やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 34
578 91011
1314
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9  
毎度ありがとうございます!

もう先週の日曜日の話になりますけど、中学の体育祭に行ってきました。
娘が中学生の頃からすでに、赤・青・黄・緑の四軍での対抗戦だったんですね。

自分が中学の頃は、白軍が一番かっこいいと思って組頭までやってたわけですけど、
いつのまにか白軍に変わって青軍がスタンダードになってしまっていました。

そしたらなんと今年は、白軍も復活して五軍での対抗戦になったそうなんですね。
息子も今年は白軍!いいじゃない。

2年生からは3年生の組頭を補佐する若頭を選出したそうで、息子が立候補したそうです。
勉強はまったくダメですから、体育会系のこういう場面で頑張ってもらうしかありません(笑

自分も、相変わらずの綱引き選手にエントリーされてました。
選手団が控えている時点ですでに、相手チームから「顔が反則だ!」とかクレームがつきます(笑

娘の体育祭でも、息子の体育祭でも、出場した綱引き全て負け知らずで勝ってきましたけど、
昨年の体育祭で唯一痛恨の負けを喫していました。

そんなに熱くなっているわけではないんですけど、やるからには勝ちにはこだわるタイプです。
ですが、全員の意思とタイミングが合わないと力が発揮できない綱引きでは、
いくら自分ひとりで気合いを入れたところで到底勝つことはできません。

大体がぶっつけ本番でその場に集合するわけですから、タイミングを見てその場で
大人たちが集まってまずは打ち合わせします。
それを後方の子どもたちに伝達するわけですけど、ここが一番大事なところなんですね。

白軍担当の先生も「そーれ!そーれ!」なんて一生懸命声をかけてくれてましたけど、
今どきそんなタイミングで引く綱引きは負けにいくようなもんなんですよ。
かといって、あちこち動き回る先生に「その掛け声ちょっと止めてもらってもいいですか。」と
言えるタイミングもありませんし…

「いいかお前ら!先生の声に合わせて引くなよ!」
ただ単純に引っ張るだけの簡単な競技に見えますけど、綱引きで勝つには大きなポイントが
いくつかあって、それらはここでは割愛しますけど、検索すればすぐに見つかるはずです。

体の大きな大人を揃えれば勝てるというものでもありません。
初動のコツ・引く姿勢・利き腕・人員の配置…
実は、それらのポイントを分かっている人がいても、体育祭のグラウンドでいきなり集まって
そのコツを全員で意思統一することが一番難しいことなんですね。

だから「この人、綱引き強そうだなー。」っていう雰囲気をバリバリ出して、
まずはチームメイトの注目と耳を傾けさせることが最重要任務になってくるわけです。

おかげさまで、今年は見事綱引きで優勝することができました。
ありがとうございます。

そして、いよいよ今週末に新人戦が行なわれます。
あとは本番に向けて、ケガ人が出ない事だけを願うばかりです。

たった部員9人でどこまでやれるのか、保護者会の合言葉は「やってやろうじゃん!」
いい雰囲気で選手も保護者も盛り上がってきました。

いっそのこと「やってやろうじゃん!Tシャツ」作りたかったなー(笑
綱引きも野球も、「やってやろうじゃん!」という相手を飲み込む強い気持ちが、
最後には勝利を呼び込むものだと本気で思っています。

さーて、今週も始まります。
よろしかったら、ぶらりとお立ち寄りくださいませ。



毎度ありがとうございます!

気がつけば、もう9月ですね。
仕事以外のことが忙しすぎて、ブログの更新もままなりません。

先週末は保護者説明会があってその準備に追われ、今週末は高校の野球部創部50周年の
記念誌発行のための編集会議があって、今はその会議資料の準備でてんやわんやしてます。

その間、カミさんは神戸に3日間の出張に行ってしまったため、息子の食事の準備やら、
深夜に帰ってきてから洗濯機を回して夜中に干すという主夫業もこなしつつ…

さらにその合間を縫って、先週から始まった秋季高校野球庄内地区大会の母校応援に、
OB会ホームページの更新も同時進行しながらの、明日は中学校の体育祭が行なわれます。
競技審判やって綱引きの選手にもエントリーされてました。
昼まで体育祭、そのまま帰ってきてから、すぐに仕込みに取り掛かります。

煮込みもそろそろ再開したいところなんですけど、どうやら6日頃まで仕込む時間が取れません。

息子の中学校野球新人戦も17日に控えていて、保護者会長として保護者審判の割り当てやら
練習付き添いのお願いやら、テントや台車の備品購入の手配まで、自分でもよくぶっ倒れない
もんだと感心してしまいます。

そんな合間をついて、連盟審判部のほうからも容赦なく秋季高校野球の塁審の割り当てや
中学校新人戦の割り当てがくるんですけど、マジで無理なものは無理なんですよね。

9月と10月の土日は、全て予定で埋まっています(泣

10月には高校の同窓会もありますけど、出席は難しいかな、こりゃ。

そういえば、先週はワタルの「お疲れさん会」もやったけど、撮った写真も一枚だけ。
ワタルが喜んでくれたんで、めでたしめでたし。

そんな怒涛の幕開けの9月がスタートしました。
マジでぶっ倒れないように頑張ります!!

季節の変わり目には注意というけれど、風邪ひいてるヒマもありません。
立ち止まったら体調を崩しそうなんで、とにかく走り続けます!!

のんびりしてるカールが羨ましいです(笑
ではでは。



毎度ありがとうございます!

先週のお盆ウィークに、後輩のタザワが顔を出してくれました。
軟式ボールを綺麗にするボールクリーナーを「いいね!」したのを覚えていてくれて、
わざわざお土産に持ってきてくれたのでした。

「車で来たんで。」というタザワを無理やり引き止め、ウーロン茶で乾杯です。
タイミング悪く、カウンターのとなりには、いつものスガイがひとり酒。

野球だの審判だので、あーでもないこーでもないとトーク炸裂です。

全国各地を飛び回り、高校野球だけでなく中学野球からプロ野球まで、
コツコツと足で取材してきた彼の仕事ぶりと、その年月の中で培った豊富なネットワークは、
話しを聞くだけでもマニアックな自分にとっていつも新鮮で、全然飽きることはありません。

自分の持っている野球に対する長年の疑問や悩みを、あえてデフォルメしてぶつけてみても、
はぐらかすことなくその屁理屈を受け止めながら、名立たる指導者の人柄や会話を例に挙げ、
いろんな角度から、まさに【美味しい答え】を導き出してくれます。

気がつけば、閉店時間から2時間オーバーの午前1時まで喋りっぱなし!(笑

今回の極論テーマは「怒らない(罵倒・叱責)指導者の下では、選手やチームは育たないのか?」
という、ありえないんだけれど自分の中で前々から気になっていたテーマでした。

野球に限らず、どの学生スポーツでも指導者の怒鳴り声が聞こえない日はありません。
叱責されるような事を選手がしているといえば、確かにそれまでなんですけど、
逆に「バカヤロー!何やってんだ!」と指導者が怒るのもイージーなような気もするわけです。

となりにいたスガイも、以前はスポ少や中学野球部でコーチも務めたことのある昭和野球人です。
昭和野球人ですから、もちろん指導方法はスパルタでした。

教えてもできなければ叱責する。
真剣に取り組まないヤツは容赦しない。

自分のやってきた野球も、自分が教わってきた野球も、現役時代は毎日毎日怒られた日々です。
しつけなのか、指導なのかは別として、全く声を荒げず罵倒もしない指導者がいたとして、
そういう人から教わった選手はみんなダメダメなのか、みんな万引きしたりタバコ吸うのかと。

あくまでもディベートのテーマですよ、テーマ。

そしたら即座に、畑喜美夫先生の「ボトムアップ理論」の本を教えてもらいました。
どういう本かというと・・・

「教えない"指導が子どもを変える!」
自主性を促す組織づくりで絶対につぶれない「人間力」を磨く
『個』と『組織力』をともに底上げする新理論

かつては無名だった進学校の広島観音高校を独自の指導で日本一へと導いた名将・畑喜美夫監督。
畑監督は選手が自ら考え、行動する「ボトムアップの組織論」を打ち出し、スタメンや戦術、
メンバー交代までも選手たちに決めさせるという指導法で全国に名前を知られる監督です。
本書はスポーツの育成現場に立つ指導者や教師、また子育てに悩むお父さんお母さんにも
参考となる一冊であり、畑先生が子どもの自立や人間力を育む教育を余すことなく、
具体的に解説、そして提言していくという内容です。

これ、絶対に買って読みます。
少なくとも、こういう指導方法でチームを強くしたという事例を、自分は全く知りませんので。
だからこそ興味がありますし、知りたい世界でもあります。

タザワが帰ってくると、どうしてもマニアックな話題が尽きません。
そして、もらったボールクリーナー、これはやばいくらい使えます(笑

いいものを頂きました。
アマゾンで、もう一個追加購入します!

ありがとう!!
今度は一杯やりながら「朝までトーク」お願いします(笑


 
毎度ありがとうございます!

今日は愛犬カールの3歳の誕生日です。
昨年に去勢してから少し太りましたけど、毎日元気に過ごしています。

先週、娘が帰省した際に、犬用の誕生日ケーキとハットをプレゼントしてくれました。
ほとんど無駄吠えしませんし、本当に大人しい性格ですので、帽子を乗せても黙って被っています。

花火大会の夜は雨でBBQは撤収になりましたけど、その後は家の中でカールの誕生会を開きました。
一年に一度のケーキですけど、好みじゃなかったのか、そんなにがっつくことなくちょこっとだけ舐めて、
後はいつもの自分の食事を堪能していました(笑

朝散歩して、朝ごはん食べて、昼寝して、昼寝して、昼寝して、晩ごはん食べて、テレビ見て、
マッサージチェアーに乗って、ベットで寝るという、まさに楽園のような生活を送ってます(笑

カミさんの実家にはいつも犬がいたんですけど、高齢になって散歩が大変だということで、
3年くらい自宅で預かっていた事もあります。

犬がいることで自由にならないことも多いですけど、それも承知で一緒に暮らしているわけですから
たっぷりの愛情を注ぎ込んで、みんなで仲良く暮らしていければ最高だと思っています。

こう見えて、自分もストレスを抱え込むタイプですので、自宅に帰ってカールに癒されることが
すごく多いんですよね。

昨日も食肉公社と仕入れ問屋との営業日が合わず、良質の内臓を仕入れることができなかったのは
仕方ないにしても、今日の朝イチで注文するとすでに処理予定数が販売終了と言う…

わざわざ年会費を払って親和会なんかに入っていても、たったの1キロのテッポウ(直腸)が
買えないとはどういうことなんですかね。
しかも「冷凍モノならあるよ。」なんて言うし。
自分もほぼ毎日【生テッポウ】を買っているわけですよ、飲食業者の仕入れとして。
しかも開業から14年間、仕入れ代金が滞ったことも一度もないですしね。

そんなイライラした気持ちを鎮めようとカールを探すと、すでに散歩してご飯食べてお腹一杯なのか
すでに仰向けになって爆睡しちゃってるんですよね(笑

でも、それでいいんです。
そんなふとした仕草にも、随分と救われています。

さて、保護者会の後期説明会資料やら、OB会の創部50周年記念誌発行についての会議資料やら、
パソコンの前から離れられない忙しい毎日ですけど、カールと戯れながらひとつひとつこなして
行こうと思います。

カール、誕生日おめでとう!
これからもヨロシクな。


毎度ありがとうございます!

木曜日に娘が帰省して、あっという間にまた埼玉に戻っていきました。
当たり前ですけど、社会人ともなると帰省するにも本当に短い時間しか
一緒に過ごせないのが、少し寂しい気もします。

帰省した初日は、お店を休んでグランド・エルサンのビアホールに家族みんなで行ってきました。
正直、自分も鶴岡では初めて行くビアホールでしたんで、何気に一番楽しみだったりします。

おばあちゃんと義妹も合流して6人1テーブルと、パーソナルスペースもちゃんと確保されていて、
家族やグループでの利用客には、このテーブル割りはありがたい配慮だと思います。

ビュッフェタイプのお料理食べ放題に、各社のビールも飲み放題。
ビールをあまり飲まない自分は乾杯分だけグラスビールにして、
あとはハイボールやらレモンサワーで料理を満喫してきました。

営業時間いっぱいの3時間滞在で、料理もお酒も十分に堪能しましたし、
なにより帰省したての娘を交えて家族全員で楽しめたことが一番でしたよね。

毎年お休みを頂いている花火大会の夜は、今年は花火の見えない自宅の庭でBBQでした。
娘からも「花火よりも、みんなでBBQやりたーい!」とリクエストがありましたんで、
早い時間から息子と二人で準備を張り切りました(笑

ドーン!ドーン!という花火の音をBGMに、ふんわりと酔っていく穏やかな夜が、
日々の疲れを癒してくれて、家族との幸せな時間を実感します。

娘から「初めてもらったボーナスで、なにか家で必要な家電でも買ってあげたいんだけど。」と
サプライズ提案があったんですけど、そんな必要はありません。

カミさんは「じゃぁ、カンタローの部屋に安いエアコンでも…」なんて呟いて、
隣にいた息子も「やったー!」なんて喜んでましたけど、それをかき消すように
「何もいらないよ。自分のために、ちゃんと貯めておきな。」と伝えました。

その気持ちだけで十分です。

自分が頑張って働いて得たお金ですから、しっかりと自分のために将来のために
大事に使ってほしいと思います。

そんな楽しい夜も、盛り上がってきた頃にポツリポツリと雨が降ってきたかと思いきや、
あっという間にドシャ降りに変わって、ここで敢えなくBBQも強制終了。

翌日聞いたら、市内のごく一部だけで降った雨だったらしいです。
何してくれんねん、まったくもう。

日曜日は三川中との練習試合が入っていたため、車で新潟までは送れませんでした。
その分、弟の頑張ってる姿もちょっとは見れたんで、良かったのかもしれませんね。

三川中の好投手から右中間ツーベースを放つものの、なんと一塁ベースを踏み忘れアウトになって
監督に「何やってんだ!」と怒鳴られてるシーンだけは、見てなくて正解だったかもしれません(笑

さて、娘も埼玉に戻り、息子も今日から二学期が始まりました。
家族を送り出し朝食の後片付けをする、いつもの日常です。

今日の鶴岡は、夏の終わりを感じる少し肌寒い朝です。
慌しくも充実した夏の終わりを告げるように、それぞれの日常の時間が流れはじめました。

今日も一日、元気に頑張っていきましょう。

 
毎度ありがとうございます!

今夜は東京から後輩のケイが初めてやんちゃに遊びに来てくれました。
いつもこのブログをチェックしてくれているそうで、本当にありがたいことです。
結構古いブログの内容も知っていて、さすが毎日チェックしてくれているだけのことはあります。

だからというわけでもないのですが、今夜はこんな時間からブログを書いています。
また野球の話しですので、野球に興味のない方はスルーしてくださって結構です。

明日から、息子の部活が再開します。
9人しかいない野球部というのは、すでに何度も書いているわけですけど、
だからこその【実践想定】の練習が必要不可欠なのだと、個人的に思っているんですよね。

もちろん、自分は監督でもコーチでもありませんから、いち父兄の立場でグラウンドに立っています。

選手達に何か言葉を掛けるときには、監督コーチの指導の言葉をなぞるように、
自分なりにちょっと言い方を変えてみたりして声を掛けるようにしています。

今どういうことに意識させて、どういうことをやらせたいのかぐらいは、一応は理解できますから
そういった指導と矛盾しないように注意しながら、声を掛けるようにしているんですね。

でも、自分の中にも消化しきれないメニューがいくつかありまして。。。
まず、自分も現役時代にやってましたけど、トスバッティングって必要ですか?

バットコントロールを磨くとか、何か理由があるんでしょうけど、緩ーい山なりのボールを
投げ手に打ち返すあのトスって必要ですかね。

というよりも、人数が少ないうえに投げ手にワンバウンドで打ち返す技術もないもんだから、
あっちこっちに打ってそれを拾いに行って戻ってきてまた拾いに行って、で時間が終わってる
あのトスバッティングに、なにか意味があるのかをいつも考えているんですよね。

で、そのままバントまでやってますけど、そんな山なりのボール、試合でピッチャー投げますか?

それと内野ノックも当たり前のように「ボールファースト!」からやってますけど、
一・二塁のケースや二・三塁のケースだと、単純なボールファーストじゃなくなる場面も
試合では多々あるんですよね。
できればそういうケースを想定しながら、ノックを受けてもらいたいわけです。
ランナーを目視したり、いろいろとやるべきことが複雑になってくるわけですから。

ノックの最後の「ボールバック!」もそう。
満塁想定なら、ホームゲッツー狙いのフォースプレーからボールファーストで終わるべきだし、
タッチが必要な場面での内野ゴロのバックホームなら、ランナー戻りの三塁⇔本塁間での
ランダンプレーになっていくケースもしっかりと想定しておきたいところです。

ノックや練習のための練習であって、次のプレーの予測というか、まさに実践を想定した動きが
全然分かっていない気がします。

お決まりのように内野ノックから始まって、ボールファーストそしてゲッツーをちょこっとやって、
外野からのボールセカンドからのバックホームやって、最後に内野もボールバックで終わり。

どうせなら、ノックも時には反対からやってみるといい。
キャッチャーフライから始まって外野のボールバックから内野のボールファーストまで、とかね。

ノックではそこそこ動けているように見えても、実際にはどのランナーを先にアウトにするのか、
次のランナーをどうやってアウトにするのか、1点を与えないためにどう動くのか、といった
ゲーム感が乏しい気がするんですよね。

でも知らないことは出来ないわけですから、分かるまで根気よく教えるといった作業も
時には必要なのではないのかなと思うわけです。

公園で野球をやって遊ぶ子どもも見かけなくなり、テレビでもプロ野球を放送しなくなり、
部活動時以外での野球との接点が極端に少なくなってしまっている今の時代です。

自分の中学時代よりも、明らかに今の息子のほうが野球を知りません。
打ったり投げたりはできても、ハーフウェイまで出て打球を判断するとか、3ボール2ストライク
からはランナーGOだとか、盗塁のサインが出た時にバントの構えでアシストするだとか、
今のはタッチプレーなのかフォースプレーなのか、とかがあまり分かっていないんですよ。

だから、時には黒板やホワイトボードを使っての座学も必要なのかもしれません。
ルールの講習やフォーメーションの確認など、机でノートをとりながら野球の勉強です。

そんなことを胸に秘めつつ、明日からの部活動を楽しみにしている自分がいたりします。

明日は早起きなのに、こんな時間になってしまいました。
もうそろそろ寝ます。

あ、決して指導批判ではありませんので、誤解のないように。

それでは、おやすみなさい。


 
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 7 8 9 10 11
13 14
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 店主]
[11/21 とおりすがり]
[11/18 店主]
[11/17 しんさん]
[11/16 店主]
[11/16 店主]
[11/16 しんさん]
[11/16 仙台屋の自販機]
[11/15 店主]
[11/15 店主]
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /