やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 34
578 91011
1314
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11  
毎度ありがとうございます!

相変わらずの野球漬けの日々です。
8日の土曜日にはスポ少三大大会のひとつ「ろうきん杯」準決勝の塁審を務めるべく、
2年ぶりに子どもたちの聖地【赤川河川敷グラウンド】にお邪魔してきました。

フィールドのサイズ感とフライの飛距離のコンパクトさに、なかなかフォーメーションの動きが
ついていかずに、ちょっと慣れるまで苦労しました。
それでも一生懸命な子どもたちの姿を見ると、改めて新鮮な気持ちにさせてくれます。

自分が連盟審判員になった時に、スポ少の審判が一番難しいと先輩方に教えていただきました。
確かに、いろんなプレーが起きるのもスポ少あるあるではあるんですけど、
子どもたちがまだルールを熟知していないということ以外にも、
監督コーチの影響や過熱し過ぎる保護者の声援も、ひとつの要因なのかもしれません。

先日の準決勝でのひとコマ、1アウトランナーなし。
バッターが3ストライク目を見逃し三振。
が、キャッチャーがそのストライクを完全捕球できずミットから弾いた場面。
バッターは一塁に向かって走りだすものの、一塁側ベンチから
「振ってない!振ってないから(走っても)関係ない!」と声が上がって、
その声に驚きバッターは走るのをやめてしまい走塁放棄でアウト。

「振り逃げ」とよくいいますけど、振らなくても振り逃げは成立します。
三振逃げとか3ストライク逃げのほうが、ピンと来るのかもしれませんけどね。

確かにプレーするのは選手ですし、これからステージが上がればヤジや声援も大きく浴びるでしょう。
それでもルールを熟知して試合に挑むのが選手として当然ではあるわけですけど、
それはもちろん監督コーチにも言えることでもあるわけです。

ましてや野球の入り口のスポ少で、ルールをすべて熟知できない子どもたちが頑張っている中で、
相手側ベンチからそういう声が上がったことは本当に残念でなりませんでした。

ルールを知らなかったのだとしても、球審がバッターアウトのコールをしていないわけですから、
相手チームのバッターランナーに向かって「走ってもダメだ!」と叫ぶのではなく、
自軍のキャッチャーに向かって「しっかり一塁へ投げろ!」と声を掛けなければいけません。

ちなみに、ライン際のゴロの場合、ファールだったら大きな声で「ファールボール!!」と
コール&ジェスチャーしますけど、フェアの場合はノーボイスでフェアのアクションだけです。
その時に一生懸命に走るランナーに「ファールだ!走ってもだめだ!」と大人の声がかかれば
走るのを止めてしまう小学生も出てきてしまいますし、なにより審判の必要もなくなってしまいます。

確かにルールを知らずして、そのワンプレーで負けることもあるのが野球です。
だとしても、それは今後の勉強の糧にすればいいんです。

「こういうプレーもありえるぞ。」「こういう場面ではどうする?」と監督コーチ選手みんなで
ルールを勉強するきっかけにしてほしいと思っています。

偉そうなことを言っていますが、自分もまだまだルールを熟知しきれていません。
だから、いつも手の届くところにルールブックを置いておいて、気になるプレーが起きたら
すぐに手にとって確認するようにクセがついてしまいました。

それでも分からなければ、後輩のスガイ先生にまずは電話をする。
大体はそこでは納得しませんから、審判部長にまで確認してもらうのが、お決まりのパターンです。

一生懸命なプレーには一生懸命なジャッジで応えたいじゃないですか。
お父さん審判という立場でもアウト・セーフの重さは同じですけど、野球のルールを通しての
人間育成や生涯スポーツの素晴らしさを伝えられるのは、連盟審判員ならではだと思うんですよね。

野球人口の減少に危機感を感じた各協会が、野球を好きになるきっかけにつながればと
野球のルールを安全に簡略化したTボール大会が、最近は盛んに開催されるようになりました。

4年生以下という出場制限があるせいか、参加するちびっ子たちは
みな本当に楽しそうにやってますし、そういう子どもたちの笑顔が
野球の入り口には必ず必要だと思うんですよね。

「オレ、ヒットうったよ!」
「オレはフライとったよ!」
まずはそこからですよ。

野球は楽しいスポーツだと、みんなに思ってもらえるように
自分も、もっともっと勉強しなくてはなりません。

炎天下の赤川河川敷グラウンドで、そんなことを思った土曜日の出来事でした。

今日も暑くなりそうです。
熱中症には気をつけて、こまめな水分補給を忘れずに。

毎度ありがとうございます!

本格的な梅雨に入り、雨続きの鶴岡です。
7月に入ったところで「煮込み」の販売を終了し、代わって当店でも大人気の「生すだちサワー」の
販売を再開いたしました。

今年はすだちの価格が例年よりも安定しなかったために、なかなか手が出せず
生すだちサワーの展開ができずにかなり困っていたところです。

すだちは販売されてはいたものの、価格が下がってこないんですよね。
多くのお客様にも「そろそろ生すだち、入った?」と聞かれることが多く、
ご期待に副えず大変ご迷惑をおかけいたしました。

そして例年ですと、今日あたりからえだまめも収穫され始め「湯上り姫」などの
早生品種から、8月のお盆すぎにピークを迎える「だだちゃまめ」まで、
鶴岡では夏の味覚の代表格のはずなんですけどね。

低温と気候変動のためか、今年はえだまめの生育が芳しくなく、あと一週間は収穫が遅れるそうです。

毎年、やんちゃで提供するえだまめは、生産農家のマサトモくんから直接買い付けています。
ご家族みんなで収穫から選定・袋詰めまでを自宅脇の納屋で行なっていて、
目の前で行なわれている作業風景を見ながら、その日に使う分だけを購入させてもらっています。

以前は、産直や時にはスーパーで購入していたんですけど、味に安定感がなかったり、
品質に納得いかないことも多かったんですけど、同級生のユウジに生産者のマサトモくんを
紹介してもらってから、まめの仕入れは一度も浮気をしたことがありません。

豆に関して無知な自分でもいろいろと聞けますし、気さくに何でも教えてくれます。

時どき、はじき豆(出荷できない不規格品)を「家で食べてー」と大量に頂くこともあって、
我が家で食べるえだまめには、ここ何年も困ったことが一度もありません。

やんちゃで「えだまめ」を食べれるまであと一週間はかかりそうですけど、
その分楽しみにして自分も待ちたいと思います。

ここ数日間は雨空ばかりで太陽を見ていませんけど、
心だけでも晴れやかに行きたいものですね。

スカッといきたい方・・・
そんな時こそ「生すだちサワー」を飲みに是非ご来店くださいませ。
当店、一番人気でご好評いただいております!!

 


毎度ありがとうございます!

昨日は幼馴染のジュンのお母上がお亡くなりになり、告別式に参列させていただきました。

3ヶ月前に癌が見つかり、最後まで頑張った人生だったという喪主のアツシくんの言葉に、
幼い頃の記憶が蘇ってきて胸が熱くなってしまいました。

いくつになっても自分の事を「ノリカズちゃん。」とちゃん付けで名前を呼ぶのは
ジュンの母ちゃんだけでした。
すでに亡くなったウチのおふくろも、自分のたくさんいる友人のなかでもジュンの事だけは、
大人になっても「ジュンちゃん。」とちゃん付けで呼んでいたものでした。
お互いがそんな関係です。

同じ町内で50mも離れていないご近所付き合いをさせていただきながら、
ジュンとは小学校から中学卒業までの9年間を、雨の日も風の日も毎日毎日一緒に
学校に通っていたんですね。
いわゆる「マブダチ」というやつです。

その後に引越しされた事もあって、母ちゃんの顔を見る機会が随分と減っていたんですけど、
孫のタクマとウチの娘が同級生だったり、結婚してから買った自宅がまた同じ町内だった事もあって、
子どものころのように気軽に声を掛けてもらっていました。

それでも、最後に母ちゃんと会ったのは10年前でしょうか。
その時もやっぱり「あれ~ノリカズちゃんだのー。息子さんだが?大っきぐなりそうだのー。」と
いつもと変わらない優しい笑顔で、まだ小さかった息子の頭を撫でてくれたものでした。

大人になって子を持つ親になってもなお、子どものころのままに「ノリカズちゃん。」と
親しく呼んでくれるひとが、もう誰もいなくなってしまったなぁと思うと、
なんとも言えない寂しさが込み上げてきていました。

親に盾つく多感な思春期時代のジュンと親との関係も見てきただけに、夜勤明けのキツイ体でも
母ちゃんの面倒をみるため秋田から足しげく通うジュンの姿にも、なんと声をかければいいのか
その言葉がすぐには見つかりませんでした。

告別式会場で久しぶりに見たジュンの顔にも憔悴さと寂しさは滲むものの、自分の顔を見て
差し出すその手は「今日はありがどの。最後までやれることはやってやったさげ。」という
自分自身の親への想いの強さも感じた手のぬくもりだった気がします。

オレ達も、もう五十です。
髪の毛にも随分と白いものが目立つ歳になりました。

ここ数年は、親しくお付き合いさせてもらっている友人の親御さんの葬儀に
参列することが本当に多くなってしまいました。

そんな年代でもあります。

ジュンの母ちゃんも、どうぞ安らかに、そしてこれからもご家族を温かく
見守ってくださるよう、しっかりとお祈りし手を合わせてきました。

ジュンとはこれからも仲良く付き合っていきますから。
母ちゃん、安心して見守っていてください。

合掌

 
 


毎度ありがとうございます!

中総体敗退後、チームはそのまま来週までテスト前活動停止期間に入ったため、
新チームの体制も決まらず、新チームの活動も始まらず、なんだかいつまでも
負けてしまったままの脱力感が抜け切らない週末の朝です。

たまには部活のない週末ものんびり出来ていいじゃない、なんて思ってたんですけど、
今日は鶴岡ドリームスタジアムで行なわれる還暦野球大会の市長杯の球審を依頼されてました。

とうとうドリームスタジアムで球審デビューするのかと思いきや・・・
11:00試合開始と聞いていたのが12:00試合開始だということが判明して、
土曜日の仕込みや開店準備から逆算すると、ちょっと時間的に厳しいかもということで、
急遽、後輩のトモヒコに球審を替わってもらうことになりました。

ただ、準備はしていましたんで、控え審判としてお手伝いしに球場に行こうと思っています。

野球は生涯スポーツといわれますけど、実際に60歳以上の還暦野球というものを
観たことがなかったので、実はなんだかんだ言いながらも楽しみにしていたんですよね。

息子と一緒に、まだまだ負けて悔しい野球に付き添って行かなければなりませんけど、
生涯スポーツとして還暦を過ぎてなお野球を楽しめるという素晴らしさを、
しっかりとこの目で観て、何かを感じて来たいと思っています。

昨夜はOBの大先輩に「なんで今頃から審判なんてやるんだ?遅いんじゃねーのか。」と
真顔で聞かれましたけど、還暦野球同様に審判をやるのも遅いなんてことはありません。
要は本人のヤル気と取り組み方だけだと思うんですよね。

もともと自分はプレーヤーよりも裏方が好きでしたから、審判にも興味がありましたし。

部活の練習試合とは違う雰囲気と緊張感から、今はまだ楽しんでジャッジする余裕なんて
全くありませんけど、そういうところも含めてこの歳だからこそ楽しめる部分を探求しながら、
ゆっくりとのんびりと携わっていけたらいいかな、と思っています。

ただね、やってみて改めてわかったことがひとつ・・・
それはグラウンドでの審判は本当に孤独です。

一球づつ変わる状況に、これから起こるであろうプレーに合わせて何パターンも動きを予測し、
ルールに照らし合わせたジャッジにも目を凝らし、気軽に他の審判員と会話を交わす事もなく、
ひたすらスムーズな試合進行を心がけ、炎天下の中でも立ちっぱなしで静止体の美しさや、
アクションの大きさと正確さも求めていくという・・・

正直プレーヤーよりも、試合中ずーっと頭の中が動いている感覚ですかね。
体よりも頭のほうが疲れてることに気づかされますもんね。
だからこそやりがいがあるのかもしれません。

来週の29日木曜日には、高校野球の組み合わせも決まりますし、きらやか銀行が出場する
都市対抗野球は7月15日に決まったようですし、もちろん息子の部活の新チームも始動して
また野球野球の夏が始まります。

今年は今までとはまた違う角度から野球を観ることになりそうです。

それではみなさま、素敵な週末をお過ごしください。
ではでは行ってきます!!






毎度ありがとうございます!

昨日は中学3年生にとって最後の大会となる中総体が行なわれ、
一回戦シードで挑んだ鶴岡四中は、初戦で鶴岡五中に0-2で惜敗し、
残念ながら県大会出場の夢は叶いませんでした。

昨年の新人チーム発足から一年・・・
わずか12人の部員で良いことも悪いこともたくさん経験してきました。

野球だけではなく、学校生活での規律や生活態度にも厳しい監督先生のご指導のもと、
少しづつ少しづつ学び成長していく姿と、チームとしてのまとまりと団結力の高まりの集大成として
挑んだ中総体だっただけに、本当に残念で悔しくてたまりません。

息子は、2年生で唯一レギュラーで使って頂いて、昨日は5番を任されていました。
2点リードされている試合展開のなか、3年生たちがつないでつないでチャンスを作り
二度も満塁で打席に回してくれたのに、そのチャンスで一本が打てませんでした。

今まで一緒に頑張ってきた3年生のために、打ちたい!
試合に出れない2年生のためにも、打ちたい!
この場面で、絶対にヒットを打ちたい!
まだまだ後ろの3年生につなげたい!

その想いは、バッターボックスに向かう背中からヒシヒシと伝わってきていました。

もう一本多く素振りを頑張っていたら、ヒットになったのかもしれません。
もっと大きな声を出して気迫込めて打席に入っていれば、出塁できたのかもしれません。

何百回と素振りをし何百球とボールを打ってきても、試合でたった一本のヒットが打てないのが、
野球の難しさだとは知っています。

これでいい、ここまででいいという練習は絶対にありません。

球場からの帰りの車の中でも、「3年生たちに何も貢献できなかった。」と涙ぐむ息子が
「この悔しさを絶対に忘れない」などと今は簡単に口にしてますけど、その言葉の意味を
本当にかみ締めて今以上に努力し頑張っていかないと、野球の神様は微笑んではくれないんだぞ、
とだけいい聞かせました。

反省会でも「勝たせてあげれなかったのは我々指導者の責任です。」と監督やコーチに
お言葉を頂きましたが、誰一人としてそう思う親はいないでしょう。
雨の日も風の日も、土曜も日曜も関係なく、まさに子どもたちのために心魂を傾けて
ご指導にあたっていただたことに感謝しか言葉が見つからないのではないでしょうか。

残念ながら3年生は引退し一区切りとなりますが、またすぐに新チームが始動します。
新チームは9人という、鶴四中野球部史上過去に例のないギリギリでの船出です。

ボールボーイは?
スコアラーは?
体調管理は?
ケガ人が出たら?
保護者の審判は?
冠婚葬祭のときは?

ポジションがどうとかこうとか以前に、不安しかない船出です。
それでも前に向かって進んでいくしかありません。

新保護者会長として何ができるかはまだわかりませんけど、情熱と愛情を持って
携わっていけたらいいかなと思っています。

3年生、そして3年生の保護者のみなさん、本当にお疲れさまでした。
子どもたちにとっては、まだまだ道半ばです。
彼らの次のステージでもしっかりと応援していきいます。

そして、残った9人の部員たちのことも、陰ながらといわず正面から声を大にして
応援して頂けたら幸いです。

悔しさのなかで、なにかまた新しい朝を迎えました。

今日も一日頑張っていきましょう!!






 

 




毎度ありがとうございます!

社会人都市対抗野球東北二次予選において、山形県代表のきらやか銀行が昨年に引き続き
二年連続で東京ドームでの本戦出場が決定いたしました。

ちょうど一年前にもブログに書きましたけど、自分の兄がきらやか野球部のOBでもあり、
子供のころから身近に感じていたチームですから、二年連続出場の快挙は本当に嬉しい限りです。

昨年は日程が合わず、東京ドームへ応援には行けませんでした。
本戦は7月17日から25日までですから、高校野球の夏の予選ともろかぶりなわけですよ。

でも、今年は多少無理してでもドームに行きたいんですよね。
もちろん東京ドームには行ったことがありますけど、ドームで行なわれる都市対抗で
地元企業を応援する機会というのは、そうそうないと思うんですよ。

いや、これからきらやか野球部も常勝軍団としていつでもドームに行けるなら、
また次のチャンスにということもあるんでしょうけど、他の企業チームも本気で戦ってきますから、
そんなにいつでも行けるものではないんですよね。

県勢としては66年ぶり、きらやか野球部創部以来初めての都市対抗本戦出場から、
二年連続出場の快挙ですから、その強さは本物なんでしょうけども。

都市対抗の醍醐味は、やっぱりスタンドの一体感と応援団の華やかさですよね。
それをドームで味わえるというのは、やっぱり魅力的です。

もちろん日帰りは無理でしょうから、なんなら東京出張も兼ねてということで(笑
久しぶりに水道橋の「遠州屋」の煮込みともつ焼きも食べたいし、都内の立ち吞み屋ラッシュと、
各店舗の雰囲気やクオリティもこの目で確認したいというのもありますし。

高校野球の組み合わせと都市対抗の組み合わせとカレンダーとを、穴があくまで見比べて、
本当に行けるようなら是非実現したいと思っています。
確率50%ですかね、今のところは。

野球半分、酒場半分、楽しみ十分ですけど、また忙しい夏になりそうです。

今週末には、息子の野球部の中総体もありますしね。 

なにはともあれ、野球本番の夏に向けて今日も頑張ります!!




 
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 7 8 9 10 11
13 14
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 店主]
[11/21 とおりすがり]
[11/18 店主]
[11/17 しんさん]
[11/16 店主]
[11/16 店主]
[11/16 しんさん]
[11/16 仙台屋の自販機]
[11/15 店主]
[11/15 店主]
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /