やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2020/02 >>
SMTWTFS
1
35 78
912 1314
161718 202122
23242526 272829
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8  
毎度ありがとうございます!

無事にチェックインを済ませ、荷物を置いたらすぐに七日町に繰り出します。
以前、アビコと酒田飲みを敢行した際に、酒田の屋台村「北前横丁」がちょっと不完全燃焼だったらしく
リベンジと慣らし運転を兼ねて「山形ほっとなる横丁」に向かいます。

自分は何度も来ている屋台村ですが、口開けはどうしても「鈴木製作所」さんに入ってしまいます。

お店構えも好きですし比較的に大箱なことが選んでしまう理由ですかね。
他の小さなお店だと、まだ酔っていない状態で他のお客さんとの距離が近すぎて、
お店の活気というか熱量に馴染みにくいからなんですよね。

ホッピーで乾杯し、自分は「ふわふわ玉子焼き」と
安定の「とり皮ポン酢」を注文。
アビコはお腹が減っているとのことで「とりのから揚げ」をチョイス。

大きなから揚げが5個、52歳のおっさん2人の一軒目にしては
なかなかのボリュームです。

風呂上りの渇いた喉にあっという間にナカ2杯を飲みきり、ハイボール2杯飲んでお会計です。
二人で4,000円ちょっとはお財布に優しいですよね。

そのまま花小路にアビコを案内するも、正月の3日ではまだ開いているお店も無くあっさりとUターン。

あまり歩きたくなかったんで、花小路の向かいにある「焼き鳥とワイン 彩鶏いろどり」さんへ。
ここ数年、他店では本当にやきとんを食べなくなりました。
焼鳥はもっぱら「とり串」が食べたくなります。

もっとも1月3日はまだ豚のモツは流通していませんので、必然的に鶏になるわけですけどね。
王道のふりそで、せせり、ハツの三種を注文します。

「で、アビコは何にする?」
「じゃ、とりのからあげで。」
「はぁ?さっきも食ったじゃん!」
「だって当店一番人気ってメニューに書いてあるし。」
「いやいやいや、それにしても、だって。」
「大丈夫っすよ。食えますから。」

ちょっと注文センスを疑いたくなりましたけど、アビコが楽しいならまあいっか。
とはいえ、さすがに胃が重くなってくるわけでして。

このへんでちょっと甘口のジュースみたいな白ワインが飲みたくなって、
マスターにお願いしてみたんですけど、残念ながらグラス売りがありませんでした。
みなハーフボトルからの注文で、アビコもそこまでワインを飲みたくないっていうんで、
ここで区切りよく会計をすることにしました。

ちなみに、串の打ち方や焼き場のレイアウトなんかを見ると、なんだかどこかで見たことが
あるような気がしていてなんとか思い出そうとしていたら「やきとり大吉」出身なんだそうです。

まだ函館にいた頃に夢でしかなかった飲食店経営を、よりリアルに実現へ加速させてくれたのは
近所にあった「やきとり大吉」でしたし、社長の著書「金が無いやつほど店をやれ」も穴が開くほど
何度も読んで「自分だったらこうすかるなぁ」とか、将来の自分のお店をイメージしたものです。

20年ぶりくらいに、あの頃を思い出す懐かしい焼き鳥を堪能させてもらいました。
そして今度は本当に「やきとり大吉」の暖簾をくぐってみたいと思いました。

正月の3日とはいえ、なんか久しぶりの七日町の灯りが寂しいのは気のせいではないようです。
山形市に単身赴任中のスガイ情報だと、今は七日町よりも山形駅前のほうが賑やかだというので、
駅前の空気も吸うべくタクシーで流れることにしたんです。

今後のために山形市では珍しく昼11時から飲める居酒屋「Qsキューズ」が気になっていて、
昼酒ではないですけどせっかくの機会なんでそこを目指します。

そして、あの男がまたやってくれます。



・・・つづく。
毎度ありがとうございます!

山形に到着してすぐに「財布がない。」というアビコ。
独身ですからマンションの部屋に財布があるのかどうかも調べようがありません。

「部屋に忘れたっていうならいいんだけど、駐車場とかに落ちてないの?」
「鶴岡に戻っていいですか?」
「えー!今から戻るの?」
「ええ。マスターが風呂に入ってる間に・・・」
「危ないから止めなよ。お金ちょっとなら貸せるから。」
「すいません。」

その後、一応マンションの駐車場を確認してもらうために知人に連絡を取るというので、
ここでようやく自分だけテルメへ入館です。

フロントで電話予約しておいたのに「アカスリAコース30分でご予約を承っています。」というので
ま、別にそれでも構わないけどと敢えてBコースにはせず、かけ湯をしてから浴槽へドボーン!

時間になってアカスリ部屋へ行くと、予想通りの韓国おばちゃんがスタンバイしてます。
カタコトの日本語で挨拶をして、そのまま一気に垢をこすっていくわけですけど、
イタ気持ちいいこの感じが、正月休みのリフレッシュを実感させてくれます。

Aコースに洗髪なんて入ってたか分からなかったんですけど、シャンプーしているときに
「オキャクサン、コレ、ジゲデスカ?」なんて聞くんで、てっきり自分をカツラだと思ってるのか、
だとしても「いいえ、カツラです。」なんて告白する人がいるのかと想像したら可笑しくなって
思わず吹きだしてしまったんですよ。

「ははは!シャンプーしてもらって私カツラですって人いる?」
「ソウジャ、ナクテ、コノカミ、アノー、パーマデスカ?」

・・・あ、そういうことね。
天然パーマやクセ毛という言葉が出なかったのか、ジゲ?と聞かれて思いっきり勘違いしました(笑

そんな和やかな時間も、終わってみればしっかりと45分が経っていました。
なんでだろ?勘違いしたのかな、それともサービスしてくれたのかなー。
力強くてマッサージも上手くて、アカスリには若さや国籍は関係ないと本当に思いますね。

去年の秋田華の湯でのアカスリも、過去ベスト3に入るくらいの満足度でしたけど、
ここ山形テルメのアカスリも十分に気持ちよかったです。

他にも施術してくれるおばちゃんがいましたから、たまたま自分が良い人に当たったのか、
他の方がどうなのかは分かりません。

30分のところを45分しっかりと擦ってくれたんですから、大満足の評価以外ありませんよ。

入館から1時間半、身体も心も満たされて駐車場に行くと、すでにアビコが待っていました。
マンションの駐車場には財布は落ちていなかったそうです。
となれば、おそらく自分の部屋の中に忘れたんだろうと。

これでなんとなく一安心しました。

そして今夜の宿、山形七日町ワシントンホテルに向かいます。

懐が寂しくなったことで、キャバクラ好きのアビコが少しは大人しくなるだろうと思っていたら
また違う別のスイッチが入るとはこの時点では思いもしなかったんです。




・・・つづく。


 





 

明けましておめでとうございます!
昨年中のご愛顧に心から感謝申し上げるとともに、
本年も変わらぬご贔屓を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

令和2年は1月6日から営業いたします。
スタッフ一同、気合い十分でお待ちしております。


というわけで、年末年始休暇はいかがお過ごしでしょうか。
今年はカレンダーと食肉公社の関係で、過去最長の7日間のお休みを頂いております。
ちょっと長い気もしますが、せっかくですのでのんびりダラダラと過ごしています。

そんななか、1月3日に毎年恒例のプチ酒飲み遠征に行ってきました。
昨年は秋田市でしたけど、今回は山形市にしました。
なぜなら、相棒が3日の午前中まで仕事で、4日の夕方から仕事という過密スケジュールだったから。

今回の旅の相棒は、昨年に引き続き同級生のアビコ・・・
えー、昨年のこのブログですっかり有名人になったあのアビコ一郎先生です。

同い年ですが同じ学校になったことは一度もなく、大人になってから仕事上で知り合ったのが
きっかけでしたから、アビコは取引先の自分にプチ敬語を自然に使います(笑

自分にとって、酒場巡りの際に行き先決定の大きなポイントとなるのが「アカスリ」の有無です。
なぜなら、なかなか泊りがけでは行けないので鶴岡にはないアカスリでリフレッシュしたいから。

山形県内では山形市のスーパー銭湯「山形テルメ」ただ一軒でしかアカスリをやってません。
生粋のアカスリマニアとしては寂しい限りです。

圧雪の月山道を命がけで越えるのはプロドライバーのアビコに任せ、アカスリマニアの自分は
助手席からテルメにアカスリの予約を入れておきます。

アカスリは20分以上は浴槽に浸かり、身体をしっかりと温めておいてからでないと施術できません。
アカスリの前は身体を洗ってはいけませんので、最低でもトータル1時間半から2時間くらいは
銭湯にいるくらいの時間的余裕を持って行きましょう。

サウナでも銭湯でも、どこのアカスリ施設でもそうですが、95%は韓国人のおばちゃんです。
さらにアカスリのコースも大体は30分・45分・60分の3コースが用意されています。

全員とまでは言いませんけど、韓国のおばちゃんは貪欲ですので30分コースを申し込んでも
なかで「アナタ、カラダ、オオキイヨ、ジカン、タクサン、カカルヨ。」とか
「45フンノガ、イチバン、イイデスヨ。」とか言われることが多く結構面倒くさいので
いつも45分のBコースを、まぁ松竹梅で言ったら竹を注文するようにしています。

ゆっくりと丁寧にやってもらえますし、一年で数回の贅沢だと思えば高くはないですから。

夕方5時に飲み始めるとして、3時までテルメに到着すれば時間的には十分です。
渋滞もなくスムーズに月山道を越え、無事に到着したのが2時50分。

すべてが順調のはずでした。
いや、順調すぎたのかもしれません。

駐車場に着いて「よーし!風呂入ってアカスリしてサッパリしてから繰り出すかぁ!」なんて
タオル片手に車から飛び降りたものの、後ろから「あれ?あれ?」などと車内をガサゴソやってる
アビコ一郎の声がします。

「まさか・・・」
「早くしろって。どうしたんよ?」
「あ、いや・・・」
「なに?どうしたのよ?」
「さ、サイフが無いです。」
「はぁ?無いってどういうこと?落としたの?忘れたの?」
「わかりません。」

「わかりませんって、どうすんの?」
「途中でコンビニに寄ってれば気づけたのに。」
「あれ、オレのせい?」
「あ、いやいや。」
「確かに途中でコーヒー買いに寄らなかったもんなー」
「出発する時に奥さんがドリンクくれたから・・・」
「あれ?カミさんのせい?」
「あ、いやいや。」

正月早々、なにやら不穏な空気が流れます。


・・・つづく。


 

毎度ありがとうございます!

昨日をもちまして、無事に年内の営業は終了いたしました。
本年中は一方ならぬご贔屓を賜り心より感謝申し上げるとともに
来年も変わらぬご愛顧のほどを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

新年の営業は1月6日(月)からとなります。


というわけで、今日は朝から年賀状の作成に追われていました。
毎年、年の瀬にならないと年賀状に取り掛かれないのも、我が家の恒例行事です。

昨夜、帰宅してから年賀状の印刷は終わらせて、午前中にコメントを書いて投函完了しました。
今夜はいつものメンバーで忘年会がありますし、明日は我が家で大晦日の食卓の準備もあります。

そんな慌しさがまた一年の終わりを実感させてくれます。

昨日から年末年始休みのはずの息子も「自主練習」のため、いつものように練習に出掛けました。
先々週にはインフルエンザで一週間も休んでしまってましたから、他の人が休んでいる間に
自主練で追いつかないとならない危機感があるのはわかります。

2kgの鉄バットとハヤシさんに送ってもらったZETTの木製バットとの素振りで、
この冬にさらにパワーアップを図りつつスイングフォームを作り上げていくのが課題でしょう。

家族と過ごす年末年始が一番のんびりできますし、年末には「感謝」を、年始には「決意」を胸に秘め
身も心も充実した時間を過ごしたいと思っています。

今年一年は自分にとっては「試練の年」だった気がします。
好きで始めた連盟審判員でしたが、辞めようと決意しグラウンドを離れたこともありました。

応援してくれた方々、支えてくれた家族の言葉に、もう一度頑張ってみようという気持ちになりましたし、
何よりも野球が好きで子どもたちが好きなことに、グラウンドを離れてみて改めて自分自身が
気づかされた部分もあります。

これからも失敗やご迷惑をおかけするかもしれません。
時には意見がぶつかることもあるでしょう。

生きているんですから、そんなこともあって当然です。

感情的に「もうやめた!」だの「もうしらねぇ!」だのと短気をおこすのではなく、
少し冷静に立ち止まって周りを見渡す心の余裕を持たなければと思う次第です。

それが出来るかどうか自信はありませんけど、努力することから変化が始まるものだと思いますから
来年の教訓にしたいと思います。


皆様には、今年も本当にお世話になりました。
素敵な新年をお迎えくださいませ。
 
皆様にとって幸多き一年になりますように。












毎度ありがとうございます!

今夜はクリスマスイブ。
あなたはどんなイブを過ごしますか。

やんちゃはクリスマスイブも営業しております。
が毎年、めちゃくちゃヒマなんですよね。

聖なる夜に、煙でモクモクのお店では雰囲気も出ないのも無理もありません。

ひとり寂しいそこのあなた、今夜はチャンスですよ(笑
モクモクされに来てください(笑

我が家では、子どもが中学生になった年からサンタクロースはやってきません。
その代わりに実用的なプレゼントは買ってあげることにしています。

娘はコートだったり腕時計だったりでしたが、息子はジャージやランニングシューズだったりです。
もちろん予算内で希望を聞いてから買いますよ。

今年はなにか欲しいものがあるのかと聞いたら「トレーニング用に鉄バットが欲しい。」そうで
さっそくネットで検索してようやく購入することができました。

今の鉄バットって全部細くて先端にウェイトが付いてないんですよね。
バットに振られるんじゃなくて、しっかりと体幹で振るためなのは分かってるんですけど、
自分が探しているのは先端の重い昭和の鉄バットなんですよ。

以前は自分も個人的に持っていたんですけど、学園倶楽部のバットケースに入れておいたら
いつの間にか無くなってしまって、ずーっと探してたんですけどね。
太さといい重さといい、冬場のトレーニングには最適なツールだと思います。

ようやくヤフオクで自分が持っていたものと同じ鉄バットを発見!
しかもほぼ未使用品でしたから、これは絶対に買いです。

ひと冬しっかりと振り込んで、更なるパワーアップとスイングスピードアップを目標に
一生懸命に頑張ってもらいたいですね。

たまに家の前で犬を散歩されている方に会ったりすると
「息子さん、いつも夜遅くまで素振りしてるの見てるんで応援してるんですよ。」
と声をかけられることがあります。

その時間は自分は仕事してますから、どこまで真剣に素振りしているのかはわかりません。
ただ、自分が店から帰宅したときに素振りしている息子とは遭遇するんで、車庫の前で
スイングのチェックはしています。

修正はしません。チェックだけです。

額から汗を流し、手袋に穴が開いてからが勝負です。
より実践をイメージし、一球一球集中して振らなければ意味がありません。

鉄バットは今日届く予定ですから、今から自分のほうが楽しみにしています。
到達できる目標を設定し、達成できたらまた新しい目標を設定しレベルアップを目指します。

早朝から仕込んでいる煮込みも、まだ時間がかかりそうです。
ブログを書きながらパソコンの前で2回寝落ちしてしまいました(笑
やっぱり疲れているのかなー。

でもラストスパートで頑張ります!
ではでは。









毎度ありがとうございます!

朝6時前に息子を送り出し、コタツでウトウト二度寝をしていたら10時を過ぎていました。
いま、慌てて煮込みを作っています。

昨夜は、酒屋のゴウが取引先のカツシを引き連れて17周年のお祝いに顔を出してくれました。

顔を出してくれたまではいいんですけど、なぜかその後に行ったお店で勢いがついたらしく、
22時も回った頃に「一緒に飲みましょうよ!せっかくの周年記念なんですから!」と
酔っ払ってしつこく電話をかけてよこすんですよ。

「いや、オレ明日も早いから。」
「みんな早いっすよ!ちょっとでいいから顔出してくださいよ。」
「ばか!ちょっと顔出すつもりでも代行がつかまらねーって。」
「大丈夫っすよ!じゃ『湯田川のひで』でカツシと待ってますから!ガチャン!」
「・・・。」

湯田川の「やきとりひで」さんと聞いて、ちょっと顔出そうかという気持ちも芽生えたりして(笑

「やきとりひで」さんは師匠のいない自分にとって、勝手にお手本にさせて頂いたというか
目標にしていたというか、雰囲気やメニューなども随分と参考にさせて頂いた名店です。

代行に確認すると0時30分までには行けるとのことで、90分一本勝負に出ます(笑

23時も過ぎて恐る恐るドアを開けると、ひでのマスターが「やんちゃはん、17年おめでとう!」
なんて声をかけてくれました。
嬉しかったですねー。

焼酎の炭酸割りをお願いすると「まだボトルあるよ。」と奥から「やんちゃ(四小野球)」と書いた
ボトルが出てきました。

息子が6年生の時に、野球部の保護者たちで立ち寄ったとき以来ということになります。
ということは4年ぶりのひで訪問ということになりますかね。

ここ、ひでさんの煮込みは味噌ではなく醤油味なんですよ。
普段はいつも味噌味ばかりなもんで、久しぶりにひでさんの醤油味の煮込みを食べたら
あまりにも旨すぎて、もう一杯おかわりしてしまいました(笑

相変わらず何を食べても美味しいし、何を飲んでも楽しいお店です。

名物の「じゃがピザ」も安定の旨さでしたし、揚げだし豆腐も最高に旨かった。
こうして鶴岡の名店の味に触れると、まだまだ自分も勉強していかなければと刺激を受けます。

ふと気づくと、カツシは途中から寝てるし、ゴウも半分以上は目が開いていない泥酔状態だし。

これはイカンと、おじいさんから酒屋を引き継いだ経緯や苦労話をアナザースカイ的に聞き出しながら、
いい話が出た直後に「そしてここが私の…ゴウ君にとってここがワタシの?」とただ単に
「アナザースカイ!」って言わせたくて何度も無茶ぶりして寝かせないようにするも失敗(笑

それぞれの人生に紆余曲折があって、大きな決断や運命を変える出会いがあったりするものです。
無理やり湯田川まで呼び出して、好き勝手に酔っ払って何度も同じ話しを繰り返すゴウとは、
これからも末永く付き合っていくことになるでしょう。

四中→鶴商サッカー部ですから、どっぷり直系の後輩ということになりますからね。
二人が寝ている間に、会計を済ませようとすると、すでにゴウが払った後でした。

そんな先輩の前でさりげなくカッコつけるところも、憎めない所以でもあります。

有り難く、ご馳走になってきました。
そして久しぶりの「ひで」さんを満喫させてもらいました。
90分一本勝負は完全に自分のフォール負けで結構です(笑

気合い入りました!
今日も頑張ります!








カウンター
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
3 5 7 8
9 12 13 14
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
[02/20 店主]
[02/20 店主]
[02/19 ひろゆき]
[02/19 モロキュースペシャル]
[02/19 店主]
[02/19 萬年幹事の松]
[02/16 店主]
[02/15 コーチャー]
[02/15 店主]
[02/15 タカノリ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /