やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2018/12 >>
SMTWTFS
1
2 678
9 131415
16171819 202122
23242526 272829
3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6  
毎度ありがとうございます!

先週の金曜日、鶴商時代の先輩シンジさんが東京から遊びに来てくれました。
シンジさんは単なる先輩だけではなくて、鶴商野球部登高寮201号室の同部屋でして
我われで言うところの自分は「部屋子」にあたります。

まさに毎日の寝食を共にした関係でもあります。

ストイックで本当に厳しい先輩でした。
夕食後、毎日のように室内練習場でティーを何箱も打っていたんですけど、
球上げしている自分に「今、ここを意識しているから、お前も見ててくれ。」などと
1年生のゴミのような自分にもグリップの位置だったり左肩の開きだったりと、
気にしているポイントをチェックさせるものでした。

性格のひん曲がったほかの先輩には死ぬほどぶっ飛ばされましたけど、
シンジさんは自分に一度も手を上げたことはありませんでした。
むしろ、他の先輩にボコボコにやられていると「もう、そのへんでいいんじゃない?」などと、
助け舟を出してくれて救っていただいた日のことを忘れることはありません。

上手い人ほど後輩には手を出さないもんなんだな、とひとつの法則みたいなものを
自分の中で見つけた瞬間でもあります。
先輩も自分たちの代でもそうですけど、野球が下手なヤツほど後輩に手を出すものでした。
情けない話し、それはもちろん自分を含めてですけど。

卒業式のあと、野球部の3年生だけはなぜかみんな学ランからビシッとスーツに着替えて
街に繰り出すのが恒例行事になっていて、その姿がやけに眩しくカッコよく見えたものです。

卒業以来、何度かお会いする機会はありましたけど、こうして一緒に酒を飲むのは初めてでした。
もちろん、現役時代のようなピリピリとした雰囲気はそこにはもうなくて、気さくに楽しく
そして懐かしく、あの地獄の登高寮でクソまずいメシを食って戦ってきた仲間意識のほうが
この歳にもなれば大きいのかもしれませんね。

野球部時代を最後まで寮で過ごしたのは、自分たちが最後の世代です。
あの地獄の日々に戻りたいとは思わないけど、もう一度みんなで1ヶ月くらいなら
生活したい気もします(笑

結局2時くらいまでは飲んでいましたけど、一番酔っていたのはマナブさんでした。
地元にいる同期はほとんどいませんから、たまにこうやって昔を懐かしんで酒を飲むのが
いつも以上に楽しかったようで、いつもよりもハイピッチで日本酒を飲んで同級生の女子に
下ネタでドン引きされいても、責めるわけにもいきませんわね(笑

そんなマナブさんの姿も嬉しかったです。
いつもは、こんな生意気な後輩を相手に「うんうん」聞きながら酒を飲んでるわけですから、
マナブさんにとっても本当に楽しい夜だったんでしょう。
「シンジ、ちょいちょい鶴岡に来れるだろ?また鶴岡に顔出してくれよ。」と何十回も繰り返していました。

くだらない下ネタ連発に同じ話しを何度も何度もするマナブさんに、
「おい!オヤジ。酔っ払いすぎだぞ!!」と、どっちが先輩か分からないトーンで
ツッコミを入れるワタルも、翌日電話がきてまったく記憶がないそうです(笑

奇しくも201号室のシンジさんと自分、205号室のマナブさんとワタル。
さっきの話じゃないけれど、もう一度だけ戻るなら部屋だけはチェンジしてください!(笑

そのくらい205号室は、後輩たちが羨むほどの「楽部屋」だったんですよ。
一緒になってラーメン食ってたり、先輩にタメ口こいても怒られなかったりして。

それに対して、我らが201号室は他の部屋が4人部屋なのに対して、下級生は自分のみ。
さらにシンジさんとスズキさんの持つ雰囲気から、さながら危ない人たちの「組」というか、
毎日が殺伐としていて、おそらく同期のだれにお願いしても代わってはくれないでしょうね。

自分にとっては、それが良かったんでしょうか。

そういえば、自分は現役時代に安岡力也のホタテマンに似ているという理由で
「ホタテ」というあだ名をつけられていたんですけど、シンジさんは自分を「ノリ」と
呼んでくれていたことにも、なんというか嬉しかったというか気恥ずかしかったというか、
不思議な感覚でもありました。

自分自身、当時の先輩や同期に「ホタテ」と呼ばれるのは何とも思わないんですけど、
もうお互いに大人ですから気を使ってくれたんでしょうかね。

確かに自分の後輩たちにも「オヤジ」「ボケ」「ネコ」「ダルマ」「不気味くん」だの、
当時からヒドイあだ名で呼んでいた後輩もたくさんいますけど、卒業してからは自分も自然に
苗字や名前で呼ぶようになりました。

ただ「クサコン」のことだけはどうしても「ジュン」とは呼べないんですよね(笑
一番訂正してあげたいあだ名なのに、本当に申し訳ないです。

来月の50周年で会ったときに、「ジュン!」って呼んでみようかな。
あいつ、絶対に気がつかなくてシカトしそうだけど。

自分はなんと呼ばれても全然平気です。
気を使わずに会話が出来るならば、それでいいです。

さーて、煮込みもいい感じに仕上がってきました。
今週も精一杯頑張りましょうか。
 
 











毎度ありがとうございます!

朝から残念な報告をせねばなりません。
鶴商学園野球部が初めて甲子園に出場した際に部長を務めて頂いた小山田英一先生が
16日、ご自宅のある千葉県でお亡くなりになりました。

享年66歳。
早すぎる旅立ちです。

昭和53年の甲子園初出場、そして翌年春のセンバツ出場と鶴岡東野球部を語る上で
田中先生・茂木先生とともに創生期の鶴商野球部を支えてくださり、多大なるご尽力を賜りました。

自分が入学した頃にはすでにソフトボール部顧問でしたが、野球部同様に女子ソフト部員にも
熱く厳しい指導をされる熱血先生として深い印象があります。

OB会にも幾度となく気さくに出席していただいてご挨拶して頂きました。
奇しくも、今OB会では「鶴岡東高校野球部創部50周年記念誌」の発行に向けて準備を進めており
小山田先生のご活躍や当時のご指導を掘り下げて取材・記事にしようとしていた矢先の出来事でした。
体調が芳しくなく入院されていたとはお聞きしていましたが、こんなにも早く突然お亡くなりに
なるとは夢にも思っていませんでした。

自分が現役時代には、あまりお話しする機会はなかったんですけど、
自分にとって絶対に忘れられない話があります。

自分がOB会事務局を引き受けてOBだけで結成した「鶴商学園倶楽部」の追加加入メンバーが
多くなり、ユニフォームの数が足りず困っていた際に、その昔、ソフトボール部も野球部と同じ
縦じまのユニフォームを着ていたというのを聞いて、ある日突然職員室までお邪魔して
小山田先生に「ソフト部の縦じまがあったら是非譲って下さい!」と直接交渉して
譲って頂いた日のことを思い出します。

野球部でもよく知らない、いつの年代の誰かも分からないヤツがある日突然やって来て、
「ソフト部のユニフォームをくれ。」なんて突拍子もないお願いをしたのにもかかわらず、
「鶴商学園倶楽部の趣旨は分かった。このまま倉庫に置いておいても仕方ないから使ってくれる
 んだったら全部持っていけ。それで全国大会に行ってくれれば嬉しいけどなぁ。」
と、快く10着くらいを譲って頂いたんですよね。

身体の小さいメンバーにはそのまま着させて、身体の大きいユニフォームが着れない奴らの
パッツンパッツンのユニフォームにはサイズ補正用の生地として有効活用させてもらいました。

あの縦じまのユニフォームをもう一度着たくて、学園倶楽部に入りたいという若いOBたちを
断ることなくみな入部させることができたのも、小山田先生の優しさと良きご理解があったから
だと今でも思っています。

今のOB会の繁栄に一役買ってくれたのが学園倶楽部のメンバーたちだとするならば、
その橋渡しというか繋がりを途切れさせずに継続させてくれたのは小山田先生のおかげと
いうことになるでしょう。

来年1月の50周年記念式典には是非ご出席頂いて、あの時のお礼とその後の学園倶楽部の
全国大会出場の話しも聞いていただきたかったです。

偉大なる恩師をまたひとり失いました。

30年ぶりの甲子園を決めた年には田中先生が、創部50周年の年には小山田先生が
その節目をOBたちと一緒にお祝いすることなく、みな天国へと旅立っていきました。

寂しいかぎりです。

本当にお世話になりました。
心よりご冥福をお祈りいたします。
 
合掌









 
毎度ありがとうございます!

昨日は、中学時代の一瞬しか接点がないのにもかかわらず大人になった今でも気さくに
仲良く付き合ってもらっている同級生たちの話しを書きました。

逆に、高校時代の苦楽を共にし同じ釜の飯を食った仲間でも、
今では全く付き合いもなく、おそらく今後も付き合うことはない同級生もいます。

嘘、虚勢、先輩への媚売りと同期への見下し・・・
何が原因とは一言では表現できません。

先日、高校を卒業以来35年ぶりにお世話になった先輩から連絡があったんですけど、
ひとしきり思い出話をしたあとに「で、アイツとは何があったのよ。」と聞かれ、
子供が親に告げ口するかのように「あの時あーだった、この時こー言った。」だのと
昔の出来事をいちいち説明している自分に、もの凄い嫌悪感を覚えたんですよね。

生意気だと思うなら、どうぞそう思ってもらって結構なんですけど、
「先輩、なにかアイツに頼まれたんですか?いまさらそこイジってどうするんですか?」
と反論せずにはいられませんでした。

あのね、自分ももう51ですよ。
結婚し家庭を持って社会人になった娘もいて、地元に戻ってきて商売をやりながら、
OB会の事務局も積極的に頑張ってきて、日々の生活にもこれからの日常にも、
アイツとの接点がなくてもなんの弊害もないわけですよ。

いつまでも学生じゃないんでね。
仲直りしなきゃな、なーんて1ミリも思いませんし、その必要性もまったく感じません。

50年以上も生きてきた中で、誰にだってウマが合わないとか、どうも波長が合わないとか、
仲良くなれないヤツの一人や二人いたって普通のことだと思うんですけどね。

中学時代の同級生にも付き合いをやめた仲間がいて、そいつとは20年ぶりのクラス会がきっかけで
また連絡を取り合うようになったケースもあります。

やっぱり、裏切りや嘘や仲間を見下すようなやつとは自分は付き合いませんし、
付き合いをやめることに、なんら迷いや戸惑いも躊躇もありません。

仲間に対する想いが特に強いのは自分でも自覚してるんですけどね。
そういえば、高校を卒業して函館にいた頃、鶴岡に帰省した際に仲間が居酒屋で他の客に
ボコられたことを聞かされ、その直後に偶然にもその相手と会う場面があって
取っ組み合いの大ゲンカをしたことがあります。

仲間を見下されてムカついたし、必要以上に手を出されたことが何より許せなかった。
いわゆる「敵討ち」ですよ、気持ちの上では。
まだ若かったですけどね、自分も。

だからこそ、逆に仲間からの裏切りや嘘には過剰に反応してしまいます。

言葉ひとつ、態度ひとつで疎遠になってしまうことはないにしても、
そういう細かいことの積み重ねというか、蓄積された不信感が爆発すれば、
付き合いをやめるという決断を躊躇なく選択するでしょう。

もっと表面上だけでも上手く立ち振る舞って「そうですよねー。」なんて軽く流せれば
もっと楽なんでしょうけど、あいにく不器用なもんでして・・・

そうやってもう50年生きてきましたから。

今朝は、仲良く出来ない同級生の話でした。
いいことばかり楽しいことばかりではないけど、
それもまた生きている証しか。

それでも仲間に恵まれている自分の日常に感謝しながら、
今日も頑張ります。





毎度ありがとうございます!

50周年記念誌の編集作業の真っ只中に、編集長をお願いしてる後輩のタザワが、
田中先生の奥様からたくさんの写真が綴られたアルバムを、何冊もお借りしてきました。

甲子園出場を決めた瞬間の歓喜に沸く鶴岡市民の様子や、甲子園や宿舎での様子のほかに、
毎年恒例行事だった芋煮会の集合写真も、各年度ごとを丁寧にスクラップされていて、
1枚づつ田中先生がファイルで閉じてくれて大切に保管してくれていたんだなぁと思うと、
もの凄く感慨深い気持ちになったんですよね。

そして、そんな中に自分たちの年代の写真のページもありまして、そこには高校最後の打席の
自分の写真も一枚だけ綴られていました。

みんなかっこよく打ったり構えたりしてる写真の中に、
押し出しファーボールで最後を終えた自分らしい不恰好な
「見送り」の写真でした。

周りにほかのOBたちがいなかったら、
間違いなく泣いていたと思います。

こんな写真があったこと、それを大切にアルバムに貼って田中先生が残しておいてくれたこと・・・
1枚の写真から、いろんな想いや感情が溢れ出て、胸が熱くなるのを抑えきれませんでした。

県立高校の受験に失敗して、滑り止めの鶴商学園にかろうじて入学できて、なんとか続けた
野球部でヘタクソだった自分の現役最後の打席を、まさか田中先生のアルバムの中から
見つけることになろうとは夢にも思っていませんでした。

準々決勝の山形南戦で9点差ついてなおも満塁、1点入れば5回コールド勝ちの場面で
「イシカワ、押し出しでいいから振らなくていいぞ。」と声をかけて送り出された、
いわば思い出作りの最後の打席でした。

代打で送り出しておいて「振るな」はねーだろうが!とムカついて打席に入ったんですよね。

そして、その初球・・・
先生からの指示を無視してマン振りした打球は、レフト線に切れる大ファールでした。
ベンチから聞こえるナインからの声は「いいぞー!思い切って振ってけよー!」
田中先生からの指示を無視して、みんなが「お前が打って決めろよ!」と背中を押してくれていました。

晩年、先生と二人で酒田に買い物に行く車の中で、あのときの代打の話しを聞いたら、
しっかりと覚えていて、次の日の準決勝・日大山形戦に備えてピッチャーを1イニングでも
温存したかったんだという、ごもっともなお考えのもとで自分を送り出してくれたんだと知り、
ガンガン打ちに行った自分が恥ずかしくなったことまで思い出しました。

「ちぇっ!何だよ、押し出しかよ!」
そう思って見送った高校最終打席の瞬間でした。

結果的には先生の思惑どおりに押し出しファーボールでゲームセットにはなったわけですけど、
ベンチに帰ってから「勝手なことをするな!バカたれが!」と怒られるのを覚悟していたら、
先生は何も言いませんでした。

もちろん、次の日の準決勝・日大山形戦では出番は一切ありませんでしたけどね(笑

本当にたくさんのことを思い出させてくれる、自分にとって貴重な一枚です。
スマホで写真を撮って、アルバムの元あった場所にそっと戻しておきました。

先生、ありがとうございました。
写真をとって置いてくださって嬉しかったです。
ダブルプレーになってたら、さすがにぶっ飛ばしてましたよね(笑

50周年記念誌、楽しみにしていてください。




毎度ありがとうございます!

先日の日曜日、高校の同窓会が開催されました。

同窓会は15時から受付開始なのに、ギリギリの13時30分まで藤島中で球審を務め、
速攻ダッシュで帰宅したのが14時でした。

シャワーを浴びて身づくろいをし、着慣れないYシャツにネクタイを締めたときにはすでに15時。
やれ革靴はどこだ?セカンドバックはどこだっけ?だの、一人で慌てて何とか間に合いました。

約100人の出席者だったそうです。
高校卒業以来、初めて会う同級生もいたりして、けっこう盛り上がった同窓会でした。

睡眠時間3時間で早朝5時起きから練習試合の審判をやって、慌てて駆けつけたせいか
アルコールは回るわ眠いわで体調は絶不調でしたけど、参加して良かったと思います。

50歳という区切りの歳は、懐かしい人たちに会いたくなる哀愁の年齢なんでしょうね。

一次会も無事に終了し、担任の板垣先生と商業科3年A組で集合写真を撮ったあと、
二次会は野球部の4人で流れて、病気自慢と薬自慢と定年後の話しで盛り上がりました。
そんな会話がもう50歳です(笑

毎日毎日、忙しい日々の中で、旧友たちと再会できる喜びを実感しながら、
またいつもの日常に戻っています。

22日に予定している四中野球部主催のスポ少交流大会「やまが杯」の準備に追われながら、
今のうちから当日の天気の心配までしつつ、11月5日の3年生を送る会の成功に向けて
みなさんに喜んでもらえるように一気に走り抜けたいと思っています。

そして、そして一段落したら「出張」に行きます!!
この間の野球部4人で飲んだ際にも米沢で飲もうとか、仙台のイケダに会いに行こうとか、
口だけなら簡単にポンポン企画が飛び出すんですけど、いざとなったら実現しないのも
50歳のスケジュールの典型的なパターンです。

昨日は、伝説の草野球チーム「鶴商学園倶楽部」のメンバーだったタケシとナガオカと
マトバも来店して、あの当時のメンバーでバスで仙台遠征しましょうよ!なんて話しで
盛り上がってました。

野球をやらない仙台遠征ww
うーん、その企画も魅力的だよなぁ(笑

そんな実現するかしないかの先々の楽しみを思い浮かべながら、
今日も一日頑張っていきます。

同窓会実行委員の皆さま、大変お疲れさまでした。







毎度ありがとうございます!

一塁手だった自分は、高校時代ファーストミット2個を使い分けていました。

入学時は外野だったんですけどすぐにサードに回され、最終的にファーストにコンバートされました。
そこで初めて硬式のミットを買う事になるんですけど、OBの経営するスポーツ店から
半ば強制的にに買わされたのが「美津和タイガー」のファーストミットだったんですね。

それが買って一週間で、室内練習場と体育館の間にオイルを塗って置いておいたら盗まれたんですよ。
好みのメーカーではなかったにせよ、親に買ってもらった3~4万もするミットが盗まれたとは、
すぐには言えるわけがなく、しばらく寮で一人で悶々と悩んでいたんですね。

そんな時に、引退した3年生の一人が室内練習場にある中古のミットを使えと言ってくれたんです。
それがスラッガーのファーストミットでした。

今では懐かしい布ラベルのスラッガーに「S」のエナメルマークがついて、
手首の部分には「鶴商学園 沢村」と刺繍が施してありました。

サワムラさんは2コ上の3年生でしたから、その頃はすでに引退されていたんですけど、
ミットを盗まれて困っていた自分に快く、これを使えと譲ってくれたんです。

当時は大型のミットがトレンドで、オーダーグラブを注文する際にはわざと手を大きく書いて
出来るだけ大きなファーストミットを作ってもらうのが流行っていたんですね。

でもスラッガーのファーストミットは小ぶりで軽く、ショートバウンドやタッチプレーの際の
ミットの取り回しがすごく楽で使いやすかったんですよ。

ただ、自分たちの頃からグラブの規定も厳しくなり、表面への名前等の刺繍は一切禁止になり、
ラベル以外のマークがついたグラブも、すべて公式戦では使用できなくなったんですね。
スラッガーのSマークのほかにも、ミズノの赤カップなども使用禁止グラブになりました。

そこでようやく親に事情を話して、改めてローリングスのファーストミットを買ってもらったんですけど、
公式戦以外の試合や練習ではいつもスラッガーのファーストミットを愛用していました。
ポケットの皮が破れても当て皮をして、ミシンで縫ってもらってでも引退まで使っていた
自分にとって思い出深いファーストミットです。

自分も引退し、同じように後輩に譲ってしまったスラッガーのミットでしたけど、
のちにサワムラさんが若くして事故でお亡くなりになったと聞かされて、
あのミットほど後輩にあげたことを後悔したアイテムはありません。

そんなスラッガーのファーストミットが、このたびスラッガー80周年記念
復刻グラブとして限定発売されました。
なんと、あの懐かしい布ラベルも親指のSのエナメルマークも、
サワムラさんから譲り受けたミットと全く同じモデルです。

サワムラさんの優しさと、石だらけの河川敷グラウンドの感触を思い出す、
まさに感慨深いミットなんですよね。
自分の高校時代の相棒と言っても過言ではないくらい愛用したミットですから、
税込み35,000円はちょっと高くて手が出ませんけど、今ものすごく欲しいグラブです。

もう、自分にはサンタが来ることもないしなぁ。
気長にヤフオクで探します。

外は白くなった初積雪の鶴岡です。
運転には注意して、今日も一日頑張っていきましょう!



カウンター
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 6 7 8
9 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[12/13 店主]
[12/12 タムちゃん]
[12/12 店主]
[12/12 萬年幹事の松]
[12/12 店主]
[12/11 店主]
[12/11 萬年幹事の松]
[12/11 しんさん]
[12/11 店主]
[12/10 萬年幹事の松]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /