やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 34
578 91011
1314
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  
毎度ありがとうございます!

お盆前の一週間、まさに怒涛の一週間という感じの忙しさでした。
ご来店、ありがとうございました。
やんちゃは、明日・明後日と連休となります。

明日13日は、おばあちゃんを連れて寒河江に行ってお墓参りしてきます。
鶴岡のお盆は7月13日に済ませてますので、今度は内陸でのお墓参りです。

息子の部活も一週間休みですので、なんだか体がなまっている様子です。
毎日、素振りとシャドーピッチングはやってますけど「あー!グラウンドで野球してー」なんて
毎日グチってますもんね(笑

今は夏休みの課題もハンパないほどあるんですよね。
でも、毎日毎日自分が喝を入れてきたせいか、夏休みも残り一週間ですけど、
今日で全ての課題が終わったと言ってました。

内容はともかく、やればできるじゃん。
となれば、あとは残り少ない夏休みを思う存分楽しむだけです。

明日はお墓参りで寒河江へ、明後日は海水浴とBBQ、16日からは部活が再開し、
17日は娘が帰省するんで家族でエルサンのビアホールへ行って、19日は赤川花火大会、
最終20日は三川中と練習試合と、夏休み終盤もカレンダーは予定だらけです。

他にもOB会の仕事やら野球の審判やらと、まだまだやることは山ほどありますけど、
ぶっ倒れないようにスケジュールを調整しながら、お盆ウィークを乗り切りたいと思っています。

それではみなさま素敵な休日をお過ごしくださいませ。







毎度ありがとうございます!

8月8日は田中先生のご命日です。
また今年も田中先生との思い出を書いてみたいと思います。

現役時代はほとんど会話をしたことがなかったわけですけど、30代半ばで鶴岡に戻ってきて
日中にわりと時間が取れるヤツだと認識されてからは、しょっちゅうゴルフに誘ってもらったり
二人で買い物にも出掛けたりしていました。

その車中ではいろんな思い出話をしながら行くんですけど、ある時こんな質問をしたことがあります。
「今、OB会の事務局をやらせてもらってますけど、甲子園に行った世代がOB会に
協力してくれないのはなんでなんですかね。」
「・・・。」
「県外生が多かったというのも分かるんですけど、振込みひとつ入れてくれないじゃないですか。」
「そうか…」
「田中先生は、あの世代の方たちと会いたいですか?」
「うん。久しぶりに会いたいな。」
「やっぱり、そうですよね。」
「OB会でみんなで会いたいな。」
「はい。」
「もっとお前が頑張れば、みんな集まる。」
「もっとですか…」

もちろん今は30年ぶりの甲子園出場を機に交流や連絡が密になり、みなさんからOB会に
出席頂いたり、振込みでOB会費を入金して頂けるようになりました。
本当に、本当に感謝しております。

県外に住むOBの方々にとってはなかなかOB会といわれても身近ではないし、
当時はなんというか、きっかけもなかったのだと今では理解できます。

でも、あの年の甲子園出場までは本当に運営には苦労していたんですね。
案内を出しても、人も集まらない。
振込先を連絡しても、お金も集まらない。
そして、田中先生の体調も万全ではない。

それでも、毎年同じ顔ぶれのOB会に毎年田中先生は必ず出席してくださいました。

二次会にも気さくに付き合ってくださって、酔っ払って出来上がった教え子たちの
「先生、先生!歴代の最強4番は誰ですか?」だの、
「先生!キミシマさんは、どんぶり飯5杯食ってたって本当っスか?」だの、
「アイボリーのユニホームは先生にとってアリですか?」などなど、
勢いに任せて思いつくまま質問されても、イヤな顔ひとつせず全て答えていたものです。

お亡くなりになられたその年の9月に、八乙女で当時の甲子園世代の方々約40名が集結して
「世代親睦会」が開催されました。

真ん中に先生の遺影を囲み、当時中学生だった自分が憧れた先輩たちと初めてお会いしながら、
楽しい時間を過ごさせて頂いた事は、自分にとってもいいきっかけになりましたし、
そこから今につながる大切なご縁を頂いたと思っています。

生前、先生がみなさんに会いたがっていたのを知っているだけに
「田中先生がご存命だったらなぁ」と、盛り上がる宴会場の方隅で
ぼんやりと一人先生との思い出に浸っていたのを思い出しました。

今ではお店に寄ってくださる先輩や、わざわざOB会で飲めと日本酒を送ってくださる先輩もいて、
本当にありがたく感謝の気持ちで一杯です。

失礼な感情をもっていたこと、本当に申し訳ありませんでした。
そして、いつもいつもOB会活動へのご理解とご協力、本当にありがとうございます。

先生には「お前がもっと頑張れ!」と激励されましたけど、自分が頑張ったわけではなく
先輩たちの母校への愛校心を先生が呼び起こしてくれたんだと思うんですよね。

いいOB会になりましたよ、先生。
あの懐かしい顔ぶれで一杯やりたかったですね。

そして、酔っ払った勢いで今なら必ずこう聞くでしょう。
「先生!そろそろ事務局あがっていいですか?」と。

今なら「うん。」と言ってくれそうな気がしますけど。。。
創部50周年の区切りの年までは、先生の遺言だと思って頑張ります!!










毎度ありがとうございます!

お盆ウィークの営業日の告知です。

8月11日(金祝)営業日
8月12日(土) 営業日
8月13日() 定休日
8月14日(月) 休業日
8月15日(火) 営業日
8月16日(水) 営業日
8月17日(木) 休業日
8月18日(金) 営業日
8月19日(土) 休業日
8月20日() 定休日

要約すると、11日は祝日ですが営業いたします。
14日(月)と17日(木)と19日(土)はお休みを頂きます。

14日は問屋もお盆で良質の内臓が仕入れできないためと、
19日は赤川花火大会でお客様が誰も来ないため、毎年休んでいます。
17日は娘が帰省しますので、家族で食事に出掛ける予定です。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


そんなこんなで毎日が慌しい中、今朝はモーニング野球の審判をやってきました。
アラーム設定は午前4時45分でしたけど、さすがにすぐには起きれず(笑

決勝進出をかけた準決勝でしたけど、両チームに後輩やら知人やらが多くて、ある意味
やりやすかったんですけど、試合は非常に引き締まったナイスゲームだったと思います。

彼らは「大人になっても真剣に野球を楽しむ。」という事がちゃんとできてるんだなと、
球審のマスクを通して素直に感じましたよね。

野球人口減少は紛れもない事実ですけど、優勝目指して早起きして野球を楽しむ大人の姿は、
とっくにプレーヤーを引退した自分にも羨ましく映りましたし、そういう姿を彼らの子どもたち
が見たら、きっと野球を好きになってくれると思いますもんね。

それだけ活き活きと楽しんでいる姿が印象的でした。

中にはストライクゾーンが広いだの狭いだの、聞こえるように野次る後輩がいましたけど、
あとで個人的に説教しておきます。

そんな月曜日でした。
台風の影響か、35℃を越す猛暑日が続く鶴岡です。
熱中症に注意して、小まめな水分補給を忘れずに。

やんちゃの店内も、エアコンが追いつかないくらいに暑いです。
毎年毎年、ゴメンなさいです。

 

毎度ありがとうございます!

暦を見れば7月も今日で終わり。
明日からの8月のカレンダーを眺めれば、お盆休みの予定やイベントが記してあったりして、
すでに気持ちもワクワクしている方も多いのではないでしょうか。

我が家では17日~20日まで娘が帰省しますので、毎年休んでいる花火大会のほかに
もう一日お休みをとろうかと考えています。

自分的には埼玉に戻る娘を送って行くという口実で、出張を兼ねて車で東京へというのが
理想なんですけど、これまた実現が難しいスケジュールな気がします。

来週は新田カップが開催され、新人チームとしては初めての公式戦に挑みます。
部員ぎりぎり9人での新しい挑戦です。

「全員ピッチャー・全員キャッチャー」を合言葉に、一人でいくつものポジションを
こなさなくてはなりません。

動きかたや確認作業など、こんがらがって上手くいかないことのほうがたくさんですけど、
それでも声だけは切らさずに、最後まで諦めない強い気持ちで挑んでほしいと思っています。

夏休みの部活動は午前中ですので、自分もグラウンドに顔を出すようにしているんですよ。
おかげで顔と腕は例年以上に真っ黒です。

でもそのせいでしょうか。
日々の疲れ方がハンパないんですよ。
マッサージチェアーに横になっても、1分と持たずに爆睡してしまってますもんね(笑

クーラーのガンガン効いた部屋で、灯りを落としてのんびりとDVDでも観たいものです。
そんな時間さえ取れない日々が続きます。

昨日は、後輩ヤスヒロがコーチで頑張っている鶴岡5中と、新田カップを想定した90分ルールの
ダブルヘッダーで練習試合を行なってきました。

どちらも試合には負けましたけど、三週間ぶりの練習試合に選手達も張り切っていましたし、
いいところもたくさん見えた試合だったと思います。

もちろんピンチの時に声が出ない、となりの野手との確認作業ができていない、
ストライクが先行しない、サインを見落としている、などなどダメなところのほうが多いですけどね。
なんとなくチームのイメージはできてきた、というところでしょうか。

そんな慌しい日々です。

今日の鶴岡はくもり、部活もお休みです。
暑さも少し一休みといったところですかね。

よし!今日も一日頑張っていきましょう!!



毎度ありがとうございます!

お盆が明けてからも何かと忙しく、ブログの更新ができずにおりました。
10日ぶりの更新です。

この10日間で一番の出来事といえば、母校鶴岡東が三回戦で負けてしまったことですかね、やっぱり。
本当に残念です。

今年は同期ワタルの息子ソウマがレギュラーでベンチ入りしていて、
個人的にも例年以上に肩入れしていて、甲子園に行ってほしい年でもありました。

まだ子どもたちが小さかった頃は、ワタルの実家のある温海の海岸でファミリーBBQを楽しんだり、
お互いの子どもたちのお下がりをあげたりもらったりしてきた付き合いです。

30年ぶりの甲子園出場の際にも、夜通しバスの中で騒ぐおっさんたちと一緒に甲子園に行きましたし、
わが子とまでは言いませんけど、親戚のおじさんくらいの感覚で子どもの頃からソウマの成長を
陰ながら見守ってきたつもりです。

4つ下にあたるウチの息子に、Tシャツやらアンダーシャツやらをもらうたびに、ソウマの頑張りを
聞かせてあげていましたから、息子がソウマに憧れを抱くのは自然なことだったでしょう。
今も使っている素振り用のバットやラダーも、すべてソウマからのお下がり品です。

高校進学をどこにするか迷っている時期に家族で食事にきてくれて、あの明るいソウマの笑顔が
思春期と反抗期とが相まって、随分と悩んでいた顔だったのをはっきりと覚えています。

それだけに自分自身で鶴岡東に入学を決めたと聞かされたときには、わが子のように嬉しかったし、
下級生時代にスタンドで見かけると、いつも「ソウマ!頑張れよ!」と気軽に声をかけてきました。

新チームになり、見事レギュラーを勝ち取り試合に出るようになると、むしろ親のワタルの方を
随分と羨ましくも思っていたものです。

それだけ鶴岡東でレギュラーを勝ち取るということが簡単ではない事だと知っているからです。
OBの息子だろうが、関西からの特待生だろうが、シニア上がりだろうが、一切関係ありません。
与えられたチャンスをものにし、競争を勝ち抜いた者がベンチ登録される厳しい世界です。

春季大会では結果が出ずに登録を外され、悔しい思いでスタンドから応援していた寂しい横顔を
ワタルも傍で見てきて「お前なら絶対にやれる!」と鼓舞してきた親心も痛いほど分かります。

その悔しさを乗り越え、さらにバットを振り込み、最後の夏にまたレギュラーで戻ってきただけに、
もっともっと勝たせてあげたかったし、甲子園で活躍するソウマの姿をこの目で見たかったです。

ワタルと同じ背番号7を背負って、ワタルと同じ「1番レフト佐藤くん。」とアナウンスされた時は
感動して、試合開始前に胸が熱くなってしまいました。

高校野球はこれで終わってしまったけれど、人生の試合開始のサイレンはまだ鳴ったばかりです。

甲子園に出たとか出ないとか、レギュラーだったとか補欠だったとかは、
人生においては、さほど重要なことではありません。

その厳しくも凝縮された3年間の間に、社会を生き抜く【逞しさ】と、周りの状況を見て感じとる【感性】が
磨かれれば、いつの日か鶴岡東に入学して良かったと思える日が必ずくるはずなんです。

オレたちの夏、準決勝の日大山形戦、最後のバッターはワタルでした。
完全アウトの内野ゴロで一塁にヘッドスライディングして、そのまま立ち上がれず塁上で涙した
ワタルの無念さと、あの日の悔しさは、すでに息子ソウマが晴らしてくれたと思っています。
 
「オレの高校時代は不完全燃焼だった。」と、飲めば夜中にしつこく語るワタルもいま、
きっとそう思っているはずです。

少しゆっくりして、これからの自分の人生を、また自分の頭でしっかりと考えて、
歩んでいってほしいと思います。

いつまでも小さい頃のままだと思っていたソウマが、大きく成長し、逞しく必死に戦う姿に、
胸が躍らされ、熱く熱く感動した夏でした。

ソウマ、おつかれさん。
本当に頑張ったな。

そして、ありがとう。

毎度ありがとうございます!

鶴岡の中心部(旧市内)と加茂地区は、昔から7月13日がお盆なんですよね。

ということで、昨日はオヤジとおふくろが眠る実家の墓参りと、
一昨年亡くなったおじいちゃん(義父)の墓参りに行ってきました。

30度を越す真夏日のなか、墓石に水をかけてあげてもすぐに乾いてしまうほどの暑さでしたけど
供花をあげ、線香をたき、しっかりと心落ち着くまで手を合わせてきました。

瞼を閉じれば、元気だったころの何気ない会話や、口喧嘩も思い出します。
もっとあーしてあげればよかったかなとか、こう話せばよかったかなとか、
今でもそういう悔いた思い出ばかりですけど、家族の健康や平穏な生活を見守ってくれるように、
一人静かにお参りしてきました。

自分の実家は曹洞宗でしたけど、新しく建てたお墓は真言宗のお寺ですので、
宗派が変わりました。

結婚してから、仏壇もなく菩提寺もなかったカミさんの実家だったんですけど、
一昨年じいちゃんが亡くなってしまったことをきっかけに、お寺とかお墓とかを
決めていかなくてはならなかったわけです。

檀家でもないのにお経をあげてくださり、懇切丁寧に戒名まで付けてくださった南岳寺の
和尚さんのお人柄にも惹かれ、そのまま檀家として加えて頂くことにしたんですね。

偶然にも、自分の叔父と叔母も南岳寺に墓地を生前購入していて、
いろいろと相談にのってもらえたことも、大きなきっかけにもなりました。

自分もいずれはお世話になるお寺です。
正直、まだ宗派についてはよく分かっていないところが多いんですけどね。

曹洞宗と真言宗以外にも、日本にはたくさんの宗派が存在します。
歴史好きの自分は、仏教や宗派について調べたり本を読んだりしたいところですけど、
今は毎日が忙しくて、そんな時間がありません。

息子の野球でも終わって一段落したら、図書館にでも行って調べてみたいと思っています。

二つのお寺を回りながら、そんな事を思った今年のお盆でした。

そういえば、高校野球も一部雨で順延したことで、お寺も宗派も全く興味のない息子と
二人で県野球場まで応援に行けそうです。

息子にとっては初めての県野球場のスタンドですので、きっといい刺激になると思います。

ご先祖様たちも、そんな息子を温かく見守ってくれているでしょう。
ただ、ご先祖様の力で、もう少し頭良くなりませんかねぇ。。。

なんとか、お願いしますよ~(笑

 







カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 7 8 9 10 11
13 14
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 店主]
[11/21 とおりすがり]
[11/18 店主]
[11/17 しんさん]
[11/16 店主]
[11/16 店主]
[11/16 しんさん]
[11/16 仙台屋の自販機]
[11/15 店主]
[11/15 店主]
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /