やきとん専門店「やき処やんちゃ」の店主日記
Calendar
<< 2017/02 >>
SMTWTFS
1 23
578 91011
1215 161718
192022 232425
262728
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  

毎度ありがとうございます!

テレビの深夜食堂ではないけれど、うちにもいろんなお客様がご来店されます。
昨夜は同級生のTが一人でぶらりと立ち寄ってくれました。

実は一昨日の閉店間際にも「今から一人だけどいいか?」と電話がきてたんですけど、
もう店仕舞いを始めていたんで「また今度な。」と断ったばかりだったんです。
連日の訪問になにかあったのかな、とは気にかけていたんですよね。

Tは離婚して、今は気ままな独身生活を楽しんでます。
娘さんは奥さんと暮らしてるんですけど、娘と友達のようなフレンドリーな関係は
離れて暮らすようになってからもずっと続いていて、それはそれでいい関係だなと
友人ながら思って見ていました。

長女は自分が行くかかりつけのクリニックで看護師として働いていて、
いつも手を振って笑顔で迎えてくれます。
明るくて活発で人当たりも良く、誰にも好かれるいい娘さんです。

そんな娘さんが、プロポーズされたと…

もちろん彼氏がいるのは知っていたし、どちらも両親公認でお付き合いしていましたから、
そのタイミングがきただけといえばそうなんでしょうけどね。

24歳、早いといえば早いのかもしれません。
それでもTは結婚を反対しているのではなくて、三世帯同居となる結婚生活に対して
とてつもない不安を抱いているんですよね。

結婚して二人でやっていくならいいんだけど、農家の三世帯に嫁いで大事にしてもらえるのかが
心配で心配で寂しくて可哀想でやりきれない気持ちなんですよ。

今現在でもご両親・おじいちゃんおばあちゃんにも可愛がってもらってるそうなんで、
「大事にしてもらえるんじゃねーか、それなら。」
「そんなの今だけかもしれねーじゃんかよ。」
「まあ、そりゃそうだけど・・・」
「いざとなったら親とウチの娘とどっちをとるのか、ガッチリ聞いてやる。」
「ま、確かに親との同居でトラブルになるケースはよく聞くけど、大丈夫だろ、きっと。」
「そんなのわかんねーじゃんかよ。」
「まぁ、まぁ。」

そんなやり取りを何十回も繰り返して、夜は更けていきました。
時にはホロリと涙し、時には激高し、完全なる情緒不安定な状態での泥酔に
店をハネてから一杯付き合ってやることにしたんです。

いつもの福鮨のカウンターで、また同じ話しを最初から繰り返しながらも、
うんうん聞いてあげることしかできませんでしたけどね。

娘を嫁に出す父親の寂しさと儚さが入り混じって、同じ娘を持つ父親としても
リアルに同情してしまうところが多々あったわけです。

「きっと幸せになるよ。」
「そんなのわかんねえじゃんよ。」
「幸せにしてくれるだろ。」
「あだりめでぃやーん。」

ウチの娘にも、いつの日かそんな日がくるのでしょうかね。
自分もそこまで取り乱すのかな(笑

嬉しいような寂しいような何ともいえない感情のまま、迎えに来た代行に運ばれて
自分の方が一足先に帰路についたのでした。
カミさんへのお土産の鮨まで持たせてくれてありがとう。
いくらでも愚痴は聞いてあげるから、また福鮨に行こう行こう!(笑

「イニシャルでならブログのネタにしてよし!」ってことだったんで
遠慮なく書かせてもらいました。

大丈夫、大丈夫、きっと幸せになるよ。
泣くなよ、T。
 
嫁~にくる日が~こなけりゃいいと~♪

毎度ありがとうございます!

東京に出張に行った際に、酒場で必ずといっていいほど注文するのが「バイスサワー」です。
あのトロピカルなピンク色の輝きと、昔懐かしい梅仁丹のような甘酸っぱさは
飲んでる大人が楽しくなるような魅惑の飲み物だと思うんですよね。

数年前、東京出張から帰ってきてすぐに問屋に確認はしたものの、入り数(シバリ)の問題や
流通サイクルの問題なんかで、なかなか導入できずにいた「コダマのバイスサワー」です。

そもそもバイスサワーとは何ぞやというと、梅シロップ味の炭酸で
それを入れて焼酎を割って飲む割り材飲料のことです。
バイスサワー自体にはアルコールが含まれておりませんので、
別にジョッキに焼酎を入れてお好みの濃さでバイスサワーで割って飲んで頂きます。

バイスサワーを少ししか入れなければアルコールは強くなり1本使い切るまで、
3杯でも4杯でも焼酎(ナカ200円)をおかわりして楽しんで頂けます。

バイス(梅酢)はコダマ飲料以外にも発売しているメーカーはたくさんあるんですけど、
炭酸とのバランスや色味からしてコダマのバイスサワーが王道だと思います。

関東圏だとホッピー同様にシンプルで無骨なリターナル瓶で流通してるんですけど、
こちらでは瓶売切りですから一般向けの紙ラベルでの流通になります。

それでも中身は同じですから、向こうで飲んで鶴岡でも飲みたいなと思っていた方にも、
十分に楽しんで頂けると思います。
もちろんナカはキンミヤで提供いたします。

最初のセット500円でナカ200円ですので三杯飲めば一杯当たりは300円です。
もちろんボトルキープされている方の割り材(ソト300円)としても提供できます。
男性女性問わず気軽に飲めて、自分でアルコールの濃さを調整できるのも楽しみのひとつです。
カウンターに座って、隣であのピンク色のジョッキを飲んでいたら絶対に気になるでしょうね(笑

まだまだ鶴岡でも「コダマのバイスサワー」を取り扱うお店が少なくて、
ウチともう一軒しか今のところ提供していないようです。

ホッピー同様、これから2年くらいで鶴岡でもどんどん飲めるお店が
増えてきそうな予感がします。

「あっこれ、やんちゃで飲んだことあるよ。」と言っていただけるように、
コダマのバイスサワーのパイオニアを目指して頑張ります!!

さぁ、この機会に是非一度お試しくださいませ\(≧∀≦)/(^ω^)



毎度ありがとうございます!

のんびりとした日曜日の午後を過ごしています。
先週は野球部の後輩たちに、たくさんのグッズをもらってしまった一週間でした。

まずは、審判用のマスク。
ウィルソン製でパットが皮製のメジャーモデルです。
高校野球ではパットも黒と決まってますので使用不可ですけど、
高校野球の審判をやるわけではありませんから、中学部活のお父さん審判レベルでは
十分すぎるマスクです。

自分が普段使っているマスクもシルバーのチタンフレームで、高校野球非対応モデルながらも
軽くて疲れないモデルなんですけど、この黒のマスクもシブくてカッコいいですよね。
大切に使わせていただきます。

そして、審判用のインジケーターも一緒にもらっちゃいました。
野球をやっている方ならすでにご存知でしょうけど、以前はストライク・ボールの順で
コールしてましたけど、今はボール・ストライクの順でコールするようになりました。
それに合わせてインジケーターのストライク・ボールの位置が入れ替わっているものと、
従来のままのとが販売されているんですよね。

ベテランの審判だと、カウンターは従来の配列でも気にならないんでしょうけど、
自分みたいな素人審判は「3ボール、2ストライク!」とピッチャーにコールする際に、
指でも左手がボールで右手がストライクの数を示す必要があって、
その時に頭の中がこんがらがっちゃうんですよね(笑
目では右から左に3ボール2ストライクと確認して、手では左指で3本、右指で2本っていうのが。

もらったインジケーターは左がボールで右がストライクの新規格対応モデルでした。
でも今度は、ストライク!とコールしてボールをカチッとカウントしそうで怖いですけど。
大切に使わせていただきます。

そして、もう一つはキャッチャーミットをもらっちゃいました。
息子の球も速くなってきて、普通のグラブでは手が痛くなってきてミットを探していたんです。
別に新品の必要もなかったんで、中古でもと思ってヤフオクで探していたんですけど、
ちゃんと使えそうなものだとそれなりの金額がするんですよね。

今回もらったミットは業者さんがグラブリペア(修理)研修で使う教材ミットだそうで、
あちこちにミシンをかけた痕がたくさんついてるんですよね。
ショップに持ち込まれる修理グラブの、ミシンがけの練習用ということです。

でも新品ですからね(笑
自宅前で息子とキャッチボールするには十分すぎるミットです。
まだ硬くてポケットも出来ていませんけど、これから徐々に仕上げていく楽しみも出来ました。

どれも無料では申し訳ないんで、人気の太田屋のシフォンケーキをお返しさせてもらいました。

そんな日曜の夜です。
今日の晩飯は、カミさんが明日からドックのため、
息子と二人でハンバーグを食べる予定です。
本格的な雰囲気だけでもと思って、100円ショップで
ナイフとフォークも買ってきました(笑

ではでは、素敵な日曜日をお過ごしください。



毎度ありがとうございます!

日曜日は天童と寒河江の親戚の家には行ったのの、夕方からの寒河江酒場巡りは
時間的なタイミングが合わなくて、結局は行かずに鶴岡に戻ってきました。
楽しみにしていただけに残念でしたけど、こればっかりは仕方ありません。
寒河江の親戚の家にはちょいちょい行きますので、またの機会にでも行こうと思います。

昨年は秋に東松山に視察旅行に行き、2月には仙台でスーツを作るついでに一泊してきました。
全国どこにでも酒場はありますし、どの場所でもそれが日常の宴が繰り広げられています。

テレビでも「朝までハシゴ酒」なんかは人気コーナーのようで自分もよく見てますし、
「吉田類の酒場放浪記」や「夕焼け酒場」「太田和彦ふらり旅いい酒いい肴」も
それぞれの番組のカラーがあって毎週録画して楽しんでいます。

それでもテレビを見ているだけでは、看板メニューや店主の容姿は映し出されても、
実際のそのお店の息づかいまではなかなか伝わりませんよね。
お店の息づかいなんていうと抽象的ですけど、常連さんたちが発するお店の雰囲気とか、
なんとなく聞こえてくるお客さんの会話の質というか、店主のオーラというか・・・
撮影ではない、そのお店の日常の雰囲気とでもいいましょうか。

自分は、そのお店の真の姿はお客様の質で決まると思っていますので、
楽しみながらも節度ある飲み方や、立ち振る舞いやマナーは必要だと思うんですよね。
当店では、ゴロンと横になって寝ながら飲んだり、下品な下ネタや、大声での馬鹿騒ぎは
すべてお断りしています。
刺青やタトゥの類も入れるのは個人の勝手でしょうけど、それを露出しての入店は
固くお断りしています。

中には注意されて、あからさまに敵意をむき出しにしてくるお客様もいました。
チンピラみたいなのに「チッ!」と舌打ちさたこともあります。
それでも、ウチは小さなお店ですから、他のお客様が不快に思うことや、
自分の考えるお店のルールに反するお客様には自分自身がいつも注意してきました。

ある年の年内最終営業日に、関東から帰省してきて何を勘違いしてるのか、
隣のお客さんに絡んでケンカ腰になってるカップルにも、今後の入店をお断りさせてもらいました。

見ず知らずの人と席を隣に酒を飲むには、そういうルールや店主の決断が必要だということです。

先日も、閉店間際にご来店されたお客様が、芋焼酎のロックをすべて座布団にこぼして、
座布団が絞れるくらいビッチョビチョになっていても、知らないふりしてそのまま帰って、
カバーどころか座布団そのものを捨てなくてはならなくなった、なんて事があったばかりです。

わざとかわざとでないかぐらいは見ていて分かります。
クリーニング代をくれとか座布団を弁償しろとは言いません。
ただ一言「スイマセン、こぼしちゃいました。」となぜ言えないのかと。

俺は客だぞ、金払ってんだぞ、だから何やってもいいんだぞ、と勘違いしてはいけません。
40近いサラリーマンが、世の中のルールやモラルを酔ったふりしてとぼけてはいけませんよ。

酒は飲んでも飲まれるな、とはまさに好く言ったものです。
自宅で飲むのとは勝手が違うわけですから、節度ある立ち振る舞いで
最後まで楽しく過ごして欲しいと思います。

今日も一日頑張っていきましょう!!


 

毎度ありがとうございます!

寒い!今朝の鶴岡は特に寒い朝です。
いつ雪が降ってもおかしくない、そんな冷たい雨が降る朝です。

そんな中、急遽今週の日曜日に月山を越えて寒河江市まで行くことになりました。
おばあちゃんの実家が寒河江にありまして、お兄さんとお姉さんがいるんですけど、
今年になってそのお兄さんを亡くしてしまったんですよね。

お正月礼をしないかわりに、雪の積もる前に実家のお墓参りをさせてあげたいということです。

とはいっても、スタッドレスには履き替えないと月山は越えれません。
土曜日までにはタイヤ交換を済ませなくてはなりませんので、
タイミングを見て自宅で交換したいと思っています。

3年ほど前に3tまで持ち上がる油圧ジャッキを購入してからは、
タイヤ交換も随分と楽になりました。
ホームセンターで売っているプラスチックみたいな小さなフロアジャッキも楽ですけど、
2tオーバーのアルファードを上げるにはちょっと心配だったんですよね。

以前は佐藤タイヤに全てお任せしていたんですけど、自家用車以外にもおばあちゃんの軽や
義妹の車のタイヤ交換を頼まれるようになったので、思い切って油圧ジャッキを購入したんです。
タイヤ交換だけとはいっても、数台分の交換費用となると1万円もかかりますから、
それならちょっと頑張ってみんなで回転寿司にでも行った方がいいですもんね。

寒河江には日帰りで行きますけど、夜は自分だけ別行動にさせてもらって
タイミングが合えばこの機会に寒河江の繁盛店視察をしてこようと思ってます。

以前ウチにいたユウスケが行ってきた「焼き鳥さらや」と、
サッポロのカサマツくんお勧めの「やきとり庄ちゃん」に
行きたいなと思っているんですけど、食べログ情報だと
どちらのお店も日曜日は定休日のようなんですけどね。

それでも、さらやの常連だったマキくんの情報だと「日曜日もやってますよ。」というんで、
その言葉を信じてやってるのを期待して行ってみようと思ってます。
ま、やってなかったらまた今度でもいいんですけど、寒河江出張は必須事項だと思ってるんですよね。

寒河江も豚モツを刺して「やきとり」という文化が根付いているエリアなんですけど、
どのお店もレバーやカシラはブツ切りで、ネタはデカく刺すのがオーソドックスなようです。
そして中でも、豚足をよく食べることでも有名なところなんですよね。

自分も、過去に豚足やしっぽをトロトロになるまで煮込んで提供してこともありましたけど、
なかなか定番メニューとしては定着しなかった経緯があります。
もともとが鶴岡が豚足やしっぽを食べない傾向があるのかもしれないんですけど、
自分自身は豚足もしっぽも好きですんで、なんとか定番メニュー化したいというのが本音です。

以前は、あの白い豚の肌をもっと美味しそうな見た目に変えたくて醤油をベースに煮込んで
作ったんですけど、今度は色は付けずにガラやコンソメベースでもいいのかなとも考えてます。

どちらも食べれば美味しいんですけどね。
軟らかく、そして美味しくなければいけません。
レシピのイメージは出来ていますから、あとはやんちゃオリジナルで定着するか否か…
ある日突然、試作を食べてもらう日がくるかもしれません(笑
その際には是非ともご協力くださいませ。。

とりあえず、雨がやまないとタイヤ交換やろうという気になりませんけどね。

そんな水曜日。
今日も一日頑張っていきましょう!!



毎度ありがとうございます!

今日は息子の誕生日です。
13歳になりました。

中学に入り、シャレにならないほど勉強が苦手です。
勉強がというよりも、5教科の中で英語と数学が全くダメですね。
最近、風貌が若い頃の自分にそっくりだと言われることも多くなってきたんですけど、
風貌だけではなく、頭の中もそっくりになってきた気がします。

自分も数学と英語は全くできません。
自慢ではないですが、中学時代に数学と英語は10点未満の点数を数え切れないほど取りました(笑
期末テストの過去最高は、いや最低は3点かな。
そのくらい、英語と数学は嫌いでしたね。

出来ない自分にも言い分があって、ローマ字読みと普通の英単語ってスペルが違うじゃないですか。
もうね、そこがイヤなんですよ(笑

たとえば「lunch」と出されて、すぐにこれランチって読めます?
じゃ「Juice」はなんでしょうか?

自分もこのレベルですから、息子をどうこう言えたもんじゃありませんわね。

でも、野球はすでに自分より上手になってきてるとは思います。
自分はピッチャーをやったこともありませんし、クリーンナップを打ったこともありませんからね。

そういう意味では、息子の頑張りが日々の生活に活力を与えてくれているのは間違いありません。
見た目の印象からか、星一徹のような厳しい野球親父をイメージされて、
「あんまり息子に、あーだこーだと厳しくいくなよ。」と言われることがありますけど、
自分は野球に関しては褒めて伸ばすタイプですし、感情派ではなく理論派です。

知らないことは出来ないもんだと思ってますから、なぜ出来なかったのかを確認するのが先です。
ルールを知らなくてアウトになったのなら、ルールを教えるのが先でしょう。
守備フォーメーションや走塁感性は、繰り返し実践練習を積み重ねていくしかありません。

逆に、今は出来なくても早いうちに教えることで後から技術がついてくることが多々あります。
どうせ出来ないから教えないのではなくて、出来なくても必要な技術は見せたり聞かせたりして
知識として覚えさせておくことが必要だと考えています。

ジャンピングスローやバックトスも出来なくても教えてやった方がいい。
好きに打たせるのもいいけど、右打ちや進塁打の打ち方も教えておいた方がいいと思うんです。
決まり一辺倒にバントを教えるだけじゃなく、セーフティやプッシュバントも教えておいて
出来る子にはどんどんやらせてスキルを上げていくべきだと思うんですよ。

そして、たとえアウトになったとしても、まずはそのチャレンジを褒めてやる。
次に決めるためのヒントを与えてあげる。
決まればまた褒めてあげる。

練習態度や口の利き方、道具やグラウンドに対する感謝の気持ちや、親への態度など
しつけや規範に関することは、その場で瞬間的に叱って当たり前なんですよ。
そういうのは、後から叱っても何の意味もないわけですから。

・・・あれ?
息子の誕生日ネタが、また野球ネタになってしまってました(笑

とにかく、元気に健康で野球が好きでもっと上手くなりたくて、
もう少し勉強も頑張ってほしいけど、そこはカミさん担当で自分は野球担当ということで。

明日は祝日でお休みです。
ケーキは明日みんなで食べる予定です。
ティーネットが欲しいって言ってたけど、どうすっかなぁ。。。

そんな悩みもなぜか嬉しい誕生日の朝でした。
13歳おめでとう。


カウンター
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3
5 7 8 9 10 11
12 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
[02/05 店主]
[02/05 タムちゃん]
[01/28 店主]
[01/27 ヒロシ]
[01/20 店主]
[01/19 しんさん]
[01/18 店主]
[01/18 タムちゃん]
[01/12 店主]
[01/11 仙台屋の自販機]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /