やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2018/10 >>
SMTWTFS
1 456
78910 1213
14151617 181920
21222324 252627
28293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9  
毎度ありがとうございます!

お盆の営業日ですが、明日の9日と13日がお休みとなります。

8日(水)営業日
9日(木)休業日
10日(金)営業日
11日(土)営業日
12日(日)定休日
13日(月)休業日
14日(火)営業日

以上の予定ですが、すでに自分はお休みを頂いております。
15周年の節目のリフレッシュと、息子の野球が一段落したための家族サービスを兼ねた
一週間のお休みです。

お店は、弟子のユウヒが切り盛りしています。
対応できないメニューもありますが、何卒ご了承くださいませ。
そして、どうかひとつ温かい目でお願いできればと思います。

自分はすでに昨日からお休みを頂いておりましたが、娘の4連休帰省に合わせての日程でした。
日曜日の庄内地方豪雨の影響で、新潟からの特急いなほが全線運休というアクシデントも発生し、
代替輸送もないので普通列車で村上まで移動させ、自分が村上まで車で迎えに行ってきました。

そんなアクシデントも、家族のためなら全く苦になりません。
世の中のお父さんは、みなそうだと思いますよ。

愛犬カールと一緒に村上までドライブしながら日本海の海を横目に、普段は慌しさに飲み込まれて、
じっくり考えたり思い描いたりしないことを思い浮かべていました。

娘の将来のことや、息子の将来のこと。
高校野球のことや、OB会のこと。
田中先生のことや、茂木先生のこと。
お店のことや、ユウヒの将来のこと。
おばあちゃんの健康のことや、タムちゃんとの約束のこと。
新しいメニューのことや、カミさんの車のこと。

こういう時間も必要なんだな、と痛感させられましたよね。
飲食店が日曜日に休んだり、長期連休を取ったりすると、とかく世間からは
「サービス業なのに、そこ休むの?そんなに休むの?」と揶揄されることがあります。

心と身体が資本の商売です。
売り上げや事業拡大が優先ではなく、細々とでも借金せずに日々暮らしていければ
それで十分という考えが自分の中にありますし、支えてくれる家族がいるから頑張れる、
家族との時間も大切にしたいという、自分自身のライフスタイルがそこにはあります。

仕事のために家族との時間や、自分自身の時間を後回しにしてでも、仕事に情熱を捧げている方も
世の中にはたくさんいらっしゃることでしょう。

亡くなられた恩師、田中先生もそんな生き方を貫いた方だったと思います。
8月8日を前にして毎年毎年思うことは、自分自身に後悔しない生き方をしたいなと思うこと。

好きなことに熱中して、時間を忘れて没頭できるものがあって、それが仕事に結びつくならなおのこと
充実した人生になるのではないかと思うんですよね。

夏の暑い日に、田中先生と一緒にゴルフカートに乗りながら、男の仕事論みたいな話をしたことを
思い出します。

「冒険してでもグリーンを狙うのか、安全にフェアウェーに刻んでいくのか、
 もっとお前のスタンスやカタチをしっかりと持っていかにゃイカンぞ。」

スイング自体はそんなに悪くないのに、スコアがまとまらない。
力量以上のクラブや、出来もしないアプローチを真似てみて、結局はスコアが崩れる。

あのガタイだからどれだけ飛ぶんだろ、ここからはふわりとロブを打つだろう、なんて
人の目や人の会話が気になって自分自身のゴルフを見失っていた頃に、先生に教えられた言葉です。

野球は全然教えてもらった記憶がないのに、ゴルフだけは熱心に教えてもらいましたよね(笑
高校生時代に先生にビンタされたと毒づくカミさんも一緒に、ゴルフを教えてもらいました。

今はゴルフをやっていませんけど、あの頃にゴルフに例えて教えていただいた教訓が、
今でも人生観や仕事観に置き換えて、自分の日々の暮らしの中に活きています。

そんな8月8日です。
今年の8月8日も快晴です。

あの雲の上に先生がいるかと思うと、この猛暑でも「暑いっス!」とは言えません。

「わかったか、コラ!」
「ハイ!」
「ハイじゃない、コラ!」
「ハイッ!」

なんと返事しても、結局怒られるんだから(笑

この休み、先生が生きていたら絶対にゴルフ、ゴルフ、ゴルフの休みだった気がする。
そこは先生、さすがに勘弁してくださいよ。

「勘弁じゃない、バカタレが!」
 









毎度ありがとうございます!

今日から8月ですね。
雨も降らず連日の猛暑で体調を崩される方も多い今年の夏です。
無理せず休憩をしっかりとって、栄養のあるものを食べて乗り切りましょう。

以前から告知していた15周年リフレッシュ休暇ですが、自分自身は8月7日から13日までの
一週間お休みを頂きます。
が、弟子のユウヒがお店を回したいというので、可能な日はお店を開けて営業いたします。

ただ、スタッフの羽黒OBが甲子園に応援に行くそうなんで、試合日程によっては
スタッフの数が足りずに休まなくてはならない日も出てくるでしょう。
詳しくは、明日の甲子園組み合わせが決まり次第、調整して再度ご報告させて頂きます。

羽黒高校には、鶴岡代表・山形県代表として頑張ってもらいたいですよね。
甲子園でも勝ち上がる力は十二分にあると思います。

148kmの速球投手に、ここ一番でホームランを打てるバッターもいますし守備もいい。
甲子園独特の雰囲気に飲み込まれずに、いかに平常心で戦えるかがカギでしょうか。

鶴岡東も過去に甲子園出場した際には、地方大会では出なかったバントミスやエラーが出て
悔しい負けを喫した記憶が蘇ります。

初戦は、初日から3日目くらいまでの前半よりも5日目以降の後半がいいでしょうね。
鶴岡とは質の違う暑さに慣れることも当然ながら、甲子園の雰囲気や自分たちが試合をやっている
イメージトレーニングも重要なポイントになってきそうです。

15年ぶり2回目とはいえ、監督も初出場ですし当然選手も初めての経験ですからね。
甲子園時間という高野連役員や審判団による時間短縮に向けた「急かし」への対応にも
ある程度慣れておく必要もあるでしょう。

勝っても負けても「あっという間に終った。」と誰もが口にするのが甲子園独特の時の刻み。
甲子園の敵は、実は意外なところに潜んでいるのかも知れません。

鶴岡四中野球部出身では、2年生のモトキがベンチ入りしています。
スポ少から四中野球部まで、息子も一緒に汗を流した憧れの先輩です。
お父さんも、普段からお世話になっているタイヤショップに勤務してますんで、
普段からものすごく親近感があるお付き合いをさせてもらってるんですよね。

鶴岡東が負けたことは悔しいけれど、今年の羽黒の強さは本物でしたし、
第1シードの力量通りの甲子園でも期待できるいいチームだと思います。

組み合わせ次第では飛び飛びでの営業になる可能性もありますし、連続で休みの可能性もあります。
決まり次第、また後日報告させて頂きますね。

店内、もの凄く暑い・・・いや熱いです(笑
エアコンクリーニングの予定が業者さんの手違いで予定が狂ってしまい、
未だにエアコンの効きが悪い中での営業です。

もっとも、店内は炭火を使いますのでエアコンも追いつかないんですけど、
なんとか少しでも涼しくなるように頑張ってはいるつもりです。
何卒、ご了承くださいませ。

さーて、今日も一日頑張っていきましょう!!










毎度ありがとうございます!

息子の引退試合が無事に終ったその日、鶴岡ドリームスタジアムでは夏の高校野球山形大会で
母校鶴岡東の一回戦が行われていました。

毎年のように秋が春のどちらかは東北大会に出場していたんですけど、今年のチームは
県大会にこそ出場するものの準決勝にすら進出できず、正直なところ他校との力の差は
例年以上に大きいと感じざるをえない非力で小粒なチームという印象でした。

そんなチームがノーシードの一回戦から登場し、ヤマ場は三回戦の日大山形になるだろうと
高校野球ファンの誰もが予想していたに違いありません。
そして、このチームがさらに勝ち上がっていくための試金石となるのもまた、
三回戦の日大山形戦になることは容易に想像できていました。

センバツに出場し智辯学園とも接戦を繰り広げた日大山形に勝たずして甲子園はないだろうと。

そして、彼らは見事な逆転劇で日大山形を撃破します。
さらには春季県大会準優勝の山形中央が新庄北に敗れ、秋季県大会準優勝の東海大山形が
サヨナラで山形南に敗れ、風向きがアゲインストから大きくフォローへと変わってきました。

高校野球ファンが大好きな140kmピッチャーも今年はいませんし、
ホームランを放つような華のある大型バッターもいません。

コツコツと単打と確実な送りバントを積み重ね、二死からでも1点を狙っていく戦い方は
選手権山形大会史上最多数のホームランが出た今年の山形県大会において、
チーム本塁打が僅か1本のみ、犠打は準決勝出場4チーム中最多という数字が物語っています。

一試合ごとにスタメンが代わり、守備位置の変更も多種多様でありながら、準決勝での失策2以外は
すべてノーエラーで勝ち上がってきた守備力の高さも、特筆するべき勝利要素であるでしょう。

そして決勝は春季県大会優勝チームの第1シード羽黒。
3年前に決勝で対戦した同一カードとなりました。

3年前と違うのは鶴岡東がチャレンジャーであるということ。
スピード自慢の高速ピッチャーに、高校通算を数える長距離バッター擁する羽黒が
有利だろうという記事ばかりが新聞やネットから目に飛び込んできます。
近年の鶴岡東も、そういう選手を擁して甲子園を手にしてきたのもまた事実ですけどね。

初回にいきなり3点を先制されましたけど、スタンドの誰にも動揺はありませんでしたね。
なんだろうな、一言でいえば「点を取られて当たり前。今年の羽黒は強いし。」的な感じで
「いきなりやられたよ、ヤバイな!」みたいな焦りや悲壮感は全くなかったですよね。
もちろん、まだ初回でもあったわけだし。

その裏、羽黒エースの球速は初回から148kmを表示していました。
3回の打者一巡までは目慣らしと変化球の精度のチェックは必要だと思って見ていました。

その予想通り4回に1点、さらには5回に一挙3点を奪い一気に逆転するとスタンドの
ボルテージは最高潮に盛り上がってきました。

がその裏、羽黒もすかさず同点に追いつき、そのまま延長戦へ。
一発の怖さのない鶴岡東は10回11回と得意の犠打を駆使しスコアリングポジションまで
ランナーを進めるものの、あと一本が出ずなかなか勝ち越せない状況でしたから、
得てしてこういう場面ではホームランの一発で決まるシーンを何度も見てきました。

そんな思いの中、4番竹内の打球はライトスタンドへのサヨナラホームランで勝負が決まりました。

誰もがライトへ伸びる勝負を左右する打球を目で追う中で、バッターが一塁ベースを
踏んでいないように一瞬でも見えたのなら、確認(アピール)するのは当然の権利です。
結果的に踏んでいてセーフならセーフでいいんですよ。
疑わしいから確認(アピール)をするというのは、タッチアップの場面でもよくあります。

そして結果セーフだった。
しっかりと踏んでいたのを一塁塁審が確認していたからセーフなんですよ。

その部分を切り取って、往生際が悪いだの、潔くないだの、またまたネットがざわついてますけど
一瞬でも踏んでないように見えたからアピールしたわけで、セーフのコールの後にはきちんと整列し
羽黒の選手の健闘を称え声をかけていた選手たちの、どこが非難されるのか理解できません。
(こういうことを書くと、またお叱りを頂くかもしれませんので、その件へのコメントは結構です)

最後のゲームセットのコールがかかるまで一球に集中し、一挙手一投足に集中するのは
当然のことだと思いますし、「あれ?今、もしかして?」なんて感情を抱えたまま終れますか?
確認し、そして、そこでの判定には「潔く」です。

試合後に羽黒の関係者に
「ナイスゲーム、ナイスバッティングでした。第1シードの力量通り投打のバランスの取れた
いいチームですね。甲子園での活躍を期待しています。テレビの前で応援していますから。」と
お祝いメールを送って、今年の自分の夏も終りました。

試合が終わるまでは、たとえ同一地区であろうと敵として必死に戦います。
試合が終ればお互いを称えあい、勝った羽黒には県代表の誇りを持って甲子園でも
頑張ってもらいたいし、その躍動する姿を自分は応援していきたいと思っています。

鶴岡東が甲子園に出場した際にも、そうやって温かく送り出して頂いたと思っていますから。

どの学校にもファンもいればアンチもいるのは当然ですし、その考えのどれもが自由だとは思います。
頑張った選手たちを労い、見事勝利したチームに内陸だの庄内だの、地元だの県外だの、
私立だの公立だの、というフィルターは必要でしょうか?

自分は鶴岡東が好きだし、それ以上に高校野球が大好きです。
だから、どこが代表校でも甲子園は必ず観ます。

さーて、煮込みの代わりに、毎日えだまめを茹でる日々です。
マサトモくんちのえだまめは本当に美味しいです。

今週は品種が「おつな姫」で、来週あたりからは「早生甘露」が出てきます。
時間があれば、当店で提供している「えだまめ」についても是非紹介させてください。

高校野球よりも、そっちが先だったかな。
なんのブログだよ、って叱られそうです(笑









毎度ありがとうございます!

またまた息子の野球ネタでスイマセン。
土曜日は、サンスポーツランド遊佐球場で鶴岡四中VS遊佐中との引退試合が行われました。

引退から1ヵ月・・・
久しぶりに見る部員たちの顔や保護者の顔を見ると、もう随分と時間が経ったような気がします。
新キャプテンと新保護者会長のもと、新しいチーム作りもスタートし、少し離れたところから
お客様的に楽しませてもらいました。

息子の最終打席は、フルスイングしての三振でした。
「ホームラン狙え!」という声に力んだか、予想通りの三振でしたけど、
それはそれで本人にとっても悔いのない三振だったと思います。

勝負にこだわらない野球なんて久しぶりだったですけど、何より監督に怒鳴られない野球というものが
大きな経験になったのではと、冷静に見ていて感じていました。

それは2試合目の新人チームの戦い方を見ていても感じていて、声を出せないおとなしい子が
多い新チームにおいて、監督の叱り方が随分とマイルドになっていましたもんね。
ひょっとしたら新しい監督の一面が見れる一年になるのかもしれません(笑

会長職も会計業務もすべて引き継ぎが完了し、我々3年生保護者も引退です。
卒業までは野球部員ではありますけど、それはあくまでも名目上です。
残すは三年生を送る会に出席するだけでしょうか。

思い返せば、スポ少時代から長きにわたって随分とお世話になってきました。
一学年上の世代は部員数も多く、反面自分たちの時代は4人しかいませんでしたから、
俗に言う世代の谷間というか、なかなか大会では結果が出せない世代だったと思います。

1年時には全軟で東北大会まで経験し、偉大なる先輩たちの背中を見て中学野球の
レベルの高さを痛感させられましたし、明確な目標を掲げることが出来た一年でした。

新チームになって唯一スタメンで使ってもらいながらも、先輩たちの勝利に貢献できなかった
無念さを心に刻んだ悔しい一年でしたし、最終学年になって4中野球部史上初めて9人ギリギリで
スタートした前途多難の船出だったことを思い出します。

それでも、いつの時代も保護者のみなさんとの繋がりがあったからこそ、
3年間全力でサポートしてこれたと思っていますし、何度となく交わした飲み会の乾杯の数が、
保護者間の士気を高めストレスを抱えずに一緒に携わってこれた証だと思っています。

何回飲んだだろうなぁ。。。
そんなみなさんとの繋がりが途絶えてしまう寂しさは否めません。

それでも、高校でも野球を続けるという息子の言葉や、新しい環境で野球に取り組む息子の姿を
見ていると、不思議と4中野球部引退の喪失感も薄れていくのが分かります。
今は9月に開催される全国大会に向けて、野球教室でも引き続き頑張っています。

昨日は、鶴岡東の二回戦、山形商との対戦を見に鶴岡ドリームスタジアムに行ってきました。
来年は、あの縦縞のユニフォームを着る息子と一緒にスタンドから応援しているのでしょうか。

一区切りの引退試合に、新しい目標の全国大会、そして来年へと続く高校野球と、
連休を野球野球で過ごさせてもらいました。

どの時代にも、どのチームでも、いいメンバーいい保護者のみなさまに恵まれて
一緒に息子たちの野球を支えてこれたことを本当に有り難く思います。

今まで本当にお世話になりました。

新チームはもちろん、これからも鶴岡四中野球部を応援しています。
まずは新人戦、頑張ってください!

ありがとうございました!!













毎度ありがとうございます!

先日の県野球場からの帰り道、チームメイトのお父さんから頂いた一枚のチケット。
寒河江のカスカワスポーツで行なわれるYouTubersのクーニンさんのイベントの交換抽選券でした。

野球をやっていてYouTubeを見る方だったら、一度は目にしたことがあるだろうクーニンさん。
投球・守備・打撃の各技術論のほかにも、自身が監督を務めるクーニンズの試合、さらには
グラブオイルからサングラスまでのグッズ情報に至るまで野球に関するいろんな情報や
マニアックネタをアップしている注目のユーチューバーです。

もちろん自分は知ってましたし、息子にもよくクーニンさんのYouTubeを見せてましたので、
せっかくの機会なんで会いに行ってきました。

「どーも、クーニンです!」というお馴染みのあの声で、クーニンズのユニフォームを着た
ご本人が目の前にいましたよ。
ある意味、ちょっと感動しました(笑

イベントはローリングスが協賛メーカーのようで、グラブ・バット・ウェアはローリングス
を一押しという、そこは大人の事情があるわけです。

さまざまな即興対決イベントの中で、クーニンさんと「打球スピード対決!」のコーナーがあって、
会場全員でジャンケンをして勝ち残った5人に挑戦権が与えられたんですけど、
なんとそのステージの上には息子の姿が・・・(笑

ティーに乗せたボールを打って打球を計測してクーニンさんの記録を超せれば、
ローリングスの最新バットがもらえるらしかったんですけど、敢えなく記録は抜けず。

球場で着替えて帰るモードだった息子はクロックスのまま壇上に上がって、
クーニンさんに「これは完全にナメられてますねー」なんてイジられてました(笑

記録は抜けませんでしたけど、記念にクーニンさんのサインボールをもらってましたよ。

芸能人でもなくプロ選手でもない、ユーチューバーという有名人に初めて会いましたけど、
ミョーな親近感もあってなんだか少し不思議な感覚になったというのが本音でしょうかね。

解読不能な立派なサインでしたので有名人ではあるんですけど、テレビに出るわけでもなく、
やっぱり「ユーチューバー」というジャンルの有名人なんでしょうね。

息子よりも、自分のほうがミーハー丸出しで、テンションが上がっていたかもしれません(笑

イベント終了が18時半でしたので、そのまま寒河江の「とん八」で夕食を済ませてから、
満腹からくる睡魔と闘いながら一路、鶴岡に戻ってきました。

しかし、いろんな仕事があるものです。
今の小学生に将来なりたい職業は?と聞くと、ユーチューバーもランクインするんだそうです。
だったらむしろ、WEBデザイナーとか映像制作会社からなら近道なんでしょうかね。

全くのド素人がくそ面白くもない動画を載せても、ユーチューバーとは言いませんからね。
デザインや音楽や構成などのセンスや完成度はある程度必要になってくるでしょう。

ま、自分が今からユーチューバーになることはないですから、そんな分析は不要なんですけど。

ラビットカップの優勝の「おまけ話」でした。




 




毎度ありがとうございます!

中総体が終って野球部を引退した息子は、今は中学生の野球教室に通っています。
その野球教室で結成される「鶴岡ドリームス」で、先週末に「全日ラビットカップ」に出場し、
見事サヨナラ勝ちで初優勝を果たしてくれました。

会場は中山町にある聖地、山形県野球場で行なわれました。
四中野球部としては県大会出場を果たすことはできませんでしたが、憧れの県野球場に来て
また野球ができたことはすごく貴重な経験でしたし、息子も部活動とは違う角度から
新しい仲間たちと真剣に野球を楽しんでいたようです。

中総体県大会に出場する三中・五中野球部の所属選手は出場できませんでしたが、
これまで何度も対戦してきた他校の有力選手たちと、同じユニフォームに袖を通して
「鶴岡地区代表」を背負って戦う姿に、さながらオールスターチームをイメージしてしまいます。

四中野球部時代、相手チームだともの凄く手ごわい選手たちでしたけど、
味方チームとなるとこれほどまでに心強いメンバーとは思いませんでした(笑

野球教室に通い始めてまだ数回ですから、ベンチで声出しを頑張って代打ででも出番があれば、
ラッキーかなぁくらいのつもりでいたんですけど、いきなり5番キャッチャーでのスタメン出場には
なんだかすごく申し訳ない気がして、カミさんと二人して随分と恐縮して観戦していました。

その後もポジションがファーストに代わっても、結果的に土日のトーナメント4試合全てで
5番でフル出場させてもらいました。
貢献できたかどうか分かりませんけど、なんとかチームが優勝することができてホッとしています。

ユニフォームの背番号は「23」で、二桁の番号がなんだか新鮮でカッコいいんですよ。
そして、おさがりで譲って頂いた練習用Tシャツの背番号が「32」というおまけつき(笑

四中でも新人チーム時代には「3」、3年生になってからは「2」を付けましたんで、
まるで中学時代の集大成として「23」「32」を背負ってるみたいに感じます。
そんな偶然もまた楽しくなってくるわけですよ(笑

自分も第三試合の球審を務め、ドリームでもやったことのない球審を県野球場でデビューしてきました。
思い返せば、高校野球最後の夏以来、初めて県野球場のフィールドに立ったかもしれません。

でも、まだまだ球審を努めるには自分は経験が足りませんね。
ここでは書きませんけど、自分自身の中での大チョンボもやらかしてしまったし。
当分は、球審はやりたくないというのが本音でしょうか。

日曜日に行なわれた決勝戦は放送記録係の補助でスコアボードの操作を任されて、
これまた普段では味わうことのできない角度から野球に触れてきました。
選手交代やポジションチェンジでのスコアボード操作は、パソコンが操作できれば簡単です。
しかも意外にも楽しいんですよね、これが。

隣にいたカミさんも、急なアクシデントが起きて最終回のみマイクを握ることになり
「ご覧のように本日の決勝戦、鶴岡ドリームス対最上ベースボールクラブの試合は
 2-1で鶴岡ドリームスが優勝いたしました。ご声援ありがとうございました。」
なんて一番おいしいところだけ持っていくし(笑

選手監督以外にも、いろんなところでたくさんの人たちが野球を支えているんだなということを
改めて再認識させられたいい経験をしてきました。

また機会があったらやってみたいですねぇ、スコアボードの操作は。

ただ、操作は難しくないんだけれど、球審の動きを一瞬でも見逃すともうダメですね。
メンバー表に目を通したり、放送係のお母さんの質問に答えてたりすると
「あれ?今の投球ストライクだった?」なんて見逃しちゃって、ヤマ感でストライクに入れると
ボールだったりして、球審に振り返られて「1ボール!!」なんて怒られちゃうんですよね。

全国大会は「第18回全国中学生都道府県対抗野球大会」静岡県の伊豆で9月に開催されます。
全国47都道府県に北海道と東京が2チーム主催地枠が1チームの参加50チームという、
まさに全国大会にふさわしい規模の大会のようです。
 
思わぬカタチで県大会に出場することができて、さらに「山形県代表」を背負って全国大会まで
経験できるなんて、高校でも野球を続けるであろう息子にとっても、必ずやいい経験になるはずです。

時期的に中総体も終わり、どの出場チームもベストメンバーで挑んでくる全国大会となるでしょう。
どんな対戦相手なのか、そしてどんな景色が見えるのか、今から楽しみにしています。

土日連続で5時起きで月山越えして、ハードな週末を送りました。
部活時代と違って、目覚ましをかけてもパッと起きれなかったことにはショックでしたけど。

なんだか、まだ夢の続きを見ているようで楽しませてもらいました。
もう少しだけ忙しくなりそうです。
自分も負けずに頑張ります!!

 


 






カウンター
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 4 5 6
7 8 9 10 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[10/03 店主]
[10/03 しんさん]
[10/02 店主]
[10/02 しんさん]
[10/01 店主]
[09/30 しんさん]
[09/30 店主]
[09/29 しんさん]
[09/26 店主]
[09/26 名無しさん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /