やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/07 >>
SMTWTFS
1
234 678
91112 1315
16171819 202122
242526 272829
3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7  
毎度ありがとうございます!

甲子園での対戦相手が決まりました。
三重県代表のいなべ総合と、大会二日目第1試合で激突します。

がしかし!
8日は中学の大会「新田カップ」の開催中なんですよね。
順調に勝てば準決勝・決勝が行われますし、保護者会副会長として新チームの初めての大会も
しっかりとサポートしなくてはなりません。

もちろん、初日で負けてしまったら行けますけど、そこから大阪での宿の手配は難しい。
昨日の組み合わせ決定後から、あーなればこーなればといろいろと頭を使っていたら、
行かずにテレビの前で応援する、という選択肢もありかなぁなんて思ってきました。

いっそのこと、初戦を勝ったら二回戦の14日に行こうかとも考えてますけど、
今度はその頃は娘が帰省してますので、娘との時間も大切にしたいわけで。。。
うーん、困りましたね。

東京とかなら思い立ってすぐに行こうと思えば行ける距離ですけど、
大阪まで約12時間を一人で運転、強行0泊3日は絶対に無理ですしね。
一般応援バスは申し込みが間に合わないし、何より腰痛持ちには厳しいし。

本当に悩んでます。
それだけ甲子園って遠い場所なんですよね。

三重県のいなべ総合って私立みたいな名前ですけど、三重の県立校です。
が、あなどるなかれ、今年のセンバツにも出場していますし、今年の甲子園予選三重大会は
堂々の第1シードからそのまま勝ち上がった実力のあるチームです。

ちょっと、データ比較してみると…
鶴岡東同様に県予選5試合を4人の投手が登板し、総失点が7、与四死球12は
鶴岡東の総失点15、与四死球18よりは投手陣は優秀とみていいでしょう。
守備面も、三重大会5試合で失策1と鶴岡東の3同様にしっかりと鍛えられています。

チーム打率は.353で、鶴岡東の.350とほぼ互角。
チーム本塁打は鶴岡東の7に比べて、いなべ総合は1と少なく一発はそんなに怖くない。
その反面、三振の数が14で鶴岡東が21ですから、三振が少なく本塁打が少ない、いわば
コツコツ当ててしっかりとつなぐ野球で勝ち上がってきたということが分かります。

盗塁も一人で5個決めている2番バッターが要警戒で、あとはさほど走ってこない。
気になるのは、犠打が6と鶴岡東の13に比べて極端に少なく、送るよりは打たせているのか
エンドランを多用しているのかが要チェック項目でしょうか。

基本データからだけでも、なんとなく相手のチームの対戦イメージが出来てきました。
いい勝負になるでしょう。

何より、8月8日は田中先生の命日ですから、天国から見守ってくれてると信じています。

で、行くか行かないか、まだ思案中です「('ヘ`;
もう時間がないのに!(笑


毎度ありがとうございます!

甲子園出場に際しての寄付金のお願い、約600件の発送作業がようやく終わりました。
来週からは寄付をしていただいた方の氏名・住所と通帳との照合作業が待ち受けています。
が、まずは一段落ですかね。

慌しい日々が続きますが、栄養ドリンク飲んで毎日を乗り切っています。
組み合わせ抽選は8月4日(木)ですので、それまでは甲子園のスケジュールは
全くの未定です。
前回が大会7日目、前々回が大会6日目でしたから、今回はわりと早い日程を
引きそうな気がします。

よく、みなさんから「大会初日なら開会式も見れるからいいんじゃない。」と
声をかけて頂くんですけど、4日に組み合わせ決まって7日の開会式に
間に合うように車で鶴岡を出発するとなると、6日の夕方には出発しなければなりません。
そうすると、実質は中一日しか準備の時間がないわけです。

これは結構なハードスケジュールですよね。
やっぱり山形のように遠い地方は、試合日が遅いほうが助かります。
対戦相手も気になりますが、とにもかくにも試合日程が決まらないことには何ともなりません。

実は8月の6~8日は、息子の野球の試合があるんですよ。
新人チームになり初めての大会ですので、出来ることならそれもちゃんと観たいわけです。
その大会が終われば、部活も夏休みで8連休ですから、また息子と甲子園に行けますし。

いっそのこと、初戦は突破してくれると信じて、二回戦に行くというのも有りかもしれません。
が、高校野球は一発勝負!
勝つも負けるも、やってみないとわかりませんしね。

今回の甲子園出場に伴って、新たに扇子を応援グッズとして製作いたしました。
メーカーが言うには、東北では花巻東と鶴岡東でしか作っていなくて、その中でも
今回の甲子園に出場するチームからの発注は、鶴岡東だけだそうですから、
製作メーカーも通常納期よりも、倍以上早い納期で仕上げてくれました。
強豪校ならではの応援グッズの充実も、今後、力を入れていきたいと思っています。

今日は、これからカミさんと久しぶりに買い物に行ってきます。
日曜日も忙しいのは変わりありませんが、嬉しい忙しさでもあります。

今日の夜は庭でBBQとも考えましたけど、30度を越す暑さに心めげてます。
回転寿司でダメかなぁ。。。

というわけで、出掛けてきます。
素敵な日曜日をお過ごしください。

 


毎度ありがとうございます!

後輩たちが2年連続5回目の甲子園出場を決めてくれました。
延長11回の激闘の末、10-8で勝利したものの、まさに球史に残る決勝戦でした。

何点とっても安心できないピッチャーの不安定さと、
山形中央の素晴らしい粘りで8回に逆転して2点リードしても追いつかれ、
延長10回に2点取って突き放したと思いきやまたも追いつかれ、
さらに11回に2点とってもその裏一死満塁という大ピンチの連続と、
一瞬たりとも目が離せない展開に、最後はさすがにどっと疲れました。

昨年の甲子園レギュラーは一人しかいない新チームが連覇を成し遂げたわけですから、
監督・コーチの育成力というか指導力は高く評価されていいと思うんです。

山形県は毎年代表校が代わる戦国状態でしたから、その中での連覇は本当に価値がありますし、
微力ながら現場をサポートしてきた我々OB会にとっても、初めての連覇ということで
またひとつ新しい経験ができる嬉しい夏になりました。

5年前の30年ぶりの出場では、甲子園に行けただけで満足でした。
でも今度は「勝ちたい、勝って校歌を歌いたい!」という目標が出てきて、
昨年その夢を叶えることができました。

さらに今度は「2年連続で甲子園に出場してもらいたい!」という目標ができて、
今まさにその夢が叶うと、次は昨年以上の成績(ベスト8)を収めてほしいと願望が
次から次と沸いてくるものですね。
人間というのは、本当に欲深いものです(笑

組合せ抽選は8月4日ですので、それまでスケジュールが全く組めないし読めないのも
「甲子園あるある」なんですけども、都合がつくようならまた甲子園に行こうと思ってます。

普段からOB会の運営に携わっていく中で、上手くいかないことや憤りを感じることも
たまにあるんですけど、そういった苦労が報われるのも、イヤなことが一瞬で吹き飛ぶのも、
やっぱり甲子園に出場してくれてアルプススタンドに足を踏み入れた瞬間なんですよね。

OB以外にも親交のあるたくさんの方々から「おめでとう!」や「頑張ってね!」と
声をかけて頂くことやメールを頂くことがたくさんあります。
自分が戦うわけではありませんが、そういった一つ一つのお言葉も本当に嬉しいですし、
注目されている応援して頂いていることを実感する瞬間でもあります。

あえてここでは書きませんが、修正点や課題もまだまだたくさんあるチームです。
けれども、甲子園出場という結果が彼らに自信を持たせ、さらに勝ちを目指す成長力には
目を見張るものがあるのも確かなんですよね。

まだ記憶に新しい昨年のチームの秋季県大会では、それまで失策0の堅守だったものが
決勝戦だけでエラー9個も記録するボロボロの内容に、随分とレベルが低いだの
東北大会では勝てないだろうだの、その一戦だけで辛辣な評価をもらっていました。
が、ふたを開けてみれば、センバツ出場はあと一歩のところで逃したものの、
東北大会を失策0でベスト4という成績を収め、昨年夏に甲子園出場を決めたのでした。

今のチームは、あの酒田南を打ち破った強力な打撃力も魅力ですし、
先発して抑えた2年生投手小林も自信になっているはずです。
タイプの違う4人のピッチャーの調子と適正を見極めながら戦える引き出しの多さも魅力です。

確かに決勝戦だけを見れば、投手陣に不安が残る内容だったかもしれません。
でも、まだまだ彼らには一皮も二皮も剥ける可能性と伸びしろがありますし、
甲子園出場というアドレナリンが彼らの存在能力を引き出し、そこから修正してくる適応力も
高く秘めていると思っています。

そんな眩しい後輩たちと、また熱く忙しい夏を迎えることになりそうです。
まずは、寄付金のお願いの封筒印刷600枚から取りかかります(汗
ぶっ倒れないように注意しながら、精一杯頑張ります。

皆さんからの応援・激励の温かいお言葉の数々、本当に本当にありがとうございました。
引き続き、熱きご声援のほど宜しくお願いいたします!!


毎度ありがとうございます!

昨夜は高校野球部の後輩で、スポーツライターをやっているタザワが
埼玉から帰省したついでに顔を出してくれました。

8コも下ですので、一緒にプレーしたことはもちろんありません。
けど、やっぱりこの世代のOBとは、なんだろ…波長が合うんですよね(笑
会話していて気持ちいいというか、楽というか、楽しいんですよ。

タケシの結婚式で紹介され、その後マスターズ甲子園の記事で電話取材を受け、
昨年の甲子園では共に涙しながらアルプスで一緒に校歌を歌って、何回も抱き合った仲です(笑

「じっくり話したことは、実はあまりなかったですよね。」なんて言うものの、
なぜか昔から知ってる雰囲気をすでに自分の中には持ってましたからね。

ブログによく出てくるタケシ、ナガオカ、マサヨシ、のほかにも
鶴商学園倶楽部のメンバーのヤスユキや、自宅の排水パイプを直してもらった
オギワラも全部この世代のメンバーです。

世代丸ごとと大人になってから出会って深く付き合ってるのは、この平成5年組と
お馴染みホンジョウ、ユウキ、クロサカ、マトバ、ヨウジ、ショウジのいる平成12年組かな、やっぱり(笑

その中でも、タザワは少し異色というか、なんか同じ匂いがするんですよね(笑
コーチャーだったことや出場機会が少なかったことももちろんですけど、マニアックなところや
妄想癖がハンパないところ、日の当たらないようなところに先に目が行くところも似ています。

そんな物書きのプロに「イシカワさんのブログは文章が上手いですよね。」と
独自の目線で理由を二点挙げて褒めて頂きました。

ひとつは、一行が短いこと。
もうひとつは、堅くないこと。

テンポがいいんだそうです(笑
「本をよく読まれるんじゃないですか?」なんて聞かれて、
「言いたいけど言えない、書きたいけど書けない想いが、文字の行間に出てますもんね。」
なんて、さすがにそこまで感じとられているとは思いもしませんでした。

「もしもオレが死んだら、ブログを本にしてくれよ。」と冗談で頼んでおきました(笑

多分、一緒に酒を飲んでも朝までトークでいけるでしょうね。
自分の回りにはいない仕事の彼の話をもっと聞きたかったし、
自分なりに話したいこともたくさんありました。

それはまた次の機会にでも、とっておきます。

今日と明日は連休をいただきます。
中学校生活に向けて小学校の荷物であふれる息子の部屋の片付けと、
24日に埼玉から帰省してくる娘の部屋の大掃除をしなくてはなりません。

時間があれば、明日は新潟に行ってきます。
家族とですから飲めないのが少し残念ですけど、家族サービスモードなんで大丈夫。
次回出張の下見と、あとはラウンドワンで体を動かして遊ぶことが目的ですから。

それではみなさま、素敵な連休をお過ごしください。
 


毎度ありがとうございます!

先週の話になりますけど、高校野球秋季東北大会が青森県で開催され、
山形第三代表で出場した我が母校「鶴岡東」は4-6で青森山田に惜敗し、
昨年の雪辱を晴らすべくセンバツ出場に向けて全力で戦いましたが、
残念ながら初戦で敗退いたしました。

甲子園に出場したレギュラー1人を除いて、総入れ替えと言っていいほどメンバーが一新し、
新チームの始動が他のチームに比べて遅かったにもかかわらず、第三代表とはいえ
東北大会に出場する力を秘めている、成長著しい若く可能性に満ちた楽しみなチームなんです。

速報でチェックしてましたけど、初回に2点を先制し勢いに乗れたかなと思っていたんですけど、
その裏にあっさりと3点取られて逆転を許すと、追いつくのがやっとで最後までリードを奪えず、
惜しくも初戦で敗退してしまいました。

結果的には、その青森山田が東北大会を制したわけですから、本当に悔しい敗退となりました。

実際に見ていないので何とも言えないんですけど、チャンスでの一本が課題でしょうか。
ソフトバンクの内川が「短期決戦は何本打つかではなく、どこで打つかが勝敗のカギとなる。」と
インタビューに答えてましたけど、まさにいい事を言うものだと、鮮明にその言葉が心に残ってました。

今年の夏の山形県大会準決勝、山形中央戦では2安打で見事勝利したことは記憶に新しいところ。
2安打のうちの1本が4番阿部の2点タイムリーヒットで、その1本で勝負を決めた試合でした。

その試合も2安打しか打てなかったことに非難があがりましたけど、山形中央の投手が乱調で
8つの四死球を与えるという制球の悪さが、逆に的を絞れず自分のバッティングが出来なかった
のではないかと、味方ゆえに甘めの分析をするわけですね。

今回の青森山田も2人の投手が登板し、相手からもらった四死球がなんと12個!
どんだけコントロールが悪いんだってレベルですよね。
でもその分、それだけ荒れたら狙い球を絞りきれないという難しさも出てくる。

青森山田が13安打(四死球4)で6点、鶴岡東が6安打(四死球12)で4点ですけど、
四死球の数を足したら出塁率はほぼ同じですからね。
やはり、どこで打つかが大きなポイントなのかもしれません。

優勝した青森山田の東北大会戦歴が
青森山田6-4鶴岡東
青森山田6-3秋 田
青森山田4-3仙台育英
青森山田5-1盛岡大附
青森山田5-0八戸光星

ですから、決して打てないわけではなんです。
むしろ東北の中でも強力打線といってもいいくらいでしょう。
どこで誰が打つのか、投手力の強化と併せて、この冬の課題は明確なはずです。

まだまだ可能性にあふれる後輩たちの更なる活躍を期待しつつ、
ブログ休業中に書きたかった高校野球ネタを一つ放出いたしました(笑

みなさま、素敵な日曜日をお過ごしください。

 


毎度ありがとうございます!

今日で7月も終わりか・・・
そんな想いに浸る暇もないくらい、慌しい毎日になっております。
 
母校、鶴岡東が4年ぶり4回目の甲子園出場を決め、街のあちらこちらで「祝甲子園出場」の
垂れ幕やポスターを見かけるようになり、街を挙げての甲子園出場に対する期待感というものを
ひしひしと実感している日々なんですよね。

4年前も、きっと同じようにポスターや垂れ幕で甲子園出場を街の方々から
祝福して頂いていたんでしょうけど、30年ぶりの甲子園出場に全く回りを見渡す
余裕もなく、あの時は甲子園出場と田中先生の悲報を受け、ただただ駆けずり
回っていた記憶があります。

そういう意味では、今回は決勝戦同様、少し余裕を持って準備できていますし、
前回は見えなかった街の景色や、協力してくださる市民の皆様の表情や
激励の声を感じることができている自分に、少し驚いています(笑

ま、未だに「外人部隊(県外生)ばっかりで、面白くない。」なんて声を聞きますけどね。
そういう人は、そう思っていればいいだけの話し。
あまりに発想が低俗すぎて、まともに話しをする気にもなりません。

中には、決勝で戦ったチームのOBから「鶴岡東を応援する気にならない。」なんて
声があることも知っています。

こういっちゃぁなんですがね、羽黒や酒田南が甲子園出場を決めたときでも、
自分の悔しい気持ちをグッとこらえても「頑張ってきてほしい!」と個人的に
寄付金を出したり、ブログでも 応援してきたつもりなんですけどね。
某軟式野球部が全国大会に出場した際にも、寄付金を出したり。

それが、正々堂々と戦って敗れた者の勝者へのリスペクトであり潔さだと思うし、
自分が住む地域の代表として送り出す側の感覚なんだと思ってましたからね。
ましてや、自分も元高校球児なわけですから。

確かにあと一歩のところで敗れたのは、本当に悔しいでしょう。
5年前、我々も同じように決勝で敗れ、悔し涙を流した。
スタンドで人目をはばからず、悔しくて号泣してヤツがいた。
テレビの前で、力尽きたエースの姿に、涙をこぼしたヤツもいた。

でも、だからこそ「自分達の分も甲子園で頑張ってほしい!」と素直に思えるわけですよ。

初回のダブルプレーのジャッジはミスジャッジだとか、頭おかしいんじゃないかと思いますよ。
近くで見ている審判が絶対なんだと、子供の頃に覚える最初のルールを知らないんですかね。
逆の立場でも「(塁に触れてないのに)流れでアウトだろ。」なんて言うんでしょうかね。

そういう低俗なことをいうところへの寄付や応援は、今後は考えていこうと思います。

野球留学生の問題についても、ここではとても語りつくせるものではありません。
ただひとつ個人的に言えることは、鶴岡にシニアがないということも、毎年甲子園を狙うことを
大前提としている強豪私立にとっては、大きな関連性があると思うわけです。

甲子園出場選手の出身地にばかり目がいきますけど、地元の選手でも中学時代に軟式しか
やってなかったのか、シニア・ボーイズで硬式経験者なのかということも重要になってきます。

県内出身者が多く、内陸でも人気のあの強豪校は、そのほとんどがシニア出身者でしょう。

もちろん、軟式経験者でも、その素質や高校入学後の本人の努力や適応力の高さから、
硬式に変わっても力を発揮できる選手がいることも知っています。

今回の鶴岡東のクリーンナップはみな県内の新庄出身者ですけど、彼らは中学の部活には属せず、
みなシニアで硬式をやってきた子たちなわけですよ。
レギュラーの中で、中学時代に軟式をやってきた子は、地元中学出身のわずか一人のみ。

鶴岡にもシニアが出来れば、県外のシニアやボーイズの経験者を受け入れなくとも
県内出身者だけで編成することも可能になってくるのかもしれませんよね。

素直に、母校の甲子園出場は嬉しいです。
でも、この先の鶴岡の子ども達の、高校野球・甲子園につながる硬式野球への
選択肢の少なさには正直に危機感を覚えます。

2013年に由利本庄にもシニアができ、酒田、新庄、そして村上、新発田にもシニアがあります。
その地域の、将来甲子園を目指したい、高校でレギュラーを獲得したい、と思う子どもたちには、
中学の部活動以外にも、そういう選択肢もあるということなんです。

甲子園出場校の県外生の割合だけで、外人部隊だの県外生ばっかりで面白くないなどと言うよりも、
まずはそういった地域の礎を作り上げることが急務なんだと思います。
あくまでも、個人的な考え方ですよ、あくまでも。

まずは甲子園に向けて、OBとして全力で協力していきます。

地域の代表として純粋に応援してくださる方、是非、応援のほど宜しくお願いいたします!

まずは夏一勝してもらいたいところですよね。





カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/25 店主]
[07/25 店主]
[07/25 NONAME]
[07/24 仙台屋の自販機]
[07/15 店主]
[07/14 コーチャー]
[07/08 店主]
[07/07 タムちゃん]
[06/15 店主]
[06/15 仙台屋の自販機]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /