やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2018/12 >>
SMTWTFS
1
2 678
9 131415
16171819 202122
23242526 272829
3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2  
毎度ありがとうございます!

今朝は久しぶりに竹原ピストルの「東京一年生」を聞いて昔を思い出していました。

「東京一年生」って言葉が、何だか30年前の自分を思い出します。
高校の商業科から大学の商学部を卒業して漠然と希望した証券業界に進み、大阪での研修を経て
日本株式の中心「兜町支店」に配属された、あの頃の自分に重ねてしまいます。

我孫子発の始発の常磐線に飛び乗り、北千住で東京メトロ日比谷線に乗り換えて茅場町まで、
満員電車に揺られ、ただがむしゃらに日々を暮らしていたのを思い出します。

毎日ネクタイにスーツを着て、アタッシュケースにポケットティッシュと名刺を山ほど詰め込んで、
毎日毎日飛び込み営業と電話営業のその先にある自分の未来なんて、何も見えず何も考えれず、
東京の大都会の景色の中に紛れ込んでいた、若き日の自分の姿です。

デジタルロックにフローリングとロフト付きの真新しい部屋で、弁当ばかり食っていました。

あの頃すでに完全週休二日制に、新卒で25万円の初任給と寮という名のワンルームマンション。
優遇されていた当時の環境と、それに反してやっている仕事の無力感と疲労感とのギャップ。

休日はいつも上野のパチンコ屋で一日を潰し、勝てばガード下の飲み屋で一杯ひっかけて、
負ければフーッと大きなため息と、澱んだ東京の空を見上げて「なにやってんだろうな、オレは」
と嘆いた日々が、懐かしくも切ない思い出として鮮明に心に刻まれています。

どこに行くにも、駅の路線図と料金表を見ないと電車に乗れなかった自分が、
定期片手に当たり前のように改札をすり抜け、乗り換えホームまで走っていることにふと気づいて、
少しづつ東京の人になっていく自分に妙に寂しくも嬉しくなってみたりして。

東京への憧れがなかったといえばうそになります。
実際に東京での暮らしは、20代でまだまだ調子こきたい自分には楽しかったのも事実ですし。

ただ、仕事に対する満足感というか充実感が全くの0%でしたから、なんか背伸びしてる自分と
これでいいんだと思い込もうとする自分が常にいました。

30年の時が過ぎ、たまに行く東京は、田舎で暮らし田舎で商売する自分に刺激と発見を与え、
今でも大きく影響を受ける街であることには違いありません。
さすがに、この歳からは東京で暮らしたいとは思いませんけどね。
たまに行くからいいんでしょうね。

「しばらく東京にも行ってないなぁ。」などと思いつつ、竹原ピストルの「東京一年生」を
リピートで繰り返し聞きながら、煮込みを作るいつもの自分です。

♪暮らしづらいのは街のせいじゃない 暮らしづらいのは大丈夫、夢があるからさ~
 頑張れ 頑張れ  東京一年生   頑張れ 頑張れ  東京一年生~♪

耳に残るフレーズと、鼻歌でも歌えそうないい曲です。
今日も頑張ります。











 
毎度ありがとうございます!

先日、鶴岡ドリームスの全国大会出場に関する寄付金を、当ブログでお願いしたところ、
早速、同級生やら後輩やらからありがたいことに寄付金を頂戴いたしました。

イタガキ、マツウラ、タケシ、本当にありがとうございます!
選手団のために、ありがたく使わせて頂きます。

そして「頑張っての!」と言ってくれるその短い言葉と、その心意気に胸が熱くなります。
いつかなにかの折に自分に協力できることがあれば、喜んで自分も協力させて頂きます。

せっかくなんで全国大会でお邪魔する沼津市のことを、ちょっと調べてみたら
富士山のふもとにある街で駿河湾を眼下に見下ろす山と海と緑の街なんですね。

実は、自分は富士山をちゃんと見たことがないんですよ。
大学4年時に就職内定の拘束旅行で箱根に行って、芦ノ湖に浮かぶ海賊船みたいな船のデッキから
遠くにかすかに見えた富士山と、マスターズ甲子園に前乗りする際に羽田からの飛行機の窓から
見えた富士山と、しっかりと地上から見上げたことが一度もないんですよね。

拘束旅行とは、当時は就職協定(会社訪問開始)が8月20日に設けられていたんですけど、
実際には解禁前から面接はやっていて6月くらいにはすでにみな内定をもらってたんですよね。
その確保した内定者に他社を受けさせないために親睦旅行の名目で身柄を拘束して
二泊三日のドンチャン旅行に会社が連れて行くんですよ。

もちろん北海道からの交通費も全部会社持ちで。
世の中はバブルでしたから。

大阪に本社のある証券会社でしたけど、同期入社で100人はいたと思います。
西日本の本社採用組と、東日本の東京支店採用組とで分けられ、自分は東京組でした。

1年ももたずに、同期の中では真っ先に会社を辞めたダメ社員でしたけど、
大阪研修時代も含めて本当に密度の濃い時間を過ごさせてもらいました。

ビジネスマナー、電話応対、名刺交換、上座下座、接待所作など、
社会人としての基本をしっかりと学ばせてもらった時間だったと思います。

会社を辞めて数年の間は同期のやつらとも頻繁に連絡をとっていて、何度か東京や横浜で
みんなと再会したりして、繋がりがあったんですけどね。

CL(カウンターレディ)の女子社員が一人二人と寿退社していくにつれて、
東京同期会も自然消滅していった気がします。

みんな元気なんだろうか。

若かったけど、希望と情熱を持って東京に出てきて、まだ大学生のノリで突っ走っていた
あの頃がなぜか今頃になって懐かしいです。

あの頃、遠くに見えた富士山を見ても何の感情も湧かなかった20歳そこそこの自分が、
50歳を越えた今、息子の野球する姿と一緒に富士山を眺めて見て、何を思い何を感じるのかも
今から楽しみな事のひとつではあるんですよね。

沼津とは何の関係もない話しですけど【富士山】というワードから、
21~22歳の頃のヤング島耕作みたいな自分の若かりし頃を思い出していました。

寄付金、まだまだ受け付けさせて頂いております。
「頑張ってこいよ!」というお声とともに、寄付金のご協力をお願いできれば嬉しいです。

そして子供たちに負けないように、自分の今日を精一杯頑張るだけです!!










 
毎度ありがとうございます!

4月1日、新しい一歩を踏み出す期待と不安の入り混じった日でしょうか。

自分の社会人としてのスタート、4月1日は大阪で第一歩を踏み出しました。
東の兜町・西の北浜といわれる相場の街で、スーツに身を固めて気合いが入っていた記憶があります。

大阪が本社でしたので新入社員全員が一同に揃い、そのまま2ヶ月間の研修に入ります。
証券会社の営業マンは、全員が証券外務員Ⅱ種試験に合格しないとなりません。
その試験合格に向けて寮と研修センターの往復の日々でした。

大学でもほとんど勉強してこなかった分、ここで猛勉強したわけですけど、
人間、急には変われませんよね(笑
講義が始まるとすぐに寝るクセが顔を出してしまって、いつも寝ている自分を見て
同期の連中がつけたあだ名が「トド」でした(笑

それでも、自分なりには勉強しましたねー。
数学や英語が出題されれば完全にアウトでしたけど、
株取引や金融商品についての実務的な試験でしたから、
大学で学んだ証券法や商法や小切手法なんかの知識が活かされて
丸暗記でなんとか乗り切りました。

それでも同期で4人くらいは落ちましたけどね。
落ちたら2ヶ月先の次の試験まで大阪から帰れないんですよ。
「可哀想にな。もう自分、大阪の人でええやん!」とイジられて
寮に残ってみんなを見送りしなければなりません。

本社の寮があったのは京都府八幡市というところで、大阪との境にある街です。
定期を持たされ、朝から満員の京阪電車に揺られて通勤していると、
自分もサラリーマンになったんだなぁと実感したものです。

週休二日で初任給は23万円だったと思います。
週末は琵琶湖まで遊びに行ったり、京都競馬場や大阪城に行ったりして、
試験勉強の合間をぬって、それなりに大阪ライフを満喫していたんですよね。

大阪本社採用の同期も多くいて、初めはあの大阪弁でグイグイくるのが苦手でしたけど、
意外と太っ腹なところもあって、気の合う友人もたくさんできたのも懐かしい思い出です。

あれから27年も経ったのかと思うと、本当にあっという間です。
社会人1年生の頃に、今の自分の姿を思い浮かべることは全くできませんでした。

同期入社の中では一番で会社を辞めて、北海道に戻ってからもいろんな仕事をやって生きてきました。
そんな時間があったからこそ、今の自分がいます。

レミオロメンじゃないけれど、自分とっては3月9日よりも、晴れやかな希望と新しい生活が始まる
4月1日に思いを馳せることが多いです。

みんな最初はゼロからですから。
小さな一歩ですけど、大きく踏み出して行って欲しいと思っています。

新社会人に負けないよう、今日も一日頑張っていきましょう!!



毎度ありがとうございます!

引き続きの初めてシリーズで。

大学進学した函館には「吉野家」がなかっため、はっきりとした牛丼デビューは新卒時代の大阪でした。
実は、仲間と遊びに行ったすすきので、酔っぱらって深夜に食ったような記憶があるものの、
ちゃんと「吉野家」と認識して作法を教わったのは、やっぱり大阪ということになりますかね。

証券会社の本社があった北浜で、昼休みになるとそこら中から証券マンが溢れ出てくるなか、
同期の奴らに連れて行かれて、その作法を教わったんです。

p1150488.jpg「つゆだく」「ねぎだく」なんて注文の仕方も教えてもらいました。
仲の良かったヤマヤの影響で、つゆだく・玉子・味噌汁に
七味どっさりが定番だったせいか、その後もずっとその食べ方でしか
食えない身体になってしまいました(笑

「すき家」の牛丼は玉子をかけなくても食えるのに、
「吉野家」は玉子をかけないと食えないんですよ。

注文してから出てくるまでのあのスピードには、本当にカルチャーショックを受けたもんです。
「どんぶりに入れて、作り置きしてんじゃねーか?」って本気で思ってましたもんね。
あの、他人と向かい合って座るカウンターにも、どこか照れ臭くて目のやり場に困ってましたし。

当時はお客の目の前に透明な引き出し(ショーケース)があって、
中にあるお新香やサラダを勝手に取り出して、会計も目の前で精算するシステムでしたよね。

一杯300円くらいだったのかな、よく覚えてないけど。
大阪の街で、初任給が出るまで随分とお世話になりました。

鶴岡という田舎に育ったおかげで、ファーストフードやジャンクフードデビューは遅咲きでしたけど、
その分、大人になってからの感動が半端なかったわけです(笑

初めて食べた「ロッテリア」のリブサンドにも感動したし、
最初は怒りさえ覚えた「天下一品ラーメン」も、今や大好物になってしまったし。。

さーて、一週間の締めくくりの土曜日。
気合い入れて、行ってきまーす!!




毎度ありがとうございます!

同期入社の中でも、いち早くノルマを達成し顧客と普通に株の話をしているタケダ以外は、
まだ誰もノルマを達成できずに、毎日が暗中模索状態の日々が続いていました。

ある日の昼休みに同期のヤマヤと2人で、いつものようにランチにを食べに歩いてたんです。
そしたら、そのヤマヤが急に妙な事を言い出すんですよ。

「あのよ。タケちゃんて、いつも誰と電話してんだろうな。」
「親父の知り合いとかって言ってたじゃん。」
「でもよ。おれらがテレアポしてる間、あんなにチョコチョコ電話してそんなに話す事あるか?」
「んー、知らねーよ。よっぽど金と暇のある人なんじゃねーの。」
「・・・。」

営業部では、4人づつ向かい合わせで座ってるんですけど、自分の向かいがヤマヤで、
そのとなりがタケダだったんです。

その日の午後は、タケダを含む数人が外回りに出かけ、
営業部には自分とヤマヤとオオタケが残っているだけでした。
その時、いきなり向かいに座るヤマヤが隣りのタケダの電話のボタンを押して叫んだんですよ。

「おい!イシカワ。ヤベーよ。」
「あー。何がよ?」
「ちょっと、これ見てみ。」
「何が?」

当時は各自の机の上に直通のビジネスホンがあって、名刺の番号もそれぞれ末尾が違っていたんです。
もちろん営業部の代表電話もかかってきたら取れますけど、逆に外線への発信は、
すべて0発信(ゼロ)しないと通話ができない仕組みだったんですね。

ナンバーディスプレイなんてない時代でしたけど、
発信履歴だけは「日付」「時間」「通話時間」が表示される電話機でした。

ヤマヤが指差すタケダの電話は、発信履歴すべてが、頭に0の付かない番号ばかりだったんです。

eyes0808.jpg「ん、なんだこれ?どういうことよ?」
「だからよ、タケダは一人で演技してるってことだよ。」
「はあ?なんで?」
「知らねーけど、一人で勝手にしゃべって演技してるってことじゃん。」
「・・・。」
「けっ。」

学生時代には一言も話した事はなかったんですけど、同じ大学から入社して、
配属された支店も同じということから、やっぱり仲間意識は強かったんです。

「ヤマヤ。とりあえずこの事は、誰にも言うなよ。」
「おぅ、わかった。しっかし、あいつには本当に呆れたな。」

そのあとも、同期がテレアポで撃沈されてる間も、
「ええ。今日は2円安ですね。ここはもう少し様子を見てみましょうか。」
なんて話してましたけど、タケダがトイレに立った隙にヤマヤがディスプレイをチェックすると
「177」なんて天気予報に向って話してた事もありました。

実は、自分達がタケダの一人芝居に気付く前から、支店長はわかっていたそうなんです。
自分達が、退社したあとに電話機チェックするのが支店長の日課になってたらしく・・・。

早い段階から、肉親から協力してもらう新入社員は大体この手を使うんだそうです。
「結果がすぐに出ないツライ業務に耐えられないヤツは、本当の証券マンにはなれない。」
というのが支店長の持論だそうで・・・。
しばらくして、そのあとの新規がまったく獲れず、支店長に追い込まれたタケダは会社を辞めました。

今、タケダは東京都議の秘書をやっているそうです。

21歳、春。
みな、本当に明日が見えなくて、もがき苦しんでいた頃です。
希望職種についても、必ずしもやりがいがあるとは限りませんし、その時には分からないものです。
春になるにつれ、街に「新卒」という言葉が聞こえはじめると、あの頃の辛かった毎日を思い出します。

全ての仕事に通じることだと思うんですけど、
答えを先に求めるよりも、その答えが出るまでの過程が大切なんですね。

今日の努力が、未来に必ず繋がると信じています。

今週も頑張りましょう!!


毎度ありがとうございます!

社会人1年生、東京での証券会社時代の話でも。

バブル最終期の平成2年、某証券会社の兜町支店に配属された新人は自分を含めて8名、
全て大卒の営業職志望者のみだったんです。
営業第一課と第二課に分かれてはいるものの、新人8人の机は向い合わせで隔離されてました。

営業部では、全銘柄の動向の分かる株価ボードの下で、支店長はじめ全営業マンが
9時の前場が始まると同時にバンバン電話をかけて「売り」や「買い」の注文をとるその光景は、
殺気だった異常な熱気が立ち込めていたものです。

我々新人には、まだそんな株の話をする顧客など一人もいるはずもなく、
「まずは、その辺で貯蓄モン(元本保証の定期預金みたいなもの)でも、売って来い。」
というのが、当面の業務命令だったんです。

でも、その貯蓄モンですらも、なかなか飛び込み営業では獲得できず、
新人は毎朝の営業会議で、こっぴどく追い込まれていたんですね。

外に出て飛び込みする以外に、電話帳の端から端まで無作為に電話をかけてアプローチする
「テレアポDay」なる曜日も決められていて、その日は朝から晩までひたすら電話をかけるわけです。

eyes0817.jpg8割がた「〇〇証券のイシカワと申します。恐れ入りますが・・・」
大体このあたりで「ガチャン!」と切られます。
名前から先を話すことも出来ないんですよね。
その時間わずか約30秒くらいですから、次から次とかけまくって、
1日に300件なんて日もありました。

そんな同期全員が玉砕されているなか、自分と同じ大学から入社したタケダ(仮名)
だけは、「ええ、今日は3円高です。△△製作所なんかも面白いと思いますよ。」
なんて、一丁前にベテラン証券マンみたいな電話で誰かと話をしてるんですよ。

聞けば、父親の知人に懇意にしてもらっているそうで、近いうちに株契約も約束されているそうなんです。

毎日、毎日、支店長に容赦ない罵声を浴びせられ、明日が見えない無力感の中で、
タケちゃんの外線電話は、まさに同期の憧れでもあったわけです。

「いつか、あんな電話を顧客としてみたい。」

そうは思うものの、支店長からも「お前ら、少しはタケダのこと見習って、今日こそ契約、取って来い。」
なんて、むしろ追い込まれる要因でもあったんですけどね。
ひたすら、いつか自分にもお客様が出来ると信じて、くる日もくる日も、玉砕されてました。

そんな、ある日のこと・・・。
あの事件が発覚したんです。

つづく。


 
カウンター
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 6 7 8
9 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[12/13 店主]
[12/12 タムちゃん]
[12/12 店主]
[12/12 萬年幹事の松]
[12/12 店主]
[12/11 店主]
[12/11 萬年幹事の松]
[12/11 しんさん]
[12/11 店主]
[12/10 萬年幹事の松]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /