロウ!ああ?」なんて
一人ブチ切れしてたレフトがいました(笑

報復行為そのものは決して認められるものではないんですけど、
仲間の思いや自分のことのように感情移入するということも、
今の時代には希薄になってきているのかもしれません。

ちなみに、そのレフトは後に鶴商に入学し、日大山形の内陸弁ヤジに
ブチ切れて、試合中断して警告を受けたのも思い出しました(笑

そんな週末でした。
今日から6月、気合入れて頑張ります。

バイトいませんか?

 
毎度ありがとうございます!

息子の春休みも今日で終わり。
明日は入学式、そしていよいよ中学生です。

自分の中学入学の頃の記憶はあまりないんですけど、野球部に入ることが
楽しみだったことだけは覚えています。

当時、自分の通った小学校には野球のスポ少がなく、仕方なく卓球部に入ったものの、
公園でやる野球では物足りなくて、クラス単位で野球チームを作って他校のスポ少チームと
試合を組んだりして、今思えば非常にアグレッシブな小学生だったんですよね。

ちゃんとした指導者のもとで野球が出来ること、もちろん技術的なことも先輩後輩の縦社会も含めて、
当時は早く中学生になりたくて、本当に楽しみで仕方なかったです。

笑われるかもしれないけど、今の中学生は学帽って被らないんですよね(笑
昔は学ランと学帽はセットでしたから、なんか今ひとつ物足りない。

息子の学ラン姿に「これで学帽があれば完璧だな。」なんて言ってたら、
「ガクボウ?なに、それ?」
「帽子だよ、帽子。応援団が被るような帽子のこと。」
「あー、昔の人が被るやつだ。ドカベンの岩鬼が被ってるやつでしょ!」
「岩鬼なぁ・・・まぁ正解。」

結局、新しく鶴岡四中が出来て、野球のルールも分からないハラダ先生が顧問になって
「坊主にしても強くなんねーよ。」なんて能書きこいて坊主を撤廃にしたうえに、
リーゼントだのなんだのと髪をイジり始めてからは、一切被らなくなったわけですけど。

高校では一般生徒は学帽はないのに、野球部の関東遠征時は学ラン学帽が正装でした。
買った記憶は一切ないんですけど、ちゃんと【商高】の金マークがついていたんで、
きっと先輩からの譲り物だったんでしょうかね。

ガタイのいい高校球児が学ラン学帽姿で大きな遠征バックを担いで関東の駅にいると、
バックの刺繍ネームを見て「君たち、山形の鶴商?応援してるから頑張ってよ。」なんて
しょっちゅう声をかけられてたものです。

確かに今見たら、学帽なんて古臭いかもしれないですね(笑
ま、それが当たり前だった時代があったということです。
古いアルバムを探しても、学帽を被ってる写真は
一枚もありませんでした(悲

あれ、なんで学帽の話しになってしまったんだっけ。

とりあえず、明日の入学式もオーダースーツでビシッと決めて出席してきます。
お店は通常営業いたします。

今日も一日、頑張っていきましょう!
 


毎度ありがとうございます!

おとといの金曜、中学時代の同級生20人で貸切営業をさせていただきました。

昨年6月に厄払いで40名が集まり、そのなおらいの席で「来年に同窓会をやろう!」と
盛り上がったまではよかったものの、冷静に考えると間隔が短すぎるし、女性陣の中には
まだまだお子さんに手がかかる方もいたりする年代でもあったりして、熟考してみたわけですよ。
それならばということで、50歳までの3年間を準備期間として先延ばしして、
どうせやるなら盛大な同窓会を開催しようという事でまとまったんです。

その報告会というか、単に飲み会というか、そんな集まりに20人。
仲がいいというか団結力があるというか、自分達の代の最大のいいところがそこなわけです。
頭のいいヤツから残念なヤツまでたくさんいますけど、ここ一番のまとまり方はハンパないですもんね。
特に男女のまとまりがいいのと、クラスの垣根が全くないことは、自慢できるところでしょうか。

バカみたいなことばかりやっていた中学時代でしたけど、
思い返せばあの時代が一番楽しかったかもしれません。

この歳になると、何かと大変な年代だからこそ、ちょっとした同級生の飲み会が明日への活力になって
みたり、励ますつもりが逆に励まされたり、この年になってまだ女子に怒られてみたりと、普段とは違う
新鮮な時間が過ごせるからこそ、20人もパッと集まってしまうんでしょうね。

いつまでも中学生な自分にタイムスリップしますもんね。

そして、ふと回りを見渡せば、亡くなってしまったヤツも随分と増えたような気がします。
まだまだこれからという年代にも関わらず、病に倒れたり自ら旅立ったり・・・

ありがたいことに、たくさんの同級生や友人のおかげで、ここまで人生を歩んでこれた気がします。

助けてもらったこともたくさんありますし、助けたこともたくさんあります。
良いときも悪いときも、中学時代の同級生にはいつも支えられていましたから、
そんな距離感と仲間意識は人一倍強いのかもしれませんね。

盛大な同窓会は数年先に先送りになった分、こういった地元飲みを重ねていきながら、
またみんなから元気をもらいたいと思います。

意外にもバツイチも含めて、一人モンが多かったのには驚いたけどww
まだまだこれから、結婚も仕事も諦めたらそこで終わりです。
そんなパワーを秘めたまま、明日は5時半に起きてスポ少の
「学童大会」に挑みます。
前大会覇者の三川が相手ですので苦戦はするでしょうが、
精一杯全力で頑張ってくれればOKです!

元気に頑張ってきます!

今からだと、4時間くらいは寝れそうです。
明日も頑張ってきます!

素敵な日曜日をお過ごし下さい。



毎度ありがとうございます!

楽しみにしていた土曜日の新人戦が雨で今日に順延となりました。
どうせやるなら状態の良い環境でやらせてあげたいけど、グランドはどうなっているものやら。

昨日も忙しく、たくさんのお客様にご来店いただきました。
そんな中、鶴岡四中野球部の父兄の皆様に二次会からご利用いただきました。

鶴岡四中と言えば、そう、自分の母校でもあり、不肖ながらこの私めが野球部の帽子マークの
発案者である事は、すでにこのブログでご報告させて頂いた通りの自慢話でございます(笑

その母校野球部が、15年ぶりに地区大会を制し、堂々と県大会を戦ってきてくれました。
残念ながら我が母校は、1点差で惜しくも初戦で敗退という結果だったようです。

それでもレベルの高い田川地区での優勝はじつに15年ぶりだそうで、
最後まで諦めずによく頑張ったと、卒業生の一人として本当に嬉しく思います。

実は、この優勝チームが新人チームとして発足した昨年の秋に、先輩マナブさんが率いる
藤島中学校と初めて練習試合を行った時のことを思い出しました。
その練習試合直後にマナブさんが来店してくれて、開口一番に

「今の四中は本当にいいチームだと思う。当然、優勝も狙えるくらいチームのバランスが
 いいなぁという印象をもった。今日は藤島中にとっても本当にいい勉強をさせてもらった。」
なんて言っていたんで、一度も中学野球を見たことがない自分でも期待していたんです。

彼らの優勝は決してフロックなどではなく、本当に底力があって摑んだ優勝だったんですね。

15年ぶりの優勝・・・その15年前はというと、現ソフトバンク長谷川勇也選手が
投手として活躍していた年が、15年前の優勝した年なんだそうです。

そう考えると、あの長谷川選手も、あの帽子のマークで戦ってきたわけですからね。

今年度から、鶴岡四中も昇華タイプの軽量速乾ユニホームに一新し、
機能的にもデザイン的にも、非常に素晴らしいユニホームになりました。

普通、ユニホームデザインが変われば、必然的に帽子のマークも変わるものですが、
引き続きあのTとFの合体マークが採用になっていたのには、びっくりしましたもんね。

息子が野球部で頑張っている後輩タカヤマくんに、「先輩が考えたあのマーク、カッコいいですもん。」
なんて言われると、なんだか照れる反面、ものすごい嬉しいですよね。

普段は、高校野球しか見ない自分ですが、これからは中学野球も応援していこうと思います。
後輩達が頑張ってる姿は、やっぱり応援したくなります。

息子が中学に入って野球を続けてくれたら、あの帽子を被る姿を見れるわけです。
それはそれで楽しみですけど、まずは今日の新人戦が先です(笑

それでは、いざ戦いの場へ。
応援も頑張ってきます!!



カウンター
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
3 4 5 6
7 9 10 11 12 13
15 16 18 19 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
[04/22 店主]
[04/22 しんさん]
[04/15 店主]
[04/14 サードコーチャー]
[04/14 店主]
[04/14 20番が涙腺スイッチ]
[04/09 店主]
[04/08 しんさん]
[04/04 店主]
[04/03 タムちゃん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /