やきとん専門店「やき処やんちゃ」店主ブログ
Calendar
<< 2017/04 >>
SMTWTFS
2345 678
91012 131415
161819 2122
23 272829
30
Recent Entry
Recent Comment
Category
1   2   3   4   5   6   7   8   9  
毎度ありがとうございます!

昨日の夜に東京から戻って、またいつもの朝が始まりました。

6時半に起きて家族と一緒に朝食を食べ、娘を学校に送ってから煮込みを作り始めるという、
自分にとっていつもと同じ日常の朝です。

二泊三日という短い時間でしたけど、たっぷりと東京で刺激を受けてきました。
時間を見計らって、ブログにも随時アップしていこうと思っています。

で、今日は、東京に行く直前の話しでも。

先週のある日、鶴商時代の同期で途中で学校も辞めてしまったカツオから、突然メールが届きました。
自分のブログを見て、当時の懐かしい同期の名前や思い出話を読んで、メールをくれたんだそうです。

かれこれ30年ぶりですかね。。。
正直、顔を思い出せずにいましたけど、カツオが今でも大切に持っているという鶴商時代の写真も
一緒に添付されていて、そこには紛れもなく、あのカツオと自分も写っていました。

カツオは確か、1年の冬か2年の春前に辞めてしまった気がします。
戸塚で、個人邸宅の外溝工事の設計・施工の会社をやっているそうで、近況を語るそのメールには、
「鶴商で教わった礼儀や、悔しかった事が、今の自分に活きています。」と綴られていました。

辞めたことを後悔しているのか、していないのかなんては、本人の胸の内でしか分かりません。
ただ、一瞬でも15の春から親元を離れ、同じ釜の飯を食った仲間である事には変わりはないわけです。

それぞれに30年という時が流れ、日々の暮らしの中で「鶴商」というキーワードを
まったく思い出さないことの方が、実際には多い毎日だと思うんですね。

IMG_0002_03.jpgそれが、こんなつたないブログがきっかけとなって、
また一本の線でつながる不思議な偶然に、
やっぱり人との「縁」というものを感じざるをえません。
カツオからのメールの最後には、こう綴られていました。

「まだ、夏が終わっていないカツオより。」

いつか、同期で飲む機会があったら、是非会いたい男の一人です。


そして、時を同じくして、小学校と中1まで一緒だった「イタル」からも、ある日突然メールがきました。
羽黒高校から国士舘大学に進学し、波乱万丈の人生を送っているのは人づてに聞いてはいたんです。

東京で元気に頑張っているようで、イタルのブログもチョイチョイ覗いてはいたんですよね。
「よろしく哀愁!」で〆るイタルのブログを読んで、「あいつ、一体どんな大人になってるんだ?」
なんて、30年近く会っていない彼の日常を垣間見たりしていたわけです。

実際に、カツオもイタルも、どんな大人になっているのかは、会っていないだけに分かりません。
それは、彼らとて、おそらく同じことだと思うんですよね。
いけ好かないオヤジになっているのかも、逆にそう見えるのかも知れないし、
この歳になってから、気の合う「ダチ」になりうるのかもしれません。

庄内空港で、まさに今飛行機に乗り込もうかという時に、
「東京に来るんだったら、ラーメンぐらいおごってやっぞ!」と気さくにくれたメールに
「ラーメンぐらい、食えるわい!(笑)」とは返さず、「誘ってくれてありがとよ~」と返しておきました。
今はまだ、そんな微妙な距離感が心地いい気がします。
お互い大人になったということですかね。

そんな30年近く会っていない旧友二人との不思議なメールのやりとりに、
どこか懐かしさを感じながら庄内発14時24分の飛行機に乗り込んだのでした。

つづく。
 
毎度ありがとうございます!

18日の閉店後の深夜1時に、雫石に出発しました。
一旦寝てしまうと体がだるくなるんで、テンションが高いうちに一気に行こうということになりまして(汗

新庄を抜け秋田県湯沢を経由して一路、岩手県雫石までの道のりです。
途中、休憩を挟みながらゆっくりと4時間半かけて、午前5時半頃に到着しました。

けんじワールドの開園は9時だったんで、それまで少し車中で仮眠することにしたんです。
駐車場にはまだ一台も車がなかったんで、完全に余裕ぶっこいてました。
仮眠のつもりが本気で爆睡してしまって、気がつけば開園の9時直前!!
しかも、受付ゲートには長蛇の列が出来てるんですよ。
誰よりも早く着いたのに、最後尾に並ぶことになるとは夢にも思いませんでしたよ(≧▽≦;)クッソー

ま、それでもこの日は比較的に空いている方だそうで、すぐに入場する事ができたんで良かったです。

中で、【米吉】のホシノくんとばったり遭遇するというミラクルがありましたけど、
同業者は考えていることがみな同じなようです(笑
翌日もう一日休んでの家族サービスだそうで、「お互い、お疲れ様です。」なんてご挨拶しました。

流れるプールや波の出るプールでのんびりと泳いだり、
ウォータースライダーで周囲がドン引きするくらいコケたりと、
一日まるまる遊び倒しましたね~。
屋内プールですんで、天候に左右されずに予定も組みやすいですし、
ご家族連れの方々には大変お勧めのスポットだと思います。

夕方4時までたっぷり遊んで、ホテルは「雫石プリンスホテル」を予約しておきました。
プリンスなんていうと高そうですけど、大人8,000円子供6000円で夕朝バイキング付きは安い!
大浴場は温泉露天風呂で、さらにお得感は最高です。

CAI20R1E.jpgしかも、部屋には二段ベットがあるんで家族4人が一部屋で宿泊できます。
息子は初めての二段ベットで、さらにテンションが上がってました・・v(≧∀≦*)ノ

夕食は、和洋中の各種バイキングに蟹が食べ放題ですよ。
息子はずっと蟹ばっかり食ってましたもんね(笑

息子と露天風呂にも3回入ったんですけど、風呂の縁で少し休んでいる時に、
自分のへそ下のデリケートゾーン付近をアブに刺されるという
恐ろしいアクシデントに見舞われまして・・・(怖

「お父さん。お腹になんか虫、付いてるよ。」
「えっ、どこどこ?」
「そこ。」
「うわっ!アブじゃん!」
チクリと刺されましたけど、まぁ、それも楽しい思い出です。

ホテルの目の前には「雫石ゴルフクラブ」のクラブハウスがあって、
早朝6時30分にクラブハウス前に集合すると、電動カートに乗ってコース内を一周するという
「早朝カート散歩(千円)」に参加したかったんですけど、さすがに起きれませんでした。残念!

朝食もバイキングで、昨夜あんなに食ったハズなのに不思議と食べれます。
しかも、チェックアウトも12時とは、良心的すぎですよね。
自分達は9時にチェックアウトして、仙台のベニーランドに向いましたけど、
のんびりと露天に入るもよし、早朝ゴルフをハーフ楽しむもよし、ゆっくりと過ごせるでしょうね。

CAU0T3VG.jpg二日間、大満足の休日を過ごしました。

ただ、唯一の失敗は、デジカメを忘れたこと。
自分の携帯のカメラは画素数が低く、撮る気にもならず・・・。
やっぱり、スマホが必要かなぁ(笑

たっぷり休みましたんで、今日からまた頑張ります!!!

まだまだ暑い日が続いていますが、夏バテした身体には
ホルモンでスタミナ補給して、元気にこの夏を乗り切りましょう!


 
毎度ありがとうございます!

昨日はカミさんの誕生日でしたんで、仙台に買い物に出かけました。
姉も仙台にいますんで、実家からの預かりものを届けにマンションに寄ることになりました。

震災の時には、電気・ガス・水道のライフラインがすべて止まったため、
一週間、鶴岡の実家に非難してたんですよ。
今ではすっかり現状復帰して、毎日地震はあるものの落ち着いて生活ができているそうです。

でも、大きなタンスの角が破損していたり、倒れた家具でできた床の傷は深く生々しく、
津波や家屋倒壊とは無縁だった仙台市内でも、その爪痕は大きかったのかもしれません。

その後、お目当ての「仙台泉アウトレットパーク」に行ってきました。
以前、横浜にあるアウトレットパークにも行ったことがありましたんで、
大よその予想はついてたんですけど、物によっては安い安い!!

某ブランドのバックを買ってあげたんですけど定価8万のバックがなんと〇〇円!!
19fb209e.jpegここじゃないと、この金額では買えましぇんww

なんとそのバック、姉も気に入ったらしく
「あたしも欲しいィ~。買ってぇ~。」
「うるさい!自分で買えっ!」
「ケチっ!じゃ自分で買うよ。」

って全く同じの買ってました。ほんとに欲しかったんだΣ(゚д゚;)

でも、ああいうショップの集合施設は、小2の息子にはちとキツイ。
ゲームをやりたい息子には、そのうちゲームセンターがあるからと騙して連れまわしてたんですけど、
アウトレットパークにはゲームセンターはありません。

ひと通り買い物したあと、今度は姉の会社が入っている「イオン泉中央店」に向ったんです。
がっくりとうな垂れていた息子と、ようやく辿り着いたゲームコーナーは、
感謝祭と称して格闘ゲームがなんとすべて無料!!
100円すらかからない。
たっぷりとゲームを楽しんで、最後は「大阪王将」で食事して、一路鶴岡へ。
子供もカミさんも納得の充実した休日を過ごしました。

さて、10月に入り急に肌寒くなってきましたよね。
日本酒も美味しい季節になりました。

秋の夜長にゆっくりと味わう日本酒はいかがでしょうか。
今日も元気に、お待ちしております。
 
毎度ありがとうございます!

今回、横浜駅に隣接するサウナに泊まった際に、こんなことがありまして・・・。

4238A341000000003.jpgさんざん飲み歩いてチェックインが深夜2時。
さーて、ぬるめの風呂にでも入ってサッパリしてから寝ようかな
なんて思って大浴場に入ったんです。
時間も時間だったせいか、自分の他には2人しかいなかったんですよね。

都内のサウナとはまた違い、洗練されたオシャレなサウナという感じで、
スチームサウナに欧米サウナ、ジャグジーにジェットバスと、ひと通り満喫してみることにしたんです。
でも、その中のスチームサウナだけが、なぜか雰囲気が怪しいなって入った瞬間に感じたんですよね。

蒸気で曇る室内は怪しい紫色のランプが1個光るだけで、アロマかなにかの効能があるのか、
甘~いココナッツ系の香りがたちこめています。

5e0f6f54.jpegタイル張りの部屋の中央には、意味不明なミロのビーナスが立ち、
その回りを囲むようにして小さなタイルベンチがぐるりと並んでる。
雰囲気は「美輪明宏の部屋へようこそ」って感じです。

そしたら自分が入ってすぐに、嵐の大野くん似の色黒の小ぶりなイケメンが入ってきて、
狭いベンチのすぐ隣に座ったんですよ。
酔っていたせいもあってか、いきなりすぐ隣に座られたにもかかわらず、変に愛想よく

「ども。」

なんて言っちゃったんですよね。
田舎じゃないんだから、そんな愛想はいらないんでしょうけど、その後に続く会話もなく
さすがにちょっと気まずくなって、すぐにスチーム部屋を出たんです。

出て、そのまま水風呂にザブーン!
そしたら、その青年も隣にザブーン!

・・・。
次は、ジャグジーで横になろうかな~。ゴロン。
そしたら、またまた隣に、ゴロン。

・・・なんだよ、コイツ。気持ちワリーな。
で、真ん中の泡風呂に足だけ入れて座ってたら、
真向かいに座って、じっとこっちを見てるんですよ。
こっちを・・・いや、自分を見てるというより、自分の股間を一直線に凝視して
トロ~ンとした目で見てるんですよ。

うわっ!コイツやベーよ。
コイツ、マジでいっちゃってる!

冷静さを装いながら、そのまま脱衣所に向って身体を拭いていると、
またまた隣で身体を拭き始めて、じっと股間から目を離さないんです。

ヤバイ、ヤバイ、これはマジでヤバイ!
今にも手を伸ばして、大事なイチモツを鷲掴みにされそうな勢いなんですよ。
バスローブの紐も結ばず、そのままダッシュでカプセルベッドに逃げ込みました。

4238A341000000001.jpg自分はどっちかっていうとイカツイ系なんで、
そういうのとは無縁で生きてきましたけど、
本気で怖かったですね~。

人の性癖って、ほんと分かんないもんですよね~。
別な意味で、思い出に残る横浜の夜でした。

梅雨に入って、嫌な天気が続きますけど、みなさま素敵な週末をお過ごしください。

これから、子供たちと映画に行ってきます。

毎度ありがとうございます!

冷静に振り返ると、実は今回の東京出張では、一回も“やきとん”や“ホルモン”を
食べてなかったことに気づいたりしてしまうわけです。
では、いったい何を食べていたのか?

それは「おでん」なんです。

cef437fa.jpeg酒屋も自分も“食事制限”というリミッターを外していたにもかかわらず、
無意識に「肉。」を避けていたのかもしれません。

東京でも「おでん」、横浜でも「おでん」を食べて来ました(笑

自分が「おでん」を好きなのは当たり前なんですけど、
実は函館で7年間毎日毎日、おでんを作っていたんですよ。
たかが「おでん」と言うなかれ。されど「おでん」、奥が深いものなんです。

鶴岡にも、以前は屋号に「おでん」と名の付く名店もありました。
最近では、唯一残っていた駅前の「おでん屋」さんも閉店してしまって寂しい限りです。

確かに、「おでん」の市民権はコンビ二の代名詞になってしまったのかもしれません。
だけど、狭い店内で熱々の「おでん」で一杯というスタイルは、
コンビニのプラスチック容器に入った「おでん」では味わえない風情がありますよね。

この大不況の中、ヘルシーでしかも安くておなか一杯になる「おでん」は、予想通り大人気でした。
しかも油や煙と無縁のせいか店内は女性客も多いし、何よりもダシのいい香りが食欲を刺激します。
あの、澄み切った透明のダシをキープするのは、簡単そうで実はものすごく難しいんですよ。

そして、中でも一番にハマッたのは「まるごとトマトのおでん」。
どのお店でも自慢の一品になってるくらい、どこで食べても、すんごく旨かったです。
鶴岡に帰ってきて、一番最初に「トマトのおでん」を自分で作ったくらいですから。

いろんな可能性やチャンスやアイデアは、どんどん湧き出てくるんですけどねぇ、いかんせん・・・。

暑い夏でも絶対に「おでん」は売れるし、なんなら「冷やしおでん」を考えたっていいじゃない。
固定観念を取っ払ったその先に、ビジネスチャンスがあるんだと思うんですよ。

いい刺激を受けてきました。
絶対にまた、行こうと思います。

ありがとうございましたm( __ __ )m

毎度ありがとうございます!

誰が得するのかイマイチよく分からないシステムのお店を後にした43歳御一行は、
じっくりと腰を据えて飲むべく、魚料理と書かれた居酒屋へ。
幸いにも、入口傍の4人掛けのBOXに陣取る事ができて、改めてカンパ~イ!
kid0051-004_m.jpg
で、ここでケンシから「子供が出来たよ。」と、
うれしいお知らせがありました。

実はケンシのカミさんは自分が紹介した娘だったもんですから、
間を取り持った者としては何より嬉しい報告だったんです。

昨年は共通の友人や後輩が他界し、「死」という現実を改めて考えさせられた時期もありました。
でも、それと同じように新たな命の誕生という、嬉しいお知らせを頂くことも大変多い一年でもありました。

新年早々、またまたオメデタイ話題に完全に酒量を見失いました。
日本酒、いったい何合飲んだんだろ?
オノと二人で、二合徳利が8本までは覚えているけど、次の日ゴルフって完璧に忘れてましたから。

何はともあれ今、4ヶ月だそうで、無事に出産される事を心からお祈りしております。
来年の参加は厳しいかな~。
いや、男だったらガツンと言って出て来い!

055.jpgこのあと、締めにラーメン食おうってことで
「天下一品ラーメン」に移動。

あの独特なスープに全員微妙な空気が流れて、
「うーん・・・。」
「へぇ~・・・。」
なんて呟きながらも、全員完食してました。
自分は好きです。
あのなんとも言えない独特のとろみ感が。

次の日のゴルフは朝方の冷え込みもあって、コース全体がスケート場みたいに凍り付いてる中、
ティも刺さらない状態でスタート。

直接グリーンに届いたボールは「コーン!」といい音を出して背丈より高く跳ね上がり、
パッティングはボールが無回転で横滑りしていく様は、まさにカーリング。

「116」は久しぶりに叩いたなぁ。。。
まぁスコア以上に楽しめたんで、良しとしますか。

さて、「やんちゃ」は正月気分も吹き飛ばし、昨日から元気に営業しております!
たくさんのご来店をスタッフ一同、気合いを入れてお待ちしてます。
温かい煮込みでも食べませんか。
あったまりますよ~(≡^∇^≡)

カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 18 19 21 22
23 27 28 29
30
最新コメント
[04/27 店主]
[04/27 店主]
[04/26 タイヤ屋]
[04/26 仙台屋の自販機]
[04/18 店主]
[04/17 まさる]
[04/01 店主]
[03/31 仙台屋の自販機]
[03/29 店主]
[03/28 しんさん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
やんちゃ店主
性別:
男性
バーコード
アクセス解析
Template & Icon by kura07 / Photo by Abundant Shine
Powered by /