やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2018/08 >>
SMTWTFS
234
567 91011
121314 161718
19202122 232425
26272829 3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9  
毎度ありがとうございます!

ゴールデンウィーク真っ只中、4連休を頂いております。
とはいっても毎日が野球ばかりの日々で、特別にどこかに出掛けることもありません。

3日は中学の春季大会の審判の担当だったんですけど、朝8時からドリーム球場で待機しながら、
雨が降りしきるなかグラウンドの水取りの甲斐も空しく、午後1時に中止が決定(泣
そこから室内練習場で2時間の練習で初日が終了。

4日も雨天順延の審判担当で8時からドリーム球場で待機。
前日よりも強く降る雨を眺めながら、11時まで待機してからの水取り、12時試合開始。

雲の切れ間からのぞく太陽に期待して、審判団はジャンバーを脱いでグラウンドに立つものの、
3回から大粒の雨が降る最悪のコンディション。
びしょ濡れのシャツにようやくジャンバーを羽織るも、さらに濡れた身体に追い討ちをかける
ドシャ降りの雨が・・・。

拮抗したナイスゲームでしたけど、藤島中の雨に濡れたボールで滑ってしまった守備が悔やまれます。
逆に7-4の劣勢からしぶとく粘った鶴五中打線も素晴らしいチームでしたね。

藤島中にはマナブさんが、鶴五中にはアイタとヤスヒロがコーチで頑張っていますので、
自分も選手やコーチ達に負けぬよう、一生懸命に審判を務めさせてもらいました。

両チーム、どちらが勝ってもおかしくないいいゲームでした。

で、今日も午前中からグラウンド練習の予定でしたけど、深夜から朝方からの雨で
グラウンド状態も悪く、あえなく中止となりました。

明日は河北中への遠征がありますので、直前練習だけはしておきたかったんですけど、
天気には勝てませんわね。

ぽっかりと空いたGW3日目ですけど、バッティングセンターに行ってひたすら打ち込むだけです。
春季大会、4番が二試合で5三振は情けなさすぎますし、本人も一番悔しがってますから。

昨夜も少し下がってきたグリップの位置を修正して、一緒に素振りに付き合ってました。

監督やコーチでは気づかない、気づいてもらえないチェックポイントというものが
自分と息子との間にはあります。
逆に、そこを指摘されても気にしなくてもいいぞ、というポイントもあります。

自分に似てヘタクソな息子ですから、たくさんの修正点やダメ出しをもらってきます。
中学生で完璧な投球フォームやバッティングフォームが出来るはずもありません。

怪我をしない身体作りが大前提だと思ってますから、本人のクセや感覚も尊重しながら
上達していくのが理想だと思うんですけどね。

ゴルフを盛んにやっていた頃、たくさんのビギナーと練習場に通いましたし、
数多くの初心者のゴルフスタートに付き合ってきました。
自分もそんなに上手くはないんですけど、なぜかしら「一緒に行きましょうよ。」という
お誘いが多かった気がします。

グリップもスイングも、基本の中に必ず「我流」というものが存在します。
なぜなら一人ひとりの【骨格】も違うし、【握力】や【フィーリング】さらには【意識】も違うからです。

カタチを押し付けられ「こうでなくてはイカン。」という練習が長続きしますか。
それよりも、結果にこだわって、何かひとつでも良いところを気づかせて楽しませること、
のほうが上達スピードは格段に違ってきます。

初心者がたとえ160を叩いたとしても「もっと練習してから来いよ。」とは言いません。
160というスコアの中には、たとえまぐれでもいいショットやいいパットがあったはずなんです。
そういうところに気づいてあげて、必ず帰りの車の中で肯定してあげること、
それが逆に更なる練習のモチベーションとなり意欲となることを知っています。

ゴルフと部活は違うのかもしれませんけど、思春期の難しい時期にさしかかって、
野球に関しても普段の生活に関しても、自分のいう事にはわりと素直な息子です。

必要以上に褒める必要もありませんけど、叱るだけ怒るだけでは何かが足りない気がします。
あえて褒めなくても「気づいてあげること」は一番近くにいる親の役目だと思っています。

そんな生活も残り1ヶ月だと思うと少し寂しい気もします。
高校に行ったら親の役目も一区切りですから。

明日の河北遠征に向けて、さっそくバッティングセンターに行ってきます。

素敵なゴールデンウィークをお過ごしください。








毎度ありがとうございます!

50周年記念誌の編集作業の真っ只中に、編集長をお願いしてる後輩のタザワが、
田中先生の奥様からたくさんの写真が綴られたアルバムを、何冊もお借りしてきました。

甲子園出場を決めた瞬間の歓喜に沸く鶴岡市民の様子や、甲子園や宿舎での様子のほかに、
毎年恒例行事だった芋煮会の集合写真も、各年度ごとを丁寧にスクラップされていて、
1枚づつ田中先生がファイルで閉じてくれて大切に保管してくれていたんだなぁと思うと、
もの凄く感慨深い気持ちになったんですよね。

そして、そんな中に自分たちの年代の写真のページもありまして、そこには高校最後の打席の
自分の写真も一枚だけ綴られていました。

みんなかっこよく打ったり構えたりしてる写真の中に、
押し出しファーボールで最後を終えた自分らしい不恰好な
「見送り」の写真でした。

周りにほかのOBたちがいなかったら、
間違いなく泣いていたと思います。

こんな写真があったこと、それを大切にアルバムに貼って田中先生が残しておいてくれたこと・・・
1枚の写真から、いろんな想いや感情が溢れ出て、胸が熱くなるのを抑えきれませんでした。

県立高校の受験に失敗して、滑り止めの鶴商学園にかろうじて入学できて、なんとか続けた
野球部でヘタクソだった自分の現役最後の打席を、まさか田中先生のアルバムの中から
見つけることになろうとは夢にも思っていませんでした。

準々決勝の山形南戦で9点差ついてなおも満塁、1点入れば5回コールド勝ちの場面で
「イシカワ、押し出しでいいから振らなくていいぞ。」と声をかけて送り出された、
いわば思い出作りの最後の打席でした。

代打で送り出しておいて「振るな」はねーだろうが!とムカついて打席に入ったんですよね。

そして、その初球・・・
先生からの指示を無視してマン振りした打球は、レフト線に切れる大ファールでした。
ベンチから聞こえるナインからの声は「いいぞー!思い切って振ってけよー!」
田中先生からの指示を無視して、みんなが「お前が打って決めろよ!」と背中を押してくれていました。

晩年、先生と二人で酒田に買い物に行く車の中で、あのときの代打の話しを聞いたら、
しっかりと覚えていて、次の日の準決勝・日大山形戦に備えてピッチャーを1イニングでも
温存したかったんだという、ごもっともなお考えのもとで自分を送り出してくれたんだと知り、
ガンガン打ちに行った自分が恥ずかしくなったことまで思い出しました。

「ちぇっ!何だよ、押し出しかよ!」
そう思って見送った高校最終打席の瞬間でした。

結果的には先生の思惑どおりに押し出しファーボールでゲームセットにはなったわけですけど、
ベンチに帰ってから「勝手なことをするな!バカたれが!」と怒られるのを覚悟していたら、
先生は何も言いませんでした。

もちろん、次の日の準決勝・日大山形戦では出番は一切ありませんでしたけどね(笑

本当にたくさんのことを思い出させてくれる、自分にとって貴重な一枚です。
スマホで写真を撮って、アルバムの元あった場所にそっと戻しておきました。

先生、ありがとうございました。
写真をとって置いてくださって嬉しかったです。
ダブルプレーになってたら、さすがにぶっ飛ばしてましたよね(笑

50周年記念誌、楽しみにしていてください。




毎度ありがとうございます!

久しぶりの更新になってしまい申し訳ありません。
今月中にやらなければならないことが100あるとしたら、ようやく60くらいを終えた感じです。

19日のOB会の編集委員会で使う会議資料一部6枚×15人分の作成と、
22日の保護者総会で使う総会資料が一部8枚×26人分の作成が同時進行で、
印刷からホッチキス留めまでをなんとか終わらせることができました。

毎日毎日パソコンに向かって修正やら入力を繰り返してきましたけど、
これでなんとか、なんとか長いトンネルを抜け出せそうなところまで来ましたかね。

その間に19日20日とカミさんが函館出張のため不在となっていたり、
審判講習会や部活引率で一日中ドリームスタジアムに缶詰になっていたりしながら、
まさに目が回る忙しさをこなしてきました。

まだまだやるべきことがたくさんありますけど、今週末には息子の春季大会も始まりますし、
保護者会長としてもラストスパートで頑張ろうと思っています。

それから、ゴールデンウィークはカレンダー通りで営業いたします。
日曜祝日はお休みとなります。
5月1日と2日は営業します。

それでも野球三昧のGWになりそうですけどね。

とりあえず、今日はここまで。
今週も頑張りましょう!!



日曜日の教訓
「酒は飲んでも飲まれるな。」
パンチ焼きは食べてもパンチを出してはいけません。
一部の人しか分からない標語でスイマセン。









毎度ありがとうございます!

昨日は東京から2年ぶりにしんさんが帰省して、お店に顔を出してくれました。
東京出張の際にはコーディネーター役として、自分が希望するお店のチョイスや
東京各所の酒場を案内してもらったりして、何かとお世話になっている恩人でもあります。

閉店までカウンターで待っててくれて、ユウヒとユウスケも合流して「福鮨」で乾杯です。

最近の中野事情や、飲食形態の移り変わるスピード感の話しなんかを聞きながら、
今年はひと区切りついたら絶対に東京出張を企画しなくてはと実感しました。

いつもブログで書いてますけど、ただ飲みに行くだけでは出張とはいえません。

街の佇まいや匂い、行き交う人々の表情や雰囲気を感じる嗅覚を併せ持たないと、
意味がないものになると思うんですよね。

どんな小さなことでもいい。
それがメニューの書き方ひとつだったり、お店の照明やディスプレイだったり、
店員さんの表情だったり、どれひとつとして自店と同じところはないわけですから、良い悪いは別として
いろんなことを感じとる感覚だけは、いつも研ぎ澄ましておきたいと思っているんですよね。

そういう意味では、こういうブログで出張での出来事を書くことも、結果的に記憶や記録として
残るわけですし、小さなことでも写真を撮っておくことも大切なことかもしれません。

東京の立飲み屋を含めた格安居酒屋の価格は、絶対に真似できない設定ですけど、
そういうお店が存在し繁盛していることにも目を凝らしておく必要があります。

むしろ、これからの飲食業のキーワードは「不便さを楽しむ」的な要素が
大きくなっていくような気がします。

あえてカウンターだけの狭い店だったり、屋根裏部屋みたいに天井が低かったり、
あるいは瓶ビールしか置いていないお店だったり、一年中煮込み一本で勝負してるお店だったり・・・

昼からやってるけど夜8時には終わる店とか、逆に深夜食堂のように夜中から始まる店とか
それこそ立ち吞み屋だったりと、まだまだビジネスチャンスはたくさんあるのかもしれません。

日常のなかで簡単に東京には行けないけど、しんさんと話しているとそういうことが頭をよぎって
いつも楽しい時間があっという間に過ぎていきます。

ちょっとしんさんの股関節痛が心配ですけど、今度は必ず東京で酒場巡りしたいと思っています。

ま、その前にユウスケの店に行くのが先ですけどね。
なんだかんだ理由つけて自分を入れないんで、いまだにユウスケの店には行った事がありません。

「あばれん坊」に行ったという方からのご感想を、コメント欄でお待ちしております(笑









 
毎度ありがとうございます!

入学式が終わり、ピカピカの1年生が入学すると同時に、息子たちにとっては
最後の中学生活の1年間がスタートしました。

そして、地区総体まで残りたったの2ヶ月。
この2ヶ月は本当にあっという間です。

春休み中には、中学の後輩タカヤマくんの息子リクが、大学入学までの1ヶ月間、
ほぼ毎日のように4中グラウンドに顔を出してくれて、練習を手伝ってくれました。

4歳上のリクと息子は同じ町内に住んではいますけど、直接話すのは初めてだったと思います。

リクは4年前の4中野球部のOBですし、地区総体優勝メンバーでもあります。
偉大な先輩というよりも、息子にとっては何でも相談できる兄貴のような感覚を持ったみたいで、
部活終わりの帰り道は一緒に帰ってきて、息子なりの悩みを聞いてもらっていたようです。

リクの練習参加最後の日に「地区総体で必ず優勝するんで是非応援に来てください。」と、
約束していました。

難しい年頃になった息子の悩みや苦しみは、父親の自分にはなかなか話してくれなくなりました。
学年がかぶっていなかったからこそ、リクに対しての尊敬と親近感を感じながら、そんな想いも
話せたのかもしれません。

この時期に、内に溜まったモヤモヤした気持ちを吐き出して、よきアドバイスをもらえたことは
息子にとっては本当に救われたことでしょう。

春休み中に、親子で食事に来てくれた際にも「大学の新歓コンパで飲まされるからアルコールの
練習はしとけよ。」という助言にも、頑なにソフトドリンクで通す真面目なリクでした。

工業高校から国立大の現役合格は本当に大したものです。
野球と勉強の両立が出来たからこその結果でしょう。

そんな出会いと約束を見て「こいつら、すげー青春してるなぁ。」と感じたオレ、50歳の春です(笑

記念誌編集会議の資料と保護者総会の資料とを日々交互にパソコンに向かって作成しつつ、
煮込みを作りながらブログを書いて、カールの散歩に出掛けるという分刻みの毎日には
忙しさと慌しさがあるだけで、青春の青臭さはこれっぽっちもありません。
あるのは、にんにくと生姜のパンチの効いた煮込み臭だけですもんね。

そんな臭いをプンプンさせながら、自分の今日を精一杯頑張るだけです。

平日は、結構ヒマな4月です。
よかったら、ぶらりとお立ち寄りください。









毎度ありがとうございます!

あまりにもプライベートが忙しすぎて、ブログの更新がまったくできませんでした。

それは、母校の創部50周年記念誌に掲載する昭和43年から昭和63年までの秋・春の県大会と
夏の選手権大会の全試合結果を、100ページ以上にわたる高野連の記録の中から抜き出して
それを取りまとめる作業に手をつけていたからなんですよね。

で、その集計作業が終わり、ようやく落ち着くかと思いきや、今度は記念誌購入申し込みハガキの
案内文書の作成が難航しているうえに、中学校野球部の保護者総会を開催することになり
その総会資料の作成も同時進行という、まさに地獄のデスクワークに気が狂いそうな日々です。

記念誌の編集会議が19日、保護者総会が22日・・・

まだまだ、ブログ更新がままならない日々が続きます。

そんななか、今日は自分愛用のおすすめのケミカル商品をご紹介します。
KUREといえば「KURE556」防錆潤滑スプレーが有名ですが、そのKUREから出ている
「LOOX(ルックス)」という鏡面仕上げスプレーが手放せません。

簡単に説明すると、スプレーから噴射される泡タイプのコンパウンドワックスみたいなものです。
特殊洗浄剤に0.7ミクロンの微粒子コンパウンド、さらには3つのWAX成分が入っているという、
まさに一石三鳥の優れものです。

大きなキズや深いキズには不向きですけど、車のボディ以外にも結構使える逸品だと思います。
自分はヘッドライトの曇りや黄ばみを取るためにいつも使ってたんですけど、先日は
アクリル製のドアバイザーに使ってみたら洗車機でついた細かいキズがウソのように取れて
クリアになったうえにツルツルのピカピカに仕上がりました。

自転車のハンドルやメッキ部分の錆なんかも簡単に取れてピカピカになりますし、
電子レンジの窓部分や、水垢のついた鏡にも、曇ってきたヘルメットのシールド
にも使えます。

ホームセンターで一本1300円くらいで買えますけど、特売なんかで
1000円を切る値段だったら1本買っておいて絶対に損はありません。

使い方は簡単で、さっとスプレーして軟らかいタオルなんかで擦ると
最初は汚れや錆が落ち、その後も優しく拭き続けると艶が出てきて、
あっという間にピカピカになります。

ガラス、メッキ、硬化プラスチック、金属、とあらゆるものを簡単に仕上げてくれます。

ヘッドライトの黄ばみや曇りでお困りの方も、業者が仕上げるほどとはいきませんけど、
タオル一本でいつでも綺麗になりますし、気になりだしたらシュっと吹きかけて拭き取るだけの
簡単作業で、いつでもヘッドライトの透明感を保つことができます。

自分も以前は業者に頼んで両目で6000円くらいかけて磨いてもらっていましたけど、
結局のところ1年くらいしかクリア効果が続きません。
それだったら、LOOX1本を手元に置いておいて、洗車のたびにサッと一拭きしたほうが
ずっとクリアな状態を持続できます。

KUREのLOOX、是非おすすめします。
お試しください。

他にもいい使い方があったら、自分にも教えて下さい。


カウンター
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[08/14 店主]
[08/14 店主]
[08/13 ジュニア]
[08/12 タムちゃん]
[08/05 店主]
[08/04 タムちゃん]
[08/04 店主]
[08/04 タムちゃん]
[07/24 店主]
[07/24 タムちゃん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /