やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/06 >>
SMTWTFS
23
467 89
111213 151617
182021 2223
25262728 2930
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8  
毎度ありがとうございます!

爽やかな空気を切り裂くようなサイレンの音で、待ちに待った試合が始まりました。
二回にソロホームランが飛び出して幸先よく先制したものの、甲子園には魔物がいますから、
イニングスコア以上にスタンドではハラハラしながら応援してたんです。
 
甲子園のアルプススタンドは計算された傾斜が美しくて、
どの席、どの位置で観戦しても、ストレスを感じることがありません。
テレビで見る以上にスコアボードの大きさと迫力に目がいきますので、
フィールド自体はさほど大きくは感じないんですよね。

甲子園球場に入ってから、息子が何かを想うように
ジーッとフィールドを眺めてたんですよ。
「どうした?眠いのか?」
「すげーなぁ。オレも、ここで野球やってみたいな。」
「そっか。じゃあ今度は、お前がお父さんをここに連れてきてくれよ。」
「うん。」

「あー、甲子園に連れてきてよかったなー。」そう思えた瞬間でした。

9回最後のバッターをサードゴロに打ち取って勝利が確定すると、スタンドはその瞬間、
「ウォー!!」という大歓声が沸き起こり、みんな「やった!やった!」と抱き合いながら、
それぞれ目には涙を浮かべているわけです。

離れて座っていたOB達も、自分のところにわざわざ来てくれて「イシカワさん、やりましたね!」
なんて声をかけてくれるもんだから、もう、大号泣しないはずがありません。

熊みたいな大男達が、汗びっしょりの体で抱き合いながら大号泣してる姿は、
娘や息子にはどう映っていたのかは、怖くてまだ聞いておりません(笑

甲子園で歌う校歌は、最高に気持ちいいです。
ここにくるまでの、いろんな苦労やムカつくことが、一瞬で報われた気がします。

勝利の瞬間から、携帯のメール・LINE・facebook・留守番電話が鳴り止まず、
みな「おめでとう!」の内容に、またまた感動してしまって、サングラスを外せなかったです。

たくさんのみなさんに、祝福の連絡を頂きました。
そのすべてに返信することはできませんでしたが、改めて応援ありがとうございました!

鶴岡東の卒業生でもない方々からの、お祝いメールが一番心に響きましたし、
「よかったね!テレビの前で一緒になって応援してたよ!」とか
「OBじゃないけど、凄く嬉しいです!鶴岡の誇りに思います!」なんて内容に、
たくさんのご縁で親しくさせて頂きながら、一緒になって我が母校を応援してくださった
みなさまの温かいお気持ちが、本当に嬉しく心に染みました。

本当に、本当に応援ありがとうございました!

そんな興奮も覚めやらぬまま、電車で心斎橋に戻って、いよいよまた鶴岡へ向けての
長い長い車の旅がまた始まるわけです。

翌日は通常通りに営業する予定でしたし、何よりご予約が3件入っていたので、
夜中だろうがなんだろうが今日中に鶴岡に帰ればいいスケジュールだったんですけどね。

大阪を出発して3時間くらい走った頃でしょうか。
運転していたユウキが「イシカワさん、車ヤバイっす。変な音がします!」なんて言うんですよ。

「ん?どした?」と慌てて飛び起きて、耳を澄ませてみると、
シャンシャンシャンとエンジンルームから、あきらかに異音がするんですよ。
これは、ヤバイな・・・


つづく。



毎度ありがとうございます!

とりあえず、大阪心斎橋に着いて立体駐車場に車も入れて、一息つく間もなく道頓堀を散策します。
道頓堀といえば、やっぱり【グリコ】の看板ですよね。

新卒時代に、京都の八幡から大阪の北浜まで通勤してましたし、10年前にもマスターズ甲子園で
前泊して、この辺りを散策済みでしたんで、さほど迷うことなくグリコ看板に辿り着きました。

テレビでよく見る大きな看板に、娘も息子も大興奮!
みんなで記念撮影してから、お昼を食べに行くことにしました。

みんなの希望は「串カツ!」。
お店は詳しくないんで、適当に歩いていて見つけた【串カツ横綱】に入ったんです。
なんと、このお店、24時間営業という驚きの居酒屋だったんですね。

ジョッキにキンキンに冷えたビールを片手に、串カツとどて焼きという
大阪のソウルフードを心ゆくまで堪能しました。

地元で食べる串カツとは違って、油が軽くて食べ飽きず大阪で食ったモノの中では
個人的には一番の旨さだった気がします。
というより、舌が安いのか、高級なものよりジャンキーな食べ物の方が好きなんですよね。

そのまま、翌日のお土産も前倒しして買ってしまいながら、ようやくチェックイン。

すぐに寝ようかと思ったんですけど、街のあちこちに見えるマッサージ60分2800円という文字が
自分を呼んでいるように思えて、すかさず道頓堀に引き返して、グリグリのゴリゴリにバキバキ。

車での長旅の疲れを吹き飛ばす力感とハードパンチに、すっかり腑抜け状態でホテルに戻って
僅かな時間でしたけど、死んだように眠ってましたもんね。

夕方、横浜に住む同期クリハラ一家とも合流し、ホルモン屋で総勢13名での「かんぱーい!!」
みんな、明日の甲子園へのワクワク感と、勝利への期待感とで、ピッチが早い早い!

ここが大阪だと忘れる勢いで、盛り上がりました。

とはいえ、翌日は第一試合にあわせて4時半起きのスケジュールですから、
もう一軒二次会に流れたものの早めに解散して各自体調を整えることにしたんです。
まだ小学生もいましたんでね。あくまでもサクッとで。

しかし、道頓堀に限ったことじゃないんでしょうけど、あまりの中国人の多さには驚きました。
おそらく、道を歩く人混みを確認したら半分以上は中国人だと思いますよ。
しかも、彼らは道のど真ん中でスイカを切って食ってたり、人混みの中キャリーバックを引いてたり
我々とは明らかにモラルや躾が違っています。

帰り道、ドンキホーテやマツモトキヨシにも寄ったんですけど、買い方がハンパじゃないんですよ。
「中国人の爆買い」とは聞いてましたけど、ここまで凄いとは思ってもいませんでしたね。
日本の経済は、中国マネーが支えているんだと言われる所以も垣間見えた気がします。

そして、翌日・・・
まだ夜も明けきらないうちに目覚ましをセットして、いよいよ甲子園に向かいます。
甲子園の周りには駐車場がないんで、ホテルからは電車で移動です。

集合時間の6時半、三塁側アルプス前の13号門前には、懐かしい先輩の顔や
久しぶりに見る後輩の顔もあって、みんなここで集合するのを楽しみにしていたのが
手に取るように伝わってきます。

正直、30年ぶりの出場だった4年前よりも、今回のほうがストレスを感じることが多くて、
絶対に事務局を辞めてやろうと、心に決めて向かった甲子園だったんです。

みんな好き勝手なことを言ってきます。
だったらお前がやってみろ、と。
いつでも代わってやるよ、と。

でもね、あの甲子園で見るOBの笑顔を見ていたら、そんな苦労も忘れて
一気に吹っ飛んでしまうんですから、自分の性格も困ったもんです(笑

前回は第二試合だったんで、すでにスタンドは満員で完全に雰囲気に
飲まれてましたけど、今回は第一試合だったせいか、席も自由にゆっくりと
キープすることができましたし、朝一番の清々しい空気と、これから試合が始まる
緊張感とが最高に心地良かったですねー。

アルプスから見える球場全体のあの雰囲気は、
甲子園独自の何ともいえないものがあります。

程よくエコーがかかった関西訛りのお馴染みの場内アナウンスでスタメンが発表され、
さぁ、いよいよ試合開始です!


つづく。
毎度ありがとうございます!

更新がなかなか出来ず申し訳ありません。
したくても出来ない、時間が全くない、そんな状況が続いています。

そんな中、母校応援のために甲子園まで車で行ってきました。
自分と娘と息子の我が家と、ブログでお馴染みの後輩ホンジョウ・ユウキ・クロサカの同期トリオに
スポ少で同じチームのクロサカんちの息子ルキとの、7人での大阪珍道中のはじまりです。

甲子園の試合が11日(火)の8時プレーボールですから、弾丸ツアーの感覚で出発するならば、
12時間とみて前日月曜の夕方4時ころの出発なんでしょうけど、どっちみち月曜日の営業は
無理なんですから、慣れない長距離運転と第一試合に余裕をもって入りたいという理由から
日曜日の夜9時に出発することにしたんですよ。

後輩たちも、なるべく安く行きたいというんで、当初はサウナにでも泊まる気でいたんですけど、
二十歳になったばかりの娘もいますし、まだカンタローとルキは小学6年と5年生。

とれるものなら安いホテルでいいんで、宿が欲しいところだったんですね。

それが、出発の前日の計画なんですから、ど素人がネットでじゃらったくらいじゃ、
そう簡単に条件に合うホテルが見つかるはずもありません。
そうなると、頼りになるのはOBネットワーク(笑

旅行会社に勤務する後輩に、「安くて繁華街に近くて甲子園までのアクセスがいいところ。」
なんてダメ元で注文したら「ありますよ。」なんて言うんですよ。
場所は大阪道頓堀近くにある【ドーミーイン心斎橋】。

部屋のユニットの他に大浴場もあり、夜鳴きそば(ラーメン)が無料で食べられるという、
全国展開で聞き覚えのある、お馴染みのビジネスホテルだったんですね。

しかも、ベットかと思いきや、和洋室タイプで2人が余裕で寝れるキングサイズのベットが一つに
隣りに畳スペースがあって、そこに布団を敷けば最大4人までが自由に使える画期的なお部屋。

それが2部屋でちょうど5万円!
一人7000円ちょっとの計算になりますけど、元高校球児はそういう細かい計算はできませんので、
「小学生を除いた大人5人で1万円づつでいいな!」と少し大きな声で言えば、「ハイ!」で決まり。

我が家が2万円で3人一部屋、後輩たちが3万円で4人一部屋で決定しました(笑

出発した日曜日は朝6時に起きて、スポ少の新人戦の審判を一試合こなしてから、
10時半からの新人戦の様子を写真に納め、帰宅してすぐの午後3時からはスポ少イベントで
田川でBBQを満喫して、帰宅後シャワーを浴びてからの9時出発ですから、過密スケジュール
どころか殺人的スケジュールなわけですよ。

ほとんど子ども達も同じ行程でしたから、車に乗った途端に小学生二人は秒殺(笑
ハンドルを持つ自分は行けるところまで引っ張って、3時間の運転でナイスラン!
で、自分も速攻で爆睡!

途中、ナビが古くてジャンクション情報が混乱したり、ホンジョウの迷ガイドぶりで、
なんと高速を降りてワケのわからん街の一般道を真夜中に1時間も走らせるという
大失策もあり、なんだかんだで所要時間は13時間という長旅で、ようやく大阪に
着いたのでした。

でもね、チェックインは午後3時、まだ4時間もあるじゃあーりませんか。
しかも、降り立った大阪は暑い、暑い、暑い!!

こ、これは、あかーん!

・・・つづく。
毎度ありがとうございます!

本日、二本目です(笑
ということで、昨日は準々決勝~弘前学院聖愛戦を応援しに石巻市民球場まで
家族を引き連れて高速3時間をぶっ飛ばして行ってきました。

起床6時、出発6時半という気合いのスタート(笑
道中、まるでホワイトアウトのような朝霧の中、9時半には石巻に到着してました。

今回、家族を連れて行ったというのには、野球の応援のほかにも理由があって
震災後の復興の様子を息子に見せたいということだったんですね。

数日前に、仙台市民球場で再会した同期イケダに頂いたドリップコーヒーがあまりに美味かったもんで、
そのコーヒー購入を理由に、北上川傍にある「石巻復興マルシェ」に行ってきました。
プレハブの連なるちょっとしたショップでしたけど、入り口には津波到達地点を示す4.5mの
スケールがあって、その高さに否が応でも怖さが込み上げてきます。

「すべてが濁流に飲み込まれ6m近くの津波が押し寄せ、この辺でも多数の犠牲者が出たんだよ。」と
ショップのおばちゃんが説明してくれた言葉に、ただただ頷くことしか出来ませんでした。

息子も、テレビで報道される津波しか知りません。
実際に、津波の高さや、この場所でもたくさんの人たちが亡くなった事実に、
何を感じ、どう思ったのかは、もう少し後になってから聞いてみようと思ってます。

命の尊さ、運命の儚さ、日々を精一杯生きること、そして家族への想い・・・

野球応援の前に立ち寄って、自分自身も想うところがありました。
改めて、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

といわけで、石巻市民球場へ。
やっと着いたローカル球場と思いきや、全面人工芝!
球場隣りには、いまなお仮設住宅が立ち並び、自衛隊拠点だったことが
随所に垣間見ることができます。

が、素晴らしいフィールドとは逆に、スタンドが狭いんですよ。
他の球場の3分の1くらいしかないですね、きっと。

で、第一試合が花巻東vs大曲工の対決で、内野席はすでに満席立ち見状態。
おいおい勘弁してよ、なんて思っていたら、これが延長15回の引き分け再試合になっちゃった。

こうなると、予定もなにも全部想定外!
勝てば、翌日のコボスタでの準決勝&センバツ確定の瞬間を家族で見ようと、
泉にいる姉のところにでも泊まって・・・なんて準備していたのが、すべてパー。
引き分け再試合が翌日になるわ、準決勝は石巻になるわ、応援には来れないわで、
家族からも大ブーイング!!

でも、試合のほうは弘前学院聖愛(青森第2)に3-1でしっかり勝利し、
36年ぶりのベスト4進出を決めてくれました。

で、先ほど再試合が終わって、相手は大曲工に決定。
泣いても笑っても、明日の一戦がすべてです。

行きたいなぁ、でも、行けないなぁ・・・。


毎度ありがとうございます!

先週から宮城県でセンバツのかかった秋季東北大会が開催されてまして、
応援に忙しい毎日を送っております。

木曜日には、後輩のタケシとホンジョウと3人で仙台市民球場に乗り込んで、
西目(秋田第3)との大事な初戦を応援に行ってきました。

球場では、仙台に住む同期のイケダと10年ぶりくらいに再会して
懐かしい思い出話やら、最近の近況やらを語りながら一緒に観戦してました。

県大会決勝でのエラー7つで、各方面からレベルが低いだの過去最弱だの
散々な言われ方をしてましたけど、終わってみれば7-0の完封勝利!
守備も三つのダブルプレーを含む失策0の堅実な守備力は健在です。
ざまーみろ!ってんだ。

気を良くして、その日は山形市まで戻って来てからの、なんと後泊!(笑
同期のマルコ、田中先生の息子の賢とも合流し、久しぶりの山形の夜を満喫することにしたんです。

乾杯は、おでんの名店「ふくろ」さんから。
2年前に初訪してから、その雰囲気、その味、その安さに惚れてしまって、
次も山形で飲む機会があったら、絶対に「ふくろ」に行くと決めてたんですよね。

一緒に飲むのは初めての賢に、久しぶりのマルコ、さらに東北大会は快勝と、
こんだけ揃って酒が進まないわけがないでしょう(笑

「今日は控えめに5軒行くからな。」
「ええ~っ!!」
「かんぱーい!」

その後、花小路に迷い込み、なんと憎っくき日大の同期の親がやってる焼鳥屋に入ってしまって、
当時の鶴商vs日大の野球ネタで盛り上がり、グイグイ酒も進んでしまうわけですよ、これが。
あまりにコアな話題に怖くなって、駅前に移動してしばしガールズトークと山形弁講座で小休止(笑

さらに中学時代の同級生がやっているラウンジに顔を出して、思い出トークで盛り上がり
最後は瓶ビール片手に、なんちゃらラーメンを食って山形の夜を〆ました。

ホテルは、いい歳こいて仲良く3人で同じ部屋という・・・(笑
8コ下と15コ下の後輩と、仲良く同じ部屋に泊まるというのも、長い付き合いならではの関係です。
で、一番しょぼいベットに自分が寝かされるという、先輩想いの後輩達と深い眠りにつきました。
 
たまにはこういうのもいいなぁ。。。
なんてしみじみ日々の忙しさと、人との繋がりに酔いしれた山形の夜でした。
 
楽しかった。
 
美味しかった。

そして、嬉しかった。

マルコ、賢、ありがとう!
今度は鶴岡で一杯やろうぜ。

毎度ありがとうございます!

山形の地酒の店で石巻の【日高見】を飲みながら、次はおでん屋に行くつもりでいたんです。

おでん屋だったら「ほたる2号館」に行こうと決めていたんですけど、
facebookを見た知人から「おでんならガーデンが面白いよ。」とコメントが入っていて、
急遽「ガーデン」に行くことにしたんですよ。

でも、コメントには「ちゃんとしてるおでんなら、ほたるの方が・・・。」なんて続いていて、
ちゃんとしてるならってどういう意味かも分からず、とりあえず二軒隣りのガーデンへ。

おでん屋なのに店頭の看板には「1時間3000円~」なんて書いてあって
恐る恐る入り口のドアを開けると、まさかの異様な光景が・・・

店内の壁は真っ赤っか、照明も真っ赤っか!
到底おでん屋とは思えない内装に尻込みしてると、
二階から賑やかな声とともに若いギャルがどんどん降りてきて、
「キャー!いらっしゃ~い!!」なんて、もうテンション全開なんですよ。

それはまるで、長襦袢サロンかと錯覚してしまうほどです。
要は、スナックのノリのおでん屋とでも云うか、ギャルのたくさんいるおでん屋とでも云うのか・・・。

狭い店内に、なんだかんだで8人くらいは女の子がいたのかな。
着物の肩をはだけたセクシーコスチュームが気になって、聞けば20~22歳の学生バイトだそうで、
自分の娘と変わらぬ年頃の女の子に、すっかり父親モードで全然落ち着かない!!

でも、なんだろう・・・すごく楽しいんですよ。

おでんのクオリティなんか、全然気になりません(笑
のっけからタメ口でも、全然気になりません(笑
勝手に付けられるアダ名も、全然気になりません(爆

日本酒を頼んで銘柄を聞いても「え~!わかんな~い!!」でも、全く気になりません(笑
それよりも、バカ殿が使うような金ピカの盃で呑む謎の日本酒でさえも、なぜか楽しいんですよ。

なにより、女の子たちが何を話しても笑いに持っていくゲラゲラ感が楽しくて、
ある意味、感動すら覚えましたもんね、マジで。

こういう業態を思いついたオーナーは天才ですね。
女の子たちも、終始楽しませようっていう雰囲気が伝わるし、会計も本当に一人3000円でした。

良心的な明朗会計で楽しめた「ガーデン」に、すっかり魅了させられてしまいましたね。
仙台でまた飲む機会があったら、必ずまた行くでしょうね。
あのままそっくり鶴岡に移転したら、絶対に流行りますよ。

テンションMAXになった状態で、次に海鮮浜焼きのお店に行ったんですけど、
もう何を飲んでいたのか、何を焼いて食ったのかさえも覚えてないんですよ。
会話も終始さっきの「ガーデン」の話しばっかり(笑

なんか久しぶりに勢いがついてしまって、足が勝手に国分町に向ってるんですよね(笑

自分は行きたくなかったんですけど、みんなが「どうしても。」って言うから仕方なく
ソファーふかふかの高級なキャバクラに行って、最後は博多とんこつ長浜ラーメンへ。

そういえば、ここの長浜ラーメンも、恒例の正月遠征の際にケンシと来た記憶があるんですけど、
大体最後に酔っぱらってから来るもんで、あの本格的なとんこつラーメンが、
正直ウマイのかマズイのか毎回わかってないんですよね( ̄へ ̄|||)

そのくせ、ユウスケに煽られて、食いたくもないのに替え玉なんかブッこまれてるし・・・。
今回は、〆は「そば」とあれほど心に決めていたのに、いとも簡単に流される性格です(笑

今回の総括は・・・ウ~ンそうですね。。。
結構前から企画して、それなりに期待していた横丁だっただけに、ちょっと不完全燃焼でしたかね。

もちろん、いいお店もたくさんあるのだと思いますし、価値観が合えば十分飲んで食べて楽しめる
昭和の雰囲気漂う趣きのある横丁でした。

実は、昼過ぎに仙台に着いてすぐ、駅前の名掛横丁にある「鳥昌」に向ったんですけど、
残念ながら店内改装のため臨時休業だったんですね。
文化横丁の隣りには、いろは横丁もあったりして、仙台にはまだまだたくさんの横丁があります。

それぞれのお店が単独店舗なんだけど、横丁というコミニュティで共存しながら、
狭さや不便さをも、楽しさに変えてしまう不思議な魅力があるのも横丁のいいところです。
長居をせずテンポよく、いろんなお店のいいトコロを楽しみながら、また名店を探しに来たいと思います。

鶴岡に戻って来てから急に冬モードになった気がしますけど、
体調など崩さぬよう年末に向けてご自愛下さい。

今日も一日頑張っていきましょう!!
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 6 7 8 9
11 12 13 15 16 17
18 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/15 店主]
[06/15 仙台屋の自販機]
[06/14 店主]
[06/14 店主]
[06/14 コーチャー]
[06/14 しんさん]
[06/13 店主]
[06/13 仙台屋の自販機]
[06/01 店主]
[06/01 仙台屋の自販機]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /