やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2019/01 >>
SMTWTFS
12 35
689 101112
131416 171819
202223 242526
27282930 31
Recent Entry
Recent Comment
Category
5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15  

毎度ありがとうございます!

怖い話しをするには、時期的にまだ少し早い気もしますけど、これは先日の夜の出来事です。

その日はなんとなく真っ直ぐに家には帰りたくない夜で、いつもの居酒屋で一杯ひっかけてから
代行に乗って帰宅することにしたんです。
時刻は深夜0時ちょうどでした。

市内とはいえ、田舎のましてや深夜の車通りは極端に少なく、随分と先の信号で止まっている
一台の軽自動車が自分の視界に入っていました。

信号が青に変わっても、うしろについた車がパッシングしたりクラクションを鳴らしても
その軽自動車はまったく動かず、みな追い越していく様子もずっと見えていました。

信号の停止位置にエンジンがかかったままライトも点けっぱなしで、まったく動かないんですよ。
「なんだ?あの車?」と助手席でつぶやくと、代行の兄ちゃんが
「誰も乗ってないみたいっすね。」
「なーんだ。故障かなんかで運転手が車から降りて、その辺で電話でもかけてるんだろう。」
なんて言いながら、結局は自分の車も青信号に変わってその車を追い越すことになったんです。

で、その追い越しざまに運転席をチラっと見てみると・・・
両手でハンドルを握ったまま、頭をうなだれて乗っている女性の姿が見えたんですよ!

頭がうなだれていたためヘッドレスが邪魔して、後方から見ると
誰も乗っていないように見えたんですよね。

「おい!運転手乗ってんじゃん!えっ?どういうことよ?」
「さぁ、自分にはわからないっすねぇ。」
「まさか、死んでるんじゃないだろうな。」
「えっ、ま、まさか。」
「あんな格好でクラクション鳴らされても気づかないなんて、心臓発作かなんかで死んでるんじゃ・・・」
「や、やめてくださいよ。」
「なんだよ、あの車。気持ち悪りーな。」

なんて会話をしながら自宅に戻ったんですけど、もう気になって気になって、
まだ起きていたカミさんに一部始終を話して、もう一回戻って見てこようと提案します。

「えー、いやだー。ただ、寝てるんじゃない?」
「お前さ、もしも寝てるとして、あとからあとから来る後続車にクラクション鳴らされても
 起きないなんてことありえるか?」
「もう!じゃあ、ちょっと着替えるから待っててよ。」
「お前さ、一刻を争うんだから着替えなんていいんだよ!」
なんて言いながら、嫌がるカミさんと息子も一緒にさっきの交差点に向かいます。
 
「もしも、死んでたらどうすんの?」とビビッている息子の質問には答えずに交差点に差し掛かると、
まだ、あの軽自動車がライトを点けたままポツンと交差点に停まっていました。

青信号で向かい側からゆっくりと車に近づいて、すれ違いざまに運転席を覗くと、
まだあの女性が両手でハンドルを持ったまま頭を垂れ突っ伏している姿が見えたんですよね。

「うわっ!本当に乗ってるよ、女の人が!」
「うるさいな!びっくりするからデカイ声出すなよ!」などと息子と言い争っていると、
いきなり車をUターンさせたカミさんが「お父さん!今すぐ110番して!」と急に看護師モードに。

酔っ払ってるうえにカミさんのひと言で気が動転して、なかなか警察につながらないんですよ。
「えっと、スマホからってどうやってかけるんだっけ?市外局番に110番だっけ?」
なんてグダグダになりながらも、ようやくつながった警察に場所を尋ねられ
「稲生町にある葬儀場アークベルの前の交差点ですよ!」
なんて説明しても、一向に伝わらないんでこっちもイライラするわけです。

「だからアークベルの交差点ですって。女の人が乗ったまま動かないんですよ!」
「そこ、プリエール(葬儀場)でなくって?」
「あ!そうそうプリエールだわ、ここ。スイマセンです。」
だ、か、ら、酔っぱらって110番するもんじゃありません。

警察とコントみたいな電話をしている間、カミさんが運転席の窓をバンバン叩いて
「大丈夫ですか!!聞こえますか!!」なんてやってるんですよ。
代行に乗って自分が確認してから、もうすでに30分近く経過しています。

やっぱりもう死んでるんじゃ・・・
なんて思っていたら、カミさんが「あっ!起きた!起きた!」
「えっ!起きたの?」なんて、またまた急展開。

「大丈夫ですか!少し窓を開けてください!」
「あぁ・・・はい、スイマセン・・・」
「大丈夫ですか。心配して警察に連絡しましたから、このまま待っていてください。」
「あぁ、もう大丈夫ですから。わたし・・・寝てしまって。」

生きてたのはよかったけど、こんなところでしかも30分以上寝るなんて、
これは飲酒で運転してきて、ここで力尽きたんじゃないのかな、なんて勝手に推理します。

程なくして警察が到着。
「えっと、通報してくださったのはご主人?」
「ハイ、ワタクシデアリマス。」
「状況を教えてください。」
と事情聴取されてる間に、運転手本人への聞き取りが始まります。

「わたし、疲れて寝てしまったみたいで。」
「いくら疲れたとはいえ、30分も交差点でハンドルを持ったまま寝るっていうのは・・・」
なんて警察官に促されアルコール検知やら何やらをやってる様子。

ま、結果的には、親の介護に行っていて自宅に戻る帰り道に、
あまりに疲れて寝てしまった、というのが真実のようでして。

そんなにガッツリ寝ます?普通。しかもハンドル握ったまま。
ただ、想像していた最悪の事態にならず、本当によかったですけど。

でもね、やっぱり怖かったですよ。
そんな、先日の夜の出来事でした。

あの車、もしもシフトがPでなくDに入ってたら、どうなってたんでしょうかね。
それもまた怖い想像です。
 
今日の鶴岡は30度越えの予報です。
無理せずきちんと休憩をとって、交差点で寝るのは絶対にやめましょう。
 

毎度ありがとうございます!

先週の土曜日に行なわれた中総体の結果は0-4で鶴岡五中に敗れ、中学最後の大会を終えました。

今もまだ悔しいですし、うまく切りかえれない自分がいたりします。
だけれど、どちらかが勝ってどちらかが負けるのが勝負の世界ですから、次のステージに向けて
また頑張ってもらいたいと思っています。

春季大会準優勝の鶴五中は、昨年の中総体でも初戦で敗れた相手。
スタンドには、去年の3年生とその保護者の方々が大勢駆けつけてくれて、
試合開始の前なのに本当に感激して涙が出そうになりましたもんね。

去年の分も含めて勝ちたいという想いは強かったですし、選手たちも最後まで諦めずに
立ち向かっていった姿と泥臭い四中野球部魂は、しっかりと見せてくれたものと確信しています。

スタンドからは他にもOBや地域の方々からの熱いご声援を頂戴し、本当に心より感謝申し上げます。

たった9人でスタートした弱っちい幼さの残る新チームの船出でしたけど、
なんとかここまで成長することができました。
残念ながら試合には勝つことはできなかったけれど、試合前のシートノックの動きや、
最後のバッターが打ち取られるその瞬間まで諦めずに全員の声がベンチから出ていましたし、
正直、試合に勝った鶴岡五中よりも優れていた部分も随所にあった内容だった思います。

だからこそ余計に勝ってもらいたかったんですけどね。

息子も、頼りないながらもキャプテンとしてチームの4番として、よく頑張ったと思います。
試合に負けて泣き崩れる息子の頭をポンポンと撫でながら、息子なりに悩んだり苦しんだ日々を
思い出して、自分にも込み上げてくるものがありました。

上手くいかないことのほうが多かった分、親子共々たくさん成長させてもらいました。

入部以来、シーズン中は毎週末4時だの5時起きで部員たちと行動を共にして、グラウンドに
来たくても来れない保護者の分も、審判を務めながら一番近くで子どもたちの様子を見てきました。
朝の挨拶ひとつで、その日のその子の結果を推測できるくらいにはなってましたからね。
それぞれに個性があり、みな素直でいい子ばかりです。

何をやっていても未だに「はぁ~ぁ」とため息が出てしまう毎日ではあるけれど、
今度は高校野球という大きなステージに向かって、7月からは週二回の野球教室に通いながら、
他の中学の有力選手たちと一緒に硬球を使って、また練習と努力の日々が始まります。

今年の夏は、頑張ってきた息子と自分のご褒美として一週間夏休みをとって、
家族で旅行にでも行こうと思っています。

息子が行ってみたいという、人でごった返すだけの「夢の国」でもいいでしょう。
正直、自分はどこでもいいんですよね。

早く楽しみな予定を組まないと、いつまで経ってもため息が止まりませんから、
埼玉にいる娘と打ち合わせしながら、これから家族旅行の計画でも立てていきます。

残念ですけど、敗れて悔いもありますけど、いつまでも振り返ってばかりもいられません。

また大きな未来に向かって、一歩踏み出す息子のその歩みを、そっと見守っていくだけです。
いい仲間と、気の合う保護者のみなさんとの楽しくも充実した2年2ヶ月でした。

あんなことも、こんなこともあったよなぁ。。。
みなさんと、あと何回飲めるのかなぁ。。。

名残惜しいですけど「ありがとう。お世話になりました。」の言葉でお別れです。
また違うカタチでみなさんと接する機会もあるでしょうから「またその日まで。」でしょうかね。

新人チーム、楽しみにしています。
頑張ってください!!

ありがとうございました!!!

     
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毎度ありがとうございます!

中総体前の最後の練習試合の相手は藤島中でした。
お互いに決勝まで勝ち上がらなければ、対戦しない組み合わせでしたので、
最終調整で試したいことは全てやらせてもらった日曜日でした。

中総体前のこの時期は、四中の3年生のお父さんは保護者審判をあまりやりません。
というか、2年生以下のお父さん方が気を使ってくれて、やらせないようにしてくれているのが
慣例になってるんですけど、先日は審判部の重鎮、曽川副会長が自ら藤島中のラストゲームを
盛り上げるためにマスクを被り、大先輩富樫さんも出動してちゃんとやる雰囲気がバリバリ漂って
いる中では、椅子に座ってゆっくりと野球観戦というわけにはいかなくなりまして・・・。

慌ててスラックスに審判シャツに着替えて、審判4人全員が審判部という部員たちにとっては
公式戦さながらの練習試合を経験できた、いい演出になったのかもしれませんね。

あとは本番でどれだけ自分の力を発揮できるか、その一点だけだと思います。
あくまでもチャレンジャーとして、泥臭く必死こいてやるだけです。

その日の夕方からは、中総体前の激励食事会がすたみな太郎で開催されました。
食べ放題なのにアイスしか食わないヤツや、マンガみたいな大盛りご飯を食うヤツまで
それぞれの個性が出た食事会でしたけど、みな楽しそうだったんで良かったです。

食事後にそのままバッティングセンターに向かったら、他のメンバーもたくさんいて
考えることはみな同じなんだなぁと思わず嬉しくなりましたもんね。

そして、今日帰宅したら、部活のない息子が床屋に行って坊主頭にしてました。
昨年から坊主頭の全員強制を廃止した四中野球部ですけど、自分の意思で坊主にするのは
全然OKということで、各自の判断に任せる部分は残しておいたんですよね。

ずっとスポーツ刈りで通していた息子も、副キャプテンのショウタも自分の意思で
五分刈りの坊主になっていました。

思春期の何かとカッコつけたい時期に、最後の大会前に自分の意思で坊主頭にする、
そんなところも親としてはなんだか嬉しくなるものです。

気合いは入ってましたよね、やっぱり。
負けたくない!という気合いと3年生最後の大会に挑む覚悟の坊主頭ですから、
なんとか初戦の鶴岡五中戦に勝って、勢いをつけたいところです。

決戦は土曜日9時プレーボール。
親にとっても中学野球最後の大会ですし、支えてきた集大成として県大会出場を目標に
ここまで一緒に頑張ってきました。

必ずどちらかが勝って、どちらかが必ず負けます。
非情ですが、それが勝負というものです。

大人は時に答えを先回りして準備することができる生き物ですよね。
一生懸命にやったのならば結果は二の次、最後まで諦めずに頑張ったならそれで良し、なんて
今からでも言えたりしちゃいますもんね。

だけども、やる前から「それを言っちゃぁ、おしまいよ。」なわけですよ。
やるからには勝ちにこだわらないと、本当の何かは手にすることができません。

野球ネタが続くこのブログも、どうなりますでしょうか。

鶴岡四中への熱きご声援、よろしくお願いいたします!!
 
 

 
毎度ありがとうございます!

季節もののため2月から休売していた生すだちサワーですが、昨日徳島から直送で届きましたので
本日から販売を再開いたします!

販売開始以来、たくさんの方々に気に入って頂いて「美味しい!」と好評の生すだちサワーです。
本来であれば、年間を通して提供できればいいんですけど、いかんせん季節ものの天然果実でして、
ハウス栽培ものでもシーズンオフにもなると、昨年は1キロ7000円にもなってました(驚

いくら好評とはいえ、サワーの割り材としては高級すぎます。
ようやく最近は市場価格が落ち着いてきましたので、
万を持しての入荷となりました。

暑くなってきて、爽やかなすだちの香りと酸っぱさが
日中の疲れを癒してくれます。

すだちは徳島産以外のものも流通していて、もう少し価格も安く入手できるんですけど、
なんというか、あの風味が徳島産ものでないと出ないんですよね。

あえて、季節休売してでも徳島産すだちでサワーを提供したいというのが小さなこだわりです。
 
この機会に、是非ともご注文くださいませ。
 
今日も暑くなりそうです。
水分補給を忘れずに、無理せず頑張っていきましょう!

 
毎度ありがとうございます!

休日の朝。
部活もないのに5時に起きてブログを書いているという・・・(笑

中総体の組合せが決まり鶴岡四中は6月16日(土)9時から鶴岡ドリームスタジアムにて
鶴岡五中との対戦に決まりました。

鶴岡五中は昨年の中総体の初戦で敗れた相手でもあります。
春季大会準優勝という強豪ではありますけど、そのぶん心に燃え滾るものがあります。
昨年の先輩たちがあの日流した悔し涙を、もう一度思い出して一丁やってやろうじゃねーか!
チームが、そしてチーム全員がそんな雰囲気になっています。

昨日は総体前の四中グラウンドでの最後の練習試合でした。
酒田東部中、戸沢中が相手でしたけど、勝ち方も負け方も悪くありません。

野手の足もよく動いていましたし、バットも振れてきました。
あとは、これだけやってきたんだという自分自身の「自信」と相手を飲み込む雰囲気作りで
正面から堂々とぶつかっていくだけです。

新チーム発足から9人ぎりぎりでやってきた仲間がいます。
チームの足りないところを誰かが補い、みんなで支えあい助け合ってきたギリギリチームです。
なにか、やってくれそうな気がします。

彼らのポテンシャルや可能性を信じて、ただひたすらに声を出して応援するだけです。

そんなことを思う休日の朝、今日はお世話になったグラウンドに土を入れて大掛かりな整備をします。

練習もオフですので、都合のつく部員たちと2~3人のお父さんが来てくれればいいかなぁ
なんて思っていたら、なんとお父さん方までほぼ全員参加という驚きの出席率でした。

今日は市内の小学校すべてで運動会が行なわれますので、兄妹のいるご家庭は朝から慌しく
忙しい一日になると思うんですけど、他のお父さん方全員が手を挙げてくれました。

部員だけでなく、お父さんお母さんの団結力の強さも、何かを呼び起こす四中野球部の
原動力のひとつだと思っています。

本当にいいチームです。
このチームで県大会に出場できるようもうひと踏ん張りして、残り少ない野球部活動を
楽しんでいきたいと思います。

結果次第ではお店をお休みする場合もあり、ご不便をおかけすることも多々あろうかと思いますが
何卒ご了承くださいませ。

是非、球場に足を運んで頂いて、我らが鶴岡四中野球部に熱いご声援をお願いします!!
スタンドで大声を出している自分を見つけたら、ひと声お声をかけてください(笑





毎度ありがとうございます!

今日で5月も終わりですね。
6月の営業日も、一部月曜日がお休みになります。

6月4日(月)
6月18日(月)
はお休みとなりますのでご注意ください。

4日は仕入れ先の庄内ミートが社員旅行のため臨時休業となるためで、
いわゆる連鎖休業というやつです。
せっかくですから、どこか近場にでも遠征に行こうと思っています。

18日は中総体の準決勝・決勝が行なわれますので、日曜日に負けてしまったら通常営業します。
が予約は受付しておりませんので、ご了承ください。

それにしても、連日連夜テレビでは「日大アメフト部」の話題ばかりが取り上げられていますよね。
先輩にも指導者にも殴られて、絶対服従の関係が当たり前の中で野球をやっていた自分からすると
何とも複雑な心境になるニュースではあります。

もちろん相手に怪我をさせる指示なんて、今も昔もアウトに決まってますけど、
監督が威圧的で話せしたことがない、監督の指示は絶対というのはスポーツをやる学生にとっては
さほど珍しい関係などではなく、当然といえば当然の関係だと思うんですよね。

監督が相手を潰せなんていう指示を出したり、それをやるんだったら試合に出してやるなんていう
人としての人間性や指導者としての資質が問題なのであって厳しい練習方針や絶対服従の関係性とは
切り離して見ないと、今後ますます学生スポーツが迷走してしまうような気がしてなりません。

現に、息子の所属する野球部の監督さんだって地元では有名な熱血監督です。
グラウンドやベンチに響き渡る怒号は、まさに昭和の野球そのものですもんね。

その熱血さが選手達に上手く伝わり、以心伝心となればチームも個々のスキルも
いい方向に向かっていくでしょう。
逆に、監督に怒られないために、監督の顔色を伺いながら野球をするようなら問題でしょう。

怖い監督、厳しい監督の下でやる選手達のどれだけが、監督の意図するところの厳しさの中で
芽生える「なにくそ根性」を呼び起こし、奮い立たせて成長していくものなんでょうか。

もしも、もしもの話しですよ。
感情的にまったく選手を怒らず、声を荒げない指導者がいたとして、そのチームの規律や
選手の立ち振る舞いや行動やプレーは、みなだらしなくなるものでしょうかね。

バカヤローと声を荒げて怒るとか、静かに話すけど練習から外して相手にしないとか、
100人いれば100通りの指導スタイルがそこにはあるわけですよね。

厳しい指導やガツガツ系の指導はパワハラだ!みたいなことを言うテレビ評論家の意見には
首を傾げたくなるし、自分の指導スタイルが必ずしも絶対ではないということを意識しながら
選手の技術向上や人間育成への関わり合いを模索しつつ、自分の指導スタイルに固執せず
常に時代や環境に合わせてアップグレードしていける指導者であってほしいと願うわけです。

タックルした選手にもタックルされた選手にも家族がいるでしょう。
あなたは、どちらの選手の家族の感情で、このニュースを見ていますか。

そして、学生スポーツにおける指導者のスタンスやスタイルはどこまでが許され、
どこからが弾圧されるものでしょうか。

最近の甲子園でも、意図的にファーストの足を蹴りにいった選手がいました。
そういうラフプレーや非人道的なプレーをする選手が、最近はよくSNSなどで取り上げられます。
そういうプレーは、選手個人の瞬間的判断なのか、それとも普段からの指導者の教えなのか、
自分には知る由もありません。

願わくばどの競技でもどのスポーツでもフェアプレーに徹しながら、勝っても負けても
爽やかで清々しさを残し、また応援したくなるようなチームや選手であってもらいたいものです。

なんだか、上手くまとまりませんでしたね。
そんな日もあります(笑

今日も精一杯頑張りましょう!!



 
カウンター
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[01/23 萬年幹事の松]
[01/21 店主]
[01/21 20番が涙腺スイッチ]
[01/15 店主]
[01/15 店主]
[01/15 ジュニア]
[01/15 サードコーチャー]
[01/08 店主]
[01/08 店主]
[01/08 談合屋]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /