やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/05 >>
SMTWTFS
23 5
79 111213
14151617 1920
21222324 2627
28293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
毎度ありがとうございます!

GW最終日の昨日も、朝5時に起きて部活一色の日曜日で終わりました。

練習試合は一日に二試合組まれますので、大体はどちらか一試合の球審をやるようにしています。
連盟審判としてはまだまだ経験が浅く、レベルも低いために球審デビューはできませんから、
練習試合でさまざまな経験を積んでいかなくてはなりません。

ジャッジやルールの経験値を向上させることも然ることながら、それと同時にファールボールや
暴投のボールが身体を直撃する痛いアクシデントも最近はやたらと多くなってきました。

良く言えば「逃げていない」ということかもしれませんけど、
実際は「逃げれない」ので当たっているわけですよ。

昨日は初回の第一球目のボールをなぜかキャッチャーがミットを出さずに、渾身のストレートが
真っ直ぐに自分の左手首を直撃するという、信じられないようなアクシデントが発生!(笑

以前、硬球を使う高校野球で、同じシーンで途中退場したスガイほどではなかったですけど、
軟球とはいえ地区でも有望株のピッチャーのストレートですから、痛くないはずがありません。

左手首も腫れてきて紫色になっていながらも、あの初球のストライクをコールできなかったことを
素直に反省するわけですよ。

不思議なもので、全く当たらない日もあれば7イニングの間に7回も直撃する日もあったりします。

まさに昨日は「当たりの日」でして、マスク直撃に左手直撃のほかにも、渾身のストレートの
ファールチップが、マスクとインサイドプロテクターの間の喉元へ直撃するという・・・(笑
ウソだろうというくらいの激痛でマジで気を失いそうになりました。

実は球審マスクの下には喉元をガードする「スロートガード」というパーツを付けるのが
一般的なんですけど、最近のマスクはフレームが喉元までちょっと延長されているだけの
スタイリッシュなモデルが主流となってきました。

自分も公式戦のマスクを被るわけでもないので、パーツ無しのマスクでやってきていたんですよね。

師匠スガイに審判道具を確認してもらった際に「スロートガード付いてないと危ないですよ」と
忠告を受けていたにもかかわらず「そんなピンポイントで当たらないべや。」なんて聞いていたら、
ものの見事にガッツリ直撃するじゃないですか!

しかもファールチップした打者は、息子だし(笑
もちろん文句は言えませんけどね。
その分ヒットでも打ってくれれば、この痛さも報われるんでしょうけど、
結果はあっさり三振(泣

今朝は体中シップだらけで起きましたけど、気合いで乗り切ります。

どんよりとした曇り空の鶴岡です。
気持ちだけでもスカッと元気に今週も頑張っていきましょう!

 



毎度ありがとうございます!

昨日、鶴岡ドリームスタジアムで行われた全軟中学野球春季地区大会で、
僭越ながら審判員としてデビューしてしまいました。

起床6時、球場入り7時、決勝開始が13時20分。
前日に通常営業した後に少し寝たくらいですので、長い長い一日になりました。

試合は地区大会といえども決勝戦。
緊張するなといわれても、しないほうが無理でしょう。
しかもデビュー戦なんですから。

綺麗になった電光掲示板に名前が表示され、アナウンスでも名前が呼ばれ、
「・・・以上4氏でございます。試合開始まで今しばらくお持ちください。」
あたりからは気合いが入ってきて、自然と冷静になって緊張もほどけてきました。

前回の講習会時からはメカニクスハンドブック(非売品)を穴が空くほど読んで、
フォーメーションを頭に叩き込んで行ったんですけど、やっぱり身体が反応できずに
瞬間的に動けなかった場面が何回かありました。

たとえフォーメーションが飛んでしまったとしても、他の審判がフォローに周りますので、
選手やプレーに支障が出ないようにみんなでカバーしあう事にはなっているのですが、
自分の場合はカバーしてもらってばかりで、ただただ反省するばかりです。

ただ、際どいアウト・セーフのタッグプレーも二度ありましたけど、
自分なりにしっかりと確認して大きくコールできたのは良かったところでしょうか。

息子は学校のグラウンドで練習ということで、わざわざ球場に見に来たカミさんも
「今まで意識して見てなかったけど審判員ってすごく走り回るんだねー」
なんて驚いてました(笑

試合後の反省会でもいろいろと指摘も受けましたし、経験がものを言う世界ですから、
あまりネガティブに考えずに、次の経験に活かしていければと思っています。

自宅に戻ってシャワーを浴びると、ぐったりと疲れが押し寄せてきましたけど、
記念すべきデビュー戦の慰労会をやろうとスガイとチョーさんとで「焼鳥づぼら」で一杯。
球場から離れて頭をリセットして、審判談義で盛り上がりました。

主役のはずの自分がおごるという不可解な会計システム(スガイ式)でしたけど
最初から最後まで付き合ってもらって楽しい酒で疲れも吹っ飛びました。

むしろ、少しお酒が入ってフランクな状態の方が、聞きたいことも聞けるし
言いたい主張もできるんで、これは毎回反省会はやったほうがいいかもしれませんね。
のんびりと焦らず、審判員若葉マークでこれからも頑張ります。

さーて、今日は8日の娘の誕生日プレゼントの買い物を兼ねて、山形か仙台に行く予定です。

みなさまも、充実した素敵なゴールデンウィークをお過ごしください。
それでは行ってきます!


 

毎度ありがとうございます!

昨日は鶴岡野球連盟審判講習会が行われ、正式に地区審判員として登録される事になりました。
「五十の手習い」とはよく耳にしますけど、自分自身が50歳になる節目の年に
何か新しい事に挑戦したいなとは思っていたんですけどね。

後輩のスガイをはじめ、身近に連盟審判の方々が多いというのもありましたので、
ピカピカの1年生といえども心細さはなかったんですけど、新しい事を覚えながら
体を瞬間的に動かしていくというのが、本当に難しいんですよ。

頭では分かっていても、体が思った位置まで動けない・・・
瞬間的に次のフォーメーションが理解できていない・・・
クロスプレーの見る位置が悪い・・・

基本動作とコールの後にゲームノックをみっちりやって、午後は社会人野球の練習試合で実践練習。
体よりも頭が疲れたというのが本音でしょうか。

何でもないプレーの先には、必ず審判員のジャッジがありますけど、そのためのルール勉強と
実践の積み重ねという裏づけがあってゲームが成り立っているという事なんですよね。

野球をやってきていれば、審判はなんとなくでも出来ると思っていました。
でも「ちゃんと審判をやる」ためには、基本姿勢やコールやフォーメーションを体に叩き込んで、
さらに頭では難解なルールも覚えなくてはなりません。
頭で分かっていても、ちゃんとコールして的確なジャッジが出来るかどうかも問われます。

今まではお父さん審判として誤魔化せた部分もたくさんありましたけど、
今度からはそうはいきません。
責任の重さがずっしりと違いますしね。

硬式社会人の三塁塁審をやりましたけど、傍に指導役のスガイがいなかったら
ほとんどどこに動いていいのかすら分からなかったのが今の自分のレベルです。

スポ少や中学野球とはスピードが違いますし、一瞬で判断することがたくさんありすぎる。
ボールの行方よりも他の塁審の動きを見る、カバーする、位置を確保する・・・
全く出来なかった情けない自分がいます。

夕方4時も回った頃に、ようやくバックスクリーンのイニングボードのLEDが今シーズンから
新しくなっていた事に気がついたくらい、辺りを見渡す余裕すらありませんでした。

無謀な挑戦だったかなー、お父さん審判の方が楽でよかったかなー、と帰りの車の中で
一瞬頭をよぎりましたけど、息子も頑張ってますし自分から弱音を吐くわけにはいきません。

上手くできないことを理由に逃げ出したら…そんな親父の姿を、
同じようにいまピッチングで悩んでいる息子に見せるわけにはいかないじゃないですか。

もともと、自分も好きで始めたことですからね。
もっともっと野球が好きになるために、上手く出来ない事も含めて楽しんで努力します。

何よりも、審判部の諸先輩方に丁寧に分かりやすく根気強く教えて頂きましたしね。
そして、何にも出来ない自分を気さくに受け入れて頂いた事に、本当に感謝いたします。

「オールドルーキー」として、50歳からの挑戦です。

心も体も疲労感ハンパないですけど、今週ものんびりとゆっくりと自分のペースで頑張ります!





カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
2 3 5
7 9 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/26 店主]
[05/26 店主]
[05/25 しんさん]
[05/25 仙台屋の自販機]
[04/27 店主]
[04/27 店主]
[04/26 タイヤ屋]
[04/26 仙台屋の自販機]
[04/18 店主]
[04/17 まさる]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /