やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 34
578 91011
1314
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7  
毎度ありがとうございます!

今日は、高校2年生になった娘の誕生日です。

17歳。
青春真っ盛りですよね。

自分の17歳、高校2年の5月といえば、野球部寮で地獄の日々を過ごしてました。
2年生にはなったものの、4月から1年生が入部してきて、そのしつけや態度が悪いと、
「おい、2年。お前ら、なんとかしろや。」
なんて、余計なことでやられるわけです。

野球部員は全寮制だった時代です。
自分達は、現役を最後まで野球部寮で過ごした、最後の登高寮世代なんですよ。
1コ下の地元の生徒は、自宅からの通いになってますからね。

振り返れば、“高校時代”なんてぼんやりした時代なんかじゃなく、
16~18歳までは“鶴商野球部時代”でしかありません。

高校生活なんて甘ったるい記憶は、まったくないですもんね。
あるのは、厳しかった練習と、辛かった寮生活しかない。キッパリ。
大袈裟ではなく、「野球部にあらずは、鶴商にあらず。」というイメージがあったくらい、
野球部への力の入れようはハンパない時代でした。

それゆえに、学園生活や高校生生活などという楽しそうな世間とは完全に隔離された、
ある種独特の治外法権ばりの空間の中で過ごした青春時代でしたね。

183dd0d8.jpeg今になれば、その時間や経験が自分にとって大きな財産になってる、
なんて美談で語れますけど、当時は奴隷みたいなもんですから
毎日生きていくのに必死でしたもんね。

あれって、娯楽や息抜きなどとは無縁の閉ざされた空間だからこそ、
後輩をいびるんですよ。
他に楽しみがないからなんですよね。

もう少し、野球に打ち込める環境だったらなぁ、なんて今さらながら思う事もあります。

先輩たちも下級生時代にやられてきた経験があるもんだから、
上級生になったら、同じように嫌な先輩になっていくんですね。
代々、先輩の悪いとこだけ似るもんなんです(笑
かく言う自分も含めて・・・。

まぁ、今はそんな事はないでしょうけど、当時は監督自らが鉄拳制裁してた時代でしたからね(笑

でも、そんな高校時代でしたけど、これっぽっちも後悔はしてません。

良くも悪くも大きなものを学び、手に入れたと思ってますから。
下手くそだった自分みたいなヤツが、辞めずに最後まで続けた事が、なによりの「誇り」です。

そして、鶴商学園から鶴岡東という野球部の歴史の中に自分もいて、
大人になってからでも先輩後輩とのつながりの大切さを感じているわけです。
普通の学生時代を過ごされた方々には、理解しにくい価値観かもしれませんけど。
今度生まれ変わっても、もう一回、あの頃の鶴商学園に行きたいと思います。
ただ、今度は是非、「特待」で(爆

娘もいま、自分の目標に向って頑張っています。
勉強と野球、カタチは違えど辛く挫折したくなるときもあるでしょう。
でも、その先にあるものは、今の苦労なくしては手に入れることが出来ないんだよと。

これからも娘の成長を楽しみに、見守って行こうと思っています。

 
毎度ありがとうございます!

昨日、昨年亡くなった同級生の1周忌も過ぎたということもあって、
高校時代のクラスメート7名でご来店いただきました。

あれから、もう1年が経つんですね。
ビールの入ったグラスを真ん中に置いて、各自到着するたびにアイツと献杯しながら
それぞれの近況などの報告もしつつ、楽しい時間を過ごしました。

「みんな元気にしてるからな。」

飲み会の好きなヤツでしたから、きっと昨日も一緒に飲んでいたように思います。
しかし、全員が鶴岡にいても久しぶりに会うやつらばっかりでしたけど、
ちょっと見ない間に新潟に転勤になってたり、家買ったやつもいれば、
仕事が忙しくてぶっ倒れそうなやつもいるんですよ。

みな、必死に生きてるんですよね。

オッサン、オバサンになった同級生のそんな近況に刺激もされて、
今日もまた頑張る力をもらった気がします。

なかでも、一番盛り上がった話題が、「高校卒業時の進路について。」
「なんで、急に大学に行く気になった?」だの
「なんで東京でウェイトレスなんよ?」だの
「ああいう業種に行くつもりだったのか?」
だのだの、当時は気にも留めていなかった同級生の進路の真相が明かされたときでした。

「こんなこと、同級生にしか言えないもんな~。」
みな、見た目や想像よりもはるかに悩んでいたこと、紆余曲折しながらの人生だったことに、
驚きと共感が入り混じり、さらにそこに興味本位というスパイスが入ることで、
ますます「なんで?なんで?」のオンパレードで夜は更けていくわけです(笑

自分はクラスでたった一人だけの野球部員でしたから、クラスに対する愛着が薄いというか
共有の思い出もものすごく少なかったせいか、勝手に距離を置いていたんですね。

やっぱり自分にとっての高校時代といえば、100%野球しかなかったもんですから。

そんな状況もクラスメート達は気付いてくれていて、全校応援の時なんかは
みんなで自分のことを応援してくれていたそうです。

なんか、嬉しかったですね~。
嬉しかったけど、実はあんまり試合には出ないという・・・(悲

あいつもそんなうにスタンドから応援してくれていたのかな、と思うと
もっとくだらない話しでもしとけばよかったなと、湿っぽくなります。
あいつの吸っていた葉巻の一本でも貰っておけば良かったかな。

eyes0012.jpgさて、昨日の寒さとはうって変わって、ポカポカ陽気の土曜日です。

楽しいばっかりの毎日ではないですけど、楽しもうという気持ちだけは
いつも持ち続けていきたいものです。
仕事も、人生も、遊び心が肝心なのかもしれません。

今日も、気合いを入れて楽しんでいきましょう。
 
毎度ありがとうございます!

昨日は、今日の田中先生の告別式に参列するために来鶴した、
同期のクリハラとカッチがお店に顔を出してくれました。

横浜からのクリハラは、息子と男二人旅。
小学4年生になったコタロウ君とは甲子園のアルプスでも会いましたけど、
挨拶もしっかりできてたいしたもんです。

でも、知らないオヤジ連中に囲まれて、少し可哀想だったかなとも思ったんですけど、
ママがいない長距離旅でも、最後までオヤジ達の相手を務めてくれてました。

さすがに後半は少しホームシックになったのか、ちょっぴり寂しそうでしたけど、
「普段、ママママ甘えてばっかりだからさ、こういう事も覚えていかないとな。」
というクリハラの言葉に、いろんな意味のある男二人旅なんだな~と、
微笑ましくて羨ましくもありましたよね。
そういえば、キャプテンだったワタルも甲子園に息子と男二人旅で参加してたっけ。

自分もそのうち、息子と二人で男二人旅に出かけてみたいと思います。

もう一人、新潟から来たカッチとは15年ぶりの再会でした。
今でも社会人クラブチームの監督をやっているそうで、
昨年、新潟アルビに入団した渡辺投手のことも注目して見てくれているようです。

現役時代は4番を打ち、公式戦18打席連続ヒットという恐ろしい記録を持った選手です。
その飄々とした性格からか、「現役時代に寮生活でなんか苦労したか?」って聞いても
「ない。」と即答で答えるアッケラカランとした性格です。

途中、名取にいるイケダ(過去記事:「7番センターイケダ」参照)と電話がつながって、
「その後、元気か?変わりはないか?」
「うん。元気にやってるよ。というより前を向いて行くしかないしね。」
「そうだよな。頑張れってしか言えないけど、頑張れよ。」
「うん。ありがとう。」
元気な声を聞けて少しだけ安心しました。

さらに、夏の大会前に「夏をあきらめて」をネットリと歌い上げたタケウチ
(過去記事:「夏をあきらめて」参照)とも電話がつながって・・・。
「お前、明日の告別式来るんだよな?」
「行けるわけねーじゃん。いま愛知だしよ。」
「はぁ?なんでよ。お前、小国じゃん。」
「出張だって。それよりなんで明日なんよ?誰が決めた?1日って。」
「誰って、おまえ・・・それは」
「とにかく、もっと早く教えろ!じゃあな。」
相変わらず、マイペースな男です。

しかし、こうして見るとまともなヤツ誰もいないな、なんて思うわけです。
自分も正直、チームメイトみんなと上手くやっていたわけでもないですし。

2fc2cad1.jpegでも、こうして今、みんながそれぞれの場所でそれぞれの人生を
歩いてるんだな~、なんて思うと自分も頑張らなくちゃと思うし、
まさにこういうことを田中先生に教えてもらったんだと、
改めて実感させられるわけです。

いくつになっても、どこにいても、みな仲間なんですよね。

それぞれに、それぞれの役割があったように、そのうちの誰かが欠けていてもチームとして
成立しなかったと思うし、ベスト4まですらいけなかったと思うんです。
あの戦力で勝ち上がっていけたのは、実力よりチームワークだったのかもしれません。

さて、これから告別式に向います。
たくさんの教え子達がそれぞれの思い出を胸に、最後のお別れに集まります。

たくさんの思い出話は、また次の機会にでも。
 
毎度ありがとうございます!

恩師、田中先生の告別式が10月1日に執り行われることになりました。
喪主は、ご子息の賢君が務めますので、我々地元OBはお手伝いに徹して
全面協力できる体制は出来ております。

今日は、田中先生の思い出話でもひとつ。

今から10年前、住み慣れた函館を離れ「やんちゃ」を開業するために鶴岡に帰ってきました。

それまで、春・夏・秋の各大会の結果を、スポーツ新聞でしか知ることができなかったもんで、
地元に帰ってきて、気軽に母校のグランドで練習を見たりできるようになったことが、
ものすごく楽しく地元に帰ってきたことを実感した日々だったんですね。

ある日、同期の連中4人でグランドに顔を出した際に、15年ぶりに田中先生とお会いしたんです。
ご病気で倒れられ、すでに学校も退職されていたのはお聞きしてたんですけど、
自分はOB会にも出席してませんでしたし、その後のご様子はまったく知らずにいたんです。

久しぶりにお会いする先生はとても小さく、現役時代の迫力はもうどこにもありませんでした。
不自由の残る体で歩くのもとても大変そうで、話す言葉も上手く聞き取れませんでした。

それでも、ひとりひとりに声をかけていただいて、何百人もいる教え子の中で
自分みたいな下手くそのこともしっかりと覚えていてくれていた事に、
驚きと嬉しさとが入り混じって、涙が出そうなくらい、ものすごく感激したものです。

その後、自分もゴルフをやるという話から会話が盛り上がって2人でゴルフ行ったり、
時にはカミさんと3人で打ちっぱなしに行ったあと食事をしたこともありました。
鶴商OGのカミさんが、「ワタシも田中先生にはビンタされましたよ~。」なんて調子乗って言うと
「してない。してない。女子にはやさしかった。」とニコニコ笑っていたのを思い出します。

34e1ce18.jpg自分が仕事柄、日中はワリと時間がとれると分かると、
「酒田にゴルフバックを買いに行くから乗せていってくれ。」と
突然電話がかかってきて一緒に買い物に行ったこともありましたね。

青と緑のバックを並べて見て、
「どっちがいいと思う?」
「先生は、やっぱり緑(鶴商カラー)でしょう。」
うん、うんと頷いてそのバックを購入されてました。

先日、やんちゃにご来店してくれた息子の賢君にその時の話しをしたら、
「その緑色のバック、父さんの形見で自分が今使ってますよ。」
「先生は、賢君と一緒にゴルフしたいって、ずっと言ってたもんだよ。」
「つい最近になって、父さんにゴルフやるから教えてよ、って言ったらすごい喜んでくれて。」
「そうだろうなぁ。。。」
「そしたら、何個かあるセットの中から、これ使えってくれたんです。」
「そっかぁ。。。大切に使ってあげてな。」
「はい。もっと早くゴルフやればよかったです。」

自分もゴルフが上手くなりたくて、先生行きつけの練習場に押しかけて手取り足取り教えて頂きました。
正直、野球はそんなに教えてもらった記憶がないんですけど、
ゴルフは本当に熱心に一週間マンツーマンで教えて頂きました。

「お前は、野球よりゴルフのほうがセンスがあるな。」
「マジっすか。やっぱり野球はダメでしたか(笑」
「うん、うん。ゴルフ部だったらレギュラーだったかもな。」
「・・・それって喜んでいいんですかね?」
「わからん。けど、お前は野球では気持ちが優しすぎた。」
「そうですかね。」
「お前は仲間を大事にする気持ちが人一倍強かったから、
 チームメイトを押しのけてまでレギュラーを獲るという気持ちが弱かった。」
「ええ。」
「でも、チームとしては、お前みたいなヤツがいると心強いもんだ。」
「ありがとうございます。」
「野球も、ゴルフくらい一生懸命やれば上手くなったかもな(笑」
「それを言わないでくださいよ。」

特待生でもない自分が、憧れのタテジマのユニホームを着てベンチに入っただけで、
気持ちが満足していたのは事実かもしれません。
先生はすべてお見通しだったんですね。

現役時代よりも、ここ10年を大変可愛がって頂いたと思っていました。
でも、先生は現役時代からずっと教え子達を厳しい眼差しで見守って頂いていた事に、
随分と歳をとるまで気付かずにおりました。

たくさんのことを教えて頂きましたし、もっといろんなことを教えて頂きたかったです。
思い出は尽きません。
その思い出と共に、これからの人生を自分のペースで歩いていきます。

「イシカワ、急がば回れだ。人生もゴルフも焦らず、広いところからゆったりと行きなさい。」
ゴルフのラウンド中にもたくさんのアドバイスを頂いていました。
今頃になって、心に響く言葉がたくさんあります。

先生がいつも楽しみにしてくれていたOB会ゴルフコンペの際は、
先生とお揃いのアレを持って行きますので、天国で見ていてください。

先生、本当にありがとうございました。
また、思い出話しを書かせていただきます。


毎度ありがとうございます!

母校の甲子園出場をきっかけに、自分が1年の時の1コ上2コ上の先輩方と
連絡を取らせて頂く機会が増えてきました。
そんな中、2コ上のハヤシさんから28年前の準々決勝「鶴商VS寒河江」のDVDを
わがままを言って送ってもらいました。

自分は高校1年生。
入部・入寮してから2ヶ月ちょっとしか経っていない頃でしたけど、あの日の事を鮮明に思い出しました。

30年前の甲子園出場の翌年の夏(自分は中3)、鶴商学園は同じく準々決勝で「寒河江」と対戦し
延長13回の末、辛くも3-2で逃げ切り準決勝に駒を進めていたんです。
あの頃の「寒河江」は、夏に大物食いをすると言われていて不気味な存在だったんですよね。
ずば抜けた選手がいるわけでもないのに、私立相手に俄然闘志むき出しで向ってくる。

そして奇しくも、その翌年も準々決勝は「寒河江」と対戦することになったんです。
この年の優勝候補でもあったシード校「米沢中央」を2回戦で撃破し、
好投手高山を擁する酒田南を接戦で制して勢いあるまま勝ち上がってきていたんですね。

一方、鶴商学園は同級生だったアイタが1年生からベンチ入りしシード初戦の置賜農戦に先発。
なんと先制の2ランを浴びるなどして大波乱の幕開けだったんです。
当時のエースは2年生シラサキさんでしたけど、そうそうたる3年生の中でのピッチングは
口には出せませんでしたけど、精神的に萎縮しているように自分には映っていました。

そして大会は、雨が続くんです。
三日ほど雨で順延し、常宿「仙台屋」で待機のレギュラー組は、テンションだだ下がりだったそうです。
その当時は、部員全員が帯同ではありませんでしたので、毎朝マイクロバスで白虎隊も出発し、
中止の決定を聞いては鶴岡にトンボ帰りするという、苦痛の時間を過ごしていたわけです。

3回から始まるこのDVDは3-0で鶴商がリードしている場面からでした。
そう、この試合、負けるなんてこれっぽちも思わなかったし、負けた瞬間も頭が整理できなかった。

今でこそ、高校野球独特の選手の心理状態や、一球の怖さ、試合の流れ、勝負どころなんかも
少しは分かるようになったと思ってるんですけど、あの時は初めて高校野球部員として
甲子園に行ってもらうためだけに、がむしゃらに応援していただけでしたからね。
逆転されるなんて、これっぽっちも頭に中になかった。

1点リードで迎えた9回表に、連続四球で満塁、パスボールで同点、スクイズで逆転。。。
今、目の前で何が起きているのか、理解できてなかったですから。
「えっ、・・・ えっ、・・・ えっ、・・・」の繰り返し。
そんな、スタンドからただ呆然と試合を見つめている28年前の自分もチラッと映ってました。

試合後、スタンドから選手控え室に降りて荷物を積み込むんですけど、
負けた選手のコメントを取る記者達との、「もういいでしょう!負けたんだから!!」みたいな、
その殺伐とした空気まで思い出しましたからね。

そして、そんな先輩達の目にも涙があった。
あんな鬼みたいに怖い先輩達が泣き崩れる姿をはじめて見て、
これが高校野球なのかと思ったものです。

その時に、絶対に甲子園に行きたいと、初めて思ったんですよね。
この人たちの分も、甲子園に行きたい!そう思った瞬間だったんです。

b5129e5e.jpgでも、自分達も行けなかった。
同じように泣き崩れる自分達の姿を同じように後輩達が見て、
きっと同じように心に誓ったと思うんです。

そんな時間の繰り返しが30年という時の重さでもあったわけです。

いろんなことを思い出したDVDでした。
自分達が日大に負けた時のDVDよりリアルに悔しさがこみ上げてきたし、
なんか懐かしくも忘れていた感情です。

「悔しさが人を強くする。」

今までの自分の人生を振り返った時に、心の奥底にあった強い感情なのかもしれません。

少しセンチメンタルな気分になった夜でした。

 
毎度ありがとうございます!

04d90e1d.jpeg自分達の高校時代には、応援団(通称:団部)というものがありました。
今はもうとっくにありません。
自分が鶴岡に戻ってきた10年前にはすでにありませんでしたから、
すでに15~6年は無いんだと思われます。

真夏の炎天下の中、我々野球部員と一緒になって声を絞り上げ
一生懸命に応援してくれる姿に、どれだけ勇気づけられたことか。
当然、県内のどの高校よりも鶴商学園の団部が一番かっこいいと思ってました。

今回の甲子園出場でも、残念ながら団部は結成されませんでした。
甲子園出発前のある日、当時の応援団顧問のシブヤ先生に

「相手はアルプスにCの人文字で有名な智弁ですよ。エール交換も出来ないじゃないっスか。」
「そうなんだよな。でも今からじゃ時間がないのよなぁ。。。」
「なんか、今回の甲子園じゃなくても、団部を復活したらどうですか?」
「それがよ、今は生徒が恥ずかしがって誰もやらないんだな、これが。」
「へぇ~、そんなもんですかね・・・。」

当時はまだ寮生がたくさんいましたし、そのほとんどが、言わばろくでもない不良が多かったんです。
パーマかけたりリーゼントにしたりボンタン穿いたりして、自己主張したい盛りのエネルギーを、
「堂々と長ラン着れるし、リーゼントもOK!」とシブヤ先生が上手くまとめ上げ、
気合いの入った応援団が結成されていたわけです。

野球部同様、気合いの入った部は気合の入った後輩達に受け継がれ、
いつの時代にも空高くなびく団旗と太鼓の音とが、スタンドの風物詩だったものです。

あの頃、団部と一緒に歌った応援歌やマーチは、今でも覚えている思い出のひとつです。
その中でも試合に勝ったときだけスタンドで歌う、「勝利の歌」なんてカッコよかった・・・。

「勝利の歌」
いざ歌え われらが友よ
勝利の歌 意気高らかに
燃ゆるあこがれ
斗志のいさを
見よ 精鋭の集うところ
おお わが母校 鶴商学園

「鶴商マーチ」
守るも攻めるも 鶴商の
団結かたく 手をにぎり
今日の勝利は 我のもの
互いに手を取り 励み合い
一球入魂 優勝めざして
共に励むは 鶴商健児

今でも完璧に歌えます(笑
って言うか、むしろ今だからこそ男気溢れるこの詩を、スタンドで歌いたい。
鶴商を鶴東に替えても、全然ハマリます。
昨今の「くちラッパ」で、メガホン片手に「パパ~パパパ、パ~パ~パ~♪」よりも
シブくてカッコいいと思うのは自分だけですかね。

ちなみに、この応援歌はスタンドで歌いますんで、1年生からベンチに入ってるような
出来るサラブレッドは、よく覚えてないハズなんですよ。
だから、最初の一小節を口づさんで食いついてくるヤツは、自分も含め「補欠」が多い(笑

酒飲んでるときに歌うと盛り上がります。
そう言われると、甲子園に向うバスの中で缶ビール片手に、8コ下のナガオカと大合唱した記憶が・・・。
あいつ、キャプテンだったのに、なんであんなに歌えるんだろ?

まぁ、リクエストがあれば今度は「俵の舞」の歌詞も三番まで完璧にアップしたいと思います(笑

OBだけか。こんなんで盛り上がるのは・・・ε- (´ー`*) フッ

よーし、今日はここまで!押忍!オッス!
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 7 8 9 10 11
13 14
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 店主]
[11/21 とおりすがり]
[11/18 店主]
[11/17 しんさん]
[11/16 店主]
[11/16 店主]
[11/16 しんさん]
[11/16 仙台屋の自販機]
[11/15 店主]
[11/15 店主]
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /