やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
2345 678
91012 131415
161819 2122
23 2729
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8  
毎度ありがとうございます!

川越から帰ってきて、ふと自分が住む街【鶴岡】を改めて眺めてみると、
随分とぼんやりと中途半端な街なことに気づかされます。

鶴岡のイメージというと、やっぱり徳川四天王の筆頭といわれる出羽庄内藩主、
酒井家の城下町としてのイメージが一番強いような気がします。

あとは、庄内米・庄内柿・庄内メロン、だだちゃ豆・日本酒などの特産物関連商品ですかね。
いつからか庄内空港も山形空港と同じく「おいしい庄内空港」などと表記登録していて、
まぁ、ぼんやりと「いろんなものが美味しい街」ということなんでしょう。

鶴ヶ岡城跡の鶴岡公園には、天守閣はおろか城の礎となる堀の石垣も、わずかに30mほどしかなく、
観光スポットとしてはほとんどインパクトがありませんよね。
お花見シーズン以外には、腰掛けて団子や玉コンを食べたりするお茶屋もありませんし、
鶴岡の風物詩「あん玉」を買える売店もありません。
単なる普通のちょっと広い地元の公園という印象でしょうか。

もしも、県外から鶴岡に友人が遊びに来たとして、あなたはどこに連れて行きますか?

加茂水族館か、羽黒山か・・・
致道博物館や藤沢周平記念館と答える人が鶴岡市民に何人いるでしょうか。

3月に入り現在建設中の鶴岡市文化会館(新名称タクト鶴岡)の建設費用総額が、
当初の建築予算43億円を大幅どころか倍以上の96億円を超えることが
鶴岡市議会でも承認されました。

日本学校給食発祥の地「致道館」に隣接する鶴岡市のど真ん中に、まるでマジンガーZでも
屋根から出てきそうな、奇抜で滑稽なスタイルの文化会館が来年春に完成するわけです。

鶴岡でも少子化には歯止めが利かず、毎年800人ほどの人口減少傾向にあります。
税金や国の補助にどっぷり依存するにも限界があることは、自分のようなバカでも分かる話です。

そうなると、ふるさと納税に代表されるような外からの波及効果を求めるのは必然でしょう。

改めて、鶴岡市の持つ「城下町」「食べ物が美味しい」「日本酒」などの外からのイメージに
沿った街づくりというか、何度でも訪れたい街として成り立っているのか、甚だ疑問が残ります。

立派な市民ホール建設もいいでしょうけど、そんなお金があるならば、
鶴岡公園にレプリカでもいいから天守閣を作るとか、街のストリートの一本二本を下町街道として、
商人通りや宿場町風にして雰囲気を出すとか、そういう見せ方や演出が必要なのではないかと
個人的には思うわけです。

【小江戸川越】を謳う川越の観光ストリートも、せいぜい300mくらいでしょうか。
それでも、その区間だけは電線も地中化され雰囲気を壊さない工夫が施されていました。
鶴岡でも莫大な費用をかけて山王通りが無電柱化されましたけど、残念ながら、
単に電柱がなくなったなぁ程度の認識しかありません。

 小江戸ストリートの建物すべてが、江戸時代からある建物というわけではなくて、
店舗裏の壁には「新規開業サポートします。店舗外観デザイン、取り扱い商品
コンサルティングいたします。」などと張り紙があったりして、
意図的な街の景観作り・雰囲気作りなんだと気づかされます。

それでもいいと思うんですよ。
川越は年間700万人もが観光で訪れる観光地として、その地位を確立しているわけですから。

新しい街づくり(ストリート作り)から、新しいショップや新しい地元名産品の誕生や、
新しい経営者と新しい雇用を創造し、観光地としての経済効果と観光収入を見込めるとなれば、
鶴岡という城下町に人が集い、街に活気が出てくるのではないでしょうか。

鶴岡には庄内映画村もあって、そういった時代背景コンセプトに基づいた古民家づくりや
商家づくりなどのセット製作技術もすぐ身近にあるわけですから、そういう意図的な街づくりに
すごく向いていると思うんですけどね。

結局は友人が遊びに来た時に、どこに連れて行くか思いつかない自分がいます。
そんな事を考えた月曜日の朝でした。

さーて、今週も始まりましたね。
煮込みも美味しそうに出来上がりましたので、ぶらりとお立ち寄りくださいませ。



毎度ありがとうございます!

大衆演劇というと、敬老会で行く健康ランドの宴会場で、安いカツラと安い衣装で繰り広げられる
下手な三文芝居くらいにしか思っていなかった自分がいました。

でも、実際にその舞台を真近で観てみると、マジで面白いんですよ、これが。
いや、面白さが分かる歳になってきたというのが本当なのかもしれません。

しっかりと稽古された身のこなしやセリフの言い回し、舞台栄えする衣装や装飾小物、
遠目からでもいい男・いい女に見える舞台化粧に、すっかり魅了されてしまったんですよね。

本当の歌舞伎はテレビでしか観たことがありませんけど、
セリフが何を言ってるか分からなくて難解じゃないですか。
大衆演劇はセリフが時代劇そのままですから、内容がすべて理解できて
ストーリーが簡単で分かりやすいんですよね。

笑いあり涙あり歌あり踊りありアドリブありで、観ている観客との距離感も近くて本当に楽しかったです。
ご贔屓の劇団や役者を見つけたなら、それはもう下町の宝塚というのもわかります。

数年前から落語にも興味が出てきて、教育テレビやDVDを見たりするようになってきましたから、
歳をとってきて趣味趣向が変わってきたのかもしれません。
盆栽もハマると面白いって言いますし、家庭菜園も一度やり始めると楽しいらしいですしね。
聴く歌も、演歌が心に凍みる歳になりました(笑

食べて飲んで演劇を堪能して、健康ランドでアカスリもやってもらって、
珍しくホテルから一歩も外に出ない夜を過ごしました。

今回は、娘の卒業式に出席する事と、おばあちゃんに楽しんでもらう事がメインでしたので、
その目的は十分に達成できたと思っているんですけど、本人たちにはまだ聞いてません。
翌日に川越まで電車で来た娘と合流するまで、3日連続で小江戸川越でお土産を買う
おばあちゃんとカミさんの姿が、今回の旅の充実度を物語っていた気がします。

車で一緒に帰ってきた娘も昨夜、高速バスで埼玉に戻りました。
友達と富士急ハイランドに行ったり、小旅行を楽しむんだそうです。
3年間一生懸命頑張ったんだから、少しくらい羽根を伸ばしても誰も文句を言いませんよ。

次に娘と会うときには、社会人になった娘と会うことになるでしょう。
学生でも社会人でも、娘の頑張る姿を応援していくだけです。

これで3回目の川越でしたけど、娘のところに行く際には必ず泊まりたい街になりました。
きっと、古めかしくて雰囲気のいい酒場もたくさんあるでしょうから、それはまたの機会にでも。

そのせいか、そろそろ出張に行きたくてウズウズしてきたところです(笑

 
毎度ありがとうございます!

あいにくの雨模様でしたけど、なんとか予定通りに卒業式会場に到着し、
娘は同級生たちみんなと記念写真を撮ったりしていました。

無邪気に笑うその笑顔は、まだ子どもっぽさも残っているようにも見えるし、
随分と大人になった雰囲気も垣間見えて、この3年間という時間が娘を大きく成長させたことが
手に取るように伝わってきます。

専門学校の卒業式なんて、小中学や高校とは違って個人的なセレモニーは一切ありません。
卒業式会場に案内されると、すでにステージに向かって卒業生は着席しているし、
名前を呼ばれて起立するだけで、卒業証書も首席の子が代表して壇上でもらって、
「一同、礼!」で終わり。

カミさんにも「ビデオお願いね。」なんて言われたものの、ずっと後姿しか見えないんですから、
そんな画じゃぁ全く撮り甲斐がなく、撮影時間わずか1分で終了(笑

式終了後は、卒業生は先生たちとの謝恩会があるそうで、寮まで送って今日はここで解散。
我々は昨日に引き続き、小江戸の町川越に戻って観光と買い物を楽しみます。

蔵長屋のように趣のある町並みが広がり、まるで江戸時代にタイムスリップしたような雰囲気の街です。
もちろん電柱も地中化してありますから、見上げると電線が見えたりしてシラけることもありません。

風呂敷や手ぬぐいなどの和雑貨のお店もたくさんありますし、食べ歩きできるようなスイーツや
川越名産の紫芋?を使ったお菓子のお店もあちらこちらにあります。

おばあちゃんにとっても、こういった観光地のほうが楽しいだろうなーと
思っていましたから、とても喜んでくれたのは良かったんですけど、
テンションが上がりすぎて一緒に行った自分がそばにいるのに
「はい、これ、お父さんのお土産ねー」と手ぬぐいやら前掛けやらを、
その場で買ってくれるんですよ(笑
お店用にいいなと思ってたんで嬉しかったんですけど、いいのかなぁ。

結局、三日間すべてで小江戸川越でお土産を買うという快挙を成し遂げた
おばあちゃんでした(笑

二日目の宿は、その小江戸エリアのすぐ隣にある「ホテル三光」にしました。
ここは市街地のど真ん中にあるホテルで、二階に健康ランド、三階には大衆演劇場「小江戸座」があり、
宿泊客はそのすべての施設を利用することが出来ます。

実は「おばあちゃんに楽しんでもらうため」とは言いつつも、いつものアカスリと同様に
大衆演劇も秘かに楽しみにしていたホテルだったんですね。

そしてこれがまた面白かったんですよねー。

つづく。


 
毎度ありがとうございます!

娘の卒業式が行われたのは入間郡毛呂山町という、大学病院や医療専門施設が立ち並び、
いわば埼玉医科大の町と言っても過言ではない埼玉の田舎の町です。

残念ながらホテルも一つしかなく、学生以外にとっては少々不便な町でもあります。
初日に泊まったホテルの川越プリンスとは、高速を一区間使うものの車で40分位で
往来できる距離なんですね。

卒業式当日の朝に川越市内のお店で、ヘアメイクやら着物の着付やらをやってもらうと
カミさんから聞いていたので、我われも川越市内に泊まっていたほうがすぐに合流できて、
真っ直ぐ卒業式会場に直行できるという計算だったんです。

ところが当日の朝、川越まで送ってくれる予定だった同級生の親御さんが急遽送れなくなり、
「お父さんに、お願いできないかなぁ。」と娘に聞かれれば「任せとけ!」となりますよね。

そうなると、川越と毛呂山を二往復しなくてはならないスケジュールになり、
逆算すると朝4時起きが決定しました(笑

これで3度目の川越ですから、ホテル周辺の土地勘は十分ありますんで、
夕食はおばあちゃんのリクエストもあって「炭火焼肉すみいち」で食事する事にしました。

埼玉県内に4店舗展開しているプチチェーンのお店でしたけど、十分満足できるお店でした。
もつ鍋二人前で2500円はちょっと高いかなとも思いましたけど、立地やテナント料を考えると
そんなものなのかもしれませんね。

その日の埼玉の夜は雨が降っていて、鶴岡から来た初日ということもあってか気温に馴染めず、
みんな「寒い、寒い。」と感じていたんですよね。
サッと飲んで食べて明日の朝に備えようと会計を済ませると、店員さんが
「ありがとうございました。」と書いたホッカイロを渡してくれたんです。

心憎いサービスに自分自身もすごく感激したんですけど、ホテルまでの帰り道でカミさんと
おばあちゃんが「やんちゃでもカイロ配ればいいんじゃん。絶対に評判になるよ。」と
口を揃えて簡単に言うわけですよ。

カイロがタダならやりますよ、そんなもん。
ただ一回やったら、たまに寒い埼玉と違って雪国ですから冬の間の4ヶ月間、
毎日毎日カイロを準備しなくてはなりません。

そもそも、客単価の高い繁華街のチェーン店でのサービスと、
ウチのような田舎の小さなお店ではね・・・

まぁ、こっちも酔っ払ってますから反論したいことは山ほどありましたけど、ここは川越、
明日は娘の晴れの日ですから、大人の自分はグッとこらえてホテルへと急ぎます。
自分の部屋に戻って、スマホのアラームをしっかりかけたら速攻で寝てました。

翌日の朝4時、前日の雨がやまずに卒業式には残念な天気でした。

朝4時起き→
川越のホテル出発→
毛呂山で娘と友人を拾ってから→
再度、川越へ戻ってヘアサロンへ→
その間に一旦ホテルに帰ってスーツに着替え→
ホテルチェックアウト→
着付完了の娘と合流→
川越出発・車内で朝食→
毛呂山到着→
卒業式受付開始が午前9時。
という、慌しい朝の始まりでした。

つづく。
 
毎度ありがとうございます!

おかげさまで無事に埼玉から戻ってきました。
平日に三連休をとるのは勇気がいりましたけど、やっぱり行って良かったです。
いや、行かなければならなかったですね、親として。

今回は、80歳を越えたおばあちゃん(義母)も一緒に連れて行ったんですね。
おばあちゃんも定年まで看護師として勤め上げましたし、カミさんも母親の背中を見て
現在看護師として頑張っています。
孫の娘も来月からは看護師として社会に巣立っていくわけです。

三代にわたり看護師というのも、なかなか珍しいのかもしれません。

入学当時には、カメムシが大量発生していて度肝を抜かれたボロボロの学生寮も
昨年フルリフォームされ、畳からフローリングへと替わり、壁紙も真っ白でクローゼット付き、
キッチンも清潔感溢れる部屋に生まれ変わっていました。

そんな部屋のあちらこちらに、医学参考書やら看護師試験テキストやら、ものすごい量の資料や本が
積み重ねられていて、壁には暗記しなくてはならない人体の器官の絵やら疾患名が貼られていたり、
国家試験に向けての猛勉強の爪あとが見てとれます。

国家試験の結果は今月末に出ますけど、実習と勉強で本当に頑張った三年間だったと思います。

小学生の頃からカミさんとおばあちゃんの背中を見て「私も看護師になりたい。」という夢を、
一切ブレることなくその目標に向かって突き進んできました。

私立高校の特進科に専願で進学し、看護学校進学に向けて準備した三年間を経て今があります。
あまりの勉強量の多さに、看護学校では残念ながら脱落していった同級生もいたようです。

娘もとりわけ成績が良かったわけではありません。
中の中からちょっと良いくらいだったでしょうか。

それでも「特進科の7時間授業で勉強するクセが身に付いたことは大きかった。」と言います。
スポーツの世界で【努力】という言葉はよく使いますけど、勉強でも最後に差を分けるものは、
まさに日々の積み重ねの「努力」しかないのかもしれません。

そんな娘の努力と成長をそばで見守ってきて、改めて娘の晴れ姿を見ると
感無量という言葉しか思い浮かぶものが見当たりませんでした。
親として何もしてあげれなかったかもしれないけれど、
立派に大人になってくれた自慢の娘です。

おばあちゃんも三年間過ごした寮生活を見ることができて
とても喜んでくれてましたし、今度は職員としてお世話になる環境も
少し見て回ることができて、安心してくれたようでした。

卒業式当日の朝は着付けやらヘアサロンやらで慌しく、朝4時に起きて車で40分も離れた
寮とホテルを二往復するという超ハードスケジュールで始まりましたけど、
娘の晴れ姿のためですから一切苦にはなりませんでした。

5日間ほど帰省するというので、帰りは一緒に車に乗せて帰ってきました。
これまで埼玉に乗せて行った事はあっても、一緒に帰ってくることはありませんでしたから、
改めてその距離感に気づかされたかもしれませんね。

二泊三日で走行距離1100kmは運転嫌いの自分にとっては大健闘だったと思います。
自宅に戻って一番最初にしたことは、もちろんマッサージチェアーに座ること!(笑

今朝は6時に起きて煮込みを作ってます。
今日は土曜日、いつも以上に張り切って営業いたします!

二泊三日埼玉の旅の詳細は後日アップしますね。

それでは今日も頑張っていきましょう!!
 
毎度ありがとうございます!

日付が替わった深夜2時。
風呂に入ってさっぱりして、こんな時間に煮込みを作っています。

今日はおふくろの命日ですので午前中はお墓参りの予定ですし、
なんだかんだと買出しやら埼玉行きの準備やらで、時間が取れそうにないんですよ。
それならばそれで、寝ずに今作ればいいだけの話しです。

こんな時間、しかも命日ということもあってか、やはりおふくろの事を思い出します。

自分は高校時代のほとんどを寮生活で過ごしましたし、大学は函館の大学に進学して、
15歳ですでに家を出て親とはほとんど離れて生活していたわけです。

函館には親父もおふくろも何回か遊びに来てたんですけど、いざ鶴岡に帰る間際になると
おふくろは必ずと言っていいほど涙ぐんでたんですよね。

「親の心、子知らず」とでも言いましょうか。
遠く離れた地に、一人置いて帰らなければならない切なさからくる涙だったんでしょうけど、
20代前半までは、人目もはばからず涙ぐんでいるおふくろの事を、心のどこかで
「ちょっと恥ずかしいから、こんなとこで泣くなよ。」と思っていた自分がいたんですね。

大学4年のある時、函館に来たおふくろを駅まで送る車の中で、すでにメソメソしてる姿を見て
「この後すぐにバイト入ってるから駅の中までは入らないよ。」ととっさにウソをついて
函館駅のロータリーで下ろして、見送りもせずにそのまま走り去ったことがあります。

そんなウソとも知らずに「何でも時間はちゃんと守らないとダメだぞ。身体に気をつけて頑張れの。」と
最後まで自分のことを心配してくれて車が見えなくなるまで手を振っていたおふくろの姿を思い出すと、
今でも後悔と切ない気持ちが蘇ってきて、自分自身の親不孝っぷりに胸が張り裂けそうになります。

函館で打ちひしがれてボロボロになって鶴岡に帰ってきた時にも、おふくろはなぜか
無邪気に喜んでくれてて近所に自分が帰ってくることを触れ回っていたそうです。

いつでも心配してくれて、真っ直ぐな愛情を持って育ててくれた母親の涙の美しさに、
随分と長い間、照れや恥ずかしさから気がつかないフリをしてきました。
あまりにも真っ直ぐすぎて、何でも張り切るおふくろの事を友人にからかわれた事もあります。

若い頃にはカッコつけたつもりでも、母親の有り難さや愛情に気づいていたのに、
素直に言葉や態度に表せなかった、めちゃくちゃカッコ悪い大バカ野郎な自分がいます。

そんなバカもいつしか子を持つ親になり、埼玉の専門学校に進学し離れて暮らす娘のことを心配し、
そんな自分のとなりには、おふくろと同じように別れ際には必ず涙するカミさんがいます。

人混みでごった返す新潟駅のホームで、乗り込む娘の後ろ姿を涙ぐんで見送るカミさんを見て、
あの頃の自分のように「ちょっとお母さん!なにこんなとこで泣いてんのよ。」とツッコミを入れる
年頃になった息子の気持ちも同じように分かります。

「お母さんは寂しいんだよ。お姉ちゃんの事を心配してるんだよ。」
「みんな見てるじゃん。恥ずかしいよ。またすぐに会えるのにさ。」
「いつかお前も離れて暮らすようになったら、お母さんの涙の訳に気づくはずだよ。」
「・・・。」
「お母さんの涙は、全然恥ずかしくなんかないんだからな。」

改めて今になって言えるのは、そんなおふくろの事が好きでしたし、そんなカミさんの涙にも
あの時素直になれなかった自分の青臭い感情が蘇ってきて、切なくなってしまうんですね。

娘だろうと息子だろうと、子を想う親の涙ほど、この世で純粋なものはないのかもしれません。
ちょっとセンチメンタルな夜になってしまいました。

さーて、そろそろ煮込みが出来上がります。
そういえば、やんちゃを開業する前に練習で、初めて自分が作ったくそマズイ煮込みにも、
「旨いねぇ!旨い!」と恥ずかしいくらいに絶賛してくれていた事まで思い出してしまいました。

兄貴にも「練習なんだから不味いものはマズイって言ってあげないと上達しないからダメだ。」と
何度叱られても、「いいや、本当に美味しい煮込みだ。私の口には合う!」と言いきって、
「美味しいから自信持ってやれ。」と背中を押してくれたのもおふくろでした。

あの頃よりは随分と旨くなってるはずなんだけどな。
もう食べてもらえないのかと思うと寂しいです。

明日、起きたら墓参りに行きます。
待っててください。
綺麗な花を持って行きますから。










 
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 18 19 21 22
23 27 29
30
最新コメント
[04/27 店主]
[04/27 店主]
[04/26 タイヤ屋]
[04/26 仙台屋の自販機]
[04/18 店主]
[04/17 まさる]
[04/01 店主]
[03/31 仙台屋の自販機]
[03/29 店主]
[03/28 しんさん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /