やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/09 >>
SMTWTFS
1
3456 789
1013 1516
171820 212223
24252627 282930
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6  

毎度ありがとうございます!

8月8日は田中先生のご命日です。
また今年も田中先生との思い出を書いてみたいと思います。

現役時代はほとんど会話をしたことがなかったわけですけど、30代半ばで鶴岡に戻ってきて
日中にわりと時間が取れるヤツだと認識されてからは、しょっちゅうゴルフに誘ってもらったり
二人で買い物にも出掛けたりしていました。

その車中ではいろんな思い出話をしながら行くんですけど、ある時こんな質問をしたことがあります。
「今、OB会の事務局をやらせてもらってますけど、甲子園に行った世代がOB会に
協力してくれないのはなんでなんですかね。」
「・・・。」
「県外生が多かったというのも分かるんですけど、振込みひとつ入れてくれないじゃないですか。」
「そうか…」
「田中先生は、あの世代の方たちと会いたいですか?」
「うん。久しぶりに会いたいな。」
「やっぱり、そうですよね。」
「OB会でみんなで会いたいな。」
「はい。」
「もっとお前が頑張れば、みんな集まる。」
「もっとですか…」

もちろん今は30年ぶりの甲子園出場を機に交流や連絡が密になり、みなさんからOB会に
出席頂いたり、振込みでOB会費を入金して頂けるようになりました。
本当に、本当に感謝しております。

県外に住むOBの方々にとってはなかなかOB会といわれても身近ではないし、
当時はなんというか、きっかけもなかったのだと今では理解できます。

でも、あの年の甲子園出場までは本当に運営には苦労していたんですね。
案内を出しても、人も集まらない。
振込先を連絡しても、お金も集まらない。
そして、田中先生の体調も万全ではない。

それでも、毎年同じ顔ぶれのOB会に毎年田中先生は必ず出席してくださいました。

二次会にも気さくに付き合ってくださって、酔っ払って出来上がった教え子たちの
「先生、先生!歴代の最強4番は誰ですか?」だの、
「先生!キミシマさんは、どんぶり飯5杯食ってたって本当っスか?」だの、
「アイボリーのユニホームは先生にとってアリですか?」などなど、
勢いに任せて思いつくまま質問されても、イヤな顔ひとつせず全て答えていたものです。

お亡くなりになられたその年の9月に、八乙女で当時の甲子園世代の方々約40名が集結して
「世代親睦会」が開催されました。

真ん中に先生の遺影を囲み、当時中学生だった自分が憧れた先輩たちと初めてお会いしながら、
楽しい時間を過ごさせて頂いた事は、自分にとってもいいきっかけになりましたし、
そこから今につながる大切なご縁を頂いたと思っています。

生前、先生がみなさんに会いたがっていたのを知っているだけに
「田中先生がご存命だったらなぁ」と、盛り上がる宴会場の方隅で
ぼんやりと一人先生との思い出に浸っていたのを思い出しました。

今ではお店に寄ってくださる先輩や、わざわざOB会で飲めと日本酒を送ってくださる先輩もいて、
本当にありがたく感謝の気持ちで一杯です。

失礼な感情をもっていたこと、本当に申し訳ありませんでした。
そして、いつもいつもOB会活動へのご理解とご協力、本当にありがとうございます。

先生には「お前がもっと頑張れ!」と激励されましたけど、自分が頑張ったわけではなく
先輩たちの母校への愛校心を先生が呼び起こしてくれたんだと思うんですよね。

いいOB会になりましたよ、先生。
あの懐かしい顔ぶれで一杯やりたかったですね。

そして、酔っ払った勢いで今なら必ずこう聞くでしょう。
「先生!そろそろ事務局あがっていいですか?」と。

今なら「うん。」と言ってくれそうな気がしますけど。。。
創部50周年の区切りの年までは、先生の遺言だと思って頑張ります!!










毎度ありがとうございます!

お盆が明けてからも何かと忙しく、ブログの更新ができずにおりました。
10日ぶりの更新です。

この10日間で一番の出来事といえば、母校鶴岡東が三回戦で負けてしまったことですかね、やっぱり。
本当に残念です。

今年は同期ワタルの息子ソウマがレギュラーでベンチ入りしていて、
個人的にも例年以上に肩入れしていて、甲子園に行ってほしい年でもありました。

まだ子どもたちが小さかった頃は、ワタルの実家のある温海の海岸でファミリーBBQを楽しんだり、
お互いの子どもたちのお下がりをあげたりもらったりしてきた付き合いです。

30年ぶりの甲子園出場の際にも、夜通しバスの中で騒ぐおっさんたちと一緒に甲子園に行きましたし、
わが子とまでは言いませんけど、親戚のおじさんくらいの感覚で子どもの頃からソウマの成長を
陰ながら見守ってきたつもりです。

4つ下にあたるウチの息子に、Tシャツやらアンダーシャツやらをもらうたびに、ソウマの頑張りを
聞かせてあげていましたから、息子がソウマに憧れを抱くのは自然なことだったでしょう。
今も使っている素振り用のバットやラダーも、すべてソウマからのお下がり品です。

高校進学をどこにするか迷っている時期に家族で食事にきてくれて、あの明るいソウマの笑顔が
思春期と反抗期とが相まって、随分と悩んでいた顔だったのをはっきりと覚えています。

それだけに自分自身で鶴岡東に入学を決めたと聞かされたときには、わが子のように嬉しかったし、
下級生時代にスタンドで見かけると、いつも「ソウマ!頑張れよ!」と気軽に声をかけてきました。

新チームになり、見事レギュラーを勝ち取り試合に出るようになると、むしろ親のワタルの方を
随分と羨ましくも思っていたものです。

それだけ鶴岡東でレギュラーを勝ち取るということが簡単ではない事だと知っているからです。
OBの息子だろうが、関西からの特待生だろうが、シニア上がりだろうが、一切関係ありません。
与えられたチャンスをものにし、競争を勝ち抜いた者がベンチ登録される厳しい世界です。

春季大会では結果が出ずに登録を外され、悔しい思いでスタンドから応援していた寂しい横顔を
ワタルも傍で見てきて「お前なら絶対にやれる!」と鼓舞してきた親心も痛いほど分かります。

その悔しさを乗り越え、さらにバットを振り込み、最後の夏にまたレギュラーで戻ってきただけに、
もっともっと勝たせてあげたかったし、甲子園で活躍するソウマの姿をこの目で見たかったです。

ワタルと同じ背番号7を背負って、ワタルと同じ「1番レフト佐藤くん。」とアナウンスされた時は
感動して、試合開始前に胸が熱くなってしまいました。

高校野球はこれで終わってしまったけれど、人生の試合開始のサイレンはまだ鳴ったばかりです。

甲子園に出たとか出ないとか、レギュラーだったとか補欠だったとかは、
人生においては、さほど重要なことではありません。

その厳しくも凝縮された3年間の間に、社会を生き抜く【逞しさ】と、周りの状況を見て感じとる【感性】が
磨かれれば、いつの日か鶴岡東に入学して良かったと思える日が必ずくるはずなんです。

オレたちの夏、準決勝の日大山形戦、最後のバッターはワタルでした。
完全アウトの内野ゴロで一塁にヘッドスライディングして、そのまま立ち上がれず塁上で涙した
ワタルの無念さと、あの日の悔しさは、すでに息子ソウマが晴らしてくれたと思っています。
 
「オレの高校時代は不完全燃焼だった。」と、飲めば夜中にしつこく語るワタルもいま、
きっとそう思っているはずです。

少しゆっくりして、これからの自分の人生を、また自分の頭でしっかりと考えて、
歩んでいってほしいと思います。

いつまでも小さい頃のままだと思っていたソウマが、大きく成長し、逞しく必死に戦う姿に、
胸が躍らされ、熱く熱く感動した夏でした。

ソウマ、おつかれさん。
本当に頑張ったな。

そして、ありがとう。

毎度ありがとうございます!

社会人都市対抗野球東北二次予選において、山形県代表のきらやか銀行が昨年に引き続き
二年連続で東京ドームでの本戦出場が決定いたしました。

ちょうど一年前にもブログに書きましたけど、自分の兄がきらやか野球部のOBでもあり、
子供のころから身近に感じていたチームですから、二年連続出場の快挙は本当に嬉しい限りです。

昨年は日程が合わず、東京ドームへ応援には行けませんでした。
本戦は7月17日から25日までですから、高校野球の夏の予選ともろかぶりなわけですよ。

でも、今年は多少無理してでもドームに行きたいんですよね。
もちろん東京ドームには行ったことがありますけど、ドームで行なわれる都市対抗で
地元企業を応援する機会というのは、そうそうないと思うんですよ。

いや、これからきらやか野球部も常勝軍団としていつでもドームに行けるなら、
また次のチャンスにということもあるんでしょうけど、他の企業チームも本気で戦ってきますから、
そんなにいつでも行けるものではないんですよね。

県勢としては66年ぶり、きらやか野球部創部以来初めての都市対抗本戦出場から、
二年連続出場の快挙ですから、その強さは本物なんでしょうけども。

都市対抗の醍醐味は、やっぱりスタンドの一体感と応援団の華やかさですよね。
それをドームで味わえるというのは、やっぱり魅力的です。

もちろん日帰りは無理でしょうから、なんなら東京出張も兼ねてということで(笑
久しぶりに水道橋の「遠州屋」の煮込みともつ焼きも食べたいし、都内の立ち吞み屋ラッシュと、
各店舗の雰囲気やクオリティもこの目で確認したいというのもありますし。

高校野球の組み合わせと都市対抗の組み合わせとカレンダーとを、穴があくまで見比べて、
本当に行けるようなら是非実現したいと思っています。
確率50%ですかね、今のところは。

野球半分、酒場半分、楽しみ十分ですけど、また忙しい夏になりそうです。

今週末には、息子の野球部の中総体もありますしね。 

なにはともあれ、野球本番の夏に向けて今日も頑張ります!!




 
毎度ありがとうございます!

昨日、何気にポストを見てみたら一枚の封筒が届いていました。
差出人は横浜に住む2コ上の先輩ヒロシさんからだったんですね。

「なんだろう?」と思って開封してみたら、中にはネクタイが入っていました。
手紙やメモも何もなく、ただモスグリーンとシルバーのストライプのネクタイが
無造作に入っていたんです。

先日のブログを読んでくれて、わざわざ送ってくれたのだとすぐに分かりました。
わざわざ自分のために、わざわざ売り場で購入してくれて、わざわざ送ってくれたその気持ち…
言葉に出来ないくらいに嬉しくて感動しました。
ヒロシさん、ありがとうございました!!

出来ればみんなの分も送ってくれると、もっと嬉しいんですけど…(笑
などと調子こけるくらいのお付き合いをさせて頂いていると勝手に思い込んでいるわけですが(笑

かれこれ5~6年前から、随分と親しく可愛がってもらっています。
これまでにもヒロシさんからは、たくさんの贈り物を頂いているんですけど、
それらはすべて、なんの連絡もなくある日突然届きます。

店で着ろとダボシャツを送ってくれたり、横浜外国人助っ人ブランコのバッティンググローブを
送ってくれたり、ジンジャーハイボールの提灯を送ってくれたこともありました。
なにかあればすぐに神奈川の日本酒が送られてきますし、むしろこっちからのお返しに悩むくらい
いろいろと送られてきます。

そんな贈り物の中で一番印象的だったのが、ブロック。
そうブロック壁で使う、あのブロックです。
それも、わざわざ横浜から。

5年前の甲子園出場時に、店頭に飾る垂れ幕を押さえていた割れてるブロックをブログで見て、
「縁起悪いから、もっとちゃんとしたブロック買えよ。」とコメントがきたのに対して、
「金無くて買えないんですよ!ヒロシさん、送ってくださいよ!」なんて、
ボケたつもりでコメントを返信していたんですよね。

そしたら、ある日突然、しかも営業中のお店に直接…
「すいませーん。やんちゃさんに荷物届いてます。」
「荷物?どこから?」
「横浜からですね。」
見ると、ちょうど発泡スチロールくらいの大きさだったのもあって、
なにか海産物(ホタテ)とかを送ってくれたんだろうなと思うじゃないですか。

「はいよ。」なんて気軽にサインして持とうとしたら、ドライバーが
「あっ!重いっすよ。中身ブロックって書いてありますから。」
「はぁ?ブロック?」
その時点では、まったく事態が飲み込めていませんでした。

「重たっ!」おそるおそる荷物を受け取りカウンターで開けて見てみると、
中からは犯行に使われた凶器のような真っ赤に塗られたブロックが!!

「えっ、何これ?こわいこわい!」
全部開けてみると、ちゃんと「やんちゃ」のロゴが忠実にペイントされているんですよ。
しかも裏側には、なぜか「必勝」と書いてある(笑

「あの人、本当にブロック送るか?横浜から送料かけて。」
でもね、それが「鶴商魂」「鶴商愛」なんですよ。

最初は気持ち悪いと思った赤いブロックも、路上の低い位置に置くものですから
前輪で乗り上げないように運転手からの認識性も高く、むしろ目立っていい感じです。
今では路上看板の押さえとして、年がら年中外に置いて活躍してくれてますし、
雪に埋もれてしまう店先のマーカーとしても、役立っているんですね。

現役時代には直接話すことがなかった2コ上の先輩と、この年になりこうして気さくに
お付き合いさせて頂けるというのも、OB会があればこそだと思うんですよ。
そんな雰囲気が大好きです。

もちろん自分にも可愛がっている後輩たちがたくさんいます。
自分より年上に見えるヤツもいますし、一緒にゴルフを楽しんだり、一緒に酒を飲んだり、
もちろん一緒にスタンドに応援に駆けつける仲のいい後輩たちです。

中には自分に対しての敬語もだんだん怪しいヤツもいますけど、それはそれでいいと思っています。
それだけの時間とそれだけの年月の付き合いの中で、角が取れてフランクな関係になってきて
気軽に付き合えるカタチになってきたと思っていますから。

1コ上のマナブさんになんか、ワタルの接し方も酷いもんですよ(笑
自分も人のことは言えませんけどね(笑
でも、それは受け止めてくれているマナブさんの愛なんだと思うんですよね。

後輩ではあるけれど、一人の大人として思っていること、聞いてほしいことは本音で話します。
それに対して、同じように自分の言葉で本音で返してくれる大人のマナブさんがいます。

「先輩がいて自分がいて後輩がいる。」
当たり前のようだけど、まもなく創部50周年を迎える鶴岡東野球部の歴史の中で
お互いがつながり、お互いを認め、お互いを敬い、脈々と続くOBのネットワークが
OB会のいい雰囲気を創り出し、それが地元で暮らす我々にとっての支えになっていることに
最近つくづく気づかされます。

またひとつ、先輩に可愛がってもらいました。
ネクタイ大切にします。

ありがとうございました。


 







毎度ありがとうございます!

今日から12月、今年も残すところあと1ヶ月となりました。
いろいろとあった1年でしたが「終わりよければすべてよし」目指して、
ラストスパートで頑張ります。

毎年の事ですけど、この時期は雑務に追われる日々を過ごしています。
バイスサワー導入に伴ってメニューの変更と差し替えをやらないといけない中、
昨日は朝からOB会の案内ハガキの宛名印刷を600枚せっせと作業してました。

昨年は印刷が終わった往復ハガキを郵便局に持ち込んだら、全部半分に折って出してくれと
言われてムカついたんで、今回はすべて山折りに折って持ち込みました。
スタートから4時間近くもかかってしまいましたけど・・・

平成31年1月に「鶴岡東高校野球部創部50周年記念式典」を企画しているんですけど、
自分の事務局長としての務めもその式典が終了するまでと考えています。

正直、それまでのOB会としてはほとんど活動実績がなかったところから事務局長を引き受け、
ここまでの体制作りには実行部隊の先頭として汗を流してきたという自負はあります。

昔のOB会の案内ハガキの宛名は、現役部員に書かせていたものでした。
練習するためにグラウンドに来てハガキを書かされるわけですから、自分が現役部員なら
入会する前にOB会ってなんなのよ、と抵抗感しか残らなかったでしょう。

もらう側のOBだって高校生が書いた汚い字でハガキを送られて、
会費を振り込めなんて言われても誰が振り込むんだって話しですよね。
なんにでも体裁というものがありますし、そういうところから組織の格というものが
生まれるものだと思うんですけどね。

当時20代だった若い後輩たちもみな40代になり、そろそろ組織も若返りが必要です。
若い世代が増えていくなかで、若い世代の参加率や会費納入率がこれからのOB会を
支えていくうえで重要なポイントになっていくのは明白な事実なはずです。

これは自分の持論でもありますけど、OB会は楽しくなければ発展はしないと思うんですよ。
仕方なく参加する、呼ばれたから行くではなくて、自発的に参加したくなるような組織に
していかないと、これからはどんどんと参加率も下がっていくでしょう。

営利目的の法人企業ではないので、一番はOBが盛り上がる会、一緒に後輩を応援していく会、
というのが最優先されないと、いつまで経っても嫌々参加しなくてはならない会では
ダメだと思うんです。
そのためには新しく入会してくる若い世代へのアプローチが不可欠になります。

3年生とOBの交流戦も、初めて企画してから今年で10年を迎えました。
現役が終わったら、今度はOBとして後輩の甲子園出場をバックアップできるように
そういった遊びのイベントを通じて交流を図り、OB会の雰囲気を伝えていくという
本来の目的も、継続する事で代々継承できているのかなとも実感しています。

若い感性や感覚を取り入れながら、年寄りは金だけ出して口は出さずに
見守るくらいでちょうどいいんですよ。
なにかあったらケツを拭いてやるから思い切ってやってごらんと
背中を押してあげるくらいでいいんです。
ダメなら、失敗したなら、次からやめればいいんですよ。
まずはやってみる事が先だと思うんですけどね。

そんな事を考えながら、ひとり黙々と作業に没頭した昨日の出来事でした。

今日は、各方面への支払いやら何やらで、忙しい一日になりそうです。
お店も、このくらい毎日忙しいといいんですけど(笑

今日も頑張っていきましょう!

 
毎度ありがとうございます!

鶴商野球部の同期で、残念ながら途中で学校も辞めてしまったカツオから、
甲子園での鶴岡東のスナップ写真が送られてきました。

5年前の甲子園出場がきっかけで、ブログやメールでちょいちょい連絡を取り合うようになり、
今回の甲子園で高校卒業以来の再会を楽しみにしていたのですが、残念ながら自分が行けず…。

甲子園のトイレで、ばったりキャプテンワタルと会ったと聞いてましたから、
同期と再会できて良かったなぁと思いつつも「オレ、あん時辞めちゃって、悪かったなあ」と
口にしていたと聞いて、辞めていったヤツにもそれだけの理由と、その後の人生の中で
高校野球への未練があったんだなと、改めて感じていたんですね。

昨年秋に、自分たちも田中先生を連れて出場したマスターズ甲子園の親子キャッチボール部門に
カツオが娘さんと二人でエントリーして、甲子園のフィールドで思い切りキャッチボールを
楽しんだ様子は目に浮かぶようでした。

自分もそうでしたが、そういうイベントやなんかで甲子園の土を踏むのと、
実際に母校の応援のためにアルプススタンドから見る甲子園では、全く違います。

あの13号門ゲートから入場して狭い階段を登りきり、
突然目の前に現われる外野の芝生と黒土のコントラスト、
360℃取り囲むスタンドのパノラマ感と、すぐ目の前で
演奏されているかのように聞こえるコンバットマーチは、
あの場所に辿り着いた者にしか体感できない
最高の瞬間なんですよね。

どの場所に座っても、ストレス無く観戦できるスタンドの傾斜と椅子の高さは、
行った人ならみんな感じる甲子園特有の観戦あるあるだと思います。

甲子園はただ単純に野球を観に行く、応援に行くということだけではなくて、
なにか人と人とを結びつける不思議な力と、過ぎ去った過去の時間や、
日常の今を生きるおじさんをも優しく包み込んで「また明日から頑張ろう!」と奮い立たせる
不思議な力があると思うんですよ。

今回は行けなかったんで、カツオとの再会はもう少し先になってしまいましたけど、
近いうちに必ず会えると信じています。
それはすぐそこ、来年のセンバツかもしれません。

そして、自分自身いろんなタイミングや状況もありますけど、母校が甲子園に出場したら
少しくらい無理してでも、やっぱり甲子園まで応援に行かないとダメですね。
山形予選からスタンドに足を運び、声を枯らして応援して後輩たちが掴んだ甲子園の雄姿を、
テレビで観戦して終わるというのは、なにか大きな仕事をやり残してしまったような、
空虚感と後悔が今頃になって沸いてきます。

次はいつになるか分かりませんけど、次回甲子園出場の際には必ず行こうと思っています。
いや、行きます、必ず。

そして、カツオも含めて懐かしい同級生や、あの場所でしか会えない先輩や後輩たちと
ガッチリ握手して、再会の喜びと選手たちの頑張りを分かち合いたいと思っています。

そのために、また地方大会から応援していきます。

そして、今日も一日を頑張ります。
 
 




カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 13 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/11 店主]
[09/11 タムちゃん]
[09/02 店主]
[09/02 タムちゃん]
[08/27 店主]
[08/26 コーチャー]
[08/25 店主]
[08/24 仙台屋の自販機]
[08/21 店主]
[08/21 仙台屋の自販機]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /