やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2019/06 >>
SMTWTFS
1
25 678
9101112 131415
16171819 202122
23242526 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8  
毎度ありがとうございます!

明日で平成も終わりですね。
皆さんにとっての平成の30年間はどんな時間だったでしょうか。

自分が函館の大学を卒業し、社会人1年生として東京で働き始めたのが「平成2年」でした。
車内でも「平成2年組」と呼ばれ、右も左も分からぬ東京暮らしに日々追われていたのを思い出します。

大学生気分が抜けきれないまま大阪~東京と目まぐるしく生活環境が変わり、社会人となって
これから自分がどんな人生を歩んでいくのかなんて、これっぽっちも考えていなかった頃です。

フワフワして地に足が着いていないまま、東京暮らしとサラリーマンを演じていたのかもしれません。

1年もせずに東京とサラリーマンに別れを告げ、漁師やトラックの運転手やサラ金や
携帯ショップやコンビニオーナーをやって、平成13年に鶴岡に帰ってきました。
友人のコンビニを2年間手伝って、修行もせずに独学で「やんちゃ」をオープンさせたのが
平成15年、息子が生まれたのもこの年です。

今考えると波乱万丈な人生となるんでしょうかね。

若くして結婚し離婚も経験しましたし、借金で首が回らなくなったこともあります。
たくさん嘘もつきましたし、たくさんの人を傷つけてしまったこともあります。

平成4年に親父を亡くし、平成24年におふくろを亡くしました。
子を持つ親になり、親に教えてもらいことがたくさんある頃には、すでに両親が他界しているという
寂しさを味わうこともあります。

娘は子供のころからの夢だった看護師として、資格を取り大学病院で働いています。
息子は、迷わず鶴岡東に進学し、野球を頑張っています。

若い頃に波乱万丈だった分、40歳を過ぎてからは穏やかな落ち着いた人生を送っていますかね。
お金はないけれど、無駄な借金をせずに日々暮らしていけるのはカミさんのお陰でもあります。

ケンカもしませんし、仲はいいですよ。
自分には、出来すぎたカミさんです。

そう考えると、人生は一人で生きている頃よりも、誰かを愛し、誰かと共に歩んで行くことで
大きな転換と幸運をもたらす「彩(いろ)」がついてくるのかなとも思います。
もちろん一人の方がいい、結婚は苦痛だという人もいるんでしょうけど。

たまにカミさんとラーメンを食べに行き、子どもたちの話や仕事の話をしながら
向かい合ってコーヒーを飲む時間が、実は一番好きかもしれませんね。

「相手を敬い、争わず、感謝の気持ちを口に出すこと。」我が家の夫婦円満の秘訣です。

平成の30年間、迷いもがき続け自分だけで暗中模索しながら生きていた15年と、
家族のために穏やかに落ち着いて生きてきた15年とが合わさった時間だった気がします。

そして令和の時代。
娘や息子が社会人になり、大人としての人生を歩んでいくのを楽しみにしながら、
自分自身の人生の集大成を意識して、また新しいことに挑戦する時代かもしれません。

今日は祝日ですが、お店は営業しています。
自分は保護者総会に出席のため不在ですけど、弟子のユウヒが切り盛りしています。

是非遊びに来てください。

ではでは。












毎度ありがとうございます!

なんだか金曜日から喉が痛くなり、咳も鼻水も出るようになって体調がすぐれませんでした。
そのうちに声も出なくなり、久しぶりに具合が悪くなったかもしれません。

そんな中、昨日は8月に開催する同窓会の実行委員会議が
会場でお世話になるグランド・エルサンでありました。

出掛ける直前に測った熱はなんと38度3分ありましたから、
実はかなりヤバイ状態です。

会議自体は1時間半でなんとかクリアして、にんにくの効いた餃子を食って帰ってきました。

今朝はまだ声は枯れているものの、熱も平熱に下がりましたし咳もあまり出ません。
実行委員の中に開業医をやってる同級生もいて、朝一番で診察してもらえることになってます。

まぁ、具合が悪い日曜日に、満開の桜を見にカミさんと愛犬カールと鶴岡公園に花見に出掛ける
くらいですから、大丈夫なんですけどね。

満開の桜、本当に綺麗でした。
子供のころは、花見といえば「出店」でしかありません。
少ない小遣いを握り締め、わけのわからんお店で全部使ってしまうものでした。

自分たちの頃はやっぱり「型抜き」ですかね。
桜も見ずにテーブルにうつぶしてカリカリやってるんですから、花見どころではありません。

久しぶりにのんびりと公園内を散策して、穏やかな気分になりました。
たくさんの家族連れやカップルの姿や、学生や子どもたちが楽しそうに買い食いしている姿にも
ほのぼのとさせられます。

ただ、自分にとっての桜は、どこか儚い思いがよぎるものでもあります。
毎年必ず咲く桜は、過ぎてしまった時間を回想させるものでもあるんですよね。

おふくろが余命宣告されたときに「桜の咲く季節までは厳しいかもしれません。」と言われ、
本当に満開の桜を見ることなく、天国に旅立っていきました。

それ以来、満開の桜を見るたびにおふくろの事を思い出してしまうんですね。
寂しいとか悲しいとか、そういう感情ではなく単純に「おふくろにも見せてあげたかったなぁ」
という感情です。

それは子どもたちの成長にも言えることで、娘が埼玉で軽自動車を買ったよ、とか
息子が鶴岡東で野球頑張ってるよとか、とにかく可愛がってくれた孫たちの今の姿も
「見せてあげたかったなぁ」と思うときがあるんですよね。

そのせいでしょうかね。
最近はお墓参りや、仏壇に手を合わせる機会が増えてる気がします。

自分も歳をとってきたんですね(笑

といことで、医者に行ってきます。
完全にピークは過ぎちゃってますけど、一応診てもらいます。

今週も頑張っていきましょう!!



 
毎度ありがとうございます!

ゴールデンウィークの営業日程のお知らせです。

今年のゴールデンウィークは祝日ですが
29日(月)
30日(火)
 1日(水)
 2日(木)の前半は営業いたします。

 3日(金)
 4日(土)
 5日(日)
 6日(月)の後半は肉の仕入れが出来ませんのでお休みします。

営業予定日でも、と畜の関係で提供できない部位がありますのでご了承ください。
ご不便をおかけしますが宜しくお願いいたします。

今日は告知のみで失礼します。




毎度ありがとうございます!

先日の金曜日、タケシ・ナガオカ・タザワの後輩たちと50周年式典の慰労会を兼ねて、
ささやかな飲み会を開催しました。

とはいうものの、スタートはお店終了後の23時から(笑
ありがたいことに、お店も忙しかったこともあって疲労困憊状態でしたけど、
後輩たちとの気軽な飲み会は心癒されます。

今回、記念誌の編集長を務めてくれたタザワには、OB会の次世代へのバトンとして
web担当という重要な役割をお願いしたいと思っていたんですよね。

今回の50周年記念誌のために数多くの取材をし、膨大な量の資料を収集しながら
開校からの野球部の歩みを誰よりも詳しく熟知している人物でしょう。

記念誌を発行してお役御免では、あまりにも勿体ないですし、もっともっと知りたい情報や
記念誌には載せきれなかった話題や写真やエピソードも、まだまだたくさんあるはずです。

今のOB会ホームページをより充実させ、ホームページの鮮度を保ちながら、より見やすく、
より充実した内容のOB会ホームページにリニューアルしてほしいというのが
今回の飲み会の中でタザワにお願いしたかったことでした。

2011年に素人の自分が手探りで開設したOB会ホームページですけど、
内容的に手詰まり感だったことは否めなかったところです。

公式戦の試合結果やOB会としての定期活動の報告はできても、中身のボリューム感というか
内容の充実感は素人制作の枠を抜け出せずに悩んでいた部分でもあります。

これから1年くらいの準備期間を経て、新しいOB会ホームページに移行できればと思います。

そして、地元にいるタケシとナガオカとの付き合いも長くなりました。
伝説の軟式OBチーム「鶴商学園倶楽部」創設メンバーでもあります。
何度となく東北大会に行きましたし、愛知県での全国大会にも一緒に行った仲間です。

まだ20代だった彼らと一緒に、楽しくも真剣に野球が出来たことは、本当にいい思い出です。
現役時代の伝統のタテジマを着て、世代を越えてもOBだけで結成したチームで
もう一度全国を目指すという壮大なストーリー。

強豪チームぶりたくて、仙台までわざわざマイクロバスをチャーター便チャーターしてみたり、
国分町にバスを横付けして2時間だけの自由時間を設定したり、東北大会に出場するだけなのに
財布に20万以上持ってくるヤツがいたり、試合中のベンチの中から風俗店に予約入れていたり、
破天荒なヤツも単純なバカもみんなひっくるめて、本当にキャラの濃いメンバーばかりでした。
その学園倶楽部が基礎となって、のちのマスターズ甲子園の出場へと繋がるわけです。

面白かったなぁ。。。
やっぱり、学園倶楽部の同窓会をやろう。

あのメンバーで、あの頃のように遠征でどこかに行くという企画。
ナガオカに幹事を任せれば安心でしょう。
喜多方あたりまで足を延ばしてラーメン食うっていうのもありかも(笑

先輩後輩という野球部直系の関係ではあるけれど、そんなフランクな付き合いができていることに
嬉しさと有り難さを感じた夜でした。

これからのOB会を背負っていく世代です。
新しい発想と斬新な企画とパワフルな行動力に期待しています。
いい酒を飲みました。

今日は快晴の日曜日ですけど、休日にしかできない用事が山ほどあります。

今ごろ審判講習会が行われているはずなんですけど、今日はおばあちゃんちの物置小屋の整理と
不要物の処分の予定があって、講習会は残念ながら欠席です。

85歳を越えて一人暮らしですから、自分一人では出来ないことも多くなってきました。
家族のサポートや協力は、審判よりも優先しなければなりません。

息子は朝からグラウンドへ。
自分とカミさんはおばあちゃんちへ。
そんな我が家の日曜日です。

みなさまにとっても素敵な日曜日でありますように。


毎度ありがとうございます!

昨日は息子の入学式でした。
いよいよこの日が来たな、っていう感じでしょうか。

ここからは本人の頑張りと意地との勝負です。
心も身体も逞しい大人になるために、根性の三年間がスタートしました。

今後は息子のことをブログに書く機会も減るでしょうね。
まさに「陰ながら」に徹したいと思っています。

ということで、今日は娘の車の件でなんでだろう思ったことを書いてみようかと思います。
車そのものにはなんら不満がなかったんですけど、唯一デジタルTVだけがワンセグしか
映らなかったんですよね。

しかも映っているTVもブラウン管サイズで、粗い画質で両端は黒の余白で出ている始末。
こっちから中古のナビを送ってやったんで、故障なのか配線ミスなのかがわかりません。

電装屋が取り付けたのか、販売店の方が取り付けたのかは分からないんですけど、
納車前の電話のやり取りのなかで「デジタルTVチューナーが外付けタイプの古いモデルでしたので
フルセグの電波を拾いにくく、映りはあまり良くないですね。」とは聞かされていたんですよ。

ただ、そのパナソニックのストラーダは、今も自分とカミさんの車に付けているモデルですし、
同じようにデジタルチューナーは外付けのタイプなんですけど、山形の田舎でも普通に問題なく
フルセグが映っています。

フィルムアンテナも2本のタイプですから、その仕様も全く同じモデルです。
なのに埼玉でフルセグが全く映らないというのが不思議なんですね。

パックカメラ取り付けと合わせて3万以上の工賃を出していながら、この状態というのは
正直面白くないところなんですよね。

となると、繋いだ配線のミス(間違い)なのか、アンテナ線や接点などの不良なのか、
それともチューナーの故障なのか、ナビ本体の問題なのか・・・

ちなみにフィルムアンテナは新品を送ってあります。
いつものアダチ先生の見解では、おそらく配線のミスではないかというんですけど、どうでしょう。
TVが全く映らないのではなくて、画質の悪いワンセグ画像だけが映っている状態です。

まぁ娘の運転にはむしろ映らないほうが運転に集中できますし、別に困ることもないんでしょうけど、
一応お金を出して取り付けた以上は、この状態で完成ですでは面白くないわけです。
でも、本当に故障か不具合かもしれませんし、その場では「なるほど。」と答えてきました。

購入した熊谷の車屋さんも個人とはいえ、とても親切でしたし対応も丁寧でしたんで
クレームとか文句とか言うつもりもまったくありません。
本当にいい方でした。

ただ、軽自動車の白ナンバー(ラグビーワールドカップバージョン)を希望したつもりが、
オリンピックのバージョンで交付されていたりして、若干の行き違いというか勘違いというか、
そういうのもあったもんですから、思い込みによる配線のミスの可能性もあるのかなーなんて
思うところもあるわけですよ。

今度、娘のところに行った際に助手席下に取り付けたTVチューナーを確認してきますので、
誰か自分に配線を教えてくださーい(笑

車といえば、我が家のファミリーカーエルグランドの「普通化計画」もようやく最終章。
社外の18インチホイールに履かせていた235/50のタイヤもツルツル坊主で、
買い替えが必要だったんですよね。

純正ホイールが好きな自分は、夏タイヤとホイールの両方を買う予定だったんですけど、
ホイールが綺麗だとタイヤが坊主だったり、タイヤが使えると思うとホイールが傷だらけだったりで、
まともなものを探すとなると4万くらいは普通にしてるんですよね。
さすがに、金がかかりすぎる!ってことで、妥協して18インチのタイヤだけヤフオクで
購入することにしました。

国内メーカーの16年製で4本とも6mm以上のバリ山があって、送料込みの15,000円!!
送料を3000円とすると1本あたり3000円ですから、これ以上ないお得な買い物をしました。

運転席のドアパンチや、助手席側パワースライドとクウォーターパネルの凹みは仕方ありません。
いつも乗る際に気にはなるけど、そこまでは車に金をかけられませんし。
となると、やっぱりデントリペアでしょうかねぇ。。

最初に比べれば、随分と手をかけましたし結構綺麗になりました。
あとは丁寧に安全運転で乗るだけです。

今週も始まりましたね。
また一週間よろしくお願いします。








 


毎度ありがとうございます!

早朝から鶴岡を出発して埼玉県熊谷市で娘のタントを受け取り、鶴ヶ島市のディーラーに
売上にもならないのに2回もお手を取らせ、寮まで帰る娘のテールランプを見送ったのが
すでに17時30分。

旧友のタダシとは中野北口で待ち合わせしていました。
東武越生線~東武東上線~山手線~東西線とスムーズに乗り継いでも1時間10分かかって、
中野についたのは、すでに19時を回っていました。

タダシは、ガキの頃からずっと遊んできた仲間です。
若い頃は酒癖が悪く、飲めばケンカ、飲めばトラブル、警察沙汰も珍しくありませんでした。
シラフでは何ともないんですけど、少しづつ酒が回るとトークや表情にある特徴が出ます。

まぁ、勢いがつくというんですかね。
そのサインは見逃せないんですよ。

久しぶりの中野の夜は雨でした。
でも数年ぶりに訪れた中野の雰囲気に、傘も差さずにテンションが上がっていました。

最初に訪れたのは「立ち吞み十七番地」。
ここはタダシ同様に、ガキの頃からツルんできた同級生ヒロユキの息子ミサキが
店長として切り盛りしている焼鳥屋です。

もちろんミサキが生まれたときも知っていますし、ミサキのスポ少時代に会った事もあります。
先客は1名でしたが、こじんまりとしたいい雰囲気のお店です。

焼き場の目の前に陣取り、焼鳥の盛り合わせと鶏の白レバーのちょい焼きを頼んで、
白ホッピーで乾杯です。

正直、美味しかったですよ。
串も丁寧に焼いていましたし、タダシが頼んだチャーハンも美味しかったです。
途中で先客も帰り、同じく鶴岡二中出身のスタッフ「タクヤ」を含め4人全員が鶴岡人という
魔の庄内弁タイムに突入したあたりからタダシに勢いがついてきてるのがわかります。

「兄ちゃんたちも、なんか飲めっちゃ!」
「いただきまーす!」

何回乾杯したのかな。
そろそろ次に行きたいお店もあるんだけどな・・・
などと思いつつも、勢いのついたタダシは誰も止められません。

「よし!もう店閉めて、お前らも次さ行くぞ!」
「はぁ?まだ夜の9時だぞ、しかも土曜日の。」
「だって、客いねーじゃん。今日はもう誰も来ねって。よし、お前ら準備しろ!」
「ウッス!」

ウッスって、おいおい大丈夫なのかよ。
土曜日だぞ、マジで。
タダシの勢いに押されたのか、ご馳走になったビール3杯でモードが変わったのか、
ミサキとタクヤも、あっという間に帰り支度が完了してます(驚

「タダシさん、すぐ近くに藤島出身の店長がやってる居酒屋ありますよ。」
「ふじしまぁ~?よし、そこ連れでげっちゃ!」
「ウッス!」

完全に昔のタダシに戻っています。
オレ、まだ一軒目なんだけどなぁ・・・
中野、楽しみにして来たんだけど・・・
なんて、言える雰囲気はありません。

もう二軒目の店の名前もチェックしてないんですから。
なんか藁(わら)焼きが有名なお店だそうで、美味しかった記憶があります、確かに。
店員さんの愛想や、お店の雰囲気も良かったですし。

ただ、何年か越しの中野で、もっと街の雰囲気や新規開拓したかった自分の思惑とは裏腹に、
大きなうねりに飲み込まれてしまう自分にもう気づいていて、諦めモードっていうですかね。
もう自分が舵を切れる雰囲気ではなくなってしまった現実を受け入れながら、やけになって
繰り返し出されるざくろ酢サワーを煽っていました。

もういいや、今夜はどうにでもなれ。

なんて思っていたら、そう、本当にここからどうにでもなります。
このあと、お店を出たところでキャバクラのキャッチにつかまります。

このままバックレようかと思ったら、後ろから「こっち、こっち!」と連れ戻されます。
田舎の若いもん引き連れて、結局4人で2時間はいたのかな?

次々とおねーちゃんが入れ替わって、店の子たち全員来たんじゃね?ってくらいにズラリ並べて
そのたびに「キミもなんか飲めば。」なんてカッコつけちゃってるんですから。
会計が6万か8万だった気がします。
会計表に丸い数字がチラッと見えたんで。

当然若いやつらに払わせるつもりはありませんから、我々がピッとカッコつけるわけですよ。
タダシも自分からは半分も受け取らなかったですけどね。

20代の頃は、そんなカッコつける飲みが当たり前でした。
カッコつけて翌日に後悔する、この繰り返しですよ。

もちろん、隣に若いおねーちゃんが座って盛り上げてくれれば、楽しいいですよそりゃ。
でも、虚しいじゃないですか。
旨いもんも食ってないのに、カッコだけつけて何万円も払うの。

だからスナックやキャバクラは行かない、行きたくないというスタイルでやってきたんですけどね。

タダシの流れに身を任せ、久しぶりにため息の出る会計を払って、
締めに「串かつでんがな」じゃねーつうの(笑
「ため息でんがな!」

でもね、串かつは旨かったです。
そういうチープで庶民飲みが落ち着くんだよなぁ。
もう立派なオッサンだし。
娘よりも若い子のミニスカート見たって、面白くも何ともねーもんな。

「にぎにぎ一」にも「ぢどり屋」にも、チラッとでいいから行きたかったですよね。
「おかやん」は休みだったのかな、シャッターが閉まっていた気がします。

世田谷まで帰るタクシーでもカードが使えないことで、一触即発モードになるし、
若い頃の飲んだ帰り道を本当に思い出して、むしろ懐かしくなりましたもんね。

通いなれた懐かしい世田谷のマンションに着いて、殺風景な部屋に布団を並べて敷いて
昔話から最近の同級生事情なんかを話しながら、いつの間にか寝落ちしてました。

行きたいところ、食べたいものは叶わなかったけれど、旧友との再会と無駄遣いして後悔した朝や
二人で山手線の車内で庄内弁で喋る姿も、どれもみな懐かしく若い頃を思い出させてくれました。

夏に開催する同窓会の話しもできたし、自分の短かった東京暮らしを語るうえで、
タダシと世田谷のマンションは絶対に褪せることはないんだと実感させられましたしね。

そう考えてみれば、タダシの勢いと流れに身を任せて大枚をはたいた事も悔しくはありません。
ただ、次はきっと横浜に行きますけどね、間違いなく(笑

いつまでも旧友として仲良くできること、
いつまでもバカな飲み方をしてしまうこと、

そんなことが嬉しかったりするものです。
ちょっと違う展開にはなってしまったけれど、それはそれで慌しくも楽しい二日間でした。

次は、いつ遠征に行けるんだろうか。
次は、タダシに連絡するのはやめておこうかな(笑





カウンター
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[06/12 店主]
[06/11 通りすがりの散髪屋。]
[06/04 店主]
[06/04 20番が涙腺スイッチ]
[05/29 店主]
[05/28 タイヤ屋]
[05/21 店主]
[05/21 20番が涙腺スイッチ]
[05/18 店主]
[05/18 萬年幹事の松]
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /