やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/08 >>
SMTWTFS
12 345
679 101112
1415 171819
20212223 242526
27282930 31
Recent Entry
Recent Comment
Category
389   388   387   386   385   384   383   382   381   380   379  
毎度ありがとうございます!

少し長くなりますが、今日は函館時代に大変お世話になった【ニシムラさん】のことを書きます。

自分が大学2年生の春、1年間の下宿生活に別れを告げ、憧れのアパート暮らしを始めました。
ある日、そのアパートの大家さんが所属している草野球チームに助っ人で呼ばれたんですよね。

ニシムラさんは、そのチームの監督兼エースでした。

活きのいい学生が加わったこともあって、その年は結構良いところまで勝ち上がっていったんです。
最終戦が終わり、バット納めの飲み会にも呼ばれて、ニシムラさんに
「イシカワが大学にいる間は、助っ人よろしく頼むよ。」
なんて言われて、そのまま卒業までなんとなく遊びでやってたんです。

自分より14歳上でしたから、自分が19歳の時でニシムラさんが33歳。
一回り以上も年上の方でしたけど、一度も自分のことを「お前」とは呼びませんでした。

大学時代の貧困時代から、よくスナックや回らない寿司屋に連れてってもらったもんです。

大学を卒業して、しばらくしてから函館に戻ってきた自分を
「よく帰ってきたなぁ。これでまたイシカワと一緒に野球やれるなぁ。」
と、またまた飲み会をセッティングしてくれて大歓迎してくれたんですね。

d96a7b12.jpeg数年が経ち、体の動く若い奴らと本気の草野球がやりたくなって、
自分達でチームを作りたいって相談したときも、

「おれもそっちに入れてくれよ。イシカワ達と一緒にやりたいんだ。」

と、25~26歳のメンバーの中に混じって40歳で移籍してきたんです。

ニシムラさんは当時、函館では老舗の不動産会社に勤めておられて、
総務課の金庫番として個人の接待費枠も持つくらいの地位にいた方でした。

すでに、離婚されていたんですけど、当時中学生になる「コウスケくん」という息子さんも
一緒にグランドに連れてきて、自分達に交じって練習や試合に出てたんですよ。

あることがきっかけで、ニシムラさんが思い切って会社を辞めてしまった後も、
たくさん飲みに連れてってもらいましたし、自宅で手料理も振舞ってもらいました。
手先の器用なニシムラさんは、刺身も握りも鍋もから揚げもすべて自分ひとりで準備して、
当たり前のように「食べろ。食べろ。」とご馳走してくれました。
本当に、お世話になりましたし、そして他の誰よりも一番に可愛がってもらいました。

32歳で函館を離れるまで、ニシムラさんは一度も自分にお金を使わせてはくれませんでした。

鶴岡に戻ってきて2年ほど過ぎた頃、「函館の回転寿司屋で寿司を握っているよ。」と、
電話で話したのを最後に、携帯の番号が変わって繋がらなくなったんです。
それでも、かろうじて年賀状では繋がっていたんですけど、自分も鶴岡で3回も引越ししているうちに
いつの間にか連絡が途切れてしまってたんですね。
ここ10年くらいは、まったく連絡のつかない状態でした。

日曜日に、ふと突然にニシムラさんのことを思い出したらずっと頭から離れず、
何か大切な人との繋がりを失くしてしまったような、もの凄く不義理をしている感覚になったんです。
あれだけお世話になったのに・・・、連絡も取れずに今頃どうしているのかな、と。

その後、急激な腹痛に襲われて、翌朝から6時間も点滴を打ってお店を休んだのは承知の通りです。

そして今日の夕方、仕込みの最中に見覚えのない番号から携帯に電話がかかってきたんです。
「イシカワさん・・・ですか?」
「はい。どちらさまでしょうか?」
「あのー、函館のニシムラの息子のコウスケっていいます。」
「えっ、コウスケくん?ひっ久しぶりだね~どうした?ニシムラさん、元気かぁ?」
なんて話したものの、突然の電話の状況がまったく飲み込めず・・・。

「実は先日の4日に、父が突然倒れてそのまま亡くなりました。」
「えっ・・・うそでしょ?・・・なんで?」
「病気とかじゃなくて、血圧が高かったんで、トイレで倒れて、そのまま・・・」
「なんでよ・・・なんで・・・」
「父と酒飲むと、イシカワは山形で元気に頑張ってるかな~って口癖のように言ってたんですよ。
 友人の少なかった父でしたから、イシカワさんと会いたがっていました。」
「・・・そっかぁ。うん、うん、ごめんよ。しかし、コウスケくん、どうやってオレの連絡先分かったの?」
「父の携帯電話のメモリー見てたらイシカワってあったんで、多分、一緒に野球してもらった
 あのイシカワさんで間違いないだろうと思って、思い切って掛けてみました。」
「・・・そっかぁ。ありがとうな。ほんとに、連絡くれて、ありがとう。」
「こちらこそ、イシカワさんに連絡とれて良かったです。」

時間になってバイトのハタケが来ても、涙は止まりませんでした。

コウスケくんの話しによると、あれから勤めていた回転寿司屋が倒産したらしく、
そのことをきっかけに携帯の番号を変えて誰にも連絡を取ってなかったそうなんです。
「ああ見えて、結構プライドが高かったから、格好悪いトコ見せたくなかったのかもしれないですね。」
「手紙や年賀状も出してませんでしたから。」なんてコウスケくんは言うけれど・・・、

ニシムラさん・・・水臭いっスよ。
函館を離れるときに「イシカワ、元気でな。なにやってもいいから、たくましく生きろよ。」って
言ってくれたの、ニシムラさんじゃないですか。
やっと連絡がついたと思ったら、亡くなりました、ってことはないでしょうよ。
何ひとつ、恩返しもしていないのに・・・。

すでに、近親者で密葬も終わり、コウスケくんも日曜日には茨城に戻り、
函館のご自宅には誰もいなくなるそうです。
来年、改めて自分の家族を連れて函館にお墓参りに行きます。
必ず、行きますから、ニシムラさん、待ってて下さい。

ニシムラさんに初めて呑ませてもらった青森県「田酒」(西田酒造)の旨さは忘れません。
先日、偶然にも後輩に「田酒」を貰ったときも、ニシムラさんのこと思い出してました。
結構、入手するのが難しい酒だったのに気を使わせないように、
「こんな酒、その辺にいくらでもあるから、遠慮しないでジャンジャン飲め!」
なんて言ってくれましたよね。
また、一緒に飲みたかったです。。。

26歳になっていたコウスケくんとも、今度は連絡が途切れないようにしっかりと番号交換しました。
コウスケくんが携帯を見て連絡くれなかったら、このままずっと知らずに過ごしていたでしょう。

それにしても改めて考えると、みなさんは自分が中学生だったときの父親の友人に、
本人が亡くなったあとに自分の意思で10年ぶりに突然、電話をかけれますか?

ニシムラさん。
コウスケくん、立派に育てましたね。
はっきりと、澄んだ声で、ちゃんと話してくれましたよ。

ニシムラさん。
函館時代には、本当にお世話になりました。
酒を飲むのが好きだったニシムラさんに「今、飲食店をやってます。」なんて話したら、
どれだけ喜んでくれたか、すぐに想像できます。

ニシムラさん。
こんな自分にも守るべき家族ができて、人並みですけどたくましく生きています。
亡くなられた4日の夜から、自分も腹痛で苦しんだのはニシムラさんが警告してくれたんですね。
「イシカワ、身体を大切にしろよ。ちゃんと検査しろよ。」と。

ニシムラさん。
そっちにユニホーム着たショウゴがいるハズですから、なんか旨いもん食わせてあげてくださいね。

ニシムラさん、享年58歳。
謹んで、心からご冥福をお祈りいたします。

大切な人が、また一人旅立ってしまいました。
今夜は眠れそうにありません。合掌。
 

コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
いわゆる・・・
ムシの知らせ・・・ってヤツなんですかね。
私も、たまにあるのです。

気になっていながらも行動に移せないまま・・・後悔をしたことも沢山あります。
今でも自分に腹が立つことも山程あります。

でもそんな時は、勝手だけど思うんです。

きっと、思いが通じてたからこそ気になったんだ、って。
そして、これからは、いつでもついててくれるんだ、って。
だからこそ・・・申し訳なく、ありがたいのですが。。。

58歳・・・なんともったいない。。。
でも、ご自分が一番悔しいですよね。。。

でもきっと今頃・・・
やんちゃさんとこのカウンターに、時々遊びに来てくれてると思いますよ^^
だって今度は・・・“自由の身”だもの。
そうです。“魂は永遠”です☆

やんちゃさん。
大事な役目が出来ましたね!!
コウスケくんに、お父さんの昔を教えてあげなければ♪^^

ニシムラさんのご冥福と、
コウスケくんのご幸福を、
心よりお祈り申し上げます。

合掌。。。
2011-12-10 Sat 02:29
サクラ嬢
>サクラ嬢さん
そうですね、“魂は永遠”ですよね。

これからは、いつでも遊びに来てくれると思えば、逆に心強い。

それにしても、何回考えても、
コウスケくんの電話には、本当に驚きました。
普通は携帯見ても、電話かけてくれませんよ。

ひょっとしたら、ニシムラさんがコウスケくんの体を借りてかけてきたのかな。。。

一刻も早く函館に飛んで行きたいんですけど、仕事柄そういうわけにもいかない…。
改めて、家族みんなでお墓参りしようと計画してます。

コウスケくんも、さぞや立派になられたでしょう。
そのときに、ニシムラさんとの出会いから話してあげたいと思います。

そう!大切な役目ができましたね!
2011-12-10 Sat 08:15
店主
トラックバック
この記事にトラックバックする →
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
14 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[08/16 店主]
[08/16 仙台屋の自販機]
[08/11 店主]
[08/11 横浜ベイスターマン]
[08/11 店主]
[08/10 横浜ベイスターマン]
[08/08 店主]
[08/08 仙台屋の自販機]
[07/25 店主]
[07/25 店主]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /