やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2018/11 >>
SMTWTFS
13
4567 9
11121314 1517
18192021 222324
25262728 2930
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6  

毎度ありがとうございます!

相変わらず週末は息子のスポ少三昧なわけですけど、6年生の最後の大会も終わり、
いよいよ5年生以下の新人チームでの活動が本格的になってきました。

現在の監督さんも来年には退団の予定なんだそうで、あまり新人チームの練習や
練習試合には顔を出すことがほとんどなくなりました。

そうなると、一旦“怒りスイッチ”が入ってしまうと誰にも止められない
今の父兄コーチがそのまま持ち上がりで監督になりそうな雰囲気なんですよね。
まぁ、総会はこれからですんで、他の父兄の方々の意見を聞いてみないことには
新体制もまだ決定というわけではないようなんですけど・・・。

自分は野球しか知らないですし、厳しい環境の下で真剣に取り組んできた「野球人」です。
そういった意味では、指導の大変さやご苦労は十分に理解しているつもりです。
俗によく聞く、指導者批判や采配批判はナンセンスだと思ってますし、
むしろそんなことを言い出す親には、「バカじゃねーの。」くらいに思っているんです。

しかし、今の我がスポ少の現状は、かばうにかばいきれないほど危険な状態にあるといえます。

現実的か非現実的かは別にして、自分は我が子のいる父親が監督になることには反対です。
もちろん、その監督候補の方の人間性にもよりますけどね。
でも、総合的にみても“父ちゃん監督”というのは弊害のはうが多く、
チーム内や協力してもらう父兄とのバランスが崩れやすいものだと思うんですよね。

さらにキレやすい、激高しやすい方には、スポ少の監督は務まりません。
なぜなら、相手はまだ子供で、自分の思うようには動いてくれないから。
だから「野球が好きな人」より「子供が好きな人」じゃないと務まらないんです。

それでも、時には大きな声で叱らなくてはならないこともあるでしょう。
そんな時、父ちゃん監督は我が子のことが一番怒りやすいもんなんですよ。
普段、家で怒るトーンそのままに、遠慮なくグランドでも大声でつるし上げるわけです。
それは、監督として一選手を怒っているのか、父親として子供を怒っているのか、
見ている他の選手には、意外とその真意は伝わってないんですよね。

ただ子供達に残るのは、恐怖や怯えや萎縮だけ・・・。

最近は、練習でミスしたり、練習試合でふがいない内容だったりすると「罰」が与えられるようになり
負けた点差分のダッシュやグランド走が科せられたりするようになってきました。
そもそも子供達は、ユニホームを着て「罰」を与えられるような何か悪いことをしたんでしょうか。

指導者側から見れば、ピンチで声が出ていなかったとか、キャッチャーの指示が悪かったとか、
大人の思い描く試合運びとは程遠い内容だったかもしれません。
だからこそ、指導者が「教える」「導く」ということが必要なんだと思うんですけどね。
一回教えたくらいでできるんなら、子供達全員テストで100点取りますよ。

苦痛を与えて「また苦しい思いをしたくなかったら、次からは失敗しないようにしろ。」
なんていう指導方法なら、はっきり言って誰にでも出来るハズなんですよ。
大体、そんなのサル回しのサルに教え込むやり方と一緒でしょうが。

忙しいなか平日の夕方からでもグランドに来て、子供たちを熱心に指導してくれていることには、
本当に頭が下がりますし、親としても感謝の気持ちで一杯なんです。
少しハードルは高いですが、上手になって欲しいと技術の指導も一生懸命なのもわかります。
思うように上手くならない子供達や、集中力のないガキんちょ相手に怒りたくなるのもわかります。

だけど、そこで感情のまま激高するんじゃなくて、一呼吸置いて冷静になることも、
たとえ怒ったにせよ回りに与える影響というものも考えておくということも、
指導者の引き出しというか腕の見せどころのひとつなんだと思うんですよ。

もっともっといい指導者になってもらうためには、身近にいい指導のお手本が必要なんです。
残念ながら我がスポ少には、そういったいいお手本になるような指導者がいないんですよね。

今月末で、また一人野球を辞めてしまう5年生がいると聞きました。
辞める理由は分かりませんが、少なくとも好きで始めた野球を辞めてしまうことに
心痛める指導者であって欲しい願うのは、子供を預ける親のエゴなんでしょうかね・・・

いろんな意味で、スポ少との関わり合いが
こんなに大変だとは思いませんでしたよ。

ここに書いた内容は、直接、本人に伝えてはいるんですけどね。
自分は、陰でグチグチ言うのは好きじゃない性格なんもんで。
でも、それがなかなか伝わらないという・・・。

おっとっと、朝から愚痴が止まりませんので、今日はこのへんで止めときます(笑
愚痴ってばかりで、スイマセンです。

今日も一日、頑張っていきましょう!!

毎度ありがとうございます!

昨夜は午前2時半に帰ってきました。
というのも、久しぶりに同級生ワタルと飲んでたからなんですよね。

マナブさんと来店してくれたワタルと、お店を締めてから2人で飲みに行ったんです。
以前はスポ少の監督をしていたワタルですけど、今季から中学校の野球部に
コーチとして指導にあたっているんですね。

本当に、大変な役目だと思います。

以前、このブログでも書きましたけど、自分が知る鶴岡の野球指導者のなかでは
「マナブさん」がやっぱり一番だと思ってるんです。
その、マナブさんの持つ考え方や理論に、自分の考え方をぶつけてみたり、
学ぶチカラというか吸収しようという姿勢は、これからもっともっといい指導者に
なっていくための布石なんだと信じています。

「継続力は説得力である」
商売でも野球でも仕事でも、回りを納得させるにはどれだけ続けてきたのか・・・
自分はその部分を重要視してるんですよね。

どんな選手だったかとか、どこの学校を出たとか、そんなことはどうでもいいんですよ。
指導者になってどのくらいになるのか、どのくらい子供たちと時間を共有してきたのか、
その時間の積み重ねが指導力の幅であったり、引き出しの多さに繋がるものだと
信じて疑わないからなんですね。

それでも、ただ単にキャリアが長いだけで、引き出しのない成長していない指導者も
残念ながら多いのも現状なんです。
いつでも自分の考え方に子供達をはめ込もうと思うのは、指導者のエゴなんですね。
だから、向上心のない指導者は、認めたくないんですよ。

グランドでタバコ吸ってたり、練習試合で子供たちと一緒にユニホームも着ない指導者の
どこを認めればいいんだって話しなんですよ。

自分もスポ少に通う息子の親でもありますし、厳しい環境下で野球をやっていた「野球人」です。
それを前提に、野球やコーチングの話しができるのは、気心の知れた仲だからこそなんですよ。

子供を預ける親として、子供を預かる指導者として、
共に信頼し合い共に成長していくこと、
そしてなにより子供達がスポーツを通じて感情豊かに成長し、
笑顔で楽しめる環境を作ることこそが、
本当の意味での「理想形」なのかもしれません。

報酬も無いのに、夜中まで議論している熱き指導者もいることも知ってほしいんです。

子供達の前に立つ指導者は、社会人としてのモラルや人間性も重要です。
認められることよりも非難されることの方が多い、因果な立場なのかもしれません。
それでも、なぜ彼らがグランドに立ち続けるのか・・・

そう想うと、鶴岡も、まだまだ捨てたもんじゃありません。
熱き指導者と熱く語った夜でした。

今日も気合い入ってます!
今日も一日、頑張っていきましょう!


毎度ありがとうございます!

昨日おとといと、雨で順延になっていたスポ少新人戦が行われました。
初戦の相手は、来年度から四小で統合になる「田川ブルーソックス」が相手だったんです。

約1ヶ月前、初めての新人チームで練習試合をしてボロ負けした相手です。
ウチの息子もそうですけど、4年生にとっては初めての実践ゲームとして
緊張しながら試合に挑んでいた姿が、すでに懐かしく感じるくらいに堂々と試合してました。

息子は途中代打で出場したんですけど、初めての打席と同じく頭にデッドボール(笑

1ヶ月前は泣いて一塁に向った息子も、平気な顔して走って一塁へ向ってました。
「オレ、ラッキーなデッドボールだったよ!」と、塁に出れたことを喜ぶ姿に、
本当に逞しく成長してるんだなぁと改めて感じさせられました。

試合は19-7で勝利したんですけど、負けた田川の選手達の目にも涙があって
みんな一生懸命に練習してきたことがわかります。
「負けた田川の子達の分も頑張って優勝しなきゃな。」なんて息子と話してたんですよね。

そして、昨日の大山ジュニア戦・・・。

残念ながら息子の出番はありませんでしたけど、他の4年生も初ヒットを打ったりして
チームの雰囲気は最高だったんですけど、残念ながら5-9で負けてしまいました。

スポ少の新人戦レベルの敗けた原因なんて、周りの大人が探す必要はありません。
やっている選手達が一番よく分かってるんですよ。
何が足りなかったのか、何が出来なかったのか。
それがわかっているからこそ、子供たちの目にも涙が流れるんです。

悔しさは人を成長させます。

【田川】の子供達も【晹光】の子供達も、負けて悔しいと涙する子供達です。
そんな子供達は、もっともっと上手くなるし、きっといいチームになります。

指導者も父兄もみんなで協力しながら、
子供たちの成長を見守っていかなくちゃなりません。

四小が他の子供達を吸収するんじゃないんですよ。
田川小、湯田川小と合併するんです。

「暘光野球」の名称やチームカラーは、そのままなのかもしれません。
だけど、その中身は「新生・暘光野球」であるべきです。

田川の指導者の方々を含め、父兄の皆さんとも力と知恵を合わせて、
もっともっとより良いチーム作りを目指して協力していかなければならないと思うんですよね。

まだまだこれからも、スポ少での楽しみが増えます。
昨日の悔し涙を忘れずに、今日からまた頑張っていかなくちゃなりません。

そんな息子は今朝から、たっぷり溜まった宿題を泣きながらやってますけど・・・(笑
お父さんは、その涙は認めないぞ!だからもっと早くにやれっつうの(怒

そんなこんなで、今日からお盆ウィークに入りました。
ありがたいことに、本日はやんちゃもご予約で一杯です。

外も焼き場も灼熱地獄ですけど、暑さに負けずに気合いで頑張ります!




 毎度ありがとうございます!

今週末の新人戦が雨で順延になって、大泉ホークスとの練習試合に切り替わりました。
試合後には、子供達に背番号の配布があったんですよね。

1番から順に名前が呼ばれて、「6番、カンタロー!」「ハイ!」

生まれて初めての背番号に少し恥ずかしそうにしていました(笑
まあ、スポ少はキャプテンナンバーが10番と決まってますから、
我がチームはショートの子がキャプテンなんで、余り番号みたいなもんです。
 
まぁ、「一桁がレギュラー番号。」みたいな概念も本人にはありませんから、
素直に「お父さん、オレ、6番もらったよ~。」なんて喜んでました。

おそらく今の4・5年生の中では、ルールや野球を一番分かっていない
選手ですんで、まずは声を出して必死に頑張ってもらいたいものです。

やっぱり、ルールや野球をまだちゃんと理解していないから、不安で声が出ないんですね。
家や近所の子と遊んでいるときのような元気が、グランドじゃ全然ないんですよ。
そこが一番のジレンマというか、歯がゆいところでもあるわけです。
ただ、少しづつですけど、息子も成長してきているのが嬉しくもあるんですけどね。

自分も野球人ですから、今のスポ少の体制や指導方法には、言いたい事が山ほどあります。
スマートさを気取って、それらを飲み込む必要もないけれど、周りと上手く調和しながら
よりいい環境になっていけるように一父兄として協力していければいいのかなと思っています。

先日の「町内対抗子供ソフトボール大会」の時のような、子供たちの明るい笑顔や
のびのびしたプレーや元気が、スポ少でも表に出てくるようにならないと野球に未来はありません。

ま、あんまりここで書くと、またいろんなお叱りやら忠告やらをお受けする事になりますので、
この辺でやめますけど(笑

そんな息子を連れて、昨夜は美原町の夏祭りに行ってきました。
おばあちゃんが司会やら踊りやら歌やらでステージに上がってますんで、
一応その勇姿を観にという名目で、実は後輩ナガオカと飲むのが毎年恒例になってます。

ナガオカんちの「はなちゃん」も2年生で、だんだんお姉ちゃんになってきました。
一緒にクイズしたり、玉こんにゃくを買いに行ったりして、仲良く遊んでもらいました。
ナガオカにとっては先輩でも、はなちゃんにとっては「やんちゃのおじちゃん」でいいんです。

子供好きが分かるのか、ナメられてるのか分かりませんけど、
スポ少でも「カンタローの父ちゃん。」って呼ぶ子が結構いるんですよ(笑
自分は、それでいいと思っているんです。
野球を通じて躾や礼儀を厳しく教えるなんて言っても、やっぱりどこかまだ子供なんですよ。
みんなが「イシカワさん。」と呼べるわけでもないんです。

あの鬼コーチの息子でさえ「カンタローの父ちゃん。」って呼んでますもんね。
そんなもんですよ、所詮。相手は子供なんだから。

・・・おっと、また話しがスポ少に戻ってしまった。
危ない、危ない。もう止めておこう。

梅雨明けした鶴岡ですけど、今度はものすごい猛暑で朝から汗だくです。
土曜日に出張から戻ったカミさんが、今朝からまた出張に行ったもんで、
朝から洗濯物を外に干すという、これぞまさに主夫の極み!!(笑

暑さに負けずに、今週も頑張って行きましょう!!
毎度ありがとうございます!

またまたスポ少ネタになりますが、ご勘弁のほどを。

IMG_1538.JPG土曜日に、「第7回山形県ティーボール大会」に出場のため、
山形市落合にある「総合スポーツセンター」に行ってきました。

開会式にも出るため、6時出発・・・ということは、
2時間寝ただけの5時起床というハードスケジュールです。

県内32チームが出場するこのティーボール大会は、小学4年生以下が対象で10人制で行われます。
ティーに置いた専用ボールを打つところからゲームがスタートし、アウトカウントは関係なく
10人全員が打ち終わるまで攻撃し、1イニングが終了します。
試合は3イニング制で、盗塁やバントはありません。
スライディングもリードも禁止で、二塁三塁でも駆け抜けが認められます。

野球へのステップアップとして、安全に思い切りプレーができ、ルールも類似していることから
4年生以下には、このティーボールを積極的に取り入れている地域のスポ少も多く、
大会優勝チームは「西武ドーム」での全国大会出場の栄誉が与えられるんですよね。

IMG_1558.JPG今年の「暘光野球スポ少」は4年生以下の部員が極端に少ないため、
三川・大山・上郷と混合で「鶴岡ドリームスA」としての出場になりました。

1ヶ月の練習期間の間に、仲良くなった他スポ少の友達ができたりして、
これはこれで、結果的には良かった気がします。

結果は、予選リーグ1勝1敗で、惜しくも決勝トーナメント進出はできませんでしたけど、
随所にいいプレーが出たりして、父兄のみなさんも声を出して盛り上がったナイスゲームでした。

敗退決定後も、空いているスペースを使ってキャッチボールやらトスバッティングの練習を
まったく止める気配のない子供達をなんとかなだめて、帰路についたのが午後3時。
途中、寒河江SAでアイスを買ってやる約束も、まだ残っているわけです。

この日はまだ土曜日ですんで、戻ってから通常通りにお店も営業しますし、
おかげさまで開店直撃の6時には、すでにご予約も入ってたんですね。

高速をぶっ飛ばし、寒河江SAで約束通りにアイスを買って、コメカミが痛いだのいう文句も
一切受けつけずにアイスを一気に食わせ、自宅に着いたのが5時ちょうど。
シャワーを浴びて着替えを済ませたら、ちょっと横になる時間もありません。

で、そのまま、店に直行して通常営業。
後半に顔を出してくれた同級生ケンシも、あまりの疲労困憊してる自分の顔を見て、
早目のお会計で気を使ってくれました。スンマセン。。

帰ってきて風呂入って、ようやく寝たのが1時。
日曜日は「鶴東ファイターズ」とダブルヘッダーのため6時起床。
炎天下の中、一塁塁審を一試合こなしてから昼過ぎに終了。

同級生のオノに、「午後からゴルフ行こうぜ。赤川のハーフでもいいから。」なんて、
しつこく誘われているうちに一瞬その気にもなったものの、大工のタカヒロに店のカギ修理を
頼んでいたのも頭にあって、真っ直ぐ帰ってきました。

戻ってきたらきたで、今度は息子が熱中症にかかったらしく、具合が悪るそうなんですよ。
カギ修理はタカヒロにお任せして、自宅で様子見です。

結局、ハーフどころか打ちっぱなしにも行けず・・・。
それどころじゃないくらい疲れてて、昨夜は死んだように寝ましたもんね。

そして迎えた月曜日です。
たっぷり寝たんで、気合い十分です。
今日から7月、暑さに負けずに頑張っていきましょう!!!
 
毎度ありがとうございます!

相変わらず昨日は、スポ少三昧で慌しい日曜日になりました。
9時からホワイトイーグルスとダブルヘッダーのため、7時15分集合。
ま、6時起きってやつです(笑

先週に引き続き、2試合目は新人チームでの練習試合なんですけど、
先週よりも人数が減ってる気がするんですけど。。。
ケガ人や家の用事とかで、ギリギリ9人しかいないんですよね。

ということは・・・息子も7番レフトで初スターティングメンバー!!

604ed589.jpeg先週のデッドボールを払拭するべく、リベンジに燃えていた息子に、
「三振でもいいから、ちゃんと振ってこいよ。」と声かけたんですけど、
結果は、見事に振っての2打席2三振!

いいんですよ、今はそれでも。

1打席目の三振のシーンでも、キャッチャーが弾いて振り逃げの場面だったんですけど、
息子はまだ「振り逃げ」っていうものをよく分かってません。
「なんで走らないんだ!」なんてコーチに叱られてましたけど、知らなきゃ出来るわけワケがない。

2打席目も振って三振したまではいいものの、投球はショートバウンド。
タッチされての「アウト!」コールに、本人も???

大人には当たり前のルールでも、この間までユニホームも着たことのない子供には、
野球のルールは少し難しいのかもしれませんよね。

昔のように、テレビをつければいつでもプロ野球をやっていた時代とは違いますし、
我が家では、週末以外は朝食時しか顔を合わせることがないですんで、
一緒になって教えてあげる機会が、なかなかないんですよ。

それが、今の自分にとっての一番の悩みかもしれません。

d0364968.jpegグランドでの練習も当然大事ですけど、時には座学で
「ルールの勉強会」とかもやってもいいんじゃないのかな、
と思うのは自分だけでしょうかね。

高校野球の審判を務める後輩スガイから話しを聞くと、
中学に入ってもルールの分かってない子って
結構多かったりするんだそうです。

子供達が野球をやっていく時間は、これからまだまだ続くわけですから、
今の初心者のうちにキチンとルールを覚えておいたほうが絶対にいいはずです。
実際に、ルールの分かっている、ルールをちゃんと教えているチームは強かったりするんですよね。

第三アウトの置き換えだの、インターフェアー後の攻撃側の選択権だの、
そんな大人でもよっぽどのルール通しか知らない応用編じゃなくていいんです。
たぶんですけど、ウチの息子はタッチアップって知らないです(笑
ランナーを追い越したらアウトも知らないだろうし、ランナーが打球に当ったらアウトも知らないな。
フォースプレーとタッチプレーの違いも、絶対に分かってないと思います。

ほかの父兄のお父さんたちに聞くと、「だんだん覚えてくるから大丈夫ですよ。」なんて
言ってくれますけど、その“だんだん”の過程であっても、子供達は出来ないとコーチに
叱られるんですから、そりゃたまったもんじゃないですよね。

「教えたのに出来ないのか。」と「知らないから出来ないのか。」の違いを把握してから叱らないと、
叱られた子供もチンプンカンプンなまま萎縮していくだけだと思うんですけどね。

朝6時に起きて、午前中はふたつの練習試合に午後からはティボールの練習試合もこなして
グッタリと疲れたはずなのに、自宅に戻ってきてからも疲れた父の手を引っ張り、
「お父さん、フライとゴロの捕り方教えてよ!」と自宅前で、暗くなるまで付き合わされました。

やっぱり、本人が一番上手くなりたいと思ってるんですよね。
その気持ちが、何より一番大事なんですよ。
そして、そういう息子の姿を応援していきたいんです。

昨日は「父の日」でしたけど、娘からは毎年恒例の「栄養ドリンク」と
息子からは「ありがとうの手紙」をもらいました。

息子は野球、娘は今年受験生ですんで勉強を頑張っています。
そんな子供の頑張っている姿こそが、お父さんにとって何よりのプレゼントなんだよってことを、
本人たちは知るはずもありませんよね。

さーて、今日から一週間、気合い入れて頑張っていきましょう!

 
カウンター
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 9
11 12 13 14 15 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[11/11 店主]
[11/10 サイトウ]
[11/08 店主]
[11/08 しんさん]
[11/05 店主]
[11/03 タムちゃん]
[11/02 店主]
[11/02 名無しさん]
[10/31 店主]
[10/30 サードコーチャー]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /