やきとん専門店「やき処やんちゃ」の店主日記
Calendar
<< 2017/02 >>
SMTWTFS
1 23
578 91011
1215 161718
192022 232425
262728
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8  
毎度ありがとうございます!

年が明けて新年営業の準備もままならない中、8日には野球部のOB会が開催され、
総会の資料作成やら式次第の構成やらの事務作業に追われ、今になってようやく一息ついて
日常が戻ってきた気がします。

今年もこんな調子でのブログ更新になりますので、どうぞ気長にお付き合い頂ければ幸いです。

そういえば年末の慌しい最中に、取引先の業務用食材屋の担当セールスが突然退職すると
わざわざ仕込み中に挨拶に来てくれたんですね。
個人的にも可愛がっていた担当セールスでしたんで、退職はあまりに突然の事でしたし、
本当に残念でなりませんでした。

調味料や加工食品の仕入れなどで、開店以来お付き合いしてきた歴代の担当の中でも、
ナンバーワンだと思っていただけに、理由を聞いても素直には理解できませんでした。

どうか新しい道でも頑張ってくださいとしか、かけてあげる言葉が見つかりませんけど、
陰ながら応援していくつもりです。

ですが、後任の担当が未だ決まらずに営業課長が代理で配達してくれてます。
電話で頼んだものを、ただ単純に「はい、ご注文の品でーす。」と置いて行くだけなら、
誰でも出来るわけですよね。

お店の特長やお客様の動向を加味しながら、新しいメニューのヒントになるような食材を
提案してくれるところ、云わばかゆいところに手が届く絶妙の距離感が必要だと思うわけです。

気持ちで一緒に仕事をしたいと思ってしまう自分は、事務的で画一的なお付き合いは苦手です。
そういう意味では気心知れるまでは時間がかかりますけど、その分信頼度も増すと思ってます。

春までは暫定の配達担当だそうですけど、なーんか味気なくて面白くないんですよね。

小さなお店ですけど、後方で支えてくれている人がいるから商売も成り立つわけです。
肉屋さん、酒屋さん、ビールメーカーさん、酒蔵さん、食材屋さん、大工さん、電気屋さん、
ガス屋さん、設備屋さん、ゴミ屋さん、おしぼり屋さん、掃除屋さん、大家さん・・・

表には出なくても、たくさんの方々に支えられて、商売が円滑に回っていくんですね。

自分はその人たちを「チームやんちゃ」と勝手に呼んでいます。
いかにその方々に「自分のお店」として感情移入してもらえるか、そこがカギだと思ってます。

たくさんある担当店の中でも「やんちゃ」からの頼みなら少々無理してでも、と思ってもらえれば、
突然のアクシデントや不景気の荒波でも怖いものはないんですよね。

今週あたりからは新年会のご予約が入りはじめました。
よりスムーズにお客様にも満足して頂けるお店づくりに
「チームやんちゃ」は絶対に欠かせません。

忙しくなりますが、頑張っていくだけです。
今夜はもう、風呂に入って寝ます。
おやすみなさい。

 



あけましておめでとうございます!

昨年中のご愛顧に感謝申し上げますとともに
本年も変わらぬ御贔屓のほど宜しくお願い申し上げます。
やんちゃは新年1月5日からの営業となります。

お正月、いかがお過ごしだったでしょうか。
自分も5日間のお休みとはいえ、なんだかんだと忙しく慌しく過ごしておりました。

31日には掃除と棚卸しのためにお店に入り、夜は紅白を観ながら帰省した娘も含めて
家族全員で過ごした大晦日でした。
年越しそばはしっかりと冷水で〆てシンプルな「もりそば」を毎年自分が作ります。
晩ごはんをしっかり食べてますので、天ぷらやコテコテの年越しそばはいりません。
家で酒を飲むとすぐ眠くなるのがイヤで、今年はノンアルコールで年越しです(笑

元旦には実家に顔を出し、昨年建てたじいちゃんのお墓参りをして、
勤務だったカミさんの帰宅を待ってから鶴岡天満宮へ娘の国家試験合格を祈念しに初詣に行き、
夜はみんなでおせちを食べてのんびりと過ごしました。

2日はカミさんと娘が仙台の初売りバーゲンに行きたいというんで、朝から一路仙台へ。
特に買いたいものもない自分は、ブラブラするのにも疲れてしまって車でカールと留守番部隊です。
何を買ったのかは知りませんけど、何だか得体の知れない大きな紙袋をたくさん抱えて戻ってきた
女子チームが「仙台、チョー楽しいねー!安いしねー!」なんてはしゃいでいたんで、
よっぽど楽しかったんでしょうね。
最初から最後まで運転手でしたけど、みんなが楽しかったのならそれでOKですかね。

3日は娘が埼玉に戻る日でした。
すでに特急いなほも新幹線も指定席は取れませんでしたから、大きなキャリーを引っ張っての
自由席の立ち乗りでは大変だろうと、新潟まで車で送っていく事にして新潟から新幹線の
自由席に座る作戦に切り替えます。
予想通りにいなほが遅延していて新潟駅は大混雑でしたけど、早めに自由席乗り口ホームに並んで
なんとか自由席に座わることができましたから、作戦は大成功ですかね。

前日に仙台に往復5時間運転して、翌日も新潟往復5時間運転コースですから、
連チャンでの長距離運転もさすがにしんどかったですけどね。
戻ってきてすぐに指圧マッサージに直行しましたもん。
背中と肩が「鉄板が入ってるみたいですよ。」なんて驚かれるくらいパンパンです。

そして今日は、明日からの営業開始に向けての準備に追われた一日でした。
煮込みの材料の下ごしらえやら、メニューの作り直しやら、食材の買出しやら。
他にも8日のOB会の総会資料の作成やら、出席者名簿や座卓表も作らなくてはなりません。
昨夜から風邪をひいたカミさんですけど、自分も最後に風邪をもらってしまいそうで怖いです。

気分的にはリフレッシュできましたけど、体力的にはむしろ疲れが溜まった気がします(笑
ゴルフをやっていた頃は、正月に松島遠征に行ったりして家族サービスと遊びのバランス感が
絶妙に良かったんですけど今ではそれもなくなり、同級生との一年一回の麻雀大会もなくなり、
ましてや自分は家ではほとんど酒を飲まないもんで、夜もめちゃくちゃ暇なわけですよ(笑
これは来年に向けて、なにか企画しないといけません。

というわけで、明日から営業いたします。
本年もつたないブログではありますけど、お店同様に
のんびりとお付き合いいただければと思います。

2017年が皆さまにとって幸多き一年になりますように。

今年も「やき処やんちゃ」を宜しくお願いいたします。


 


毎度ありがとうございます!

おかげさまで今年の営業は12月30日で終了いたしました。
今年もたくさんの皆様からのご愛顧に感謝申し上げるとともに
来年も引き続きご贔屓賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

平成28年も残すところあと4時間となりました。
皆様にとっての今年一年はいかがだったでしょうか。

自分は今春に息子が中学野球部に入部し、東北大会出場をはじめ新人戦やら県外遠征など、
とにかく週末は子どもたちと一緒にグランウンドで過ごした一年だった気がします。
今年もきっと忙しくなるでしょうけどね。

来年3月には専門学校に進学している娘も卒業し、そのまま埼玉の大学病院に就職します。
学生の頃のように頻繁に帰省は出来なくなるでしょうから寂しくもなりますが、
自分の夢が叶って社会人の一歩を踏み出す姿を温かく見守っていくだけです。

40代最後の一年となりますけど、いつもと変わらず穏やかで平穏な一年になればいいです。
あとは血尿が出たり高熱でお店を休んだりしましたので、健康面での不安を取り除きながら、
休む時にはしっかりと休んでONとOFFを上手く使い分けて健康管理にも努めたいと思います。

皆様にとっても、今年以上に来年がいい年になりますよう心からお祈りしております。

新年は1月5日から営業いたします。

それでは素敵な年越しをお過ごしくださいませ。

毎度ありがとうございます!

クリスマスの夜、いかがお過ごしでしょうか。
今日は朝から部活に顔を出して、午後からはカミさんと年末用の買出しに出掛け、
晩ごはんはおばあちゃんも合流してみんなで手巻き寿司を堪能して、最後はケーキの代わりに
チョコフォンデュを楽しんでと、お腹一杯のクリスマスになりました。
で、休む間もなく年賀状の作成に取り掛かり、ようやくさっき出来上がりました。

23日の祝日は恒例のお店の大掃除も終わりましたし、年賀状も完成して年末の大仕事が
すべて一段落した何ともいえない達成感がありますよね。
あとは年内最終営業日の30日まで突っ走って、期末在庫の棚卸しをやって一年が終わります。

そんな中、先週から美味しい日本酒が続々と入荷しております。
まずは、渡會本店当店限定「徳蔵」の辛口純米生原酒(通称黒ラベル)と、
竹の露酒造の「白露垂珠」純米吟醸初しぼり、
栄光冨士「仙龍」純米吟醸無濾過生原酒に
亀の井酒造「くどき上手」純米大吟醸しぼりたて、の4銘柄です。

他にも「杉勇」「三十六人衆」「十水」などの気になる新酒も
まだまだたくさんあるんですけど、いかんせん冷蔵庫に入りらないため、
入荷保留となっております。

さらにさらに、当店では初めての取り扱いとなる栗焼酎「ダバダ火振(ひぶり)」も入荷しました。
お湯割りで飲んでもおいしいですが、ロックだとより一層栗の香りが口の中に広がります。

日本酒も辛口を好むお客様が多いですけど、自分は旨口でしっかりと素材の風味の
感じられる日本酒や焼酎が好みに嗜好がすっかり変わってきました。
冷酒よりも最近はめっきりぬる燗が好みになりましたし。
なにより、大勢で飲むよりも一人でゆっくり飲む機会が多くなった気がします。

自分は家では酒を飲みませんので、仕事帰りにちょっと一杯ひっかけて帰る程度ですけどね。
時間も1時間一本勝負で、お店に入る前に代行を時間指定で呼んでおくのがオレ流です。
それだと深酒する事もありませんし、なによりお財布に優しいですしね。

というわけで、年内は30日まで営業いたします。
毎年の事ですが、この時期は代行の待ち時間が恐ろしい事になってますので、
閉店1時間前の10時で代行確認させて頂きます。
何卒ご了承くださいませ。

新年は1月5日からの営業となりますので、新年会などでのご利用をお待ちしております。

それでは、風呂に入ってテレビ録画を見てから寝ます。
ここからが至福の時間です(笑
それでは素敵なクリスマスの夜をお過ごしください。

毎度ありがとうございます!

昨日は、鶴岡四中野球部の恒例となっている仙台育英学園秀光中に遠征し、
基本的な体幹トレーニングから走塁姿勢や捕球姿勢も含めた練習メニューを学びに、
余目中野球部の部員たちと合同で参加してきました。

5時半集合ですから、起床は4時半。
2時半に寝たので睡眠時間は2時間、寝たというより横になった程度でした。
それでも、楽しみにしていた遠征でしたし、運転は他のお父さんにお願いしていましたから、
眠さよりも楽しみが勝ってスッキリと目覚めた朝でした。

到着してすぐに、秀光中部員の挨拶と機敏な動きには、さすがに全国レベルだと圧倒されます。
我々保護者一人ひとりの目を見て「おはようございます」ではなく「宜しくお願いします!」と
お願いするのはこちらの方にも関わらずしっかりはっきり挨拶してからグラウンドに入っていきます。

全体で今日の練習メニューの発表のあと、三班に分かれての練習が始まりました。
イチ、ニー、サンのゆっくりとしたリズムで、しっかりと左足に体重をかけ、
頭を上下動させずに低い体勢からのキャッチボールや、ラダーを使った捕球姿勢のトレーニングは
自宅でも継続練習できるメニューで大変参考になりました。

ゴロの状況に応じて一旦大きく右に飛び出して、ステップを使いながらリズム感よく捕球体勢に
入っていくハーキーも大変勉強になりましたしね。

ストップウォッチ片手にMAXまでリードをとる足の送り方とその飛び出し時間のチェックや、ベースを乗り越えるくらいまで勢いを殺さないヘッドスライディングもとても印象的でしたね。
すべて、秀光中の部員達が普段から意識し実践している練習を一緒にさせてもらったことで、
個々の体力のなさや筋力のなさ、次のプレーを意識した合理的な動きを知らなさ過ぎることを
痛感させられたことと思います。

悪天候で極寒だった昨年とは一転、午後になってポカポカ陽気も出てきた
ところで、ランナーをつけての実践形式のゲームノックに混ぜて頂けること
になって、さらに驚かされます。

野球部独特の「さー行こうぜ!」だの「さあ来~い!」なんて声は
一人も出しません。
すべて次のプレーを予測した確認のための声かけばかりです。

「ライン際を詰めるんで、左中間のカバーお願いします。」とか
「ボールセカンドの時のカバーは自分が行きます。」とか
「バックホーム準備するんで、大飛球きたら最後までカバーお願いします。」とか
普通の野手同士の会話があちらこちらで飛び交い、確認と実践を繰り返してるんですよ。

ちなみに監督・コーチも大きな声で怒鳴ったり罵倒したりと言う事はなくて、
物静かに、けれどもひとつひとつ理詰めで考えさせ、出来るようになるまで繰り返し繰り返し
「いいから覚えるまでやりなさい。」と、とにかく何回も同じように同じ場面を繰り返します。

スポ少や中学部活にありがちな「さぁいこうぜ~」の声だけやかましいグラウンドとは違い、
会話と実践の繰り返しの中から、次のプレーの準備と予測をとことん追求しているのでしょう。
おそらく「さぁいこうぜ~」や「バッチ、カモーン」なんて声をだしても何の意味があるのか、
そんな声出すなら次のプレーの準備を選手同士で確認しなさい、ということなのでしょう。

鶴四中・余目中が守備につき、秀光中がランナーの際にもコーチャーからの指示と判断は
まさに公式戦と同じテンションとトーンで指示が出ます。
急に実践モードのスイッチが入った声の出し方に、四中・余目の選手にも緊張感が走ってました。

とてもここでは書き入れないほど勉強になりましたし、充実した合同練習会でした。
最後に両チームが向き合ってお礼の挨拶を済ませると、校門の前まで監督・コーチをはじめ
保護者と部員たち全員が立ち並び、車列が見えなくなるまで手を振ってくれる姿にも感激しました。

セレクションを受けて入学してくる精鋭たちといえばそれまでですけど、
同じ軟式ボールを扱う同じ中学生とは到底思えないほど、大人でしっかりしていました。

聞けば、2年生の学生コーチが全てのメニューを考え、各メニュー終了1分前まで声かけし
指導とデモンストレーションの全て秀光中の部員たちが行ってくれました。
一日を共に汗を流した事で何かを感じ取ってくれればいいんですけどね。

ちょっと印象的だったのは、昼食時に車座になって弁当をみんなで食べて
いたんですけど、四中・余目中と身内同士で並んで食べてる中、息子だけ
秀光中の2年生に挟まれて笑いながら一緒にご飯を食べていたんですよ。
一緒に練習した短い時間のなかで、なにか絆が生まれたのでしょうかね。

たくさんの人と出会い、刺激を受け、何かを感じるチカラを養えといつも言っています。

勉強が出来ないのは仕方ない。
人と会話が出来て、目上の人とも臆せずに話せるようになって可愛がってもらえるようになれと
家でいつも話しているので、思わぬところでそんなシーンが見れて嬉しかったですね。

早朝から大変でしたけど、実りある一日になりました。

その反動が今日になって出てきて、身体が重たくてだるいです。
ケンシにもらったキューピーコーワゴールド飲んで気合入れます!!

今週も頑張っていきましょう!!

 





毎度ありがとうございます!

先日、ある焼鳥屋の店主が「串から肉を外さずに食べてください。」と張り紙をして、
ツイッターやワイドショーなどで一騒動起こっているらしいとお客様に聞かされて
「マスターはどう思いますか?」と聞かれたんですけど・・・うーん。

経営者というか店主の立場で言わせてもらうと「どうぞお好きなように食べてください。」ですよね。
ウチでもそういうお客様は多く見受けられますけど、何とも思わないですけどね、どんな食べ方しても。

というより、この焼鳥屋の店主は一本をシェアして食べないで欲しいと言っているのか、
所作やマナーとして串から外さずに食べて欲しいといっているのかの真意は分からないんですけど、
お金を払って注文したものを、そのお客様がどうやって食べようが店主が口を出すのは
ご法度のような気がしますけどね。

だ串一本にもドラマはあります。
一番最初に刺す留めの肉と、一番最後に刺す肉、すなわちお客様が
最初に口にする先頭の肉とでは、大きさも塩加減も当然違います。

店主としてではなく、一人の呑ん兵衛としては絶対に串から外して
食べたりはしませんし、串から外された焼鳥をシェアして食べる事も
絶対にありません。

でもね、それをお客様に求めるかといわれれば、自分はNOです。

もしもラーメン屋に入って、ラーメンはレンゲを使わない方が絶対に旨いんだと言われても、
自分は絶対にレンゲをくれと言うでしょうし、スープを飲む前にコショウを振るのは邪道だと
言われても、絶対に最初からコショウを振って食べます。

寿司屋でシャリに醤油をつけるなと言われても、ちょっとくらいついた方が旨ければ、
そうやって食べますし、わさびは刺身に直接乗せて食えと言われても自分は醤油に溶く派です。
その食べ方にいちいち文句は言われたくはないですよね。

自分は、お客様の食べ方は自由でいいと思うんですよ。
なかには、せっかく注文してもお腹一杯で食べずにそのまま残して帰るお客様もいますしね。
でもその分の代金はちゃんと頂くわけですから、そこは店主が口を出すところじゃないですよ。

もちろん何の食べ物でも粋な食べ方や、通な食べ方はあるでしょうから、
それは食べる側が学び感じ取ればいい話しなんですよね。
もしもお客様に「外して食うのと外さないで食うのとでは味が違いますか?」と聞かれれば、
「外さずに食べた方が美味しいと思いますよ。」とは自分も言うでしょうけど。

ウチでは、どんな食べ方をしようともご自由ですけど、行儀の悪いお客様や
モラルのないお客様やルールを守れないお客様には、その場で注意させてもらってます。
寝ながら食うとか、食器を灰皿代わりにしてるとか、大声での下ネタや刺青の露出もアウトです。
それは他人に迷惑がかかるし不快に思うから。

そもそも正しい食い方なんてあるのかどうか知りませんけど、気になる方は直接店主に
聞いてみてはどうでしょう。
そういう会話もまたきっかけになって店主との距離が縮まって、もっともっと楽しい時間が
過ごせるかもしれませんよ。

ウチでよく聞かれるのが、日本酒をぐい呑みで飲むときに、下の受け皿に溢れてこぼれたお酒は
どうやって飲むのが正しいんですかと聞かれる事が多いです。
別に正しい飲み方なんてないと思いますけど、自分は下に溢れたお酒をぐい呑みに戻す事はしません。
受け皿にこぼれたお酒は受け皿に口を付けて二口くらいで飲み干します。
でもそれは、自分がそうやって飲むと言うだけの話しです。

客商売である以上、お客様に楽しんでもらえることが一番なはずです。
お店のこだわりは、どう食うかではなく、どう楽しんでもらえるかであるべきです。
串から外してシェアして食べても、最後に「美味しかったです!また来ます!」と言って
帰られるお客様もたくさんいるわけですからね。

その言葉を大切にしたいですけどね、自分は。

珍しく帰宅後の深夜のブログ更新になりました。
これから風呂に入って、温まってから寝ます。

おやすみなさい。
 


カウンター
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3
5 7 8 9 10 11
12 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
[02/05 店主]
[02/05 タムちゃん]
[01/28 店主]
[01/27 ヒロシ]
[01/20 店主]
[01/19 しんさん]
[01/18 店主]
[01/18 タムちゃん]
[01/12 店主]
[01/11 仙台屋の自販機]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /