やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/07 >>
SMTWTFS
1
234 678
91112 1315
16171819 202122
242526 272829
3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4  
毎度ありがとうございます!

今日は野球のルールのひとつ「インフィールドフライ」について書いてみたいと思います。
野球に興味のない方、野球経験者でない方はスルーしていただいて結構です。

素朴な疑問ですから、文句やクレームではありません。
ただ、先日の東北大会でもそうですし、昨年まで在籍していたスポ少でも実際に起きたプレーを
ルールブックに沿って再検証、いや再勉強してみたいと思うのです。

まずは先日の東北大会でのワンシーン。
一死満塁の場面、内野前進守備のなか、打った打球は通常ならばショート定位置より
やや後方(芝生があれば切れ目くらい)かというフライ。
でも、内野前進守備シフトのため、ショートは危なっかしく背走しながらバックし、
レフトもダッシュで前進してきます。
フラフラと上がったフライは、見ている観客も「落ちるぞ、落ちるぞ!」と声が出るほど
微妙なところに飛んでいて、案の定ショートとレフトの間に落ちるポテンヒット!
と思いきや、「インフィールドフライ」が宣言されており、打者アウトの判定。
ショートもレフトも捕球体勢には入っておらず、グラブにかすってもいない。

そして昨年の学童大会でのワンシーン。
一死一・二塁の場面、打者が打った打球はセカンドフライ。
が、河川敷特有の強風が舞う中、セカンドもスポ少レベルでヨタヨタと危なっかしく
後ずさりして、結局グラブにかすることもなくポテンヒット!
かと思いきや、またもや「インフィールドフライ」の適用で打者はアウト。

ここで「インフィールドフライ」の定義のおさらいを。

「無死または一死」で「走者一・二塁または満塁」のときに打者が打ち上げたフェアの飛球で
あって、審判員が「内野手(内野に位置する野手)が普通の守備行為を行えば捕球できる」と
判断したものを、インフィールドフライという。
インフィールドフライは内野と名称されてはいるが、宣告の基準となるのはあくまで
内野手が普通の守備行為をすれば捕球できるかどうか」である。
つまり守備側のシフトやその動きによって適用される地域の判断は違ってくる
打球がインフィールドフライかどうかはあくまでも審判員の判断による。
審判員がインフィールドフライだと判断しなかったフライが攻撃側や守備側のアピールで
インフィールドフライになることはない。宣告の権限は全ての審判員に同等に与えられており、
1人でもインフィールドフライを宣告すればこのルールが適用される。

ここで問題なのは「普通の守備行為を行えば捕球できるかどうか。」の普通の判断基準なわけです。

自分は野手が捕球体勢に入っているか否か、で判断するべきだと思っていましたんで、
明らかに捕れそうもないし、捕れてもいない前例2ケースの場合はインフィールドフライを
宣言するべきではないと思うんですけど、どうでしょうか。

そもそも「インフィールドフライ」とは守備側のダブルプレーを狙った【故意落球】を
禁ずるために出来たルールであるということを忘れてはなりません。

つまり捕れる体勢からわざと落としてダブルプレーが狙えるのか、ということです。
プレーヤーの守備レベル(スポ少~社会人)や、球場の状態(風・逆光・照明)などを
当然考慮しなくてはならないのではないかと思うんですけどね。

「無死または一死」で「走者一・二塁または満塁」のときに内野にフライが上がった時点で、
自動的にインフィールドフライが適応になるわけではないんですよ。

審判団は「無死または一死」で「走者一・二塁または満塁」の場面では、
右手を胸にあてて、インフィールドフライがある場面ですよということをジェスチャーサインで確認します。
これが、「この場面で内野フライが上がったらインフィールドを宣言する。」と意識的に準備することから、
「普通の守備行為を行えば捕球できるかどうか。」の部分が抜けてオートマチックに
インフィールドフライを宣言してしまうのではないのかな、と思うんです。

それでも審判のジャッジは絶対です。
だからこそ審判員もしっかりと勉強して、ジャッジには自信と威厳が必要だと思うんです。

冒頭にも書きましたが、これは文句やクレームではなく勉強です。
自分も審判が好きですし、実際に審判をやる機会も多いので、自分の目の前でも
十分起こりえるプレーなわけです。

野球のルールは複雑で難しい。
だからこそ一生懸命な選手たちのプレーには、毅然とした態度と
的確なジャッジで応えてあげる責任があると思うんですよね。
自分も、もっともっとスガイ先生のもとで勉強したいと思います。

長文、お付き合いありがとうございました。
 


毎度ありがとうございます!

昨日はお休みをいただいて、福島県会津若松市に行ってきました。
息子の所属する中学野球部が東北大会に出場したので、その応援部隊です。

おかげさまで、金曜日の営業も目が回るほど忙しく帰宅したのが深夜0時過ぎ。
学校集合は3時50分だけど、風呂入って荷物の準備をしていたら、寝る時間がほとんどないんです。

しかも、息子とカミさんは選手団として前泊ですでに行ってましたし、
愛犬カールはペットホテルへ預けてましたんで、深夜にポツンと一人ぼっち。。。
いくら朝に強いとはいえ、これは一旦寝たら起きれる自信がありません。

というわけで、ゆっくりと風呂に浸かってクーラーボックスやら着替えやらタオルやらを準備して、
録り溜めたHDDを観ながら一睡もせず、久しぶりの完徹で集合時間を迎えました。

ただね、ナメてましたよ、マイクロバスを。
何年振りかで乗るマイクロバスがあまりにも狭すぎて、バスで寝るつもりが全く寝れない!
そのうち腰が痛くなってきて、もう寝るどころじゃないんですよ。
会津若松まではたっぷり4時間。
もうね、地獄です。ただただ耐えるだけの4時間。

そんな苦労の甲斐があって、無事に球場に到着しました。

あいにくの雨模様でしたけど、試合は大丈夫そうです。
開会式が終わり、試合開始は10時30分、相手は福島県代表「オールふくしま県北クラブ」さん。
中学校の野球部が母体ではなく、一市二町の中学野球部に所属する子達によって編成された、
いわゆる選抜オールスターチームみたいなカタチでしょうか。

試合は初回に1点を先制されるものの、その後はぴしゃりと相手打線を抑え4回に同点に追いつき、
一気に流れを呼び込めるかと思いきや、疑惑のインフィールドフライで逆転できずに、
終盤の6回に相手打線に捕まり一挙6点を献上してしまい、万事休す。
でも、最終回にみんなが逆転を信じて打線をつなぎ、意地の1点をもぎ取るあたりは、
山形県チャンピオンとしてのプライドと、このままでは絶対に終わらない!という彼らの意地を
最後まで見せてくれましたし、しっかりと我々保護者にも伝わっていました。
が残念ながら、結果は2-7でゲームセット。

ナイスゲームでした。
本当に、いい経験をさせてもらいました。

ここまで勝ち上がってくる道のり・・・
次々と強くなっていく対戦相手・・・
支えていただき、注目してくれる地域の方々の声・・・
ラストゲームとなる保護者の一体感・・・

その全てが選手達にとっても、携わった保護者にとっても財産になります。
決して忘れることのない、清々しくて熱い熱い時間でした。
ありがとうございました!!

3年生の引退に伴い、代が変わって部員数もぐっと減っての12人でのスタートです。
今の3年生と違い、スター選手は一人もいないレッドビッキーズみたいなチームです。

偉大なる先輩たちの経歴に臆することなく、自分たちの野球、自分たちのスタイルを模索しながら
泥だらけになっていって欲しいと思っています。

横浜スタジアム、行きたかったです。
でもまだまだチャンスはあります。

そんな想いを巡らせながら、帰りの4時間をまた耐え忍んでマイクロで帰ってきました。
つうか、寝れるわけがないでしょ!!(笑

月曜日の営業に支障が出ないように、今日はしっかりと休養します。
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

そして来週からは、いよいよ高校野球、鶴岡東の夏です!!(笑



毎度ありがとうございます!

生すだちサワーファンの皆さま、大変お待たせいたしました。
しばらく休売してた「生すだちサワー」ですが、ようやく徳島産のすだちが入荷しましたので、
先日より販売を再開しております。
夏にピッタリの柑橘サワーを是非、ご堪能くださいませ。

そして、先日も告知いたしましたが、あさって9日は臨時休業とさせていただきます。
ご予約のお問い合わせもいただきましたが、大変申し訳ありません。
何卒、宜しくお願いいたします。

実に、17年ぶりだという中学野球東北大会の応援に、会津若松に行ってきます。
息子は1年坊主ですので試合には出ませんが、部員18人全員がベンチ入りして、
まさに全員野球で挑む東北大会です。

4チームでのトーナメントですので、2勝すれば横浜スタジアムでの全国大会出場となります。
他県のチャンピオンチームですので、そう簡単にはいかないでしょうけど、
今のチーム状態や戦力を冷静に見ても、勝機は十二分にあると思っています。

135kmのストレートに緩い縦のカーブは、そう簡単には打てないですよ。
しかも軟式ですから、ボールが潰れて硬式ほどは飛びませんし。
あとは、四球やエラーなどのミスを重ねないことでしょうか。

軟式は7イニング制ですから、あっという間にゲームが終わります。
9イニング制だと、選手がさまざまなことに対応できるようになったり、
ゲームの流れや勝敗を左右するプレーが出るのも、終盤の8回9回だったりしますけどね。
いかに先制点が重要か、そしてミスが致命的かがわかるでしょう。

軟式には軟式の戦い方があります。
同じ野球でも、硬式と同じではないんです。

高いレベルになればなるほど極端な前進守備や飛ばないボールで、ワンヒットではなかなか
点が入りにくいですし、弾むボールの特性で内野安打が多くなり、打球を殺すバントが難しい。
つまり全く違う球技だという認識が必要なんですね。

とにかく、チーム一丸となって頑張ってきてもらいたいものです。
そして、その姿をしっかりと応援してきます。

野球ネタばかりでスイマセン。
そんな日常です。

 

毎度ありがとうございます!

昨日はほとんど寝ないまま、3時に起きて中学野球部の応援のため米沢に行って来ました。
中総体には負けましたが、優勝チームが重複したため準優勝した我がチームに出場権が回ってきた、
「全国少年軟式野球大会山形県予選会」に出場したためです。

土曜日に神町中から勝利したため、日曜日に準決勝・決勝が行われました。
いずれも負ければ、その時点で3年生は引退となります。

が、中総体で負けたことで気持ちを一旦リセットして、もう少しこのメンバーで野球ができる
喜びというか、いい意味で勝たなくてはならないというプレッシャーがないメンタルのおかげか、
三試合すべてで完封勝ちを収め見事優勝することができました。

のびのびと楽しそうにプレーする彼らの姿を見ていると、これが本来の力なんだよなぁと
改めて彼らのポテンシャルの高さを実感します。

7月9日に会津若松で行われる南東北大会に出場し、優勝すれば横浜スタジアムで開催される
少年軟式野球全国大会へ出場することができます。

ここまできたら当然狙ってもらいたいし、彼らにはその力が十分にあります。
9日(土)はお店を臨時休業して福島まで応援に行こうと思っています。
宮城1、山形1、福島1、開催地1の出場4チームで行う一日開催のため、
選手と一緒に前泊できないのが残念ですが、野球応援が優先ですから仕方ありません。
金曜日の営業後、そのまま寝ずに会津若松に行こうと思っています。

馬刺しで一杯やりたかったなぁ。。。
行ってみたい焼鳥屋もあったんだけどなぁ。。。

都市対抗野球は連休明けの19日のカードだったため、東京ドーム行きは断念しましたけど、
高校野球に中学野球の応援と、またまた忙しい夏になりそうです。

そういえば、米沢からの帰りの高速でトンビだか鷹だかなんだか分からんデカイ鳥が
正面から激突してきて、バンパーの塗装が割れてしまったんですよ(泣
まさに今の四中野球部そのままに、「飛ぶ鳥を落とす勢い」とはこのことでしょうか(笑

って、笑ってられませんよ。
痛い修理費がかさみます。
また佐藤タイヤ板金部にお世話になることでしょう。

ものすごく疲れてますし、身体が重いです。
それでも今週も始まります。

仕事も同様に気合い十分で頑張ります!
よかったらお立ち寄りくださいませ。



毎度ありがとうございます!

たくさんの方々からご心配して頂いていたアルバイト募集の件ですが、
ようやく今日から新人アルバイト君が研修に入ります。
今回の求人募集では予定していた人員は確保できませんでしたが、
とりあえず一歩前進できそうです。

過去には一週間どころか二日で辞めた子もいますから、楽観はできませんけど
いつものように自分の判断を信じて誠心誠意付き合っていこうと思っています。

不慣れな学生ですけど、まずは仕事を覚えてもらって、皆様から可愛がっていただけるように
自分も一緒に頑張っていくだけです。
どうぞ温かい目で宜しくお願いいたします。

ギリギリシフトに面接と忙しくしている間に、中総体が終わってしまいました。
二連覇中の優勝候補でしたけど、残念ながらシード初戦で余目中にサヨナラ負けを喫して、
残念ながら3年生はこれで引退することになります。

中学野球部に入部して約2ヶ月間、右も左も分からない1年生を面倒見てもらいました。
入部当初は、スポ少時代の2コ上という感覚で自分も接していましたけど、
みんなしっかりと大人になり、1年生にとって憧れの大先輩たちになっていて
自分も随分と大人になった彼らの成長には、いろんな場面で驚かされてきました。

高校でもみんなに野球を続けて欲しいと思っています。

二連覇を成し遂げた過去の先輩たちのことは知らないわけですから、たとえどこで負けようとも
現3年生の彼らの戦い方や立ち振る舞いが1年生にとっての道しるべになるはずです。

3年生たちの無念を晴らすのか、あのレベル以上まで自分自身を追い込むのか、
1年生たちの感じ方はそれぞれかもしれません。

それでも、引退する先輩たちの言葉を聞いて、みんなが大号泣したといいます。
エースの子に指名されてブルペンキャッチャーをやっていた息子にまで
「お前がいたからいい準備ができたし、リラックスして投げることができた。ありがとう。」
と感謝の言葉をかけてもらったそうで、その話しを聞いた涙もろい自分も
胸にぐっと込み上げるものがありました。

息子にとってはしっかりと心に刻まれる熱い言葉と熱い涙だったと思います。

自分たちの頃は、剃り込み入れたりリーゼントにメッシュ入れたりして野球してた時代でしたから、
中学野球で負けて泣くなんてなかった光景ですし、そんなことに思いやったり
感謝したりすることにすら、正直気づいていなかったですもんね。

がしかし!負けた翌日…そんな無力感の中、嬉しいニュースが入ってきたんです。
優勝した鶴岡一中が春季大会も優勝していたため、準優勝だった鶴岡四中に
春季県大会の出場権が回ってきました。

棚ボタとはいえ、嬉しい県大会出場です。
もう少し彼らの野球が見れます。

週末は米沢での県大会になります。
土曜日は行けませんが、何とか一つ勝って日曜日に応援に行きたいですね。
もともと優勝候補だったほどの力はあるわけですから、もう一回気を引き締めて、
優勝して東北大会、いや横浜スタジアムでの全国大会目指して頑張ってもらいたいです。

息子にとってはスポ少時代も通じて、初めての県大会出場です。
その雰囲気や緊張感を楽しむ余裕は無いだろうけど、いい経験をして何かを感じてきて
欲しいと思っています。

相変わらず、忙しい毎日になりそうです。
清々しく、今日も一日頑張ります!!


 
毎度ありがとうございます!

昨日は閉店後に、久しぶりに先輩のマナブさんと飲みに行ってきました。

マナブさんのことは何度も書いてますけど、こと野球の指導についてはこの人の右に出る人は
いないんじゃないかと思うくらいに、自分は尊敬し崇拝しています。

野球の技術的な指導もさておきながら、小学生・中学生が野球を通じて人間形成を成す
その過程を非常に重要視している指導者だと思います。

昨日の目からウロコ話は「学生野球における目標と目的」について。

この大会を優勝しよう!県大会に行こう!全国大会に行こう!はみな目標であり、
直接的な言葉やスローガンで鼓舞することは、もちろんチームの士気を高めたり、
辛い練習を乗り越える最大の「目標」になるものだと。

その一方で、学生野球の目的とは、挨拶・礼儀・感謝・思いやりの心や素直な心の形成など、
野球を通じての人間力を高めていくことが「目的」なんだろうというわけです。

どんなに野球が上手くても、どんな中心選手でも「お願いします!」「ありがとうございました!」
が言えず「チース!」「シャース!」なんていう挨拶は絶対に認めないし
そういうことは厳しく指導してきたと言います。
だから、結果的に大会で負けても、そういうことがきちんとできるようになって
次のステージ(高校野球)に送り出してやることこそが使命なんだとも言うんですよね。

残念ながら、この「目的」と「目標」がかみ合っていない指導者も多い気もします。
もちろん我がチームのことではありませんよ。

勝つ事が最大目標になっていて、挨拶や礼儀は二の次、試合に勝つためにやっているんだ!
という指導者の方もいます。
指導者の中には、挨拶・礼儀は親のしつけ・教育の範疇であり、我々指導者は技術向上と
大会優勝を目標としているんだ、と明言する方もいました。

指導者資格を持たない自分が、お忙しい中、熱心に指導している方々の考え方や
指導方法に口出しできるものではないと思いますし、言うべきでもないでしょう。

ただ、自分も大して上手くないプレーヤーでしたから、技術向上も当然ですけど、
辞めずに頑張った、最後までやり続けたからこそ見える景色を知っているわけです。
そういうことに気づき見てくれている指導者であって欲しいと思うのは自分だけでしょうかね。

強くてもだらしないチームや弱くてもしっかりしたチームが存在します。
強くてしっかりしたチームつくりが理想でしょうけど、やるのは子どもたちですから
技術力や戦力にも限りがあります。

その先にある「目的」を見失わずに、野球が好きでたまらない「野球小僧」たちが、
もっともっとグランドを駆け回る姿を見たいものです。

いい話を聞けた夜でした。
あまり褒めたくないけど、マナブさん、やっぱすげーな。
思わず、割り勘よりも多く払っちゃった、オレ後輩なのに(笑

さーて、今日も一日頑張ります!

バイト、未だ決まらず(泣

 
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/25 店主]
[07/25 店主]
[07/25 NONAME]
[07/24 仙台屋の自販機]
[07/15 店主]
[07/14 コーチャー]
[07/08 店主]
[07/07 タムちゃん]
[06/15 店主]
[06/15 仙台屋の自販機]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /