やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/09 >>
SMTWTFS
1
3456 789
1013 1516
171820 212223
24252627 282930
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9  
毎度ありがとうございます!

今日は息子の誕生日です。
13歳になりました。

中学に入り、シャレにならないほど勉強が苦手です。
勉強がというよりも、5教科の中で英語と数学が全くダメですね。
最近、風貌が若い頃の自分にそっくりだと言われることも多くなってきたんですけど、
風貌だけではなく、頭の中もそっくりになってきた気がします。

自分も数学と英語は全くできません。
自慢ではないですが、中学時代に数学と英語は10点未満の点数を数え切れないほど取りました(笑
期末テストの過去最高は、いや最低は3点かな。
そのくらい、英語と数学は嫌いでしたね。

出来ない自分にも言い分があって、ローマ字読みと普通の英単語ってスペルが違うじゃないですか。
もうね、そこがイヤなんですよ(笑

たとえば「lunch」と出されて、すぐにこれランチって読めます?
じゃ「Juice」はなんでしょうか?

自分もこのレベルですから、息子をどうこう言えたもんじゃありませんわね。

でも、野球はすでに自分より上手になってきてるとは思います。
自分はピッチャーをやったこともありませんし、クリーンナップを打ったこともありませんからね。

そういう意味では、息子の頑張りが日々の生活に活力を与えてくれているのは間違いありません。
見た目の印象からか、星一徹のような厳しい野球親父をイメージされて、
「あんまり息子に、あーだこーだと厳しくいくなよ。」と言われることがありますけど、
自分は野球に関しては褒めて伸ばすタイプですし、感情派ではなく理論派です。

知らないことは出来ないもんだと思ってますから、なぜ出来なかったのかを確認するのが先です。
ルールを知らなくてアウトになったのなら、ルールを教えるのが先でしょう。
守備フォーメーションや走塁感性は、繰り返し実践練習を積み重ねていくしかありません。

逆に、今は出来なくても早いうちに教えることで後から技術がついてくることが多々あります。
どうせ出来ないから教えないのではなくて、出来なくても必要な技術は見せたり聞かせたりして
知識として覚えさせておくことが必要だと考えています。

ジャンピングスローやバックトスも出来なくても教えてやった方がいい。
好きに打たせるのもいいけど、右打ちや進塁打の打ち方も教えておいた方がいいと思うんです。
決まり一辺倒にバントを教えるだけじゃなく、セーフティやプッシュバントも教えておいて
出来る子にはどんどんやらせてスキルを上げていくべきだと思うんですよ。

そして、たとえアウトになったとしても、まずはそのチャレンジを褒めてやる。
次に決めるためのヒントを与えてあげる。
決まればまた褒めてあげる。

練習態度や口の利き方、道具やグラウンドに対する感謝の気持ちや、親への態度など
しつけや規範に関することは、その場で瞬間的に叱って当たり前なんですよ。
そういうのは、後から叱っても何の意味もないわけですから。

・・・あれ?
息子の誕生日ネタが、また野球ネタになってしまってました(笑

とにかく、元気に健康で野球が好きでもっと上手くなりたくて、
もう少し勉強も頑張ってほしいけど、そこはカミさん担当で自分は野球担当ということで。

明日は祝日でお休みです。
ケーキは明日みんなで食べる予定です。
ティーネットが欲しいって言ってたけど、どうすっかなぁ。。。

そんな悩みもなぜか嬉しい誕生日の朝でした。
13歳おめでとう。


毎度ありがとうございます!

気がつけば昨日で49歳の誕生日を迎えていました。
そんな誕生日にもかかわらず、運転免許証更新の違反者講習で朝から2時間の苦痛な時間。
戻ってすぐに日曜日に開催される「3年生を送る会」で配る卒部DVDのコピーとレーベル印刷を
速攻やって、すぐに店で仕込みして営業という慌しい1日になりました。

今年は本当に身体の不調が多い1年でした。
持病の腰痛はもとより、風邪で高熱が出たり、結石で血尿が出たり・・・
改めて健康の素晴らしさと自己管理の大切さを痛感した年でしたね。

いよいよ40代ラストイヤーです。
30代ラストイヤーには一日50本は吸っていたタバコをやめました。
今年はダイエット!と宣言したいところですけど、禁煙した時ほど自信がありません。
出来ないことを抱え込むと、そのこと自体にストレスを感じますので、ここは無理をせず
ゆっくりとでもいいかなと思っています。

まぁ、あえて宣言するとしたら「1年間かけて10キロダイエット」ってとこでしょうか。

あちらこちら悪くはなってきたものの、それでも入院や手術したことは一度もありません。
やっぱり誕生日は、丈夫な身体に産んでくれたオフクロに感謝する日なのでしょう。
墓参りは出来ませんでしたが、オフクロの写真にそっと手を合わせて感謝の言葉を念じました。

気持ちはまだまだ若く行こうと思ってます。
まだまだ老け込む歳ではありませんからね。
息子とのキャッチボールもまだまだいけますし、キャッチングもまだ大丈夫ですから。

おそらく部活一色の1年になるのは目に見えていますから、
きちんと休む時には休んで体調管理には注意しながら、頑張っていこうと思っています。

カミさんには、自分の好きなモンブランをプレゼントでもらいました(笑
みんなで1コづつ、これで十分です。
余計なプレゼントもいらないし、欲しいものも特にありません。
みんなが健康で笑顔で暮らせればそれでよし、です。

ちなみに、一足早く2日に誕生日だったカミさんには、
野球観戦の際に着るパーカーが欲しいというので、
カタログから一緒に選んで買ってあげました。

我が家でのプレゼントの定義は、
「サプライズではなく相手の欲しいもの、長く使ってくれるものを予算の中で買ってあげる。」
というのがお決まりですから、パーカーが欲しいならパーカーをあげることになります。

体も大きくなってカミさんを越した息子も着れるようにと、野球メーカーZETTのパーカーを
チョイスするあたり、随分とマニアっぽくなってきたと思いますよね(笑

保護者会長のヒロユキくんには誕生日プレゼントまで頂きました。
たくさんのみなさまに、たくさんのおめでとうメールやコメントを頂きました。
そのみなさま、お一人お一人に感謝申し上げます。

これからも引き続き宜しくお願いいたします。



 


毎度ありがとうございます!

今日もまた、煮込みを作りながらブログを書いています。
我が家の愛犬カールも去勢してしばらくは元気がなく、手術痕が気になるようでしたけど、
今は完全にいつものカールに戻ってくれました。

もともとあまり吠える性格でもないですし、去勢して大人しくなったなんてことはないんですけど
なんか以前よりも賢くなった気がします(笑

トイレに行きたい時にはリビングのドアの鈴をカランカランと鳴らすんですけど、
もう二階のベットで寝たいよ、という時も鈴を鳴らすようになりました。

鈴を鳴らしてリビングのドアを開けてやると、おしっこをしたい時には玄関に向かい、
寝たいときにはそのまま階段を駆け上がります。
ちゃんと鈴を使い分けているんですよね。

今も、椅子の背もたれと自分との間に挟まって、すごくあったかくて気持ちいいです。

一緒にいる時間も家族の中では自分が一番長いですし、散歩や食事も自分が担当してますから
自分のいうことには従順です。

カールが一番好きなのはベットでの昼寝です。
次がドライブですかね。
散歩はあまり積極的ではないですね。
行くなら行こうか、みたいなww
毎週日曜日は一緒に風呂に入りますし、
家に帰れば真っ先に出迎えてくれるのもカールです。

カールが我が家に来てから、もうすぐ2年・・・
息子のためにと思い切って飼うことを決めたカールでしたけど、
なんだかんだ言いながらも自分が一番面倒を見ている毎日です。

でも、カールのおかげで家族の間でもたくさんの会話も生まれますし、
そのしぐさや表情には本当に癒されますよね。

息子の野球の大会や遠征で、家族全員で出掛けたりするときには大変なこともありますけど
その分、ベットホテルやペットショップには詳しくなりました。

新潟のパウズというお店は、以前に一度だけ、しかも6時間ほど預けただけですけど、
いまだにスタッフの方々からの手書きのバースデイカードが届いたりして、
動物好きのスタッフさんたちによるアットホームな運営とサービスが忘れられません。

お店も衛生的でとても綺麗ですし、預けている間の様子もすべて写真にして、
さらに手書きのコメントやイラストも添えてくれる徹底ぶりです。
ワンちゃんの保育園というだけあって、スタッフの皆さんが保育園の先生のような接し方なんですね。
ああいうお店が鶴岡にもあったらなぁと本気で思いましたもんね。

飼い主にとってペットは家族ですし、子どもと一緒なんですね。
たっぷりの愛情を注いで、手塩にかけて育てしつけし、寝食を共にするわけですから。

ホテルや一時預かりといえども、とんでもないところもたくさんありますしね。
オムツを付けさせて放し飼い、トイレの回数を聞いても「分からない。」
動物のいる部屋でタバコを吸い、カップラーメンを食べてるところもありましたし。

確かに犬や猫に代表されるペット産業は、日本における一大マーケットであるといいます。
繁殖を行うブリーダーに販売するペットショップ、動物病院やしつけを請け負うスクールに
エサ・ファッション・ホテル・そしてトリミングと、ペットに関わる産業が山ほどあります。

飼い主のモラルも当然のことながら、そういったペット産業に携わる方々もみな、
動物好きのいい方々ばかりとは限らないから困るわけですよね。

いい主治医を見つけること。
そして、預かってくれる施設を見つけておくこと。
これ絶対条件です。

我が家では、長期不在時にはペットホテルも運営している動物病院をよく利用しています。
万が一何かあったときに主治医がいるというのが安心なんですよね。
ま、カールにしてみれば、狂犬病の注射をされたり手術して玉を取られたりする場所なんで、
その動物病院の入り口に差し掛かると、条件反射でブルブル震えて怯えてますけど(笑

何はともあれ、元気になってくれたカールでした。
煮込みが出来上がるのを待って、散歩に行ってきます。

台風も無事に通過し、いい天気の鶴岡です。
週末、気合いで頑張ります!!




毎度ありがとうございます!

我が家にはトイプードルの愛犬カールも、家族の一員として仲良く一緒に暮らしています。
2歳になり、さまざまなストレスからか自傷行為も見受けられ、主治医の先生からの勧めもあり、
昨日去勢手術を行いました。

繁殖を望まないということと、病気のリスクからの早期対処という理由ですけど、
同じ男としてはやっぱり感情移入してしまって、前日は可哀想で一睡もできませんでした。

「全身麻酔でオペしますので夕方にお迎えに来てくださいね。」ということでしたけど、
全身麻酔でもごく稀に事故も起こっているなんて記事をネットで見つけたりすると、
ますます不安になるわけですよ。

代われるものなら代わってあげたい…いや、代われないけど(笑
カミさんからは「これからも永く健康で一緒に暮らしていくためなんだから。」と
何度も説明されていたんで頭ではわかっていたんですけど、なかなか納得できなかったんですね。

なかなか動物病院に入っていけなくて、病院の回りを三周もしてしまいました。

先生からは、泌尿器系の病気やガンで診療に連れてくる飼い主さんはみなさん、去勢していれば
防げたかもしれない病気だと知ると「もっと早くに手術してあげるべきだった。」と口にすると
聞かされていましたので、その言葉だけを信じて病院のドアを開けたのでした。

もっと悲壮な感じで帰ってくるかと思いきや、いつもどおりに元気でしたんで一安心です。
以前、友人のタムちゃんちのチワワ「ミルコ」の去勢手術後の写真を見せてもらった時には、
エリマキトカゲみたいな首輪してたんで、傷口を舐めたりしないための器具なんだとすぐに
分かったんですけど、カールにはそういう器具は装着せずに帰ってきました。

案の定、まだ痛々しい手術跡を一晩中ペロペロ舐めて、どうしても気になる様子なんですよね。
そのカール様子が気になって、今度は自分もほとんど寝れないんですよ。
で、朝起きてから思い出したんですけど、しつけで使っていたオムツがたくさん残っていたのを
引っ張り出してきて装着したら、舐めたくても舐めれなくてなんともいい感じです。

舐めすぎで真っ赤っかになってしまった傷口も、この作戦で少しは落ち着いてくれるでしょう。

カールは手術明け、息子は風邪をひいて練習を休み、自分も寝不足と家族みんな体調不良ですけど
今日は鶴岡東の応援に、後輩たちとこれから県野球場に向かいます。
センバツに向けて始動した新チームを初めて観て来ます。

素敵な休日をお過ごしください。






毎度ありがとうございます!

今日は息子の体育祭が行われる日でありますけど、親父の命日でもあります。
自分が26歳の時でしたから、もう23年が経ったわけです。

今はこうしてブログを書くようになり、一年に一度は親父への想いを文字にして記することも
自分の中では大切なことだと信じて、恥ずかしながらも思い出話しを書いてきました。

20代の頃は仕事を転々としながらも函館に住んでいましたから、
なかなか家族と会う機会が少なかったんですよね。
たまに帰省しても友人達と遊びまわるのに忙しくて、ほとんど家ではメシを食うヒマがなかったんです。

おふくろは「せっかく帰省したんだから家で晩ごはんを食べろ。」とうるさく言うわけですよ。
そう言われれば言われるほど、食べたくないんですよね、これが(笑

でも、親父に「なんか食いたいもんあるか?」と聞かれれば「んー、刺身かな。」と答えて、
その日だけは親父が捌いた刺身を食べてから昭和通りに繰り出すんですね。
若い頃は板前の修業もやっていたそうで、家で食う刺身はすべて親父が捌いたものでした。

そのくせ親父は、自分で捌いた刺身を一切れも食べないんですよ。
家族が「旨い、旨い!」と食べる姿を見るだけで、
お腹一杯なんだそうなんです。
子どものころは、それが不思議でしたもんね。

自分も子を持つ親になり、カタチは違えどそんな親父の気持ちも分かる歳になってきました。
家族の喜ぶ顔が一番なんですよね。
自分の事はどこか後回しでいいんです。

家では寡黙で、あまり会話らしい会話をした記憶がないんですけど、
そんな親父の面影が、今の自分の心の中にはいつでも宿っています。

今日は、きっとお墓に行く時間がないでしょう。
それでも親父は「息子の行事に行ってこい。」と言うと思います。

すっかり大人っぽくなってきた息子の様子を「んだ。いあんねが。」とだけ答えて
目を細めながら笑って聞いてくれる姿が目に浮かびます。

一日遅れますけど、日曜日にゆっくりとお墓参りに行こうと思います。

さて、6時ですか。
愛犬カールの散歩の時間になりました。

自分にとっての日常が、また今日も始まります。
清々しい朝を迎えました。

今日もいい日でありますように。
 
 
毎度ありがとうございます!

15~16日とお盆休みをいただいて、埼玉まで行ってきました。
昨年秋の「東松山出張」の際に利用した川越プリンスホテルの予約が取れたんで、
貯まっていたじゃらんポイントも上手く利用して格安で宿泊することができました。

昨年夏に寮が全面改装され、それに伴って部屋も変わっていましたんで、
その生活ぶりと様子見も兼ねて家族で送って行くことにしたんですね。
お盆渋滞も覚悟で朝4時に出発したんですけど、渋滞や事故規制もなくすんなり到着しました。

チェックインは17時以降というプランでしたんで、とりあえず車をパーキングに入れ、
ホテルと隣接している本川越駅から新宿に向かって電車で移動することにしたんです。

お盆のせいか電車も歌舞伎町も、いつもよりも閑散としていた気がしましたけど、
それでも息子にとっては驚くほどの人混みだったらしくて
「オレ、東京には住めないわ。」とつぶやいていたのには笑っちゃいました。

自分は逆でしたもんねぇ。
早く鶴岡から出たくて仕方なかった。
鶴岡よりも都会なら、正直どこでも良かったですから。
 
大学時代に同級生タダシのところに毎年のように遊びに行って、
東京で遊ぶことの楽しさに目覚めてしまって、随分とハメを外した気がします(笑

でも、そんな経験も、いつかなにかの時には、話のネタくらいにはなってくれます。
大学を出て証券会社に勤めた際にも、上野のガード下で飲んで帰るのだけが楽しみでしたもんね。
いいことばかりではなく、くだらないことや馬鹿馬鹿しいことでも、若いうちに経験しておくことで
学習能力(知恵)と経験の中で世間というものが見えてくるものです。

ただね、家族で新宿あたりをブラブラしても、あんまり楽しくはないです(笑
「どこ行く?」
「どこでもいい。」
「なに食いたい?」
「なんでもいい。」

娘に普段はどこで遊んでいるのか、と聞けば「電車一本で行ける川越かなぁ。」
なんて言うんで、ちょっとだけ新宿の空気も吸ったことだし、今度は池袋から
川越まで戻ることにしたんですね。

無駄に思える電車移動でしたけど、それでもいいんですよ。
普段使っている東武東上線や東武越生線に乗りながら、普段の娘の目線で見える景色を感じるのも、
自分的には、また楽しかったわけですから。

迷うことなくSuicaを使って改札を颯爽と抜け出すしぐさとか、
一回づつ改札に引っかかるカミさんと息子は、そんなトコにも驚いてましたもんね(笑

なんだろな。川越に戻ってきての街の雰囲気が、やけに落ち着きます。
中途半端な街の賑やかさ加減がちょうどいいんですよね。
商店街や飲食街もありますし、夕食にも困ることはありませんでした。

娘が友達とよく利用するというチェーン店居酒屋で乾杯して、さほど感動することもない
フードを適当につまみながら、ホッピーで流し込みます。

でも、今回はそれでいいんです。
寮の部屋も同様に、普段の娘の様子と言うか、日常が少しでも垣間見えればそれでいいんです。
飲み物やつまみを手際よく注文するなんでもない娘の姿に、また変に感動してしまったり。

早いもので、もう3年課程の最終学年になりました。
その間に、車の免許を取り成人式も迎え、どんどん大人になってると実感させられます。
そうやって、みんな大人になっていくんですけどね。

朝4時から一人で運転して来たせいか、居酒屋二軒をはしごして10時頃にはグロッキー。
大好きなマッサージもアカスリもやってもらうこともなく、死んだように眠りについたのでした。

翌日に毛呂山町に移動して、新しくなった娘の部屋にお邪魔して、食料品を買ったり
自転車のパンクを直したりして、夕方頃には埼玉を後にすることにしました。

朝、川越から移動してくる関越道下りで、バス二台トラック一台と乗用車一台との
大きな事故が発生していて、ものすごい大渋滞が発生していたんですけど、
夕方には無事に解消されていて4時間半で鶴岡に戻ってきました。

次に行くのは、春の卒業式でしょうか。

卒業後3年間の大学病院勤務が義務付けられていますんで、まだまだ埼玉にはお世話になります。
埼玉には友人知人も多くいますし、埼玉まで行けばもう東京に来てるのと同じようなもんです。
自分的には、娘のところに来る理由で懐かしい友と会えることも、また楽しみだったりして。

家族同伴だとフットワークが重いのが難点ですけどね(笑

お盆休み明けで身体が重いですけど、気合いで頑張ります!
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 13 15 16
17 18 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/11 店主]
[09/11 タムちゃん]
[09/02 店主]
[09/02 タムちゃん]
[08/27 店主]
[08/26 コーチャー]
[08/25 店主]
[08/24 仙台屋の自販機]
[08/21 店主]
[08/21 仙台屋の自販機]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /