やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2018/07 >>
SMTWTFS
134 567
8911 1214
151618 192021
22232425 262728
293031
Recent Entry
Recent Comment
Category
5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15  
毎度ありがとうございます!

月曜日にお休みを頂いて、山形市へ行ってきました。
同行のマナブさんとの待ち合わせは午前9時30分集合でした。

時間通りに待ち合わせ場所で合流し、一路山形方面へ出発。
車内でもひとしきり野球の話しで盛り上がって、そろそろ山形市内に入りそうな頃になっても
「今からどこに行くんだ?」とは一言も聞いてきません(笑

「どこに行くのか気にならないの?」と聞いても「全然。天気もいいし紅葉も見れてそれで満足。」
なんてオヤジみたいなことを言います。

ま、そんなところが先輩とはいえ、一緒にいても楽なんですけどね。
「あのね、これから赤湯のワイナリーに行きます。」
「おー、そうか。行こう、行こう。」

南陽市赤湯にある酒井ワイナリーは創業明治25年、県内では最も古く歴史あるワイナリーです。
普段はまったくワインを口にしない自分ですけど、数年前まで友人がやっていた日本酒専門店で
勧められて、そのフルーティさと甘さのとりこになったのが、ここ赤湯にある酒井ワイナリーの
「バーダップワイン(鳥上坂ワイン)」でした。

少人数のご家族で経営されていて、ブドウ栽培から貯蔵からラベル貼りまで、
そのすべてを手作業で行なう、まさに手作りワインそのものと言っていいでしょう。

ワインの渋みが苦手なワイン素人の自分が好きなのは、ジュースみたいな甘口のワインです。
日本酒のプロがそのコンセプトを曲げてでも店頭に並べたのがこの酒井ワイナリーのワインで、
アイツが亡くなってからは販売店もなくなり、まったく口にすることがなくなっていたんです。

自分の中で、いつか機会があったら訪れてみたいと思っていた場所の一つだったんですね。

赤湯温泉街のど真ん中に、雑貨屋さんと見間違えるような
オシャレでモダンなお店があります。
店員さんももの凄く気さくで話しやすく、試飲もさせてもらえます。
今年収穫のブドウは酸味が強いために、なかなか甘口のワインが
絞れずにいるんだそうです。

当時、愛飲していた「バーダップワイン」はラベルも名前も変わってしまっていて、
今ある中で一番甘さを感じるのは「ヌーボー」だということで、カミさんへのお土産分と
今週末に帰省する娘の分とで2本購入し、息子には搾りたてジュースを購入してきました。

マナブさんも、ちゃっかり自分だけ試飲なんかしながら奥さんにお土産を買ってたりして、
率直に喜んでもらえたんで一緒に来れて良かったですかね 。

目的を果たして、山形へ戻るために赤湯の街を走っていたら、突然、古墳の看板を発見したんですよ。
別に急ぐ用事は何もない気まま旅ですんで、ここは当然「古墳」を見に行くことにします。
もちろんマナブさんも「行こう。行こう。」で決まりです(笑

南陽市赤湯にある前方後円墳「稲荷森古墳」は県内最大の古墳で
東北でも6位の大きさで、国の史跡に指定されています。
前方後円墳なんて小学校の教科書で仁徳天皇陵古墳として習っただけ
ですから、山形県内にこんな古墳があったことすら知りませんでした。

天気が良くて、実際に古墳のてっぺんから見下ろす赤湯の田園風景に、収穫の秋に吹く風と、
誰のものかは分かっていないという古墳の古代ミステリーを感じたひと時でした。

時刻はまだ11時半、ホテルのチェックインは14時でしたんで、次の目的地に向かいます。

次に向かったのは、山形市落合に出来たばかりの「きらやかスタジアム」です。
山形市内に入って、目の前にスタジアムが見える直前まで次の目的地を伝えなくても、
まったく気にしないのがマナブさんです(笑

綺麗に出来たスタジアムの外周からチラッと見える外野の人工芝を眺めただけで、
スタジアムを一旦は後にしたんですけど、自分的にはスタジアムの中まで入って
球場内を見学させてもらいたかったんですよね。

そしたらマナブさんも「戻ろう。戻ろう。」なんて簡単に乗ってくるんで、すぐにUターン。

受付に「鶴岡の野球連盟の者ですけど、中を見せて頂くことは可能でしょうか?」と交渉したら、
突然にもかかわらず「大丈夫ですよ。」と快くOKが出まして、ご丁寧にスタジアムを管理する
体育協会の方のガイド付きで球場内を案内して頂きました。
 
外野と内野のファールゾーンは全て毛足の長い最新の人工芝です。
グリーンとオレンジのコントラストが鮮やかで、プレーヤーなら、
 小学生から還暦までみなプレーしたくなる球場だと思います。

観客席も一部を高く設定してあり、その高さのあるスタンドの下に
室内練習場が完備されていて、室内の高さも十分確保されています。

本部席、ダッグアウト、室内練習場、観客席スタンドと、その全てを見学させて頂きました。
アポなしの突然の訪問にもかかわらず、本当に感謝いたします。

「出来たばかりで、本当にいいものを見させてもらったなぁ。」と余韻に浸りながら、
本日の宿、山形ワシントンホテルに到着しました。

時刻は14時30分。
長い長い山形の夜のはじまりです。
まだ昼だけど・・・


つづく。


毎度ありがとうございます!

ようやく保護者会長としての大きな行事を二つ終え、さて次はOB会の一大プロジェクトに
手をつけようかというときに・・・いろいろとやってくれますなぁ。。。

抱えなくていいストレスを抱えたり、言わなくてもいいことを言わなければならなくなったりと、
忙しいだけでなくムカつくこともたくさんありすぎまして。

お約束どおりに、明日は休みます。
休んで山形市の繁盛店の視察に行ってきます。

たくさんのジャンルのお店をピックアップしてありますんで、全部とは云わずとも
現地で「次はどうする?どこのお店にする?」的な迷いのないように、効率よく他店の雰囲気や
アルコール価格や看板メニューや接客などを感じ取れる出張にしたいと思っています。

今回の旅の相棒は、野球部の先輩のマナブさん。
同じ誕生日の1コ上の直系ですけど、ほとんど自分が面倒を見ている関係です(笑

以前から、自分の地方出張にタイミングが合えば一緒に行きたいと話してましたんで、
今回、満を持しての登場となりました(笑

経費節約のため、ホテルは男二人でのツインを取りました。
まさか現役時代のように「寝るまでマッサ」はさせられないでしょうけど、飲みすぎて調子こいて、
あとでぶっ飛ばされないように、緊張感を持って面倒をみてあげたいと思っています。

結局は野球の話しになるんですけどね。
そんな何気ない会話でも、もの凄くタメになる話しも聞けますし、結構いいこと言うんですよね。

スポ少野球・中学野球と、長きに渡って子供たちを指導してきたマナブさんの言葉には、
説得力がありますし、言葉の持つ熱量や子供たちへの愛情と野球に向き合う情熱を感じます。

決して自分の指導者としてのスタイルや付け焼刃的な理論の押し付けなどではなく、
褒めたり叱ったり押したり引いたりの繰り返しの中で培われた人間味を感じるんですよね。

それが正解かどうかはわかりませんよ。
藤島地区という土地柄に恵まれているというのもあるのかもしれません。

ただ、その地域に住む大人として30年近くも子供たちの野球に携わって得た経験は、
どんなに立派なプレーヤーよりも、どんなに優秀な成績を収めた指導者よりも、
その発する言葉には説得力があることは紛れもない事実です。

んー、あまり褒めるのやめとこう。
明日の話題がなくなるとわるいので(笑

そういうわけで、ご不便をおかけしますが、明日13日(月)は臨時休業といたします。
明日の張り紙も完成しました。

ではでは、また火曜日から宜しくお願いいたします。

毎度ありがとうございます!

昨日は中学野球部の「親子交流試合」と「三年生を送る会」が行なわれました。

直前まで降りしきる雨の中、最悪のグラウンドコンディションでしたけど、
3年生にとっては野球部最後の思い出のイベントということで、予定通り開催することにしました。

幸いにも雨は上がり、無事に試合終了まで行なうことができたんで本当に助かりました。

そして午後からの「三年生を送る会」。
昨年は湯田川温泉「つかさや」の大広間を使って、お風呂つきのゆったりのんびりプランでしたけど、
今年は部員同伴の第一部は第四コミセンで、保護者親睦会の第2部は青柳町公民館を貸し切って
開催することにしたんですよね。

立派なお料理や豪華な記念品はありませんでしたけど、すべて手作りのDVDに心を込めて書いた色紙と
これからの時を刻むクロックフォトフレームに個人の刻印プレート付きと、かかった金額ではなく
感謝の気持ちと真心を込めたいい会にしようと、1.2年生保護者みんなで準備・企画してきた会です。

3年生一人ひとりの四中野球部への想い、支えてくれた両親への「ありがとう」の気持ち、
熱く指導にあたってくれた監督・コーチへの「感謝」の気持ちが伝わって、
企画したこちらまで感動して目頭が熱くなる場面がたくさんありました。

全部員でガチンコ勝負となった「腕相撲王座決定戦」も3年生とガッチリと組み交わす拳の強さを
お互いに感じてほしいと企画した、いい内容の盛り上がった余興だったと思います。

卒部DVDも製作を手伝ってくれている同級生ユタカとも何度も何度も打ち合わせし、
他の人が気にしないような細かな点を何度も修正をかけ、レーベルから表紙すべて
手作りで仕上げた渾身の一枚になったハズでした。
あの一点をのぞけば・・・

最後に流れるエンドロールに卒部する3年生ヤマトの名前がない!

何回も何十回もチェックしたはずだったのに、そんな大きなミスに気がつかなかったなんて。
しかも、上映が終了してもまだ自分は気づいていなくて本人ヤマトのお父さんに
「あのー、最後のエンドロールに、うちの息子の名前がなかったんだけど・・・」と
申し訳なさそうに申し出てもらっての発覚という最悪のパターン∑(; ̄□ ̄A アセアセ

本人にも親御さんにも「ごめんねー。もう一回ちゃんと作り直して差し替えるからね。」
とお詫びして回っていたら、今度は一人ひとりの名前を刻印したプレートが付いた記念品も
貰った本人とプレートの名前が合っていないというミスまで発覚するありさま。

記念品の包装もお母さん方みんなに協力してもらって、丁寧にラッピングしてもらったのに
その際に「(個人名の)プレート付いてるから」としっかりと伝えればよかったものの、
「プレート付いてるよ」としか伝えなかったが故に起きた単純ミスでした。

家に帰ってから開けてお楽しみのプレゼントのはずが、全員その場で開封するハメになり、
結果、全員のが間違って入っていたという、もう苦笑いでは誤魔かせない状況に。。。

それでも3年生も保護者の方もみんな笑って許してくれました。
最後の最後まで「仲間」や「絆」を感じさせてくれた最高のメンバーだったなと
心の底から思います。

公民館での懇親会も盛り上がりましたしね。
これ以上ないくらいみなさんと話しが出来ましたし、いろんな想いも伝えることができました。

「もっともっとこのメンバーで飲み明かしたい。」
そう思える保護者会でした。

そのためにも、来年の地区総体で優勝してその祝勝会に
皆さんを招待したいと思ってるんですけどね。

そのためにはこれから冬のトレーニングをしっかりと取り組んで、春に大きく開花させないと
そのチャンスを掴むことはできないわけですから。

まだまだ、保護者会長としてサポートしていかなければならないことが山ほどありますけど、
「今が一番忙しくて、今が一番幸せな時だよ。」と、あるお母さんに声をかけてもらいました。

その言葉をかみ締めながら、ひとつ大きな仕事を成し遂げた達成感はあります。

それでも、今週は高校野球部の50周年記念誌編集委員会の資料作りと、
今月末までに600枚のOB総会案内ハガキの宛名印刷もやらなければなりません。
またすぐに慌しい日々がやってきます。

ということで、そんな忙しさの合間を縫って、お約束通り出張に行ってきます。

再来週に帰省する娘を埼玉に送るのを口実に東京出張とか、新潟出張を考えていたんですけど、
あまりの忙しさに人恋しくなってしまって、一人で行くよりも飲兵衛の相棒を探していたら、
前から一緒に行こうと話していた適任者がひとりおりまして(笑

その方の都合も加味しながら出張を企画すると、どうしても近場で一泊の内容しか組めませんでした。
それでも付き合ってもらえるだけありがたいです。

ということで、11月13日(月)はお休みを頂いて、山形市へ出張に行こうと思います。
今回はどこに行こうかあれこれ悩みたくなかったんで、土地勘があって知人もいて、
なおかつシブい名店も多い山形市の花小路でベロベロになってこようと思っています。

山形には、アカスリできるスーパー銭湯は一軒だけかぁ。。。
アカスリのためだけに仙台の極楽湯まで行くのもアリだったりして。

ささやかな楽しみが増えました。
今週も頑張ります!
毎度ありがとうございます!

今日は11月2日、息子の14歳の誕生日です。

中学2年生、勉強のほうは親に似てまったくできません。
自分の中学時代の点数とほぼ一緒の成績ですから、そんなものかもしれませんね。

勉強は出来るに越したことはないけれど、出来なくてもいくらでも社会で生きていくことはできます。

そのために大切なのは「本を読むこと」です。

今は、夢中になって読んでいる野球マンガでもいい。
活字を読むこと、イマジネーション想像力を膨らますこと、まずはそこからでいいんです。

自分も兄貴の影響で、子供の頃から「ドカベン」「あぶさん」と野球マンガは随分と読みました。
その後「こち亀」で世の中のくだらない事を知り、中川や麗子のような金持ちに憧れ、
「サラリーマン金太郎」や「男樹」で強い男の生き様を学び、「加治隆介の議」で政治に興味を持ち、
「黄昏流星群」で大人の苦悩や人生の光と影を学んだようなものかもしれません。

小説は、もっぱら推理小説が好きでしたね。
西村京太郎シリーズが好きで、鉄道移動の際にはいつもキヨスクで数冊買って
乗ってすぐに車内で読み始めるのが好きでした。
落合信彦のノンフィクション物もよく読みましたし、週刊新潮で連載していた山本夏彦のコラムも
社会風刺の面白さを教えてくれた教科書みたいな本でした。

本が好きなヤツに共通しているのは、読み終わった本を処分できないこと。
今は買取りが盛んですけど、昔はなかなか捨てる勇気が出ないわけですよ、面白かったらなおさら。
だから、今でも読み終わった本は処分できない性分です。

以前、野球部の後輩ユウジに自分の学生時代のバカさ加減を話していたら、
「イシカワさんと話していて、この人頭悪いなと思ったことないですよ。」といわれて
「イシカワさんは頭が悪いんじゃなくて、勉強をやらなかっただけですよ。」なんて分析に
妙に自分自身が納得させられたことがあります。

ま、今さら勉強で点数を競う場面もないですし、新聞を読み世の中の事も自分なりに理解しながら
普通に読み書きができて、しっかりと挨拶ができれば社会人としてはそれでいいと思うんですよね。

子どもは親の思った通りには成長していかないものだと思っていますし、
自分のスイッチが入らなければ、いくら親がケツを叩いても意味がありません。

娘にもスポ少でスポーツをやってほしかった時期もありましたし、ようやく中学で始めた
ソフトテニスも1年の途中で辞めてしまったのも地味にショックだったりして。

随分と厳しく叱って泣かせた事もありますし、思春期には口を聞かない時期もあったりして、
身体が触れただけで嫌な顔で避けられたこともありました。

それでも自分の夢ややりたい事をしっかりと見つけて、今は看護師として埼玉で働いています。
優しくて思いやりもあって、親バカですけど可愛くていい娘です。
そこそこですけど勉強も頑張ってましたしね、息子とは違って(笑

バカはバカなりに生きていけばいいんですよ。
首から自分の偏差値ぶら下げて生活するわけじゃないんだから。
世の中を生き抜くために必要なのは、成績の良し悪しではなくて、逞しさだと思うんですよ。

それを勉強で学ぶのか、野球で学ぶのか。
それとも本から学ぶのか、親から学ぶのか。

今年の息子へのプレゼントは「野球マンガ」にしようかな。
それとも、最近は筋トレにハマっているからトレーニング器具もいいかも。

まだ14歳、まだまだこれからです。
自分は50歳、またひとり大切な友人が突然亡くなったと昨日聞かされました。

つい10日前に飲みにきてくれて、いつものように楽しく笑っていたのに。
「せばのー。ごっつぉさん!」
「ありがどのー。まだのー。」
それが最後の会話になってしまった。

嬉しいこと、悲しいことを繰り返しながら今をしっかりと生きぬくこと。
それが人生なのかもしれません。

それでも今朝も日が昇ります。

近いうちに思い出話しを書いてみようと思っています。
今日も頑張ります!



 



毎度ありがとうございます!

想いは胸に、多くを語らず…
いろんな想いが胸の奥に込み上げる朝です。
たくさんの人や家族に感謝しながら、今を生きていることを当たり前だと思わず
一日一日を大切にしていこうと、改めて決意しながらアイツの事を思い出す10月25日です。

先週の日曜日は、四中野球部保護者会が主催する「スポ少交流大会やまが杯」の開催予定でしたが、
あいにくの悪天候で残念ながら中止と決定せざるを得ませんでした。

多くの保護者だけに限らず、急な選挙で当初使用予定だった四小グラウンドが使えなくなり、
会場の確保に困っていた際に、快くグラウンドを提供してくださった城北スポ少の関係者の皆様や、
たくさんの方々に支えられて準備してきた大会でもありました。

スポ少の子どもたちと、お昼にみんなで一緒に食べる予定だった豚汁も、当日朝の中止決定では
キャンセルもできず、業者に事前注文していた約70人分の豚汁も予定通り配達されました(困
  
急遽部員たちだけでの「芋煮会」に変更したものの、その残念さと無力感は想像以上に大きくて、
その疲労感は正直、言葉では表せないほどグッタリでしたもんね。
 
10月開催という時期的な問題は当然のことながら、やまが杯開催の意味や存続の有無を、
もう一度見直すタイミングなのかもしれません。

全6回の開催うち半分の3回が雨で中止となってしまった大会なわけだし、
炊き出しができず業者に注文する「豚汁」2万円分も、部員減少の中ギリギリで活動している
苦しい台所事情を考えると、決して余裕の出費ではありません。

今回の選挙と重ならなければコミセンの調理室が使えましたので、そこまでの出費には
ならなかったはず、今回はしょうがなかったよ、と考えるしかありませんがね。

ただ、四中野球部保護者会でスポ少交流大会を主催することが、野球部員拡充になるとは正直
考えにくいですし、その準備や経費的なことを総合的に考えると、もっと違うカタチがあっても
いいんじゃないかなと思うんですよね。

たとえば四中野球部員による「野球教室」の開催とか、四中学区の野球スポーツ少年団3チームを
グラウンドに招いて中学生と一緒に「合同練習会」をやるとか。

これまでの「やまが杯」だと、スポ少同士が試合するのを審判したりボールボーイするだけで、
直接的なふれあいというか交流というか、言葉を交わす場面は豚汁を食べる昼食時しかないわけです。

それよりなら、いっそのこと試合(大会)はやらずに、一緒に練習したりしながら、
中学生の投げるボールのスピードや打球の飛距離をすぐ近くで見せてあげたほうが、
「すげー!」とか「かっこいい!」とか素直な感想が返ってくるような気がします。

しかも、去年おととしまでは一緒にスポ少でやっていた先輩たちがいるわけですから、
野球部に対しても先輩たちに対しても、親近感があるはずなんですよね。

そういう練習会のなかで、その先輩たちから「入学したら是非野球部で一緒にやろうよ。」と
声をかけてあげたほうが、部員拡充にはよっぽど有効的だと思うんですけどね。

で、お昼前解散でちょうどいい。
10月は、各スポ少のイベントでも芋煮や豚汁を食べますからね。

大会を主催・準備して豚汁を食べてもらう【おもてなし】よりも、これから入部したら
一緒に汗を流す四中グラウンドの雰囲気を味わいながら、先輩たちに親しみをもって
入部してもらったほうがずっといいと思うわけです。

毎年慣例的にやってきたことや、歴代の保護者会長が苦労して受け継いできた大会を、
自分の代で止める、廃止するというのは勇気がいることです。

だからこそ、来年の保護者会長には自分の考えをしっかりと伝えて、
今後のやまが杯継続に向けて、立ち止まり考えるきっかけを置いて行こうと思います。

もちろん各スポーツ少年団の関係各位には話しを通さなければなりませんけど、
四中野球教室や小中合同練習会でも、十分意義のある交流になると思うんですけどね。

各スポ少で、普段からどういう指導をされているのかを知る、いいきっかけにもなりますし。
 
去年は、あるスポ少でピッチャーの牽制動作が甘い子がいて、そのチームの監督さんから
「この牽制だと、さすがに中学ではボークとられますよね。」だとか
「これからの冬季練習で中学に結びつけるための有効トレーニングはどんなのですか?」とか
指導者間でのディスカッションも盛んに行なわれていたのが印象的でした。

じっくりと小学生たちを観察できる練習会のほうが、これからはいいような気がします。
今年度の大会主催者の自分が言うのもおかしいかもしれませんけど。
 
自分は「カタチよりも中身」だと思うんですよね。
本当はその憎まれ役を今年、自分が引き受けるべきでした。

もっと早くに、自分の意見を提案できていたらなぁ…と
降り止まぬ雨を見上げながら、そんな想いがよぎった日曜日でした。

さて、今日も頑張っていきましょうか。

こんなオレの日常を、アイツは「お前は、相変わらず忙しく、いろいろ抱えこんでるよなー」と
冷やかしながらケラケラ笑う姿が目に浮かびます。

「うるせーよ!(笑」
 
毎度ありがとうございます!

50歳の朝を迎えました。
一向に痩せる気配はありませんが、とりあえず健康で無事に50歳を迎えられたことに感謝です。

昨日と今日と、何も変わらない日常です。
明後日に控えた「スポ少交流大会やまが杯」の大会会長として、今から週末の天気が気になって、
開会式での会長挨拶も全く頭に入ってません。

降水確率80%と予想されるなか、グラウンドコンディションの確認やら、お昼に注文している
豚汁のキャンセルのタイミングやら、細かいことが気になってしかたない毎日です。

節目の歳を迎えて老け込むつもりも無いですし、今以上に頑張るつもりもないんですけど、
毎日毎日を精一杯頑張るだけですかね。
そうやってこれまでも生きてきましたし、これからも変わらないでしょう。

借金せずに暮らせて、子供たちの成長を見守りながら、気の合う仲間たちと美味しいお酒が飲めて、
忙しくても穏やかな日々を暮らせる事に感謝感謝です。

この一年は、おそらくこれまでの自分の人生の中で、最も忙しくなるのが今から想像できます。
健康に注意して、来年の中総体までは保護者会長として全力で駆け抜けて、
その後は、数年ぶりにゴルフを再開したいと思っています。
やんちゃ

審判部も頑張りますけど、そればかりの週末は送れませんし、送るつもりもありません。
ゴルフでしか触れ合えない仲間もいますし、審判を熱く語る仲間もいますし、OB会のこと、
飲食店のこと、保護者会のみなさん、たくさんの仲間たちと楽しい時間を過ごすことこそが、
自分にとって何より大切なことなんですね。

そんな充実した一年を送りたいと思います。

いつものように煮込みもいい感じに出来上がってます。
今年もよろしくお願いいたします。










カウンター
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 11 12 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/18 店主]
[07/17 NONAME]
[07/13 店主]
[07/13 NONAME]
[07/09 店主]
[07/09 タムちゃん]
[07/03 店主]
[07/03 20番が涙腺スイッチ]
[06/26 店主]
[06/26 しんさん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /