やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2018/06 >>
SMTWTFS
12
46 789
101113 141516
171819 212223
24252627 282930
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6  
毎度ありがとうございます!

季節もののため2月から休売していた生すだちサワーですが、昨日徳島から直送で届きましたので
本日から販売を再開いたします!

販売開始以来、たくさんの方々に気に入って頂いて「美味しい!」と好評の生すだちサワーです。
本来であれば、年間を通して提供できればいいんですけど、いかんせん季節ものの天然果実でして、
ハウス栽培ものでもシーズンオフにもなると、昨年は1キロ7000円にもなってました(驚

いくら好評とはいえ、サワーの割り材としては高級すぎます。
ようやく最近は市場価格が落ち着いてきましたので、
万を持しての入荷となりました。

暑くなってきて、爽やかなすだちの香りと酸っぱさが
日中の疲れを癒してくれます。

すだちは徳島産以外のものも流通していて、もう少し価格も安く入手できるんですけど、
なんというか、あの風味が徳島産ものでないと出ないんですよね。

あえて、季節休売してでも徳島産すだちでサワーを提供したいというのが小さなこだわりです。
 
この機会に、是非ともご注文くださいませ。
 
今日も暑くなりそうです。
水分補給を忘れずに、無理せず頑張っていきましょう!

 
毎度ありがとうございます!

昨日は東京から2年ぶりにしんさんが帰省して、お店に顔を出してくれました。
東京出張の際にはコーディネーター役として、自分が希望するお店のチョイスや
東京各所の酒場を案内してもらったりして、何かとお世話になっている恩人でもあります。

閉店までカウンターで待っててくれて、ユウヒとユウスケも合流して「福鮨」で乾杯です。

最近の中野事情や、飲食形態の移り変わるスピード感の話しなんかを聞きながら、
今年はひと区切りついたら絶対に東京出張を企画しなくてはと実感しました。

いつもブログで書いてますけど、ただ飲みに行くだけでは出張とはいえません。

街の佇まいや匂い、行き交う人々の表情や雰囲気を感じる嗅覚を併せ持たないと、
意味がないものになると思うんですよね。

どんな小さなことでもいい。
それがメニューの書き方ひとつだったり、お店の照明やディスプレイだったり、
店員さんの表情だったり、どれひとつとして自店と同じところはないわけですから、良い悪いは別として
いろんなことを感じとる感覚だけは、いつも研ぎ澄ましておきたいと思っているんですよね。

そういう意味では、こういうブログで出張での出来事を書くことも、結果的に記憶や記録として
残るわけですし、小さなことでも写真を撮っておくことも大切なことかもしれません。

東京の立飲み屋を含めた格安居酒屋の価格は、絶対に真似できない設定ですけど、
そういうお店が存在し繁盛していることにも目を凝らしておく必要があります。

むしろ、これからの飲食業のキーワードは「不便さを楽しむ」的な要素が
大きくなっていくような気がします。

あえてカウンターだけの狭い店だったり、屋根裏部屋みたいに天井が低かったり、
あるいは瓶ビールしか置いていないお店だったり、一年中煮込み一本で勝負してるお店だったり・・・

昼からやってるけど夜8時には終わる店とか、逆に深夜食堂のように夜中から始まる店とか
それこそ立ち吞み屋だったりと、まだまだビジネスチャンスはたくさんあるのかもしれません。

日常のなかで簡単に東京には行けないけど、しんさんと話しているとそういうことが頭をよぎって
いつも楽しい時間があっという間に過ぎていきます。

ちょっとしんさんの股関節痛が心配ですけど、今度は必ず東京で酒場巡りしたいと思っています。

ま、その前にユウスケの店に行くのが先ですけどね。
なんだかんだ理由つけて自分を入れないんで、いまだにユウスケの店には行った事がありません。

「あばれん坊」に行ったという方からのご感想を、コメント欄でお待ちしております(笑









 
毎度ありがとうございます!

お店をやっていると、「これから4人で行くから10本くらい串を焼いといて。」とか
「宴会スタートと同時に食べれるようにホルモン準備しておいて。」という要望が結構あります。

そのくらい普通だろうとお思いかもしれませんが、どれも対応しておりません。

すでに店内にお客様がいれば、その方のオーダーを順番で焼くのが当たり前ですし、
焼きたての温かいものを食べてもらいたいという基本的な部分もあります。

七輪を準備しておいてというのも、結局時間通りにメンバーが揃わなくて、
せっかく起こした炭も燃えカスとなり、結局あとからまた火を起こすことになるパターンが
ほとんどです。

串も炭も、丁度いい状態で美味しく召し上がって頂けるようにお出ししているわけですから、
あまり焦らず、せっかちにならずに、入店してからご注文して頂ければと思います。

そもそも、ラーメン屋に「これから行くから3人前作っておいて。」と言わないでしょう。
すし屋はあり得るかも知れませんけど、鍋やってる店に「火かけといて。」とは言わないですよね。

世間にはお土産の串だけで商売されている方もおりますし、移動販売で商売されている方もおります。
それぞれの商売に、それぞれの考え方とこだわりがあって当然だと思いますし、
自分がやらないことをやっていることを決して否定するものではありません。

「やきとりなんて、ちょっとくらい冷めたって大丈夫、大丈夫。」という人がいます。
「所詮やきとりなんて、そういう食いものじゃん。」という人もいます。

それでも自分は、お持ち帰りのみの販売はやりませんし、今後もやる予定はありません。
これから来るというお客様の注文を先にやって、店内のお客様のオーダーを後回しなんてことも
これからもやらないでしょうね。
そんなに器用じゃありませんし、そんなせっかちなお客様も正直なところ苦手です。

電車文化でもないこの鶴岡で、最初の一品が出てくるまでの僅か5分間を、
そんなに焦る必要がありますか?

そういえば、昔のラーメン屋は出前をするお店が多かった記憶があります。
それがいつの間にやら「バリ硬」だの「濃口」だの、細かく注文できるようになった反面、
出前で食えるお店はどんどん減ってきたような気がします。

配達する人がいるいないではなく、お店で食べる一杯に渾身のエネルギーを注ぎ込むから、
より完成度の高いベストな状態のラーメンを食べてもらいたいお店がほとんどなのでしょう。

今のラーメンは、どれも美味しすぎますもんね。
ダシだのガラだの小麦粉だの、たくさんのこだわりと技術向上や切磋琢磨の賜物で、
一流シェフ並みに崇拝されている店主さんもたくさんいるくらいですから。

自分の中では、子供の頃にたまにお客様が来るとお昼に出前で取っていた、
川端通りにあった赤い暖簾に白文字の「大華園」の中華そばが一番好きでした。
ちょっと豪華だと、あんかけが乗った「タイロー麺」だったりして、
我が家のたまに味わえる贅沢のひとコマだったのが懐かしいです。

大人になってから好きなだけラーメンが食えるようになって、移転していた大華園に行って
親父さんと話しながら「ラーメンなんて簡単なんだ。そして安くて早けりゃそれで十分。」なんて
言っていたのを思い出します。

たくさんのこだわりと究極を求めた逸品と、リーズナブルでシンプルな一品と、
どちらが正解で不正解もないでしょう。

ただ、どちらもゆったりと心穏やかに、焦らず楽しく食べたほうが美味しいに決まっています。

今日も「美味しかったよ。」と言っていただけるように「一串入魂」で仕事します。
明日はカウンターしか空いていません。
今日はヒマそうです(笑

よかったら、ぶらりとお立ち寄りくださいませ。


 








当店にご来店のお客様で、店舗となりの駐車場に停められる方がいらっしゃるようですが、
おとなりは契約駐車場ではありませんので、絶対に駐車なさらないようにお願いいたします。
契約者様にご迷惑がかかりますので、絶対に停めないでください。

毎度ありがとうございます!

いろいろとやることが山ほどあって忙しい時期にもかかわらず、
なかなかやろうという気が起きない困った日々を送っています。

思うようにいかないことや、意思の疎通が図れない案件や、
日本酒でもグッと一杯煽らないと寝つけそうにない夜です。

そんなときはやっぱり、愛すべき先輩マナブさんの存在に救われます。
高校野球の話し、審判部の話し、中学野球の話し、OB会の話しなど、
自分が話して楽になることには「うんうん。」頷いて聞いてくれますし、
教えてもらって「なるほど。」と感銘を受ける話しも聞かせてくれて、
精神的にも本当に助けてもらっています。

時間があれば一杯付き合ってもらいたかったところですが、毎回自分に付き合わせるわけにも
いきませんから、マナブさんをお見送りしたあと自分も素直に帰宅しました。

そういえば、昨夜は遅い「やんちゃ新年会」をお店のスタッフたちと開催しました。
普段の頑張りに感謝するとともに、明日からの鋭気をつけてもらうために、
特製モツ鍋と、かこべんのオードブルと、すし海道の握りで乾杯です。

高専生のスカガワだけが欠席で残念でしたけど、卒業式までにゆっくり飲みに来て
くれるのを楽しみに待っていようと思ってます。

ひとりでできる商売ではありませんのでスタッフの力は大きいですし、
本当に支えてもらっています。

普段はそんな想いもあまり口にすることはないんですけど、少しでも頑張るモチベーションに
なってくれればと、毎年新年会か忘年会のどちらかは開催することにしているんですね。

ただ昨日は、あまり体調がすぐれなかったせいか、あまり酒も飲めなくて、
自分が一番最初に帰宅してしまいました。

疲れているのが自分でもわかります。

悩みごとも一つや二つではありませんし、自分ではどうしようもないこともあるんですけど、
ゆっくりと風呂にでも入ってマッサージチェアーに身を委ねてリフレッシュしたいと思います。

それでは、おやすみなさい。


毎度ありがとうございます!

昨夜は、ウチのスタッフとして3年間頑張ってくれたコマガタとそのご両親が、
わざわざ佐渡からご挨拶に来ていただきました。

「息子が大変お世話になりました。」
と丁寧なご挨拶に貴重な佐渡のお土産まで頂戴してしまい、こちらの方が恐縮するばかりでした。

お世話になったのはこちらの方ですよ。
ちゃんと最後まで頑張ってくれましたから。

山大農学部2年のときに、先にやんちゃでアルバイトをしていた友人に誘われて、
アルバイトの面接に来たのがコマガタでした。
話してすぐに、真面目で素直で器用な子なんだと気づき、即採用を決めた子です。

自分の娘と同じ平成7年生まれでしたから、自分の子どものような目で接する機会も
なんとなく多かった気がします。

一緒に働くことで、今の子たちの考え方やトレンドを肌で感じながら、
それでも社会で通用する男になれるよう、時には厳しく愛情持って叱ってきたつもりです。

ウチで働くスタッフには、器用で物覚えが良くすぐに出来てしまうタイプと、
不器用でなかなか覚えられず出来るまで時間がかかるタイプと、二通りのパターンがあります。

コマガタは、独立したユウスケやユウタロウのような器用なタイプの子でした。
不器用だったのは、やっぱりハタケとシュンタかなぁ(笑

どちらもみんな自分にとっては可愛いスタッフに変わりありませんし、
どちらもみんな途中リタイヤせずに、最後までやりきった努力家でもあり仲間でもあります。

器用な子の危険なところは、自分の仕事ぶりや仕事の結果を、世間や社会もすんなりと
受け入れてくれるだろうと勘違いしやすいことかもしれません。

出来るから、スキルがあるから仕事を任せる。
任せるとそれが使命になり、最優先だと思ってしまう。

任せられた仕事のほかにもやるべき仕事はたくさんあるのだけれど、
その組み立てや順序よりも「オレの仕事をやる。」という使命感だけで、
周りを見る余裕がなく自分の事だけで突き進んでしまうところがあるんですよね。

自分の隣でも別の人が仕事をしているのに、さえぎったり手を止めさせてしまう。
でも、もちろん、自分のやった仕事の結果はいい。

役所の窓口のように、目の前の自分の仕事だけをこなすなら、それでもいいだろう。
仕事のミスも少なく、仕事も早いわけだから。

でも自分の仕事だけではないし、それが何よりも最優先とは限らないんだよと。
だからこそ、もっと周りの仕事をよく見て、仕事における謙虚さも身につけろよと、
口うるさく言ってきました。

それでも辞めずに3年間、一生懸命にバイトを頑張ってきたんですから。
素直だし仕事も早いから、上司やお客様にも可愛がってもらえると思います。

偶然にも隣にいたマサカツが「こういう場面っていいですねぇ。マスター、嬉しいでしょう。」
なんて急にぶっこんできましたけど、途中で投げ出さず逃げ出さず、最後までやったヤツにしか
見れない景色(関係)だと思ってますから、もちろん嬉しいにきまっています。

ハタケも、ユウスケも、ユウタロウも、シュンタも、コマガタも、スカガワも、
最後までやりきったヤツはみんな可愛いですし、いつの日かやんちゃOB会でもやって
みんなと酒を飲みたいというのが自分の夢でもあります。

最後までやりきるヤツが3いるなら、途中で投げ出すヤツは7います。
どんなに仕事が出来ても、ある日突然連絡もなしに来なくなるヤツを山ほど見てきました。
どこかでバッタリ自分と遭遇しても後ろめたさから、きっと目を見て挨拶なんて出来ないだろうし、
コソコソ隠れてやり過ごすのかもしれません。

「おー!元気か!たまには店に遊びに来いよ!」と笑って話せる景色を見せてあげたいものです。

コマガタがバイトを始めてすぐに2人がバックれて、超過密シフトになったことがあります。
それでも文句を言わずにシフトの穴を開けないように頑張ってくれました。
単なる学生のアルバイトから、少しだけ働くということへの意識と考え方が変わった
きっかけになったのかもしれません。

コマガタ、おつかれさん。
最後までありがとう。
本当に助けてもらいました。

まかないの味、忘れるなよ。
身体には気をつけて、新潟でも頑張ってな。
いつまでも応援しています。

卒業おめでとう!








 
毎度ありがとうございます!

大変なことがおきました。
仕入れ元の食肉公社のライントラブルで、昨日から3日間まともな内臓が仕入れられません。

人気のサガリなどはもちろん、七輪で焼く塩ホルモンのてっぽうもハラミも全く入荷しません。

シロ、タン、レバー、ハツの4種類しか回ってこない状態です。
予約もありませんし昨日からのドカ雪も重なって、こんな状態で営業するのに心が折れそうです。
一応、提灯は出しますけど、仕入れできない部位が多数ありますのでご了承ください。

こんな事あるんですねー。
開業以来、こんなアクシデントは初めての経験です。

庄内ミートの説明では一応ラインストップは3日間らしいのですが、上手く復旧しない場合は
今週末まで正常な肉や内臓の流通は難しいかもしれないという話しでした。

マジで緊急事態ですよ、これは。
状況次第では、本当に臨時休業も考えないとなりませんし、今週末のご予約のお客様にも
通常メニューでの営業が難しいという連絡しなければならない可能性も十分にありえます。

まいりました。
とにかくなるようにしかなりません。

とりあえず、今は雪かきを頑張ります。
ではでは。


 






カウンター
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
4 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/14 店主]
[06/14 タムちゃん]
[05/21 店主]
[05/21 横浜ベイスターマン]
[05/15 店主]
[05/15 まさる]
[05/08 店主]
[05/07 マキ]
[04/13 店主]
[04/12 高山利幸]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /