やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/07 >>
SMTWTFS
1
234 678
91112 1315
16171819 202122
242526 272829
3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  

毎度ありがとうございます!

昨日は鶴岡野球連盟審判講習会が行われ、正式に地区審判員として登録される事になりました。
「五十の手習い」とはよく耳にしますけど、自分自身が50歳になる節目の年に
何か新しい事に挑戦したいなとは思っていたんですけどね。

後輩のスガイをはじめ、身近に連盟審判の方々が多いというのもありましたので、
ピカピカの1年生といえども心細さはなかったんですけど、新しい事を覚えながら
体を瞬間的に動かしていくというのが、本当に難しいんですよ。

頭では分かっていても、体が思った位置まで動けない・・・
瞬間的に次のフォーメーションが理解できていない・・・
クロスプレーの見る位置が悪い・・・

基本動作とコールの後にゲームノックをみっちりやって、午後は社会人野球の練習試合で実践練習。
体よりも頭が疲れたというのが本音でしょうか。

何でもないプレーの先には、必ず審判員のジャッジがありますけど、そのためのルール勉強と
実践の積み重ねという裏づけがあってゲームが成り立っているという事なんですよね。

野球をやってきていれば、審判はなんとなくでも出来ると思っていました。
でも「ちゃんと審判をやる」ためには、基本姿勢やコールやフォーメーションを体に叩き込んで、
さらに頭では難解なルールも覚えなくてはなりません。
頭で分かっていても、ちゃんとコールして的確なジャッジが出来るかどうかも問われます。

今まではお父さん審判として誤魔化せた部分もたくさんありましたけど、
今度からはそうはいきません。
責任の重さがずっしりと違いますしね。

硬式社会人の三塁塁審をやりましたけど、傍に指導役のスガイがいなかったら
ほとんどどこに動いていいのかすら分からなかったのが今の自分のレベルです。

スポ少や中学野球とはスピードが違いますし、一瞬で判断することがたくさんありすぎる。
ボールの行方よりも他の塁審の動きを見る、カバーする、位置を確保する・・・
全く出来なかった情けない自分がいます。

夕方4時も回った頃に、ようやくバックスクリーンのイニングボードのLEDが今シーズンから
新しくなっていた事に気がついたくらい、辺りを見渡す余裕すらありませんでした。

無謀な挑戦だったかなー、お父さん審判の方が楽でよかったかなー、と帰りの車の中で
一瞬頭をよぎりましたけど、息子も頑張ってますし自分から弱音を吐くわけにはいきません。

上手くできないことを理由に逃げ出したら…そんな親父の姿を、
同じようにいまピッチングで悩んでいる息子に見せるわけにはいかないじゃないですか。

もともと、自分も好きで始めたことですからね。
もっともっと野球が好きになるために、上手く出来ない事も含めて楽しんで努力します。

何よりも、審判部の諸先輩方に丁寧に分かりやすく根気強く教えて頂きましたしね。
そして、何にも出来ない自分を気さくに受け入れて頂いた事に、本当に感謝いたします。

「オールドルーキー」として、50歳からの挑戦です。

心も体も疲労感ハンパないですけど、今週ものんびりとゆっくりと自分のペースで頑張ります!





毎度ありがとうございます!

いつもお世話になっているサッポロビールのエリア担当カサマツくんの転勤が決まり、
昨夜は市内の飲食店オーナーらが一同に集まり、やんちゃで送別会を開催しました。

自分の場合は開業時は他社のビールでスタートしたんですけど、10周年を迎えるにあたって
サッポロに切り替えた云わば「切り替え組」です。

「飲食店は酒屋とビールの銘柄はコロコロ替えるものじゃない。」と思っていましたので、
その決断には勇気がいりましたけど、決して間違ってはいなかったと自負しています。

実は9割9分アサヒビールに決まりかけていた切り替えプランでしたけど、最後の最後に彼の人柄や
その実直さに惹かれ、すべてを反故にしてまでもサッポロに切り替えたんですよね。

そのきっかけは、名刺に書かれた小さな小さな「昨夜はありがとうございました。」の一言でした。

切り替えるにあたり「たとえカサマツくんが転勤になっても、その後に誰が担当になったとしても、
これから10年間はサッポロビールを替えることはないから、ウチにくる時間を新規のお店や
他のお店に使いなよ。」と声をかけてきました。

すごく上から目線に聞こえたかもしれませんけど、それは実は自分にとっても今後10年間、
お店を継続していくんだというプレッシャーをかけていた言葉でもあったわけです。

たくさんお世話になりすぎて、感謝してもしきれない想いで一杯です。

一枚の名刺から始まった小さな小さなご縁が、どんどん大きな人と人との繋がりを生み、
店主達がお店を休んでまで送別会を開催してくれるなんて、他ではあまり聞いたことがありません。

そのすべてが彼にとっての財産になるでしょうし、我々にとっても彼にしてもらったことが
大きな財産となってこれからのお店の経営に活かされていくだろうと思います。

涙ぐむ彼の姿を見て、自分も寂しくなりました。
でも、未来にむけての希望ある別れです。

新天地で頑張る彼の姿を思い浮かべ、自分もいつでも顔を出しにふらりと寄ってもらえるように、
今日からまたいつものように自分の毎日を頑張るだけです。

新しい勤務地は福島県いわき市だそうです。
落ち着いたら彼に会いに「いわき出張」を計画しなくてはなりません(笑

その時まで、しばしの別れです。

身体に気をつけて、また一緒に飲める日を楽しみにしています。
たまには鶴岡の事も思い出してくれると嬉しいですかね。

自分も頑張ります!!




毎度ありがとうございます!

4月1日、新しい一歩を踏み出す期待と不安の入り混じった日でしょうか。

自分の社会人としてのスタート、4月1日は大阪で第一歩を踏み出しました。
東の兜町・西の北浜といわれる相場の街で、スーツに身を固めて気合いが入っていた記憶があります。

大阪が本社でしたので新入社員全員が一同に揃い、そのまま2ヶ月間の研修に入ります。
証券会社の営業マンは、全員が証券外務員Ⅱ種試験に合格しないとなりません。
その試験合格に向けて寮と研修センターの往復の日々でした。

大学でもほとんど勉強してこなかった分、ここで猛勉強したわけですけど、
人間、急には変われませんよね(笑
講義が始まるとすぐに寝るクセが顔を出してしまって、いつも寝ている自分を見て
同期の連中がつけたあだ名が「トド」でした(笑

それでも、自分なりには勉強しましたねー。
数学や英語が出題されれば完全にアウトでしたけど、
株取引や金融商品についての実務的な試験でしたから、
大学で学んだ証券法や商法や小切手法なんかの知識が活かされて
丸暗記でなんとか乗り切りました。

それでも同期で4人くらいは落ちましたけどね。
落ちたら2ヶ月先の次の試験まで大阪から帰れないんですよ。
「可哀想にな。もう自分、大阪の人でええやん!」とイジられて
寮に残ってみんなを見送りしなければなりません。

本社の寮があったのは京都府八幡市というところで、大阪との境にある街です。
定期を持たされ、朝から満員の京阪電車に揺られて通勤していると、
自分もサラリーマンになったんだなぁと実感したものです。

週休二日で初任給は23万円だったと思います。
週末は琵琶湖まで遊びに行ったり、京都競馬場や大阪城に行ったりして、
試験勉強の合間をぬって、それなりに大阪ライフを満喫していたんですよね。

大阪本社採用の同期も多くいて、初めはあの大阪弁でグイグイくるのが苦手でしたけど、
意外と太っ腹なところもあって、気の合う友人もたくさんできたのも懐かしい思い出です。

あれから27年も経ったのかと思うと、本当にあっという間です。
社会人1年生の頃に、今の自分の姿を思い浮かべることは全くできませんでした。

同期入社の中では一番で会社を辞めて、北海道に戻ってからもいろんな仕事をやって生きてきました。
そんな時間があったからこそ、今の自分がいます。

レミオロメンじゃないけれど、自分とっては3月9日よりも、晴れやかな希望と新しい生活が始まる
4月1日に思いを馳せることが多いです。

みんな最初はゼロからですから。
小さな一歩ですけど、大きく踏み出して行って欲しいと思っています。

新社会人に負けないよう、今日も一日頑張っていきましょう!!



毎度ありがとうございます!

実は最近、50歳を目前にして耳毛が気になり始めていました。
耳の入り口に2、3本なんですけど、結構な長さまで伸びるもので
指でつまんではプチップチッと抜いていたんですよね。

鼻毛カッターは持ってるんですけど、刃先の形状が耳毛向きではないんですよ。
もっとこう、耳の穴に沿ってくるりと剃り上げたいわけです。

なんかいいのないかなーなんて思っていたら、耳毛カッターのいい物見つけました。
フィリップス社の「鼻毛・耳毛カッター メンズ グルーミング」
鼻毛・耳毛・眉毛のお手入れに最適の小型カッターで、肌も傷つけない安心設計がいい。

これだと、鏡では中々見えない耳毛の処理をする際に、
耳の穴に沿ってくるりと回すだけで綺麗に耳毛を剃ってくれます。

電池式ですから単三電池1本は使いますけど、毎日使うものでもないので、
そんなに苦にもなりません。

これは、今年一番の良い買い物をしました。
実際にはネットで調べてから、天童に買い物に行ったついでに家電量販店で購入したんですけどね。
肌に当ててもキレてない優れものです。

そして、キレてないといえば、ここでちょっとした事件が起きたんです。

カミさんと息子を車に残し、耳毛カッターを買いに自分だけ店内にいたんですけど、
カミさんから「今、車のドアをぶつけられて、謝りもしないで行こうとしてるから、すぐに来て!」

何事かと思って階段を下りていくと、すでにふてくされた態度で立ってる男性がいたんですね。
「なに?おたく?ドアぶつけたっていうのは?」
「だから直すって言ってるでしょうが!!」
「ちょっと待てよ。なんで逆ギレしてんの。まずはスイマセンじゃないの?」
「だ・か・ら、奥さんに謝りましたよ!!」
 
血気盛んな昔なら、いきなりケンカになるところですけど、もう50になるオヤジですからね。
そういう礼儀知らずな頭の悪いやつとは、まともに接するだけこっちがムカつくだけです。

「まぁ一回、車を見にいこうか。」
見ると明らかにドアがぶつかった傷が付いている。
「あー、ここね。上の方もぶつかってるよね。」
「上もですか?コンパウンドで取れるでしょ!」
「そうだね。コンパウンドで取れればいいけど、凹んでいたら板金に出させてもらうよ。」
「それなら、近くに知り合いの車屋あるんで、今から行って磨かせますよ!」
「あのね。こっちも鶴岡から遊びに来てるから、おたくの都合には合わせれないんだよ。」
「はぁ、鶴岡から。ですか…」
「とりあえず、免許証の写メ撮らせてもらおうか。あと携帯もいま鳴らしてみて。」
「あ、はい。」
「おたくもワザとぶつけたわけじゃないだろう。こっちもヤクザじゃないんだから修理代を
 ふっかけたりはしないけど、鶴岡に戻ってから凹みがあったらそれは直してもらうよ。」
「鶴岡にも知り合いの車屋あるんで、連絡もらえればちゃんと手配して直しますんで。」
「コンパウンドの磨きで傷が消えればいいけどね。」
「そうっすね。ちゃんと直しますんで。スイマセン。わざわざ鶴岡からいらしたのに。」
「まあ、仕方ないよね。それじゃ、後で連絡いれますよ。」
「ほんとスイマセンでした。」

いやぁ、我ながら素晴らしい大人の対応でしたね。
自分の立場もわきまえず何でキレてたのか知らないけど、最後はちゃんと謝ってくましたしね。

鶴岡に帰ってきて、二種類のコンパウンド使って磨いたら傷は取れましたし、
幸いにも凹みもなかったんで、これにて一件落着でおしまい。

最後にこっちから「傷は消えたし凹みもないみたいだから、これで解決ということで。」
と電話をかけてあげる超紳士的な神対応ぶり(笑

そんな心優しい店主が、今日もいつもの場所でいつものようにのんびりと営業しております(笑
今日の煮込みも軟らかく美味しく仕上がりました。

お時間があればぶらりとお立ち寄りくださいませ。


毎度ありがとうございます!

娘からの合格報告メールの中に「結婚記念日、おめでとう!」という一文が入っていました。
そうなんです、3月26日は結婚記念日だったんですよ。
自分もカミさんも、全く覚えていなかったという・・・(笑

毎年毎年それではイカンということで、車のナンバーをわざわざ結婚記念日の日付で
希望ナンバーにしたにもかかわらず、これですからね。

娘からメールが来なければ、たぶんまだ二人とも気がついていないでしょう。

そもそも自分は、人の誕生日や記念日を覚えておくことが苦手なんですよ。
今はスマホやFacebookがわざわざ通知してくれますから、放っておいても教えてくれますけど、
昔はそんな事もありませんし、カレンダーに「誕生日」なんて書くこともありませんでしたからね。

結婚記念日はおろか、自分の親父とおふくろの誕生日すら覚えていません。
カミさんのお母さん「おばあちゃん」の誕生日も、全く分かりません。

唯一覚えているのが、カミさんの誕生日と子ども達の誕生日とやんちゃの開店記念日だけでして、
自分の兄貴の誕生日も姉貴の誕生日も、正直合っている自信がありません。
そういう類の日付は覚えられないというか、覚える気がないんですよね(笑

いや、その時は覚えておこうと固く決意するんですけど、365日ってやっぱり長いんですよね。

昔は親の誕生日に子供が何かするなんてなかったですから、必然的に覚えて来ませんでした。
その分、自動的に世間が騒いで告知してくれる「母の日」や「父の日」に乗っかって、
社会人になってからは、ちょっとしたものをプレゼントしてごまかしてきましたけど(笑

でも、そんな自分でも、大切な人の命日だけは忘れていない事に気がつきました。
親父もおふくろも誕生日は分からないけど、命日は覚えています。
カミさんのお父さんの命日も覚えていますし、田中先生の命日もサノの命日もちゃんと覚えています。

もっとも、それが普通なんでしょうけど(笑
自分的には大したもんですよ。

結婚記念日だった日曜日は、朝の5時から起きて息子の練習試合の審判を務めて、
夜は保護者会長とコーチ達と開幕反省会を兼ねて急遽の飲み会に参加してました。

「今日は結婚記念日だよ。」と教えてくれれば、そんな日に飲みにも行かなかったんですけど、
知らなかったしなぁ。。。

カミさんも、大雑把な人で助かりました。

「子どもが一番、自分ら二番。」が我が家のモットーですから、プレゼントなどはありません。
クリスマスプレゼントもお互い買いませんし、買うのは子どものものだけ。
あとは、みんなで食べるケーキとかが定番です。

結婚記念日に、お二人で飲みに来てくださる仲の良いご夫婦も
たくさんいらっしゃいます。
我が家では結婚してから一度もありませんが。。。

記念日や誕生日を覚えておくコツがあったら誰か教えてください(笑
 
今日も一日頑張っていきましょう。




毎度ありがとうございます!

3月の年度末特有の慌しさと、グラウンドでの練習が始まって練習試合も組まれ始め、
すっかりブログの更新もご無沙汰してしまいました。

そんな中、昨日は看護師免許国家試験の合否が発表され「無事に合格したよ。」と
娘から泣きながら連絡をもらいました。

「看護学校に入ってしまえば、試験は簡単に受かるから…。」という人もいましたけど、
昨今の看護学校や看護師試験の実態は、そんなに簡単なものではありません。

今年は特に国家試験の問題傾向がガラリと変わり、過去問などまったく参考に
ならない問題が出され、そのことは新聞やニュースで取り上げられたほどの
難しい内容だったんですね。

娘も問題用紙を見た瞬間にびっくりしたそうですけど、なにはともあれ
無事に国家試験に合格し晴れて看護師として社会人になります。

配属先も決まり、重度の障害や疾患をもつ患者さんのいる小児科病棟に決まりました。

ここからが看護師として歩む第一歩になります。
患者さんときちんと向き合い、献身的にそして患者さんやそのご家族に喜んでもらえるような気配りや
安心して身体を預けられる安心感を兼ね備えた看護師として頑張ってもらいたいと思っています。

親としても本当に嬉しい報告でした。
ひとつ肩の荷がおりた気がします。
そんな夜でも、カミさんは当直番で24時間勤務の真っ最中ですけどね。

警察・消防・病院と命に直結する仕事に、しかも24時間体制で従事するというのは
周りから見るほど生易しいものでは決してありません。
他の職種よりも給料が良いだろうという人もいますけど、その肉体的かつ精神的な疲労度や
緊張感に比べれば決して良いとは思いません。

やはりそこには看護師としての使命感が大きいんだと思います。

そんな看護師が医療の現場では不足しています。
看護師だけでなく、医者も足りていないわけです。

これからもっと高齢化の波が押し寄せ、病院や街の医院も人で溢れ、一人ひとり違う病状への
細かなケアや治療が必要不可欠となるのは誰にでも想像できます。

看護師育成のための専門学校に対する補助金のあり方や、看護学生の奨学金制度の見直しや、
働いてからの待遇の改善など、まだまだ問題は山積みなままです。

多くの看護師がやりがいを感じ、生涯現役として活躍できる医療の現場が訪れる事を願っています。

これから風呂に入って、家では珍しく缶チューハイを一人飲んでから寝ます。
それでは、また明日。
おやすみなさい。





カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/25 店主]
[07/25 店主]
[07/25 NONAME]
[07/24 仙台屋の自販機]
[07/15 店主]
[07/14 コーチャー]
[07/08 店主]
[07/07 タムちゃん]
[06/15 店主]
[06/15 仙台屋の自販機]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /