やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 34
578 91011
1314
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3  
毎度ありがとうございます!

日々の思っていること、感じたことを、好き勝手に書きなぐっているつたないブログですけど、
こんなブログでも、鶴岡の様子や共通の知人の様子を垣間見れるということで、
楽しみにしてくれる方々の声もたくさん頂戴しているんですね。

あえて、少し前の話しではありますけど、大晦日に亡くなった同級生の話しです。

小中学校と同級生だったマサシ、いや「マナミ」が亡くなったと一報が入ったのは大晦日のことでした。
中学校ではクラスメートにもなりましたし、自分たちの代では野球部のキャプテンだった男です。

鶴岡四中野球部時代は、自分がレフトで、マナミはセンター。
足の速いマナミには、随分と守備では助けてもらいました。
スポーツ万能で頭も良く、いつも笑っていた「マナミ」が亡くなったなんて、本当に信じられません。

212884e3.jpeg恒例の正月ゴルフのため仙台から戻った日の、
1月4日のお通夜に参列させていただきました。

45歳という若さでの旅立ちはあまりにも早く、
喪主を務めた奥様の涙でかすむご挨拶の言葉に、
思わず涙がこぼれそうになりました。

マナミとの再会は、2年ほど前に会社の人たちと偶然に「やんちゃ」に来てくれたのが最初でした。

「ノリがやってんの、知らねっけ~。今度、家族みんなで来てもいい?」
「もちろん。是非、みんなで来てくれのぉ。」

なんて会話しながら、ボトルを入れたその後も2~3回は顔を出してくれていたんですよね。

子供の頃と少しも変わらずニコニコ笑うその表情に、こっちまでもがつられて微笑んでしまうくらい
温厚で優しかったあのマナミが亡くなったということは、あまりに受け止めにくい現実でもあったんです。

お母さんにお伺いしたところ「大腸ガン」だったとのことで、若さゆえに進行も早く転移を止めれず
「抗がん剤治療にも頑張ったんだけど、ガンには勝てなかった。」と悔やんでおられました。

お通夜の会場前に流れる生前の写真のスライドショーを拝見させてもらいながら、
飲みに来たときのマナミや、同じユニホームを着て戦った頃のマナミを思い出していたんです。

活発だったヤツだけに、本当に今でも信じられません。

この歳になってくると、今度はいつ自分の番になっても、不思議ではない年齢なのかもしれません。
自分も昨年、おふくろの最期を看取ったせいか、「死」というものに対する考え方が
より身近に感じるようになった気がします。

そのうちに、今度は自分にお迎えが来るのかも知れない。
だけど、そのことに怯えて過ごすのはやめようと思うんです。

いつか自分にも訪れる「死」があるんだとしても、そのギリギリまで楽しく笑って過ごしたいものです。
むかし聞いた誰の言葉か知りませんけど、心に残る言葉があります。

「あなたが生まれたときには、
  あなた一人が泣いていても、
   回りの人たちはみんな笑っていたでしょう。

 ならば、あなたが死ぬときには、
  回りの人たちみんなが泣いていても、
   あなた一人は笑って死ねるような人生を送りなさい。」

今日を精一杯生きるということ・・・
その答えは簡単ではないのかも知れないけれど、楽しく笑える人生であるべく今を生きております。

今日は、重たい内容になってしまいました。スイマセン。

マナミのご冥福を心よりお祈りいたします。合掌


 
毎度ありがとうございます!

昨日は、東京に住む同級生イタルが訪ねてきてくれました。
小学校から中学1年まで一緒だったんですけど、お互いに野球部だったこともあって
4中vs1中・鶴商vs羽黒と対戦相手となってからは、親しく話す機会が無くなってたんです。

最近、ブログを通じてちょいちょいメールをくれるようになり、正月休みの帰省を利用して
「やんちゃ」に顔を出してくれたのでした。

子供の頃の同級生と再会するときは、正直、少しだけ構えてしまう自分がいます。
相手も大人になっているし、こちらも大人になっているわけです。
子供の頃と同じように、ガキくさい話しばっかりで、遠慮なくグイグイくる距離感のないヤツもいるし、
子供の頃の印象から随分丸くなって、それなりの歳のとり方をしていて嫌味のないヤツもいます。

正直、イタルは個性が強いヤツでしたんで、どんな大人になっているか会うまで不安だったんです。

でも、仕事の話しや親の話し、今までの歩みを聞いてみると、凄く苦労しているのが分かって、
自分自身もいろんな事をしてその時を必死に生きてきましたから、
お互い30年という空白の時間があっても、共感できる部分もたくさんあったんですよね。

イタルのブログからは、中々見えてこないアイツの生き様を肌で感じました。

自分はテレビで見るような世界には、実際に口で言うほど興味はありません。
芸能人と仕事をしたり、有名人が身近にいる環境を、そんなに羨ましいとは思わないんですよね。
要は、「中身」だと思うんですよ。

「どんな仕事をしているか。」じゃなく
「どんな生き方をしているか。」です。

t02200392_0359064012298670443.jpgおふくろさんの面倒や仕事の環境の変化や、なかなか思うようにいかない現実でも、
「まずは一生懸命頑張っさげの。」というイタルの庄内弁に、心救われた気がします。

んっ、そうか!
なんか、30年という時間をあまり感じさせずにスッと身の上話しを聞けたのも、
アイツがメールも会話も全部「庄内弁」で話すからなんだな、きっと。

普段は標準語での生活なんだろうけど、帰省時や電話はバリバリ庄内弁という潔さが
心の中にある「我、庄内男児なり。」という想いを感じてしまうからなのかもしれません。

もう一人、イタルと似た同じような性格の友人「タダシ」がいるけど、
そう言われれば、どちらも「國士舘大學」だったっけ。
東京に行っても、庄内人魂までは売らねーぞ!みたいな熱いヤツが行く大學なのかもしれませんね。

田舎に帰ってきてもカッコつけて標準語で話して、芸能人の名前なんか出そうもんなら、
ただのチャラけた嫌味なオッサンにしか映らなかった気がします。

自分にとってはとても懐かしく、大人になったイタルを感じた、いい再会でした。
イタルには、どう映ったのか・・・それは聞かずにそっとしておこう(笑

今度は東京で会えるかもな。
そん時は、たっぷりご馳走しろよ!(笑

こんなオレでも、遠い鶴岡から応援してっさげの!

「東京でも、元気で頑張れの~!まだ来いよ~!」



毎度ありがとうございます!

昨日は、中学時代の1コ下の後輩達が顔を出してくれました。
ナンバ・ツトム・ヒロシ・シンの4人組で、そのうち3人が野球部だったんですよね。

もう30年近く前の先輩を訪ねてきてくれるとは、本当にありがたいことです。

e75aaca5.jpegしかし、後輩というのは本当にいろんな事を覚えているもんですね~。
いろいろと、やった方よりやられた方が覚えているというのは、
いつの時代も共通の話しです(笑

後輩達の話を聞きながら、中学時代の自分はそんなにヒドイ先輩では
なかったようで、ひと安心しました。。v( ̄ー ̄; アブネー

いくつになっても、こうやって肩を組んで飲める仲間というのは大切にしないといけません。

自分と同期の野球部連中も結構地元にいますし、2コ下もスガイのネットワークでなんとかなるんで、
一度、梅木先生を交えて「鶴岡四中野球部OB会」をやろうという話で盛り上がりました。

自分にとって、鶴商に入ってからの3年間のインパクトがあまりにも強すぎて、
好き勝手にやっていた中学時代の記憶が曖昧で、あまり覚えていない事のほうが多いんですよ。

でも、自分のカミさんとも同級生なもんで、今朝になってアルバムを引っ張り出してきて再確認。
当時の彼らの顔を見て、「おー、いたいた!分かった!」と改めて思い出してます(笑

当時は、野球よりも面白いことがありすぎて、ちゃんと野球をやった記憶がないんですよね。
で、そのまま県立校にすべって、マスクしたまま鶴商の練習に参加したくらいバカでしたから、
中学時代にもう少しまともに野球をやっていたら、違う人生になっていたのかもしれません。

・・・いや、なってないな、やっぱり(笑
行くべくして鶴商だな、あの頭じゃ、どう考えても・・・(T_T)

そういう学生時代の繋がりを大切にしながら、生まれ育った鶴岡で暮らすことに、
平凡な生活の中にある幸福感を感じてしまうわけです。

現に、こうやって40代半ばになろうかという後輩達が、訪ねてきてくれるわけですから。

今は息子の小学校の先生をしているナンバとは、先日の運動会の打ち上げの席で、
一升瓶を囲んで肩を組んで酒を酌み交わした仲でしたから、
「やんちゃに行きたいと思ってましたけど、なかなか一人で行く勇気がなくて・・・。」
なんて言われたときは、ガクッとズッコケました。。(≧σ≦)キガルニ,コイヨ!

10月にまた市民大運動会で綱引きがあるそうなんで、腰が心配ですけど、
都合がつけば参加しようと思います。
結局は打ち上げが楽しみなだけなんですけどね。
また旨い日本酒を片手に、乱入しようと思います。

暑い日が続きますが、熱中症にはお気をつけて、今日もお一日頑張りましょう!

毎度ありがとうございます!

昭和57年、鶴岡第四中学校の卒業記念にアルバムと一緒に一枚のレコードが配られました。
「第2回音楽祭」の時の3年生各組の合唱を録音したものです。
卒業以来、全然聞いてなかったんですけど、娘の合唱祭練習の話を聞いてるうちに聞きたくなりまして。

オーディオもステレオからコンポに変わって、今じゃレコードを聞ける家庭は少ないと思うんですよ。
実際、我が家でもレコードを聞ける環境がなくて、聞きたくても聞けずにいたんですよね。
でも、あの頃の自分達の歌声を聞きたい!
25b0229d.jpeg
というわけで、同級生で電気屋に勤めてるゴンビにお願いして、
レコードからMDにダビングしてもらいました。
こうなれば、車でも家でもいつでも聞けるわけです。

いやぁ~、改めて中学時代の歌声を聞くと、
恥ずかしさの中に感動を覚えますねぇ。。。

当時はただがむしゃらに歌っていたのが、全体のバランスや強弱、ピアノの上手さや速さまで
この歳になって改めて気付く事が、たくさんあるんですよ。
何よりも歌詞が理解できるようになってるから、心への響き方が当時とは全く違うんですよね。

以前、車の中で大音量でこのMDかけてたら、同級生にドン引きされましたけど。

「お前、車で何聞いてんのよ!ぎゃははは」
「バカヤロー。車の中が一番ボリューム上げて聞けるから、細かいトコまで分かっていいんだって。」
「お前、審査員かよ。ぎゃははは」
「うるせーよ。フン!」

あーやだやだ。心がすさんでいるヤツには、透き通る歌声が響かないんですよね(笑
何と言われようとも、この貴重で素晴らしい卒業記念品に感謝しております。

212884e3.jpeg1組「紀ノ川」
2組「摩周湖は碧く」
3組「空駆ける天馬」
4組「祖国の土」
5組「グローリア」
6組「河口」
7組「灯を高く掲げて」

ちなみに、最優秀歌唱賞は、我が4組「祖国の土」でした。
もう一回、あのクラスメイトたちと歌ってみたいです、もう一回。

鶴四中同級生の諸君。
実はこのMDを欲しいという者は、恥ずかしがらずに申し出たまえ。
我が家のダブルデッキで、コピーしてしんぜよう。
おーっほほほほ。
毎度ありがとうございます!

自分は野球部だったんで、高校時代の先輩後輩との交友関係って結構付き合い方が深いんですけど、
中学時代の後輩でスガイっていうヤツがいて、よく「やんちゃ」に顔を出してくれます。

1077146d86163e0e.jpg家が歩いて20秒くらいなんで気軽に来れるんでしょうけど、
中学時代の先輩とって、あんまり絡まりたくないもんじゃないですか。

しかも、アイツは2コ下なんで3年1年の関係なんですよ。
自分も決して優しい温和な先輩じゃなかったと思うんで、
ますます大人になってから付き合うには微妙な感じだと思うんですよね。

高校時代の先輩後輩は死ぬまで絶対的関係が続きますけど、中学時代ってそんな厳しくないでしょ。
一応、ゆるーい敬語くらいは使っても、大人になってからは結構面倒くさいもんです。

スガイにも「金の無いヤツは来るんじゃない!」とか「お前だけは入店お断り。」とか
自分も冗談でよく言いますけど、「いいじゃないですかぁ、へへへ。」って懲りずにやってきます。
そういうところが可愛いトコでもあるんですけどね。

普段の仕事はあんまりよく知らないんですけど、高校でも野球を続けてたみたいで、
今は高校野球の審判なんかをエラソーにやってます(笑。

スガイを見てて思うんですけど、年上の人と接することが苦にならない人っていますよね。
性格的なものなのか、野球部で鍛えられたものなのか、仕事上で身に付けたものなのか
分からないですけど、それができるかできないかで人間関係が大きく変わってくると思うんですよ。
アイツの場合は、いろんな人から可愛がってもらってることが証明してるように得な性格ですよね。
たまに、話しを必要以上に膨らますトコと、何でもテキトーに話す悪い癖がありますけど。

先日「出羽桜」を、入荷したその日に「この出羽桜、旨いっすね~」って1本空にしておいて、
次の日「いや~昨日は飲みすぎましたよ。じゃ今日は飲んだコトない、その出羽桜をひとつ。」
ってマジで注文したくらいテキトーです。

ちなみに、そのときスガイと一緒に「出羽桜」を開けたナンバくんも次の日にまた来てくれて、
「いや~、この店気に入ったッスねー。特に日本酒を枡(マス)で出すトコが最高ッス!」って・・・。
「やんちゃ」では、日本酒を枡ではお出しておりません・・・(苦。
あのさ、お前ら、どんだけ酔っ払ってんの ハァ?(* ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄)ハハハ

さーて、今日もどんなお客様との出会いが待っていることやら。
今日も気合を入れて頑張ります。
Ξ(*゚▽゚)ノ イラッシャイマセー!!
毎度ありがとうございます!

卒業シーズン真っ盛りですけど、ふと自分が中学のときの痛いエピソードを思い出しました。

中学3年の3月頃、夜中にこっそりと家を抜け出してバイクで走るのが楽しい時期がありまして。
当然、無免許だったんですけど、暴走族とかそういうのじゃなくて、同級生のシンジと二人で
友達の家をグルグル廻ったりして遊んでたんです。

で、ある夜、いつものように二階の自分の部屋から抜け出して、隣の家の塀に足をかけようとした時、
ズルッっと足が滑って、まっすぐそのまま落下してしまったんです。
ちょうど隣の家の塀が、自分の身長くらいのコンクリート塀だったんで、
アゴから頬までガガガッ!と削るようなぶつけ方だったんですよね。

eyes0528.jpg激痛なんてもんじゃなかった。

それでもシンジと待ち合わせしてるし、顔面ズキズキしながらも
バイクを引っ張り出して何とかシンジの家に向かったんです。
「オーイ!カットバンくれよ。」
「うわっ、ムリムリ。ここにはないからナオトんち行こ」って即答。
仕方ないから、そのまま同級生ナオトの家まで向かったんですよ。

一階にあるナオトの部屋の窓をコンコンと叩いて、「オーイ、カットバンくれよ。」って言ったら
ふり返ったナオトが「うわあああ~!なっなんだよ、その顔!」ってベットから飛び跳ねたんです。
で、窓ガラスに映った自分の顔を見てみたら、顔面血だらけでボトボト血が垂れてるんですよ。

真夜中に、リアルに顔面血だらけの男が窓の外に立ってるんですからシャレになってないですよね。
「カットバンの傷じゃねえって、それ。早く医者に行けよ。」
「何だよ!冷てーな、オイ!カットバンくれって。」
「だから、無理だって。その傷じゃ。なぁ、シンジ。」
「うん。オレも最初からムリって知ってた。」

その後、その時の傷が化膿してしまって、薬を塗ったガーゼを当てて治療してたんですけど、
そのために、その頃は風邪でもないのにマスクをする羽目になりまして・・・。
高校入試から卒業式、そして高校の入学式までマスク着用・・・。

当時の、ちょっとワルいヤツらはみんなマスクしてた時代なんですよね。
「なめねこ」とかいって、猫までマスクしてた時代ですから。

まぁ当然ですけど、その後、高校入っていきなり先輩にシメられました。

「・・・。」
じゃ、聞くけど、どうすりゃよかったのよ。ケッ。

カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 7 8 9 10 11
13 14
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 店主]
[11/21 とおりすがり]
[11/18 店主]
[11/17 しんさん]
[11/16 店主]
[11/16 店主]
[11/16 しんさん]
[11/16 仙台屋の自販機]
[11/15 店主]
[11/15 店主]
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /