やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2018/04 >>
SMTWTFS
1234 56
8910 1214
15161718 192021
22232425 262728
2930
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9  
毎度ありがとうございます!

4日ほど前に、週末の部活時にしか乗らない自家用車のバッテリーが上がってしまい、
後輩クロサカのところで新品バッテリーに交換したばかりなのに、今度はカミさんの乗る
軽自動車のバッテリーが上がってしまいました。

しかも、昨日の営業中にカミさんから「車庫の手前でエンジンが止まってかからない。」
「道路をふさいだままで全く動かない。」なんてSOSの電話が入ったんですよ。

猛吹雪で悪天候のせいで、お客様は後輩スガイの二人組のみ。
事情を説明して、スガイに「ちょっと自宅に戻ってくるからややこしい注文はするなよ。」と
念を押して、一時、自宅に戻らせてもらいました。

猛吹雪の中、バッテリーケーブルで繋いだら一発始動したんで、完全にバッテリーがアウトでした。
同じ時に買った二台ですので、同じ時期にバッテリーがダメになるのは仕方ないにしても、
二台一気にバッテリー交換という急な出費は地味にイタイわけでして。

そんなこんなで、クロサカのところでバッテリー交換してもらって、友人のやってるコンビニに
行ったら、突然「ドガーン!!」と音がして、棚の商品が崩れ落ちてきたんですよ。
マジで、直下型地震かと思いましたよ。

そのまま呆然としていると、入り口から「すいませーん。アクセルとブレーキ間違えました。」
なんて若い女性が申し訳なさそうに店内に入ってきたんですね。

ちょうど、冷凍食品ケースの裏側の壁をドガーンとやったようで、扉は歪んで閉まらないし、
氷やらデザートやら中の商品も床一面に散乱してました。

保険会社からの指示で現状保存で現場写真を撮らなくてはならないそうで、
散乱したままの店内に後から入ってくるお客さんも「どうしたの?」なんて
ビックリしてました。

裏側の壁の面だったから良かったものの、正面のガラスの面だったら
間違いなく店の中まで車が突進してたでしょうね。

最近多くなったイートインスペースがある店舗で、
コーヒーを飲んでるカウンターのすぐ目の前が駐車場ですから、
大きな事故になる可能性も十分にあったわけです。

ドライバーの女性は、車を買ったばっかりで今日納車だったそうです。
時刻は10時でしたから、納車1時間後の悲劇だったということでしょうか。

幸いにもドライバーにも店内のお客様にもケガ人が出なかったからよかったものの、
アクセルとブレーキの踏み間違いは、年配ドライバーに限った事故ではないのかもしれません。

思い起こせば、これまでも数多く車に突っ込まれてる友人のコンビニですけど、
年配の方よりも若い世代ドライバーの突っ込み事故が多い気がしますもんね。
過去には、中学時代の同級生の女子が突っ込んだこともありましたし。

車には予期せぬアクシデントが付きものです。

慌てず焦らず的確な判断と、アクシデントのための準備は必要不可欠だと思っています。
自分の車のトランクには、バッテリーケーブルと雪道脱出のためのスノーヘルパーと
ミニスコップが冬場はいつも入っています。
エンジンさえかかって雪にハマらなければ、あとは何とかはなりますんで。

皆さんもいま一度、トランクの中をチェックしてみてはいかがでしょうか。

今日も安全運転でいきましょう。






 
 
毎度ありがとうございます!

半年前の夏のある日。
3年生最後の大会が終わり、その慰労を兼ねて三週間後に食事会を開催する事になったんです。
その仕切りは、新保護者会長にとって最初の仕事、云わば自分の役目というわけです。

一応、野球部員には予算があって、部員一人2000円で保護者は実費での参加となります。

中学生とはいえ野球部員ですから、やっぱり食べ放題のお店がいいだろうということになって、
とりあえず「〇〇食べ放題のお店A」に料金の確認の電話をかけました。

「お尋ねします。中学生と大人で利用を検討しているのですが、料金はおいくらでしょうか?」
「中学生以上は大人料金ですのでドリンクバーが付いてお一人2190円に消費税となります。」
「なるほどですねー。ちなみにお店の広さはどのくらいありますか?」
「何人くらいのご予定ですか?」
「まだ企画の段階なんでこれから呼びかけなんですけど、30人から40人くらいでしょうか。」
「当店は50名様以上でも対応できますので大丈夫です。ちなみに何月何日のご予定ですか?」
「7月〇日の予定なんですが、検討してみてお世話になるときには、また連絡いたします。」
「あのー、お名前とお電話番号を教えていただけますか。」
「・・・。あ、いや、まだはっきりと決まっていませんので。」
「大丈夫ですよ。念のためお聞きしているだけですから。」
「はぁ、そうですか。えーっと、四中野球部保護者会のイシカワです。電話番号は090・・・」
「イシカワ様ですね。ありがとうございます。」
「正式に決まったらまたご連絡いたしますので。」
「はい。ありがとうございました。」

そんな電話のあと、今度は「△△食べ放題のお店B」に料金確認の電話をしてみました。
「お尋ねします。中学生と大人で利用を検討しているのですが、料金はおいくらでしょうか?」
「ありがとうございます。お一人様1680円に消費税となっております。」
「あのー、ドリンクバーなんかは別料金ですか?」
「いや、すべて込みでこのお値段でございます。」
「なるほど。ありがとうございました。決まり次第、予約させてもらいます。」
「かしこまりました。ご予約お待ちしております。」

で、会計担当のお母さん方とも相談して「食事会の予算内で納まるBのお店のほうがいい。」
ということで翌日、△△食べ放題Bのお店に改めて「7月〇日17時から四中野球部保護者会」で
正式に予約を入れます。

が、約三週間後の企画ということで、一人増えてみたり一人減ってみたり、兄妹が参加してみたりで、
その間、何度もB店と電話でやり取りを繰り返しながら、最終的には36名でなんとか確定しました。

で、7月〇日の当日。
開始時間は17時からの予約だったんですけど、13時30分に一本の電話が。

「食べ放題Aです。今日、どうなりましたか?」

ガッチリ昼寝をしていて寝ボケていた自分は、それまで何度も人数やら時間変更でやり取りしていた
B店からだと勘違いして「開始時間は予定通り変わりなく、なんとか36名で確定ですね。」と
答えていたんですね。

電話で料金の問い合わせしかしていないA店から当日になって確認の電話がくるなんて、
これっぽっちもアタマになかったもんですから、完全に勘違いしてしまいました。
 
そのまま予定通りB店で17時からの食事会も終わり、車に置きっぱなしだった携帯を確認すると
見慣れない番号からじゃんじゃん着信履歴が入ってるんですよ。

「なんだ、この番号?」
恐る恐る電話をかけてみると「はい、〇〇食べ放題Aです。」と電話に出ます。

「イシカワと申しますが、着信がたくさん入ってましたけど、何のご用件でしょうか?」
「あのー、今日はどうされたんですか?」
「は?どうされたとは?」
「今日、36名でご予約されましたよね。」
「は?おたくAに予約なんてしてませんけど。」

と、ここまで話してようやく、実は13時30分の電話が食べ放題A店からの電話だったことが
自分の中で理解できました。

「あっ!お昼の電話はA店だったんですね。B店と勘違いしました。申し訳ないです。」
「もう、いいですよ!今日はB店に行かれたということですね。わかりましたっ!」
と向こうも少しキレ気味です。

このあたりから、ちょっと自分もスイッチが入ります。
「昼寝していて勘違いした自分も悪いんでしょうけど、ただ料金の確認の電話をかけただけで、
 仮予約も仮押さえもしていないのに、当日どうなりました?なんて電話をいきなりよこして
 A店はそういう電話応対マニュアルなんですか?ちょっと失礼じゃないですか?」
「だから、もういいって言ってるじゃないですか!」

もちろん、勘違いとはいえ、席の確保や準備の手間を無駄にさせてしまったことは謝ります。

でもね、36人の団体客が当日の昼まで何の連絡のない問い合わせを【予約】と言いますか?
そのくらい、わかるでしょうよ。「検討してみます。」って言ってるんだから、
検討した結果、今回はウチには予約が入らなかったんだと。

しかも「正式に決まったら、こちらからまた電話します。」とまで言ってるのに
名前だの連絡先だの日時だのグイグイ聞いてきて、それを当日に電話してくるって、
それが単純に料金を聞きたくて電話してきたお客に対する対応ですかね。

だったら、他店と比較してA店に行かない場合は「今回は別にお店に行きますので。」って
こちらから電話しなくてはならないってことですか?
問い合わせしただけですよ、一人いくらかかりますか?っていう料金の。

百歩譲って、問い合わせしてきた客の連絡先を聞いておいて、後日営業の電話をかけるとしても
予定日よりも2~3日前に「以前にお問い合わせ頂いたA店です。その後ご検討頂けましたか?」
っていうアプローチじゃないんですか。
いきなり電話してきて「今日どうなりました?」って、あまりに突然で失礼でしょうが。

ちょっと納まりがつかなくなって「ちょっとA店に行って直接話してくるわ。」
という自分をカミさんがなだめてくれて、ようやく冷静さを取り戻しました。

友人達にこの話しをすると、自分の過失割合も3:7くらいの比率で3割悪いといいます。
寝ボケていたとはいえ、A店からの電話に36名と答えてしまっているから悪いと。
そうなんでしょうか。

もう済んだ話しなので、どっちでもいいんですけどね。

やんちゃにも座席数や一人当たりの予算のお問い合わせを頂きますけど、
電話をかけてきた方の名前や電話番号を聞いて、当日「どうなりました?」
なんて電話は一切かけたりしませんので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

今週も頑張ります!
今日は長編ブログになってしまいました。

今日のはクロサカくん、喜ぶかなぁ(笑

 
毎度ありがとうございます!

部活のない日曜日。
それでもいつもと同じ6時には起きてしまう朝です。

身体はオフでも、頭の中は常にお店のことを考えてしまいます。

実は、最近困っていることがありまして、そのことがアタマから離れません。
それは何かというと、お店で使っている卓上コンロのことなんですよね。

うちは串に刺して自分が焼く「やきとん」と、お客様が卓上七輪で焼いて食べる「ホルモン」との
二本柱でやらせてもらっています。
焼肉屋とは違いますので「ホルモン」のメニューは【塩ホルモン】【壺ホルモン】【熟成ハラミ】
の三種類だけしか今のところはありません。

ホルモンメニューは自分が美味いと思う部位だけを提供しているんですけど、
そのカギとなるのは卓上コンロと炭と言っても過言ではないでしょう。

使っている卓上コンロは「飛騨コンロ」の5号サイズのものです。
オープンから今で4代目のコンロですので、約4年くらいで
交換しなくてはなりません。

ひと口に飛騨コンロと言っても微妙な形状の違いがあって、
一番の違いは炭を入れる部分の「深さ」が違うんですよ。

ホームセンターなどで売っている安価な飛騨コンロは、炭入れ部分が浅く狭いんですね。

お店で使う飛騨コンロは、東京浅草かっぱ橋の業務用厨房機器屋さんからのネット購入なんですけど、
今回の飛騨コンロは若干肉厚になってしまって炭入れ部分の底が浅くなっているものでした。
その差は微妙で1センチの差くらいでしょうか。

でもその1センチの差で、炭を縦に入れれなくなってしまって、そのぶん燃焼時間が
短くなってしまうという致命的な問題が起きてしまっているんですね。

もちろん、不良品というわけでもなく、安全面からすれば肉厚のほうが安全ですので
マイナーチェンジというか製造元の微妙な鋳型の変更といったところなんでしょう。

他にもたくさんの飛騨コンロが販売されてますので、買えることには買えるんですけど、
使い慣れた深底の5号かどうかが、カタログ写真ではなかなか分かりませんし、
深さの寸法なんて明記もされていないんですよね。

さて、困りました。
今のままでも使えるんですけど、炭をもっと細かく割るしか方法はないようです。
となると、炭のロスがハンパなく出てくるわけですよ。

これは、直接かっぱ橋に買い付けに行くしかないのかもしれませんね。
実際に手にとって、肉厚や底の深さを確認して直接購入してくるのが一番なのかもしれません。

2月に娘が正月休みの代わりに帰省します。
帰りは埼玉まで送る口実で、かっぱ橋に行って飛騨コンロを買い付けてくるというのも
密かに考えている出張プランでもあります。

でも、確定申告時期ですので、何かと慌しく忙しい時期でもあります。
日曜の夜に夜行バスで行って、翌日とんぼ返りでも仕方ないかなぁ。。。
うーん、もうちょっと考えてみます。

というわけで、インフルエンザ大流行の鶴岡です。
今シーズン販売が終了した「生すだちサワー」のメニュー変更も作らなくてはなりませんので、
今日は大人しく自宅でデスクワークに専念します。

素敵な日曜日をお過ごしください。

 
毎度ありがとうございます!

美味い「モツ鍋」が食いたいんです、美味いモツ鍋が。

日曜日の夜、家族みんなで最近お気に入りの「田田」でゆっくりと温泉に浸かったあとに、
晩ごはんを兼ねて某居酒屋で食事をして帰ろう、ということになりまして。

12月に後輩たちから忘年会の予約が入った際に、特別にモツ鍋を出してやろうと思っていたら、
まさかの「キムチ鍋」のオーダーになって以来、自分自身が「モツ鍋」が食べたくなったんですよね。

某居酒屋でも「鍋まつり」をやっていたのを知っていましたから、迷わず「モツ鍋」を注文。
牛モツでしたけどあまりに硬すぎて、家族誰一人噛み切れる者はいませんでした(泣

腸壁に脂も大げさなくらいにたっぷりと付いていて見た目は美味しそうなんですけど、
見た目だけで飲み込めないのは頂けません。
輸入冷凍モノのホルモンは、噛み切れないものがほとんどです。

実際、うちに来てくださるお客様から「モツって噛み切れないイメージが強くて苦手」という
お声を頂戴することも少なくありません。

もちろん、うちで扱うのは豚モツだけですので、牛と豚の食感の違いは当然あるかと思います。
でも、ああいうモツ鍋を一度でも食べたら、やっぱりモツは硬くて飲み込めないっていう
イメージになりますよね、やっぱり。

シンプルで美味いモツ鍋が食いたいです。

そうなると、やっぱり自分が作るしかないですかねー。
今月、お店の新年会を企画してるんですけど、当初の焼肉の予定を変更して
お店でモツ鍋を食べることにします(笑

スタッフは焼肉のほうがいいのかもしれませんけど、焼肉の場合は昼に食事だけ。
店でやる場合は、モツ鍋のほかに塩ホルモンとハラミも食べれてアルコール付き。

当然、自店開催でしょうよ(笑

自分は「モツ鍋」一本に絞って、気合い入れて仕込みます。
どこか、美味いモツ鍋が食えるところがあったら、是非とも教えてください。

やんちゃでは「モツ鍋」のメニュー化の予定は、まったくありませんので、あしからず。

大型寒波も通り過ぎて、久しぶりに空気が美味しいと感じる今朝の鶴岡です。
今日も一日頑張っていきましょう!!

 




毎度ありがとうございます!

今年初めての「初夢」を見ました。
宝くじでも当たる夢なら良かったんですけど、ゴルフをやっている夢でした(笑

息子が野球を始めた4年前から、全くクラブを握っていません。
クラブどころか、キャディーバックすらさわっていません。
そろそろゴルフを再開しろ、という暗示だったのかもしれませんね。

まぁ、息子の中総体が終わるまではやるつもりもありませんし、出来ないですよ。

いきなりやっていきなりコースに出れるほど、ゴルフはインスタントなものではありませんし、
自分はやる以上はちゃんと準備してコースに出たいアスリートタイプだと思います。

アスリートというほどの腕はありませんけど、100も切れない状態でコースに出ても
全然面白くありませんし、ハーフ休憩でビールも飲まないタイプです。
何なら、ハーフ休憩もなくていいくらいですもんね。
娯楽ではなくスポーツとして毎回自己ベストを意識してコースを楽しみたい派です。

プレー中にアルコールを飲んだり、スマホで音楽を流しながらのリゾートゴルフみたいな
ラウンドスタイルは、正直あまり好きではありません。

スコアを気にせず楽しもう!とよく声をかけて頂くこともあるんですけど、
スコアを気にしないゴルフのどこが面白いのか、自分にはさっぱりわかりません。

やっていた頃は、少しの時間でも打ちっぱなしに行ったり、家でパター練習してみたり、
クラブの手入れも怠らず、グリップ交換くらいなら全部自分でやってきましたから。
そういうちょっとしたこだわりを自分で楽しみながらラウンドするわけですから、
その結果としてスコアを求めるのは、自分の中ではすごく自然な事だと思っています。

あくまでも自分はですよ、あくまでも。
他の人のプレースタイルを否定するものではありませんから。

クラブメーカーは酒田の「本間ゴルフ」のクラブを愛用しています。
兄貴に強く勧められたのと、野球部の先輩クマガイさんが勤めていることもあって、
ゴルフを始めたころからずっとドライバーからパターまで全てホンマを使っています。

やっぱりいつの日かは、家族でラウンドしてみたいですよね。
カミさんも息子が生まれるまでは一緒にラウンドしていましたし、
息子も「いつかオレもゴルフやってみたい。」なんて言いますから。
娘はさすがに三交代勤務で働いてますから、ゴルフを覚える時間はないかもしれませんけどね。

さて、今日は朝から大雨の鶴岡です。
昨日は祝日でしたから今日は火曜日なんですけど、完全なる月曜日感覚でスタートしました。

今週もまた頑張っていきましょう!!

毎度ありがとうございます!

昨日は、毎年恒例の高校野球部のOB総会が開催され、大きな問題もなく無事に終了し、
後半の懇親会も大変に盛り上がったいい懇親会だったと思います。

創部50年を迎えるにあたって、改めてその歴史の積み重ねを実感しています。
強かった年もあれば、弱かった年もあります。
甲子園に行った世代もあれば、一回戦で負けてしまった世代もあります。

そういった結果よりも、厳しい練習に耐え抜き3年間続けてきた部員一人ひとりの日々の積み重ねが、
創部50年という大きな歴史となって、そしてこれからも続いていくんだなあと、
何ともいえない感慨深い感情が湧いてきていたんですよね。

自分もOB会事務局を務めて、もう13年が過ぎようとしています。
現場との距離感や、OB同士の親睦と縦と横の仲の良さと繋がりを意識して
走り続けた期間だったように思います。

来年には800名を越すOBの中には、いろんな人がいます。

いかに自分の現役時代が凄い選手だったかを自ら熱弁する人もいますし、
相変わらず後輩に対して高圧的な態度で接する人もいます。

でもね、気がつけばそういう人の周りからは、なぜか人がいなくなっているから不思議です。
みんな気づくんですよね、そういう話しやそういう態度の前で一緒に酒を飲んでもマズイことを。

歳を重ねるにつれて現役時代の角が取れて丸くなってきて、同じ時代を戦ってきた同志のような
理想的な関係は、先輩の懐の深さと器量の大きさがなければ絶対に築けないものです。

特に我々のような昭和の根性野球の全盛期に、1学年違えば天国と地獄の絶対的な上下関係を
過ごしてきた者たちが、50も過ぎて辿り着くゆるーい関係というか、心地いい先輩後輩というか、
ようやくそんな歳になり、ようやくそんな関係になれた心地よさがそこにはあるわけですよ。

そういう意味では、自分は本当に心の広い良い先輩と巡り会えたと思っていますし、
自分も後輩のことはこれからも、懐深く器大きく接していこうと思っています。

ようやく総会が終わったといえど、自分の雑務はまだまだこれからが本番です。
当日の総会の様子を撮った写真を選別してホームページにもアップしなければなりませんし、
総会の総括資料もこれから製作しなくてはなりません。

組織をまとめるためには、誰かがやらなければならない職責です。

たくさんの先輩方から「いつもありがとうな。お前が一番大変なのはみんな知ってるからな。」と
声をかけて頂くたびに、なんとも言えない気恥ずかしい気持ちになります。

でも、自分の頑張りなどではなくて、参加してくださるOB一人ひとりの愛校心が
今のOB会の礎になっているんですよ。

今回も遠くは大阪、神奈川、東京、埼玉、福島、新潟、秋田、岩手からと、
たくさんのOBの皆さんに足を運んで頂いておりました。
本当にありがとうございました。

これからも、また顔を出したい、みんなに会いたいと思ってもらえるような、
そんなOB会になるべく微力ながらサポートしていけたらと思います。

お疲れさまでした。
来年に向けてこれからまた頑張っていきます。

ありがとうございました。









カウンター
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
[04/13 店主]
[04/12 高山利幸]
[03/25 店主]
[03/24 しんさん]
[03/10 店主]
[03/09 タムちゃん]
[03/09 店主]
[03/09 タムちゃん]
[03/07 店主]
[03/07 横浜ベイスターマン]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /