やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 34
578 91011
1314
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11  
毎度ありがとうございます!

先日の日曜日に、オーダーしていたスーツを取りに仙台まで行ってきました。

スポ少もひと段落したことですし、息子とカミさんを連れて昼メシでも食べながら、
仙台をぶらぶらしようかなぁなんて思惑もうまくはいかず、息子は町内会の6年生を送る会が、
カミさんは当直勤務のためNGとのこと。。。
前回の仙台出張に付き合ってくれたユウキとホンジョウも、即答でNG…(怒

というわけで、お店の大学生スタッフ二人を付き合わせ、仙台に行ってきました。
佐渡出身のコマは仙台に行ったことがなかったそうで、まさにいいきっかけになったと思います(笑

スタッフ二人は、うちの娘と同い年ですから、自分にとっては息子みたいなもんです。
車中、店の話題のほかにも、自分が大学を受けたときの話しとか、その後の社会人になってからの
紆余曲折話しを、眠ることなくしっかりと聞いてくれてましたね(笑

おかげで、自分も眠くなることなく無事に仙台に着くことができました。

早速、スーツを取りに駅前ショールームに。
出来上がったスーツに袖を通し、鏡で見る前にもう着心地が違います。
特に、スラックスは既製品にはないフィット感で、ウエスト・渡り・膝下のフォルムが最高です。

ジャケットもウエストにちゃんと絞りが入り、ぼんやりと見えがちな千鳥格子柄のスーツを
しっかりとしたアクセントで引き締めてくれます。
これまでの既製スーツは、肩幅で合わせるとウエストがどうしても寸胴になるんですけど、
今回はそのフォルムがまったく違います。

痩せていた頃に、よくスーツやブレザーを着ていた感覚を
思い出させてくれた気がします。

 作って大正解でした。
初回の採寸や受け取りは多少面倒くさいですけど、
交通費を考慮したとしても一着はオーダーする価値はあると思います。
何よりも価格が魅力的です。

今回、【チェンジポケット】と【袖ボタン重ね4連】のオプション各1000円と
襟付ベスト9000円を追加オーダーしたために、税込み33000円にはなりましたけど、
それでも、他で同様にオーダーすれば7万円以上しますんで、十分にお安いと思います。

初回オーダーの方は指定生地の中からなら、19800円(税抜き)で基本オーダーできますから。

初回の採寸と受け渡しが完了すれば、採寸データが保管され、次回からはWebからでも
注文できるようですから、便利だと思います。

ここ数年、結婚式よりもお葬式に参列する機会が多くなり、礼服も常にクリーニングに
出しているようなヘビーローテーション状態です。
本当は、黒いスーツを作りたかったんですけど、間近に卒業式や入学式がありますし、
初回限定価格に合わせてベストを追加注文したほうがお得ということで、
今回はグレーのスーツを作ることにしたんですね。

機会があったら次は是非、ブラックスーツをオーダーしてみたいと思います。

というわけで、無事にスーツを受け取り、前回食べれなかった【神田そば】が昼メシでは
可哀想だろうということで、鶴岡にはない【天下一品ラーメン】を食べにアーケード街に向かいます。

どちらも初体験というこってりドロドロのスープを堪能し、アーケード街を端から端まで往復して、
昼過ぎには鶴岡に向かって復路についたのでした。
実はその日の夕方からは、卒業謝恩会で披露するクラス保護者の余興の最終練習があって、
ゆっくりしているヒマもなかったんですね。

仙台滞在約2時間という慌しいスケジュールでしたけど、それも仕方ありません。
スタッフとは、また違う機会にでも、今度は酒が飲める企画で出張に連れて行こうと思ってます。
コマは佐渡出身ですから、まさに新潟出張にうってつけかも(笑

店では出来ないような話しや、普段の彼らの様子がうかがい知れて自分も新鮮でしたね。

来週、スーツを着れる卒業式が今から楽しみです。






毎度ありがとうございます!

来月の息子の小学校卒業を目前に控え、久しぶりにスーツが欲しくなったんです。
ただ、既製品のスーツでは自分の体型が合わないのか、しっくりくるのがないんですね。
ウエスト周りで合わせると肩幅が狭いし、肩幅で合わせるとウエストがガバガバなわけです。

となると、オーダースーツしかないんですけど、やっぱりいい値段するじゃないですか。
でも、ネットですごいお店を発見してしまって、早速休日を使って仙台まで行ってきました。

初回注文の方限定で19800円!
ただし、初回の採寸・受け取りは店舗にて、という条件付です。
どうです、安くないですか。

生地も秋冬生地から春夏生地があって、10種類以上の生地の中から選べます。
ポケットの形や襟の形状や幅まで決めれますし、ボタンや裏地まで無料で選べます。
シングルスーツ、ダブルスーツはもちろんのこと、二つボタンや三つボタン、三つボタン段返しに、
センターベント・サイドベント、ありとあらゆるスーツのパーツをオリジナルで決めれて、
しかも自分の体型にピッタリのスーツが出来上がるわけですから、とてもお値打ちだと思います。

今回は、トラッドなきっちりしたスーツをイメージしていましたんで、
別料金で襟付ベストも作ることにして、スリーピースでオーダーしてきました。
生地はハウンドトゥース・チェック、いわゆる千鳥格子といわれる柄です。

今では一年の9割をジャージで過ごす自分ですけど、意外や意外こう見えて、
18歳から20代後半まではアイビーファッションにこだわっていて、
野球が終わった高校時代から、VANやJ.PRESSの紺ブレザーに、
ブルックスブラザースのボタンダウンを着て、レジメンタルのネクタイに
ピカピカに磨いたタッセルスリッポンを履いたりして、けっこうお洒落番長だったんですよ(笑

大学卒業時に、J.PRESSのオンワード樫山の就職試験を
本気で受けようと思っていたくらいです。
スーツやブレザーの着こなしにはうるさかったですしね。

今では、当たり前にその辺で売ってるクレリックシャツですけど、
随分と前からオーダーで作ってもらっていましたし、バブルの頃は
ピンホールシャツやラウンドカラーシャツにはまった時期もありました。

今着たら笑われるでしょうけど、蝶ネクタイも随分と持ってましたし、バブルの頃に流行った
アスコットタイ(首に巻くスカーフ)も10本以上はコレクションしてました。

大学に入るまで、ジーパンは一回も穿いた事がありませんでしたから。
チノパンかグレンチェックのスラックスがお気に入りで、サドルシューズが好きでしたね。
裸足でモカシンシューズやデッキシューズなんかもよく履いてました。

お洒落は靴からだと今でも思ってますんで、革靴のお手入れにはうるさいですし、
靴が汚い営業マンは未だに信用できません。

トレンチ・コートよりなら、ステンカラー・コートや、ピー・コートを好みますし、
細いモード系のネクタイよりも、剣先8センチの太いネクタイが好きです。

毎月MEN’SCLUBやHOTDOGを買ったりして、ブレザーとスラックスは
今までトータルで何着買ったか自分でも分からないほどですもんね。

そんな昔の知識が蘇ってきて、採寸の店員さんと楽しく会話しながら、注文してきました。
あまりの詳しさに「アパレル業界の方ですか?」と聞かれたくらいです(笑

若い頃の経験や知識を駆使して、最近流行のタイトなスーツは着れませんけど、
40代最後にふさわしいお洒落なスーツになることでしょう。

細部までこだわったカッコいいスーツが出来上がってくるのを楽しみに待ちたいと思います。

というわけで、採寸が終わったのが午後2時30分。
その日はサッポロビールの営業担当から教えて頂いていた仙台の繁盛店を視察するため、
なんと無理やりのお泊まり企画!(笑

楽しみな仙台の夜に備えて、まずはサクッと腹ごしらえと決め込んで、
颯爽とコートの襟を立て一軒目のお店に向かったのでした。



毎度ありがとうございます!

今日は、恵方巻きと清原逮捕のどちらかを書こうと思っていたので、あえての清原のほうで。

高校を卒業してから、自分の歳や時代を聞かれると必ず「清原・桑田と同い年」と、
ハンコで押したように答えてきました。
もちろん会ったことも話したこともありませんけど、同じ時代に高校野球をやっていたものなら
どんな田舎に住んでいようとも、みんなが一度はそう答えたことがあるくらい、清原桑田は
我々の憧れでもあり輝くスーパースターだったことには違いありません。

自分たちの年の甲子園は東海大山形が出場し、29-7という
記録的な大敗もよく話題になります。

「もしも自分たちが甲子園に出場していたら、そして同じくPL学園と
対戦していたら、かるく50点くらいは取られていただろうなー。」
なんて、勝手に対戦シュミレーションしていたものです。

西武入団後の日本シリーズで試合終了前に涙し、セカンドの辻に声をかけられるシーンには
本当に感動しましたし、清原の活躍をニュースで見ると、やっぱり嬉しかったですもんね。
その因縁の巨人にFAで移籍したのも、田舎で巨人戦を見て育った自分には嬉しいニュースでした。

んー、でも肉体改造し格闘家のみたいなイカつさに耳にピアスを開け、真っ黒に日焼けして
いつからか番長キャラになってきてからは、ちょっと残念な気持ちで見ていたんですよね。
雰囲気が変わったあの頃から、なんとなく清原を見てもワクワクしなくなってきたんです。

それがひょんなことから清原のブログを見つけて、離婚して子どもと会えない寂しさや、
大阪に住むお母さんへの想いや、息子との少年野球を楽しみにして前の日から寝れず、
朝早くからグランドに行く姿なんかを知って、なんか共感できるところもたくさんあって
毎日ブログチェックしていたくらいになってたんですね。

息子のスパイクをピカピカに磨いてやったり、ボロボロになった息子の帽子を大切にしていたり、
両親のことをオヤジ・オフクロと呼ぶのではなく「お父さん、お母さん」とちゃんと呼んでいたり、
テレビで見るイメージよりも身近に感じる日常と、同じ父親としての想いや寂しさを綴った内容に
なんとなく親近感が沸いてきたのかもしれませんね。

毎朝コンビニで海苔巻きやおにぎりを買っていたり、夜中におでんを買いに行ったりしてて、
イベントやメディアに出ていない時は、自分達と変わらない日常を過ごしてるんだなぁ、なんて
楽しみにチェックしていたものです。

それだけに今回の件は、残念だとしか言いようがありません。

同じ時代に生まれ同じく野球に明け暮れて、そこから先の人生は別次元なほど
自分の日常とはかけ離れた存在でしたけど、どちらが幸せなのかはわかりません。

当たり前のことですけど、地位や名声を手に入れた人はそれなりに高価な暮らしになりますよね。
成功したら良い暮らしをするのは自然なことだと思うんですよ、そのために頑張ってるんだから。
高級マンションに住んだり、外車に乗ったり、高い時計買ったり、海外旅行行ったり…。

それはそれでいいんですけど、悪いことをしたら有名人だろうが平等に裁きが下るわけです。
これも当たり前ですけど。
雲の上のような人でも、捕まればただの人です。

こんな田舎に住んでいても、何回「清原と同い年」と口にしてきたかわかりません。
自分は、ブログで見せる優しい表情の清原が好きでした。

いつか「しくじり先生!オレみたいになるな!」にでも出てくれないかな。
クスリが抜けて顔つきが変わり、少し痩せた昔の清原をみたいものです。

代償は大きかったけど、命ある限りどこででもいつでも再出発は出来るはずです。
そんなことを思った昨日の出来事でした。

フェラーリも高級マンションも、まったく無縁の自分の日常ですけど、
そんな自分の日常に幸せを感じながら、自分にとっての今日を精一杯頑張ろうと思うだけです。

さーて、カールの散歩に行こうかな。
行くか、相棒!
毎度ありがとうございます!

他人のイメージというのは怖いものでして…

愛犬のトイ・プードルを散歩させてるところを目撃されると「あれ?ドーベルマンじゃないの?」
などとイジられますし、辛いものが苦手で甘党だというと大体がみんなに驚かれます。
自分で言うのもなんですけど、結構人情派ですし涙もろいところもあります。

昨夜は、後輩のユウキに「イシカワさんってスキーできるんですか?」なんて聞かれましたんで
「普通に滑れるよ。恥ずかしくない程度に。」と答えたら、もうすでに大笑いなわけですよ。

「なんでよ?オレがスキー滑れると、おかしいの?」
「イヤ、そういうイメージじゃなかったんで(笑」
「おいおい、どんなイメージなんだよ。」
「スキーウェア着て滑るんスか(笑」
「当たり前だろう!インストラクターみたいなカッコいいの着るわい!」
「ぎゃははは!」
「リフトとか乗れるんスか?」
「お前、リフトに乗れなきゃ上から滑れねーだろうよ。」
「ぎゃははは!」
「ちなみに、水泳も個人メドレーくらいやっちゃうよ。」
「えー!」
「バタフライなんか、背筋強いからガバーッって肩まで競り上がってカッコいいぞ!」
「ぎゃはっはっは!片足ついてるんスか?」
「ばかやろう!バサロだよ、バサロ!」
「ギャーッ!(笑」
「・・・」

後輩がどんなイメージなのかは知りませんけどね、普通にこなしますよ。
スキーも検定とかはしたことありませんけど、パラレルくらいは出来ます。
あまりコブを攻めたりとかはしませんけど、普通に滑る分には人並みだとは思うんですけどね。

娘とカミさんとスキーしたのが「やんちゃ」の開業前ですから、もう13年くらいはやってません。
今は主流のカービングの板には未だに乗ったことがないんで、
そんな会話をしていたら、急にまたスキーをやりたくなってきました。

18歳の頃、地元の仲間5人とピンクのスキーウェアを作って、
オリジナルロゴをバックプリントしたり袖にネームを刺繍したりして、
チームとして毎年蔵王に泊りがけで遠征していたくらいですもんね。

おろろいのウェアで上から連なって同じラインを滑ってくるのは、
何とも爽快でカッコ良かったものです。
 
夕食後の蔵王の温泉街を揃いのウェアで歩いていると、旅館の二階の窓から
「お兄さんたち、そのピンクのウェアカッコいい!」なんて女子大生に声をかけられたりして、
結構楽しかったあんな思い出やこんな思い出が蘇ってきました(笑

大学時代はニセコに泊りがけで行ってましたし、若い頃は随分とスキーにハマってましたね。

大学生スタッフのオオトモもスキーは出来るけど、水泳はできないんだそうです。
そういわれれば、ウチの息子もスキーをやったことが一度もありません。
ブーツすら履いたことがないですもんね。

自分の通った朝三小は、夏は鼠ヶ関で水泳教室があって800mの遠泳がありましたし、
冬は湯殿山でスキー教室もありましたから、なんでも人並みにはこなせるようになるわけです。

息子の通う朝四小は遠泳もありませんし、スキー教室もありません。
もっと言うなら集団登校(グループ登校)もないですしね。

子どものうちに体験してもらいたいことが、隣の学区ではやってる、こっちではやってない、
というのも、なんとかならないものでしょうかね。

地域や学区の特性や学校の歴史や特色もいいんでしょうけど、
義務教育の間は基本的に学校を選べないわけですから、鶴岡市として
「鶴岡の子どもは水泳もスキーも、どの学校の子もみんな体験し出来るようになる。」
というのが理想的じゃないでしょうか。

以前も書きましたけど、上級生が下級生の面倒を見ながら交通ルールを守り安全に気を配るという、
リーダーシップが培えて責任感も養える絶好の場が集団登校だと思っていたんですけどね。

ま、あまり興奮しないうちに止めときますけど、
要は何でも子どものうちに経験しとけって話しなんです。
勉強はからっきしダメでしたけど、そういう意味では自分は良かったと思っています。

寒波はようやく通り過ぎたのかな。
またアスファルトが顔を出して、車の運転もいくらか楽にはなってきた鶴岡です。

2月もすぐそこです。
OB会の入金お礼状の発送や確定申告の準備に、事務作業が山済みに残ってますけど、
楽しみな仙台出張も控えていますんで、モチベーション高く今日も一日頑張っていきましょう!

あー、マジでスキーやりたいです!
えっ?なにかおかしいですか?(笑

 

 
毎度ありがとうございます!

昨日から元気に営業しております。
みぞれ降る空模様に2℃という寒さで、厳しいスタートになってしまいましたが、
気持ちを切り替えて今日も頑張っていこうと思います。

新年も三日も過ぎれば正月気分もなんとなく無くなって、いつもの日常の雰囲気ですよね。

もちろん年末年始なんて関係ないっていうお仕事の方もたくさんいらっしゃったでしょう。
自分もこの商売を始めるまではコンビニをやってましたんで、正月どころか盆もクリスマスも
とにかく一年中が販売展開の繰り返しで、季節感なんてまったくない生活を送っていました。

季節感どころか24時間営業ですので、家に帰っても風呂以外はトイレでも寝るときも
とにかく携帯を離せなくて、精神的に随分とキツイ生活を送ってました。

鶴岡に戻ると決める前から、もう少し季節を感じれる生活を送りたいと思っていましたし、
寝ずに働いても、24時間頑張っても、報われない仕事もある現実に、次に商売をする時には
自分の時間もしっかりと取らないと自分自身が潰れてしまうと悟ったんですよね。

ONとOFFのある生活…
実はこれが一番の憧れでもあったんですね。
若い頃は、寝ずに働いて馬力ある仕事にやりがいと存在感を感じてましたけど、
今は考え方が変わってきました。

いい仕事をするためにはきちんと休んで、頭と体のリフレッシュが必要不可欠だと思います。

日曜日にはOB会が開催されますので、今はその資料や式次第の作成に
追われてて、リフレッシュどころではないですけど、出席してくださる方に
楽しんでもらえるように、しっかりと準備していきます。

本業に支障の出ないようにバランスをとりながら、
今年も頑張っていこうと思います。

今年はゆるーくゴルフを再開できればと思ってますし、酒場巡りも積極的に企画したいですね。

今日も寒いですが頑張っていきましょう!!

 



新年あけましておめでとうございます!

昨年中は並々ならぬご厚情を賜りまして厚く御礼申し上げます。
本年も変わらぬ御贔屓のほど心よりお願いいたしますとともに
皆さまにとって幸多き一年になりますことを祈念いたします。

昨年は30日の仕事納めの後から、恒例となった三人忘年会がありました。
先輩のマナブさんと同期のワタルとで、いつもの「三鷹」にお邪魔してきました。

数年前までは、中学の同級生と朝までマージャンをやるのが毎年の恒例で、
それはそれで楽しみにしていたのですが、自分の仕事が終わるのを待ってられないという
ごもっともな理由で、いつの間にか開催されなくなってしまったんですね。

三人忘年会も最初のうちは鶴商話しが多かったんですけど、
ここ数年は子どもたちの話しや、シニアの話しや
取り留めの無い話しが多くなってきました(笑

一人だけ先輩が交じってますけど、みんな同期みたいな感覚です(笑
それだけ、同じ時間を過ごし、本音で話し接してきたということです。

言いたいことも言うし、言わなくても分かっていることも、一言で通ずるあうんの呼吸というか
そんな空気みたいな会話が心地よく、夜が更けていくにつれて「今年も無事に終わったな」という
安堵感からついつい深酒になってしまう会なんですよね。

今年はマナブさんにLINEを登録させました(笑
「使い方がイマイチよく分からない。」と尻込みしているのには耳を貸さず
「いいからやりなさい。」と一気にまくしたて、一気に届く「祝!LINE!」のスタンプに
いったい何が起きているのか理解できてない様子でしたもんね。
年の瀬に、いい仕事してあげましたよ。

大晦日は家族で買出しに行ったりで慌しく終わりましたけど、夕方からはおばあちゃんも呼んで
家族みんなで食卓を囲み、紅白を見ながら大晦日を実感しながら一年を締めくくりました。

愛犬カールも我が家に来て、ちょうど一年になりました。
トイレが上手く出来なかったり、えさが合わずに体調を壊したこともありましたけど、
元気にすくすく育ってくれてますし、意思の疎通も大分出来るようになりました。

カールの表情やしぐさに、家族みんなが和まされ笑顔になります。
風呂や散歩の世話はほとんど自分がやってますけど、その分自分に一番従順ですw

そのカールも連れて、これから初詣に行ってきます。
今年一年が皆さまにとってもよい一年になりますように。

素敵なお正月をお過ごしください!




カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 7 8 9 10 11
13 14
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 店主]
[11/21 とおりすがり]
[11/18 店主]
[11/17 しんさん]
[11/16 店主]
[11/16 店主]
[11/16 しんさん]
[11/16 仙台屋の自販機]
[11/15 店主]
[11/15 店主]
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /