やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/06 >>
SMTWTFS
23
467 89
111213 151617
182021 2223
25262728 2930
Recent Entry
Recent Comment
Category
401   400   399   398   397   396   395   394   393   392   391  
毎度ありがとうございます!

寒くなってくると食べたくなってくるもの・・・
個人的には1位は「おでん」ですかね、やっぱり。

で、2位はというとここ数年は「ぶり大根」。
光りものが食べられるようになってから、あれほど嫌いだった煮魚まで好きになりました。

けど、「ぶり大根」も家庭の味なのか、美味しいところとそうじゃないところがはっきりしてます。
下処理のひと手間なのかもしれませんけど、甘いしょっぱいがはっきり出る、難しい一品だと思います。

そうなると、自分の口に合うように自分で作りたくなるわけです。
そんなに難しくはありませんので、近日中に自宅で作ろうと思ってます。

自分的には“ぶりの身”で作ったものよりも、アラでつくったぶり大根の方が好きです。
身を食べるというよりも、ぶりの旨みを吸い込んだ“大根”を食べたいわけでして・・・。

img01.jpgそこに熱燗をキュッと流し込んで、ゆっくりとジワーッと酔っていくのを感じながら、
そんな大人の酔いかたを味わいながら、至福の時間を楽しみたいんですよね。

やっぱり絵ズラ的には、ひとり手酌がいいですね~。
「うん。うん。」うなずきながら、箸休めに「きゅうりの一本漬け」なんかあれば、
もう、それだけでいい。

割烹着を着た女将さんが一人でやってるような、
料理はカウンターの上の大皿に乗ってる数品を菜箸で取り分けて
必要以上に話しかけないような、こじんまりとしたお店が鶴岡にもあったら・・・

駅前あたりにありそうですけど、そんなお店をご存知の方、是非ご一報くださいませ。

あー、こんな時間なのに腹減ってきました(笑

 

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
まるで藤沢周平の世界
藤沢周平さんの代表作「三屋清左衛門残日録」って読んだことあります?
やんちゃさんが「あったらいいなぁ」って思ってる小料理屋のイメージぴったりのお店が出てきます
「涌井」っていうお店で、そこの女将の「みさ」が美しくて艶っぽいんですよ
藤沢文学の有名キャラクターの中でも、男性読者人気がとても高い登場人物なんです
(個人的には「用心棒日月抄」の佐知が好きなんですけど)
小説の中には、女将お手製の海坂藩(庄内藩がモデルの架空の藩)名物の「口細ガレイ」や
「ハタハタの田楽」が登場しています


「ブリ大根」美味しく作って、お店にも出して下さい!
2012-01-13 Fri 14:21
酒田むすめ
>酒田むすめさん
恥ずかしながら、藤沢周平作品は一編も読んだことがないんです。
映画は何本か観たんですけど、嫌いじゃない世界観でしたね。

実は、一軒いい感じのお店を見つけたんですよ。
狭い店内はL字のカウンターと、着物に割烹着きた60過ぎの女将さんがひとり…。
雰囲気だけは最高です。

が、お酒の品揃えと料理がイマイチなんですよ。
あの雰囲気なら、シンプルに「おでん屋」の方がいいと思うんですけど…。

今度、自宅で「ぶり大根」やってみますね。
「ぶり大根」の美味いお店は知ってるんだけどなぁww
2012-01-14 Sat 01:15
店主
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 6 7 8 9
11 12 13 15 16 17
18 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/15 店主]
[06/15 仙台屋の自販機]
[06/14 店主]
[06/14 店主]
[06/14 コーチャー]
[06/14 しんさん]
[06/13 店主]
[06/13 仙台屋の自販機]
[06/01 店主]
[06/01 仙台屋の自販機]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /