やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2019/05 >>
SMTWTFS
234
56 9
1214 161718
192122 2425
26272829 3031
Recent Entry
Recent Comment
Category
1147   1146   1145   1144   1143   1142   1141   1140   1139   1138   1137  
毎度ありがとうございます!

早朝から鶴岡を出発して埼玉県熊谷市で娘のタントを受け取り、鶴ヶ島市のディーラーに
売上にもならないのに2回もお手を取らせ、寮まで帰る娘のテールランプを見送ったのが
すでに17時30分。

旧友のタダシとは中野北口で待ち合わせしていました。
東武越生線~東武東上線~山手線~東西線とスムーズに乗り継いでも1時間10分かかって、
中野についたのは、すでに19時を回っていました。

タダシは、ガキの頃からずっと遊んできた仲間です。
若い頃は酒癖が悪く、飲めばケンカ、飲めばトラブル、警察沙汰も珍しくありませんでした。
シラフでは何ともないんですけど、少しづつ酒が回るとトークや表情にある特徴が出ます。

まぁ、勢いがつくというんですかね。
そのサインは見逃せないんですよ。

久しぶりの中野の夜は雨でした。
でも数年ぶりに訪れた中野の雰囲気に、傘も差さずにテンションが上がっていました。

最初に訪れたのは「立ち吞み十七番地」。
ここはタダシ同様に、ガキの頃からツルんできた同級生ヒロユキの息子ミサキが
店長として切り盛りしている焼鳥屋です。

もちろんミサキが生まれたときも知っていますし、ミサキのスポ少時代に会った事もあります。
先客は1名でしたが、こじんまりとしたいい雰囲気のお店です。

焼き場の目の前に陣取り、焼鳥の盛り合わせと鶏の白レバーのちょい焼きを頼んで、
白ホッピーで乾杯です。

正直、美味しかったですよ。
串も丁寧に焼いていましたし、タダシが頼んだチャーハンも美味しかったです。
途中で先客も帰り、同じく鶴岡二中出身のスタッフ「タクヤ」を含め4人全員が鶴岡人という
魔の庄内弁タイムに突入したあたりからタダシに勢いがついてきてるのがわかります。

「兄ちゃんたちも、なんか飲めっちゃ!」
「いただきまーす!」

何回乾杯したのかな。
そろそろ次に行きたいお店もあるんだけどな・・・
などと思いつつも、勢いのついたタダシは誰も止められません。

「よし!もう店閉めて、お前らも次さ行くぞ!」
「はぁ?まだ夜の9時だぞ、しかも土曜日の。」
「だって、客いねーじゃん。今日はもう誰も来ねって。よし、お前ら準備しろ!」
「ウッス!」

ウッスって、おいおい大丈夫なのかよ。
土曜日だぞ、マジで。
タダシの勢いに押されたのか、ご馳走になったビール3杯でモードが変わったのか、
ミサキとタクヤも、あっという間に帰り支度が完了してます(驚

「タダシさん、すぐ近くに藤島出身の店長がやってる居酒屋ありますよ。」
「ふじしまぁ~?よし、そこ連れでげっちゃ!」
「ウッス!」

完全に昔のタダシに戻っています。
オレ、まだ一軒目なんだけどなぁ・・・
中野、楽しみにして来たんだけど・・・
なんて、言える雰囲気はありません。

もう二軒目の店の名前もチェックしてないんですから。
なんか藁(わら)焼きが有名なお店だそうで、美味しかった記憶があります、確かに。
店員さんの愛想や、お店の雰囲気も良かったですし。

ただ、何年か越しの中野で、もっと街の雰囲気や新規開拓したかった自分の思惑とは裏腹に、
大きなうねりに飲み込まれてしまう自分にもう気づいていて、諦めモードっていうですかね。
もう自分が舵を切れる雰囲気ではなくなってしまった現実を受け入れながら、やけになって
繰り返し出されるざくろ酢サワーを煽っていました。

もういいや、今夜はどうにでもなれ。

なんて思っていたら、そう、本当にここからどうにでもなります。
このあと、お店を出たところでキャバクラのキャッチにつかまります。

このままバックレようかと思ったら、後ろから「こっち、こっち!」と連れ戻されます。
田舎の若いもん引き連れて、結局4人で2時間はいたのかな?

次々とおねーちゃんが入れ替わって、店の子たち全員来たんじゃね?ってくらいにズラリ並べて
そのたびに「キミもなんか飲めば。」なんてカッコつけちゃってるんですから。
会計が6万か8万だった気がします。
会計表に丸い数字がチラッと見えたんで。

当然若いやつらに払わせるつもりはありませんから、我々がピッとカッコつけるわけですよ。
タダシも自分からは半分も受け取らなかったですけどね。

20代の頃は、そんなカッコつける飲みが当たり前でした。
カッコつけて翌日に後悔する、この繰り返しですよ。

もちろん、隣に若いおねーちゃんが座って盛り上げてくれれば、楽しいいですよそりゃ。
でも、虚しいじゃないですか。
旨いもんも食ってないのに、カッコだけつけて何万円も払うの。

だからスナックやキャバクラは行かない、行きたくないというスタイルでやってきたんですけどね。

タダシの流れに身を任せ、久しぶりにため息の出る会計を払って、
締めに「串かつでんがな」じゃねーつうの(笑
「ため息でんがな!」

でもね、串かつは旨かったです。
そういうチープで庶民飲みが落ち着くんだよなぁ。
もう立派なオッサンだし。
娘よりも若い子のミニスカート見たって、面白くも何ともねーもんな。

「にぎにぎ一」にも「ぢどり屋」にも、チラッとでいいから行きたかったですよね。
「おかやん」は休みだったのかな、シャッターが閉まっていた気がします。

世田谷まで帰るタクシーでもカードが使えないことで、一触即発モードになるし、
若い頃の飲んだ帰り道を本当に思い出して、むしろ懐かしくなりましたもんね。

通いなれた懐かしい世田谷のマンションに着いて、殺風景な部屋に布団を並べて敷いて
昔話から最近の同級生事情なんかを話しながら、いつの間にか寝落ちしてました。

行きたいところ、食べたいものは叶わなかったけれど、旧友との再会と無駄遣いして後悔した朝や
二人で山手線の車内で庄内弁で喋る姿も、どれもみな懐かしく若い頃を思い出させてくれました。

夏に開催する同窓会の話しもできたし、自分の短かった東京暮らしを語るうえで、
タダシと世田谷のマンションは絶対に褪せることはないんだと実感させられましたしね。

そう考えてみれば、タダシの勢いと流れに身を任せて大枚をはたいた事も悔しくはありません。
ただ、次はきっと横浜に行きますけどね、間違いなく(笑

いつまでも旧友として仲良くできること、
いつまでもバカな飲み方をしてしまうこと、

そんなことが嬉しかったりするものです。
ちょっと違う展開にはなってしまったけれど、それはそれで慌しくも楽しい二日間でした。

次は、いつ遠征に行けるんだろうか。
次は、タダシに連絡するのはやめておこうかな(笑






コメント
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
な、なるほど(笑)
十七番地で盛り上がると思ったんですよ(笑)
東京にいて、庄内弁で自然に飲めるなんてなかなかないですもん。

しかし、9時過ぎに出て、藁焼きのお店……どこだろう。
キャバクラは、中野にしては高い方に連れて行かれちゃいましたね。

おかやんさんは23時で閉まるので、前を通った頃には結構な時間だったんじゃないでしょうか。
2019-04-02 Tue 22:28
しんさん
>しんさん
完全にはまってしまいました(笑
ま、たまにはそんな時もあろうかと、途中から諦めましたよ。

中野の新しい形態のお店や、お馴染みのお店などなど
イメージは出来上がっていたんですけどねー。

ただ、東京であの雰囲気で旧友と飲むのも本当に久しぶりで
それはそれで楽しかったんで良かったです。

藁焼きのあの店、なんだっけな。
店長が藤島出身ということだけしか覚えていません(笑
2019-04-02 Tue 23:13
店主
無題
すすきのでも是非!(笑)
2019-04-03 Wed 22:23
タムちゃん
>タムちゃん
いいですね~!
すすきのに行ったら冷静に飲んでる自信がありません。
テンション上がるだろうなぁ~

息子の高校野球が終わるまでは厳しいですけど
必ず行きますからね!!
2019-04-04 Thu 06:56
店主
カウンター
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
2 3 4
5 6 9
12 14 16 17 18
19 21 22 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[05/21 店主]
[05/21 20番が涙腺スイッチ]
[05/18 店主]
[05/18 萬年幹事の松]
[05/17 店主]
[05/17 萬年幹事の松]
[05/15 店主]
[05/15 しんさん]
[05/11 店主]
[05/11 しんさん]
ブログ内検索
最新記事
(05/23)
(05/20)
(05/15)
(05/13)
(05/11)
(05/10)
(05/08)
(05/07)
(05/01)
(04/29)
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /