やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
2345 678
91012 131415
161819 2122
23 2729
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12  
毎度ありがとうございます!

先日、ある焼鳥屋の店主が「串から肉を外さずに食べてください。」と張り紙をして、
ツイッターやワイドショーなどで一騒動起こっているらしいとお客様に聞かされて
「マスターはどう思いますか?」と聞かれたんですけど・・・うーん。

経営者というか店主の立場で言わせてもらうと「どうぞお好きなように食べてください。」ですよね。
ウチでもそういうお客様は多く見受けられますけど、何とも思わないですけどね、どんな食べ方しても。

というより、この焼鳥屋の店主は一本をシェアして食べないで欲しいと言っているのか、
所作やマナーとして串から外さずに食べて欲しいといっているのかの真意は分からないんですけど、
お金を払って注文したものを、そのお客様がどうやって食べようが店主が口を出すのは
ご法度のような気がしますけどね。

だ串一本にもドラマはあります。
一番最初に刺す留めの肉と、一番最後に刺す肉、すなわちお客様が
最初に口にする先頭の肉とでは、大きさも塩加減も当然違います。

店主としてではなく、一人の呑ん兵衛としては絶対に串から外して
食べたりはしませんし、串から外された焼鳥をシェアして食べる事も
絶対にありません。

でもね、それをお客様に求めるかといわれれば、自分はNOです。

もしもラーメン屋に入って、ラーメンはレンゲを使わない方が絶対に旨いんだと言われても、
自分は絶対にレンゲをくれと言うでしょうし、スープを飲む前にコショウを振るのは邪道だと
言われても、絶対に最初からコショウを振って食べます。

寿司屋でシャリに醤油をつけるなと言われても、ちょっとくらいついた方が旨ければ、
そうやって食べますし、わさびは刺身に直接乗せて食えと言われても自分は醤油に溶く派です。
その食べ方にいちいち文句は言われたくはないですよね。

自分は、お客様の食べ方は自由でいいと思うんですよ。
なかには、せっかく注文してもお腹一杯で食べずにそのまま残して帰るお客様もいますしね。
でもその分の代金はちゃんと頂くわけですから、そこは店主が口を出すところじゃないですよ。

もちろん何の食べ物でも粋な食べ方や、通な食べ方はあるでしょうから、
それは食べる側が学び感じ取ればいい話しなんですよね。
もしもお客様に「外して食うのと外さないで食うのとでは味が違いますか?」と聞かれれば、
「外さずに食べた方が美味しいと思いますよ。」とは自分も言うでしょうけど。

ウチでは、どんな食べ方をしようともご自由ですけど、行儀の悪いお客様や
モラルのないお客様やルールを守れないお客様には、その場で注意させてもらってます。
寝ながら食うとか、食器を灰皿代わりにしてるとか、大声での下ネタや刺青の露出もアウトです。
それは他人に迷惑がかかるし不快に思うから。

そもそも正しい食い方なんてあるのかどうか知りませんけど、気になる方は直接店主に
聞いてみてはどうでしょう。
そういう会話もまたきっかけになって店主との距離が縮まって、もっともっと楽しい時間が
過ごせるかもしれませんよ。

ウチでよく聞かれるのが、日本酒をぐい呑みで飲むときに、下の受け皿に溢れてこぼれたお酒は
どうやって飲むのが正しいんですかと聞かれる事が多いです。
別に正しい飲み方なんてないと思いますけど、自分は下に溢れたお酒をぐい呑みに戻す事はしません。
受け皿にこぼれたお酒は受け皿に口を付けて二口くらいで飲み干します。
でもそれは、自分がそうやって飲むと言うだけの話しです。

客商売である以上、お客様に楽しんでもらえることが一番なはずです。
お店のこだわりは、どう食うかではなく、どう楽しんでもらえるかであるべきです。
串から外してシェアして食べても、最後に「美味しかったです!また来ます!」と言って
帰られるお客様もたくさんいるわけですからね。

その言葉を大切にしたいですけどね、自分は。

珍しく帰宅後の深夜のブログ更新になりました。
これから風呂に入って、温まってから寝ます。

おやすみなさい。
 


毎度ありがとうございます!

キャンペーン開催の二日間、嵐のような忙しさでした。
入店できなかった方々には大変申し訳ありませんでした。

また、たくさんのお祝いの品を頂戴してしまいました。
「感謝祭」は文字通り継続営業できたことへのお客様に対する感謝を込めてのキャンペーンですので
どうかお気遣いなくお気軽に手ぶらでお越し頂ければと思います。
来年は節目の15年になりますので、そこまでまた継続営業できているように、
また日々精進して頑張って行く所存です。

で、その12日の夜。
忙しく心地いい疲労感の中、まっすぐに帰宅するのも寂しかったので一人で祝杯をあげに
行きつけのお店に行こうかなと電話で確認してみます。

が、三鷹も福鮨もタイミングが悪く入店できず・・・
みなさんお忙しいようでなによりです。
それならば「暴れん坊」を経営するユウスケのお店に行こうかなと電話すると、
「14年、おめでとうございます!どこに行きますか?」
などと合流する気マンマンなんですよ。

うーん。自分的には一人でさらっと飲んですぐに帰ろうかと思っていただけに、
雰囲気が変わってきちゃいました。
ユウスケに言われるまま「かこ」で待ち合わせします。

改装するずっと前の20年前からお邪魔している鶴岡の名店ですけど、
ここ数年は同業ということもありタイミングが合わず、すっかりご無沙汰してしまってました。
「かこ」のきょうちゃんやスタッフみなさんには、たまに顔出してもらってましたので、
節目を祝う祝杯をあげるいいきっかけが出来たと思います。

ユウスケの「暴れん坊」もオープンして1年半が経ちました。
自分はまだ一度も顔を出していません。
オープンから1年はメニューも落ち着きませんし、オペレーションも慌しく
本来のお店のポテンシャルが発揮できないものだと思っているからです。

そんな時に顔を出してもユウスケもやりづらいだろうし、なにより自分の方が
ダメなところ出来てないところに目がいっちゃうのがイヤだったんですよね。

そろそろ落ち着いた頃でしょうから、顔を出してもいいんですけど、
自分が店を終わるころにはユウスケも終わってますので、
それこそタイミングが合わずといったところでしょうか。

最近のお店の状況や、メニューに関する話や、仕込みや仕入先についての情報など、
結局は仕事に関する話しで盛り上がって、時間指定で迎えに来た代行をスルーしてしまいました(笑

頑張っているなら、それでいい。
見なくても分かることが、たくさんあります。

一度フラれた福鮨に戻って、後輩のシゲキと遭遇しお祝いのシャンパンをご馳走になりました。
店主のアキオくんとも乾杯して、改めてみなさんに支えられてここまでこれた事を実感します。

丈夫な身体に生んでくれたおふくろに感謝し、応援してくれる家族にも感謝ですし、
後方で支えてくれている業者の方々にも感謝、働いてくれているスタッフにも感謝、
もちろんご来店くださるお客様にも一人ひとりに感謝感謝感謝です。
そして、このブログを今こうして読んでくださっている皆様にも感謝ですよね。

二日間、本当に激務でしたので、今日はマッサージに行って身体をリフレッシュしてきます。
肩と背中が張ってパンパンです(泣

年賀状はまだ取り掛かってないんですけど、それはいつもの事ですので気にしない(笑
大掃除もカミさんの勤務と合わないので、あまり気にしない(笑
やる事はたくさんあるのに全然出来てないけど、気にしない(笑

さーて、年末まであと少しですよ。
お店のこと最優先で、ラストスパートで頑張ります。


毎度ありがとうございます!

12月12日はやんちゃ開店記念日です。
おかげさまで14年目に突入することができました。
皆様からのご愛顧に感謝いたしますとともに、さらなる精進をしていく所存でございます。
これからも変わらぬ御贔屓のほど、宜しくお願い申し上げます。

といわけで、今日と明日の二日間ではありますが
【生ビール半額キャンペーン】を開催いたします。

お一人様何杯でも、通常480円の中ジョッキが
半額の240円での提供となります。

ビール党には大変お得なキャンペーンです。
この機会に是非ご注文くださいませ!!

という事で、昨日は吹雪のなかを月山を越えて上山市にあるコストコまで行ってきました。
この季節、庄内の人間は雪が降れば山越えしようとは思いません。
高速も湯殿山で一旦途切れ、一般道の国道112号線で月山を越えなければならないため、
スリップ事故や視界不良で雪山やガードレールに自爆する車が多く出てくるからです。

昨日は珍しく息子の部活が休みだったのと、カミさんにボーナスが出たというのもあって、
本当は姉のいる仙台まで買い物に行こうという計画だったんですけど、
大雪のため急遽行き先を上山市にあるコストコに変更したんですね。

途中、山形南ジャスコにも寄って、息子のパーカーやリュックをバーゲンで買ってました。
美味しいもの以外にはあまり興味がない自分は、靴や財布を眺めながらぶらぶらして終わり。

午後からコストコに向かうものの、雪質がボタ雪に変わってきて完全に大雪レベルの降雪です。
その時点ですでに、帰りの月山越えを考えると心が折れているわけですよ。
視界1m、路面はシャーベットから圧雪に変わり一部は凍結してるんですから。

それでも、せっかく来たコストコですからゆっくりと時間をかけて買い物を楽しんで、
4時ちょうどに鶴岡に向けて出発しました。

いつもは高速を使うんですけど、あまりの吹雪で前に車がいたほうが走り易いということで、
全線下道の国道を使って帰ることにしたんです。
そしたらもう大渋滞ですよ、山形市内は。

結局コンビニで休憩をとりながら、3時間かかってようやく自宅に到着したのでした。
ただでさえ車の運転は好きじゃないのに雪道で渋滞、しかも峠は猛吹雪で車は2WDという、
殺人的な状況のなかでしたからね。
よく頑張りました、自分。

帰ってきてすぐにコストコで買ったプルコギで晩ごはんを食べたんですけど、
このプルコギが絶妙に旨いんですよ!
一緒に売っている無農薬のサンチュで巻いて食べると最高です。
運転の疲れが一気に吹き飛びました。

氷結サワーを一本飲んで、愛犬カールと風呂に入り、テレビを見ながらソファーで寝てました。
そんな家族と過ごす日曜日でした。

また今週もはじまりましたね。
急激な天候の変化に注意しながら、安全運転でいきましょう。


毎度ありがとうございます!

一塁手だった自分は、高校時代ファーストミット2個を使い分けていました。

入学時は外野だったんですけどすぐにサードに回され、最終的にファーストにコンバートされました。
そこで初めて硬式のミットを買う事になるんですけど、OBの経営するスポーツ店から
半ば強制的にに買わされたのが「美津和タイガー」のファーストミットだったんですね。

それが買って一週間で、室内練習場と体育館の間にオイルを塗って置いておいたら盗まれたんですよ。
好みのメーカーではなかったにせよ、親に買ってもらった3~4万もするミットが盗まれたとは、
すぐには言えるわけがなく、しばらく寮で一人で悶々と悩んでいたんですね。

そんな時に、引退した3年生の一人が室内練習場にある中古のミットを使えと言ってくれたんです。
それがスラッガーのファーストミットでした。

今では懐かしい布ラベルのスラッガーに「S」のエナメルマークがついて、
手首の部分には「鶴商学園 沢村」と刺繍が施してありました。

サワムラさんは2コ上の3年生でしたから、その頃はすでに引退されていたんですけど、
ミットを盗まれて困っていた自分に快く、これを使えと譲ってくれたんです。

当時は大型のミットがトレンドで、オーダーグラブを注文する際にはわざと手を大きく書いて
出来るだけ大きなファーストミットを作ってもらうのが流行っていたんですね。

でもスラッガーのファーストミットは小ぶりで軽く、ショートバウンドやタッチプレーの際の
ミットの取り回しがすごく楽で使いやすかったんですよ。

ただ、自分たちの頃からグラブの規定も厳しくなり、表面への名前等の刺繍は一切禁止になり、
ラベル以外のマークがついたグラブも、すべて公式戦では使用できなくなったんですね。
スラッガーのSマークのほかにも、ミズノの赤カップなども使用禁止グラブになりました。

そこでようやく親に事情を話して、改めてローリングスのファーストミットを買ってもらったんですけど、
公式戦以外の試合や練習ではいつもスラッガーのファーストミットを愛用していました。
ポケットの皮が破れても当て皮をして、ミシンで縫ってもらってでも引退まで使っていた
自分にとって思い出深いファーストミットです。

自分も引退し、同じように後輩に譲ってしまったスラッガーのミットでしたけど、
のちにサワムラさんが若くして事故でお亡くなりになったと聞かされて、
あのミットほど後輩にあげたことを後悔したアイテムはありません。

そんなスラッガーのファーストミットが、このたびスラッガー80周年記念
復刻グラブとして限定発売されました。
なんと、あの懐かしい布ラベルも親指のSのエナメルマークも、
サワムラさんから譲り受けたミットと全く同じモデルです。

サワムラさんの優しさと、石だらけの河川敷グラウンドの感触を思い出す、
まさに感慨深いミットなんですよね。
自分の高校時代の相棒と言っても過言ではないくらい愛用したミットですから、
税込み35,000円はちょっと高くて手が出ませんけど、今ものすごく欲しいグラブです。

もう、自分にはサンタが来ることもないしなぁ。
気長にヤフオクで探します。

外は白くなった初積雪の鶴岡です。
運転には注意して、今日も一日頑張っていきましょう!



毎度ありがとうございます!

昨日は12月とは思えないほどのポカポカ陽気だったので、部活も室内練習の予定から急遽
グラウンドでの練習に切り替わったほどでした。

今月からスポ少の6年生も体験練習も兼ねて、週末は合同で練習することになりました。

昨年の息子たちは1月から合同練習に参加してましたけど、今年は少し早めのスタートです。
というのも、部員減少が深刻な死活問題となっているため、少しでも四中野球部の雰囲気に
慣れてもらって、一人でも多くの6年生に中学でも野球を続けてもらいたいという思いと、
新入部員を温かく迎え入れ面倒を見るという上級生の自覚を促す両方の目的があるからです。

まだ入部を迷っている子も数人いるようですので、来年度の新人戦に単独で出場できるかは
微妙な感じですけど、野球を好きな子達は中学でも野球を続けてくれると信じて待つだけです。

野球の技術的なことだけを考えれば、シニアがいいのは明らかだと思います。
でもいくら野球が上手くても、学校生活での協調性や勉強がおろそかになっては本末転倒なわけです。
そういう意味では、指導してくださる先生は野球だけ勉強だけという考え方ではなくて、
厳しく野球というものを通じながら、生活態度や中学生としての自覚と自立を常に考えて指導にあたる
熱い熱い熱血漢の先生だと思います。

昨年までスポ少で一緒だった6年生の父兄の方々も、たくさんグラウンドに顔を出してくれて、
世間話しをしながら、思い悩む子どもの話や中学校生活への不安をみなさん口にしてましたね。

ウチの息子もシニアか部活かで最後の最後まで悩みました。
物理的に平日の18時まで酒田までの送迎が難しい事が一番のネックだったわけですけど、
息子にしてみればスポ少で一緒に頑張ってきた仲間たちと中学野球部で頑張りたいというのが、
一番の理由だったようです。

その結果、高校で出遅れるかもしれません。
その結果、硬式では芽が出ないかもしれません。

それならばそれで、仕方ないと思っています。
人生は高校野球の結果だけで決まるものでは絶対にありません。
高校野球以上に人生において大切なものを今の仲間たちと共有し、
息子にとって後の財産となる経験をしていると実感させらているからです。

もしも、部活ではなくシニアをやっていたら・・・
もしも、この仕事ではなく別の仕事をやっていたら・・・
もしも、この学校ではなくあの学校に行っていたら・・・
もしも、この人ではなく別の人と結婚していたら・・・

今を生きる人生に「もしも」はありません。
時間を戻せない人生において、過去の選択肢を振り返ってみても仕方がないと思うんですよね。
少なくとも、自分は今の自分の人生や生き方に後悔は全くありませんしね。

その時その瞬間の決断があって今があるわけですから、その時にベストの選択ではなかったとしても、
結果的にその選択が今の自分へと導いているわけなんですよね。
 
受験に失敗しなかったら、鶴商で野球をやっていなかったら、函館に行ってなかったら、
カミさんと出会ってなかったら、やんちゃをやってなかったら、息子をシニアに入れてたら・・・
そんな事を考えて生きていても、何も楽しくないじゃないですか。

レギュラーにはなれなかったし甲子園にも行けなかったけど、いますごく幸せです。
転職もたくさんしたし、借金にも苦しんだけど、いますごく幸せです。

生きていく中で、自分で決めなければならない事はたくさんあって、
他人から見ればそれは必ずしもベストな選択ではないように見えても、のちの自分が
「あの時の選択があったから今がある。」と思えればそれでいいと思うんですよね。

6年生にはたくさん悩んでもらって、
そして野球を続けようと決めたなら、
優しい先輩たちのいる4中野球部に
是非入部してもらいたいと思っています。

そんな日曜日の午後でした。

今週も一週間、頑張ります!
バイス、売れてます!
ありがとうございます!!


 
毎度ありがとうございます!

先週の日曜日。
業者からいただいた鶏もも肉2Kgがあったので、久しぶりにチキンカレーを作る事にしたんです。

期末テスト前で部活もなかったんで、日曜日のお父さんカレーといったところでしょうか。
タマネギ・ニンジン・ジャガイモ・鶏肉をバターで炒めて、バーモンドカレーを入れて出来上がり。
食べる時には、ライス1に対してルー2くらいでルーを大目にかける派の自分は
ルーを少し緩めに作るのがオレ流なんですよね。

なんてカッコよく言ってますけど、ニンジンを切ってる際に手元が滑って
薬指の爪半分まで包丁でザックリいっちゃいました(痛

心臓より高く腕を上げて指を止血して、あんまり傷口は見ないようにしてすぐに絆創膏で圧着して
血が止まったのを確認してから、薄いラバー手袋をして最後まで調理しました。

負傷の甲斐があってか、久しぶりに作ったチキンカレーでしたけど美味しく出来たと思います。
息子もカミさんも美味しいと言っておかわりしてましたんで、まずは大成功だったですかね。
そのあと三日間はカレーでしたけど(笑

ウチのカミさんの作るカレーは、キーマカレーのような挽肉で作るカレーです。
牛や豚の角切りのカレー用の肉があまり好きではないので、むしろ挽肉の方がでいいんですけど
チキンのコロコロした食感もたまにはいいもんです。

カレーには鶏肉派の自分が作るカレーは、昔はクリスマスで食べるような鳥ももレッグを、
骨ごと全部そのまま鍋に投入してカレーを作っていました。
食べる時に持つ部分の骨にアルミを巻いて、キャベツのざく切りとでじっくり煮込んで食べる
チキンカレーが得意なんですよね。
あのワイルドで、かぶりつくわんぱくな感じが好きです。

日曜日のお父さんカレー。
たまにはいつもと違うカレーを作って、
家族を喜ばせてみてはいかがでしょうか。

が、くれぐれも「流血カレー」にはならないように
包丁の扱いにはご注意くださいませ(笑

カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 18 19 21 22
23 27 29
30
最新コメント
[04/27 店主]
[04/27 店主]
[04/26 タイヤ屋]
[04/26 仙台屋の自販機]
[04/18 店主]
[04/17 まさる]
[04/01 店主]
[03/31 仙台屋の自販機]
[03/29 店主]
[03/28 しんさん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /