やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2018/10 >>
SMTWTFS
1 456
78910 1213
14151617 181920
21222324 252627
28293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14  
毎度ありがとうございます!

昨夜は、ウチのスタッフとして3年間頑張ってくれたコマガタとそのご両親が、
わざわざ佐渡からご挨拶に来ていただきました。

「息子が大変お世話になりました。」
と丁寧なご挨拶に貴重な佐渡のお土産まで頂戴してしまい、こちらの方が恐縮するばかりでした。

お世話になったのはこちらの方ですよ。
ちゃんと最後まで頑張ってくれましたから。

山大農学部2年のときに、先にやんちゃでアルバイトをしていた友人に誘われて、
アルバイトの面接に来たのがコマガタでした。
話してすぐに、真面目で素直で器用な子なんだと気づき、即採用を決めた子です。

自分の娘と同じ平成7年生まれでしたから、自分の子どものような目で接する機会も
なんとなく多かった気がします。

一緒に働くことで、今の子たちの考え方やトレンドを肌で感じながら、
それでも社会で通用する男になれるよう、時には厳しく愛情持って叱ってきたつもりです。

ウチで働くスタッフには、器用で物覚えが良くすぐに出来てしまうタイプと、
不器用でなかなか覚えられず出来るまで時間がかかるタイプと、二通りのパターンがあります。

コマガタは、独立したユウスケやユウタロウのような器用なタイプの子でした。
不器用だったのは、やっぱりハタケとシュンタかなぁ(笑

どちらもみんな自分にとっては可愛いスタッフに変わりありませんし、
どちらもみんな途中リタイヤせずに、最後までやりきった努力家でもあり仲間でもあります。

器用な子の危険なところは、自分の仕事ぶりや仕事の結果を、世間や社会もすんなりと
受け入れてくれるだろうと勘違いしやすいことかもしれません。

出来るから、スキルがあるから仕事を任せる。
任せるとそれが使命になり、最優先だと思ってしまう。

任せられた仕事のほかにもやるべき仕事はたくさんあるのだけれど、
その組み立てや順序よりも「オレの仕事をやる。」という使命感だけで、
周りを見る余裕がなく自分の事だけで突き進んでしまうところがあるんですよね。

自分の隣でも別の人が仕事をしているのに、さえぎったり手を止めさせてしまう。
でも、もちろん、自分のやった仕事の結果はいい。

役所の窓口のように、目の前の自分の仕事だけをこなすなら、それでもいいだろう。
仕事のミスも少なく、仕事も早いわけだから。

でも自分の仕事だけではないし、それが何よりも最優先とは限らないんだよと。
だからこそ、もっと周りの仕事をよく見て、仕事における謙虚さも身につけろよと、
口うるさく言ってきました。

それでも辞めずに3年間、一生懸命にバイトを頑張ってきたんですから。
素直だし仕事も早いから、上司やお客様にも可愛がってもらえると思います。

偶然にも隣にいたマサカツが「こういう場面っていいですねぇ。マスター、嬉しいでしょう。」
なんて急にぶっこんできましたけど、途中で投げ出さず逃げ出さず、最後までやったヤツにしか
見れない景色(関係)だと思ってますから、もちろん嬉しいにきまっています。

ハタケも、ユウスケも、ユウタロウも、シュンタも、コマガタも、スカガワも、
最後までやりきったヤツはみんな可愛いですし、いつの日かやんちゃOB会でもやって
みんなと酒を飲みたいというのが自分の夢でもあります。

最後までやりきるヤツが3いるなら、途中で投げ出すヤツは7います。
どんなに仕事が出来ても、ある日突然連絡もなしに来なくなるヤツを山ほど見てきました。
どこかでバッタリ自分と遭遇しても後ろめたさから、きっと目を見て挨拶なんて出来ないだろうし、
コソコソ隠れてやり過ごすのかもしれません。

「おー!元気か!たまには店に遊びに来いよ!」と笑って話せる景色を見せてあげたいものです。

コマガタがバイトを始めてすぐに2人がバックれて、超過密シフトになったことがあります。
それでも文句を言わずにシフトの穴を開けないように頑張ってくれました。
単なる学生のアルバイトから、少しだけ働くということへの意識と考え方が変わった
きっかけになったのかもしれません。

コマガタ、おつかれさん。
最後までありがとう。
本当に助けてもらいました。

まかないの味、忘れるなよ。
身体には気をつけて、新潟でも頑張ってな。
いつまでも応援しています。

卒業おめでとう!








 
毎度ありがとうございます!

昨夜は、息子の修学旅行とカミさんの当直勤務が重なってしまって、
珍しく愛犬カールとふたりで過ごした静かな夜になりました。

とはいっても、閉店後に帰宅したのは深夜でしたから、昨日のお昼過ぎからは
ほとんどゲージの中でひとりポツンと過ごしていたお利口さんなカールでした。

カールは猫のように寒いところがキライで、コタツの中が大好きなんです。
外に出そうとすると、すでに寒くてブルブル震えています(笑

トイレも庭でするようにしつけてしまったんで、トイレに行きたい時にはドアに掛けてある
鈴を「カランカラン」と鳴らして教えてくれます。

家のチャイムが鳴ったときや、自宅前に人の気配がするときだけ吠えて教えてくれますけど、
それ以外は、どこか具合でも悪いのかと心配になるほど、全く吠えませんし悪さもしません。

散歩の途中で他の犬と遭遇しても、クンクンと匂いを嗅ぎながら近づいて
「ワン!」と吠えられて、ビビッている小心者でもあります。

人に対しても吠えたり噛んだりしませんから、本当に穏やかな性格の子なんですよね。

山形や仙台に遊びに行く際にも、途中でしっかりトイレを済ませておけば、
車の中でもちゃんと留守番しています。

息子の野球の試合などで、朝から夕方まで家を空ける際にも一緒に連れて行きますけど、
真夏でなければ車の中で気持ちよく昼寝して待っています。

3年前におじいちゃんが亡くなった翌月に、生きるものの命の尊さを教え込むためにと、
カミさんと息子に気に入られて、新たに家族の一員として我が家にやってきたカールです。

車酔いもしませんし、どこに連れて行っても邪魔になることはありません。
最近は、買い物やデパートに興味のない息子と一緒に、車の中で寝て待っています。

学生時代にはアパートで猫を飼っていましたし、結婚してからもカミさんの実家から
犬を預かって自宅で飼っていたこともあったんですけど、その時は吠える犬種だったせいか
近所からクレームが入って仕方なく実家に戻さなくてはならなかったことがあったんですよね。

今の家になってからは、お隣は空き家だし、裏の貸家三軒とも少し離れてますし、
犬と一緒に暮らすには気兼ねなく快適に暮らせるので助かってます。

カールは日中のほとんどを自分と一緒にいますし、買い物にも一緒に出掛けます。

手もかかるし、不便なこともたくさんあるけれど、それでも一緒に暮らすことで
心が癒されたり穏やかになったり、時には救われる時だってあるんですよね。

そいうわけで、今日の買出しに行ってきます。

行くぞ!カール!!










毎度ありがとうございます!

4日間帰省していた娘が昨日、埼玉に戻っていきました。
帰ってくるたびに「大人になったなあ」と実感させられることが多くなってきて、
否が応でも歳をとったことを痛感します。

学生時代とは違って職場の環境や人間関係など、いつの間にか大人同士の会話になってきました。

特急いなほも1時間遅れの運行でしたけど、事故やトラブルなく無事に寮まで着いたと聞いて
ホッと一安心するのは、いくつになっても変わらない親心というものでしょうか。

「少し早いけど。」と娘とカミさんからバレンタインのチョコを貰ったんですけど、
チョコと一緒に前から欲しかったG-SHOCKもプレゼントしてくれました。

当たり前ですけど、学生時代までは親がお金を出す一方だったのが、
娘が働くようになってからは帰省のたびに息子に小遣いを置いていってくれたり、
スーパーなどでのちょっとした買い物も「ここは私が出してあげる。」と
財布を開けるようになったんですね。

「自分のためにお金を使いなさい。」と言っても「ちゃんと貯金してるから大丈夫だよ。」と
普段は堅実で質素な生活をしているくせに、帰省すると家族のためにお金を使うんですよ。
そんな気持ちに気がついてしまうし、分かっていてもそんな気持ちが嬉しかったりします。

「職場はどうだ?」と聞くと、職場の同期が異動希望を出すなかで、自分は1年くらいじゃ
何も分からないし何も出来ないからと、今の病棟でもっと頑張ってみると言ってました。

病院や看護師の世界のことは、自分には分かりません。
だけども、娘の選択は間違っていないと確信を持てます。

まだまだ一緒に働いていかなければならない人間関係と、職場環境がそこにあるわけですし、
看護師1年生の言い分など、できないことの言い訳と生ぬるい覚悟の裏返しだと言われるのが
関の山だと思いますしね。

どの病棟だろうが、どの環境だろうが素直な気持ちで先輩たちに可愛がってもらいながら、
一生懸命に仕事を覚えていくのが今は一番いいんだと思います。
話しを聞いていて、安心しました。

そんな娘の希望で天童イオンまで買い物に行ったり、みんなでステーキを食ったりして、
娘だけでなく家族みんなが楽しく充実した連休を過ごすことができました。

そして今朝は早朝5時起きで、息子が修学旅行のため沖縄に出発しました。
先週一週間はインフルエンザB型に感染してしまって、学校には全く行けなかったんですけど、
なんとか修学旅行には間に合いました。

一生に一度の経験ですから、友達とたくさん楽しい思い出を作ってきて欲しいと思ってます。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうものです。
朝から煮込みを仕込む、またいつもの日常が始まりました。

2時に寝て5時に起きてですから、さすがに眠い!
煮込み完成まで寝てしまわないように、コーヒー飲みながら頑張ります。

今日は小上がりが満席です。
カウンターでよろしかったら、ぶらりとお立ち寄りください。

 
毎度ありがとうございます!

皆様に心配して頂いた仕入れが困難な状況も、昨日無事にラインが復旧し、
また新鮮なモツが仕入れられるようになりました。

新鮮なレバーの、なんと美しいことよ。

やっぱりここ庄内は、豚モツを仕入れるには本当に天国みたいなエリアなんですよ。
経営者もお客さまも、あまりその恩恵を認識してませんけどね。
とにもかくにも、正常仕入れが出来るようになって本当に良かったです。

そして昨日は、娘が帰省してきました。
年末年始に休みが取れなかった分、この時期に4連休をもらって帰ってきたんですよね。

さらに、先週の土曜日からインフルエンザB型に罹っていた息子も昨日ようやく完治し、
今日から気兼ねなく外出することができるようになりました。

良いことづくめの一日だったんですね。

仕入れられて当たり前、健康で当たり前・・・
普段の生活の中にある「当たり前」なことが、実は当たり前なんかじゃないということを、
自分自身が見失わないようにしているつもりなんですけどね。

「お客様が来るのが当たり前。」だなんて、商売を始めてから一度も思ったことありませんし。

娘の職場で、初めて受け持ちの患者さんが亡くなられてしまったそうです。
仕事柄、これからもそういう場面に立ち会うことが宿命となってくるでしょう。

生きること、生きていることが当たり前ではないんだということ、
健康でいることの素晴らしさや、五体満足で生まれてくる奇跡や感動を忘れることなく、
これからも医療の現場で患者さんに寄り添う、温もりある看護師になってもらいたいと思っています。

親が子に教えてあげられることなんて、たかがしれたもんです。
世間や社会にもまれながら自らが経験し、泣いたり笑ったり叱られたり褒められたりしながら、
そのすべてが成長の糧となり大人としての考えが構築されていくのかもしれませんね。

今の医学と医療で、すべての病気を治すことなんてできません。
限りある命と限りある人生を大切にしなくてはならない、そんな当たり前なことを
娘と話した帰宅後の僅かな時間に、娘の成長を感じたりしています。

今日を頑張れば二連休となります。
家族との時間も大切にしながら、しっかりと連休を楽しみたいと思っています。

それでは風呂に入って休みます。
おやすみなさい。








 
毎度ありがとうございます!

大変なことがおきました。
仕入れ元の食肉公社のライントラブルで、昨日から3日間まともな内臓が仕入れられません。

人気のサガリなどはもちろん、七輪で焼く塩ホルモンのてっぽうもハラミも全く入荷しません。

シロ、タン、レバー、ハツの4種類しか回ってこない状態です。
予約もありませんし昨日からのドカ雪も重なって、こんな状態で営業するのに心が折れそうです。
一応、提灯は出しますけど、仕入れできない部位が多数ありますのでご了承ください。

こんな事あるんですねー。
開業以来、こんなアクシデントは初めての経験です。

庄内ミートの説明では一応ラインストップは3日間らしいのですが、上手く復旧しない場合は
今週末まで正常な肉や内臓の流通は難しいかもしれないという話しでした。

マジで緊急事態ですよ、これは。
状況次第では、本当に臨時休業も考えないとなりませんし、今週末のご予約のお客様にも
通常メニューでの営業が難しいという連絡しなければならない可能性も十分にありえます。

まいりました。
とにかくなるようにしかなりません。

とりあえず、今は雪かきを頑張ります。
ではでは。


 






毎度ありがとうございます!

ボトボトと雪の降る音が聞こえてきそうな今朝の鶴岡です。

カミさんは昨日から看護学校時代の仲良しグループで温泉に泊まりに行ってますんで、
部活のない息子とゆっくりと起きて、コーヒーを飲む至福の朝です。

昨日は野球連盟審判部の新年会があったんですけど、もちろん自分は不参加です。
すし屋での一次会のあと、5名ほどが二次会でやんちゃに寄ってくれました。

審判員の人材不足は、本当に深刻な状況にあるといっていいでしょう。

昨年入ったばかりの自分の目から見て率直な感想を述べると、せっかく新しい人材が入ってきても、
春先に一日だけ全体的な講習会が行なわれるのみで、いきなりモーニングの球審を割り当てられたり、
公式戦で会った事も話したこともない方々とクルーを組んでデビューしたりと、ぶっつけ本番が
当たり前の現状には疑問を感じざるえませんでした。

もちろん子供のころから野球をやってきましたんで、少しはルールも知っていたつもりでしたよ。
それでも、実際に球場で公式戦に立つには、全然わからないことだらけですし、ルール以外にも
基本姿勢やコールやアウト・セーフ以外の所作だったり、なにより一番難しいところは
フォーメーションが頭に入ってないと全員が連動して動けないということなんですよね。

新人審判員一人のために、そういうことを手取り足取り教えてくれたり、同じクルーとして
フィールドに立って安心感を持たせて、一緒に実践しながら試合感を覚えてもらったりという、
【教育】【育成】の仕組みが全くないことに正直驚かされました。

幸いにも、自分は息子の部活で審判をやる機会も多いうえに、コーチも審判部の大先輩ですし
後輩たちにも経験豊富なベテラン審判がたくさんいますので、何か分からない事があったら
気軽に聞ける環境にはあったのかもしれません。

それでも不安だらけの一年でした。
やらなければよかった、とさえ思って起きた朝もありました。

ルールのことはさておきながら、フォーメーションに関しては「審判メカニクスハンドブック」に
二人制・三人制・四人制のメカニクスが細かく記載されているんですけど、まずね、
その本が非売品だそうで、新人にはくれません。

「失敗してもいいから、周りを見ながらやってみて。」なんて、なんの気休めにもならない言葉で
いきなり公式戦に立たされる不安感と申し訳なさ感と孤独感といったらハンパないわけですよ。

心臓に毛が生えていて、どうにでもなれって開き直れる人はいいんでしょうけど、
自分のように準備万端で挑んで細かなことが気になる性格の人間は、いきなり崖から落とされる
ライオン方式では精神的にも肉体的にもギブアップしてしまうだけです。

もちろん、目の前には必死でプレーする選手達がいるわけですから、100%とはいかなくても
練習試合などを通じて、ある程度の研修や実践を経て自信をつけさせてから公式戦にデビュー
させるべきだと思うんですね。

本来は無償配布の「メカニクスハンドブック」を、自分はヤフオクで2500円で買いました。
他にも「野球審判員マニュアル」も買って、お店が終わってから夜中まで勉強していました。

某大会の塁審を務めることになった際には「明日は人がいないんで三人制です。」なんて言われて、
ほぼ徹夜でフォーメーションを頭に叩きこんで球場入りした経験もあります。

会社でも、新入社員にいきなり営業に行って来い!なんて無茶な会社はないでしょう。
本気で育成し将来の戦力として育てていくならば、先輩と同行させて実際に見せてあげたり、
事前に新人だけの勉強会や講習会を開いて基礎知識をしっかりと覚えさせてから、
現場や営業に送り出すものでしょう。

新人が気兼ねなく質問できたり、不足している用具や資料を準備してもらえるような
教育係やそういうセクションがあってもいいのかもしれませんよね。

「一年目の新人が何を偉そうに言ってるんだ、みんなそうやって一丁前になってきたんだ。」と
叱られるかもしれません。

でも、だからこそ慢性的な人材不足になったのかもしれないですよね。
「野球も好きだし審判にも興味はあるけど、やりたくない。」という声の裏側にはなにがあるのか。

ルールやジャッジが無知なことに対しての不安なのか、
せっかくの休日を審判だけで奪われるかもしれないという不安なのか、
最初に道具を揃えるのに結構な経費がかかるのではという不安なのか、

どんな不安や懸念があるのかをしっかりと把握して、組織全体として新人育成に取り組まないと
これからも審判をやろうという若者は増えてはいかない気がします。

自分のように50にもなってから審判をやるなんて人をアテにしてはいけません。
もっと若い世代や若い人たちの意見を取り入れながらも、ベテランの方々の培ってきた経験や
高い技術レベルを継承していけるような組織であっていかなくてはならない気がします。

具体的には、一年間は中学校やスポ少の練習試合で経験を積ませ、同一クルーとして共に
グラウンドに立ち、その経験を見守り支えながら「来年は公式戦でデビューですからね!」
と目標設定し、新人審判員の抱えている不安を少しでも取り除き、これから審判員として
活躍するべく自信を持たせて送り出す【育成部】や教官的な人材が必要ということです。

昨日は新年会に行けなくて正解だったかもしれませんね(笑
「生意気なこと言うな!」って一発退場になっていたかもしれませんから。

そんなことを思う休日の朝でした。
これから大嫌いな雪かきを頑張ります。

素敵な日曜日をお過ごしください。

カウンター
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 4 5 6
7 8 9 10 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[10/03 店主]
[10/03 しんさん]
[10/02 店主]
[10/02 しんさん]
[10/01 店主]
[09/30 しんさん]
[09/30 店主]
[09/29 しんさん]
[09/26 店主]
[09/26 名無しさん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /