やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/07 >>
SMTWTFS
1
234 678
91112 1315
16171819 202122
242526 272829
3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  
毎度ありがとうございます!

鶴岡東の夏が終わりました。
甲子園で戦わせたい良いチームだっただけに非常に残念ですが、
全力で戦う選手達を見て、今年も勇気と感動をもらいました。

毎年そうなんですけど、3年前の甲子園出場を決めたあの年以外は、
何回戦であろうとすべて敗れていく彼らの涙を見てきているわけです。
かくいう自分自身もそうであったように。

敗れ去るものが圧倒的に多い高校野球ではあるけれど、
そこからが本当に意味での始まりなんです。

進学する者、就職する者、やがて結婚する時がきて、そして親になる時がくる・・・
人生まだまだ、これからがスタートなんですよね。

その長いこれからの人生で、事あるごとに「鶴岡東野球部出身」ということが自信になったり、
誇りだったり、踏ん張れる支えになることを、我々OBはみな知っています。

だからこそ「鶴岡東野球部OB会」は、地元出身だろうが県外出身だろうが一切関係なく、
自分の現役時代に成し得なかった夢を後輩達に託すべく熱い応援と強い団結力で
繋がっているんだと思うんですね。

昨夜、一組のご家族がお店にご来店されました。
ホルモンややきとんを食べられ、子供達はコーラ、お父さんは麦焼酎の水割りを頼まれ
仲のいいご家族が夕食に立ち寄ってくれたんだなぁなんて思ってたんですね。

お会計を済ませ、店を出る直前になってお父さんがおもむろに
「あのー、息子が鶴岡東でお世話になりまして・・・。」
誰かと思ったら、今年の4番タブチのご家族だったんですね。

OB会のホームページや、この好き勝手書いているやんちゃのブログをいつも見てくれてたそうで、
わざわざ大阪から息子の応援のついでに、場所を調べてご来店いただいたのでした。

「タブチ、頑張りましたね。ここからですよ。ここからがスタートです。」
「息子がお世話になりました。本当にすいません。」
「何も謝ることないですよ。立派に戦いましたよ。4番の重責もあっただろうに・・・。」
「ありがとうございます。すいません。」

何度も「ありがとう。すいません。」を繰り返すお父さんとがっちりと握手したまま、
お父さんのメガネの奥で光る涙を見て、自分も思わずもらい泣きしてました。

「みなさんに支えてもらって、応援してもらって、鶴岡に来させて本当に良かったと思います。」
というお父さんの言葉に、ご両親のいつも心配していた気持ちが痛いほど伝わりましたし、
だからこそやりきった息子の表情を見て安堵の気持ちになられたんだろうと思います。

自分も鶴商学園に入学してから、野球部寮に入るため家を出ました。
15で親元を離れるということは、口では言い表すことのできない寂しさや不安があるものです。
そして、そんな自分も親になり、今度は子供の成長のために外に送り出す親の気持ちも
痛いほどよく分かる年代になりました。

敗れた球児の涙より、むしろ支えてきたご両親の涙の方に、心が動かされます。
自分も随分と、涙もろくなってしまいました。。(゚ーÅ) ホロリ 。

一緒に来てくれた一番下の弟くんも大阪で野球をやっているそうで、息子と同じ5年生。
いつの日か鶴岡東で一緒に甲子園を目指す日が・・・なんて日がくるかもしれません 。
それはそれで、また楽しみが増えましたよね。

本当にお疲れ様でした。
タブチだけに限らず、これからも、これから先も、彼らのことを応援しております。
今度はスタンドでOBキャップをかぶって、一緒に応援する日を楽しみにしております。

車で戻られるそうで、お気をつけて大阪までお帰り下さい。
そして、こちらに来られた際には、是非またお立ち寄り下さい。
ブログの方も好き勝手なこと書いてますけど、引き続きよろしくお願い致します(笑

っていうか、本当にいろんな方々がここを見てるんだなぁと改めて実感しましたよね。
ポンセさんのコメントに「タブチが覚醒したとこ見たことない。」なんて書いちゃってるし、
これからは、もうちょっとオブラートに包んで書いたほうがいいのかもなぁ( ̄_ ̄ i)
なーんて、そんな芸当できませんけどね(笑
ズバッと本音で、が信条ですから。

昨日はOB会の仕事を頑張ってきて良かったと思えた、嬉しい一夜でした。


毎度ありがとうございます!

充実した連休を過ごさせていただきました。
また今日から頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

高校野球もベスト4が決まり、目が離せないカードになりましたね。
鶴岡東-山形中央も好カードですし、日大山形-酒田南も面白い。
この二試合、投手中心の守りのチームと、強力打線で一気にゲームを決める打のチームと、
見事に同じカラーのチーム同士の対決となりました。

自分は、鶴岡東野球部OBですんで、優勝はもちろん鶴岡東と信じて応援してますけどね。

そんな中、連休中に中学生の野球部員の親の立ち話が耳に入ってきまして。
「東に入れても、試合で使ってもらえねーなら面白くねーし。あの監督じゃダメだ。」
「・・・。」
そこでは何も言いませんでしたけどね。
顔も名前も知らない親に、言い返すほどこっちも子供じゃないんで。
ただ、ここでならはっきりと言いますよ。

「貴方のような親がいるなら、絶対に東には来ないでもらいたい。」と。

というより、いろんな意味で高校野球や指導者をなめてるとしか言いようがない。
自分の息子がどれだけの選手なのかしらないけど、絶対に試合に出したいんなら
部員不足で困っている加茂水産や庄内総合にでもやればいいんですよ。
その自信がどこからくるのか知らんけど、息子の実力を過大評価し「甲子園に」なんて口にして
入学前にレギュラーを獲った気でいる、本当にめでたいことですよ。

しまいには入学させる気もないのに監督批判て。
だったら黙って、自分の好きなところに入れればいーだけの話しだろっていうんですよ。
いちいち、よその学校の批判めいたこと言うんじゃねーよと。
 
私学には私学の方針があり、県外からの野球留学生も受け入れるのは当然なんです。
そこにはし烈な競争があり、本人の努力や結果が求められ、本当に一握りの選手だけが
ベンチ入りできて試合に出れるわけです。

だからといって、レギュラーになれなかった、ベンチに入れなかった選手は
ダメなヤツかといえば決してそんなことはなく、むしろそういう悔しい経験を
した人間ほど、将来立派な大人になっていくものなんだと思うんですよ。

そして、そういう補欠の選手達にも支えてくれる、
一番に応援してくれる親御さんがいるわけです。

スポ少から中学校まで、エースだったりレギュラーで活躍してきた子を持つ親御さんたちでしょうし、
今、自分の息子さんが活躍するところを見れない寂しさも当然あると思うんです。
それでも必死に頑張ってる息子、チームを裏から支えている息子の姿を見て、
一緒になってチームを支えて応援くれている親御さんに失礼だと思うんですよ。

最近はどうか知りませんけど、自分の息子がベンチに入れなかった親が、
監督批判を繰り返し、そのまま応援にも来なくなった、なんて話も珍しくありません。

昔、恩師田中先生に聞いた話ですけど、特待生で入学させても結果的に補欠だったり、
ポジションを変えられたり途中交代させられた選手の親が、ご自宅まで電話をかけてきて、
文句やら批判やらをグチグチ言われていたもんだと、聞かされたことがあります。

そんな親は、強豪私立になんて入れるべきじゃないんですよ。

鶴工だって、鶴南だって、行けば即レギュラーというわけじゃないんですよ。
いろんな意味で、いろんな人たちに対して、本当に失礼な話しです。

facebookで紹介されたyoutubeからのコピペですけど、是非観て欲しいですね。
ちなみに、花巻東との3年生引退試合の相手は鶴岡東です。
http://www.youtube.com/watch?v=R419Fyx0U94

これを観て、何を感じるかですよ、高校野球は。
甲子園も大事ですけど、もっと大切なもの・・・そのすべてが凝縮されている気がします。

ま、そんなのはほっとくとして、あさっての準決勝のスケジュールもハードなんですよねぇ。。。
第一試合は延長もありえますから、県野球場の12:30試合開始はタイトスケジュールすぎる(泣
厳しいなぁ、まいったなぁ。。。だれか乗せてってくれねーかな、ヤスヒロあたりでも(笑

天気もいいですし、今日も一日気合い入れて頑張ります!



毎度ありがとうございます!

鶴岡東の初戦は10-0のコールドで勝利をおさめ、幸先のいいスタートを切ることができました。
春季大会では、屈辱的な逆転負けを喫した第2シード山本学園が、初戦で鶴岡南に敗れたため、
準決勝までいくと、また山形中央あたりが濃厚でしょうか。

すでにベスト16が出揃い、半分以上の高校が姿を消したわけです。
3年間のすべてをぶつけろ!などと鼓舞してみても、一回戦が終われば必然的に半分になるという
負ければそこで終わりの非情な現実が待ち受けているんですね。

中学時代のチームメイト、オノの息子ユウタの夏も終わりました。
昨年の同期マルコの息子タクロウと同じく、鶴岡工野球部在籍でしたので、
直接的に球場のスタンドから応援したことは一度もありません。

でも、やっぱり鶴岡東を応援しながらも、個人的には同級生の息子の活躍が気になるものです。

ユウタが中学校の野球部に入部した頃に、甲子園の土をプレゼントしたことがありました。
あれからもう6年も経って、本当に過ぎてゆく時間の速さに驚かされますよね。
ユウタの机の上で、「甲子園の土 石川さんより」と大切にしてくれていたそうです。

これから中学・高校と野球を続けていってほしいなという、単純な思いでプレゼントした土でしたけど、
そんな心配も無用だったようで、実際に途中で辞めることなく最後までやり遂げたことに、
心から「お疲れさん。最後までよく頑張ったな。」という思いでいっぱいです。

高校球児は、優勝した一校を除いて、そのすべてが負けていきます。
みんなが勝ちたいし甲子園に行きたいし、三年間その思いだけで必死に練習してくるんです。

でも、負ければそこで終わり。
一回戦だろうが決勝だろうが、負ければそこでプツリと終わるんです。
その非情さの中で、必死に戦う姿にみな感情移入していくんだと思うんですよね。

たとえ負けたとしても、いや、実は負けたところから得るもの、気付かされるもの、
見えてくるものが高校野球の本質なんだということを、大人は知っているんです。

だけど、その答えが見えてくるのはもう少し先かもしれない。
その答えに気付かず、勘違い野郎な大人になった球児もたくさん見てきました。

本当の意味での勝負はここから始まるんです。
甲子園とかプロ野球とかではなく、自分の人生球場というフィールドの中で、
最高のプレーヤーになるために、また新しいスタートを切ってもらいたいものです。

オノからは「悔しいけど、なぜか清々しい気分だよ。」とメールをもらったけど、
それは即ち、やりつくした完全燃焼したということ。
親として精一杯バックアップした三年間、本当にお疲れさまでした。

ユウタはきっといい大人になります。
 
今度は、酒を呑むと面倒くさくなる親父と二人で、
やんちゃデビューする日を楽しみにしています。

その分、残りの大会は、鶴岡東を応援しろよ(笑

今日も一日、完全燃焼できるように頑張ります!!
毎度ありがとうございます!

いよいよ高校野球が始まりました。
毎年のことですけど、やっぱり夏の予選が始まって、ようやく夏が来たという実感がわきます。
今年の鶴岡東は、決定的な攻撃力には物足りないものの、投手力を含めた守備力は
確実に県内屈指のチームに仕上がりました。

泣いても笑ってもこの大会で終わる3年生は、甲子園出場に向けて悔いの残らぬよう
全身全霊で戦ってほしいと思っています。

OB会の仕事に従事するようになって、父兄の方々とも球場内外で親しくお話しさせて頂く機会が
増えたのは、本当にここ最近になってからなんですよね。
昨日も、新庄から「すんじょーさん」にご来店いただき、馬肉のお土産まで頂戴してしまいました。
早速、スタッフみんなで、閉店後に美味しくいただきました!
本当にありがとうございました。

思い起こせば、自分がOB会の事務局を引き受けたころは、OB会費納入のハガキを送っても
「卒業してもまだ金をとられるのか!」とか「もうハガキは送らないで結構です!」とか
3年前の甲子園出場の時でさえ「寄付金の案内きてねーから払わねーぞ!」などと
直接電話をよこすびっくりするような親もいたもんです。

我々OB会は、強いときも弱いときもずっと変わらず愛校心のもとにOB会費を納めて、
差し入れをし、3年生食事会も開き、現場には毎年必ず用具購入の補助を行ってきました。
ご父兄のように、ご子息のいる3年間だけでなく、何年も何年も部員の顔も名前も分からぬとも、
そうやって微力ながら陰で支え応援してきたという自負があります。

OB会は父兄会の下部組織ではありません。
600人以上の野球部卒業生からなる純然たる「鶴岡東野球部」支援組織なんです。

ご父兄の皆様と同じく、甲子園出場に向けて応援し支えていく組織なんですよ。
ともに同じ方向に向かって応援していくんですから、お互いに協力し合いって、
お互いにリスペクトしていくのが当たり前だし、それが望ましい関係だと思うわけです。

「金をとられる」とか「寄付金を払わねーぞ」とか、さらには「あんた」呼ばわりしてくるご父兄には、
「あのー、なにか勘違いされてませんか?」って、きっちり話しつけさせてもらいますけどね。
ともに声をからし、ともに涙し、いつでも一緒に応援しているOB会なんだということを、
分かってもらうまでには本当に時間がかかった気がします。

今のご父兄の方々とは自分とも年代が近いですし、なかには中学・高校の同級生もいたりして、
我々の活動もきちんと理解していただいておりますんで、本当に友好的な良い関係だと思います。
形は違えど、支えていく大人が協力的というのは1+1が3にも4にもなりうるんですよね。
そういう意味でも、今年は例年以上に楽しみな大会になりそうです。

昨日の開会式の様子をテレビで観ていて、自分の頃を思い出しました。
どれだけ強く「甲子園に行くぞ!」という想いがあったかと聞かれれば、
正直そんな自信はないですけどね(笑

準決勝まで順当に勝ち上がって、「ここで勝ったらありえるんじゃねーか?」
なんて思ってたら、やっぱりダメだったかっていう感じでしたね、自分は。

試合前のグランド整備を待ってる間に、日大のやつらがベンチ前でキャッチボールしてるのを
ベンチでふんずり返って「よくやるなぁ~」なんて眺めてたくらいですもん、そりゃ、負けますよね。
だいたい、一度も勝てなかった日大戦を目前にして、その態度がふてぶてしい(笑

でもね、そういう時代だったんです。
相手を飲み込むというか、あえて余裕ぶってみせるというか、必死に食らいつくというより
強者の余裕みたいなのがカッコいいと思っていた時代だったんですよね。

まぁ、昔話しはこのへんでいいとして。
高校野球の前に、今日はこれからスポ少の公式戦「ろうきん杯」があります。
5年生の息子に出番があるかどうかは分かりませんが、チームの一員として
一生懸命声を出して頑張るように言って聞かせました。

忙しい週末になります。
ぶっ倒れないように気合い入れて頑張ります!
オッシャー!!




毎度ありがとうございます!

昨日は、舟形町にある県民ゴルフ場で毎年恒例のOB会ゴルフコンペに行ってきました。
息子がスポ少を始めてから、めっきり練習もラウンド回数も減ってしまってますが、
毎年楽しみにしているコンペですんで、気合い入れて行ってきましたよ。
 
今回は若い世代のOBも多く参加してくれて、総勢26名となりました。
やっぱり人数が多いと、コンペは盛り上がりますよね。
しかも、終わってみればベスグロは25歳の初参加コダマの88!
恐ろしいルーキーが現れました(汗

で、自分はというと・・・スタートの10番で、いきなりバーディ発進!!
11番ショートでパー、12番ミドルでボギーという、練習不足をまったく感じさせない
イーブンペースの好調な滑り出しなんですよww
いつもならシェイクハンドするユウキがいないことが、本当に残念でなりませんでした(笑

「なんだよ、ゴルフって簡単じゃん!」なんて、決して慢心したわけではなかったんですけど、
13番でOBパーのダボで+2、14番ではまたまたOBのトリプルボギーで+3、
15番ではなんとダブルパーの8点で+4・・・(泣
もうね、途中からなにやってるんだか、わけわかんなくなりましたもんね。

終わってみれば51・49の100点!!
まぁ、残念ながら今の実力なら、こんなもんでしょうかね。

パッティングも悪くないし、アプローチもまぁまぁ。
ドライバーだって練習不足のOB3発だったら、まぁそんなもんでしょう。
あれだけ得意だったアイアンが、まったく当たらないんですよ。
セカンドOBも何発打ったんだろ。
これじゃスコアはまとまりませんわな。

もうちょっと練習したいところですけど、今週の土日は息子のスポ少の
「ろうきん杯」ですし、月曜日はいよいよ鶴岡東の夏の戦いが始まります。
ゴルフしてるヒマがありません(泣

久しぶりのコンペでしたけど、楽しんでリフレッシュしてきました。
毎日、なんだかんだとプライベートでも忙しいですけど、ストレスを溜めないためにも
ゴルフは合間を見つけてはやっていこうと思います。

さて、今週も始まりましたね。
暑くなってきて、お客様の生ビールを飲む表情がたまらなく美味しそうに見えます(笑

今日も、ゴクゴクプハーっとやっちゃってくださいませ。

いつもの場所で、のんびりとお持ちしております。






毎度ありがとうございます!

気がつけば7月に入り、サッカーワールドカップもいよいよクライマックスというなか、
やっぱり夏は高校野球が一番だと思っているんですよね。

今年の鶴岡東は春季大会の結果をもとに、第3シードで大会に挑みます。
この春は、県第3代表として東北大会にも出場し、実に13年ぶりにベスト8進出を決めてくれました。

甲子園に出場した3年前の春は、県大会で鶴岡工に負けていたくらいでしたから、
それからみれば今年の実績は申し分ないところでしょう。

が、戦前の下馬評通りにはいかないのが高校野球。
一戦必勝が鉄則なんでしょうけど、それは選手や現場が意識して挑むこと。
我々OBは、期待と願望を乗せて甲子園に行くための応援をするわけですから、
第3シードでしかも東北大会での勝利という経験値から、自ずと期待感も高まって当然なんです。

ベスト4までは順当に勝ち上がってもらわないとなりませんし、それが強豪校の宿命なんですよ。
プレッシャーかもしれませんけど、県内ベスト4がプレッシャーなら甲子園で勝てるはずがありません。
毎年毎年、部員は入れ替わるのに、俗に言う格の違いを見せつけるという【格】とは、
そういうものなんだと思うんですよね。

県立高校が善戦してベスト4進出で喜んでいるのとはワケが違うんですよ。
特待生として体育科に入学し、専用球場にナイター設備、野球部専用バスで
関西や関東に遠征と、その環境は毎年甲子園出場を視野に入れて戦う
強豪校なわけなんですから、それを応援する側が「格」を意識するのは
当然なんです。

何度もいいますけど、戦う選手達は先を見ずして目の前の一戦を必死に戦わないとなりません。
が、我々応援する側は、トーナメント表を穴があくほど眺めながら、甲子園出場へのプロセスを思い描き
どの対戦が勝負どころか、どの試合が山場になってくるのかを想像しながら応援するのは
すごく自然で当たり前なんですね。

そのくらい今年のチームには期待がもてますし、期待できる組み合わせになりました。

OB会の事務局を引き受けて10年以上・・・、強いときも弱いときも声をからして応援してきました。
微力ながら、3年前は念願の甲子園出場をバックアップしてきたという自負もありますし、
今度、出場した際には、もっとスムーズに円滑に準備運営していく自信もあります。

そろそろまた甲子園に戻らないと、他のチームに「鶴岡東はそんなに怖くない。」なんて
ナメられてしまっては困りますから、ここらでガツンと格の違いを見せつけて
準決勝、決勝と【順当に】勝ち上がってもらいたいものです。

今年も、もうすぐ開幕です。
みなさま、スタンドでお会いしましょう!
いや、お店でお会いしましょう!か(笑





カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/25 店主]
[07/25 店主]
[07/25 NONAME]
[07/24 仙台屋の自販機]
[07/15 店主]
[07/14 コーチャー]
[07/08 店主]
[07/07 タムちゃん]
[06/15 店主]
[06/15 仙台屋の自販機]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /