やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/05 >>
SMTWTFS
23 5
79 111213
14151617 1920
21222324 2627
28293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3  

毎度ありがとうございます!

土曜日に行われた中学野球の春季大会は、二戦二敗で残念ながら予選リーグ敗退となりました。
投げる捕るというキャッチボールの基本が出来ていなくて、無駄な失点を与えてしまい
最後までゲームメイクすることなくコテンパンにやられてしまいました。

何度も言いますけど、野球の基本はキャッチボールです。
高校でも大学でもキャッチボールに相当の時間を費やしています。

我がチームはキャッチボールの質が非常に悪く、練習のためのキャッチボールをやっています。
個々に考え、正確に相手に投げること、しっかりと体の正面で足を使って捕ること、
軽快にリズミカルに、そして力強くしっかりと、そういうことが全くできていません。
なぜ出来ないのか、なぜやらないのか・・・

部活動という限られた活動時間の中で、より効率よくしかも実践的に練習に取り組んでいかないと、
単純に言われた事をこなすだけの“作業”を行っているにすぎません。

週末に顔を出すだけの、いち保護者の自分には、なかなか踏み込めない領域がありますから、
何とももどかしく、何とも歯がゆい現状が続いています。

負けた翌日は、ドリームスタジアムで今シーズン初めて鶴岡東の試合を観戦しました。
昨年秋の新人戦の頃からメンバーも大幅に入れ替わっていて、チーム内競争の激しさと
スタメン獲得の厳しさが伺い知れます。

県大会出場を決めた後のゲームということもあり、エース温存で挑んで負けていましたけど、
それも想定の範囲の結果でしょう。

人数も少なく、いつでも試合に出れる出してもらえる現状の中学野球部では、
なかなか「危機感」や「なにくそ根性」が生まれてこないのかもしれませんね。

唯一の疑問というか不思議なのが、目の前で自分の息子がそういう不甲斐ないプレーや、
怠慢なエラーやふてくされた態度でプレーをしているのを見て、親は自宅に戻ってから
注意しないのか、ということなんですよね。

野球に関しては監督コーチにお任せということなんでしょうか。
そんな息子も「しょうがない子だなぁ」と戯言を言って終わりでしょうか。

チームプレー、チームワークを重んじる団体競技において、わが子可愛さに
何かを見失っているのではないかと感じることが多々あります。

現実を認めることは勇気が必要です。
「うちの子に限って」「うちの子だけは」「ああいう子なもんで」「わる気はないんだけど」
親がそう思っているうちは、なにか大切なものが見えていない気がします。

生意気言ってスイマセンです。

それでも、二ヵ月後の中総体に向けてラストスパートをかけていかなければなりません。
新入部員5名を迎え、今まで以上に中身の濃い練習が出来る唯一の期間でもありますしね。

声を出せない子やスライディングの出来ない子も、今の時期は仕方ないでしょうけど、
いつまでもそうも言っていられません。

どこかのタイミングで監督やコーチに厳しく指導される時がくるでしょう。
声を出すことも上手にスライディングをすることも、野球をやる上で絶対に必要な事だからです。

その時に、子どもを擁護するだけではなく、やれるようになるまで付き添う事も、
逆に時には突き放すという事も必要なのかもしれません。

が、あんまり厳しくやると「野球を辞めたい」と言い出しそうで、
それはそれでまた微妙な感じなのかもしれませんけどね、今の時代は。。。

子どもの成長を肌で感じたい、一緒に成長したいと思うならば、
夕暮れの学校のグラウンドも空いています。
ブルペンも、ティーネットも自主練習でたっぷりと使えます。

息子の出来ないことを克服するために、とことん一緒に付き合ってやりながら、
厳しいことを言ってあげることが出来るのが、口うるさい自分の役目のように思います。

いろんなことを考えさせられた休日でした。
我々大人も勉強させられます。

気がつけば今日から5月、早いものです。
今日も一日、頑張っていきましょう!



 

毎度ありがとうございます!

昨日は中学校野球部の保護者総会が行われ、新入部員5名の保護者も交えての懇親会で
深夜遅くまで盛り上がってしまいました。

缶ビールから出羽櫻雪漫々の一升瓶をグッと煽る頃になると、ついついトークが熱くなります。
6月の中総体後の新チームは、9人ぎりぎりでのスタートになりそうです。

それならばそれで、たった9人で一丁やってやろうじゃないか!と選手以上に保護者の士気が高まり、
出来る事を出来るだけサポートして行こうと結束を強めた夜でもありました。

ただ、我われ保護者会が出来る事は、あくまでも後方サポートですから、監督やコーチになったかの如く
選手起用や戦術に関しては、それがいくら酒の席と云えども口にすべきではありません。
普段見ている、普段から指導にあたっている指導者にお任せするだけなんです。

来季は9人で戦うということは、レギュラー争いはないということです。
試合には全員が出場して戦っていかなければならないわけですから、守るポジションも
あそこがいいだの、あそこで使うにはもったいないだの、親が口出すことではないんですよね。

一つ二つは当たり前。
内野も外野もピッチャーもキャッチャーも複数のポジションを出来るようにならないと、
部員9人では到底シーズンを戦って行くことはできないわけですから。

とは言いつつも、結果を恐れずに新しい事にチャレンジしていく部員達の姿を楽しみな自分がいます。

そのためには、来週の春季大会、そして6月の中総体に向けて今出来る事を全力で取り組むだけです。
3年生と一緒に野球が出来るのもあとわずかです。
子ども達には子ども達なりの世界と序列があって、その中で逞しく成長していきます。

今シーズンに入って未だに勝ち星に恵まれない現状ですけど、たくさん悩みもがき苦しんで
悔いの残らないようなシーズンを送って欲しいと思っています。

部員たちに元気をもらいました。
今週も頑張っていきましょう!!


毎度ありがとうございます!

昨日は中学校の卒業式がありました。
全日本少年軟式野球大会で東北大会ベスト4まで勝ちあがった3年生たちも
それぞれの進路に向けて大きな翼を広げて巣立っていきました。

しかし、鶴岡東・羽黒・酒田南・鶴岡工・鶴岡高専と見事にバラバラになったものです。

自分は、息子が入部するまで中学の野球を、一切観戦したことがありませんでした。
立場上、母校鶴岡東の試合ばかり観ますので、必然的に高校野球には詳しくなっていきますけど、
中学生の野球には興味がなかったというのが本当のところです。

ですので、自分が見た中学野球の原点というか起点は今の3年生ということになります。

それまで2年連続で中総体を連覇していた先輩達もいますけど、彼らのことは自分は分かりません。
今の3年生よりも強かったのかもしれませんが、自分の中では今の3年生が一番だと思っています。

当然、息子の目線になってみても、偉大なる先輩といえば今の3年生のことを言います。
人数が少ない中で個々の役割と役目を果たし、チーム力で勝ち上がっていった彼らと
一緒に野球が出来た事は、自分にとっても息子にとっても一生の宝物だと思っています。

選手だけでなく、保護者のみなさんとの付き合いも、本当に楽しかった思い出です。
鶴岡東の後輩クロと四中の後輩トビ、いつもお世話になっているタイヤ屋のアサ、
上の子同士が同級生だったナベちゃんに、車の修理でお世話になったアベさんに、
中学時代のチームメイトのオノと、選手以上にキャラの濃いご父兄のみなさんとの絡みも
毎週の楽しみのひとつだったことは否定できません(笑

寂しくはなりますが、同じ学区に住みなんだかんだと繋がりも多いのが鶴岡です。
1コ下2コ下に、息子さんたちを慕って付いてきた後輩たちがいたことを、
息子さんたちを目標にして今この時を頑張っている後輩たちがいることを、
心のどこかに覚えておいてもらえれば嬉しく思います。

今度は高校野球のステージで、彼らがどんな活躍を見せてくれるのか、
本当に今から楽しみで仕方ありません。
彼らの活躍を見るために、鶴岡東以外の試合も観に行こうと思っています。

鶴岡東と対戦したときは・・・ごめん!(笑

また球場で走り回る彼らの姿を楽しみにしています。
3年間、お疲れ様でした。
ここからが、本当の勝負の世界です。
頑張ってください!

お父さんたち、たまには飲みにも来てね~(笑









毎度ありがとうございます!

昨日は、鶴岡四中野球部の恒例となっている仙台育英学園秀光中に遠征し、
基本的な体幹トレーニングから走塁姿勢や捕球姿勢も含めた練習メニューを学びに、
余目中野球部の部員たちと合同で参加してきました。

5時半集合ですから、起床は4時半。
2時半に寝たので睡眠時間は2時間、寝たというより横になった程度でした。
それでも、楽しみにしていた遠征でしたし、運転は他のお父さんにお願いしていましたから、
眠さよりも楽しみが勝ってスッキリと目覚めた朝でした。

到着してすぐに、秀光中部員の挨拶と機敏な動きには、さすがに全国レベルだと圧倒されます。
我々保護者一人ひとりの目を見て「おはようございます」ではなく「宜しくお願いします!」と
お願いするのはこちらの方にも関わらずしっかりはっきり挨拶してからグラウンドに入っていきます。

全体で今日の練習メニューの発表のあと、三班に分かれての練習が始まりました。
イチ、ニー、サンのゆっくりとしたリズムで、しっかりと左足に体重をかけ、
頭を上下動させずに低い体勢からのキャッチボールや、ラダーを使った捕球姿勢のトレーニングは
自宅でも継続練習できるメニューで大変参考になりました。

ゴロの状況に応じて一旦大きく右に飛び出して、ステップを使いながらリズム感よく捕球体勢に
入っていくハーキーも大変勉強になりましたしね。

ストップウォッチ片手にMAXまでリードをとる足の送り方とその飛び出し時間のチェックや、ベースを乗り越えるくらいまで勢いを殺さないヘッドスライディングもとても印象的でしたね。
すべて、秀光中の部員達が普段から意識し実践している練習を一緒にさせてもらったことで、
個々の体力のなさや筋力のなさ、次のプレーを意識した合理的な動きを知らなさ過ぎることを
痛感させられたことと思います。

悪天候で極寒だった昨年とは一転、午後になってポカポカ陽気も出てきた
ところで、ランナーをつけての実践形式のゲームノックに混ぜて頂けること
になって、さらに驚かされます。

野球部独特の「さー行こうぜ!」だの「さあ来~い!」なんて声は
一人も出しません。
すべて次のプレーを予測した確認のための声かけばかりです。

「ライン際を詰めるんで、左中間のカバーお願いします。」とか
「ボールセカンドの時のカバーは自分が行きます。」とか
「バックホーム準備するんで、大飛球きたら最後までカバーお願いします。」とか
普通の野手同士の会話があちらこちらで飛び交い、確認と実践を繰り返してるんですよ。

ちなみに監督・コーチも大きな声で怒鳴ったり罵倒したりと言う事はなくて、
物静かに、けれどもひとつひとつ理詰めで考えさせ、出来るようになるまで繰り返し繰り返し
「いいから覚えるまでやりなさい。」と、とにかく何回も同じように同じ場面を繰り返します。

スポ少や中学部活にありがちな「さぁいこうぜ~」の声だけやかましいグラウンドとは違い、
会話と実践の繰り返しの中から、次のプレーの準備と予測をとことん追求しているのでしょう。
おそらく「さぁいこうぜ~」や「バッチ、カモーン」なんて声をだしても何の意味があるのか、
そんな声出すなら次のプレーの準備を選手同士で確認しなさい、ということなのでしょう。

鶴四中・余目中が守備につき、秀光中がランナーの際にもコーチャーからの指示と判断は
まさに公式戦と同じテンションとトーンで指示が出ます。
急に実践モードのスイッチが入った声の出し方に、四中・余目の選手にも緊張感が走ってました。

とてもここでは書き入れないほど勉強になりましたし、充実した合同練習会でした。
最後に両チームが向き合ってお礼の挨拶を済ませると、校門の前まで監督・コーチをはじめ
保護者と部員たち全員が立ち並び、車列が見えなくなるまで手を振ってくれる姿にも感激しました。

セレクションを受けて入学してくる精鋭たちといえばそれまでですけど、
同じ軟式ボールを扱う同じ中学生とは到底思えないほど、大人でしっかりしていました。

聞けば、2年生の学生コーチが全てのメニューを考え、各メニュー終了1分前まで声かけし
指導とデモンストレーションの全て秀光中の部員たちが行ってくれました。
一日を共に汗を流した事で何かを感じ取ってくれればいいんですけどね。

ちょっと印象的だったのは、昼食時に車座になって弁当をみんなで食べて
いたんですけど、四中・余目中と身内同士で並んで食べてる中、息子だけ
秀光中の2年生に挟まれて笑いながら一緒にご飯を食べていたんですよ。
一緒に練習した短い時間のなかで、なにか絆が生まれたのでしょうかね。

たくさんの人と出会い、刺激を受け、何かを感じるチカラを養えといつも言っています。

勉強が出来ないのは仕方ない。
人と会話が出来て、目上の人とも臆せずに話せるようになって可愛がってもらえるようになれと
家でいつも話しているので、思わぬところでそんなシーンが見れて嬉しかったですね。

早朝から大変でしたけど、実りある一日になりました。

その反動が今日になって出てきて、身体が重たくてだるいです。
ケンシにもらったキューピーコーワゴールド飲んで気合入れます!!

今週も頑張っていきましょう!!

 





毎度ありがとうございます!

昨日は12月とは思えないほどのポカポカ陽気だったので、部活も室内練習の予定から急遽
グラウンドでの練習に切り替わったほどでした。

今月からスポ少の6年生も体験練習も兼ねて、週末は合同で練習することになりました。

昨年の息子たちは1月から合同練習に参加してましたけど、今年は少し早めのスタートです。
というのも、部員減少が深刻な死活問題となっているため、少しでも四中野球部の雰囲気に
慣れてもらって、一人でも多くの6年生に中学でも野球を続けてもらいたいという思いと、
新入部員を温かく迎え入れ面倒を見るという上級生の自覚を促す両方の目的があるからです。

まだ入部を迷っている子も数人いるようですので、来年度の新人戦に単独で出場できるかは
微妙な感じですけど、野球を好きな子達は中学でも野球を続けてくれると信じて待つだけです。

野球の技術的なことだけを考えれば、シニアがいいのは明らかだと思います。
でもいくら野球が上手くても、学校生活での協調性や勉強がおろそかになっては本末転倒なわけです。
そういう意味では、指導してくださる先生は野球だけ勉強だけという考え方ではなくて、
厳しく野球というものを通じながら、生活態度や中学生としての自覚と自立を常に考えて指導にあたる
熱い熱い熱血漢の先生だと思います。

昨年までスポ少で一緒だった6年生の父兄の方々も、たくさんグラウンドに顔を出してくれて、
世間話しをしながら、思い悩む子どもの話や中学校生活への不安をみなさん口にしてましたね。

ウチの息子もシニアか部活かで最後の最後まで悩みました。
物理的に平日の18時まで酒田までの送迎が難しい事が一番のネックだったわけですけど、
息子にしてみればスポ少で一緒に頑張ってきた仲間たちと中学野球部で頑張りたいというのが、
一番の理由だったようです。

その結果、高校で出遅れるかもしれません。
その結果、硬式では芽が出ないかもしれません。

それならばそれで、仕方ないと思っています。
人生は高校野球の結果だけで決まるものでは絶対にありません。
高校野球以上に人生において大切なものを今の仲間たちと共有し、
息子にとって後の財産となる経験をしていると実感させらているからです。

もしも、部活ではなくシニアをやっていたら・・・
もしも、この仕事ではなく別の仕事をやっていたら・・・
もしも、この学校ではなくあの学校に行っていたら・・・
もしも、この人ではなく別の人と結婚していたら・・・

今を生きる人生に「もしも」はありません。
時間を戻せない人生において、過去の選択肢を振り返ってみても仕方がないと思うんですよね。
少なくとも、自分は今の自分の人生や生き方に後悔は全くありませんしね。

その時その瞬間の決断があって今があるわけですから、その時にベストの選択ではなかったとしても、
結果的にその選択が今の自分へと導いているわけなんですよね。
 
受験に失敗しなかったら、鶴商で野球をやっていなかったら、函館に行ってなかったら、
カミさんと出会ってなかったら、やんちゃをやってなかったら、息子をシニアに入れてたら・・・
そんな事を考えて生きていても、何も楽しくないじゃないですか。

レギュラーにはなれなかったし甲子園にも行けなかったけど、いますごく幸せです。
転職もたくさんしたし、借金にも苦しんだけど、いますごく幸せです。

生きていく中で、自分で決めなければならない事はたくさんあって、
他人から見ればそれは必ずしもベストな選択ではないように見えても、のちの自分が
「あの時の選択があったから今がある。」と思えればそれでいいと思うんですよね。

6年生にはたくさん悩んでもらって、
そして野球を続けようと決めたなら、
優しい先輩たちのいる4中野球部に
是非入部してもらいたいと思っています。

そんな日曜日の午後でした。

今週も一週間、頑張ります!
バイス、売れてます!
ありがとうございます!!


 
毎度ありがとうございます!

昨日は湯田川温泉つかさやで、鶴岡四中野球部の「三年生を送る会」が開催されました。
午前中はグラウンドで「親子対決」も行い、朝から一日すべてが野球部一色の日になりました。

朝方の雨で最悪のグラウンドコンディションでしたけど、部員と父兄総出で水取り土入れを行い、
奇跡的に雨も上がって、3年生の父兄にもいい思い出が出来たと思います。
 
自分はもちろん球審をやりましたけど、最近はずっと2年生ピッチャーの
ボールしか見ていなかったせいか、久しぶりに見る3年生のボールは
やっぱり速かったですし、ファールチップが「ドスンッ!」と胸を直撃して
インサイドプロテクターの上からでも本気で死ぬかと思いましたもんね(笑

無事に試合が終わり、午後はつかさやに場所を移しての「送る会」です。
つかさやのタケヒコくんもよくやんちゃに顔を出してくれますし、
一度はつかさやを利用してみたいと思っていたんですよね。

よく鶴岡の奥座敷などといわれる湯田川温泉ですけど、今現在の旅館の数は9軒でしょうか。
メインストリートには正面の湯という公衆浴場もありますし、足湯もあります。
最近は、大会や遠征で鶴岡に来る学生さんたちや父兄の利用が多くなり、
鶴岡市民が気軽に温泉とお料理を楽しむ場としての利用が少なくなったと聞きました。
最新のホテルにはない趣きと時の流れが楽しめますし、なにより街の雰囲気が落ち着きます。
宿泊とまではいかなくても宴会や会合などでも、もっと気軽に利用してもらいたいですよね。

そんなつかさやで大きなプロジェクターを用意してもらい、同級生ユタカに頼んで作ってもらった
卒部DVDを流して、3年生の保護者の皆さんにも喜んでもらいました。

3年生一人づつの最後の挨拶には感動するものがあって、自分も思わずグッとくるものがありました。

自分は野球のことしか知りません。
サッカーやバスケでも、3年間一生懸命にやり遂げればそれぞれがそこで何かを感じ、
成長し大人になっていくものだと思います。

でも野球は、プレーしている時間よりも考えている時間のほうが多いスポーツなんですよね。
次のプレーの準備や声かけ、ピッチャーとの駆け引き、そしてどのスポーツよりも
ルールが複雑で難しいのも野球だと思うんですよ。

だから「考える」「観察する」「感じとる」みたいな技術以上のことを習得していかないと
なかなかレベルが上がらないわけです。
そういう感性や周りを見渡す感覚が、グラウンドや道具や親や環境に感謝するという人間形成に
大きく役立っている気がしてならないんですよね。

久しぶりに見た3年生の姿は、髪が伸びてすっかり大人っぽくなっていました。
それぞれの高校で野球は続けてくれるでしょう。
そんな姿を楽しみにしながら、3年生を見送りました。

彼らがスポ少時代を過ごした旧四小には老人ホームが建設され、グラウンドもなくなりました。
いつの日か大人になり、景色や情景から昔を懐かしみ振り返る時が必ず来ます。
子どもから大人になっていく過程の中で、中学時代を過ごした四中グラウンドが
彼らの帰る場所になるはずです。
自分もそうだったように・・・

偉大なる3年生でした。
ありがとう。
そしてお世話になりました。
ずっと応援しています!!
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 5
7 9 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/26 店主]
[05/26 店主]
[05/25 しんさん]
[05/25 仙台屋の自販機]
[04/27 店主]
[04/27 店主]
[04/26 タイヤ屋]
[04/26 仙台屋の自販機]
[04/18 店主]
[04/17 まさる]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /