やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2019/04 >>
SMTWTFS
3 456
7910 111213
1516 181920
212324 252627
282930
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  
毎度ありがとうございます!

年内の営業は29日まで。
新年は1月5日からの営業です。

よろしくお願いいたします。

先日ブログでも書いていた、開業以来使ってきた路上看板がとうとう寿命を向かえ、
昨日から新しく壁面看板を設置いたしました。

路上看板についていたアクリル板を引き続き使いたかったので、大工のタカヒロには
「四角い枠でいいよ。」とお願いしていたんですけど、忙しい仕事の合間を縫って
立派な看板枠を作ってくれました。

そして昨日、冬の冷たい雨が降る中で、タカヒロと電器屋のゴンビが雨に濡れながらも
設置しに来てくれました。

本当にありがとう!
感謝、感謝、感謝です。

中は、LEDライトなので蛍光灯のように切れなくてはいいんですけど、
少し明るすぎましたかねぇ。

ホームセンターで売っていた連結式のLEDライトを2本買ってきて付けてもらったんですけど、
あまりの明るさにちょっと眩しいようです。
真ん中に1本でもよかったかなー。

というより、蛍光灯のような光の広がりがより直線的なLEDだからこそ感じる眩しさなのでしょうか。
これは後で、プロのゴンビから意見を聞かなくてはなりません。

というわけで、路上看板がなくなり壁面看板になりましたので、市役所側から道路を曲がった際に
少し認識しにくくなったかもしれません。
まぁ、10歩も歩けば正面看板が見えますので、大丈夫だと思うんですけど。

今まで、店内のスイッチをOFFにしても提灯と頭上看板が消えるだけで、
路上看板はそのまま点いていたんですよね。
そこをゴンビにお願いして、全部の看板の点灯消灯がスイッチひとつで連動するように
改善してもらいました。

今までは、暖簾と提灯そして路上看板を出したり仕舞う動作を、当たり前のように16年間
毎日やってきましたけど、昨日から一番大きくて重たい路上看板を仕舞う手間がなくなり、
さらには入り口のスペースもふさがらなくなりました。

開店前に出入りする業者さんやおしぼり屋さんなんかは、荷物を持ったままでも
スムーズに店内に入ってくることができるようになりました。

雨や雪の日は、仕舞った路上看板から滴る水滴が玄関マットを濡らしていて、
その部分も改善されることになります。

本当に、いいことづくめです。

ただ、開業から毎日使っていた路上看板でしたから、愛着と愛情はありました。
まさに、雨の日も雪の日も過酷な条件のもとで灯りを点けてくれた、いわば相棒です。

その看板の顔ともいえるアクリル板は、新しい壁面看板でも引き継いでいきます。

開業時には、なるべくお金をかけずにとスタートした「やんちゃ」です。
内装には、自分のイメージや理想もあったけれど、優先順位はそこが上位ではないと思って、
友人からもらった冷蔵庫に、知り合いから安く譲ってもらった焼き台に、もらい物の器で
まずは旨いものを出そうと必死になってスタートしたんです。

そんな中で、一番と言っていいほどの高い買い物がこの路上看板でもあったんですね。
だから、大事に大事に使ってきたんですけど、錆や経年劣化にはかないませんでした。

新しいやんちゃの顔として、また長く使えるように、これからも長く灯していられるように、
日々、頑張っていくだけです。

昨夜は、毎年樽平酒造の菰樽(こもだる)を頂戴している酒田むすめさんからも
わざわざ山形から忙しい合間を縫って樽を届けてくださいました。

2006年のマスターズ甲子園出場時の取材がきっかけでしたから、
もう10年以上のお付き合いになりますか。

積もる話しと聞きたい話しがお互いに山ほどあって「今度ゆっくりと。」としか
会話が出来ませんでしたけど、本当に今度こそゆっくりと語り明かさなければなりません(笑

たくさんの方に支えられ、たくさんの方と出会い、たくさんの方々にご来店頂いた2018年も
残すところあと少しとなりました。

事故や怪我のないように、皆さまが無事に新年を迎えられますように。
自分もラストスパートで乗り切ります!!





毎度ありがとうございます!

久しぶりに息子の野球ネタでも書こうと思います。

中体連終了後に野球教室に通い始めた息子ですが、今年のJLBYの優秀選手に選ばれたそうで、
嬉しそうに「優秀選手賞」の楯をもらって帰ってきました。

鶴岡には小学校、中学校の野球教室というものがあって、普段のスポ少や部活と平行して活動し
更なる技術向上や体幹トレーニングを用いて、より意識の高い選手育成を目的とした教室です。

もちろんスポ少時代から平行して入部する子もいますし、うちの息子のように部活動が終わってから
高校入学までの硬球対応への移行期間と位置づけて入部する子もいます。

1年次から入部していた他校の選手たちから「カンタロー、いつからドリーム(教室)来るの?」
と声をかけてもらっていたんですけど、勉強との両立や部活動とのダブルワークは息子には
少し大変だろうということで、中体連終了まで入部させなかったんですよね。

中体連があっさりと終わってしまったので、その翌週にすぐに入部しました。
中体連の県大会が控える時期で、主力メンバーが出場できないギリギリの人数のなか、
いきなりスタメンで使ってもらい、2日間4試合のトーナメントを勝ち上がり、
初の全国大会に出場できたことは、このブログでも書いてきました。

スポ少時代から人数が少なかったおかげで、レギュラーで使ってもらうことが多かった息子が、
ドリームスではサブキャッチャーとしてチームの準備や裏方の仕事もこなすようになり、
技術向上ももちろんですけど、新しいメンバーと新しい目標に向かって切磋琢磨する姿は、
部活とはまた別の密度の濃い半年間だったような気がします。

部活では体格も頭ひとつ大きかった息子が、ドリームスではさほど大きい選手ではなくなりました。
部活では何となく出来てきたプレーが、ドリームスではしっかりと基本を覚えていないと
出来なくなって指導されるようになりました。

キャッチングもスイングも、比べれば劣っている部分を息子自身がイヤというほど気づかされ、
その分「もっと上手くなりたい!」という欲も出てきたのが一番の成長だったでしょうか。

少ないチャンスの中で、わりと打っていた印象だったのか、実際に打率や打点が良かったのか、
何が評価されて受賞したのかは自分にはわかりません。

自分の眼には、他にも優秀選手にふさわしいような投打に活躍をした選手も見えましたけど、
投手部門と打撃部門とで分けて2人づつの受賞だったようで「へー、すげーじゃん。」と
そっけなく答えた言葉とは裏腹に、ここは素直に息子の受賞を密かに喜びたいと思っています(笑

高校に入れば、更なる競争が待ち構えています。
正直、今まで自分は息子のことを「上手い選手」だと思ったことは一度もありませんし、
今でも強豪野球部で通用するような選手だと思ってもいません。

でも、可能性はあると思っています。
それはどの部員でも、どの新入部員でも言えることです。

ネタバレするからあまり書きたくはないんだけれど、母校野球部の歴代監督のインタビュー記事に、
「子どもたちには鶴岡の狭い範囲での力関係があるようで、私にはそういうものは一切
 関係なく選手を見れたし評価してきた。」みたいな記事があったんですよね。

野球の業界では「鶴岡の子は優しいから。」とよく言われます。
それはすなわち、相手を押しのけてまで這い上がるハングリーさの弱さと消極的な部分を
象徴する言葉なんでしょうけど、そこには子どもたちの中にある序列や順番というものが存在し、
それが邪魔をしているということなんでしょう。

たとえばそれはバスに乗る際の座る位置だったり、集合写真を撮る時の前列後列だったり、
試合中のベンチの座る位置だったり、バッティングの順番だったり・・・
そんな何気ないところからでも垣間見ることは出来るものです。

でも、野球は甲子園がすべてではありませんし、高校野球がすべてではありません。

優しさが仇となってレギュラーになれなくとも、たとえ甲子園に出場できなくとも、
大人になっていくそのなかで、その優しさに人が惹かれ、その優しさに人が集まるのなら、
それはそれで大いに誇れるものだと思うんですよ。

もちろん、そんなことは息子には言いませんよ。
これから厳しい世界に飛び込んでいくわけですから。
悔しさの中で、時には涙することもあるでしょうし、努力しても報われないこともあるでしょう。

それでもいいんですよ。
人間、生きていく中で、どこかでそういう厳しい部分を経験しておかないと。
プロになるわけじゃないんだから。

ゆるい学校でレギュラーになって野球が中途半端に出来るヤツになるよりも、
厳しい学校で補欠であってもビシッとした大人になるために必要な経験を積ませたい。

社会に出たら待ち受けるたくさんの理不尽なことに逃げることなく、乗り切る忍耐力は
厳しい環境のなかで培われるものだと思うからです。

全員の前で表彰された後に、1年から通っているある選手から「カンタロー、おめでとう。」と
声をかけられ「そのことのほうがもっと嬉しかったし、オレ、まじで泣きそうになった。」と
大切な部分に気づいている息子の姿にも、大きな成長と優しさを感じました。

中学野球の集大成に、小さいけれど大きな希望と自信を与えてくれる綺麗な楯をもらいました。
自信過剰にならず謙虚にひたむきに、野球と仲間と向き合って欲しいと思っています。

自分も息子に負けてはいられません。
今日も一日頑張っていきましょう。



 








毎度ありがとうございます!

昨夜は野球部OB会の役員会が行われました。
二週続けて後輩のお店「居酒家的場」が会場でした(笑

来月の1月に開催される創部50周年記念式典の開催に向けて、内容のある会議になったと思います。
ここから、式次第の作成や受付名簿の作成など、細かな事務作業に入ります。
なんとか成功できるように、役員全員で結束していかなくてはなりません。

昨日は、午前中は会議資料作りに追われ、午後からはカミさんと部屋の不要物のゴミだしにと
会議直前まで慌しく動き回ってたんですよね。
そんな頭も身体もグッタリと疲れたところに、また会議をやって、終わってからの懇親会ですから
帰ってきてからは速攻で寝落ちしていました。

身体の無理も利かない歳になってきたんでしょうね。

先週の同窓会開催の打ち合わせのときにも、事前資料を作成して全員に配ったら「すげー」なんて
声が上がっていましたけど、自分にとっては全然普通のことだったんですけどね。

そういうのはあまり苦にはならないというか、そういう資料なくして会議も何もないでしょう。
だから作って当然だと思っているし、よりわかりやすく理解してもらうためには必須ですよね。

ただ、ゼロからみんなで相談してから決めようというのは、あまり得意ではありません。

OB会も同窓会も、営利を目的としているわけではないわけですから、ある程度の部分を
誰かが決めておかないと、開催の目的や意図がぶれてきてグチャグチャになりがちです。

会の主旨や核心部分の意思統一さえ出来れば、役割分担にもみなさん協力的になりますし
「それなら私がやってもいいよ。」と自然に手も挙がるものです。

同窓会の前に、まずは創部50周年式典をしっかりと開催しなくてはなりません。
もちろん、仕事も手を抜くわけにはいきませんしね。
なかなかハードなスケジュールになってきました。
自分の中にある「使命感」に身を任せ、頑張って乗り切ります。

というわけで、早朝から仕込んでいた煮込みが仕上がりました。
これから買出しと銀行回りです。

今週も頑張っていきましょう!!


 
毎度ありがとうございます!

今日から16年目のやんちゃです。
引き続きご愛顧のほど宜しくお願いいたします。

そして、このブログも11年目に突入ですか。
お店のファンというよりも、ブログのファンなどという方までいらっしゃるようで、
恥ずかしいやら照れくさいやらで、何ともリアクションできない自分がいます。

そんな方々へ・・・といわけでもないんですけど、最近のブログの更新の頻度、上がってませんか?
1月になればまた激務で忙しくなりますので、今のうちに少しでも楽しんでもらおうかと(笑

また、ぱったりと更新できなくなる時期がやってきますので、気長にお付き合いくださいませ。

激ヒマだった昨夜は、本当に懐かしい同級生が顔を出してくれました。
先日、親父さんが亡くなったということで、喪主として立派に務め上げながら、
遠方からのご親戚といつもの同級生たちと立ち寄ってくれたのでした。

「おー!久しぶりだな~。」と挨拶しただけで、それ以上は話しはしていません。
マツウラが事情を説明してくれて、事情が分かれば自分はそれを飲み込むだけです。

親が亡くなってみて、初めて見える情の厚さと、情の薄さ。
付き合いの頻度に違いはあっても、見なくてもいい人間性を垣間見てしまうのも葬儀の辛さでしょう。

昨夜のアイツは、そんな恨み酒だったのかもしれない。
それでも、いいんですよ。
飲んで吐き出してしまえば。

親が亡くなった悲しみをこらえ、その瞬間まで立派に支え、お世話になった方々への義理を通し、
飲んで愚痴のひとつを吐き出したところで、誰が文句をいえますか。

きっと、一人で頑張ったんだろうと思います。

そんな時に、そばにいてくれる仲間の存在のありがたさにも改めて気づかされるんですよね。
自分の両親もすでに他界していますけど、その死をもってでも人生の最後の最後まで、
親には教えられることばかりなんだなぁと痛感していました。

臨終のその時までの時間や、その後の人間関係までも、すべてがその死をもって教わることが
本当に多いものなんだと思っています。

お経を上げて終わりなら、それほど簡単なものはないでしょう。
ご近所付き合い、職場の方々、親戚付き合い、生前お付き合いのあった方々への
感謝の意を込めて、その配慮と段取りが大変なわけです。

すべては人なんですよね、良くも悪くも。

迎えの車の手配やら、泊まるホテルの段取りやら、頂いたお気持ちへのお返しだとか、
そこに、やれ席順だの花輪の上手だの下手だの、故人を偲ぶというよりも、それはむしろ
生前お世話になった分の接待返しというほうが分かりやすいのかもしれません。

だから大変なんですよ。

でもね、ふと見渡した時に、それだけの人たちに支えられてきた親の人生と、
大変な時に支えてくれる友人たちの大切さにも気づかされる場でもあるんですよね。
そうやって、また明日へ向かって頑張って歩いていければいいのかなと。

陰ながら応援しています。
そして、またいつの日か懐かしい同級生たちにふらりと寄ってもらえるように
自分も16年目の一歩を踏み出すだけです。

頑張れよ!ケン坊!(笑
懐かしい写真があったぞ!


 









毎度ありがとうございます!

明日12月12日は、そう、やんちゃの日。
おかげさまで明日から16年目のやんちゃです。

毎年恒例ですけど、日頃のご愛顧に感謝をこめて「生ビール半額キャンペーン」を開催します。
今年は明日12日だけの開催となりますけど、お席はたっぷりと余裕がありますので、
お気軽にお立ち寄り頂ければと思います。

早いものですね。

自分が開業したときには、すぐに潰れるかもと予想されていたくらいですから。
まずは3年、そして5年10年と、欲をかかずに一年一年を積み重ねてきました。

毎年思うことですけど、こんな愛想の無いお店を御贔屓にしてくださるお客様と、
日々支えてくれているスタッフには、本当に感謝の言葉しか見当たりません。

スタッフとは23日に大掃除をした後、忘年会で盛り上がります。
以前は、昼飯食ってそこで解散だったんですけど、近年はお鮨やオードブルを買ってきて
お店でモツ鍋やホルモン食ってワイワイやるのも楽しみのひとつになりました。

今年は鶏せせりを買ってきて、セリ鍋ならぬ「せせり鍋」にでもしようかな。
でも、新鮮なテッポウを使うモツ鍋も間違いなく旨いしなぁ。

スタッフアンケートをとって好きなものを食べさせます。

お客様へは、去年大好評だった「携帯爪楊枝ケース」もまだ在庫としてありますので、
今年もご希望のお客様はご自由にお持ち帰りくださいませ。

禁煙ブームと電子たばこの普及で、使い捨てライターもあまり減らなくなってきた代わりに、
お店の名前が入った「携帯爪楊枝ケース」が大変喜ばれております。
車に、かばんに、1個入れておけば何気に結構使えます。
よかったらお気軽にどうぞ。

初雪が記録的なドカ雪で、駐車場から車を出せなかった一昨日の天気がウソのように
太陽が顔を出した鶴岡の朝です。

寒いけど、天気が良いと気分も晴れますよね。
今日も、感謝の一日が始まります。
 
 








 
毎度ありがとうございます!

休日の夜、中学時代の同級生有志が集まって、来年同窓会をやることを決めました。
まずはその第一歩として「発起人」10名で、大まかなタイムスケジュールと役割分担を決め、
盛大な同窓会になるべく、走り始めたところです。

正直、引っ張っていくよりも、乗っかっていくほうが楽ですけどね。
でも、誰かが引っ張らないと、大きな車輪は動きません。

厄年でもなく、50歳という節目でもなく、卒業40周年というわけでもなく、
なぜ来年なんだという声と文句が、あちらこちらから聞こえてきそうですけど、
むしろ一般的だとか通常的だとか、そういうものにとらわれない感覚で遊びを企画し、
みんなで参加して盛り上げていくのが、我われ鶴岡四中第二期卒業生でもあると思っています。

「今やりたいんなら、今やろう!」

そんなキャッチフレーズが、しっくりくるのかもしれません。

文化会館で行われた合唱際の合間に「劇団」を作って、合唱以上に会場を盛り上げてみたり、
市内を駆け巡る駅伝大会では「風林火山」と書いた大きなのぼり旗を掲げて沿道を追走してみたり、
体育祭では、羽織袴姿でジャニーズばりにバク転やバク宙のアクロバティックな大技を決めてみたり、
今の鶴岡四中でいうところの三大行事の盛り上がりの歴史は、自分たちが切り開いたと言っても
過言ではないでしょう。

不良やツッパリという素行の悪さよりも、くだらないことを本気でやったり、
誰もやってないなんて聞くと無性に喜びを感じたり、そういうバカみたいなやつらが
異常に多かった学年なんですよね。

入試直前にもかかわらず授業も何もほったらかして、みんなで雪の積もるグラウンドで
勝手にサッカー大会をやってみたり、三階の窓から飛び降りて足の骨を折ったり、
騎馬戦の予行練習で本気なりすぎて鼻の骨を折るヤツや、鎖骨を折って本番に三角巾で来るヤツや、
とにかく破天荒で面白いヤツらが多かった学年でした。

もちろんケンカも日常茶飯事でしたけど、不登校のヤツの家まで全員で迎えに行ったり、
仲間想いの団結力の強さだけは、どのクラスにもあった気がします。

打ち合わせの最中に、各クラスの幹事候補のやつらに連絡すると、選択の余地はないのに
「いやだ。」などとダダをこねるヤツが出てきたりします。

「いいから、やれ。」

返信は、その一行で十分です。
その先にある、面白さや、感動や、達成感は保証します。
事情があってやれないことはあっても、やらないという選択肢はありません。

面倒くさくても、やるしかないんですよ!
そうやって自分を奮い立たせなければ、このくそ忙しい歳にもなって
「なんとなくお願いされた」だけでは、なかなか動けないですよ。

相当なエネルギーが必要になってきますしね。
それはみな同じなわけです。

優しくいえば「オレも頑張ります。だからキミも協力してくれよ。」ということですよね。
平たい言い方をすればね。

自分も望んでいるわけではないけれど、満を持してというか「そろそろ頼む。」という声が
湧き上がっている以上、しっかりと会議資料も用意して打ち合わせがスムーズにいくように
準備・進行してしまう自分がいます。

どんな同窓会になるでしょうか。
まぁやる以上は、しっかりと準備して挑みますから。
みんなに喜んでもらえるように・・・

さーて、これから雪かきしないとなりません。
それだって、やるしかないんですよね。

腰やってしまわないように、そろりそろりと参ろう(笑

 
 



カウンター
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
3 4 5 6
7 9 10 11 12 13
15 16 18 19 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
[04/22 店主]
[04/22 しんさん]
[04/15 店主]
[04/14 サードコーチャー]
[04/14 店主]
[04/14 20番が涙腺スイッチ]
[04/09 店主]
[04/08 しんさん]
[04/04 店主]
[04/03 タムちゃん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /