やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2019/06 >>
SMTWTFS
1
25 678
9101112 131415
16171819 202122
23242526 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7  
毎度ありがとうございます!

昨日は久しぶりにスポ少の聖地、赤川河川敷グラウンドで球審を務めてきました。
トーナメント二回戦ということもあって、連盟審判は球審のみで塁審は別ブロックで
勝ち上がってきたチームのお父さん方が入ります。

自分が担当する試合の開始5分前になっても、該当チームのお父さん2人が来ないんですよ。

運営担当理事に確認をしていたら、駐車場からのんびり歩いて来るじゃないですか。
両チームベンチ前に並び始めるタイミングでは遅すぎます。

しかも、スキニージーンズにピタピタのTシャツに帽子も被らずにですか。
それは私服のいでたちであって、グラウンドに立つ格好だとは思えないんですけどね。
せめて、ジャージに帽子くらいは着用してもらいたいものです。
やっぱり、鶴岡のスポ少の保護者審判の意識は、まだまだ低いんだなと痛感させられました。

まるで罰ゲームみたいな感覚なんですかね。
出来ればやりたくないというのが、グラウンドに来る時間や格好から伝わってきます。

二回戦とはいえ全国大会まで繋がる学童大会、いわゆる公式戦じゃないですか。
子供たちの一生懸命に頑張る姿に、携わる大人たちもきちんと望んでもらいたいというのは、
お父さん方に高望みしすぎなんでしょうかねぇ。。。

もちろん、審判講習会などに積極的に参加されて、意識の高いチームや保護者の方もたくさんいます。

連盟審判員も、スポ少だからと意識を下げるのではなく、他のステージの大会同様に
緊張感をもってジャッジしていかなくてはなりません。
それは言うまでもなく当たり前のことでしょう。

自分が担当した二回戦屈指の好カードは、点数以上に引き締まるナイスゲームでした。
スポ少は投手力が8割と思っていましたけど、バットを力強く振れる魅力というか、
打ち勝つ野球もスポ少の戦い方のひとつだなと実感させられました。

来週も、学童大会を担当することになりました。
次からは連盟審判員が4人つきますから、今度は塁審で入ります。

昨日同様に快晴の青空の下で、のびのびと元気良く走り回る子供たちの姿を楽しみに、
今週もまた一週間を頑張りたいと思います。










毎度ありがとうございます!

暖かくなってきて丸首のシャツを着る機会も増えてきました。
以前もブログで書いたんですけど、自分は体質的に首や腋の下に小さなイボが出来やすいようで、
またプチプチしたイボが20個ほど出てきていたんですね。

そのうちの3個は米粒大の大きさまで成長してしまっていて、かなり気になるレベルだったんです。
前回は2011年だったから、もう8年ぶりになりましたか。
いつもの皮膚科で人生3回目のイボの除去に行ってきました。

「電気焼灼療法」といってハンダゴテみたいなレーザーメスで焼き切りますんで
小さなイボはピンセットで引っ張ってプチッっと一瞬で焼き切ります。
ただ、大きいイボは皮膚との接地面が大きいので焼き切るまでに「ジジッジジッ」っと
皮膚が焼ける匂いがして、熱いというか痛いというか結構気合いが必要です。

大きいイボ3個は右と左の腋の下のほかに、あごのちょっと上のところにも1個あって、
それは顔の正面でしたから洗顔や鏡を見るたびに気になるイボだったんですよね。

8年前にはすでにあごには出来てましたから、かれこれ15年くらいは
ずっと付き合ってきた顔のコンプレックスというか、負の相棒ということになります。

ただ、前回の除去の際に先生に「この、あごのでかいヤツも取れますか?」って聞いたら、
「ここかぁ・・・、うーん、ここはまた今度にしようか。」なんて意味深な反応だったんで、
大手術もしくは顔に痕の残る覚悟がいるんだろうなと勝手に想像していたんですよ。

それでも今回は絶対に取ってもらおうと心に決めて行きましたんで、
「先生!あごの大きいのもお願いします!」
と気合い入れてお願いしてみたんです。

そしたら「そうだね。今日は、これもやっちゃおう。じゃ麻酔の準備して。」
「エッ!ま、麻酔?」
「うん。麻酔しない?」
「麻酔って顔に麻酔するんですか?」
「そうだね、注射でね。」
「・・・顔に注射、ですか。」
「僕はどっちでもいいけど。」
「じ、じゃあ、麻酔なしでいいです。気合い入れますから!」
「あ、そう。じゃ他のところから先に取っちゃうね。」

なんて会話しながら、首や腋の下を麻酔なしで焼き切っていったんですよね。
右と左の腋の下の大き目のイボを焼き切る時の痛さがハンパなくて、
思わず「か~っ、痛いっ!」と声が出るほどだったんですよね。

腋の下でさえもこんなに痛いんだから、顔の正面でこの痛さに耐える自信が
あるわけないじゃないですか。

「先生、顔のイボは麻酔でいきましょうか。」
「だよね。たぶん麻酔無しは痛いと思うから。」
「すいません。麻酔なしって言ったの、撤回します!」
「正解だよ。麻酔の針のチクッていう方が痛くないと思うし。」
「それでお願いします!」

こんなに小さい注射器があるの?ってくらい小さくて細い針でイボの中心に打つ際に、
ほんの少しチクっとするだけで、なにこれ?全然平気じゃん!

すぐさまレーザーメスでジジジジっとやっても全然痛くも熱くもないんですよ。
気合いが空回りして本当に麻酔なしで向かっていたかと思うと、ゾッとしますよね。

15年も付き合ってきたイボともあっさりと決別して、スッキリさっぱりしました。

いつも思うんですけど、ちょっとの勇気と気合いがあれば、イボの除去はすぐ出来ます。
そして、取ってもまた出てくるのは体質なんだそうです。
大きくなればなるほど、取るときに痛くなりますし、小さいうちは比較的に簡単にいけます。

同じように首の周りの小さなイボにお悩みの方がいらしたら、是非参考にしてください。
これから薄着になる季節、首もとの露出も多くなるでしょう。
思い立ったら覚悟を決めて、是非皮膚科に行ってみてください。
気になるイボがなくなると、生まれ変わったような気になりますよ。

では、今日は土曜日。
天気のいい一日になりそうです。

頑張っていきましょう!!




毎度ありがとうございます!

あたかかくなってきて煮込みの注文率が低くなってきたので、
ゴールデンウィーク明けから煮込みを作っていません。

いつもは5月いっぱいとか、6月中旬頃までは販売しているんですけど、
少し気温とにらめっこしながら、日々作るかどうかを決めます。

煮込みがなくても「ミミのごぼう煮」があったりしますので、
汁物や温かいものがご希望のかたは是非ご注文くださいませ。

煮込みを作らないということは、朝から時間が取れるということでもあって、
連日のブログ更新となります。

今日は「一人旅」の話しでも。

あれは確か小学4年生か5年生だったと思います。
9歳離れた兄貴がすでに山形市で銀行員として働いていて、鶴岡駅から電車に乗って山形駅まで
一人旅したのが初めてでした。

その当時、山形まで電車で行くには陸羽西線のどこかで乗換えがあった気がします。
余目だったかな、新庄だったかも。

リュックサックひとつ背負って切符を握り締め、緊張しながらもワクワクしながら
電車の窓から流れる景色を眺めていた記憶も、しっかりと残っています。

「なにか分からないことがあったら、駅員さんや周りの大人に聞け。」
おふくろからの注意事項は、ただそれだけ。
今思えば、よく子供一人で送り出したと思いますよ。

山形駅に無事に着いて、迎えに来てくれた兄貴の顔を見て安心したというか、
ホッとしたというか、泣きたくなるくらいになんとも嬉しかったものです。

車は日産サニーで、カーコンポからはサザンオールスターズの「いとしのエリー」が流れていました。
小白川にあった銀行の独身寮に着くと、部屋の中は資生堂タクティクスのいい匂いがして
大人として社会人として生活していた兄貴の姿をカッコいいと憧れていましたもんね。

その日の夕方に、シネマ旭で「スーパーマン」を観ました。
おそらく初めて観た洋画でしたけど、子供ながらも純粋に面白かったですねー。
スクリーンに広がる壮大なスケール感と迫力の大音量、今でも鮮明に覚えています。

映画を観終わって洋食屋で牛タンシチューなるものを食べたのも、この時が初めてでした。
カレーでもハヤシライスでもない、中に肉の塊がゴロゴロ入っている茶色い料理・・・
そしてこれがハンパなく美味しいじゃないですか!

6畳一間の部屋に帰ってきて、ベットの方に自分を寝かせてくれました。
ベットに寝るなんていうのも、実はこの時が初めてだったかも(笑

翌日には、兄貴の彼女らしいお姉さんと一緒に大沼デパートに行って買い物をした記憶があります。
名前も顔も覚えていないけれど、看護婦っていうのはなぜかしら覚えているという(笑

駅に送ってもらう直前に、寮に250ccのホンダのバイクが納車されて
「母ちゃんにはバイク買ったって言うなよ。」と口止めされたのも 覚えています。

サザン、タクティクス、映画、牛タンシチュー、ベット、バイク・・・
そのすべてがカッコよく大人をイメージするものでしたね。

蔵王にスキーに連れていってくれたのもそうですし、大人になってからは
兄貴がやっているからとゴルフも始めました。

野球を始めたのも、アイビーファッションにはまったのも、
今の自分を形成するにあたって、親以上に兄貴に影響を受けたことに
違いはありません。

おふくろが亡くなるずっと前に、あの時の山形一人旅のことを聞いてみたら、
兄貴が「山形まで一人で電車に乗せて来させろ。何でも経験だから。」と
言ったんだそうです。

ありがたいものですね。

なぜかふと、そんな事を思い出した金曜日の朝でした。

さて、週末に向けてラストスパートです。
それぞれの思い出を胸に今日も一日頑張っていきましょう!!


毎度ありがとうございます!

4連休も終わり、娘も昨日埼玉に戻っていきました。
友人と飲みに行くこともなく、もちろん遠征することもなく、終始家族サービスで過ごした連休でした。

ゴールデンウィーク中は、昨年までお世話になっていた4中の春季大会を観戦したり、
保護者の立場になって春季高校野球の応援をしたりと、夫婦で球場に通っていました。

ただこの時期は、スポ少の交流大会に中学春季大会と高校春季地区予選と、すべてのステージで
大会が行われるために、審判員がフル稼働する一年で最も忙しい時期でもあるんですね。

もちろん仕事や用事があれば優先されますけど、それでも一日に3試合出場という審判員もいます。

慢性的な人手不足と高齢化は、審判部にもあてはまる深刻な問題です。

もちろんこのブログで、一緒に審判員をやってみませんか?
是非、審判をやりましょう!
と呼びかけるのは簡単です。
それで希望者が出てくるかは別問題として。

ただ、もしも新しい人が手を挙げてくれたとしても、その加入から先の体制には
まだまだ改善が必要だと個人的には思っているんですね。

それは慣例から抜け出せないというか、古き体質から脱却できないというべきか。

もちろん、これから審判をやろうという方は中学か高校までかは別として野球の経験者でしょう。
だからといって、すぐに審判が出来るかといえば、アウト・セーフのコールが精一杯だと思います。

ルールの勉強も然ることながら、打球に応じてのフォーメーションやジャッジの基本姿勢と発声など
今まで分かっていたようなことが全然分かっていなかったことに気づかされます。

でもだからこそ、新しい学びや成長を実感することがやりがいとなって面白さが出てくるわけです。
そういう面白さややりがいを見つけてもらうためには、新しい人材の誰もが抱える「不安」というものを
できるだけ払拭してあげられるような、育成プログラムと体制が必要だというのが自分の考えです。

分かりやすく言えば、車の教習所のイメージですかね。

ちょこちょこっと講習をやって、いきなり公式戦デビューして
「はい、あとは実践でやってみてください。たくさん失敗していいですから。」
なんて言われても、本人からすれば不安で不安で仕方ないもんですよ。

そうではなくて、1年間限定でも「指導係」や「育成担当」など名称は何でもいいんですけど、
新人と一緒に帯同して指導してくれる教官役が必要だと思うんですね。

車の運転だって1段階からいきなり路上には出ないでしょう。
段階的に知識と経験値を上げていきながら、指導係のお墨付きという「自信」を持って
必死に頑張るプレーヤーの前に出て、公式戦デビューするべきだと思うんです。

そのために練習試合を数多くこなしながら、実践の中でレベルを上げていき2年目に公式戦デビュー
くらいのタイムスケジュールでいいと思うんですよ。

最近の新人審判員はすぐに辞めるという人は少なくなったようですけど、
昔は一年や二年で辞める人も珍しくなく、中間の年代が空洞化しているのもそのせいでしょう。

新人が一年経って、実際に審判員をやってみてどうだったのか、審判用具の購入の負担や、
週末の家族との時間の確保など、加入する前と実際にやってみての実感はどうだったのか。

そして残念ながら辞める方の理由や、なにが負担だったのか、なぜ継続してもらえなかったのか
という生の声を踏まえての改善策を考えていかないと、組織が活性化するはずもありません。

自分もまだまだですし、全然出来ていないことだらけです。
でも、やるからにはグラウンドに立つからには、一生懸命にやらせてもらっています。
好きでやっているんだろと言われればそれまでですけど、家族との時間を割いてでも、
しかも無報酬で、それでも使命感を持ってやっているわけです。

審判がいなくて試合が成立しますか。
野球はピッチャーが投げることで試合が始まると言いますが、それは違います。
審判が「プレイボール!」をかけて試合が始まるんです。
最終回も3アウト取って終わりじゃないんです。
審判の「ゲーム!(セット)」のコールで試合が終わります。

大変ではあるけれど、やりがいもあります。
「スポ少だけ・・・」とか、「月2回が限界」とか、それぞれの事情に合わせて配慮してもらえるはずです。

息子さんの頑張る姿を、スタンドでワーワー言いながらの観戦もいいでしょう。
でも凛としてグラウンドに立ち、ダイナミックにジャッジするお父さんの姿ほど、
子どもの目には焼き尽くものだと思うし、きっと自慢のお父さんだと思うんですよね。

無理せず少しづつでも構いませんので、興味のある方は一緒に審判員やってみませんか。

それでは今日も一日頑張っていきましょう!プレイボール!!








 
毎度ありがとうございます!

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしたか?
自分は5月3日から4連休をいただきました。

ちょうど娘も埼玉から帰省し、5月8日が誕生日ということもあって仙台のアウトレットモールで
買い物を楽しんだり、おばあちゃんも交えてみんなで晩ごはんを食べたりして、家族みんなで
のんびりまったり過ごした4連休でした。

息子はもちろん野球漬けのゴールデンウィークですけどね。

仙台に行く途中、名取市の閖上にある牛タン陣中の工場で「牛タン満腹弁当」を購入します。
開店が11時で10時40分には着いたんですけど、すでにお店の前に並んでいました。
天気が良く風も気持ちいいので、カミさんと二人で列に並ぶと前から5番目でしたから、
全然ラッキーなほうだと思います。

開店の11時にはすでに後ろには30人以上が並んでましたから(汗

おばあちゃんにも食べさせたくて全部で5個購入したんですけど、
食券を買ってからその場で牛タンを焼いてくれて30分くらいは
待ったかもしれません。

それでも、並ぶだけ待つだけの価値は十分にある弁当です。
ご飯が見えないくらいに牛タンが乗って、これで1000円ですもん。

鶴岡に戻ってきて晩ごはんで食べるつもりで保冷バッグも積んで行きましたから、準備は万端です。

アウトレットモールでは、お向かいのホンマくん親子と遭遇したり、お客さんのツチダくん夫婦と
遭遇したりして、みなさん行くところは一緒なんだなぁなんて思ったりして。

ここはペット同伴で入場できますんで、愛犬カールも一緒に連れて買い物を楽しみました。
ただ、あまりの人混みに足を踏まれないかが心配で、ぐるっと一周したところで自分とカールは
車に戻ってお昼寝タイム・・・zzz

娘のプレゼントを買いに行ったのに、娘にスニーカーとパーカーをプレゼントしてもらいました。
しかもなんと、カミさんとお揃いのGAPのパーカー(笑
この歳になってペアルックはさすがに無理ですけど、どこかでシャレで着てみたいと思います(笑

せっかく仙台まで行ったんで、天下一品のラーメンも食いたくなって帰りに長町で寄り道。
あの独特のドロドロのスープはクセになります。

そのままでも旨いんですけど、自分のオススメはにんにくを入れてラーメンスープをひと回しすると、
味に深みとバランスが増して旨さが倍増します。
普通盛りでもそんなに麺量は多くないんで、中途半端な時間でもおやつ感覚で食べれます。

久しぶりに仙台に行きましたけど、たまにはいいですね。
服や買い物にはあまり興味ないんですけど、旨いものを食うのは楽しみなものです。

ゴールデンウィーク最終日は、同窓会のハガキ作成してました。
事前にA4サイズで会議資料としてプリントしてましたから、それを基にハガキサイズに
レイアウトを調整して、全体のバランスを整えて完成です。

ここまで予定通りスケジュール通りに準備出来ているのは、実行委員のみなさんのおかげです。

ただね、そういう忙しいなか協力してくれている実行委員の方々を、
ブログでダメ出しするヤツが出てきたりして本当にビックリしてしまってます。

同窓会の企画準備、案内方法や出欠席の進捗状況には、それぞれ考え方もあるでしょう。
同窓会の準備に、何が正解で何が不正解というものもありません。

ただ間違いなく言えることは、一人では何も出来ないということ。

忙しい仕事や家庭の合間を縫って協力してくれている同級生たちに向かって、
あれが悪いだの、これが遅いだのとダメ出しする神経は自分は理解できません。

中学を卒業してから37年ですから、いろんなヤツが出てきます。
久しぶりに再会して、楽しいお酒を飲むために一生懸命に頑張ってくれている仲間を
悪く言われるのは、発起人としてみんなを巻き込んだ自分にとっては耐え難いことです。

意見があるなら自分に直接言えばいい。

まぁこれからも予定通りにしっかりと準備を進めていくだけですけどね。

一応、参加者目標150人と掲げてはいるものの、ノルマや選挙じゃあるまいし、
一人でも多く、ローラー作戦でしらみつぶしに、というスタイルでもありませんしね。

この歳になれば人生いろいろありますし、来たくない人もいるでしょう。
それは各自が判断すればいいことです。

その結果がたとえ60人しか参加者がいなくとも、それはそれで参加者が楽しい時間を過ごせれば、
その同窓会は大成功だと思うんですけどね、自分は。
まぁいいですわ、そんなことは。

そんなこんなのゴールデンウィークを過ごしました。
そして今日から通常営業です。

ただ、連休明けで内臓の流通がまだ正常には戻りませんので、一部提供できない部位もあります。
ハラミや塩ホルモンも、今日は入荷できないかもしれません。

それでは、今日からまたよろしくお願いします。
牛タンご馳走様でした。

 






毎度ありがとうございます!

「令和」の時代になりました。
まだ見ぬ未来のことは分かりませんが、穏やかにそして平和な時代であることを願いたいものです。

自分にとっての日常の移り変わりの中で、平成の昨日と令和の今日とでは何も変わりはないけれど、
実はそれが一番平和で穏やかなことなんだろうと思います。

「令和」の時代も引き続きよろしくお願いいたします。

ゴールデンウィーク後半は仕入れの関係で4連休となりますが、その頃にちょうど娘も
帰省してくることになりました。
カミさんと娘が行きたーいというんで、仙台のアウトレットモールに連れて行こうと思っています。

あそこはペット同伴入店が可なんで、カールも一緒にモール内を散策できます。
すぐそばにはドッグランもあって、カールにとっても楽しい一日になるでしょうね。

高校野球も春季の地区予選が始まり、今までのようにOBとして試合を観戦するわけにはいかず、
保護者としてスタンドから応援することになりました。

攻撃のたびに立って応援するスタイルや、場面に関係なくヒットが出るとメガホンを叩いて
盛り上がるスタイルには、まだまだ全然ついていけてませんけど、なんとか同調しながら
溶け込んでいくように努力したいと思います(笑

自分は一球一打に一喜一憂するのではなく、もっとじっくりと相手や自軍を観察しながら
ゲームの流れや選手心理も考察しながら観戦するのが好きなんですけどね。
保護者応援のノリに乗り遅れないように勉強します(笑

攻撃の時に保護者が毎回立つ必要あるのかな?
立つのは校歌が流れるイニングと最終回ではダメなんですかね?
そういうスタイルに慣れるまで、もう少し時間がかかりそうです(笑

今日は午前中から庭の手入れと風呂の掃除の予定です。
お店も営業しますので、忙しい一日になりそうです。

というわけで、これからホームセンターに行って除草剤を買ってきます。
ではまた。


 






カウンター
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[06/12 店主]
[06/11 通りすがりの散髪屋。]
[06/04 店主]
[06/04 20番が涙腺スイッチ]
[05/29 店主]
[05/28 タイヤ屋]
[05/21 店主]
[05/21 20番が涙腺スイッチ]
[05/18 店主]
[05/18 萬年幹事の松]
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /