やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/07 >>
SMTWTFS
1
234 678
91112 1315
16171819 202122
242526 272829
3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  
毎度ありがとうございます!

カミさんが当直のため、息子と愛犬カールと過ごす日曜の夜です。

金曜日に中学校の入学式がありまして、息子も無事に中学生になりました。
娘が中学を卒業してからですから、5年ぶりに母校に戻ってきました。

鶴岡4中は4階建てで、昔から4階が1年、3階が2年、2階が3年と決まっていて、
2年生から4中に入った自分は、4階からの景色を見たことがなかったんですよね。

娘の中学入学の際に初めて4階に上がって、正面にかまえる金峰山を眺める景色を見たときは、
何とも言えない高揚感というか、これからの3年間に対する不思議な感覚になったものでした。

その感覚が今回もまた同様に沸いてきて、勉強に部活に大変な日々が待ち受けているけれど
なんとか頑張って欲しいなぁという期待感で一杯だったんですね。

小学校とは違って、父親がやってあげられることも限られてくるけれど、
部活関係ではまだまだ保護者の協力が必要不可欠ですので、
精一杯楽しみながら協力していこうと思っています。

お店のほうも、3月4月のこの時期ならではの忙しさで、少し体力的に疲れてきています。
ゆっくりと風呂にでも入って、マッサージにでも行ってリフレッシュしたいところです。

買ったままで、まだ読んでいない本が5,6冊ありますんで、そろそろ読みたいんですけどね。
今なら、2ページ目で瞼がくっつく自信があります(笑
時間を作って、読んで面白かったら是非ここで紹介してみたいと思います。

それでは、これから風呂掃除して、のんびり風呂にでも入ります。

そんな日曜の夜です。
素敵な休日の夜をお過ごしください。

 
毎度ありがとうございます!

文豪と入れ替わるように、さっき娘が埼玉から高速バスで帰省してきました。

今週は、ワタルんちのミナちゃんが見事第一志望の大学に合格し、旅立つ前にと
家族で顔を出してくれたり、車のパーツでお世話になった後輩が東京に旅立ったり…
再会や出会いよりも、旅立ちの別れが多く寂しい季節を痛感させられます。

けど、どの旅立ちも、未来に可能性を秘めチャレンジしていく旅立ちです。

明るく「頑張れよ!!」と笑顔で見送ってあげること。
この街で暮らしこの街にとどまる自分に出来ることは、それくらいです。

高校時代も野球部寮に入寮したため、15歳で実家を出た自分ですけど、
一人暮らしとなると大学進学で函館に移り住んだのが始まりでした。

野球しかのこと知らなくて、田舎の鶴岡のことが嫌いで「早くこの街を出たい!」という
気持ちだけが、とにかく強かったのを鮮明に覚えています。

それでも、盆と正月は友人や家族と会うのを楽しみに鶴岡に帰省してきてたんですけど、
いつからか、その帰省中でも「函館に帰りたいな。」って思う瞬間があるんですよ。

別に帰省中が楽しくないわけでもない。
函館に帰っても、特別な予定があるわけでもない。

それなのに、帰省して3日目くらいから「そろそろ函館に帰ろうかな。」なんて
気持ちが芽生えてきて、予定よりも早く戻ったりしたこともありました。
そう、鶴岡に戻ってくるというよりも、函館に戻る、という感覚に変わっていくというか
なんか不思議なあの感覚です。

そんな自分の中の小さな気持ちの変化に気づき始めた頃から、
「あー、オレもう函館の人なのかな。」なんて、自分の中の
何とも言えない感情に気づくんですよね。

そして、実際に函館に戻った途端に感じる、安堵感というか
落ち着く感覚というか、あの微妙な感覚も、無事に埼玉に帰還という
文豪のfacebookの投稿を見て思い出してました。

今は、出張や冠婚葬祭で遠方に足を伸ばしていても「早く鶴岡に帰って家でゆっくりしたいな。」
と感じることが多々あります。

引越し回数かれこれ11回、鶴岡以外にも函館・大阪・東京・仙台・青森と各地に移り住みましたけど、
今や自分のホームタウンは完全に鶴岡になっているということでしょう。

帰省した娘にとっては、今でも鶴岡の人の感覚なのか、もうすでに埼玉の人の感覚なのか、
酒でも飲んで勢いがついたら一度聞いてみたいと思います(笑
埼玉と言われたら、少し寂し気もしますけど、それもまた当たり前なのかもしれません。
 
さて、これから酒田に娘の運転で日本酒を仕入れに行ってきます。
安全運転に集中させるため、なるべく口出ししないで助手席で大人しくしていようと思います。

今日も一日頑張っていきましょう。


毎度ありがとうございます!

この連休の日曜日は、カミさんと家の大掃除に本気になってしまって、
いつもでは考えられない22時には床に就いてしまいました。

小学校で使ったノートや教科書・おたよりのほかに、図工で作った物や自由研究のファイル、
遊戯王のカードやら遊ばなくなったおもちゃも含めて、意外にガチャガチャとしたものが
溜まりに溜まっていたわけです。

いるものいらないものを判別しながら、階段を何十往復したか分かりません。
おかげで、足も腕もパンパンです(笑

で、忙しいときに限って予定を入れてしまいたくなる悪い癖が出てしまい、
翌日は6時起きで新潟にノープランで向かうことにしたんです。

新潟市内は、ほとんど足を踏み入れたことがありませんので、土地勘も何もないんですね。
もしも、次回に出張するなら新潟に行ってみたいと思っていましたので、
雰囲気だけでもと、予行練習といったところでしょうか。

息子はラウンド・ワンで身体を動かして遊びたいと言うんで、愛犬をペットショップに預け、
たっぷり3時間、遊びまくりました。

バッティングセンターのほかに、ゴルフ・サッカー・卓球・ビリーヤード・シューティング・
バドミントン・テニス・アーチェリー・バスケと遊びましたけど、それでもまだローラースケート・
ロデオ・釣り堀・カラオケ・ボーリングは時間がなくて遊べなかったくらいでした。

たくさんの親子連れと子どもたちが遊びに来てましたけど、自分たちが子供のころに置き換えると
そういう施設を使わなくとも、そのへんの公園でやっていた遊びばっかなんですけどね。

そういう時代なのかもしれませんね。

カミさんも小・中・高とバスケ部のキャプテンでしたんで、唯一バスケは得意気にやってました。
ランニングシュートを左右どちらでも出来るというのを見て、思わず感心してしまいましたよ(笑

たっぷりと身体を使って遊んで、お腹も減ったところで、
新潟ラーメンのスタンダード、背脂チャッチャ系のラーメンを
食べに行くことにしました。

テレビで見ていて、もっとクドイのかなと警戒してたんですけど、
意外にあっさりしていて美味しかったですねー。
自分的には好きなラーメンでした。

スポ少も終わり小学校も一息つけるこの連休で、ディズニーランドやUSJに家族旅行に行く
ご家庭が多かったみたいですけど、我が家は新潟に足を伸ばした休日になりました。

埼玉の娘のところへ行く際に高速でスルーするだけの街でしたけど、
まだノーマークで面白い酒場があるようですので、また次回に期待したいと思います。

そして、今日からまた一週間が始まります。
煮込みも仕上がりましたし、準備万端です。

いつもの場所で、のんびりとお待ちしております。







毎度ありがとうございます!

昨日はお休みをいただいて、息子の卒業式に出席してきました。

3クラス92名ですから、本当に少子化を実感させられます。
この子どもたちすべてに明るい未来があるように、逞しく一歩一歩前に進んで欲しいと思います。

泣きませんでしたよ(笑
隣でカミさんは泣いていましたけど。

それぞれのご家庭で、それぞれの想いがあるでしょう。
そんな保護者の皆さんとも、楽しく謝恩会で盛り上がってきました。

我がクラスは三次会がありませんでしたので、帰るにはまだ早いと
いうことで、いつもの「三鷹」さんに歩いて向かうも、なんとお休み。

ならば、こんな時じゃないとなかなかお邪魔できない湯田川の「ひで」さんまで、
いっそのこと行ってしまおうということでタクシーに乗り込みました。

ひでのお孫さんとも同級生でしたので、統合してからは学校の行事のたびに
ひでのマスターともよく学校で顔を合わせていたんですね。

仲のいい同級生もたくさんいますし、現在の酒の仕入れも湯田川の酒屋ですし、
そんな繋がりもあってか、すごく親近感のある街なんですよね。

たどり着いたものの、やっぱり独り酒は少し寂しいので、ひでさんの目の前に住む酒屋の
大社長を呼び出し、少しの時間でしたけど付き合ってもらいました。
大社長んとこも、2年生の息子とその下もいますんで、まだまだ小学校にはお世話になるわけです。

心残りは、湯田川チームと運動会の綱引きで対戦できなかったこと(笑
他のチームよりも、知ってる顔が多い分、がっちりと力の差を見せつけたかったんですけど、
残念ながら直接対決は実現しませんでした。

ひでのマスターからも、「青柳町の綱引きは見た瞬間で優勝が決まってた。」と
お褒めの言葉をいただきましたけど、直接対決していれば、この先どんなに酒飲みの席で
盛り上がったことだったかと、本当に残念でなりません(笑

10時半でタクシーを準備してもらって、ヘベレケになる前に帰ってきました。

鶴岡では珍しい醤油ベースの「もつ煮込み」は、わざわざ足を運ぶ価値があります。
もちろんやきとりもすべて美味しいですし、この先も自分が商売をしていくうえで、
いろんな部分で目標とするお店のひとつでもあります。

節目の日に、いいお店で、いいお酒を、いい友と、飲むことができて最高でした。

そして今日も見込みを作りながらブログを書く、いつもの日常が始まってます。
ただ、いつもと違うのは、後ろで息子が勉強をしているところ。

春休みだからといってグータラ生活は許しません。
愛犬の世話と散歩を、この春休みの専属係りに任命して、今朝から実行させてます。

小学生気分を一新し、新たな気持ちで中学校へ向かわせねばなりませんからね。

今日も一日、頑張っていきましょう!!
毎度ありがとうございます!

明日、17日は息子の卒業式のため臨時休業とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒宜しくお願いいたします。

明日の卒業式では泣かないように頑張ります(笑
しかし、6年間はあっという間ですね。

その分、自分も歳をとったということ。

白髪も随分と増えました。
毎日欠かさず飲む薬もあります。

それでも毎日が充実しているのは、家族の支えと子どもの成長を楽しみにしているからでしょうね。

さほど儲かりはしないけれど、好きなことを仕事にし、週末は子どもと一緒にグラウンドに出て、
あーでもない、こーでもないと息子と野球談義をし、愛犬と戯れる時間が今の自分にとって
至福の時間でもあります。

まだまだ振り返るには早いけれど、この6年間の成長をしっかりと
目に焼き付けながら、卒業式と謝恩会を楽しんでこようと思います。

謝恩会ではクラスの保護者で余興をやるんですけど、我が6年3組は氣志團の
ワンナイトカーニバルを振り付けでやることになってまして、今、車の中は
リピートでワンナイトカーニバルしか流れていません(笑

いかついサングラスも持っていないので、昨日慌てて買ってきました。
振り付けは、もう頭の中に入ってますんで、手と足がバラバラにならないように
今晩はカミさんと打ち合わせしないといけませんね。

歌と踊りの大役のセンターは他のお父さんにお任せするとしても、
三人しかいないお父さんスリートップの一角ですから責任も重大です。

余興が気になって、卒業式どころではないかもしれません(笑
この日のために仕立てたスリーピースを着れるのも楽しみです。

今日はカウンターに空きがあります。
少人数でカウンターでよろしければ、ぶらりとお立ち寄りください。

のんびりといつもの場所でお待ちしております。


毎度ありがとうございます!

先日、先輩のマナブさんから「煮込みの作り方を教えてくれよ。」と言われ、
「いいですよ。どうしたんですか、急に。」なんて聞いたら、バレンタインデーで
娘さんや奥さんからチョコを貰ったお返しに、ホワイトデーで煮込みを作りたいんだそうで。

そのへんでクッキーを買ってきて渡すよりも、手間がかかるけど素敵なお返しだなぁと思って、
LINEで事細かにレシピを送ってあげました。

以前にも、神奈川にいる先輩に煮込みの作り方を教えてくれ!と聞かれて、
同じようにレシピを送ったのに、自分なりにアレンジしちゃって砂糖入れてた、なんて
ことがありましたんで、「まずはレシピに忠実に作ってみること。」を約束して、
それから自分流にアレンジしてみればいいんです。

一回ちゃんと作れば、なんとなく何が多くて何が足りなかったのかが分かってきます。
無事に完成して、夕食でみんなで食べて大好評だったそうです。
娘さんにも奥さんにも、思い出に残るお父さんの味になったんじゃないでしょうかね。

レシピを見ながら同じように作っても、実際はお店と同じ味には絶対になりません。
味噌の種類や醤油の種類も違うでしょうし、その分量も微妙に違うからです。

でも味のバランスや調味料の黄金比がパチッと決まって、お父さんの愛情がプラスされれば、
きっとお店以上に美味しい煮込みが出来上がるはずです。

炒めて終わりの野菜炒めなんかと違って、じっくりと時間がかかります。
汁が蒸発していないか定期的に鍋をかき回したりして、手間がかかります。
さらに、家の中が煮込みの匂いで充満します。

そうやって、やっとこさ出来上がるのが煮込みです。
しかも、普段は台所に立たないお父さんが一生懸命に作ったんですから
美味しくないはずがありませんよね。

自分が子供のころは、牛の第三胃袋(センマイ)を醤油とニンニクで煮込んだ
「なかにく」という牛モツ煮込みを親父がよく作ってくれてました。

大人になり、鶴岡に帰省すると電話を入れるたび「なに食いであんだ?」と一言だけ聞くんで、
「ながにぐ、食いでっちゃ。」というと、ぶっきらぼうに「わがった。」とだけ言って
ガチャンと電話を切る親父でした。

晩年は、夕食の献立を任されていた親父が、その時ばかりは財布のひもが緩くなり、
余計な買い物ばかりしてきたと、お袋が嘆いていたことを思い出します。

親父が亡くなり、お袋に「なかにく」を作ってくれとお願いしても、作り方がわからないと
我が家では、その後は一度も口にしたことがありません。
作り方を聞いておけばよかったと、今さらながら後悔しています。

あの家中にたちこむモツとニンニクの匂いが外まで匂ってきて、今日はなかにくだぁ!と
子供ながらにワクワクして夕飯を待っていたものです。
正直、お袋の作るカレーよりも好きでしたもんね(笑

まぁ、家族の思い出作りというよりも、どんどんお父さんにも台所に立ってほしいわけです。
たまに作るそのお父さんの味が、家族の絆をいっそう深めてくれるはずです。

マナブさんから送られてきた煮込み完成の写メに、仕上げのネギが
かかっていないことを指摘したら、すっかり忘れてたんだそうで、
それも笑って許せる逸品だと思います。

モツと大根の色を見れば、どのくらい煮込んだのかは
すぐに分かりますから。
 
是非、また頑張って作ってみてください。
さらに美味しいのが出来るでしょう。

今度は、坦々麺に挑戦してみましょうか。
あの、ホンジョウとユウキでさえも、家族を感動させた一品です。

あ、煮込み講師料は気を使わなくも結構ですからね(笑
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/25 店主]
[07/25 店主]
[07/25 NONAME]
[07/24 仙台屋の自販機]
[07/15 店主]
[07/14 コーチャー]
[07/08 店主]
[07/07 タムちゃん]
[06/15 店主]
[06/15 仙台屋の自販機]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /