やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2018/12 >>
SMTWTFS
1
2 678
9 131415
16171819 202122
23242526 272829
3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  
毎度ありがとうございます!

沼津での初日、記念すべき全国大会一勝に沸くスタンドで、保護者会宴会部長のお父さんから
「イシカワさん、このあと祝勝会やりましょうよ!せっかく沼津まで来たんですから。」と誘われ、
もちろんお断りする理由もなく、二つ返事で「いいですねぇ、やりましょう!」とOKサイン。

球場を後にした選手団は、バスでそのまま宿舎に移動して、明日の朝までサヨウナラ~。
さぁ、ここからは酒飲みオヤジたちの時間が始まります。

集合時間は午後6時20分、沼津駅南口集合です。
4時すぎにホテルに戻って、バス車中泊の疲れも忘れてシャワーを浴びてすぐに出掛けます。

が、球場までの徒歩圏内の距離を優先して泊まったホテルは駅北口。しかも自分ひとりだけ。
ここ沼津駅は、駅の構内の通り抜けができないうえに、線路下の迂回路が結構遠回りなんですよ。
ぐるっと3倍以上も遠回りするのが面倒くさくて、駅員さんに直接通り抜けを打診すると、
入場料140円かかるのでそれもよければとのこと。
さすがにそれはもったいなくて、渋々ぐるーっと遠回りすることにしたんですね。

南口に着いた頃には時すでに5時半をまわってるんですよ。
さすがにここまで来てチェーン店には行けないんで、
一番最初に見つけたシブい居酒屋に飛び込みます。

入ったお店は複合居酒屋「ちょうちん村」。
地酒の看板に引かれて入ったものの、これから始まる祝勝会にあまりに勢いが
つきすぎても困るんで、かるくハイボールで一人かんぱーい!
 
お店の方に一時間弱でおすすめですぐ出てくるものを、とお願いすると、
お刺身の盛り合わせと、アジの干物が運ばれてきました。

ここ沼津は、アジの干物の生産量が日本一なんだそうで、
お刺身と一緒に運ばれてきたアジの干物はお通しだそうです(驚

さすがに日本海の魚で育った庄内人としては、刺身の軍配は簡単には
上がりませんでしたけど、酒飲みの猛者たちが待ち受ける大宴会前の
慣らし運転にはこのくらいでちょうどいいんです。

ハイボールを一気に流し込み、日本酒のメニューを見ないようにしながらホッピーをオーダー。
やっぱりリターナブル瓶で出てくるホッピーは格別に旨く感じます。
しかも、内容量も山形で流通しているサイズよりも大きいんで、余裕でナカ3杯は注文できます。

一列で20人は座れるんじゃないかというくらい長いカウンターのど真ん中に陣取って、
改めて全国大会までの軌跡を思い出しながら、たくさんの方々に応援されて支えられて、
ここ沼津まで来たんだなぁなんてしみじみやっていたら、やべっ!集合時間の5分前じゃん!!

速攻でお会計を済ませ、急いで南口に向かいます。
どうやら随分と前から、みなさん自分が来るのを待っていたそうでスイマセン。
 
ようやく全員が揃ったところで向かったお店は「うお鶏」。
 
飲み放題つき4000円会費ですから、お料理もそれなりのメニューでしたけど、
全国大会一勝に盛り上がるオヤジたちには、料理の内容なんて全く眼中になく、
ただひたすらにハイボールをおかわりし続けるのでした。

10杯くらいまでは数えていたけど、これが効いたわけでして・・・

バスの疲れと嬉しい勝利とが重なって、異常なハイテンションのままお開きとなりました。
明日は7時過ぎには球場入りというハードなスケジュールなんて、この時点ですでに
頭からはぶっ飛んでいましたもんね。
 
お店を出たところでみなさんと別れ、
ここからひとり沼津で流浪の旅に出ることになります。



・・・つづく。




 


 



 毎度ありがとうございます!

それでは少しづつですけど、静岡での出来事を書いていこうと思います。

出発は金曜日の21時30分。
雨がザーザー降る鶴岡を夜に出発し、途中休憩をはさみながら翌朝8時頃に沼津到着の行程です。

選手たちは、まるで修学旅行にでも行くようなテンションで盛り上がっていましたけど、
大人たちはみな、この狭いバスの座席でどうやって寝るかを考えるので必死でした。
バスで車中泊なんて7年前の甲子園応援以来ですし、まして今回はアルコール無しですから
簡単には寝れないだろうとは覚悟はしていたんですけどね。

朝方に着いた足柄SAまで、まったく寝れませんでした。
朝食と球場入りの時間調整のため2時間は停車していたんですけど、朝メシ食って
お腹一杯になったら急に眠くなったりして(笑

球場に9時30分に到着し、試合開始は12時の予定でした。
前日からの雨で、グラウンドコンディションが心配でしたけど、幸いにもぬかるみもなく
ベストな状態で試合することができました。

初戦の相手は、開催地でもある静岡県代表:静岡KWB選抜。

初回から連打を浴びピンチになるものの何とか切り抜け、
早く自分たちのリズムで試合を進めたいと思っている最中の2回に
先制され、なんとなく嫌なムードが漂います。

それでも投打にわたって調子のいいカタシのタイムリーで4回に追いつき、さらには5回6回と
効率よく2点づつをあげて突き放し5-3で見事全国大会一勝をあげてくれました。

決勝トーナメント進出には6チーム1ブロックで2試合を行い、①勝敗数②失点数③得点数の順で
比較して優位な1チームだけが決勝トーナメントに進出できます。
つまり、同じ1点差ゲームで勝利するにしても10-9で勝つよりも1-0で勝つほうが
圧倒的に有利ということになるんですよ。

なぜ得失点差で比較できないかというと、野球にはXゲーム(エックスゲーム)というものが
存在するからなんですね。
勝っているチームは最終回の攻撃をやらずに勝利が確定する、もしくは最終回に勝ち越した時点で
ゲームセットになるため、攻撃機会が平等ではないからなんです。

でも、野球は1点でも多く相手よりも得点しているほうが勝つスポーツ。
1点も取られなかったとしても、1点が取れなければ0-0では勝てないスポーツなんですよ。
直接対決しない相手との優劣を失点基準にしてしまうと、たとえば最終回に5点差をひっくり返す
みたいな野球の持つ大逆転のスリルや醍醐味は半減します。

同じAブロックの第一試合は、我がチームとは直接対決しない兵庫県代表チームでしたが
2-0の完封勝ちを収めていました。
我われも5-3で勝利し、2点差勝利は収めてはいるものの・・・

もしも翌日の試合順が兵庫県代表が先に試合だったとして、そこで3失点以内に勝ってしまえば、
我われは試合する前に決勝トーナメント出場の可能性がなくなるわけです。
そうなると、絶対的エースを連日酷使してでも失点を抑えなくてはならないというような
弊害を誘発する可能性が出てきますし、ゲーム状況や点差に応じて、終盤に控えの選手たちに
経験を積ませたいみたいな選手の起用法も必然的に難しくなってくるわけですよね。
ならばXゲームをなくして、勝っていても最終回の裏までしっかりと攻撃させて、
全チーム得失点差で判断するというのはどうでしょう。

ま、結果的には、翌日の長崎県代表:対馬BBCには0-4で完封負けを喫してしまいましたので
そういった大会ルールに翻弄される心配も無用だったわけですけど。。。

第18回を数える全国大会ですけど、全国各都道府県から48チームが出場するため
一次リーグ方式を設けた今大会は、実質のところは第1回大会と言っても過言ではないでしょう。

最後まで勝負を諦めず、最終回の大逆転や全員野球全員出場などを演出するためには、
リーグ突破のルール基準の見直しも必要となってくるのかもしれません。
これはあくまでも私見ですよ、私見。
 
それでも選手たちは、山形県代表として勇敢にも立派に最後まで
全力で戦ってくれました。
山形の中学生も全国レベルに引けをとることなく互角に勝負できます。
ただ、勝負の分かれ目があるとするならば、勝負に対する貪欲さと、
勝ちにこだわるための細かなプレーを大切にしているところでしょうか。

ヒットを打った流れでオーバーランをするのか、二塁まで行くつもりで迷わず全力で回って
アウトになりそうだから結果的に止まったオーバーランなのか、そんな違いだと思います。
投げて打つのは、みな互角ですよ、選手個人を比べてみても。

予選リーグは敗退となりましたけど、大会主催者側が交流試合をセッティングしてくれて
最終日は沖縄県代表:沖縄BBCと試合することができました。
山形にいて沖縄のチームと試合できるチャンスなんて滅多にありませんから、
この交流試合は本当にいい経験になったことでしょう。

この試合は初回に2点を先制するも、すぐに逆転される苦しい展開の中で、終盤に追い上げ
結果的には5-6で負けてしまいましたけど、内容あるナイスゲームだったと思います。
普段は控えで挑む選手たちをスタメンで起用し、たくさんの経験をさせてあげたいという
コーチ陣の考えが、観戦していた保護者たちにも十分に伝わってきました。
ありがとうございます。
 
息子も含めて、選手たちの目には、全国大会という景色は
どう見えていたのでしょうか。
何を感じ、何を持って帰ってきたのか、
時間があるときに聞いてみようと思います。

親子で、本当に貴重な経験をさせて頂きました。
決勝トーナメント出場を狙っていただけに、本当に悔しい敗退でしたけど、
この悔しさは次のステージで晴らすべく、さらに練習に打ち込まなければなりません。

でも、さすがにちょっと疲れました。
沼津の夜の話しは、また後ほど。

おやすみなさい。 


 
 
 
 
  
 
 

毎度ありがとうございます!

無事に静岡から戻ってきました。
たくさんの方々から応援やら寄付金を頂戴いたしましたので、すぐにでもブログを書きたいのですが、
たまりに溜まった三日間2人分の洗濯やら今日の営業の準備やらと、延べ1000カットを
連写で撮りまくった写真データを整理してグループLINEにアップする任務が急務のため、
もう少し落ち着いてからブログ更新したいと思っています。

一次リーグでは初戦の静岡県代表:静岡KWBを逆転の5-3で全国大会1勝を記録し、
次戦の長崎県代表:対馬BBCには0-4で敗退し、残念ながら決勝トーナメント進出の目標は
叶いませんでした。

その翌日は沖縄県代表:沖縄BBCと交流試合を行い4-5の僅差では敗れたものの、
全国各県の強豪チームと対戦できたことは、選手たちにとって大きな財産となるでしょう。

たくさんの支えの中で全国大会に出場できたこと、そういう思いを胸に刻んで次のステージでも
頑張ってもらいたいと思います。

ではまた後日、楽しみにしていてください!
 
 

 
 
 

 
毎度ありがとうございます!

いよいよ今晩、全国大会に向けて出発します。
が、その前に、今日と明日のお店の準備だけは万端にしておかなければなりません。

煮込みは、昨日の帰宅後から軽く仕込んでおいたんで、今日は味を整えるくらいで大丈夫でしょう。
ホルモンとやきとん串も二日分を仕込みますので、今日は時間との勝負になりますかね。
そんな時間がもの凄く楽しいんですけどね。

そして全国大会のWEBページも盛り上がってきました。

『第18回中学生全国都道府県対抗野球大会』
https://jjbf-bbt.jp/live/

大会WEBパンフレットもアップ(PDF)され、もちろん鶴岡ドリームスのメンバーも
しっかりと掲載されています。

全試合のライブ配信もありますし、応援メッセージも受け付けています。
24日の決勝トーナメントからはBS・CSのJSPOTSチャンネルで実況生中継もあります。
試合中にアナウンサーが、その応援メッセージを読み上げる場面もあるそうで、
まさに「中学生の甲子園」という名にふさわしい環境で野球ができるのは本当に幸せなことです。

想像以上の大会規模とその運営環境に、驚きと緊張と同時に、これが全国大会なんだなという
実感もじわじわ湧いてきています。

たくさんの方々に寄付金や餞別を頂戴し、たくさんの方々に「頑張ってこいよ!」
「応援してるぞ!」と声をかけていただきました。

そのひとつひとつに感謝とお礼の気持ちをこめて、悔いの残らないように山形県代表として
一生懸命頑張ってくれることでしょう。

そんな中で、よく「カンタローはレギュラーで出るの?」と聞かれることも多かったんですけど
こればっかりは自分にはわかりませんです、はい。

今はキャッチャーの二番手として、ブルペンのサポートやイニング間のサブで走り回っています。
山形県予選会ではファーストでの出場が多く、5番を打たせてもらっていましたので、
守備よりもバッティングを評価されているようです。

先日、新庄で行われたJLBYの硬式球での試合でも、途中からファーストで出場して
最終回二死から1点差に迫るエンタイトルツーベースのタイムリーを打っていましたし、
もしかしたら、終盤のチャンスの場面ででも代打とかならありえるのかもしれません。

スポ少・中学野球部と、いつも人数がギリギリで、試合に出れて当たり前の環境で
野球をやってきましたから、今の息子のサブプレーヤー的状況もこの先のステージで
必ずや役立ってくると思っています。

親バカですが、ベンチでもチームを盛り上げようと、よく声が出ています。
そして、いつもニコニコ笑っています。

そんな声や笑顔もチームにとっては必要なことなんだと、自分に力説していました(笑
選手名鑑にも「笑顔でプレーする」と書いてありましたし、好きな言葉は「ナイス!」だそうです。

自分がアナウンサーだったら、そこは使わないだろうけどね(笑

沼津に行ったら食いたいものをリストアップしていて、
「静岡おでん」と「駿河湾のアジの干物」は絶対に食ってきます!!

結構シブい飲み屋街もあるようで、今からそっち方面も楽しみにしています。

とにかく頑張ってきます。
土日はユウヒが名代としてお店を仕切ります。

どうぞ温かい目でよろしくお願いします。

行ってきます!!!




毎度ありがとうございます!

朝から残念な報告をせねばなりません。
鶴商学園野球部が初めて甲子園に出場した際に部長を務めて頂いた小山田英一先生が
16日、ご自宅のある千葉県でお亡くなりになりました。

享年66歳。
早すぎる旅立ちです。

昭和53年の甲子園初出場、そして翌年春のセンバツ出場と鶴岡東野球部を語る上で
田中先生・茂木先生とともに創生期の鶴商野球部を支えてくださり、多大なるご尽力を賜りました。

自分が入学した頃にはすでにソフトボール部顧問でしたが、野球部同様に女子ソフト部員にも
熱く厳しい指導をされる熱血先生として深い印象があります。

OB会にも幾度となく気さくに出席していただいてご挨拶して頂きました。
奇しくも、今OB会では「鶴岡東高校野球部創部50周年記念誌」の発行に向けて準備を進めており
小山田先生のご活躍や当時のご指導を掘り下げて取材・記事にしようとしていた矢先の出来事でした。
体調が芳しくなく入院されていたとはお聞きしていましたが、こんなにも早く突然お亡くなりに
なるとは夢にも思っていませんでした。

自分が現役時代には、あまりお話しする機会はなかったんですけど、
自分にとって絶対に忘れられない話があります。

自分がOB会事務局を引き受けてOBだけで結成した「鶴商学園倶楽部」の追加加入メンバーが
多くなり、ユニフォームの数が足りず困っていた際に、その昔、ソフトボール部も野球部と同じ
縦じまのユニフォームを着ていたというのを聞いて、ある日突然職員室までお邪魔して
小山田先生に「ソフト部の縦じまがあったら是非譲って下さい!」と直接交渉して
譲って頂いた日のことを思い出します。

野球部でもよく知らない、いつの年代の誰かも分からないヤツがある日突然やって来て、
「ソフト部のユニフォームをくれ。」なんて突拍子もないお願いをしたのにもかかわらず、
「鶴商学園倶楽部の趣旨は分かった。このまま倉庫に置いておいても仕方ないから使ってくれる
 んだったら全部持っていけ。それで全国大会に行ってくれれば嬉しいけどなぁ。」
と、快く10着くらいを譲って頂いたんですよね。

身体の小さいメンバーにはそのまま着させて、身体の大きいユニフォームが着れない奴らの
パッツンパッツンのユニフォームにはサイズ補正用の生地として有効活用させてもらいました。

あの縦じまのユニフォームをもう一度着たくて、学園倶楽部に入りたいという若いOBたちを
断ることなくみな入部させることができたのも、小山田先生の優しさと良きご理解があったから
だと今でも思っています。

今のOB会の繁栄に一役買ってくれたのが学園倶楽部のメンバーたちだとするならば、
その橋渡しというか繋がりを途切れさせずに継続させてくれたのは小山田先生のおかげと
いうことになるでしょう。

来年1月の50周年記念式典には是非ご出席頂いて、あの時のお礼とその後の学園倶楽部の
全国大会出場の話しも聞いていただきたかったです。

偉大なる恩師をまたひとり失いました。

30年ぶりの甲子園を決めた年には田中先生が、創部50周年の年には小山田先生が
その節目をOBたちと一緒にお祝いすることなく、みな天国へと旅立っていきました。

寂しいかぎりです。

本当にお世話になりました。
心よりご冥福をお祈りいたします。
 
合掌









 
毎度ありがとうございます!

今日から「煮込み」再開します。

雨の日々が続いて、肌寒い秋の匂いがしてきましたね。
こんな日は、自分も「煮込み」が食べたくなります。

軟らかく、汁まで飲める煮込みです。
是非、ご注文くださいませ。

そしてまた息子の野球ネタです。
週末も、同級生のケンシや常連のヒロユキくんに全国大会への寄付を頂戴しました。

本当にありがとうございます!!
あらめて、たくさんの方々からの応援と激励が、本当に心強く励みになります。

今年の鶴岡ドリームスは、好投手4人を擁してしっかりと守り勝つ野球です。
ほかにも何かやってくれそうな選手たちが揃ってますから、ここぞといういい場面で
一発バチーンと打てるヒーローの出現も今から楽しみにしています。

今月22日から静岡県内9会場で開幕する「第18回全国中学生都道府県対抗野球大会」ですが、
なんと全試合55試合のネットLIVE配信が決定しました。
 
https://jjbf-bbt.jp/live/  (まだ準備中のようです)

参加出場チームの紹介や各チームへの応援メッセージなどのページもあるようですので、
是非ブックマークしていただいてWⅰ-Fⅰ環境下でお楽しみいただければと思います。

そしてさらに、決勝トーナメントからはJSPORTSチャンネル(BS・CS加入必要)での
放送も決定し、まさに「中学生の甲子園」の舞台にふさわしい環境が整ってきました。

鶴岡市を、そして山形県を代表して、全国大会で暴れまわってもらいたいですね。
皆様からの応援をよろしくお願いいたします!!


そして日曜日の夜は、野球部のOB会の定例役員会議もありました。

年明け1月に開催する「鶴岡東高校野球部創部50周年記念式典」の開催に向けての
重要な会議でしたけど、熱く真剣に議論を交わしながら、いい式典になるように
しっかりとイメージを膨らませて、綿密な準備を進めていかなくてはなりません。

自分にとってはOB会事務局長としての集大成というか、最後の大きな仕事になるでしょう。

30年ぶりの甲子園出場も含めて6年間で3回の出場にも、野球部OB会事務局として
学校や旅行会社との連携を取りしっかりとサポートできたと思っています。

自分を事務局に任命した田中先生もすでにお亡くなりになり、創部50周年の節目も
無事に迎えられましたので、これからの鶴岡東野球部OB会の新しい歴史を構築すべく、
新しい体制でのOB会運営を陰ながら支えていければと思っているところです。

十数年前、自分が事務局を引き受けた際には、会計もハチャメチャだったし、
OB総会を開催しても出席者30名(うち役員10名)という、実質名前だけのOB会でした。

鶴商学園は名門野球部だという自信と誇りを持って県外で生活していたのに、
地元に戻ってきたらOBそのものにシラけたムードが漂っていたんですよね。

「OB会?めんどくせーな。」
「なんだよ、金かかるのか。」
「一応、球場では試合は観てるよ。」

一体感もなく、どこか面倒くさくて、OB会費も払いたくないし、いまさら上下関係ってウザい・・・
誰もがそう感じていたんだと思います。

野球をやってきたやつらの心を掴むには、やっぱり野球しかないんですよね。
そこから、世代を超えたOBだけで結成された「鶴商学園倶楽部」の結成に繋がります。

現役時代に着ていたニットの縦じまのユニフォームを正式に譲り受け、
そのユニフォームをチラつかせて「このユニフォームを着て一緒に
野球をやらないか?」が口説き文句でした。

入団希望者へは「やるからには真剣に全国大会まで目指そう!」と
「OB会へ参加すること」の二つを条件にしました。

そんな時間を一緒に過ごしたメンバーたちの楽しそうな笑顔や仙台遠征や全国大会出場やら
マスターズ甲子園出場などの大人の一体感の楽しさが派生して、少しづつOB会への誤解や
嫌悪感が薄れてきて、少しづつ少しづつ参加人数も増えて今のOB会になったのは間違いないでしょう。

自分ひとりごときが必死こいたところで、これだけの組織にはなりません。
参加してくれる、支えてくれるOB一人ひとりの協力と母校への愛校心がなければ
絶対にここまでの組織にはならなかったはずです。

後輩と先輩の関係も良くならないと、OB会なんて面白くもなんともない会ですよ。

甲子園夏初勝利の前夜、道頓堀で同期クリハラと待ち合わせして焼肉屋で食事することになったら、
後輩達がオレもオレもと集まってきちゃって、結局会計を自分とクリハラ二人で払うという
甘え上手の後輩達とカッコつけちゃう先輩との空気感というか一体感も嫌いではありません。

あの時は、会計7万だったかなー(泣
クリハラは大会社の大社長だけど、オレはただの居酒屋のオヤジだぞ!などと文句は言わず
思いっきりカッコつけましたよね、大阪に着いた初日から。

後輩達は「あざーっス!」でいいんだもん(笑
オレなんか、いつか旨いホルモンを食わしてやるっていう先輩はいるけど
未だにおごってもらったことがないんだぞ、まったく!!(笑

まぁ、それもこれもみな懐かしい思い出です。

さーて、煮込みも仕上がりました。
全国大会に記念式典にと、まだまだ忙しい日々が続きそうです。

そんな充実した日々に感謝しながら、今日も頑張ります!!
 
カウンター
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 6 7 8
9 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[12/13 店主]
[12/12 タムちゃん]
[12/12 店主]
[12/12 萬年幹事の松]
[12/12 店主]
[12/11 店主]
[12/11 萬年幹事の松]
[12/11 しんさん]
[12/11 店主]
[12/10 萬年幹事の松]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /