やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 34
578 91011
1314
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6  
毎度ありがとうございます!

相変わらずの野球漬けの日々です。
8日の土曜日にはスポ少三大大会のひとつ「ろうきん杯」準決勝の塁審を務めるべく、
2年ぶりに子どもたちの聖地【赤川河川敷グラウンド】にお邪魔してきました。

フィールドのサイズ感とフライの飛距離のコンパクトさに、なかなかフォーメーションの動きが
ついていかずに、ちょっと慣れるまで苦労しました。
それでも一生懸命な子どもたちの姿を見ると、改めて新鮮な気持ちにさせてくれます。

自分が連盟審判員になった時に、スポ少の審判が一番難しいと先輩方に教えていただきました。
確かに、いろんなプレーが起きるのもスポ少あるあるではあるんですけど、
子どもたちがまだルールを熟知していないということ以外にも、
監督コーチの影響や過熱し過ぎる保護者の声援も、ひとつの要因なのかもしれません。

先日の準決勝でのひとコマ、1アウトランナーなし。
バッターが3ストライク目を見逃し三振。
が、キャッチャーがそのストライクを完全捕球できずミットから弾いた場面。
バッターは一塁に向かって走りだすものの、一塁側ベンチから
「振ってない!振ってないから(走っても)関係ない!」と声が上がって、
その声に驚きバッターは走るのをやめてしまい走塁放棄でアウト。

「振り逃げ」とよくいいますけど、振らなくても振り逃げは成立します。
三振逃げとか3ストライク逃げのほうが、ピンと来るのかもしれませんけどね。

確かにプレーするのは選手ですし、これからステージが上がればヤジや声援も大きく浴びるでしょう。
それでもルールを熟知して試合に挑むのが選手として当然ではあるわけですけど、
それはもちろん監督コーチにも言えることでもあるわけです。

ましてや野球の入り口のスポ少で、ルールをすべて熟知できない子どもたちが頑張っている中で、
相手側ベンチからそういう声が上がったことは本当に残念でなりませんでした。

ルールを知らなかったのだとしても、球審がバッターアウトのコールをしていないわけですから、
相手チームのバッターランナーに向かって「走ってもダメだ!」と叫ぶのではなく、
自軍のキャッチャーに向かって「しっかり一塁へ投げろ!」と声を掛けなければいけません。

ちなみに、ライン際のゴロの場合、ファールだったら大きな声で「ファールボール!!」と
コール&ジェスチャーしますけど、フェアの場合はノーボイスでフェアのアクションだけです。
その時に一生懸命に走るランナーに「ファールだ!走ってもだめだ!」と大人の声がかかれば
走るのを止めてしまう小学生も出てきてしまいますし、なにより審判の必要もなくなってしまいます。

確かにルールを知らずして、そのワンプレーで負けることもあるのが野球です。
だとしても、それは今後の勉強の糧にすればいいんです。

「こういうプレーもありえるぞ。」「こういう場面ではどうする?」と監督コーチ選手みんなで
ルールを勉強するきっかけにしてほしいと思っています。

偉そうなことを言っていますが、自分もまだまだルールを熟知しきれていません。
だから、いつも手の届くところにルールブックを置いておいて、気になるプレーが起きたら
すぐに手にとって確認するようにクセがついてしまいました。

それでも分からなければ、後輩のスガイ先生にまずは電話をする。
大体はそこでは納得しませんから、審判部長にまで確認してもらうのが、お決まりのパターンです。

一生懸命なプレーには一生懸命なジャッジで応えたいじゃないですか。
お父さん審判という立場でもアウト・セーフの重さは同じですけど、野球のルールを通しての
人間育成や生涯スポーツの素晴らしさを伝えられるのは、連盟審判員ならではだと思うんですよね。

野球人口の減少に危機感を感じた各協会が、野球を好きになるきっかけにつながればと
野球のルールを安全に簡略化したTボール大会が、最近は盛んに開催されるようになりました。

4年生以下という出場制限があるせいか、参加するちびっ子たちは
みな本当に楽しそうにやってますし、そういう子どもたちの笑顔が
野球の入り口には必ず必要だと思うんですよね。

「オレ、ヒットうったよ!」
「オレはフライとったよ!」
まずはそこからですよ。

野球は楽しいスポーツだと、みんなに思ってもらえるように
自分も、もっともっと勉強しなくてはなりません。

炎天下の赤川河川敷グラウンドで、そんなことを思った土曜日の出来事でした。

今日も暑くなりそうです。
熱中症には気をつけて、こまめな水分補給を忘れずに。

毎度ありがとうございます!

息子は中学校の野球部で頑張る決断をしました。
親としてはシニアで頑張って欲しかったところですが、地元鶴岡にシニアがないこと、
送迎の問題、練習後は22時を過ぎることもあるということから、部活動で頑張るそうです。

それならそれでいい。
自分で考えて自分で決めて、決めたら自分で頑張るだけです。
そのプロセスが大事だったわけだし、自分のことを真剣に考えて欲しかったんですよね。

悲願の鶴岡シニア立ち上げは、これからの保護者の熱意と地元有志の結束が必要不可欠です。
その新しい道筋は、後進の方々にお任せすることにして、今後は中学校野球部の活動を、
いち保護者としてサポートしていきたいと思っております。

シニア立ち上げに向けては、たくさんの皆さまからのご意見やご指導を受け賜りました。
設立から活動までの流れや、実際の問題点や課題、本当に活動の中枢に関わる金銭的なことも
屈託なく教えて頂き、自分自身がもっと早くに動くべきだったなと、多少の後悔はあります。

もちろん自分一人では何も出来ませんし、そんな力もありませんので、まずは呼びかけからでしたけど、
出来るわけがないだろう、運営費はどうすんだ、選手は集まるのか、グラウンドはどうするんだetc…
「シニアあればいいよね。」とは言うのもの、実質的な話になるとみなさん尻込み的なご意見が
多かったですかね。
否定的というよりも、出来ないだろう、やれないだろうという方向に軸足を置いてるんですね。
困難なことはたくさんあるけれど「よし!やろう!」「いいシニアを作ろう!」という方向に
軸足が向かないんです。

これからのシニア待望論の方々には、きちんと設立準備委員会などを立ち上げて、
じっくりとしっかりと準備を進めていかないと、鶴岡でのシニア立ち上げは相当に
厳しいものがあるでしょう。
その前に、その設立準備委員会は誰の権限の元に立ち上がるのか…
そんなところから、携わるスタッフの人選や根回しが必要になってきます。

会社経営者が、ポンと大枚を出してシニアを立ち上げるのとは、わけが違います。

鶴岡にシニアをやりたい子どもがいるのも事実ですし、高校野球に向けて選手個人の
スキルアップや硬式ボールへの順応力強化という側面もあります。
シニアは別に必要ないけど、高校野球は地元の選手で戦ってもらいたいなんて声も
未だに多いのも事実です。

サッカーでは部活と重複できないモンテディオ庄内ユースが数年前から活動していますし、
志望する高校や大学進学に向けて中学1年から塾に通う子どもも少なくありません。
夢のカタチやそこに向かうプロセスは決してひとつではないはずだし、
どの道を選んだとしても、誰かに否定されたり非難されるものではないはずです。

もしも鶴岡に進学塾がなくて、学校の授業だけでも有名大学に合格できるよと言われても
もっと頑張りたい、もっと自信をつけたいという子どもはどうすればいいんでしょうか。
塾なんて必要ないと言い切れますか。

塾に通うかどうかは、親と本人が決めることですし、あくまでもそれは自由な選択です。
要は、その選択肢があるから選べるのであって、野球での選択肢のひとつがシニアだと思うんですね。

中学校の部活でしか得れない経験もたくさんあるでしょう。
もしもシニアがあれば、シニアでしか学べないこともあるはずなんです。

自分は鶴岡でのシニア待望論者です。
でも、だからと言って中学の部活動や軟式を否定するものではありません。

シニア設立に向けては、自分自身、志半ばではありますが、一旦リセットしたいと思います。
なんと言うか、そういうタイミングとそういう巡り合わせだったのでしょうかね。

息子の野球もひと段落した数年後に、まだシニアができていなくて、今以上に待望論があったら
おせっかいながらもまた設立に向けてお手伝いさせて頂ければと思っております。

言葉では言い表せないくらいたくさんの方々に協力して頂きましたし、
夢物語のような荒削りな話しにも真剣に耳を傾けて頂きました。
この場をお借りして、そのすべての方々に感謝申し上げます。

本当に、本当にありがとうございました。


毎度ありがとうございます!

月曜祝日のため連休を頂いております。

そんな秋晴れの昨日、スポ少のイベントで「親子対決」が行われました。
対決などとありますが、子どもたちと父兄チームとの対戦です。

初回の攻撃で打者一巡の猛攻を見せるなか、自分ひとりでツーアウトになるという醜態をさらし、
完全なる「安パイ選手」と子どもたちから笑われながらも頑張ってきました(笑

いい訳ですけど、もうボールが全然見えません!
バットに当たる気がまったくしない!

それでも、最後まで楽しくみんなで盛り上がってきました。

三番手で登板した息子とも真剣勝負しましたけど、4年生で入団したときと比べると、
随分、いいボールを投げるようになりました。
フォームもしっかりしてきましたし、球の回転もいいですし、我が子ながらその成長ぶりに
打席で少し感動してしまいましたもんね。

思い返せば、1年生からやっていた水泳を続けたくて、スポ少入団には渋っていた息子です。
上の娘は6年生まで水泳をやらせたんですけど、息子にはやっぱり野球をやってほしかったんですね。

4年生直前に室内練習に見学に連れて行って、保育園から一緒だった子達の姿を見つけて、
「オレもやろっかな。」とつぶやいた隙に、気が変わらないうちにすぐにスポーツ店に連れて行って、
グローブとアップシューズを買ってやったのが、つい昨日のことのようです。

そのまま、小真木原公園でキャッチボールをしたり、バッティングセンターに連れて行ったりと
忙しかったですもんね。

グローブはファーストミットも買いましたけど、最後まで大切に使ってくれました。
グローブの手入れの仕方も教えましたし、「上手い下手の前に道具だけは大切にしろ。」
と口うるさく教えてきたつもりです。

他にも入団時から変わらずに使っているものがあって、ユニホームのパンツもそのひとつです。
入団時に140サイズのパンツを買って、6年生の今でもそのサイズを穿いています。

途中、もうワンサイズ大きいのを買ったこともあったんですけど、イチローのような
タイトなパンツシルエットがカッコいいんだそうで、裾を膝下すぐのショートカットに
わざわざ仕立て直したりしながら、3本のパンツをローテーションして穿いていました。
身長は随分と大きくなりましたけど、ケツ回りが大きくならなかったから穿けたんでしょうね。

その代わり、スパイクやアップシューズは随分と買い換えました。
足の大きくなるスピードがハンパ無くて、年間二足づつは買い換えてきましたから、
6足以上は買ったと思います。

そんな成長も嬉しかったし、どんどん上手くなっていく息子の姿をもっと見たくて、
二人っきりでグランドで練習もした日々も思い出してました。

これから先も野球は続けてくれるでしょう。
部活なのかシニアなのか、未だに模索中です。

鶴岡在住で、シニアに入れたくても距離的な問題があって酒田までは通えないという家庭は、
どうしているんでしょうかね。
諦めて部活しかないんでしょうかね、やっぱり。

なにか、鶴岡でも大きな変換期にさしかかっている気がしてなりません。
野球をする子どもが減少し、いまや中学の野球部でさえも単独チームでの出場が出来ずに、
合同チームや合併チームでの部活動に切り替わってきている現状のなかで、
もっとしっかりと野球に取り組みたい、高校でも甲子園を目指して頑張りたいという子どもは
週に2回の野球教室でスキルを上げていくしかないのでしょうか。

鶴岡では、それもひとつの方法論だとは思います。
でも、それは鶴岡だけでの話しなんですよ。

自分の息子のことだけではなく、これからの鶴岡の子どもたちの野球発展のためには、
鶴岡にも絶対に硬式野球チーム(シニア・ボーイズ)必要なんだと思うんですよね。

仕方なく中学の部活動に入るのではなく、自分の意思で頑張れる選択肢を作ってあげれるのは
地域にいる大人の役目だと思うんですね。
子どもだけでシニアを立ち上げれないわけですから。

「井の中の蛙、大海を知らず。されど空の青さを知る。」
甲子園に出場する選手達の中学での野球キャリアは、硬式上がりなのか軟式上がりなのかを
どれだけ把握しているのでしょうか。
もちろん中学で軟式をやってきても、頑張ってレギュラーを勝ち取ったり甲子園に出場する子もいます。
だからといって、鶴岡にシニアが必要ない理由にはならないわけです。

「よし!それなら一肌脱ごうじゃないか!」という気概のある方、鶴岡にはいませんかね。
硬式で野球を続けたい鶴岡の子どもたちは、その環境を待っていますよ。

自分ひとりでは何もできませんし、何もはじまりません。
でも、情熱と熱い思いと協力してくれる仲間はたくさんいます。
それでも、一番最初にやるべき大きな岩を動かせません。
無力感とは、まさにこんな想いのことを云うのでしょうかね。

そんな休日の朝です。
素敵な休日をお過ごしください。

 





 
毎度ありがとうございます!

シルバーウィーク最終日、河北町にあるサンスポーツランド河北にて、
ファミリードーム杯の三回戦が行なわれ、我がチームは2-9でコールド負けを喫し、
息子達の大会はこれでほぼ全大会が終了しました。

あとは、10月に入ってフェスティバルや先生と親との交流戦や、ちょっとした練習試合や
エキシビジョンゲームがあるだけで、真剣勝負のトーナメント戦はもうありません。

6年生は卒業ギリギリまで在籍しますので、冬季練習にも参加するわけですけど、
球場で試合する姿を見れないというのは、何とも寂しい気もします。

娘の時もそうでしたけど、6年生の時が一番盛り上がる分、ふと来年はもうここにはいないんだな、
なんて思うと、子供の成長の早さと戻れない時の儚さが同時に込み上げてきて、
今と同じように寂しい気持ちになったのを思い出しました。

4年生から野球を始めて、特に今年一年は忙しい一年でしたね。
いち父兄という立場以上に、保護者会長の職は本当に大変でした。

毎月毎月の活動予定表を作るために、ドリーム、藤島の各練習場の確保に奔走したり、
練習試合のお願いや調整、各種イベントの企画と開催、練習試合の審判に通常練習のサポートと、
とにかく毎週毎週、息子や子ども達と一緒にグランドで過ごした一年でした。

いい事もたくさんありましたし、勉強させられたことも多かった気がします。
スポ少に携わることで、各家庭の考え方の違いや取り組む温度差というのも実感しましたし、
試合に負けて悔しくて泣く子ども達の姿を自分自身に置き換えて、日々の努力の大切さを
改めて再認識したこともありました。

中学でも野球を続けると言ってますけど、どうせ野球を続けるなら
自分はシニアをやらせたいと思っています。

高校もおそらく鶴岡東に行くでしょうから、もうそこまでの道のりが見えているなら
シニアをやらせたいというのが本音です。
理由はいろいろとありますが、あえてここでは書きません。
それぞれの考え方があるでしょうし、意見されたくもないからです。

ただ、残念ながら、鶴岡にはシニアがありません。
一番近くても酒田まで行かないとなりません。

親とも同居していませんし、当直もあるカミさんと午後から仕事の自分とでは
果たしてシニアに通わせることができるのかは疑問です。
もちろん、息子は慣れ親しんだチームメイトと中学で部活をやるつもりですけどね。
まだ、現実が分かってないわけですから。

一番いいのは鶴岡にシニアが出来ることなんですけどね。

鶴岡の野球少年たちにとっても、その保護者にとっても、
たくさんの選択肢のなかで、自分の将来や未来を夢見れる環境になれば
いいのになと、心の底から思うわけです。

これから引継ぎの1ヶ月間、そして11月の下半期総会の資料作りまでが、
自分に課せられた保護者会長としての責務です。

今日も、あーしとけばよかったと後悔しない一日になるように、
全力で頑張るだけです。

今日も煮込み、作ってます(笑
毎度ありがとうございます!

夏休みも終わり、いつもの日常に戻ったということは、またいつものスポ少三昧の
週末がやってきたということでもあります(笑

昨日は、山形市にあるバッティングセンター「ファミリードーム」が主催する、
県内最大の少年野球大会「ファミリードーム杯」の初戦を、ホームグランドで行ないました。

初戦の相手は山形市にある「東小スポ少野球部」さんで、二回戦からの対戦でした。

春の開幕ゲーム「スポ少交流大会」でまさかの第三位になっただけで、
公式戦、練習試合を含めて、その後は一回も勝てていない我がチームです(泣

交流大会で勝った相手に23-0で負けてから、しばらくグランドには行かなかったんですけど、
大会準備や会場設置のため、久しぶりにグランドに行ったんですよね。

朝からあいにくの雨模様でしたけど、グランドコンディションはバッチリ。
試合開始の頃には霧雨程度になってくれたおかげで、無事に試合を行うことができました。

ろうきん杯での大敗の後、新人戦やティーボール大会があったため、久しぶりに息子達の
試合を見ましたけど、みんなそれぞれ力をつけてきて、やっとまともな試合ができるように
なった気がします(笑

やっぱり、このチームは打たないと、打っていかないと自分達のペースを作れませんね。

少し入れ替えた打順も上手く機能して、なんと8-4で勝利しました。
久しぶりに勝ったゲームに選手も嬉しそうでしたし、
雨の中でも応援してくれた保護者も
みんなでナイスゲームをかみ締めてました。

こんな時にこそ、祝勝会なんでしょうけど、そんな雰囲気にもならず。。。

カミさんは、前日から山形へ出張していたため、この日は夜まで息子と二人きり。
風呂に入って昼ご飯を食わせたら、二人ともソファーでガッツリ寝てしまってました。

起きたときにはもう夕方。
戻ってくるカミさんを待って、そのまま回転寿司で夕食をとって、愛犬を風呂に入れて寝てました。

なんでもない日曜日です。
甲子園・埼玉と慌しい日々がようやく落ち着いて、いつもの日常が戻ってきました。

明日から、煮込みも復活します。

そして、アルバイトの件、引き続き大募集しています。
いろんなアクシデントがあって、あてにしていた人手が足りなくなってしまいました。
週2回くらいからでもいいですし、週末だけというのでも大丈夫です。
男性女性も問いませんし、もちろん未経験者大歓迎です。

お気軽にお問い合わせ下さい。
よろしくお願いします!!

毎度ありがとうございます!

相変わらずの週末はスポ少三昧の日々です。
日曜日は、大山ジュニアベースボールクラブさんとの練習試合がありまして、
大山小へはなんと初めてお邪魔してきました。

鶴商の大先輩でもあるヨシミチさんが代表を務める実力チームですので、
胸を借りるつもりで練習試合を組んでいただきました。
本当にありがとうございました。
 
がしかし、誰も場所が分からず、地元なのにナビを使うという・・・(笑
朝早くからお邪魔したんですけど、大山の持つ独特の古風な街の雰囲気のなか、
グランド内には石碑などが建っていて、静かでのどかなでいい学校でしたね。

スポ少のシーズンは10月までありますけど、県大会以上につながるメジャー大会は、
次の【ろうきん杯】が最後になります。
スポ少でも「県大会出場」を目標に掲げて練習に励んできましたから、
なんとか叶えてあげたいとは思うんですけどね。
 
昨日も、15-5くらいで負けてました。
というより、今年に入って練習試合を9試合をこなしてきて、まだ1回も勝ったことがありません。

練習試合とはいえ、いろんなメンバーを入れ替えるとはいえ、勝ち負けにはこだわらないとはいえ、
レッドビッキーズじゃないんだから、こんなに弱くていいんだろうかと心配になるくらいですよね。

そのくせ、公式戦の一つ【スポ少交流大会】ではミラクルが起きて、第3位という快挙!
このチーム、強いんだか弱いんだかさっぱり分からない、不思議な力を持つ面白いチームです。

チーム編成も、6年生が4人しかいませんから、半分以上は5年生がレギュラーという
いわゆる若いチームなんですね。
先週あたりから新人戦を見越した練習試合も組み始めたんですけど、こちらは2戦2勝!
まぁ、ゲーム慣れしてるんで当然といえば当然なんですけど、来年以降も楽しみなチームです。

そして、お店の方もベテランスタッフのユウスケが来月独立開業することになりました。
さらに、仙台からのユウヒも今月末で区切りをつけて退職することになりました。
 
大学生だけの経験未熟なスタッフしか残りませんが、また新たにフレッシュな気持ちで、
お店に取り組んでいこうと思っています。

今までのメニューも来月からはオペレーション軽減のために大幅に見直す予定です。
出来ないことを大風呂敷を広げて無理して営業するよりも、しっかりとミスのない内容で
提供できるように、前向きな変更だと捉えているんですよね。

詳しい内容は、また後日お知らせします。

それに伴い、引き続きアルバイトスタッフを大募集しております。
未経験者大歓迎ですし、週1~2回の出勤で構いません。
元気さえあれば、大丈夫!

もう少し収入を増やしたい方や、開いている時間を有効に使いたいという方いませんか?
お気軽にお問い合わせ下さい。
もちろん、男性女性も問いません。
是非ご検討下さい。

そういえば、昨日は父の日だったことすら忘れてました。
でも、それでいいんです。
また、いつものように一週間が始まります。

今週は、町子ども会のソフトボール大会に向けての早朝練習が始まります。
学校のグランドで週1回、朝6時~7時まで、しかもワタクシ監督を務めさせて頂きます(笑

ぶっ倒れないように、今週も頑張っていきましょう!


カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 7 8 9 10 11
13 14
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 店主]
[11/21 とおりすがり]
[11/18 店主]
[11/17 しんさん]
[11/16 店主]
[11/16 店主]
[11/16 しんさん]
[11/16 仙台屋の自販機]
[11/15 店主]
[11/15 店主]
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /