やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/11 >>
SMTWTFS
1 34
578 91011
1314
19202122 232425
26272829 30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9  
毎度ありがとうございます!

二度のリバースのせいで朝方まで眠れず、いつもの6時半には起きてしまいました。
体調不良・・・完全なる二日酔いの中、午前中はスカパーを観ながらのんびりと過ごし、
二日目は13時にしんさんと赤羽で待ち合わせ、胃にやさしい「おでん」からスタートしました。

赤羽にある「丸健水産」は、おでんダネの販売もしているアーケード内の立ち飲み屋さん。
立ち飲み屋というより、おでんダネ販売店が立ち飲みさせてくれている、と言ったほうが正解なのかも。

昨年、立石の「二毛作」にも行ってきましたけど、雰囲気やロケーションは似ているものがあります。

ccadd6cb.jpegおでんダネ販売のショーケースには、奥で揚げたばかりの
【がんも】や【キンチャク】が次から次へと並べられ、
数人のお客さんがそのタネを求めて並んでいるんですね。

別の間口で、丁寧に仕込まれたおでんは、薄味の関西だしが
とても優しく染み渡り、どのネタも飽きずに、冷めても美味いんですよ。

720decea.jpeg自分は、定番の【玉子】【大根】【がんも】と
串に刺さった【カレーボール】の4点買いに、缶チューハイ。
しんさんは、【つみれ】【ロールキャベツ】【カレーボール】と
東京23区内で唯一の酒蔵、小山酒造の丸眞正宗ワンカップ。
アルコール代込みで、二人分合計でも1500円也・・・やっ安い!

やっぱりおでんは安くて早くて、あったかいってのが基本ですよね。
お邪魔したのが昼の1時でも、おでんを肴に一杯ひっかけていくお客さんが、後を絶ちません。

おでんと缶チューハイをお替りしたい衝動を抑えつつ、ここで場所を移動する事にしました。

次なる目的地は上野・御徒町・秋葉原。
証券マン時代は、茅場町まで日比谷線で通勤してたんで、都内でも馴れ親しんだエリアです。
上野で降りて、アメ横をすり抜け、御徒町から秋葉原まで散策したんですけど、
馬モツ煮込みで有名な「大統領」には支店が出来ていて、昼から超満員の大盛況振りには
本当にカルチャーショックを受けました。

このエリアには「たきおか」や「ヨリキ」をはじめ、たくさんのもつ焼き・立ち飲みのお店が密集し、
先日まで靴屋だったところが居酒屋になっていたり、まさに入れ替わりの激しい激戦区です。

土曜日の昼間、上野駅すぐそばで、お土産を買うのにも好都合というエリアとはいえ、
2階までビッシリと埋まった客席と、それでもまだ目の前に行列ができていく光景は、
規模はまったく違えど同じ業種を営む者として、刺激を受けないハズがありません。

入り口は屋台のようにオープンで、寒ければ透明なビニールシートで入り口を覆うスタイルが
「安くて早くて旨い」の代名詞になっているのかもしれません。

「なんだ、ここ。すげーな。」

うわ言のように呟きながら、人でごった返すアメ横をすり抜け、秋葉原に向けて歩き始めました。

つづく。
 
毎度ありがとうございます!

大学時代の友人が3人集まれば、自分ひとりだけの好みを押し付けるわけにもいかず、
「一軒だけ、キャバクラ行こうぜ!」なんてフリに、反対できるはずがありません。
いつ以来すらも忘れているくらい、久しぶりにふかふかのソファーに座って酒を飲みました(笑

「イヤよイヤよも好きのうち」とは上手く言ったもので、あれだけ拒んでいたキャバクラの敷居も
いとも簡単に踏み越え、久しぶりのおねーちゃんとの会話に盛り上がった1時間だったのでした。

なんだろなぁ・・・。
顔はそんなに可愛くなくても、やっぱりお客を飽きさせない話術はもちろんですけど、
延長してあげたくなるような表情を作るのが、みんな上手いんですよね。
話させ上手で聞き上手は当たり前、その上に見つめ上手とでも言いますか。
そんなところで、改めて「接客はセンス。」だと気付かされたりしてました。

ふかふかのソファーに後ろ髪を引かれつつも、「オレは出張に来てるんだ!」と友人2人を説得し、
次なるお店は「焼はまぐり はまっ娘」で、日本酒にシフトする事に。

16cbe5f0.jpeg大ぶりの焼はまぐりは、見た目も香りも食欲をそそります。
はまぐり自体の持っている旨みエキスが、ぬる燗との
相性もバッチリで、何杯でも飲めるし、何個でも食えます。

誰が頼んだのか知らないけど、隣の馬刺しには目もくれず、
とことん焼はまぐりを堪能してきました。

その後、酔い覚ましを兼ねて少し駅前周辺を散策して、お店の店構えや街の雰囲気を楽しみます。

最後は、都内どこにでもある「冨士そば」で、〆る事になったんですけど・・・。
ていうか、さすがにもう食べれる状態ではなかったんで、「軽く【もりそば】でいいや。」って言ってんのに、
ヒラポンに食券をまとめて押されて、出てきたのは「天ぷらそばとカツ丼セット」・・・゛(`ヘ´#) ムッキー 。

dce133dc.jpeg「お前、バカじゃねーの!」なんて文句言いながらも、
おごりのセットを死ぬ気で食べきりましたよ。

案の定、これが仇となって、マンション帰ってからの速攻リバース。
明け方に、更に二度目のリバース・・・。

初日からこんなペースで、オレ大丈夫か??

まだまだ、つづく。
 
毎度ありがとうございます!

飛行機に乗るとすぐに寝てしまい、着陸の衝撃でビックリして起きるまで、超爆睡していました。
着いた東京は雨模様、しかも鶴岡と同じくらい肌寒かったんですよね。

大学時代の同期ヒラポンに、車で羽田まで迎えに来てもらい、向った先は葛飾区新小岩。
奥さんも大学の1コ下の後輩なんですけど、連休で里帰りしていて一人しかいないというんで、
遠慮なく初日の宿泊地とさせて頂きました。

着いてすぐに、駅前の狭い路地裏に入ったところにある「トロ函」に狙いを定め、
約10年ぶりの再会に乾杯して東京の夜がスタートしました。

一軒に腰を据えてじっくりと飲んで食べるのもいいんですけど、
気の短い自分は1時間もいれば飽きてくるんで、食いたいものだけをサッと注文して、
お店の活気や雰囲気、お客様の注文の傾向や年齢層なんかを、その場でインプットします。

d21c55bf.jpegビール箱をひっくり返して作ったイスと、ビール箱の上にベニヤ板を
乗せただけのテーブルが、さながら魚市場内の食堂の雰囲気を
かもし出していて、ホッピーがグイグイ進みます(笑

刺身やマグロのカマ焼、マグロのほっぺを堪能したところで、
もう一人、大学時代の同期フクちゃんも加わり一気にペースアップ!
0ecf1569.jpeg
店内にも、どんどんお客さんが入ってきて、隣りに座ったファミリーとも
いつの間にやら意気投合してましたもんね。
末尾に、すべて99円とつく全メニューから店内の造作まで、
きちんと計算された空間がしっかりと確立していて、
一軒目として勢いをつけるにはベストチョイスのお店でしたね~。

あまり一軒目で飛ばしすぎると、この後が続かないんで、ここで会計を済ませてから、
今度はすぐ目の前の「やきとん酒場 紅とん」で二次会開始!時間はまだ6時半(笑

やっぱり東京では、「やきとり」と「やきとん」の区別がはっきりと出来ています。
串に刺せば、豚でも鳥でも「やきとり」という鶴岡の食文化とは異なり、
ご丁寧なお店の看板には「やきとりとやきとんの店 △△屋」などと書いてあるほどですもんね。

自分が鶴岡で、初めて「やきとん」と書いた提灯をぶら下げてから丸9年。
未だに、自分の後に「やきとん」と掲げるお店は、鶴岡には一軒も出てきておりません。
「ハツ」や「レバー」を頼んだら、豚か鳥か分からないっていうのも、どうなんだろと思うんですけど
よそ様にはよそ様の考え方がありますんで、ここではあえて触れません。

そういう意味では、「やきとん」を食べたかった自分にとって迷うことなくお店を選択できたのは、
看板に書いてありますから当然というか当たり前なわけですけど。。。
予想通り、レバ刺しは提供してないようで、代わりに「レバテキ」がメニューにありました。
「レバテキ」でも「ちょいレバ」でも「半レバ」でも、やっている事は、みな同じです。

ここでもサクッとレモンサワーなんかを一杯だけひっかけて、次なるお店を探します。
そして、この後・・・ついに。。


つづく。
 
毎度ありがとうございます!

昨日の夜に東京から戻って、またいつもの朝が始まりました。

6時半に起きて家族と一緒に朝食を食べ、娘を学校に送ってから煮込みを作り始めるという、
自分にとっていつもと同じ日常の朝です。

二泊三日という短い時間でしたけど、たっぷりと東京で刺激を受けてきました。
時間を見計らって、ブログにも随時アップしていこうと思っています。

で、今日は、東京に行く直前の話しでも。

先週のある日、鶴商時代の同期で途中で学校も辞めてしまったカツオから、突然メールが届きました。
自分のブログを見て、当時の懐かしい同期の名前や思い出話を読んで、メールをくれたんだそうです。

かれこれ30年ぶりですかね。。。
正直、顔を思い出せずにいましたけど、カツオが今でも大切に持っているという鶴商時代の写真も
一緒に添付されていて、そこには紛れもなく、あのカツオと自分も写っていました。

カツオは確か、1年の冬か2年の春前に辞めてしまった気がします。
戸塚で、個人邸宅の外溝工事の設計・施工の会社をやっているそうで、近況を語るそのメールには、
「鶴商で教わった礼儀や、悔しかった事が、今の自分に活きています。」と綴られていました。

辞めたことを後悔しているのか、していないのかなんては、本人の胸の内でしか分かりません。
ただ、一瞬でも15の春から親元を離れ、同じ釜の飯を食った仲間である事には変わりはないわけです。

それぞれに30年という時が流れ、日々の暮らしの中で「鶴商」というキーワードを
まったく思い出さないことの方が、実際には多い毎日だと思うんですね。

IMG_0002_03.jpgそれが、こんなつたないブログがきっかけとなって、
また一本の線でつながる不思議な偶然に、
やっぱり人との「縁」というものを感じざるをえません。
カツオからのメールの最後には、こう綴られていました。

「まだ、夏が終わっていないカツオより。」

いつか、同期で飲む機会があったら、是非会いたい男の一人です。


そして、時を同じくして、小学校と中1まで一緒だった「イタル」からも、ある日突然メールがきました。
羽黒高校から国士舘大学に進学し、波乱万丈の人生を送っているのは人づてに聞いてはいたんです。

東京で元気に頑張っているようで、イタルのブログもチョイチョイ覗いてはいたんですよね。
「よろしく哀愁!」で〆るイタルのブログを読んで、「あいつ、一体どんな大人になってるんだ?」
なんて、30年近く会っていない彼の日常を垣間見たりしていたわけです。

実際に、カツオもイタルも、どんな大人になっているのかは、会っていないだけに分かりません。
それは、彼らとて、おそらく同じことだと思うんですよね。
いけ好かないオヤジになっているのかも、逆にそう見えるのかも知れないし、
この歳になってから、気の合う「ダチ」になりうるのかもしれません。

庄内空港で、まさに今飛行機に乗り込もうかという時に、
「東京に来るんだったら、ラーメンぐらいおごってやっぞ!」と気さくにくれたメールに
「ラーメンぐらい、食えるわい!(笑)」とは返さず、「誘ってくれてありがとよ~」と返しておきました。
今はまだ、そんな微妙な距離感が心地いい気がします。
お互い大人になったということですかね。

そんな30年近く会っていない旧友二人との不思議なメールのやりとりに、
どこか懐かしさを感じながら庄内発14時24分の飛行機に乗り込んだのでした。

つづく。
 
毎度ありがとうございます!

18日の閉店後の深夜1時に、雫石に出発しました。
一旦寝てしまうと体がだるくなるんで、テンションが高いうちに一気に行こうということになりまして(汗

新庄を抜け秋田県湯沢を経由して一路、岩手県雫石までの道のりです。
途中、休憩を挟みながらゆっくりと4時間半かけて、午前5時半頃に到着しました。

けんじワールドの開園は9時だったんで、それまで少し車中で仮眠することにしたんです。
駐車場にはまだ一台も車がなかったんで、完全に余裕ぶっこいてました。
仮眠のつもりが本気で爆睡してしまって、気がつけば開園の9時直前!!
しかも、受付ゲートには長蛇の列が出来てるんですよ。
誰よりも早く着いたのに、最後尾に並ぶことになるとは夢にも思いませんでしたよ(≧▽≦;)クッソー

ま、それでもこの日は比較的に空いている方だそうで、すぐに入場する事ができたんで良かったです。

中で、【米吉】のホシノくんとばったり遭遇するというミラクルがありましたけど、
同業者は考えていることがみな同じなようです(笑
翌日もう一日休んでの家族サービスだそうで、「お互い、お疲れ様です。」なんてご挨拶しました。

流れるプールや波の出るプールでのんびりと泳いだり、
ウォータースライダーで周囲がドン引きするくらいコケたりと、
一日まるまる遊び倒しましたね~。
屋内プールですんで、天候に左右されずに予定も組みやすいですし、
ご家族連れの方々には大変お勧めのスポットだと思います。

夕方4時までたっぷり遊んで、ホテルは「雫石プリンスホテル」を予約しておきました。
プリンスなんていうと高そうですけど、大人8,000円子供6000円で夕朝バイキング付きは安い!
大浴場は温泉露天風呂で、さらにお得感は最高です。

CAI20R1E.jpgしかも、部屋には二段ベットがあるんで家族4人が一部屋で宿泊できます。
息子は初めての二段ベットで、さらにテンションが上がってました・・v(≧∀≦*)ノ

夕食は、和洋中の各種バイキングに蟹が食べ放題ですよ。
息子はずっと蟹ばっかり食ってましたもんね(笑

息子と露天風呂にも3回入ったんですけど、風呂の縁で少し休んでいる時に、
自分のへそ下のデリケートゾーン付近をアブに刺されるという
恐ろしいアクシデントに見舞われまして・・・(怖

「お父さん。お腹になんか虫、付いてるよ。」
「えっ、どこどこ?」
「そこ。」
「うわっ!アブじゃん!」
チクリと刺されましたけど、まぁ、それも楽しい思い出です。

ホテルの目の前には「雫石ゴルフクラブ」のクラブハウスがあって、
早朝6時30分にクラブハウス前に集合すると、電動カートに乗ってコース内を一周するという
「早朝カート散歩(千円)」に参加したかったんですけど、さすがに起きれませんでした。残念!

朝食もバイキングで、昨夜あんなに食ったハズなのに不思議と食べれます。
しかも、チェックアウトも12時とは、良心的すぎですよね。
自分達は9時にチェックアウトして、仙台のベニーランドに向いましたけど、
のんびりと露天に入るもよし、早朝ゴルフをハーフ楽しむもよし、ゆっくりと過ごせるでしょうね。

CAU0T3VG.jpg二日間、大満足の休日を過ごしました。

ただ、唯一の失敗は、デジカメを忘れたこと。
自分の携帯のカメラは画素数が低く、撮る気にもならず・・・。
やっぱり、スマホが必要かなぁ(笑

たっぷり休みましたんで、今日からまた頑張ります!!!

まだまだ暑い日が続いていますが、夏バテした身体には
ホルモンでスタミナ補給して、元気にこの夏を乗り切りましょう!


 
毎度ありがとうございます!

昨日はカミさんの誕生日でしたんで、仙台に買い物に出かけました。
姉も仙台にいますんで、実家からの預かりものを届けにマンションに寄ることになりました。

震災の時には、電気・ガス・水道のライフラインがすべて止まったため、
一週間、鶴岡の実家に非難してたんですよ。
今ではすっかり現状復帰して、毎日地震はあるものの落ち着いて生活ができているそうです。

でも、大きなタンスの角が破損していたり、倒れた家具でできた床の傷は深く生々しく、
津波や家屋倒壊とは無縁だった仙台市内でも、その爪痕は大きかったのかもしれません。

その後、お目当ての「仙台泉アウトレットパーク」に行ってきました。
以前、横浜にあるアウトレットパークにも行ったことがありましたんで、
大よその予想はついてたんですけど、物によっては安い安い!!

某ブランドのバックを買ってあげたんですけど定価8万のバックがなんと〇〇円!!
19fb209e.jpegここじゃないと、この金額では買えましぇんww

なんとそのバック、姉も気に入ったらしく
「あたしも欲しいィ~。買ってぇ~。」
「うるさい!自分で買えっ!」
「ケチっ!じゃ自分で買うよ。」

って全く同じの買ってました。ほんとに欲しかったんだΣ(゚д゚;)

でも、ああいうショップの集合施設は、小2の息子にはちとキツイ。
ゲームをやりたい息子には、そのうちゲームセンターがあるからと騙して連れまわしてたんですけど、
アウトレットパークにはゲームセンターはありません。

ひと通り買い物したあと、今度は姉の会社が入っている「イオン泉中央店」に向ったんです。
がっくりとうな垂れていた息子と、ようやく辿り着いたゲームコーナーは、
感謝祭と称して格闘ゲームがなんとすべて無料!!
100円すらかからない。
たっぷりとゲームを楽しんで、最後は「大阪王将」で食事して、一路鶴岡へ。
子供もカミさんも納得の充実した休日を過ごしました。

さて、10月に入り急に肌寒くなってきましたよね。
日本酒も美味しい季節になりました。

秋の夜長にゆっくりと味わう日本酒はいかがでしょうか。
今日も元気に、お待ちしております。
 
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 7 8 9 10 11
13 14
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/21 店主]
[11/21 とおりすがり]
[11/18 店主]
[11/17 しんさん]
[11/16 店主]
[11/16 店主]
[11/16 しんさん]
[11/16 仙台屋の自販機]
[11/15 店主]
[11/15 店主]
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /