やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/07 >>
SMTWTFS
1
234 678
91112 1315
16171819 202122
242526 272829
3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
509   508   507   506   505   504   503   502   501   500   499  
毎度ありがとうございます!

少し風邪気味のためか、すんなりベットから出れずに、さっき起きたところです。
普段は、休日でも6時半には起きてますんで、随分とのんびりしていた感じです。

自分は、休日ほど早く起きてしまう習性があって、家族にも呆れられてるんですけど、
今日はすぐには起きれませんでした。
身体が「休息」を求めているのかもしれませんね。

さて、今日はまたもや珍しい日本酒が入荷しておりますので、ご紹介します。
山形市にある男山酒造「羽陽男山 酒未来 純米吟醸」日本酒度+4です。

618a0cfc.jpegこのお酒は「十四代」でおなじみの高木酒造・高木辰五郎氏が、
18年の時をかけてようやく完成した酒造好適米「酒未来」で仕込まれています。

ならば十四代と同じような味わいで仕上がるかというと、さにあらず。
「羽陽男山」にしては、珍しく香り控えめのシャープな辛口酒に仕上がっていて
喉元をすぎた後味には、ほどよい酸味も感じます。 

もちろん冷(ひや)でもいいですけど、自分的にはぬる燗もアリですね。
「おでん」や「あさりの酒蒸し」などのダシの利いたお料理なんかに合いそうです。

ところで、北海道に長く住んでいた自分にとっては「男山」といえば、
旭川の「男山」が真っ先に思い浮かぶんですけど、全国にはたくさんの「男山」があるんだそうです。

「羽陽男山」のHPをのぞいてみると、以下のような説明がありましたのでご紹介します。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、「男山」というお酒は全国各地にあります。
北海道は旭川の北海男山さん、岩手県の陸奥男山さん、宮城県の伏見男山さん、於茂多加男山さん、
福島県の開當男山さん、新潟県の根知男山さんなど、本当にたくさんあります。
室町時代頃までは、酒は高価で庶民の口には入りませんでした。
奈良県などのお寺で作られていた酒が代表的です。
しかし、時代が下がってきますと、兵庫県伊丹あたりで庶民でも飲める清酒が造られはじめます。
江戸時代に入ると、伊丹の酒「剣菱」「男山」が江戸の町で圧倒的な人気を博しました。
今に伝わる仕込み唄にも「酒は剣菱男山」という一節があるほどで、
浮世絵などにも「剣菱」「男山」は頻繁に登場します。
「男山」という銘柄は、大変人気のあるものでしたので、東北など後発で清酒造りを始めた地域では、
伊丹「男山」にあやかって「うちは山形の男山」などと名乗ったものでしょう。
ですから、「男山」の前には必ず小印【羽陽】【北海】【陸奥】【伏見】【根知】などが付いています。
「男山」という銘柄自体は、京都岩清水八幡宮に由来する名前で、全国各地の「男山」は
今も岩清水八幡宮とつながりを持っています。(HPより抜粋)

なるほどね~、またひとつ勉強になりました。
そんな歴史を思い浮かべながら、のんびりと飲んでもらいたい一本です。
そういえば、全国には「正宗」と名の付く銘酒もたくさんありますけど、それはまたの機会にでも。

みなさま、素敵な休日をお過ごし下さい。


 

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/24 仙台屋の自販機]
[07/15 店主]
[07/14 コーチャー]
[07/08 店主]
[07/07 タムちゃん]
[06/15 店主]
[06/15 仙台屋の自販機]
[06/14 店主]
[06/14 店主]
[06/14 コーチャー]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /