やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2019/06 >>
SMTWTFS
1
25 678
9101112 131415
16171819 202122
23242526 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2  
毎度ありがとうございます!

今朝は、腰から太ももから足首まで筋肉痛というかダルいというか、全く使い物になりません。
日曜日に、聖地赤川でスポ少の準決勝の球審と決勝の塁審をやったからなんですけど、
あらためて体力のなさを痛感させられます。

先週今週と球審を務めましたが、まだ凡ミスが出てしまいます。
余裕がないんでしょうね。それかセンスがないのか。

いろんなことを考え想定して、ピッチャーの動きも凝視して球場全体を把握しながらですから、
なかなかハードな役割です。

今回の凡ミスは、2ストライクから投球をチップしてそのままキャッチャーが捕球。
普通に考えなくとも三振でチェンジですよね。

スポ少の場合、想定外のプレーが起きるもので、このときも三振なのに「かすった!かすった!」
とバッターが猛アピール。
もちろん自分も僅かにバットにかすったのを見ていましたので、キャッチャーが完全捕球してるにも
かかわらずファール!を宣言しちゃったんですよ、大バカ!(汗

すぐに一旦タイムをかけて一呼吸入れて「チップ、完全捕球で3アウト、チェンジ!」
で再開したんですけどね。
バットにかすったことに意識が行き過ぎて、一番簡単なことの判断が一瞬飛んでしまいました。
ハァ~、全然ダメですね・・・

言い訳ではないんですけど、実はこのミスジャッジには伏線がありまして…
前日に球審を言い渡されて、あらためてスポ少で起こりうるレアケースというか稀な場面を
記録した過去の資料に目を通して、予習していたんですよね。

そのなかで、チップした打球をキャッチャーがプロテクターで抱え込んで捕球してもファール、
チップした打球にミットが最初に触れていれば地面に落とす前なら抱え込んで捕球してもアウト、
という実際に起きたケースが記載されていたのを読んでいたんです。

スポ少の場合、投球が山なりであったり、キャッチャーがバッターから離れすぎて構える傾向が
多々見受けられますので、十分に起こりうるケースだと過剰に意識し過ぎていたかもしれません。

・・・それでも、普通の三振でしたけど。

チップしてもキャッチしていればアウトですから、上のステージだと「かすった!かすった!」
なんてバッターもアピールもないんですけど、小学生の必死のアピールと自分もかすったのを
確認していたのが重なってワケわからないジャッジをしてしまいました。

えー、改めまして、海より深く反省いたします(謝

決勝戦は、10点ビハインドの展開を見事ひっくり返した城北が優勝の栄冠を勝ち取りました。
設立以来初の学童優勝だそうで、本当におめでとうございます。

子供たちと指導者と、そして保護者の皆様と地域の皆様とで掴んだ優勝だと思います。
県大会でも思う存分に暴れまわってきてほしいと思います。

身体は疲れましたけど、一生懸命頑張っている子供たちの姿には、こちらも元気をもらいます。
その分、ミスジャッジしないようにもっと勉強して、経験を積んで頑張らないといけませんね。

今週も頑張ります!

それにしても、ファールはなかったよなぁ・・・(´へ`;ウーム
ワタクシ、結構引きずるタイプです(笑

 

 







毎度ありがとうございます!

昨日は久しぶりにスポ少の聖地、赤川河川敷グラウンドで球審を務めてきました。
トーナメント二回戦ということもあって、連盟審判は球審のみで塁審は別ブロックで
勝ち上がってきたチームのお父さん方が入ります。

自分が担当する試合の開始5分前になっても、該当チームのお父さん2人が来ないんですよ。

運営担当理事に確認をしていたら、駐車場からのんびり歩いて来るじゃないですか。
両チームベンチ前に並び始めるタイミングでは遅すぎます。

しかも、スキニージーンズにピタピタのTシャツに帽子も被らずにですか。
それは私服のいでたちであって、グラウンドに立つ格好だとは思えないんですけどね。
せめて、ジャージに帽子くらいは着用してもらいたいものです。
やっぱり、鶴岡のスポ少の保護者審判の意識は、まだまだ低いんだなと痛感させられました。

まるで罰ゲームみたいな感覚なんですかね。
出来ればやりたくないというのが、グラウンドに来る時間や格好から伝わってきます。

二回戦とはいえ全国大会まで繋がる学童大会、いわゆる公式戦じゃないですか。
子供たちの一生懸命に頑張る姿に、携わる大人たちもきちんと望んでもらいたいというのは、
お父さん方に高望みしすぎなんでしょうかねぇ。。。

もちろん、審判講習会などに積極的に参加されて、意識の高いチームや保護者の方もたくさんいます。

連盟審判員も、スポ少だからと意識を下げるのではなく、他のステージの大会同様に
緊張感をもってジャッジしていかなくてはなりません。
それは言うまでもなく当たり前のことでしょう。

自分が担当した二回戦屈指の好カードは、点数以上に引き締まるナイスゲームでした。
スポ少は投手力が8割と思っていましたけど、バットを力強く振れる魅力というか、
打ち勝つ野球もスポ少の戦い方のひとつだなと実感させられました。

来週も、学童大会を担当することになりました。
次からは連盟審判員が4人つきますから、今度は塁審で入ります。

昨日同様に快晴の青空の下で、のびのびと元気良く走り回る子供たちの姿を楽しみに、
今週もまた一週間を頑張りたいと思います。










毎度ありがとうございます!

4連休も終わり、娘も昨日埼玉に戻っていきました。
友人と飲みに行くこともなく、もちろん遠征することもなく、終始家族サービスで過ごした連休でした。

ゴールデンウィーク中は、昨年までお世話になっていた4中の春季大会を観戦したり、
保護者の立場になって春季高校野球の応援をしたりと、夫婦で球場に通っていました。

ただこの時期は、スポ少の交流大会に中学春季大会と高校春季地区予選と、すべてのステージで
大会が行われるために、審判員がフル稼働する一年で最も忙しい時期でもあるんですね。

もちろん仕事や用事があれば優先されますけど、それでも一日に3試合出場という審判員もいます。

慢性的な人手不足と高齢化は、審判部にもあてはまる深刻な問題です。

もちろんこのブログで、一緒に審判員をやってみませんか?
是非、審判をやりましょう!
と呼びかけるのは簡単です。
それで希望者が出てくるかは別問題として。

ただ、もしも新しい人が手を挙げてくれたとしても、その加入から先の体制には
まだまだ改善が必要だと個人的には思っているんですね。

それは慣例から抜け出せないというか、古き体質から脱却できないというべきか。

もちろん、これから審判をやろうという方は中学か高校までかは別として野球の経験者でしょう。
だからといって、すぐに審判が出来るかといえば、アウト・セーフのコールが精一杯だと思います。

ルールの勉強も然ることながら、打球に応じてのフォーメーションやジャッジの基本姿勢と発声など
今まで分かっていたようなことが全然分かっていなかったことに気づかされます。

でもだからこそ、新しい学びや成長を実感することがやりがいとなって面白さが出てくるわけです。
そういう面白さややりがいを見つけてもらうためには、新しい人材の誰もが抱える「不安」というものを
できるだけ払拭してあげられるような、育成プログラムと体制が必要だというのが自分の考えです。

分かりやすく言えば、車の教習所のイメージですかね。

ちょこちょこっと講習をやって、いきなり公式戦デビューして
「はい、あとは実践でやってみてください。たくさん失敗していいですから。」
なんて言われても、本人からすれば不安で不安で仕方ないもんですよ。

そうではなくて、1年間限定でも「指導係」や「育成担当」など名称は何でもいいんですけど、
新人と一緒に帯同して指導してくれる教官役が必要だと思うんですね。

車の運転だって1段階からいきなり路上には出ないでしょう。
段階的に知識と経験値を上げていきながら、指導係のお墨付きという「自信」を持って
必死に頑張るプレーヤーの前に出て、公式戦デビューするべきだと思うんです。

そのために練習試合を数多くこなしながら、実践の中でレベルを上げていき2年目に公式戦デビュー
くらいのタイムスケジュールでいいと思うんですよ。

最近の新人審判員はすぐに辞めるという人は少なくなったようですけど、
昔は一年や二年で辞める人も珍しくなく、中間の年代が空洞化しているのもそのせいでしょう。

新人が一年経って、実際に審判員をやってみてどうだったのか、審判用具の購入の負担や、
週末の家族との時間の確保など、加入する前と実際にやってみての実感はどうだったのか。

そして残念ながら辞める方の理由や、なにが負担だったのか、なぜ継続してもらえなかったのか
という生の声を踏まえての改善策を考えていかないと、組織が活性化するはずもありません。

自分もまだまだですし、全然出来ていないことだらけです。
でも、やるからにはグラウンドに立つからには、一生懸命にやらせてもらっています。
好きでやっているんだろと言われればそれまでですけど、家族との時間を割いてでも、
しかも無報酬で、それでも使命感を持ってやっているわけです。

審判がいなくて試合が成立しますか。
野球はピッチャーが投げることで試合が始まると言いますが、それは違います。
審判が「プレイボール!」をかけて試合が始まるんです。
最終回も3アウト取って終わりじゃないんです。
審判の「ゲーム!(セット)」のコールで試合が終わります。

大変ではあるけれど、やりがいもあります。
「スポ少だけ・・・」とか、「月2回が限界」とか、それぞれの事情に合わせて配慮してもらえるはずです。

息子さんの頑張る姿を、スタンドでワーワー言いながらの観戦もいいでしょう。
でも凛としてグラウンドに立ち、ダイナミックにジャッジするお父さんの姿ほど、
子どもの目には焼き尽くものだと思うし、きっと自慢のお父さんだと思うんですよね。

無理せず少しづつでも構いませんので、興味のある方は一緒に審判員やってみませんか。

それでは今日も一日頑張っていきましょう!プレイボール!!








 
毎度ありがとうございます!

今週の土曜日19日は臨時休業とさせていただきます
ご不便をおかけしますが宜しくお願いいたします。

毎年出場している「新潟県北交歓中学軟式野球大会」に出場するためでして、
新潟県内はもとより、静岡、宮城、福島、秋田、山形、群馬から40チームが出場する
大規模な2DAYトーナメントの大会です。

勝っても負けても朝5時半出発の2日間で4試合をこなすハードスケジュールではありますけど、
息子にとっても最後の新潟県北交歓大会ですし、自分も保護者会長としての職責もあるので、
思い切ってお休みすることにしました。

荒川、聖篭、村上、胎内、山北、朝日、次第浜の新潟県北地区の各野球場のほかに加治川中、
紫雲寺中、本丸中のグラウンドを含めた10会場同時進行の広域トーナメントでもあります。

四中の初日の会場は村上球場。
1時間半くらいはかかりますかね。
宿泊はせず連日日帰りで頑張ります。

そんななか、先週の日曜日に審判部の気の合う仲間たちと遅ればせながらの
「新年会」という名の食事会を開催しました。

もう5月ですけどね(笑
土曜日開催の審判部の忘年会に出席できなかった自分に気を使って頂いて、
「新年会やりましょう!」が、のびのびの伸びで今頃の開催となってしまったのでした。

新人なのにメンバー最年長という・・・ww
もの凄く気楽で楽しいメンバーでの新年会でした。

もちろん、お酒が入ればそこは審判部の面々ですから、ルールやらジャッジの話題になるわけで、
普段の講習会ではなかなか聞けないような細かな動きやレアケースなルールの部分まで、
ゆっくりと何回も聞きながら納得するまで聞くことができました。

やっぱり審判は難しいです。
でもやりがいはあります。

人間が判断することですから、間違いもそこにはあるでしょう。
でも、審判員誰一人として「ちょっとくらい間違っても仕方ないだろ。」なんて思って
フィールドに立っている者はいません。

一生懸命にプレーするプレーヤーと一緒になって、一生懸命にジャッジしています。
一般の人のほとんどが知らないルールや、いつ起きるとも限らない突発的なプレーに備えて、
日々勉強しているといっても過言ではないでしょう。

大人になり、子を持つ親になり、子どもが野球を始めたことをきっかけに、
スポ少で審判をやらなければならない場面もあろうかと思います。

アウト・セーフのコールはできても、説得力のあるアクションや声や所作は
なかなかできないというのがお父さん方の本音でしょうか。
「所詮、子どもの練習試合だし・・・」と甘えれる雰囲気もあるでしょうしね。

自分は、息子がスポ少を始めた4年生の頃に、内陸地区のチームと対戦した際に、
お父さん方がジャージからわざわざ審判ウェアに着替えて、正しくしっかりと審判をする姿に
ものすごく影響を受けて、それから自分も真似するようになったのがきっかけです。

もちろん、その頃は連盟の審判員ではありませんから、
正式な審判ウェアなんて持っていませんでした。

ネットで買ったそれらしく見える680円のグレーのポロシャツに、
近所のワークマンで買ったなんとなくそれっぽく見える980円のスラックスで、
格好だけでも審判らしくやろうと内陸地区のお父さん方を見習って、
一人だけ完全に浮いていました(笑

「なんちゃって審判じゃん!」と他の保護者にからかわれたことも一度や二度ではありません。
笑われても、それでもいいと思っていました。

でもね、不思議なもので、そういうふうに何となくでもそれらしい格好でジャッジすると、
アウトセーフにも説得力も出てくるから不思議なものです。

そして、中には同じような格好をしてやりたいというお父さんも出てきたりします。
試合終了後に相手チームの方々から「保護者審判なのに、みなさんちゃんとしてますねー。」
なんてお世辞を言われたりすると、みんなでますますその気になったりして(笑

すでに何年も前から内陸のほうでは、スポ少でのお父さん審判のための安価なウェアを
連盟統一で販売(支給?推奨?)しているそうです。

「短パンやジーパンやチノパンで保護者審判をしているのは、鶴岡くらいなものですよ。
 いっそのこと保護者の方々に審判講習会が終了したら審判シャツくらい支給したらいい。」と
直接訴えたことがあります。

今までやっていなかったことをやろうと提案しても、結局のところ「やれ予算が・・・」とか
「それにはそれなりの準備が・・・」とかで実現することはありません。

一生懸命にプレーする子どもたちのために、保護者審判の質の向上ももちろんのこと、
この先人手不足になるであろう審判員の人材発掘と人材確保の機会を増やすべく、
もっと身近で、もっと親しみやすい審判であることを模索するべきではないでしょうか。

カタチが先でいいんですよ。

もしも審判講習会が終わって、終了証の代わりにポロシャツを支給され、
「保護者のみなさん、試合ではこのポロシャツを着て審判をお願いします!」と指導されれば、
10人に1人、いや20人に1人くらいは本気でやる人が出てくると思いませんか?

そういう人は将来、連盟審判員になってくれる可能性が高いんじゃないかと思うんですけどね。

50歳の審判ルーキーの自分なんかが生意気なことを言いましたけど、
自分もカタチから入った一人ですし、結果的になんちゃってじゃ物足りなくなった一人です。

そんな自分の話を、新年会ではみんな耳を傾けて真剣に聞いてくれました。
そんな話しで夜が更けていく、そんな仲間がいてくれることに感謝です。

今日は暑くなりそうですね。
気合い入れて頑張りましょう!!



毎度ありがとうございます!

ボトボトと雪の降る音が聞こえてきそうな今朝の鶴岡です。

カミさんは昨日から看護学校時代の仲良しグループで温泉に泊まりに行ってますんで、
部活のない息子とゆっくりと起きて、コーヒーを飲む至福の朝です。

昨日は野球連盟審判部の新年会があったんですけど、もちろん自分は不参加です。
すし屋での一次会のあと、5名ほどが二次会でやんちゃに寄ってくれました。

審判員の人材不足は、本当に深刻な状況にあるといっていいでしょう。

昨年入ったばかりの自分の目から見て率直な感想を述べると、せっかく新しい人材が入ってきても、
春先に一日だけ全体的な講習会が行なわれるのみで、いきなりモーニングの球審を割り当てられたり、
公式戦で会った事も話したこともない方々とクルーを組んでデビューしたりと、ぶっつけ本番が
当たり前の現状には疑問を感じざるえませんでした。

もちろん子供のころから野球をやってきましたんで、少しはルールも知っていたつもりでしたよ。
それでも、実際に球場で公式戦に立つには、全然わからないことだらけですし、ルール以外にも
基本姿勢やコールやアウト・セーフ以外の所作だったり、なにより一番難しいところは
フォーメーションが頭に入ってないと全員が連動して動けないということなんですよね。

新人審判員一人のために、そういうことを手取り足取り教えてくれたり、同じクルーとして
フィールドに立って安心感を持たせて、一緒に実践しながら試合感を覚えてもらったりという、
【教育】【育成】の仕組みが全くないことに正直驚かされました。

幸いにも、自分は息子の部活で審判をやる機会も多いうえに、コーチも審判部の大先輩ですし
後輩たちにも経験豊富なベテラン審判がたくさんいますので、何か分からない事があったら
気軽に聞ける環境にはあったのかもしれません。

それでも不安だらけの一年でした。
やらなければよかった、とさえ思って起きた朝もありました。

ルールのことはさておきながら、フォーメーションに関しては「審判メカニクスハンドブック」に
二人制・三人制・四人制のメカニクスが細かく記載されているんですけど、まずね、
その本が非売品だそうで、新人にはくれません。

「失敗してもいいから、周りを見ながらやってみて。」なんて、なんの気休めにもならない言葉で
いきなり公式戦に立たされる不安感と申し訳なさ感と孤独感といったらハンパないわけですよ。

心臓に毛が生えていて、どうにでもなれって開き直れる人はいいんでしょうけど、
自分のように準備万端で挑んで細かなことが気になる性格の人間は、いきなり崖から落とされる
ライオン方式では精神的にも肉体的にもギブアップしてしまうだけです。

もちろん、目の前には必死でプレーする選手達がいるわけですから、100%とはいかなくても
練習試合などを通じて、ある程度の研修や実践を経て自信をつけさせてから公式戦にデビュー
させるべきだと思うんですね。

本来は無償配布の「メカニクスハンドブック」を、自分はヤフオクで2500円で買いました。
他にも「野球審判員マニュアル」も買って、お店が終わってから夜中まで勉強していました。

某大会の塁審を務めることになった際には「明日は人がいないんで三人制です。」なんて言われて、
ほぼ徹夜でフォーメーションを頭に叩きこんで球場入りした経験もあります。

会社でも、新入社員にいきなり営業に行って来い!なんて無茶な会社はないでしょう。
本気で育成し将来の戦力として育てていくならば、先輩と同行させて実際に見せてあげたり、
事前に新人だけの勉強会や講習会を開いて基礎知識をしっかりと覚えさせてから、
現場や営業に送り出すものでしょう。

新人が気兼ねなく質問できたり、不足している用具や資料を準備してもらえるような
教育係やそういうセクションがあってもいいのかもしれませんよね。

「一年目の新人が何を偉そうに言ってるんだ、みんなそうやって一丁前になってきたんだ。」と
叱られるかもしれません。

でも、だからこそ慢性的な人材不足になったのかもしれないですよね。
「野球も好きだし審判にも興味はあるけど、やりたくない。」という声の裏側にはなにがあるのか。

ルールやジャッジが無知なことに対しての不安なのか、
せっかくの休日を審判だけで奪われるかもしれないという不安なのか、
最初に道具を揃えるのに結構な経費がかかるのではという不安なのか、

どんな不安や懸念があるのかをしっかりと把握して、組織全体として新人育成に取り組まないと
これからも審判をやろうという若者は増えてはいかない気がします。

自分のように50にもなってから審判をやるなんて人をアテにしてはいけません。
もっと若い世代や若い人たちの意見を取り入れながらも、ベテランの方々の培ってきた経験や
高い技術レベルを継承していけるような組織であっていかなくてはならない気がします。

具体的には、一年間は中学校やスポ少の練習試合で経験を積ませ、同一クルーとして共に
グラウンドに立ち、その経験を見守り支えながら「来年は公式戦でデビューですからね!」
と目標設定し、新人審判員の抱えている不安を少しでも取り除き、これから審判員として
活躍するべく自信を持たせて送り出す【育成部】や教官的な人材が必要ということです。

昨日は新年会に行けなくて正解だったかもしれませんね(笑
「生意気なこと言うな!」って一発退場になっていたかもしれませんから。

そんなことを思う休日の朝でした。
これから大嫌いな雪かきを頑張ります。

素敵な日曜日をお過ごしください。

毎度ありがとうございます!

中総体敗退後、チームはそのまま来週までテスト前活動停止期間に入ったため、
新チームの体制も決まらず、新チームの活動も始まらず、なんだかいつまでも
負けてしまったままの脱力感が抜け切らない週末の朝です。

たまには部活のない週末ものんびり出来ていいじゃない、なんて思ってたんですけど、
今日は鶴岡ドリームスタジアムで行なわれる還暦野球大会の市長杯の球審を依頼されてました。

とうとうドリームスタジアムで球審デビューするのかと思いきや・・・
11:00試合開始と聞いていたのが12:00試合開始だということが判明して、
土曜日の仕込みや開店準備から逆算すると、ちょっと時間的に厳しいかもということで、
急遽、後輩のトモヒコに球審を替わってもらうことになりました。

ただ、準備はしていましたんで、控え審判としてお手伝いしに球場に行こうと思っています。

野球は生涯スポーツといわれますけど、実際に60歳以上の還暦野球というものを
観たことがなかったので、実はなんだかんだ言いながらも楽しみにしていたんですよね。

息子と一緒に、まだまだ負けて悔しい野球に付き添って行かなければなりませんけど、
生涯スポーツとして還暦を過ぎてなお野球を楽しめるという素晴らしさを、
しっかりとこの目で観て、何かを感じて来たいと思っています。

昨夜はOBの大先輩に「なんで今頃から審判なんてやるんだ?遅いんじゃねーのか。」と
真顔で聞かれましたけど、還暦野球同様に審判をやるのも遅いなんてことはありません。
要は本人のヤル気と取り組み方だけだと思うんですよね。

もともと自分はプレーヤーよりも裏方が好きでしたから、審判にも興味がありましたし。

部活の練習試合とは違う雰囲気と緊張感から、今はまだ楽しんでジャッジする余裕なんて
全くありませんけど、そういうところも含めてこの歳だからこそ楽しめる部分を探求しながら、
ゆっくりとのんびりと携わっていけたらいいかな、と思っています。

ただね、やってみて改めてわかったことがひとつ・・・
それはグラウンドでの審判は本当に孤独です。

一球づつ変わる状況に、これから起こるであろうプレーに合わせて何パターンも動きを予測し、
ルールに照らし合わせたジャッジにも目を凝らし、気軽に他の審判員と会話を交わす事もなく、
ひたすらスムーズな試合進行を心がけ、炎天下の中でも立ちっぱなしで静止体の美しさや、
アクションの大きさと正確さも求めていくという・・・

正直プレーヤーよりも、試合中ずーっと頭の中が動いている感覚ですかね。
体よりも頭のほうが疲れてることに気づかされますもんね。
だからこそやりがいがあるのかもしれません。

来週の29日木曜日には、高校野球の組み合わせも決まりますし、きらやか銀行が出場する
都市対抗野球は7月15日に決まったようですし、もちろん息子の部活の新チームも始動して
また野球野球の夏が始まります。

今年は今までとはまた違う角度から野球を観ることになりそうです。

それではみなさま、素敵な週末をお過ごしください。
ではでは行ってきます!!






カウンター
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[06/12 店主]
[06/11 通りすがりの散髪屋。]
[06/04 店主]
[06/04 20番が涙腺スイッチ]
[05/29 店主]
[05/28 タイヤ屋]
[05/21 店主]
[05/21 20番が涙腺スイッチ]
[05/18 店主]
[05/18 萬年幹事の松]
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /