やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
2345 678
91012 131415
161819 2122
23 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9  
毎度ありがとうございます!

国分町が目と鼻の先の定禅寺通りのホテルにチェックインして、すぐに文化横丁に向いました。

道幅も狭く、狭い間口のお店が軒を連ねて、通りに突き出ている行燈と
風に揺れる提灯の雰囲気は、中野にも似た街の雰囲気が漂っています。

事前にチェックしていた吉田類も訪れたという名店「源氏」に直行したものの、
5時半時点でまさかの満席状態なんですよ(驚
スイマセン、平日ということもあり「源氏」を甘く見ておりました。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

ここのお店は、お酒はお一人様四杯までと決まっていて、
お酒一杯につき一品づつお通しが出てくるスタイルなんですよ。
お酒とつまみが込みで一杯1000円くらいからの価格設定のようでした。

趣のあるコの字カウンターに着物姿の女将さんが切り盛りしていて、
ちょっと覗いただけでもその雰囲気のよさはビシビシと伝わってきます。
ガチャガチャした若い飲み方じゃなく、じっくりとお酒と肴とそして雰囲気までも楽しめる方々・・・
云わば落ち着いた大人たちの酒場という雰囲気を是非味わってみたかったんですけどね。

そのまま外で待つ気にもなれず、ならばと一軒目は「八仙」へと予定変更。

看板には「餃子元祖」と謳っておりますが、餃子以外のメニューもあります。
が、自分自身が過去に餃子以外に食べたことがないし、他のお客さんが
餃子以外のものを食べてるのを見たこともないんですよね(笑

もちろんサッポロの瓶ビールと、餃子は【焼き】と【蒸し】を二人前注文。
小振りの餃子は、瓶ビールのピッチを上げるのには最高のつまみで、
腹も減っていたのもあって、あっという間にペロリと二皿を完食です。

自分は、皮がパリパリよりも柔らかい方が好きなんで、むしろ蒸し餃子の方が好みなんですよね。

まだまだこのあとのお店もありますんで、追加注文はせず餃子と瓶ビールでお会計です。

そのお店の看板メニューを、サッと食べてサッと飲んで次の店へ・・・
そんな楽しみ方が出来るのも横丁ならではの楽しみ方のひとつですし、
お店側もそんなお客のテンポを十分に理解してるんですよね。

八仙を30分くらいで後にし、今度は焼き鳥が食いたくて、某地鶏をあつかう焼鳥屋さんへ。
 
普段からビールをあまり飲まない自分は、恥ずかしながらエビスの生ビールを
飲んだことがなかったんで、エビスの生を飲めるお店ということで、
ここのお店をチョイスしたんですけどね。

エビス生のグラスビールが600円、店長お勧め地鶏の串盛り合わせが4本で、なんと1500円!
「大根サラダも付くのでお得ですよ。」なんてセールストークにほだされて、何の気なしに
「じゃ、それ2つ。」なんて頼んだけれど、よく考えたらこの一皿で3000円!
改めてちゃんとメニューを見たら、やっぱり串はすべて350円以上という高額設定・・・。

いくら地鶏とはいえ、人生でこんなに高価な焼き鳥を食ったのは初めてでした( T_T)

お一人様一本限りと限定販売の地鶏のレバーも、普段から安い焼き鳥に
慣れてしまってるせいか、正直、自分の口には合いませんでしたしね。
 
昭和の雰囲気の残る横丁の空気に流されて、気持ちが緩んでいたわけじゃ
ないけれど、こういう場所でこういう商売の仕方もあるんだなぁなんて、
急にビジネスモードが呼び起こされた瞬間でもあったんですよね。

「安さは旨さにも値する。」が横丁酒場の特権だと思ってたんですけど、
興ざめというか、ややテンションが下がってしまったところで長居は無用です。

なんだか急に日本酒が飲みたくなって、素朴な山形が恋しくなったのか今度は
仙台にまで来て「山形料理」と書いてあった某居酒屋に入ったんですけど・・・

同年代のママさんが切り盛りしてるそのお店は、山形料理じゃなく「山形の地酒」のお店だそうで、
外の看板は以前このお店をやっていた山形出身のママが出していた当時のままらしく・・・

「外の看板直さなきゃね。私は山形出身じゃないから山形料理は作れないの。ごめんね。」
「・・・。」
「・・・。」
そうきましたか・・・。

ならば「山形のお酒下さい。」ってことで、出てきたのが長井の後藤酒造【辯天(べんてん)】。
二合徳利4本をやっつけて、もっと他の銘柄を聞くと「あとは楯野川かな~。」なんて言うんで、
ショーケースを覗いてみたら【日高見(ひたかみ)】があるのを発見!

みんなして「旨い!旨い!」と飲んでる【日高見】も、実は石巻の平高酒造のお酒ですから、
もうここがナニ屋なのかさえ理解できなくなってきてるんですけどね(笑

「簡単なものしかなくてゴメンね。」と頼んでもないのに各自に出てきた「茹でタコのぶつ切り」には
箸もつけずに、どんどんテンションが下がっていってるのが自分でも分かるんですよ。

でも、少し壊れてきたまま向った次のお店で、あんなにも衝撃を受けることになるなんて、
この時はまだ誰も気付いてなかったんです。

・・・つづく。



毎度ありがとうございます!

先週の木曜日は、お休みをいただいて仙台に行ってきました。
目的はふたつあって、ひとつは名取市にある「サッポロビール仙台工場」を見学すること。
もうひとつは、文化横丁を満喫することだったんですよね。

一番の目的だったサッポロビール仙台工場の見学なんですけど、以前は専門のガイドさんが
工場内を案内してくれて、最後に隣接している「サッポロビール園」で飲んで食って・・・
みたいなのがお決まりの「工場見学コース」だったらしいんですよ。

それが、震災の影響がかなり大きかったことが原因で、現在は見学を中止しており、
通常の見学申し込みでも一般の方も業者関係でも、現在はお断りしているそうなんです。

担当営業マンには無理を言いましたけど、工場見学ができなかったら仙台には行ってなかったですね。
日本酒を造る酒蔵見学には何度かお邪魔したことがありますけど、ビールの製造工程というのは
全くの未知の世界でもあったわけで、その分、是非とも工場見学をさせてもらいたかったわけです。

昼過ぎに工場に着いて、まずはその大きさに驚きました。
鶴岡の駅裏にある製造工場の比ではありません。
そこはビール工場というよりも、巨大なコンビナートという表現の方が
そのあまりの大きさには合っているかもしれません。

中に入ると、作業服を着た男性社員お二人に、お出迎えしていただきました。
通された研修室らしき部屋の正面に映るプロジェクターの映像には、
たった3人しかいないのにもかかわらず、大きく
「ようこそ。やき処やんちゃの皆様。」と映し出されていたのには恐縮しましたね。

「普段は他の工員と同じく製造ラインの作業をしているんで、こういった説明は不慣れで。」と話す
ハセガワさんも、聞けば同じ42年生まれの46歳だそうで、一気に親近感が沸いてきました(笑

ハセガワさんの説明によると、この仙台工場で造られるビールは東北六県と新潟県に出荷され、
そのなかでも生ビール全量の製造を担っているということだったんですね。
つまり、やんちゃでお出ししている生ビールも、すべてここで造られているということなんです。

通常の見学コースでは見れない部分まで見せていただいたり、我々のためだけに前日に
ハンディカメラで録っておいた画像を準備してくださったり、研修室ではわざわざ水と大麦から
麦汁を抽出する行程を鍋とお湯を使って実演していただいたりと、たった3人にもかかわらず、
サッポロビールの事前準備と販売店に対する熱意、製造における情熱がひしひしと伝わってきた、
とても勉強になった工場見学でした。

普段の見学者は、サーっと流してとっととビール園へ行きましょう!みたいな方も結構多いらしく、
見学予定時間を度外視して、次から次と質問してくる自分たちに少し驚かれた様子で、
ハセガワさんも「大丈夫ですか?このあとの予定に響きませんか?」なんて心配してました。
予定時間よりも大幅に過ぎてしまってましたけど、そのくらい興味も沸いて面白かったんですよ。

とてもとても参考になりましたし、今は工場見学を実施していないにもかかわらず、
無理を言ってこういった機会を設けてくださったサッポロビールさんには心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

と、いうわけで、すっかり日が暮れた名取の街並みをすり抜け、
一行は一路「文化横丁」に向って車を走らせました。

工場では一滴もビールを飲みませんでしたし、大きな目的が達成した安堵感からか
腹も減ってきて、いよいよビールで一杯やりたくなってきてたんですよね(笑

・・・つづく。
毎度ありがとうございます!

ミネラルウォーターでさえもリバースしそうな勢いのなか、ユウスケの運転する車は一路、天童へ。

20130321yushoken1100.jpg開店と同時にのれんをくぐったのは「優勝軒 天童店」。
つけ麺と極太麺もやしてんこ盛りの二郎系ラーメンが有名なお店だそうで。

二郎でも三郎でもなんでもいいけど、二日酔いでこれは反則でしょ。
鶴岡には、まったくないガッツリ・ハードパンチ系です。
が案の定、一口スープをすすったところで、ギブアップ!

強烈なにんにくの匂いと、うどん並みに太い極太麺に完全にKOされました。
マジで一口も食えません。

というより、ギトギトドロドロのスープは「割りスープ」で好みの薄さまでのばしてようやく飲めるレベル
ですんで、鶴岡のケン〇ゃんラーメンなんて比じゃないくらいにコッテリデンジャラスな一品です(笑

おそらく、体調が万全でもハードすぎて食えなかったと思いますね。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
出されたものは残さないのが信条の自分でも、さすがにこの日は無理でした。スイマセン。

そのあと、雪の降る月山道を爆睡したままでまったく気が付かず、
昼過ぎに鶴岡に着いて、そのまま仕込みに入りました。

過去、最高レベルで疲れた旅でしたけど、新しい発見や刺激もたくさん受けてきました。
「小柳」「ふくろ」は、次があれば是非またお邪魔したい名店でした。

いや、次は今回とっておいた「花小路ツアー」にしよう。
美しい山形弁を肴に、一献・・・なーんて、そんな余裕はないかも・・・(笑


そして、ここで告知を。
先週までの「サッポロ生ビール半額キャンペーン!」は、おかげさまで大好評のなか終了いたしました。
タイミングが合わず入店できなかった方々もたくさんいらっしゃって、大変ご迷惑もお掛けしましたが、
これまでになかった大々的なキャンペーンに、ご来店頂いた方々には大変喜んで頂きました。

お会計の際に、みなさん口々に「安っ!」って驚かれてましたから、
キャンペーンは大成功だったと自負しております。

明日からは、生ビールが通常料金での営業に戻りますので、先週からの反動が怖いですけど、
たっぷり休息もとりましたんで、また一週間気合いを入れて頑張ります!

よろしかったら、お立ち寄り下さいませ。

 
毎度ありがとうございます!

ようやく山形弁のコツをつかみ始めたところで、「山形ほっとなる横丁」に移動しました。
ここは、いわゆる屋台村といわれる小さなお店の集合体エリアです。

鶴岡には、まだこういった青空屋台スタイルがまだ確立してませんので、
今後の参考になればと、是非立ち寄ってみたいところではあったんですね。

DSC_0129.jpgどの店舗も5~8席くらいのカウンターしかなく、店構え・造作すべてが
昭和を意識した古めかしいレトロな雰囲気で統一されています。

まぁ、見せ方ひとつってやつなんですけど、統一コンセプトを基に
作りこまれた一つのアミューズメントパークなんですよね。
これはこれで、雰囲気があって楽しいのかもしれませんね。

ただ、店主側にチャレンジショップ的な意味合いもあるのか、ここで手ごたえを感じてから
単独店舗で独立するオーナーもいるそうで、空き店舗も結構あったのが残念でした。

DSC_0132.jpgで、ここまで来て入ったお店が「海鮮 庄内さかい藩」。
地元鶴岡の浜料理を中心に頑張ってるお店だそうですけど、
俗に言う炉端焼きスタイルのお店のようでしたね。

炭火を囲むコの字カウンターで、マグロのカブト焼きを注文しました。
が、一口も食べてないので残念ながらコメントできず。。。

偶然にも鶴岡からのカップルと隣り合わせになって、親父トークで盛り上がってしまいました。

そして、ここから2軒ほどフカフカのソファーのお店に、行きたくないのに連れて行かれて、
トッちゃんと合流した2軒目のフカフカの店でシャンパン飲んだ記憶があるものの・・・

結局、何時にホテルに戻ってきたのかすら記憶にありません。
シャワーを浴びようとしたのか、素っ裸で寝ていたのには自分でも驚きましたけどね。

途中、リバースしたのは覚えてますけど、9時45分のチェックアウト寸前に
ユウスケからの電話が鳴るまで、死んでましたもんね。

「45歳のオッサンの飲み方じゃねーな、こりゃ。」なんて反省しつつ、ユウスケに聞いたら
「自分たち、あの後、寿司屋とラーメン屋に行きましたよ。」なんてバカもここにいるし(笑

二日酔い全開でミネラルウォーターを3本も買って、シートを倒して寝る態勢になったところで
「腹減りましたね。旨いラーメンでも食って帰りますか。」
「お前ら、バカじゃねーの!」と声なき声で反論したのも虚しく、
あの二郎系のデカ盛ラーメン屋に連れて行かれるハメになりました。

・・・つづく。
毎度ありがとうございます!

おでんふくろの女将さんの暖かさと、おでんの出汁の余韻に浸りながら、次なるお店へと向いました。
行く先はユウスケの希望で、明るいうちにに目星をつけておいた、まるで映画にでも出てきそうな
雰囲気満点の店構えの「馬刺しとどて煮 こまや」です。

DSC_0096.jpg入口の1mちょっとしかないくぐり戸を入ると、
そこはまるで古民家にでも遊びに来たかのような趣き。

カウンターで新聞を読んでた親父さんが、
「はいはい。よぐ来でくっだね~。」と笑顔で迎えてくれました。

松の一枚板で造ったという分厚いカウンターを絶賛したのが利いたのか、
親父さんも高速山形弁でしゃべる、しゃべる!(笑

カウンターの上に並べられた「どて煮」の鍋を眺めつつ、「とりあえず馬刺しを。」と注文して数分・・・。

DSC_0125.jpg「はい、これウチの馬刺しね。これは、うんまいよぉ~。」と
満面の笑顔で一人に一皿づつ出すんですよ。

「えっ、ちょっと、ひとり一皿って・・・。」と狼狽するユウスケを
「まぁ、いいじゃねーかよ。」と制して、ご自慢の馬刺しをいただきました。

ここの馬刺しは部位のせいなのか色は赤くはなく、むしろピンクに近い色でしたね。
そして、にんにく醤油じゃなく辛味噌をといて食べるのがポイントなんだそうです。

「この辛味噌が効いてますよね。」
「なぁ、うまいべぇ~。いろいろとやってみたんだけっどもよ、この辛味噌が、うまいんだず。」

このあたりから「にわか山形弁マニア」と化した自分は、「うんまいねぇ~。」と「どだなだず。」が
完全にツボに入ってしまって、意味もなく連呼してましたもんね(笑
ユウスケにも「マスター、ただ単にそれ言いたいだけですよね。」なんて突っ込まれましたけど、
「いやー、おもしゃいねぇ。まんず、おもしゃい。」で押し切りました(笑

一軒1時間って決めていたわけではなかったんですけど、全員そんなテンポに慣れてきたのか
「そろそろ、次に行きますか。」ということで、ここでお会計をすることにしたんです。
結局、馬刺ししか食ってませんでしたから、人数分を出した親父さんの勝ちだったですね。

まだまだ続く山形の夜・・・。
さて、このあと一体、何軒行ったでしょう(笑

つづく。
毎度ありがとうございます!

「焼鳥小柳」を出ても、まだ外は明るい午後6時過ぎの山形市。
事前調査では祝日休みという「おでん ふくろ」にダメ元で電話してみると、
なんと「今日は特別に営業しております。」ということで、すぐに直行することにしたんです。

DSC_0116.jpg三代にわたって80年以上続いているという老舗の、
鍋前のカウンター特等席に座らせてもらいました。

入り口に大きな「ふくろう(不苦労)」の木彫りがあったんで、
店名の「ふくろ」はそこからなのかなと思って女将さんに尋ねたところ、
「まったぐ関係ないんだけっどもよ・・・」となんとも暖かい山形弁で
教えてくれたんです。

ふくろうじゃなかったら、おでんダネのふくろ(巾着)かと思いきや、「堪忍袋」からきてるんだそうです。

初代が、「飲食店にはいろんなお客様が来るから、嫌なお客様にも我慢して愛想よくしろ。」という
戒めも込めて、そこから店名が「ふくろ」になったんだと教えていただきました。

DSC_0117.jpg失礼を承知でお歳を聞くと「83になります。ホホホ~」と優しく笑うその姿に、
思わず自分のおふくろの姿とダブって見えてしまって、
今ではもう食べることが出来ないおふくろの味を思い出して
ひとりカウンターで哀愁に浸ってしまってました。

きっと、熱燗のせいかなぁ・・・。

このままおでんをつまんで、ここで終わってもいいかなぁなんて一瞬アタマをよぎりましたけど、
お隣に座っていたご常連の「かけめし、たまごで。」の注文に、一発で目が覚めました(笑

この「かけめし」、ご飯におでんのだし汁とお好きなネタ一品入れて食べるんだそうで、
常連のみなさんは〆の一杯に必ず食べていくという逸品なんだそうです。

さすがに〆には早すぎる時間でしたんで、お隣の「かけめし、たまご」をしっかりと目に焼きつけ、
ここでお会計することにしました。

なんとも暖かく、のんびりと落ち着くお店でしたね~。
いつの日か、また女将さんに会いに行きたいと思います。
それまで、お元気でいてくださいね、女将さん。

フーッと大きく息を吐き出しながらコートの襟を立て、また夜の七日町に吸い込まれていきました。

まだまだ、気力と記憶が残っていれば・・・つづく。

 
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 18 19 21 22
23 27 28 29
30
最新コメント
[04/27 店主]
[04/27 店主]
[04/26 タイヤ屋]
[04/26 仙台屋の自販機]
[04/18 店主]
[04/17 まさる]
[04/01 店主]
[03/31 仙台屋の自販機]
[03/29 店主]
[03/28 しんさん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /