やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
2345 678
91012 131415
161819 2122
23 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
892   891   890   889   888   887   886   885   884   883   882  
毎度ありがとうございます!

先日、平成27年度の日本酒新酒鑑評会金賞受賞酒が発表になりました。
山形県は17銘柄が受賞し、福島県に次いで兵庫県と同数の全国二位の受賞数となりました。

新酒鑑評会とは分かりやすく言うところの、日本酒のコンクールみたいなものです。
…うーん、さすがに、ざっくりしすぎですかね(笑

蔵によっては「飲み手が旨いといってくれるお酒を造るだけ。」と、
あえて出品などはしないという方針の蔵元もあるようです。
そこは、それぞれの考え方があっていいんだと思います。

杜氏が精魂込めて造ったお酒が高く評価されることで、働く方々の士気が上がるのも確かでしょうし、
日本酒市場で蔵の注目度が高くなることも、また喜ばしいことでもあるでしょうしね。

最近になって、また日本酒の勉強をしたくなって、たくさんの本やテキストを買ってきました。
知っていたつもりでも理解が足りていなかったり、その時には何気なくスルーしていたことが、
今になってとても重要なことだったと気づいてみたりで、新しい発見や気づきが新鮮です。

酒の師匠サノとも、池袋で開催される新酒鑑評会公開きき酒会に、二年続けて出張に行きました。
純粋に日本酒の話しを肴にして、くだらないことからまじめな話しまで、大の大人が飽きずに
いつまでも盃を片手に、あーでもないこーでもないとやってるのが本当に好きでした。
 
そういう飲み方というか、日本酒片手に語り合うというか、
そんな機会もすっかりなくなってしまいましたもんね。
なんとも寂しい限りです。

同じ酒を飲んで感じ方や好みが違っても、それを否定せずにお互いの
感想に耳を傾けながらもそんな時間が楽しいという、あの至福の時間。

夏でもぬる燗にハマってしまって、福鮨のカウンターに燗どうこを持ち込んで
45℃じゃ早いだの50℃じゃ熱いだの言いながら飲んでたものです。

最近、自分がハマっているのが湯田川本間商店限定にごり酒「巴(ともえ)」のぬる燗です。
43℃くらいがちょうどいいんですよ。

口に含んだときに立つ酸が、飲み込むと同時にフワーっと優しい味わいになって口の中に広がって、
喉から鼻に抜けていく優雅で優しい甘さが、なんとも堪らないんですよね。

にごりのぬる燗だと奈良県久保本家酒造「睡龍 生もとのどぶ」が鉄板ですけど、
渡會本店「巴」のぬる燗も負けず劣らず味わいがあります。
機会があれば、是非一度お試しいただきたいと思います。

日本酒飲みに行きたいなぁ。。。

さーて、これから風呂に入って寝ます。
酒でも飲んでる夢でも見ようと思います。

おやすみなさい。





コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 18 19 21 22
23 27 28 29
30
最新コメント
[04/27 店主]
[04/27 店主]
[04/26 タイヤ屋]
[04/26 仙台屋の自販機]
[04/18 店主]
[04/17 まさる]
[04/01 店主]
[03/31 仙台屋の自販機]
[03/29 店主]
[03/28 しんさん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /